★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK206 > 217.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
舛添都知事問題でワイドショー出演の石原良純が挙動不審に! やっぱり父親の石原慎太郎のほうが酷かったから?(リテラ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/217.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 5 月 16 日 21:00:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

               左・石原慎太郎公式サイトより/右・「yoshizumiishihara.com」より


舛添都知事問題でワイドショー出演の石原良純が挙動不審に! やっぱり父親の石原慎太郎のほうが酷かったから?
http://lite-ra.com/2016/05/asyuracom-2250.html
2016.05.16. 舛添問題で石原良純が挙動不審に!  リテラ


 舛添要一都知事への批判の声が日増しに高まっている。政治資金を使った家族旅行や、ヤフオクで美術品を購入していた、政党交付金をファミリー企業に還流させていた、自宅や別荘を法人名義にして租税回避していた、などの新事実も次々と浮上。いよいよ辞任秒読み、という見方も強まってきた。

 ニュース番組やワイドショーは、この問題について連日、長い時間をかけて報道。出演するコメンテーターも手厳しい言葉を投げかけているが、そんななか、本日16日放送『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)で、ある人物がそういった世間の空気とはまったく違う態度を見せて、視聴者に違和感を与えた。

 その人物とは石原慎太郎元東京都知事の息子である、タレントの石原良純。コメンテーターのテレビ朝日・玉川徹や住田裕子弁護士とともに同番組に出演したのだが、他の2人が舛添都知事の疑惑を厳しく追及する中、良純だけはほとんど批判的な言葉を口にしなかった。というか、この話題にふれることに明らかに消極的で、内容のある発言をまったくせず、挙動不審な態度さえ見せたのだ。

 それは最初からだった。舛添都知事が家族旅行のホテル宿泊費用を会議費として処理していた問題についてのVTRの後、番組はスタジオに切り替わったのだが、良純はほとんどしゃべらない。司会の羽鳥慎一に「良純さん、どうでしょう?」とふられてようやく答えるのだが、意味不明な言葉を小さい声で何やらボソボソ。羽鳥から「あの、もうちょっと大きな声で」と注意される始末だった。

 その後も、不審な様子は変わらない。玉川がどのような目的で会議が開かれ、誰が参加していたのか答えられないのはおかしいと舛添都知事を糾弾するのだが、良純は同調するわけでもなく、旅館の間取り図を見ながら「間取りを見ると、そんな大人数は入らないような気がしますけどね」と頓珍漢なコメント。スタジオが微妙な空気になると、「もういいです」と自ら話を打ち切った。

「政治的な機微にかかわるので差し控える」という舛添都知事の言い訳に話題が及んだ際も、スタジオの批判的な空気をよそに、住田弁護士に「これはやっぱりちゃんと誰かと相談したんですか?」と、関係のない質問をしただけ。

 この間、印象に残った良純から舛添知事へのツッコミは、会見でやたら水を飲んでいた、と指摘していたことくらいだった。

 なぜ、良純はこんなにも発言が少なく、明らかに本題から外れるような言動に終始したのか。それはおそらく、彼の父・石原慎太郎が東京都知事だった時代、舛添都知事とまったく同じような税金の私的流用、贅沢三昧をしていたことを知っていたからだろう。

 おそらく良純は、舛添を批判すると、「じゃあ、お前の親父はどうなんだ」と言われることを無意識に恐れたのではないか。

 実際、石原都知事の税金を使った贅沢三昧は、舛添都知事の比ではなかった。友人やブレーンとの高級料亭を使った飲食、2億円以上にもおよぶ海外旅行、さらには、四男、つまり良純の弟の関与したプロジェクトに巨額の血税をつぎ込んでいた。

 本サイトでは先日、舛添都知事の血税を使った公私混同の贅沢三昧が石原慎太郎都知事時代にルーツがあることを指摘。その詳細と、なぜ、石原が行ってきた贅沢三昧が批判されず、舛添が集中砲火を浴びているのかについて解説した。この記事を読めば、良純の不可解な態度の理由がはっきりわかるはずだ。
(編集部)

