★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK206 > 311.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
GDPマイナス成長がプラス成長に変わってしまう安倍政権イリュージョン(きっこのブログ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/311.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 5 月 18 日 21:00:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

GDPマイナス成長がプラス成長に変わってしまう安倍政権イリュージョン
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2016/05/gdp-d044.html
2016.05.18 きっこのブログ


今日18日、新聞各紙はいっせいに、2016年1〜3月期の国内総生産(GDP)速報値を発表し、テレビやラジオもそれに続いた。でも、これは「大本営発表」だから、どの新聞もテレビもラジオも、まったく同じ内容だった。もちろん、内閣府の発表した数字に関しては、まったく同じで当然だけど、その数字に対する感想や状況分析までもが、どの媒体の報道も一字一句同じで、以下のものだった。


「内閣府は18日、2016年1〜3月期の国内総生産(GDP)速報値を発表した。物価変動の影響を除いた実質GDPは、前期(15年10〜12月期)と比べて0.4%増と、2四半期ぶりにプラスに転じた。この成長のペースが1年間続くと仮定した年率換算では1.7%増だった。ただ、うるう年で個人消費などが1日分増える押し上げ効果が年率換算で1%程度、含まれるとみられ、それを除いた成長率は年率換算で0%台後半にとどまる。景気回復の足取りは依然として鈍い。安倍首相は今回のGDPの結果や主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の議論を踏まえて消費増税を予定通り実施するかを決める方針で、判断が注目される。」


いや〜、またまた出ましたね。安倍政権のペテンが。欧米の各メディアは半年以上も前から「アベノミクスは失敗に終わった」とか「アベノミクスは行き詰った」と報じているのに、安倍晋三首相だけは未だに「アベノミクスは成功した」だの「景気は7割方回復した」だの「デフレから脱却しつつある」だのと現実とは正反対のことを言い続けているから、意地でも景気が上向きのような演出をしなきゃならない。それが、このトンチンカンなペテン報道だ。

だって、安倍政権になるまでは、こうしたGDPの速報値や修正値ってのは、「前年の同期」と比較してたんだよ。つまり、今回の「2016年1〜3月期」のGDPなら、1年前の「2015年1〜3月期」のGDPと比較して、前年よりもプラスになったかマイナスになったかを発表していた。そして、現在の景気が上向きなのか下向きなのかを判断していた。

だけど、安倍政権になり、アベノミクスの掛け声があがってからは、なぜだか「前年の同期」じゃなくて「前期」と比較する方式に変わっちゃった。「4〜6月期」を前期の「1〜3月期」と比較したり、「10〜12月期」を前期の「7〜9月期」と比較する方式に変わっちゃった。こんな方式じゃ正確な景気の動向なんて分かるワケないけど、正確な景気の動向を国民に知られたくない安倍政権としては、間違っても「前年の同期」と比較した数値なんて発表できやしない。

事実、今回の報道では「前期(15年10〜12月期)と比べて0・4%増と、2四半期ぶりにプラスに転じた」なんて公言して、あたかも景気が良くなったふうに演出しているけど、その前期である「2015年10〜12月期」のGDPの速報値を見てみると、次のようになっている。


「内閣府が15日発表した2015年10〜12月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除く実質で前期比0.4%減、年率換算では1.4%減だった。15年7〜9月期(年率換算で1.3%増)から下振れし、2四半期ぶりのマイナス成長に転じた」


これを読めば分かるように、前期が「0.4%のマイナス」で、今期が「0.4%のプラス」なんだから、前期に落ち込んだぶんが戻っただけの話で、プラスになったワケじゃない。そして、正確な景気の動向を知るために、前年の同期である「2015年1〜3月期」を見てみよう。


「内閣府が20日発表した2015年1〜3月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.6%増、年率換算では2.4%増だった。また、名目GDPの成長率は1.9%、年率換算では7.7%となった。プラスは2四半期連続で、14年10〜12月期(年率換算で1.1%増)から伸び率が拡大した」


