★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK206 > 390.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
≪悲報≫小林節氏の「国民怒りの声」、社民党や生活の党の対等合併案を拒否!野党支持者からは「理解できない」と批判!
http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/390.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 5 月 20 日 15:10:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

【悲報】小林節氏の「国民怒りの声」、社民党や生活の党の対等合併案を拒否!野党支持者からは「理解できない」と批判!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-11604.html
2016.05.20 10:00 真実を探すブログ



☆「国民怒りの声」小林氏、社民 生活からの対等合併拒否
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160519-00000544-san-pol
 政治団体「国民怒りの声」の代表を務める憲法学者の小林節慶応大名誉教授は19日、団体立ち上げに合わせて東京都内で記者会見し、社民党と生活の党と山本太郎となかまたちからそれぞれ対等合併の打診を受けて断ったことを明らかにした。


以下、ネットの反応














出馬の意気込みは素晴らしいのですが、このままだと死票が大量に発生する恐れがあることからちょっと困りますね。野党候補が居ない場所に出るのならば分かりますが、どうにも都市圏に出馬を検討しているみたいです。


他の野党と候補者調整をしたという話も聞こえず、野党と小林新党が戦う事態になる可能性もあると言えるでしょう。どのくらいの票を集めるのか興味があると同時に、野党共闘を妨害する可能性を強く懸念しています。


新政治団体「国民怒りの声」小林節代表 記者会見 2016/05/19


小林節 参院選出馬会見 「国民怒りの声」フルバージョン(コメ付)

2016/05/09 に公開


記事コメント


結局、老人の暇つぶしだったのか?
[ 2016/05/20 10:05 ] 名無し [ 編集 ]


小林節氏は、やはり、自民党隠れ擁護派だね。参議院選挙を自民党に有利にする計画だね。なるほど!!つまり、野党は、参議院選挙は勝てない。
[ 2016/05/20 10:08 ] あ [ 編集 ]


そして国民の怒りの声は誰も当選せず、声だけが残るのであーる
[ 2016/05/20 10:08 ] 名無し [ 編集 ]


おカネかな?
[ 2016/05/20 10:09 ] 名無し [ 編集 ]


合併はともかく選挙協力はして欲しいですね
[ 2016/05/20 10:12 ] 名無し [ 編集 ]


自民嫌だし野党も嫌って層を狙うんなら、合併なんてできるわけないでしょう
合併したら野党の括りに入るんだから
[ 2016/05/20 10:14 ] 名無し [ 編集 ]


サヨク大敗北の予感www
ざまぁwww
サヨクお得意の仲間割れか?w
お前らはぜっったいに自民党には勝てないから!
諦めろ、見苦しいだけだw
お前らは無力なんだよ、雑魚が。


自民党が勝つことで日本の未来も明るいな!
[ 2016/05/20 10:14 ] パヨクと戦うマン [ 編集 ]


この方はよく存じ上げませんが護憲一本勝負で出馬されるのですか?


それで当選は無理でございましょう
[ 2016/05/20 10:23 ] 名無し [ 編集 ]


与党も野党も同じ穴の貉だとわかっているから反対する
当然でしょ
それじゃ大阪維新の二の舞だぞ?
選挙協力もいらない
てか与野党に支持者なんているの?
誰が信用してるの?
小林さんは茶番をやるつもりないんだよ
[ 2016/05/20 10:23 ] 名無し [ 編集 ]


反自民で民進党に失望し共産党に入れたくない人の棄権を防止するための受け皿になると言っていたがその様な人は最初から選挙には行かないよ。
[ 2016/05/20 10:32 ] 名無し [ 編集 ]


いやこれでいい
変に政治家と馴れ合うより
党名通り国民の怒りを伝える等であって欲しい。
変な慣れ合い妥協は一切不要。
[ 2016/05/20 10:40 ] 名無し [ 編集 ]


「国民怒りの声」。このネーミングがいい。安倍政治に怒ってる無党派層の集結を目指すとか。
「野党の落穂ひろい」というセンスがまたいい。さすが小林節の本領発揮ですね。支持します。
[ 2016/05/20 10:41 ] 名無し [ 編集 ]


それでいい
共産党にとって代われ
[ 2016/05/20 10:42 ] 名無し [ 編集 ]


>「国民怒りの声」。このネーミングがいい。


そうそうわかりやすくていい。
小沢や政治屋が大嫌いな人の受け皿だ。
[ 2016/05/20 10:45 ] 名無し [ 編集 ]


野党へのカンフル剤になって欲しいけど肝心の野党がどこまで本気だすか・・・。


少なくとも今の野党には小林先生のような命がけの意気込みが感じられない。
[ 2016/05/20 10:49 ] 名無し [ 編集 ]



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年5月20日 15:58:47 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[2368]
まずは10名(男女5名ずつ)の顔ぶれが見たいですね。
判断も、それからにしましょう。
経過観察。

2. 日高見連邦共和国[1545] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年5月20日 16:14:00 : IeaB3HQJJg : 1uIcocViqWs[553]

私は全然OK、野党共闘に“マイナスなし”と見ていますから!

でも、せっかっく小林節さんの“英断”、なんぼでも『プラス化』してきましょ〜よっ!

『対等合併』ですか?このタイミング(選挙2ヶ月前)でそれは無い、ない!(笑)

だってこの『国民怒りの声』、周到に練られた大いなる“紛れ”のひとつ・・・ね!囲碁好きの小沢一郎さん?(笑)

ってか『ジョーカー』か・・・いや、むしろ『トリック☆スター』!?
“驚き”や“面白み”がなければ、人生ツマラないじゃん!!(笑)


3. 2016年5月20日 16:14:36 : Gmatq1abr2 : hNZC1pNbYoQ[5]
ま、未来の党の失敗もあるからね。

仮にまとまっても、小林氏と、小沢、山本、福島瑞穂といった個性の強い政治家をどう処遇するのか、という問題に突き当たる。

あとで空中分解するより、最初からまとまらない方がいいんじゃないか。

それより、小林氏は元々保守の人なんだから、もっと保守色を出してほしい。

政党名も「保守党」とか「愛国党」とかそれらしく。

そして自民党票を食ってくれる、真の保守を目指してほしい。


4. 日高見連邦共和国[1547] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年5月20日 16:17:08 : IeaB3HQJJg : 1uIcocViqWs[555]

03氏に同意します。

ですからやっぱり、行き着く所は“オリーブの木”、『比例統一名簿』なんです!

まだ私は、諦めてません!!