********************

 舛添要一東京都知事の税金を使った贅沢三昧が次々と判明し、批判が殺到している。約2年間で8回の海外出張に費やされた経費は計2億円以上、本人は一泊20万円のスイートルームにも宿泊していたという。さらに「週刊文春」(文藝春秋)が報じた、ほぼ毎週末、公用車で湯河原の別荘へ通っていた問題……。

 各社報道によれば、舛添都知事の海外出張の宿泊費は、都条例が定める1泊あたりの上限を最大で3.8倍も上回っている。もちろん原資は血税だ。また、毎週末の別荘移動についても、地震などの非常時に都知事としてすぐ対応できるとは思えない。新聞やテレビも徹底追及の構えを見せ、連日のように報道しているなか、舛添都知事は疑惑を払拭できない限り、即刻辞任が妥当なところだろう。

 だが、この問題では、舛添都知事をフクロ叩きにしているマスコミがなぜか一切ふれない事実がある。それは、東京都知事の豪遊、税金での贅沢三昧が、石原慎太郎・都知事の時代から始まっていたということだ。いや、それどころか、1999年から2012年まで続いた石原都政での知事の“公私混同”は舛添都知事を遥かに上回っていた。

 たとえば、04年、「サンデー毎日」(毎日新聞出版)が「『知事交際費』の闇」と題した追及キャンペーンを展開したことがある。「サン毎」が情報開示請求を通じて明らかにしたのは、高級料亭などを使って一回に数十万単位が費やされていた「接遇」の実態だった。これは、他の知事と比べても突出したもので、しかも相手の顔ぶれを見ると、徳洲会理事長の徳田虎雄氏や文芸評論家の福田和也氏など、ほとんどが石原氏の友人やブレーン。ようするに石原氏は“お友達”とのメシ代に税金を湯水のごとくぶっ込んでいたのだ。

 さらに、海外視察も豪華すぎるものだった。石原氏は01年6月、ガラパゴス諸島を視察しているが、公文書によれば、その往復の航空運賃は143万8000円、もちろんファーストクラスを利用していたとみられる。しかも、この視察で石原氏は4泊5日の高級宿泊船クルーズを行なっており、本人の船賃だけで支出が約52万円。この金額は2人部屋のマスタースイートを1人で使った場合に相当するという。なお、随行した秘書などを含む“石原サマ御一行”の総費用は約1590万円だった。

 訪問国や為替レートを考えると、これは、今問題になっている舛添都知事と同じ、あるいは、それ以上の豪遊を税金を使って行っていたといっていいだろう。ところが、当時、この「サンデー毎日」のキャンペーン記事を後追いするメディアは皆無。世論の反発も怒らず、追及は尻すぼみに終わった。

 しかし、その2年後、石原氏の“無駄遣い”が再び発覚する。発端は、共産党東京都議団の追及だった。しんぶん赤旗06年11月16日付によれば、石原氏が都知事に就任してからの19回の海外出張のうち、資料が入手できた15回だけで、総経費が2億4千万を超えていた。たとえば、06年5月からのロンドン・マン島出張では、本来の目的であるはずの五輪の調査は実質約1時間半にもかかわらず、マン島でのオートバイレース見物などをして3600万円もの経費をかけていたという。

 この再燃した豪華外遊問題に加え、石原氏が自分の四男のプロジェクトに都の税金を億単位もつぎ込むなど、身内を重用したことも問題視された。そして、湯水のように使っていた交際費についても、裁判で一部が「違法」と認定され、09年に石原氏の敗訴が確定している。

 つまり、先に述べたとおり、東京都知事の公私混同&贅沢三昧は、石原都政の頃からすでに顕在化していたのだ。

 さらに言えば、舛添都知事は「湯河原へ行っているときに大地震が起きたら指揮がとれないだろ!」と糾弾されているが、実は、石原氏にいたっては、都知事でありながら登庁すらせずに、たびたび“行方不明”になっていたという。