1年前の今期は、今より遥かに景気が上向きだったことが分かる。そして、前年の同期と比較する本来の方式で今回の数字を見てみると、「0.4%のプラス」ではなく、完全に「マイナス」になってしまう。「景気回復の足取りは鈍い」とか「景気回復は足踏み状態」とかじゃなくて、どんどん後退しているのだ。それなのに、安倍晋三首相は、今日の「0.4%のプラス」という報道を取り上げて、「GDPがプラスになったということは、アベノミクスによる景気回復が進んでいるということだ」などとノタマッた。

ホントはGDPがマイナスだと知っているクセに、口が裂けても「アベノミクスは失敗した」とは言えないから、「前期と比較する」などというイカサマまで使って、「虚構のプラス」を演出しているのだ。実際には景気は後退しているのに、こんな数字のペテンまで駆使して前へ進んでいるフリを続けている安倍政権。まるで、マイケル・ジャクソンのムーンウォークのようだと思った今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、2012年12月に自民党が政権に返り咲いて、安倍晋三首相が真っ先に行なったことは、NHKの会長の首のスゲ替えだった。何でも自分の言う通りに動く籾井勝人という子分をNHKの会長にしたのだ。就任直後から問題発言の絶えない籾井勝人会長だけど、何よりも「政府が右と言うものを左と言うわけにはいかない」という就任直後の発言が、この人物の本質を物語っている。

そして、安倍晋三首相自らが、新聞社やテレビ局のトップたちと会食やゴルフを繰り返す一方で、気に入らない報道をしたテレビ局を呼びつけて恫喝まがいのことをしたり、高市早苗総務相に「電波停止発言」をさせたり、若手議員に「スポンサーを下ろさせろ」などと発言させている。前者が「飴」なら、後者は「ムチ」だろう。

こうして、飴とムチを使い分けながら、マスコミを懐柔し、安倍政権にとって都合のいいことばかりを報道させる。今日のGDPの速報値にしても、まずは「消費税の再増税は見送りか」なんてニュースを観測気球として報じさせ、その次に「消費税の再増税について公明党の山口代表と会談」と報じさせ、それから「GDPの速報値を見て最終判断する」と報じさせ、タップリとエサを撒いてから、本来は「マイナス」だったのに、それをペテンで「プラス」に変えたをイカサマGDP速報値を大々的に報じさせる。

そして、安倍晋三首相は、この報道を受けて、「GDPがプラスになったということは、アベノミクスによる景気回復が進んでいるということだ」などとドヤ顔で抜かしたのだ。まさに、飼い慣らしたマスコミに「火の輪くぐり」などの芸をさせ、それを観客に見せて拍手喝采を浴びようとしている猛獣使いのようで、安倍政権とマスコミとの一心同体ぶりがよく分かる。


‥‥そんなワケで、今年の4月20日、国際NGO「国境なき記者団」は、2016年の「報道の自由度ランキング」を発表したけど、対象の180カ国のうち、日本は前年の61位から11ポイントも下がって72位という恥ずかしい結果になった。これは、先進国の中では最低で、韓国よりも下だ。ちなみに、日本の「報道の自由度」の推移は、民主党政権時の2010年には11位だったのに、安倍政権になったトタンに、59位→61位→72位と、景気と同じくマイナスを続けている。

「国境なき記者団」の調査によると、日本のマスコミには政府の圧力による自主規制のムードが蔓延していて、メディアとしての独立性が損なわれているそうだ。そして、その中でも、「とりわけ安倍首相に対して自主規制が働いている」と分析している。

また、日本の「報道・表現の自由度」を調査するために来日した国連の特別報告者であるアメリカのデービッド・ケイ教授は、「日本では特定秘密保護法と政府の圧力がメディアの自己検閲を生み出している」と分析し、「日本の報道の独立性は重大な脅威に直面している」として、メディアの独立性保護や国民の知る権利促進のための対策を講じるように日本政府に求めた。

デービッド・ケイ教授は、4月11日から19日までの滞在期間中、政府職員、国会議員、ジャーナリスト、NGO職員など、多くの人たちに聞き取り調査をした結果として、「日本ではジャーナリストの多くが政治家からの間接的圧力で仕事を外され沈黙を強いられたと訴えている」と報告した。そして、「電波停止発言」の真意を知るために、高市早苗総務相に対して来日前にも来日後にも面会を申し込んだが、一貫して拒否されたとも報告した。