5. 新共産主義クラブ[2007] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2016年5月20日 16:52:03 : PBoK9hRzVY : _wBXlPFb4gc[2]
 
 小林節氏のところは、『良識改憲党』でいいとおもう。
 
 それはそれで、一つのニーズだろうし、自民・お維の票を大いに食ってくれるだろう。
 
 野党の既存政党も割を食うかもしれないが、小林節氏のような知名度の高い学者が、非拘束名簿方式の参院比例区で、政党を排して賛同者を募ることは、良識の府の参院の選挙のやり方として、本来の姿のようにも思える。
 
 わたしは参院の『比例統一名簿』作成には、反対だ。
 
 参院比例区選挙の非拘束名簿方式には、小異のある政党同士の統一名簿の作成は、適さない。
 
 漢文学の造詣が深い民主党前代表の海江田万里氏は、かつて『小異を残して大同につくべき』と言っていたけれども、比例区まで統一名簿を作ってしまっては、「小異を捨てて大同につく」ことになってしまう。
 
 参院比例区は、小さな政党が小異を残す場として、ふさわしい。
 
 参院選挙で、公約として護憲を掲げる政党・団体も存在すべきだ。
 
 
■ 小異残し大同に 参院選での野党共闘で海江田氏
( エコノミックニュース 2013年1月7日)
 
海江田万里民主党代表は夏の参議院選挙での野党共闘について「小異を捨てて大同につくという言葉が使われるが、小異を残して大同につくべきと思っている」と語った。

 各政党にはそれぞれの主張や譲れないところがあるとして、その部分は残して、話し合いの中で、自民圧勝を許さない目的達成へ歩み寄っていこうとの考えを示したもの。
 
http://www.excite.co.jp/News/politics_g/20130107/Economic_pol_130105_027_4.html
 


6. 2016年5月20日 17:27:46 : MPo8jbCpkc : mYaCvsYxlII[1]
皆さん何か勘違いしていませんか? 参院比例区なら死に票は出ないよ。野党が一つにまとまれないからこうなったこともわからんかね。

矛先は、社民党でも生活の党でもない。民進党内の自民党擦り寄り組に向いているのだよ。

今度の旗揚げ大会には参加するよ。


7. 2016年5月20日 17:32:31 : 6jC6Ok4X3M : r9HiorRuc1w[423]
既存のどこかの党と合併したんじゃ、何のための無党派層の受け皿なんだか分からなくなるから、合併は拒否するに決まっている、合併ばかりが野党共闘じゃない既存野党が拾い切れない層を選挙に投票させるための政党だ。
「国民怒りの声」が獲得する議席は元々与党にも野にも党投票しない投票先が無い層からの票に基くものになるだろう。

8. 日高見連邦共和国[1552] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年5月20日 17:35:57 : IeaB3HQJJg : 1uIcocViqWs[560]

>>05 『珍味似非共産主義クラゲ』

>わたしは参院の『比例統一名簿』作成には、反対だ。

反対もなにも、オマエは“野党協力・共闘”の為に、何一つ汗を流してないだろうがようっ!(笑)

っつーかさ、『比例統一名簿』なくば、そのオマエの言う、

>参院比例区は、小さな政党が小異を残す場として、ふさわしい。

その『小異』を僅かばかりでも“国会へ送り届ける手段”がより遠ざかるだけなんだがナ〜。

まあイイよ。こんな“正論”をオマエに向って説く私が間違ってるのだ。(笑)

それよりもオマエ、オマエが以前自ら言い放った『参院出馬』はど〜なったの!?

当然、『新共産主義クラブ』からのご出馬だと思われるが、
選挙区は、『日本海大和堆』かな?クラゲなだけに。(笑)


9. 2016年5月20日 17:59:08 : m8HctvzQ0k : io_qmPooScc[4]
どうせ、電通が考えた野党の票割り狙いの泡沫政党でしょ。
慶応大学って所でピンと来た。
気持ちのいい事言って惹きつけて、土壇場でちゃぶ台返しをするためだけの存在。
体のいいガス抜き役。
時間もないのだし、疑心暗鬼になってもいけないから、結集にそれなりの成果を見せないピエロ候補は、無視するに限る。
政府に睨まれる危険発言はせいぜい1ポイント。危険と考え得る行為については、5ポイント。
あとで自作自演とばれたときにはマイナス10ポイントで成績を付ける。
口だけ野郎を排除するためにはそうするしかない。

10. 2016年5月20日 18:08:16 : 7LS2t5Osdw : aRfaQEObVx8[9]
小林先生は、立憲民主主義の危機に対応して
やむをえず立たれたので意識の高い無党派層に
対して既存政党とつるまないのは、最も良い
戦略と思います。

今の日本のおかしさに気が付いた自民、公明党支持者
も含めて票を獲得する事が出来るでしょう。

非拘束名簿方式の参院比例区では一人約120万票を
集めることが必要のようです。

従って大組織か有名人しか当選しません。

有名人で一人200−300万票が取れる人がいれば他の候補者
に分け与えられます。

日本の危機、反戦争、反原発に賛成の超有名人方々是非とも
立ち上がって下さい。

お願い致します。


11. 日高見連邦共和国[1558] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年5月20日 18:10:53 : IeaB3HQJJg : 1uIcocViqWs[566]

>>09

なにか慶応ボーイに恨みでも?あいや、失礼!(笑)

これは私見ですが、コアな既存野党支持層はあくまで『支持政党』に拘るだろうし、
投票を棄権しようか、なんて考えてる軟派な、潜在的野党支持層の“興味と選択肢”を
拡げる意味は大きく、『国民の怒りの声』の存在は決して“マイナスにはならない”と思っとります。

宜しければ、ヒネた態度ではなく、暖かく見守って頂けると有り難いですネ〜!


12. 2016年5月20日 18:11:33 : 3ah459lR8Q : BQKXrt2t@gY[276]
この人の顔が保守だね。
頑固で協調性がない。
人相学は当たるよ。

13. 2016年5月20日 18:19:05 : 3ah459lR8Q : BQKXrt2t@gY[277]
12追伸
小沢氏や山本氏の顔と
全然違うぞ。

14. 2016年5月20日 18:27:02 : 6jC6Ok4X3M : r9HiorRuc1w[425]
>9へ
三流大学出の僻みか、もうコンプレックスは捨てたらどうだ、学歴うんぬんの世の中じゃないんだから。

15. 2016年5月20日 18:43:58 : tHIVKuZsdo : _YgkBQOb_8U[718]
10名の見本まで展示してくれるんだなぁ。なんとまあ親切。
民進党はありがたく其のそれぞれの見本に相当程度な雁首を揃えて国民の前に示せばいいだけだ。(後は自動的に何が起きるかなんてなすぐ解る)
程度のことを「ヤレ!」と云うメッセージと捉えるべきだろう。
新党立党までしなきゃならない事態を何処の誰が招いたのか。其処迄時間を逼迫させたのは何処のどいつらなのか。
鏡を見ながら考え… …そんな暇ぁネェんだよ(笑)
箸の代わりに匙まで用意してくれてるんだ。すぐヤレゃ!