「サン毎」は04年1月25日号で石原氏の「勤務実態」についても追及しているのだが、入手した公文書によれば、石原氏の“出勤”は週平均でわずか3日程度。また、公用車の運転日誌によれば、登庁日も自宅を出るのはだいたい午前10〜11時ごろだったという。

 企業の相談役でも石原氏よりは“出勤”しているのでは?と思えるサボりっぷりだが、しかも問題は、知事日程表にしばしば登場する「庁外」なる文言だ。これは、知事の動向を職員たちが把握していない日を指す。つまり“動静不明”なわけだが、これが資料に記された1年間7カ月の期間で、なんと110日も数えられたという。

 つまり、今、舛添批判のひとつとなっている「都知事が緊急時に連絡がつかない」という問題についても、石原氏はその“先駆者”と言えるのだ。いや、一応湯河原の別荘にいることが分かっている舛添都知事と比較してみると、職員らが行く先を把握していなかったという石原氏のケースは「危機管理」の観点から見ても、よっぽどトンデモだろう。

 では、なぜ、目を爛々とか輝かせて舛添都知事を追及しているマスコミがあの時、石原都知事の問題を徹底追及しなかったのか。それは、石原批判が多くのメディアにとって“タブー”だからだ。

 ご存知のとおり、石原氏は芥川賞選考委員まで務めた大作家であり、国会議員引退後、都知事になるまでは、保守論客として活躍していたため、マスコミ各社との関係が非常に深い。読売、産経、日本テレビ、フジテレビは幹部が石原べったり、「週刊文春」「週刊新潮」「週刊ポスト」「週刊現代」も作家タブーで批判はご法度。テレビ朝日も石原プロモーションとの関係が深いため手が出せない。

 批判できるのは、せいぜい、朝日新聞、毎日新聞、共同通信、TBSくらいなのだが、こうしたメディアも橋下徹前大阪市長をめぐって起きた構図と同じで、少しでも批判しようものなら、会見で吊るし上げられ、取材から排除されるため、どんどん沈黙するようになっていった。

 その結果、石原都知事はどんな贅沢三昧、公私混同をしても、ほとんど追及を受けることなく、むしろそれが前例となって、豪華な外遊が舛添都知事に引き継がれてしまったのである。

 にもかかわらず、舛添都知事だけが、マスコミから徹底批判されているのは、今の都知事にタブーになる要素がまったくないからだ。それどころか、安倍政権の顔色を伺っているマスコミからしてみれば、舛添都知事は叩きやすい相手なのだという。

「安倍首相が舛添都知事のことを相当嫌っているからね。舛添氏は第一次安倍政権で自民党が参院選で惨敗した際、『辞職が当然』『王様は裸だと言ってやれ』と発言するなど、安倍降ろしの急先鋒的存在だった。安倍首相はそんな舛添氏の口を塞ごうと内閣改造で厚労相にまで起用したが、内心ではかなり舛添に腹を立てていた。都知事になってからも、五輪問題で安倍の側近の下村(博文・前文科相)を批判したり、憲法問題で『復古的な自民党改憲草案のままなら自分は受け入れられない』などと発言をする舛添都知事のことを、安倍首相はむしろ目障りだと感じていたはず。だから、今回の件についても、舛添が勝手にこけるなら、むしろいいチャンスだから自分の息のかかった都知事をたてればいい、くらいのことを考えているかもしれない。いずれにしても、官邸の反舛添の空気が安倍応援団のマスコミに伝わっているんだと思うよ」(政治評論家)

 実際、普段は露骨な安倍擁護を繰り返している安倍政権広報部長というべき田崎“スシロー”史郎・時事通信社解説委員なども、舛添に対してはうってかわって、「外遊なんてほとんど遊びだ」と激しい批判を加えている。

 一方で、石原元都知事にその贅沢三昧のルーツがあることについては、今もマスコミはタブーに縛られ、ふれることさえできないでいる。

 舛添都知事の不正を暴くのは意味のあることだが、「マスコミもやる時はやるじゃないか」などと騙されてはいけない。強大な権力やコワモテ政治家には萎縮して何も言えず、お墨付きをもらった“ザコ”は血祭りにする。情けないことに、これが日本のメディアの現状なのである。