‥‥そんなワケで、今の安倍政権に代名詞をつけるとしたら、「独裁政権」でも「ペテン師政権」でも「嘘つき政権」でも「デタラメ政権」でも「戦争大好き政権」でも「ネトウヨ政権」でも何でもいいんだけど、ひとつだけハッキリしていることは、「マスコミ操作政権」だということだ。「飴とムチ」でマスコミを飼い慣らし、安倍政権にとって都合のいい大本営発表だけでなく、数字のトリックでGDPのマイナス成長を正反対のプラス成長に見せかけるというイリュージョンや、盛りに盛った世論調査の内閣支持率まで披露しているのだから、もうバカバカしくて新聞など読む気も起こらなくなる。そして、こんな幼稚なペテンに騙されて、安倍政権などを支持している人が少なからずいることが、さらにあたしを呆れさせる今日この頃なのだ。


関連記事
1〜3月期GDP、年率1.7%増 うるう年効果で(日経新聞)
http://www.asyura2.com/16/hasan108/msg/715.html

GDP +1.7%(GLOBAL EYE)
http://www.asyura2.com/16/hasan108/msg/717.html


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 佐助[3488] jbKPlQ 2016年5月18日 21:08:53 : 9WzTFdu8Dw : EvnuAppFUfU[199]
ドロボー詐欺にピンハネ国家
しかも国土交通省は燃費は無検査,排気ガスは天下り下請けにまかせ知らんぷり。

国税局は,99%の不幸を導くために1%の金持ちのために仕事をしない,
そして5%の金持ちの貯蓄意欲を,95%の貯蓄率を下げて上がったとデタラメを公開する。

政府と霞が関やマスコミと電通は愚民操作の極意「朝四暮三」のエサを巧みに操り騙す,ピンハネタコ部屋のトリックの業までも使い腹黒く,「富める者が富 めば、貧しい者にも自然に富が浸透(トリクルダウン)する」と国民に罠を仕掛け楽しむ輩,結果として格差を拡大させて,耐乏を押付ける極悪人。金持ちが潤うと貧乏人も潤うと騙した。しかも大企業は消費税まで還元させ内部留保。

しかも「21世紀の不平等」,『安定』『成長』『再分配』のうち、『再分配』がごっそりと抜け落ちている」

原発は放射能を大気と海洋にばら撒き,霞が関は究明調査もしない,地震の加速度や津波のセイにして,共鳴共振振動応力の発生を無視する。しかも基準値を上げて,既得権益を失うために合格だとデタラメをまくしたてる。原発をやめて燃料電池や太陽電子電池にすれば,酸素とのバランスも保てる。

そして産業革命を前倒しすれば,世界信用収縮も金融恐慌も改善するのに,遅延させ知らんぷり。どうせ日本の大企業はアベノミクスで消失していく運命にある。

驚いたことにすでにリーマンショックを遥かに下回っているのに,リーマンショック並みの落ち込みがきたら消費税は10%を先送りさせると,訳のわからんことを堂々と述べる。まず消費税は5%に戻すことだろう。そして東京オリンピックは返上することだ。

こいつらは全員市中引き回しのうえ晒し首だ。


2. 2016年5月18日 21:12:48 : G9pRncd5P6 : kNLawzAmjgA[660]

>だって、安倍政権になるまでは、こうしたGDPの速報値や修正値ってのは、「前年の同期」と比較してたんだよ。つまり、今回の「2016年1〜3月期」のGDPなら、1年前の「2015年1〜3月期」のGDPと比較して、前年よりもプラスになったかマイナスになったかを発表していた。そして、現在の景気が上向きなのか下向きなのかを判断していた。

>だけど、安倍政権になり、アベノミクスの掛け声があがってからは、なぜだか「前年の同期」じゃなくて「前期」と比較する方式に変わっちゃった。「4〜6月期」を前期の「1〜3月期」と比較したり、「10〜12月期」を前期の「7〜9月期」と比較する方式に変わっちゃった。こんな方式じゃ正確な景気の動向なんて分かるワケないけど、正確な景気の動向を国民に知られたくない安倍政権としては、間違っても「前年の同期」と比較した数値なんて発表できやしない。

そんなあほなことやってたのか。(ーー;) 
それじゃ、まともな比較になんかならないと素人だって思うよ。
そんなマヤカシまでやって国民を何処に連れてくつもり?