16. 2016年5月20日 18:51:05 : b7GIZVtv5U : HkBPk3nQvIM[162]

     ここはトンチンカンな事言う工作員だらけだね、


17. 2016年5月20日 19:16:16 : AsU2072Eqc : IKLl77VccsY[1]
「既存政党に不満」もうこれ自体が電通タームなんだよね。
これを言って出てきた大阪維新がどうなったか、みんなの党がどうなったか、
未来の党がどうなったか、他にも色々覚えていわばわかるはずだ。
既存政党に不満なら、まず一番不満の先である自民党の議員を割って、
新たな政党を作って自民党の法案全てに反対する姿勢を見せてからじゃないとね、
こんな泡沫に構っている暇はない。
そんな奴は先行者の天木か輿水でも構ってればいいんだ。

18. jk[646] goqCiw 2016年5月20日 19:52:24 : tceVB0iwr6 : FXeuvvWT7ac[82]
確か、小沢氏は小林氏の新党構想について聞いてないと定例記者会見で話してた。

その生活の党が小林市の新党構想に合併の打診をしていたとは考えられないのだが・・・・・

産経の報道信じられないのだが・・・・・



19. 2016年5月20日 20:51:25 : YI75pBsE72 : rzcQ2th9hXU[14]
電通を出せば自説の補強ができるっていうのもある意味困ったもんだなw

20. 2016年5月20日 21:04:50 : JFmlklA0Ug : dz754u9O0so[6]
メイソン・イルミ・ユダヤと出せば奇妙な珍説にコロッと騙されるここで何言ってんだw

21. 2016年5月20日 21:06:59 : FspDoxHbCA : AyFa916HO5I[2]
あまり早く動いてもね
自民から、スキャンダル攻撃されて終わりだからね

慎重にするしかないわね


22. 2016年5月21日 00:39:33 : 1gfy8eT9pc : sa_IFkzDIK0[14]
野党の議席数に影響はないでしょう。むしろ投票率が上がって増えるかも。

23. 2016年5月21日 00:46:45 : 1gfy8eT9pc : sa_IFkzDIK0[15]
アンチ自民、アンチ民進の保守層がどのくらいいるかだね。
仕方なく自民に入れていた人を加えて何%くらいかな。

24. 2016年5月21日 06:04:28 : Y3bHJ6Mh2M : aV92jCWrQSE[3]
 多摩散人です。

 社民党の前身の日本社会党は、昔は有名な所では浅沼稲次郎氏を党首とし、国会の議席の1/3を占める野党第一党でしたね。成田知己・石橋正嗣なんて憶えていますか。それが、1994年、村山富市氏が総理大臣になった時、「実は今までの非武装中立の主張は全部嘘でした」と白状し、その途端、社会党の没落が始まったのです。今では消滅寸前です。どういうい方策をとっても消滅するでしょう。

 まったく無意味な国防政策を掲げていて、今でもそれから抜け出られないのだから、消滅は当たり前です。

 それしか言うことがありませんね。


25. パラノイア[237] g3CDiYNtg0ODQQ 2016年5月21日 07:34:55 : boyOEpVIxI : vQuE2AD6VbM[1]
支援者2人にIT関連の方がいるだけあって中々センスの良いwebサイトです。
お楽しみはこれからですね。

26. 2016年5月21日 08:24:48 : bDluyLDD5U : rx8r2J_vV6w[9]
>・・・、社民党や生活の党の対等合併案を拒否!

対等合併と言っても、所詮は政治家一歩手前の人物が古参政党と合併すれば自由度は下るんじゃないかな?


27. 2016年5月21日 08:28:20 : b7GIZVtv5U : HkBPk3nQvIM[164]

コバセツは正体晒したと云う事 あえて正体晒すことにより
野党共闘支持者が共闘に嫌気を指す様に仕向ける効果がある

植草先生も亀井とコバセツの桜の木構想に対して官邸の関与のようなコメントたしか自身のブログで述べて居られた


28. 2016年5月21日 09:04:00 : E2ZWsoaw3E : zvQ0x9Ietdw[18]
おそらく小林先生の腹心あたりが自民党の意を受けて入れ知恵しているのではなかろうか。所詮大学教授はこういった政治的駆け引きの免疫がないので、信念を刺激され、正当性を問われたら、今回の政治的柔軟性は聞き入れられないんだろう。残念ですね。未来の党の二の前にならなければいいのだが。

29. 2016年5月21日 09:19:57 : tHIVKuZsdo : _YgkBQOb_8U[723]
良い具合にかき回されてますな。結構結構。
程度同じに流石のあのボンクラ民進党の連中も慌てふためき初めてるだろな。
もっと騒いでみせて下され。 心底騒ぐほど効果も高くなりましょうや。

(自民工作員の方も慢心たっぷりになり始めたのには… …まあ予想はしてたけど予想以上の慢心っぷりがありあり過ぎて思わず吹きましたわ)

小林さん
最高だよ。アンタの戦略、めっちゃ効き過ぎですぜ。
あとは「その」タイミングの読み次第(どうやら全然バレてない。ヒントばれしても放ったらかしに暴走してますぜ)。
期待してますわ(意味深(笑))


30. 2016年5月21日 09:32:14 : dUlmzNenro : BhpLBbQL2to[2]
例によって小林氏を攻撃したい腐れ工作員がウヨウヨと出てきた。

コメント24が原子力村から コメント27で中川隆が コメント26も28も一ひねりしたつもりだろうがしょせんへたな工作。どこまでも腐ったやつら。


31. 2016年5月21日 10:05:57 : b7GIZVtv5U : HkBPk3nQvIM[165]

  
       日高見と新共産クラブよ!

 いつまでもワンパターンのめくらまし工作漫才はヤメナサイ

 オマエ達の正体はミエミエだ!


32. 2016年5月21日 10:42:48 : FoozYI3PZF : 0W@FLm@Cvms[77]
>>18.jkさん
こんちわ。

>>その生活の党が小林市の新党構想に合併の打診をしていたとは考えられないのだが・・・・・


その考えは当たっていると思いますよ。
時事通信では、生活幹部のコメントが出ていますね。以下参照
http://www.jiji.com/sp/article?k=2016051900706&g=pol

個人的には小林教授のやり方を完全に愚策、いや寧ろ論外のレベルだと思っておりますが、それ以上に危惧しているのは
こうした事に直ぐ安易に追随してしまう国民性こそが最大の問題だと思っています。

小林教授に関しては、この選挙前のこの時期にその発案自体に賛否が分かれている時点で論外だと思っておりますが、皆さん、この御仁の実際の発言を聞いてきて本当に支持しているのですかね。

余りにも突っ込みどころがあり過ぎて、私はとてもではありませんが信用出来ません。

何故なら言葉とは裏腹に、結果としては小沢一郎、志位委員長が昨年からやられてきた事を壊す方向に向かっておりますし、その耳触りの良い言葉を一旦脇に置いて見方を変えてみれば、それは小沢、志位委員長の排除にしか感じられないから。

現実に小沢一郎は声も掛けられていないし、生活幹部も合流の打診はあり得ないと言っておりますので、どこかに嘘か、もしくは誤解を与えかねない内容が感じられるのですよね。

野党一丸とならない民進党に対してとありますが、その発言とは裏腹に共産、生活の粘り強い交渉によって、現実は野党統一候補、与野党一騎打ちの構図になっておりますよね。

既存の政党の浮き輪ではないと社民、生活との連携を打診もされているか不透明な中で、この大事な時期に断ったという感覚自体が、反自公勢力にとって何ならプラス作用ももたらさず、その言葉とは裏腹に既存政党である民進党には合流を持ち掛けていたのですよね。