(宮島みつや)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年5月16日 21:46:09 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[3175]
Domestic | 2016年 05月 16日 21:15 JST
都知事かたりネットで発注

 東京都の舛添要一知事は16日、知事をかたった何者かが、インターネットのショッピングサイトで、シューマイや書籍を注文したことが判明したと文書で明らかにした。具体的なサイト名や、知事や店側が被害に遭ったかなどの詳細は明らかにしていない。

 知事の事務所が出した文書によると、注文は先週末に「舛添要一」「舛添都知事」の名前で行われており、「今後店に迷惑が掛からぬよう、このような行為を行った者に抗議する」としている。

〖共同通信〗

http://jp.reuters.com/article/idJP2016051601002127


2. 2016年5月16日 21:56:53 : G9pRncd5P6 : kNLawzAmjgA[655]
良純さんはあれで石原の子にしては可愛いとこがあるようだ
親父のことは棚に上げて平然と舛添を批判しているよりはマシだろう。w

3. 2016年5月17日 01:02:31 : 46au376vfM : ZYM7DDGC_rw[378]
石原家、小泉家いずれも、日本の害虫だ。

駆除しないといけないのだが、、有権者はしっかり事実をみましょう。

確かに舛添は、石原珍太郎よりはマシでしょう。

が、舛添も、庶民感覚から金の使い方にズレがある。

いずれも、シロアリ政治家であることです。


4. 2016年5月17日 01:08:30 : 46au376vfM : ZYM7DDGC_rw[379]
桝添を退陣させた後、更に強力なシロアリが立候補してくる。

舛添降ろしを企てている勢力、それはなんであろうか?

オリンピック利権をあさっているシロアリども、、、

清和会の安倍お友達が、例のムサシで当選することになりそうだ。

こんな政治は終わらせんといけませんね。日本は終わります。


5. スポンのポン[2642] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年5月17日 02:42:29 : 4XlTuD9eO6 : VvN5b2itcHo[840]
 
 
 
■右も左も七光り。

 最近この国では「七光り」という言葉が使われなくなった。
 
 
 


6. 2016年5月17日 05:37:01 : eZNPQpPZUE : XJ9lDL1jTRc[23]
自民党議員で閣僚にもなって、「将来の総理候補」とまで言われて自民党応援で知事に立候補した男にいったい何を期待したんだ。
都民は。
そういえば、何故か今も偉そうな前科持ちホリエモンは選挙で武部に「息子だ!!」とか言われてたっけ

原発に関してこいつは先月くらいに、
完璧な安全を求めてたら車も乗れないし家から出られなくなる、
みたいなこと言って玉川さんに却下されてたな。
さすが慎太郎の息子、と思った。


7. 2016年5月17日 13:35:49 : a31cW33ZuU : Bv0DSZoB@04[18]
マスゾエと慎太郎と一緒にしょっぴくのが日本の浄化につながる。頑張れあべちゃん。

8. 2016年5月17日 16:03:30 : Ba5clCNVME : vHMW5Qo_i1w[231]
石原真太郎はこの投稿の内容通り、舛添氏よりもひどかった、それでもマスコミは叩かなかった。身内に都職員がいたがこの内容の通りだった事を以前聞いた事がある。石原氏と電通との関係、電通には相手の言い値で相当儲けさせその見返りに石原一族の悪い報道はタブーになっている、石原の息子が何故コメンテーターに出られるのかもその関係でしょう。あれだけ税金に一家で集っていても何もマスコミが言わないのはその見返りがあったからだ。安倍総理、橋下徹ほかマスコミが叩かない人間は深く電通との関わりがあるからだ。

9. 2016年5月17日 20:23:40 : tlWnVFEXyg : YdpJ@QYwqXE[11]
石原家で唯一良心があるよしずみさん

10. 2016年5月17日 21:19:08 : bYLiTFC55s : U5AdSJsPd0M[60]
原発事故も、交通事故と同じで、運がなかったとあきらめろってが!