3. 2016年5月18日 21:19:09 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[2349]
大本営発表ですなぁ…

4. 真相の道[763] kF6RioLMk7k 2016年5月18日 21:31:34 : 55Mvar4oWo : zIgO6vffks4[142]

> 安倍政権になるまでは、こうしたGDPの速報値や修正値ってのは、「前年の同期」と比較してたんだよ。つまり、今回の「2016年1〜3月期」のGDPなら、1年前の「2015年1〜3月期」のGDPと比較して、前年よりもプラスになったかマイナスになったかを発表していた。

>だけど、安倍政権になり、アベノミクスの掛け声があがってからは、なぜだか「前年の同期」じゃなくて「前期」と比較する方式に変わっちゃった
   
   
これはウソですね。

下記は民主党政権時のGDP速報です。

これによれば、現在の安倍政権同様、前期比の数値となっています。

http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/data/data_list/sokuhou/files/2012/qe123_2/pdf/gaiyou1232.pdf


これで「きっこのブログ」が捏造であることがはっきりしました。

捏造なのだから、読むに値しません。
   
   


5. 2016年5月18日 21:33:00 : Hii4nQZpEM : rHsH28WvcGk[2]
真相という名の捏造を行うヤローにきっこを批判する資格はないよ。

6. 2016年5月18日 21:52:22 : U9CxiBPlTM : bBHFRlpEMys[2]

マスコミが前期比を主に報じるのか、前年同期比を主に報じるのか、の違いだろ?

きっこは、安倍政権になってから、マスコミは前期比しか言わなくなったと言っているんだよ。


7. 2016年5月18日 23:47:40 : FyeZEjL2DK : cmAMk9HZ9z8[2]
>4.晋三の道。必死だな。

8. 2016年5月18日 23:54:06 : G9pRncd5P6 : kNLawzAmjgA[661]
私もド素人でよくわからなかったので、ちょっと調べてみたのですが、GDP比の計算には直前の四半期と比較する「前期比」と前年の同期間を比較する「前年同月比」というのがあるそうです。(内閣府は四半期ごとの実質GDPと前期比(前の四半期からの増加率)を公表するけれども、経済成長率の議論は前期比を年率換算した値で行う場合が多いそうで、それが「前期比年率」というものらしいです)

本来は両方を一緒に報道すればいいのでしょうが、>>6さんが言われているように、マスコミが「前期比」しか言わなくなった言うことではないでしょうか。

さらに詳しくは、こちらの質問箱の2番の回答者の方の答えがわかりやすかったです。
(質問者の求める答えは直接的な計算方法だったので「ベストアンサー」ではありませんが)

GDP年率換算の計算方法について
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3777572.html

(以下、前半のみ引用させていただきます)

No.2 回答者: igaguri_ml 回答日時:2008/02/15 18:09

前期比(一つ前の3ヶ月分との比較)での
GDP成長率は少しややこしい計算の仕方をしています。
まず、もとの数字から季節要因を除くために季節調整を行ないます。
その結果が「実質GDPが前期比で0.9%上昇した」だったわけです。
大体においてその4倍が年率換算の数字になります。

しかし、季節調整は信用できないことが知られているんですね。
季節調整しても10-12月期の実質GDP成長率は高めの値が出る傾向があります。
だからたとえ確報値(最近発表されたのは速報値)で
10-12月期に関して一時的に高めの数字が出ても
そのことを大袈裟に受け取ると
無知をさらしてしまうことになります。

より安全な実質GDP成長率の確認の仕方は前年同期比(1年前との比較)の方を見ることです。
個人的な意見では前期比の数字は誤解を招き易いので廃止して、
前年同期比の数字だけを発表するようにした方が良いと思います。

(以下、2006年10月〜2007年12 月にかけてのケースが載っていますが長くなるので省略します。よくわからないけど、雰囲気的には今と同じような感じだったんだな・・・と思ったら、たまたま第一次安倍政権の時でした)