それに過去のインタビュー記事では、それが事実かどうかは分かりませんが、組閣名簿を先に考えるとかで自分を総理大臣のポジションに据えていますよね。

真意の程は定かではないが、満更あり得なくもない気もします。

何なんでしょう。このお方。
日に日に疑念が強くなるばかりであり、懸念が杞憂に終われば良いですが、既に候補者一人でこれからクラウドファンディングを行う段階で既に国民をその気にさせてしまいました。

まあ、この方の責任とばかりは言いませんが、最終的には結局は民度に掛かっていると言えるでしょう。

勿論、数値的な部分だけで言えば、然程マイナス要素は大きくはないかもしれません。しかし、目に見えない数値的な要素以外では私の懸念が当たるのであれば、その被害は甚大だと言わざるを得ません。

その甚大な目に見えない要素は、結果として我々国民、更には泡沫政党である生活、特に小沢一郎、それに山本太郎という稀有な政治家に与える影響は予想以上に大きいと思える。

これまでの彼等の努力が水泡に帰すことがないように願いますが、今後の展開を注視して懸念が杞憂に終わる事を願うしかありません。

都民


33. 2016年5月21日 11:30:15 : bDluyLDD5U : rx8r2J_vV6w[11]
>>32さんが紹介された時事通信の記事、見ました。
記事によると、社民・生活とも合流の打診はしてない由。
事実は打診したのかしなかったのか分かりませんが、兎に角合流は無いという事でしょう。

34. 2016年5月21日 11:53:21 : kM9sBXuxns : Kx_VV5XnPPw[22]
>32

小林氏の情熱は本物。ただし選挙に無知なだけ。せいぜい1議席しか
影響がないので無視すれば良い。選挙後に彼も現実を知るだろう。

社民も生活も残れない。残れないなら早めに見切って次を考えるべき。
いい加減、現実を見た方が良い。

自民別働隊を抱える民進党を内側から体質改善させるしか手段はない。

香川でホープと言われていた玉木が共産候補に推薦しないと言っており、
民進党の病気の根は相当に深い。

既に民進党には小沢系議員やあべともこ等も加わっていて、外からは
共産の力を借りれば上手くいくだろう。選挙協力で良い結果が出れば
相対的に自民別働隊の発言力は減退していく。

小林氏をネガっても、得るものはなく内ゲバになるだけで、いい加減
小林氏をネガルのはやめた方が良い。

中道〜左派はいつも内ゲバで自滅してきたが、内ゲバを起こしている
当人達が内ゲバをしていると言う認識がないから繰り返されるのだ。


35. 2016年5月21日 12:45:41 : VpqbKkIwFc : 9HuNY0oOt0A[218]
学者先生の政治好き 止まり。

政治ごっこ から 抜け出せない人。

先生の崇高な目標も達せられない。
全く 毛利元就の三本の矢 の意味が解っていない。

もう一度 小学生の算数から やり直して欲しい。


36. 2016年5月21日 17:39:53 : FoozYI3PZF : 0W@FLm@Cvms[79]
>>34.

本物かどうか判断するのは個々人の判断でしょう。
それと、特にネガル事に注力している訳ではなく、そう感じるのは逆の意見なだけに私の意見が貴殿にとって相対的にネガティヴに捉えられているのでしょう。

これは、私にとって逆もまた然りだと思いますね。
しかし、私は貴殿の意見を肯定的に捉えていますよ。多様な意見の交換が出来るのが掲示板の魅力の一つですし、反対意見だからと切り捨てるだけでは建設的な意味すら失ってしまいますので、逆に言えば私の意見は別としても、反対意見にこそ価値があると私は思いますね 。

ですので、私の投稿姿勢に対して意見するのも宜しいですが、そう思うのであればこそ、根拠を含めて論理的にそうではないと反論して頂けたらありがたい。

私は納得出来る内容であれば、特に拘りなどありませんので直ぐに折れますよ。
ただ、今の所そのような意見を見ていない事、それとそのような事実も見聞きしていないだけですので、これまでの経緯を見た上で自分の思った事を書いているだけです。

内ゲバなど、そういう時代には生きておりませんし、またそんな感覚ではないですよ。

都民


37. 2016年5月21日 20:51:22 : kM9sBXuxns : Kx_VV5XnPPw[23]
都民さんがどのように判断し考えるかは自由です。民主主義ですから。

しかしあなたの文章から小林氏に対して、私には非常にネガティブに見えます。
あなたの言う疑念とは何でしょうか?

あなたがネガティブに疑念、信用出来ないと書くことで、その影響を受ける人は
少なからず出ますよ。そういった思いが種火となって内ゲバが起こるのです。

小林節さんのコレまでの主張や活動、共闘における貢献度を見れば、少なくとも
彼が自己の野心や自民別働隊でないことは明確ですよ。

都民さんは小林氏個人に対する疑念という事かもしれませんが、結果的には
彼が掲げた理念に対しても、それは及びます。その理念は分かるでしょう。

小林氏はまっすぐで純粋で非常に有能ですが、今回は間違った選択をした可能性が
高いですね。候補を見ないと断定できませんが。

いずれにしてもマイナスの影響はほとんどないので、コレまでの貢献に敬意を
払って静かに見守ってあげれば良いのではないのですか?


38. 2016年5月21日 22:34:39 : FoozYI3PZF : 0W@FLm@Cvms[80]
>>37.様
こんばんわ。
平坦な言葉でご質問頂きましたので、引用する形でレスさせて頂きますね。

>>しかしあなたの文章から小林氏に対して、私には非常にネガティブに見えます。

これは先にお答え致しましたが、意見が相違しておりますから、批判的な立場の私のコメントは確かにネガティヴに感じられるとは思います。ただ、これは逆もまた然りだと私は思います。

>>あなたの言う疑念とは何でしょうか?

私の疑念は何度か書いておりますが、勿論、疑念が杞憂に終わる事を願ってはおりますよ。前提として、私の願いはこの度の選挙で出来れば自公政権を終わらせたいという事です。

幾つもありますが少し纏めて書きましょうか。

・先ず前回のさくらの木が即座に頓挫している事実

・さくらの木の頓挫を全て亀井氏一人のせいと発言している事

・社民、生活の合流に関して、双方の意見が食い違っている事

・既存の政党の浮き輪になるつもりはないという事実。また、それとは裏腹に民主党には政党として合流を求めていた事

・社民、生活に対して、離党するならば受け入れるという態度

・過去の憲法集会に於いて、小沢一郎と同席の元、小沢氏の経験を活かさなければならないと発言している事と行動が別に見える事

・今回発表のタイミングに賛同できない事

・大前提として、野党一丸の為に尽力されている共産、生活と動きが真逆な事

・言葉では論理上受け皿のパイを拡げるという事ですが、私自身、受け皿を拡げる事が、別の受け皿を作る事ではないと考えている事

等々、他にもまだまだ理由はありますが、とてもではありませんが書ききれませんのでこの位にしておきます。

勿論、憲法学者としては大いに評価しております事を誤解無きようお願いします。

>>あなたがネガティブに疑念、信用出来ないと書くことで、その影響を受ける人は少なからず出ますよ。そういった思いが種火となって内ゲバが起こるのです。

私は特に内ゲバ等が起こる事を目的とはしておりませんよ。それと、これも先と同じ答えになりますが、逆もまたしかりなのです。これは言葉の揚げ足を取るとかそういう意味ではないのですが、貴殿含めた多くの方々が逆にポジティブに捉えられている事、また信用している事によって、影響を受けている人も少なからず出ているのです。