良純君よう・・。


11. 2016年5月17日 23:31:02 : 5exhSaSkxM : g0V1XJy5bbA[10]
猪瀬も450万円の工事費をかけて専用トイレを作らせた。
便座に腰かけると足が床に届かないのなら正当な理由だが。

12. 余は弾劾す[7] l12CzZJlik6Ctw 2016年5月17日 23:59:16 : hLhOl1qLY6 : lrAMvi1Zi9Y[7]
本当に、この記事の言われる通りです。

舛添は情けないほどさもしく、学者の精神などひとかけらも持ち合わせていなかったことがうかがえるが、石原慎太郎に比べたらはるかに害は少ない。
石原についてはネットで「黒い都知事石原」とかで検索できるが、金についても汚いことこの上ない男だと思う。
2012年春には、突如「東京都が尖閣諸島を地権者から購入する」と宣言したことから日中関係が急激に悪化、このときの日本への経済的打撃は極めて大きかった。その後も日本と中国との関係は悪化を辿り、海上保安庁などの臨時の出動もずいぶん増えた。最低でも、すさまじい回数に上る飛行機や船舶の余分な石油代の出費や人件費、また反日デモで被害にあった工場や商業施設などの損害のかなりの分は石原が支払う責任を負うべきではないか。

それに石原は、まともな文学のぶの字も分らない男だと考える。いま、世界的に文学の水準が落ちてきているので作家面して威張っているが、大作家などではさらさらないし、うんと無理しても通俗作家というところか。若いときに書いた風俗書き物に、売れそうだという思惑で「芥川賞」を与えた当時の文春の罪はきわめて重い。そこから日本への悪い影響が発生したのだから…。
「国賊」を絵にかいたような男と私には思えてならない。

こんな人間がテレビに出ていつも威張っている、何の資格もないのに。……視聴者は目を覚まし、笑い飛ばしてやりましょう。
以上、阿修羅を読まれる方々はみんなご存じと思いましたがあえてひとことしました。


よしずみも、だんだん黒ずんでくるのかなあ。


13. 歯磨き右近高山[708] jpWWgYKriUWL342CjlI 2016年5月18日 03:04:32 : 29KDGHjOmA : 0a900bX6gD4[10]
石原死んダロウが、「税金の私的流用の前例」を作っていた………。

国政と同じで、実務は官僚に任せて自身は豪遊、という訳か。

阿呆阪府の昔のエロ痴事ノックも、「無能だったからこそ」官僚は仕事がし易く、再選の時は陰でウンと応援されたと言われる。

都市部の都府県の痴事選挙って、闇が深いようですね。


14. 2016年5月18日 06:54:37 : wo1FNLaOyk : uVNViAAi@xU[457]
自民党は都知事を党の「天下りポスト」のポストの一つと見ている感じがある。舛添都知事が今色々と、非難のターゲツトにされているのは自民党の「違憲もクソもない。安保と戦争が第一」のやりかたに国際法学者でもあつた舛添都知事が批判的だからだろうと見ている。

15. 2016年5月18日 07:30:06 : 1TppK4ETfU : ABTzccdlBy8[540]

   知る人ぞ知る〜

   石原都知事の税金を使った贅沢三昧は、
   舛添都知事の比ではなかった。
   友人やブレーンとの高級料亭を使った飲食、
   2億円以上にもおよぶ海外旅行、四男の関与したプロジェクトに
   巨額の血税をつぎ込んでいた。


       、


16. 2016年5月18日 10:48:16 : AObKYL6Y5Y : sN9IyeFI5Js[5]
TVで流されていた
石原伸晃議員の
この一件に対するコメントも
まるで用意して暗記したコトバを暗唱するように
固く不自然だった。

おそらく
石原慎太郎の「公私混同」はもっとハデだったにちがいない。

問題は
自民党に都合のいいーというか自民党の補完勢力であるー
石原なら、その「公私混同」ぶりをあばかれないで
最近、自民党に逆らっている(といわれる)舛添なら
これほどまでにあばかれる、という不公平さ。

ネットのウワサでは
舛添の後釜に、あの橋下を?と聞こえてくる。

橋下なら石原同様、自民党にとっては好都合この上ない人物だろう。

問題は、自民党の意向次第で
都知事の首がすげかえられる、ということである。

都民よ!
怒れ!