この回答者の言われているように、素人向けには「誤解を招き易い数字」などは言ってもらわないほうがいいです。(ともあれ、私などはド素人。誰か詳しい方が見てたらお願いします)

まあ一庶民としては「かくかくしかじかの数値が上がったのだから、経済は上向きなのだよ」とか言われても、自分や周りの実入りが悪ければ納得できないことに変わりはありませんが。絵に描いたモチならぬ「絵に描いた数値」だけでお腹一杯の幸せを感じられる人は羨ましいです。w


9. 真相の道[764] kF6RioLMk7k 2016年5月19日 00:17:46 : 55Mvar4oWo : zIgO6vffks4[143]
     
>>08さん


重大な問題は、「きっこのブログ」が主要な主張部分、このブログのメインとなる部分でウソをついていたという事実です。

つまり、>>04で証拠を提示した通り、きっこのブログが主張している下記は、ねつ造であるという事実。


■ 「きっこのブログ」による捏造

『安倍政権になるまでは、こうしたGDPの速報値や修正値ってのは、「前年の同期」と比較してたんだよ。つまり、今回の「2016年1〜3月期」のGDPなら、1年前の「2015年1〜3月期」のGDPと比較して、前年よりもプラスになったかマイナスになったかを発表していた。』
   
    
反安倍派はこのように平気でウソをつくのです。

これは由々しき問題ですね。
   
   


10. 無段活用[1405] lrOSaYqIl3A 2016年5月19日 00:30:40 : uZkrjY3kFE : QYeTFkzO0b0[86]

内閣府の資料の11枚目に前年同月比の数字がある。「-0.0%」とのこと。

http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/data/data_list/sokuhou/files/2016/qe161/pdf/gaiyou1611.pdf

前年同月比も前期比もそれぞれ意味があるから、メディアにぶら下がるような情報
の集め方でなく、自分で元の資料に当たらなければならない、ということだと思う。

ただ、これはマスゴミがプレスリリースをきちんと読まずに記事を書いているとい
う意味でもあるから、彼らの信頼度はますます減るだろうね。



11. 無段活用[1406] lrOSaYqIl3A 2016年5月19日 00:52:18 : uZkrjY3kFE : QYeTFkzO0b0[87]

>>10

前年同月比、じゃない。前年同期比。

ちなみに、これが名目ベースだと、前年同期比でプラス0.8%。先の資料の13枚目に
ある。

2015年の暦年ベースでの経済成長率は実質ベースで0.5%、名目ベースで2.5%。この
資料のそれぞれ9,10枚目。

http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/data/data_list/sokuhou/files/2015/qe154_2/pdf/gaiyou1542.pdf

勿論、計算方法自体に騙しが入っている可能性があり、そうすると数字の信憑性は
分からなくなる。



12. ピッコ[1032] g3ODYoNS 2016年5月19日 01:04:59 : 8DIc7JWX8Q : f1HCvxQ0xQc[2]
最近、安倍総理が次のようなことを述べているのだそうです。

"世界経済の「下方リスク」と「脆弱性」が高まっている。こうしたリスクに、G7が、いかにして協調して立ち向かうことができるかが、伊勢志摩サミットの最大のテーマであります。G7がリードして、世界経済の持続的かつ力強い成長への道筋を示す。政策協調への力強いメッセージを打ち出さなければなりません

多くの専門家は、今年、更なる景気悪化と、世界的な需要の低迷を見込んでいます。安定した成長軌道を目指し、この低迷した状況から、一気呵成に抜け出す。「脱出速度」を上げていくためには、金融政策だけでなく、財政政策においても、機動的な対応が強く求められています。新興国を中心に、質の高いインフラや環境分野での投資を、一層拡大していくことも必要です

世界経済が抱えているリスクが顕在化し危機に陥る、その前に、私たちは「行動」を起こさなければならなりません。私たちG7に、今、求められていることは「行動」であります"