私にとっては最大の懸念材料が、小林教授案を大多数の方達が支持されている事。これが私には最大の懸念材料なのです。このような事はこれまでにも常にありました。

その度に瞬間的に無条件にいいぞいいぞと声を挙げられる人達が必ずおりますね。例えば古賀茂明氏のフォーラム4、天木氏の新党9条、植草氏は二度目になりますが毎回同じ現象を見ております。

結果はいかがでしょう。

特に今回は昨年来からの小沢一郎や共産党の動きを私なりに観察してきた限りでは、全体を俯瞰した感想としてはやはり愚策と言わざるを得ません。

>>小林節さんのコレまでの主張や活動、共闘における貢献度を見れば、少なくとも彼が自己の野心や自民別働隊でないことは明確ですよ。

何故、明確なのでしょう?

私にとって明確な事は、憲法に関する学者としての立場からの違憲発言、それに野党共闘にも貢献されてきた事も理解は出来ますし、勿論、評価もしておりますよ。

ただ、それだけに今回のことに関して私は愚策だと申しているのです。私自身の願い、それに多くの国民の望みを実現する上で、それらに至るまでの戦略としての部分。それを私は愚策だと思うと申しております。

別に自民別働隊など一言も言っておりませんので、そこは検索するなりして誤解無きようお願い致します。

>>都民さんは小林氏個人に対する疑念という事かもしれませんが、結果的には
彼が掲げた理念に対しても、それは及びます。その理念は分かるでしょう。

勿論、それは分かりますよ。

何度も書いておりますが、氏の掲げる理念、またはその主義主張それ自体には賛成なのです。素晴らしい理念だと思いますよ。

私が反対しているのは単に方法の部分。ただ、それだけなのです。

要は折角の氏の理念がじつげんされないのではないかと、その部分を懸念しているだけなのです。

>>小林氏はまっすぐで純粋で非常に有能ですが、今回は間違った選択をした可能性が高いですね。候補を見ないと断定できませんが。

氏がどういう人物であるか、私自身の中では未だに中立という白紙の状態にあります。確かに有能であるとは思います、ただ、仰られるように今回は間違った選択をしたように私も感じますし、確かに未だ候補者を見なければ何とも言えない部分があると私も思います。

いい意味で、私の懸念を裏切って頂けたらよいと願っておりますね。

>>いずれにしてもマイナスの影響はほとんどないので、コレまでの貢献に敬意を払って静かに見守ってあげれば良いのではないのですか?

これは、私の自由に関わる事ですから、静かに見守るかどうかは私自身で判断して決めたいと思います。ここは自由な発言が出来る掲示板なのですから。

それと私自身はマイナス影響が殆ど無いとは思っていないのです。

ここでは、よく数値に置き換えてその影響力を計られておられる方々がおりますが、私はその数値的な部分は全体を構成する一要素にしか過ぎないと思っています。

いや、寧ろ私自身、個人的には数値以外の目には見えない部分、特にそれを重要視する傾向を持ち合わせていますので、議席数それだけではなく、各党への影響、草の根で運動されている方々への影響、自公へ対する影響、無党派層への影響、若者層への影響等々。

様々な要素、また、時間的な関係性、将来への影響、野党間交渉への影響など。それら様々な要素を含めますと、想像以上に甚大な影響を及ぼすと考えます。

ですので、私としては珍しく批判的なコメントを書いてみたりしているのです。

要は心配しているのですよ。この国の将来を。それは皆さん同じでしょう?

都民


39. 2016年5月21日 22:59:17 : b7GIZVtv5U : HkBPk3nQvIM[168]

小林節氏は元々自民党お抱えの学者です

野党が団結共闘しようって時に小林節氏のやってる事は反対の事をしている
本人も解かってるんじゃないのか自分のミッションを・・・

だって戦争法反対なんでしょなのに動きが逆 志位氏小沢氏をさておき自分勝手に
素人が動いていたら自公を利するだけです

小林節氏の目的はただ一つしかないでしょう3か月経てば結果が出ますが
その時シマッタ コマッタ アアスレバ良かったでは手遅れですよ

この人は相当面の皮が厚そうw民進党の腐れ松下政経系議員と同類です
やってる事が自公をアシストする事それも承知でね。

ここで肯定的書き込みしてるのはカルト宗教の工作要員ですよ
マジで評価してる人は相当洗脳されてる患者さんじゃないの

この様な人をお金の勝ち負けの場ではボンクラ(盆暗)というのですよ
どう云う意味かと云うと盆の場面を読めない(暗い)人と云う意味で
元々は賭博用語です
マジで評価してる人はギャンブルでしたらみなさん乞食になっちゃいますよ
よかったら検索してみてください(盆暗で)w



40. 2016年5月21日 23:54:32 : TQ2Nor3HTY : yciz9SwsAmA[3]
”内側から体質改善させる”これをやった結果が民主党の崩壊と国民の政治離れが起こったのでは?

41. 2016年5月22日 01:08:30 : FoozYI3PZF : 0W@FLm@Cvms[81]
もう一つ疑問点を追加致します。

参照記事
http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2016/news1/20160519-OYT1T50113.html

私も出来る事なら肯定的に捉えたいと思うのですが、どうしても時間が積み重なるに連れて逆に疑念が増えてしまうのです。

>>39様が仰るように、やはりどうしても野党が団結共闘しようと尽力しているこの大事な時に小林節氏のやってる事は反対の事をしているように思えてしまう。

逆にどうしてここまで支持を集めているのか不思議な位なのです。勿論、理念やその主義主張には賛成なのですよ。
ただ、どうしても本当にそうしようとしている方の動きには見えないのですよね。有能である憲法学者であれば尚更です。

参照記事に書かれている事が事実ならば
小林教授は小さくても単独で戦った方がよいとのお考えのようですが、これは正に野党共闘とは真逆の考え方ですよね。

更に、本当に氏がこの理念のもとに行動されていたのならば、では何故最初に民進党との連携を打診していたのでしょう。これは明らかに矛盾してにるように私には思えます。

それに、小林教授は社民、生活両党の所属議員でも、個人で来たら歓迎すると語られているようですが、仮にですよ、例え話として万が一、小林教授が10名の候補者を擁立する準備が出来て、更に資金的にもクラウドで集まったとします。

そして、現在の状況の様に多数の国民の支持を受けたと仮定して、例えば弱体化している政党、特に泡沫政党である社民、生活の所属議員が旗色を伺って離党して小林新党へと個人として合流したとしたら小林教授はそれはそれで受け入れるとの事ですよね。

そして、小林教授は合流を拒否した民進党や、共産党に投票出来ない無党派層の受け皿になるとの事ですよね。

そうなると、社民崩壊、生活崩壊。
残るは民進党、共産党、小林新党となります。

これを氏のおっしゃられる理論に当てはめますと、民進党支持者は民進党へ、共産党支持者は共産党へ、そして、そのどちらにも投票出来ない無党派層は小林新党へと理論上はなりますね。

