★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK205 > 317.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
アベノミクスの看板は破たん。何事も3度まで。4度目は失敗の上塗りだ。(かっちの言い分)
http://www.asyura2.com/16/senkyo205/msg/317.html
投稿者 笑坊 日時 2016 年 4 月 29 日 22:21:37: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

http://31634308.at.webry.info/201604/article_30.html
2016/04/29 21:50

27日の午前中は、日経平均の株価が上がっていると思っていたら、午後一番ぐらいからアッという間に600円ほど下げてしまった。

何があったかすぐにわかった。日銀がデフレ脱却に向けて掲げた2%の物価上昇目標について、4回目の達成時期先送りをして、もう1年遅らせるとしたのだ。さらにマイナス金利政策も維持すると、追加緩和を見送ったからだ。黒田総裁の任期は2018年4月までというから、きっと自分の政策は間違っていたとわかるだろう。東京新聞の社説も、『金融政策維持 仏の顔は三度まで…』で、何事も3度まで許されるが、4度目はないと述べている。

今マスコミも、安倍首相の後ろ盾で動いている日銀の政策に、今まであからさまに批判はしてこなかったが、この日の報道ステーションの報道には、アレレと思ってしまった。富川キャスターが、まず日銀の緩和政策の政策はうまく行っていないのではないかと疑問を呈した。それを受けて経済記者が2度ならず4度目の目標達成先送りは、明らかにこの政策が行き詰まっているとはっきりと否定した。この政策は将来の資産を食いつぶしているようなもので、このままでは将来に大きなツケを残すと述べた、記者がこれほどあからさまに批判したのは聞いたことがない。

当然、安倍首相の寿司友の後藤氏が政府寄りに弁解すると思ったが、後藤氏には意見を求めなかった。この番組としては、よくぞまとめたと思った。これを安倍首相たちが見たら、さぞ不快に思っただろう。

安倍政権の政策は、唯一経済が良くなるとの期待だけである。社会福祉は急激に悪くなってきている。今や6人のうち1人が貧困家庭という。労働人口の4割以上が、非正規の年間200万円以下では、必然的にそうなるように思える。

安倍政権になってから、消えた年金の話も何も聞かれなくなった。将来への議論は全くなされていない。ひところは、一億総中流と言われていたが、今や下流老人、貧困家庭という言葉が蔓延してきた。原発事故処理、廃炉処理、原発廃棄物処理、保管などは無駄の最たるものである。

日本はもう一度、放漫経営の政治から、将来に負の遺産を残さない、希望の持てる政治に帰らなければならない。


金融政策維持 仏の顔は三度まで…
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2016042902000186.html
2016年4月29日

 物価上昇目標の達成を先送りしながら日銀が金融政策の現状維持を決めたのは、異次元緩和の限界を示した格好だ。金融政策頼みに無理があり、アベノミクスは軌道修正を急ぐべきだ。

 実に四度目の「後ズレ」表明である。原油安の影響や新興国経済の減速といった外的要因はある。二月に始めたマイナス金利政策の効果が出るまでには半年程度かかるとの理屈もあろう。それでも「仏の顔も三度まで」と言うように四度目ともなると、さすがに金融政策への信頼性や日銀の本気度が疑われよう。

 二〇一三年四月に始まった異次元緩和は「二年で2%」の物価上昇達成を華々しく掲げた。しかし、ズルズルと達成先送りを続け、四度目の今回は「一七年度前半ごろ」から「一七年度中」とした。つまり遅ければ一八年三月末まで丸五年かかることになる。

 この間にも市中の大半の国債などを買い入れる量的緩和を拡大し、奇策といわれたマイナス金利も導入した。しかし、きのう朝発表の三月の消費者物価指数は五カ月ぶりに下落に転じた。年明け以降の円高も定着し、熊本地震の影響も深刻だ。それでも今回、日銀が動かなかったのは政策の手詰まり感が顕著で、緩和すれば「弾切れ」の恐れがあるからだろう。

 「中央銀行の歴史上、最強の緩和策」「緩和の手段はいくらでもある」。異次元緩和の限界論に対し、黒田東彦総裁は強弁してきた。なるほど手段はたくさんあるのかもしれないが、肝心なのは「効果がある手段」かどうかだ。いくら薬の種類や量を増やしても、効かなければ、かえって副作用のリスクが増すだけだ。

 物価が上昇しないのは緩和が足りないからではない。むしろ金融緩和の一本足打法であるアベノミクスの限界を示すばかりだ。

 一時的に円安・株高が実現し、大企業や富裕層は潤った。しかし、それだけだ。富は中間層以下や地方に行き渡らず、消費の担い手である中間層は細り、国内総生産(GDP)の七割を占める「消費」「投資」は増えないのである。物価も上昇しない。

 アベノミクスはこの三年間、円安・株高を享受した。だが効果的な成長戦略を実現できないまま、年初から日本経済に逆風となる円高に見舞われている。構造改革を進めるべき猶予期間が切れた今、物価上昇−デフレ脱却のためには所得再分配に力点を置き、格差是正、中間層育成を急ぐことだ。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年4月30日 21:21:50 : pqOmvGCP9A : Z1yCzvOh8N0[106]
享受とは いえぬまやかし 積み重ね

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK205掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK205掲示板  
次へ