これから読み解けることがあります。 それは、アベノミクスがすでに失敗していることを安倍総理は認識しているということです。 お仲間の竹中平蔵もいまごろになって「トリクルダウンなどありえない」などとうそぶいている始末ですから。 そのアベノミクスの失敗から国民の目を逸らさせるために、安倍総理は今度のサミットを利用しようとしているのです。 日銀の異次元金融緩和で円安になって、株高や部分的な景気回復は起きたけど、その金融政策にもそろそろ限界が来て、いま、世界は円高局面になろうとしているのです。 そして、いままでとは反対のことがこれから起きようとしているのです。 つまり、株安や企業の業績不振などですね。 そこで安倍総理は、「STAP細胞は絶対あります」と今でも言い張って、悪いのは他の人だと責任逃れをする小保方と同じように、アベノミクスはうまくいっていたのに、世界経済が悪くなっていくために景気が悪くなるのだと、いつもの言い逃れ、はぐらかし、他者への責任転嫁を図ろうとしているのです。

ドイツの財務相が安倍総理に投げかけた辛辣な一言 「経済ニュースゼミ」
http://blog.livedoor.jp/columnistseiji/archives/2016-05-16.html


13. 真相の道[766] kF6RioLMk7k 2016年5月19日 01:12:37 : 55Mvar4oWo : zIgO6vffks4[145]
   
>>11さん
>2015年の暦年ベースでの経済成長率は実質ベースで0.5%、名目ベースで2.5%。
   
  
なるほど。

石油価格の暴落でデフレから完全に脱し切れていないので、名目ベースの方が実感に合うわけですが、それからすると名目で2.5%というのは、悪くはない状況とは言えそうですね。
   
  
まあいずれにしても、安倍政権以前は前年同期比で発表していて安倍政権で変わったという「きっこのブログ」は捏造なわけですが‥。
   
  


14. ピッコ[1033] g3ODYoNS 2016年5月19日 02:00:05 : 8DIc7JWX8Q : f1HCvxQ0xQc[3]
>4. 真相の道
これはウソですね。下記は民主党政権時のGDP速報です。これによれば、現在の安倍政権同様、前期比の数値となっています。
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/data/data_list/sokuhou/files/2012/qe123_2/pdf/gaiyou1232.pdf

あんたも相変わらずバカね。 上のページの3枚目に『前年比』『前年同期比』と、ちゃんと出ているじゃない。 アホ
民主党の時には、なんでも洗いざらい、国民に分かりやすく経済の現状を知らせていたのよ。
自分に都合のいいことだけ表に出して、そうでないものは裏に隠して見せない安倍晋三や、あんたらアホネトウヨは、ほんとに息を吐くようにウソを垂れ流すヤツラね。 精神が未熟で、大人になれないままなんだよ。


15. 2016年5月19日 03:03:59 : VSs2F1ntdA : dwsR0odyRFM[1]
「晋三さん道」。
必死だな。あんたまたの名を「セコウ」って言うんじゃない?

16. 唐行きさん[691] k4KNc4KrgrOC8Q 2016年5月19日 21:00:47 : YhbqHOwz5I : @22UwWzYRro[3]

「この国」は、本当に「あさましい」、「さもしい」、「みにくい」、「はずかしい」、「国」となってしまった・・。

「どアホ」がまたなってからは・・、「一気呵成」に!

もうすぐ、「ウソのカタマリ」が「崩壊」する!

「東京オリンピック」も「当然」に「中止」!


17. 唐行きさん[692] k4KNc4KrgrOC8Q 2016年5月19日 21:03:35 : YhbqHOwz5I : @22UwWzYRro[4]

「この国」は、本当に「あさましい」、「さもしい」、「みにくい」、「はずかしい」、「国」となってしまった・・。

「どアホ」がまたなってからは・・、「一気呵成」に!

もうすぐ、「ウソのカタマリ」が「崩壊」する!

「東京オリンピック」も「当然」に「中止」!

「万歳、万歳、万々歳」!