17. 白猫[867] lJKUTA 2016年5月18日 11:41:44 : TyxXmqOa72 : H4zuIAH_ghs[243]
私は60年安保の時から日本の政治をウオッチングしている。すでに半世紀以上だ。
従って、主な政治家が過去にどのような言動をしてきたかは大体頭の中にある。
多くの政治家の中で、石原慎太郎氏ほど公私混同の激しい政治家は珍しく、舛添氏はパフォーマンスだけの政治家であり、常に己の利益だけで動く政治家との印象を持っている。
私の価値観からすれば、二人とも決して人の上に立ってはならない人物だ。
私からみれば有権者の多くが人を見る目がなさすぎる。
政治家の言動を少しでも注意を払ってみていれば容易にわかることだと思うが。
しかし、昨日もNHKの9時のトップニュースが清原氏の裁判だ。
一野球選手が麻薬を使用したことが国民の生活にとってそんなに大問題であろうか?
甘利氏の受託収賄、舛添都知事の公金の私的使用、それにオリンピック招致に絡むワイロ疑惑など国民に直接関係した事件が他に一杯あるではないか。
NHKのこの重要問題に蓋をする報道姿勢が国民の政治的感覚を麻痺させているのだ。

18. 余は弾劾す[8] l12CzZJlik6Ctw 2016年5月18日 12:02:48 : hLhOl1qLY6 : lrAMvi1Zi9Y[8]
ホント、都民の皆さん、国民の皆さん、怒りを表現していきましょう!

次の都知事に橋下の名がよく聞こえてくるが、石原と同じ穴のムジナのようだし自由圧殺者ではないですか。…国歌斉唱時の起立強制など、他人の思想信条の自由など屁とも思っていない人間だ。
本当なら宇都宮氏のような正しい人がいいのだろうけど、テレビでの露出度が高くないとなかなか難しいというのが嘆かわしいかぎり。たとえば、権力におもねることなくそれこそ命がけで発言されている古賀茂明氏など、手腕はありそうだし官僚の良質な部分までも引き出すこともできそうで期待したいものです…。


19. 2016年5月18日 12:49:53 : ZmIxQ3PkF6 : kXycXtaJD_U[201]
家族旅行を都税で払うなんて
石原家では日常茶飯事だったからばつが悪かったんだろ!

弟の絵まで親父が都税で買ったんだからねぇ


20. 2016年5月18日 22:38:21 : qF4T1YwunA : 0ID5WaAuWRA[673]
●石原親子に小泉親子、似たもの同士の世襲家族。

石原慎太郎と石原伸晃が親子で米国にでかけて米国軍産複合体の前で「尖閣に自衛隊を常駐させる」「尖閣を都で買う」などと演説し、米軍産複合体の喜び組えお演じた話は周知の通りだ。

その効があったのか、石原伸晃は甘利の後の大臣になった。

さて、似たようなことを小泉がクサイ芝居でやってくれた。
   ↓
『小泉氏が涙 トモダチ作戦の健康被害「見過ごせない」』
http://news.livedoor.com/article/detail/11536747/

これも、米国軍産複合体が泣いて喜びそうなパフォーマンスだ。

小泉の反原発も、息子を後押しするための米国軍産複合体の喜び組の演目の一つだったと言うことだな。

もう、世襲政治屋はいらんよ!


21. 2016年5月18日 22:47:24 : MPcxhsBOyo : YoYEUY8OKEM[59]
原発には賛成するし、親父の田中角栄論について、本が売れて年の割に大したおやじだと思うと、口にしてはばからない。

玉川さんの政治の正論に、異を唱える醜さもあった。

この人の頭の中身を疑う。

声も聴きたくないので、出てほしくない。

舛添氏をなお追及するのなら、その親父と比較しながら、放送すること。羽鳥さん。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK206掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK206掲示板  
次へ