これ普通に自公に勝てませんよね。
そして、特に困るのは社民、生活と共産党だと私は思うのですよね。
だからこそ、あの小沢一郎でさえ、その主義主張には賛同出来るし、立派な方だと存じている。だが、どういう道筋で政権交代をお考えか一度本人にお会いして聞いてみたいと記者会見で発言しているのです。

私も全く同じ気持ちですし、確かに立候補するも新党を立ち上げる事も自由な事であり、それ自体を否定する事は出来ません。ただ、どういう道筋で政権交代を考えているのか本当に真面目にそれをお考えなのか私も聞いてみたいです。

主義主張だけではなく、道筋を特に。

ですので、私自身も一時的な感情や単なる好き嫌いなどで批判コメントを書いている訳ではなく、最初から疑問点があり過ぎるのです。

そして、この共産、生活と真逆の動き。
それが何故ここまで支持を集めているのか本当に不思議でならないのです。

その疑念を払拭する為の材料もなく、幾ら真面目な方だの、純粋な人だの、これまでの貢献度やその主義主張は間違っていないと何度言われても、それら疑念を払拭出来る段階にまで至るコメントを見かけた事がないのです。

これは小林教授のやられている事それ自体への懸念だけではなく、何の疑問点も持たず、耳障りの良い言葉だけを信頼してしまう国民性に私は懸念を持っています。

何故なら、その疑問無き善意が結果として優良な議員を国民自らが葬る恐れがあるかもしれないという事。

これは陸山会事件でも散々体験しましたが、結局は私達国民の意識に掛かっていると思います。

本当に氏が自らの理念を実現したいならば、独自路線を貫く事も否定は出来ませんが、出来ればもう少し全体を俯瞰して最低限でも生活、共産とは密に連携を取って頂きたかったですね。

そして、これも何度か書いておりますが、この小林教授の動きに国民がどういう反応を示すか。それ次第で私は今回の選挙は個人的には半ば諦める事になりますね。

何故なら、幾ら真面目な国会議員が尽力されたとしても、最終的な決め手になるのはそれを後押しする国民次第だから。


都民


42. 2016年5月22日 01:20:06 : yZvW08wBEQ : VVRUTGfL_TU[62]
>32さん
11の日高見連邦さんのコメント読んでください
日高見さんは熱心な小沢さんファンというよりブレーンではないかと思っています
この日高見さんの言葉を信じます

43. 2016年5月22日 01:39:02 : Ayqt0Nah6U : QXw9Q4JLV3o[2]
だからね〜、裏読み過ぎで考えすぎなんですよ。

民進嫌い、共産嫌い、生活も社民も無党派が来ない、だからその受け皿になる。
はじめから最後まで純粋にその通り考えて行動してるだけですよ。腹読もうと
しても何もないですよ、あの人。

問題は、選挙に来なかった無党派が小林新党に実際に投票してくれると思ってる
勘違いをしているだけですよ。

あの人、政治家のように腹芸出来ない人です。生活・社民からのアプローチを
ポロっとしゃべってるでしょ。生活・社民は否定しているけど、その時点で
わかるでしょ。

基本、失敗すると思うけど、票が取れないなら影響がないし、候補者良くて
議席が取れたらそれは良いことだし、実際に棄権予備軍が投票に来たら
選挙区の投票は、ほとんど野党が取るじゃないですか、気がついてますか?

生活・社民の票が取られる事ばっかり考えて、考えが狭すぎませんか?
私は生活支持者ですが、その程度で取られてなくなる位なら、寿命ですよ。

小林氏が当選したら、香川の玉木なんて大馬鹿野郎のフザけた議員よりは
遙かに良いと思います。いや、当選して欲しいなあ。

ここでネガっても取りやめる訳じゃなし、そうなら応援するか、しないなら
静観するのがベストでしょ。

確率は低いですが、良い候補者が出てきて良い結果が出たら、言ってたこと
なかったことにして、手のひら返して褒めるんですか? かっこ悪いですよ。


44. 一主婦[1869] iOqO5ZV3 2016年5月22日 07:05:27 : VnFJmFJ1dU : lf4ifphGfA0[326]
>>41. FoozYI3PZF  都民 さん

アチラのスレットで、手抜き省略してしまいまして失礼致しました。
埋め合わせに、こちらで少し、私の意見を述べさせていただきます。
横入りになってしまいますね。皆さん失礼いたします。


>>43さんもおっしゃっておられますが、多分、都民さんは考えすぎていらっしゃると思います。小林先生の新党は、参院選の比例区に限定した、無党派層を拾い上げる為の「落穂拾い」構想だそうですから、野党分断にはならないと思います。もともと棄権している層を拾い上げるのですから、各政党のお得意客は奪うつもりは無いと思います。小林先生もそんな考えは持っていらっしゃらないと思います。小林先生は会見で確かにそう仰っていました。


小林氏は、北海道5区の、共産党を含む野党四党の共闘結果の敗戦をご覧になり、その無党派層に目を向けられて、動きに出られたのだと思います。会見でも北海道5区の例をお話され、無党派層を救いあげる事が必要と話されていました。北海道5区の選挙は、候補者も良い人材で、有名人も東京から大勢駆けつけ応援しました。野党共闘も完全な形で成された選挙にもかかわらず、投票率も低く、前回よりも低くなってしまったそうですから、大勢の無党派層は棄権してしまった様ですね。投票率も50%台でした。前回の北海道5区の選挙よりも低くなってしまったそうです。


そして、あの2009年時は70%台でした。その時は共産党さんとの共闘も無しでその投票率でした。それを見ても、やはり、無党派層の取り込みは政権交代には必要ですね。小林先生は、その無党派層の大票田を取り込むために動かれたのです。「共産にも民進にも社民にも生活にも」既成政党には見向きもしない無党派層の方々が約40%もいらっしゃるのですから、既成政党では投票できないと言う、その方々のために小林氏は新党を立ち上げると会見でも仰っています。ですから政党毎では無い、政党を抜きにした無党派層向きの「器」を造ろうと決心なさったそうです。


それに先駆けて作られた「桜の木」構想。その時には「民進党」だけに声をかけたのではなく、各党に声をかけて共産、社民、生活からは即、賛成されたそうです。でも、民進党の交渉が長引いているうちに「さくらの木」構想が表に出てしまい、報道先行され、その報道に対して間髪をいれずに民進党が拒否宣言をしたために「さくらの木」構想は、あえなく終わってしまいました。そして、民進党の交渉が終わっていないのに、早とちりしてしまった亀井氏が、報道機関に「さくらの木」構想を漏らしてしまったので、亀井氏は小林氏からお叱りを受ける事になったのだそうです。でも、悪いのは伸ばし伸ばしで返事をなかなか出さかった民進党なのだと思います。民進党がさくらの木構想を潰したのです。