で、「日本」の「死」・・。



[32初期非表示理由]:担当:重複コメント

18. 真相の道[770] kF6RioLMk7k 2016年5月19日 22:00:31 : 55Mvar4oWo : zIgO6vffks4[147]
              
>>14さん
>上のページの3枚目に『前年比』『前年同期比』と、ちゃんと出ているじゃない。        
    
だからその「前年同期比」は安倍政権の発表でも出ているでしょ。

今回内閣府発表のGDP速報の下記の13ページに『前年同期比』と、ちゃんと出ているじゃない。

http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/data/data_list/sokuhou/files/2016/qe161/pdf/gaiyou1611.pdf

  
  
つまり民主党政権でも安倍政権でも、「前期比」も「前年同期比」もどちらも発表されている。

このように「きっこのブログ」がデタラメを書いているのは明白です。


結論として、あなたが書いている『ほんとに息を吐くようにウソを垂れ流すヤツラ』というのは、「きっこのブログ」とあなた自身なわけですねw
   
   


19. 2016年5月20日 00:36:28 : esmsVHFkrM : Z3UQbl@PdwA[225]

自民党ネトサポが必死に一人で言い張っていることは、自民党がネットに拡散したい嘘。

全ては自民党のネット工作。

馬鹿馬鹿しい。


20. ピッコ[1034] g3ODYoNS 2016年5月20日 02:59:24 : 5laeObb6Bo : GLcD7kwPzN4[1]
>9.18. 真相の道

”■ 「きっこのブログ」による捏造

『安倍政権になるまでは、こうしたGDPの速報値や修正値ってのは、「前年の同期」と比較してたんだよ。つまり、今回の「2016年1〜3月期」のGDPなら、1年前の「2015年1〜3月期」のGDPと比較して、前年よりもプラスになったかマイナスになったかを発表していた。』
   
反安倍派はこのように平気でウソをつくのです。 これは由々しき問題ですね。”

「真相の道」は何も知らないくせに、偉そうに知ったかぶりをする。 頭が悪いのに、頭がいい人のようにふるまう。 バカ丸出しだ。 上で「きっこのブログ」が書いていることは、本当のことなんだよ。 GDPがプラスになったとかマイナスになったとかは、今までは前年同期比で言っていたけれど、それが前期比になったんだよ。 安倍政権でそうするように変更したんだよね。 GDPの伸び縮みは季節的な要因も大きいから(例えば、ゴールデンウィークとか正月休みとかで)、前期比でプラスとかマイナスとか言っても、あまり意味がないし、「きっこのブログ」が書いているように、国内の経済が良くなっているのか悪くなっているのかが見え難くなってしまったのね。 おとといのNHKのニュースでも言っていたけれど、過去一年間を振り返ると、プラスの次の期はマイナス。 その次はプラスで、またその次はマイナスといった具合。 これでは、日本の経済がどういう方向に進んでいるのか、一般の人にはわからない。 アベノミクスの大失敗による経済の悪化を見せたくない、悪知恵の働く安倍政権ならではの国民ダマしの手法なんでしょうけど。 真相の道よ、あなたには「ウソだらけの道」あるいは「ク○だらけの道」の名がふさわしいね。


21. 真相の道[773] kF6RioLMk7k 2016年5月20日 09:31:23 : 55Mvar4oWo : zIgO6vffks4[150]
  
>>20=ビッコさん
> GDPがプラスになったとかマイナスになったとかは、今までは前年同期比で言っていたけれど、それが前期比になったんだよ。
  
  
ついに頭がおかしくなってしまったようですねw

私は>>18で、今回内閣府が発表したファイルを証拠として提示しているのですよ。

その13ページには、「前年同月比」で0.8%とハッキリ書かれています。
 
  
つまりあなたの主張も、「きっこのブログ」もデタラメ。

このように反安倍派はまともな安倍批判をできずに、ついにウソをついて安倍批判をするレベルにまで落ちたというわけです。

もはやまともではありませんねw
  
  


22. 2016年5月20日 09:41:14 : 1TppK4ETfU : ABTzccdlBy8[551]

   安倍政権イリュージョン

   すばらしいタイトルで笑った!