その後の「国民の怒りの声」の参院選比例区での新党構想は、無党派層を取り込むという目的ですから「さくらの木」とは違って「政党色」をなくそうとなさっているそうです。ですから「社民党とか生活の党」の合併話は「政党毎」の話になりますから、当然お断りになったのだと思います。政党に関係なく「個人」として、小林氏の掲げた「政策全部」に賛同出来る「個人議員」なら受け入れると言う考えだそうですから、政党としての合併のお断りは当然ですね。


「参院選の選挙区」での野党共闘の統一候補には、小林氏も加わって甚大な努力なさっています。小林氏は、小沢・志位構想には、熱心な協力者なのです。ですが、小林氏は、その小沢氏と志位氏の野党連合の邪魔をするはずは無いと思います。その小沢氏・志位氏の野党連合では、どうしても無党派層が取り込めない事を北海道5区でことさら実感し、その無党派層を拾い上げる為の政党を作ろうと決心なさったのだそうです。でも先に進めた小沢・志位構想の選挙区のジャマの無い形で「比例区」に限定しました。これでもお分かり戴ける様に、小林氏は野党分断をしないと言う「配慮」があったと思います。会見でも、ハッキリと野党の食い合いはしないとおっしゃっていました。


そして、小林氏は、無党派層も取り込めるような「ワクワク」した政策の野党連合の形が出来た場合は、私は「即」引っ込むと仰っています。今の野党連合は「政策抜き」の、いわば民進党の政策や候補者はイヤでたまらないけれども、鼻をつまんで投票するという「ワクワク」感のないものですから、多くの有権者、特に無党派層の取り残しが多く出てくるのですね。北海道5区の例でも実証されました。ですから、今の野党連合では、小林氏の考えている野党連合とは言えないのだと思います。そういう「ワクワク」した政策を掲げて、政権交代を目指せる器が出来たなら、小林氏は引くと断言しています。やはり、無党派層を引き込み、投票率を上げない事には、野党連合の器だけ造っても投票する有権者がその器に乗らないのでは政権交代は難しいと私も思います。


全有権者は、こちらにいらっしゃる、都民さんの仰る「民度」の高い方がたばかりとは限りませんから、どんな有権者にも、投票に夢を託せる「ワクワク」した政策を掲げる器でなければ成らないとのお考えが小林構想なのだと思います。その様な野党連合が出来たなら即退散するのだと言う先生のお考えも良く分かります。自分が政治家になるために、この行動を起こしている訳では無い。もう自分は憲法学者として思う存分力を出し尽くしたので「自分の老後は政治家にならずとも安泰なのだ。失うものも妻以外は何もない」と言う小林氏の発言にも納得がいきます。この発言も、皆さんに否定的に捉えられている様で小林氏をホント、お気の毒に思います。


私は、小林氏の考えに賛同しています。私自身も、政策が180度も違い、候補者も気に入らないのに、イヤイヤ投票は出来ない、と言う「民度」の低い有権者なのです。実は、その様な考えの層の方が意外と多いのだと思います。ですから、私のような「民度」の低い有権者も救ってれる様な器が政権交代のためにはぜひとも必要だと思います。私は、小林氏の構想の器や、植草先生の「政策中心」の野党連合候補選びによる器を熱望していましたので、その様な、お話が挙がるたびに大賛同してしまいます。


その様な投票でなければ、自分の願う政治は手にはいらないと思っているからです。その様な器での政権交代でなければ、私達の欲している政権交代にはならないと思っているからです。ですので「有名」な人物だから飛びついている訳ではありません。確かに、確かに、私は「民度」は低いですけれどもね。そういった有権者が多いのも確かな事実です。一部の民度の高い有権者だけでなく、広い層の有権者を対象にした器で無ければならないのではないかと私は思います。やはり、その点で、小沢・志位案は穴があると私は思います。わたしは、やはり長くなってしまいますね。↓で最後にして〆ます。もう少しお付き合いください。


>あの小沢一郎でさえ、その主義主張には賛同出来るし、立派な方だと存じている。だが、どういう道筋で政権交代をお考えか一度本人にお会いして聞いてみたいと記者会見で発言しているのです。私も全く同じ気持ちですし、確かに立候補するも新党を立ち上げる事も自由な事であり、それ自体を否定する事は出来ません。ただ、どういう道筋で政権交代を考えているのか本当に真面目にそれをお考えなのか私も聞いてみたいです。


↑、の小沢氏のお言葉が本当だとしたら、小沢氏は、小林氏の構想の真意を理解していらっしゃらない発言だと思います。だって、小林氏の今回の「国民怒りの声」新党は、既成政党抜きの学者と有名人を立候補者として立てると言う構想ですから「桜の木」の参院選の比例区統一候補の時の、野党四党に声を掛けて進めたものとは形が全然違って要るのです。その構想は、参院選比例区限定のものです。そして小沢構想では取り残されてしまう、約四割の無党派層を取り込むための新党です。ですから、参院選限定なのですし「政権交代の道しるべ」は、関係の無い問いなのだと思います。参院選では政権交代は出来ませんから。


そして、社民党と生活の党が「国民怒りの声」に合併したいと言う申し出の事も、小林氏の構想の真意からは外れる申し出ですね。小林氏の構想は、どの政党も支持できないと言う無党派層を拾い上げる「落穂拾い新党」なのですし、参院選限定、比例区限定なのですから「政権奪取の道筋」までは考えていないと思います。もともと棄権する層を救う新党と言う設定ですから「野党分断」にもなりませんね。約40%にも成っている棄権層の掘り起こしは必要と思います。その全部を取り込めないにしても、大きな票田である事は間違いありません。


そこを放って置くのは、確かにもったいないですよね。ですから、小沢氏や志位氏の動きを邪魔しない様な小林案になっていると思います。学者様と有名人が10人立てば、すごく集票効果があるのだと言う事も聞きました。この動きは、野党分断にもなりませんし、期待しても損は無いと私は思います。そして、これは、私の想像ですが、意外と小沢氏と小林氏の動きは裏でつながっているような気がします。小沢氏の、あのトボケ様と、本来小沢氏が目指している方向の政権交代の形は植草氏や小林氏の考えと同じだと思いますから。


「国民の生活が第一」の政治姿勢と、反自公の政策を掲げての旗色のハッキリした器を作って政権交代をしたいという願いが小沢氏の構想だと思います。ですが、これも、おこちゃま政党「民進党」の我侭三昧で、それが出来ずに、それに動けずに小沢氏は苦悩していると思いますので、小沢氏の意を汲んで動かれているのが小林氏のような気がします。あ、妄想三昧で申し訳ありません。では、↓こういう声もあります。参考まで。


※壺井須美子 ‏
「いくら野党統一候補といわれても、脱原発ひとつ、消費増税凍結ひとつ言えない民進党になんか投票するものか。仮に野党が政権とったとしても、それじゃあ自民党と同じじゃないか。それくらいなら選挙区は棄権して、比例で共産党に入れるよ」70代友人男性の意見。小林オリーブ立ち上げに喜んでいた。

※Miho Ohtsuka ‏
小林節先生が参議院選挙に打って出る決意を。これも民進党に対する失望があると思うよね。民進党に国民を守ろうという本気度がまるで感じられないし、危機意識の欠乏もここまで来ると「こんな政党いらない」ってことよ。共産党、社民党、生活の党と、小林節先生の候補者を統一候補として戦うべきです。