    、


23. 真相の道[775] kF6RioLMk7k 2016年5月20日 10:12:50 : 55Mvar4oWo : zIgO6vffks4[152]

>>22さん

だけどそれは>>21で説明したとおり、デマだったわけです。

反安倍派はこのようなデマを平気で喚くので、騙されないことが重要ですね。
  
  


24. 2016年5月20日 11:53:16 : EAkIk2fULU : JJK78ODjYnY[210]
GDPはプラスなのに景気はいっこうに良くならない。不思議だねえ。

カルト宗教の信者たちにはGDPがプラスと言っておけば喜んで景気の悪さを忘れて
くれるらしいけど、一般のひとはそこまで頭悪くないので、実際まわりが不景気なら
いくらGDPがプラスと言われてもなんもうれしくない。


25. ピッコ[1035] g3ODYoNS 2016年5月20日 14:25:52 : DoQfooydmE : DVil9Lkqksc[1]
>21. 真相の道
私は18で、今回内閣府が発表したファイルを証拠として提示しているのですよ。

「真相の道」さん、あなたは何でこんな簡単なことが理解できないの? あなたが提示したファイルは一般の人が「普段に見る」ファイルではないのね。 例えば、あなたのお母さんは年4回発表されるそのファイルをいつも見て前年同期比はどうだとか、詳しく分析している? しないでしょ? テレビのニュースや新聞を見て日本のGDPの現況を知るわけだよね。 例えば次のように。

「GDP速報値、年1・7%増」 (18日付ロイター)
http://jp.reuters.com/article/idJP2016051801000834?il=0

 ”内閣府が18日発表した1〜3月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、物価変動を除く実質で前期比0・4%増、このペースが1年間続くと仮定した年率換算は1・7%増だった。2四半期ぶりのプラス成長だったが、企業の設備投資は減少し、個人消費も伸び悩んだ。うるう年の日数増によるかさ上げ効果を除いた景気の実勢は足踏み状態とみなされる可能性がある。”

ここに「物価変動を除く実質で前期比0・4%増」で「このペースが1年間続くと仮定した年率換算は1・7%増だった」と書いてあるよね。 この「物価変動を除く実質で前期比0・4%増」の「前期比」が、安倍政権前は「前年同期比」だったということ。 安倍政権がそういう方式に変えてしまったのね。

(きっこのブログ)
”だって、安倍政権になるまでは、こうしたGDPの速報値や修正値ってのは、「前年の同期」と比較してたんだよ。つまり、今回の「2016年1〜3月期」のGDPなら、1年前の「2015年1〜3月期」のGDPと比較して、前年よりもプラスになったかマイナスになったかを発表していた。”

一般の人はふつう「GDP年1.7%増」と聞けば『景気はいいみたいだ』とか『アベノミクスは順調みたいだ』と思うでしょ?  ところが、安倍政権以前の方式である「前年同期比(2015年1〜3月期のGDP)」でみてみると…

「内閣府が20日発表した2015年1〜3月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.6%増、年率換算では2.4%増だった。また、名目GDPの成長率は1.9%、年率換算では7.7%となった。プラスは2四半期連続で、14年10〜12月期(年率換算で1.1%増)から伸び率が拡大した」

(きっこのブログ)
”1年前の今期は、今より遥かに景気が上向きだったことが分かる。そして、前年の同期と比較する本来の方式で今回の数字を見てみると、「0.4%のプラス」ではなく、完全に「マイナス」になってしまう。「景気回復の足取りは鈍い」とか「景気回復は足踏み状態」とかじゃなくて、どんどん後退しているのだ。”

それなのに

”安倍晋三首相は、今日の「0.4%のプラス」という報道を取り上げて、「GDPがプラスになったということは、アベノミクスによる景気回復が進んでいるということだ」などとノタマッた。” 

「真相の道」さん、これで分かってもらえたかな? これが真相なんですよ。 安倍晋三政権は国民を『あの手この手』でダマそうとしているのです。


26. 2016年5月20日 15:24:08 : xQoZn42Pr2 : 2ydlNWODHRI[452]
失敗したなんて言えないもんね
選挙で負けちゃうし
憲法も変えられないし

27. 2016年5月21日 13:59:29 : lyDdpzx5Jc : rAq9@fvkcc0[12]
まあ、特にNHKなんかは安倍ちゃんの直属機関に成り下がってるからな。
ほとんど戦時中の大本営発表みたいになって来たよ。
他に情報源がないわけじゃないのがあの頃よりは救いだけど。

28. 2016年5月21日 23:34:49 : bYLiTFC55s : U5AdSJsPd0M[81]
あれ、真相の道さんどうした? 考え中?

反論待ってるんだけど。 まさか、逃げたか?



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK206掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK206掲示板  
次へ