以上です。いつも、長くなって申し訳ありません。


45. 2016年5月22日 08:45:57 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[372]
もともと私は,死票がほとんど出ない比例区での選挙協力などほっておいてもいい,という考えだから,比例区をターゲットとする構想はたいして重要視していない。
それよりも,32ある参議院一人区のすべてで野党統一候補擁立となりそうで,このことに注目し,素直に喜ぶ。
そして同じことが衆議院の小選挙区でも行われることを期待する。

しかし小林節氏は,一時は比例区では大量の死票が出る(この考えに私は賛成しないが)と言っておいて,今度はわざわざ死票を増やす構想を出すとは,真意がさっぱりわからない。
もちろん小林節氏の目的は,既存の野党の票を奪うことではなく,無党派層の票の掘り起こしだろう。しかし意図通りになるか。掲げている政策は既存の野党とほとんど同じであり新鮮味がなく,私には単に野党をもう一つ付け加えただけで,無党派層をわくわくさせることにはならない,とみる。

さて,この党の影響だが,私の試算ではせいぜい1議席,既存の野党が議席を減らす。ただしこれが絶滅危惧種の党にとどめをさすことになることを恐れる。民進党にも共産党にも抵抗がある人をターゲットにしているようだが,まさにその位置に絶滅危惧種の党が2党ある。この掲示板ではそういう党は絶滅した方がいい,という意見の方もいらっしゃるようだが,やはり現在野党4党,と言っているのが,野党3党あるいは野党2党と言われることになると,野党の力が弱まったと感じる。

大体阿修羅の投稿者は野党支持の人がほとんどだと思うが,その人たちの間でも賛否両論あること自体が,この構想が失敗であることを示している。それに,賛意を表明している人も,実際には小林新党には投票しないのではないか。
また,社民党と生活の党は,小林節氏の発言(「合併を打診された」)を否定している。どちらが真実なのか私にはわからないが,少なくとも小林節氏の動きは結果として野党連携の邪魔をしている。

結局のところ,賛同者がさほど多くなく,供託金(600万円×10人=6000万円)が集まらず,この構想は頓挫するのではないだろうか。



46. jk[647] goqCiw 2016年5月22日 09:19:22 : tceVB0iwr6 : FXeuvvWT7ac[83]
曲がりなりにも3年間政権運営を経験した民進党を中心とした野党の結集がなければ自公に変わる政権交代はないと私は思う。
だからこそ、政治家の小沢氏も志位氏も民進党を中心とした野党結集の方法を考え実現に向かって今日までに至ったのでしょう。

小林氏も小沢・志位氏の考えに同調してるから民進党を中心とした結集に取り組み努力してきたのでしょう。しかし、同じように小林氏も民主党と共産党の賛同を得られづ今回の新党旗揚という行動に出たのでしょう。
小林氏新党旗揚げの真の行動動機は自身の思う野党共闘が実現できたないという事のようで、実現できれば直ぐにでも新党構想を止めると宣言した。

しかし、この宣言には自身が政治家としての覚悟を決め自身の政治を貫くという意思は感じられず中途半端な宣言と、自分には思われる。

立憲主義を踏みにじり、戦争が出来る日本に進みつつある安倍政権の現状に危機感を持ち政治に関わってきた小林氏には敬意を表します。

しかし、今回の新党構想は野党選挙共闘の中心である民共の同意を得られてない現状、自分は失敗するのではないか心配です。新党宣言ではなく、政治家とは違った学者等の方々が野党共闘の側面から援助し、真の野党共闘体制の実現に助言続けるのが一番良い野党共闘体の取り組み方と思うのだが。

小林氏の現民進党の評価「民主党政権は自民党族議員と役人がした事の後始末を慣れない民主党が短期でやって、役人に裏切られて失敗したのであって、民主党の
せいじゃない」と弁護しても民進党への嫌悪はなかなか消えません。


47. 2016年5月22日 09:56:03 : b7GIZVtv5U : HkBPk3nQvIM[169]

もし本当に4割の無党派層を取り込む(動かそうと)するならば多少の意見の違いを乗り越え一致団結してる事を国民に訴える事

これが一番有権者を投票所に向かわせる原動力になります
政権交代ができなければ政策も実現できないし何を言っても意味なし

それでは半分以上いるであろう真面な民進党議員を
腐れトロイ執行部の飼い殺し議員にしてしまう事になる

国民はこの様な真面な議員を陽の当たる舞台に誘導する事も重要と思う

一度ある事は二度有ると云いますがはたして政権交代して又前回と同じ事が
出来るでしょうか(するかもしれませんが?)

その時は彼らの議員生命はもちろん人間としても腐れ3S御用メディアが
いくら後押ししても国民から相手にされない存在になるでしょう
現在のトロイの木馬議員はムサシソフトによるニセ議員と思われます

取り敢えず《多数》を取りましょう でなければ何も前に進まないですよ
それから肝心な事は煮詰めましょう
有権者はすべて謹厳実直な人ばかりではないのですから・・・

民進党間だけと違い大まかな事は当然政党間協議で文書交換する訳で
それを全部反故する事は流石のトロイ木馬執行部でも出来ないと思いますが?

それでは街を歩いていたら石をナゲラレますし口も訊いてもらえないでしょうねw



48. 2016年5月22日 11:10:02 : 7LS2t5Osdw : aRfaQEObVx8[14]
今回の参議院選挙は、日本の危機が抑えられるかの
瀬戸際に来ています。

危機とは

1.権力を縛る為の憲法が骨抜きになり更に、国民を
 縛る為の憲法に変わろうとしている。

2.戦争法により世界どこでも自衛隊を米国の三軍として
 派遣しようとしている。

3.マスコミに利益、圧力、そんたくで国民の怒りを抑え
 正しい情報を与えない様にしている。

これらを野党の民進(一部の幹部除く)共産党、生活及び社民
と多くの意識の高い国民が大変危惧しています。

これを、跳ね返すのは野党の一本化が無くては、勝利しません。
選挙区では、ほぼ一本化出来ました。

比例区は、一人100万票以上の獲得が必要です。
連合等の大組織と意識の高い有名人候補者しか受かりません。

過去の野党勝利時は、浮動票約500万票以上の上乗せがあり
野党が勝っとのワクワク感が出た時です。

これから、権力側は、一本化を阻止する為に情報コントロール
等の手を使って来るでしょう。

多くの国民がインターネット等で情報を共有、監視し日本の
危機を避けなければいけません。


49. 2016年5月22日 15:57:47 : qokRg99PvQ : 9tYc52K@_rA[1]
>>42.様、>>43.様.>>44.一主婦さん

皆様のコメント拝見しました。
不思議と同じ様なご意見が多いですね。

纏めて書きますが、例えば、小林教授は真っ直ぐな方だ。小林教授は純粋な方。裏読みし過ぎ、考え過ぎ。暖かく見守るべき。静観しているのがベスト。静かに見守られたらいかがでしょう等々。

これらに関してどうでもお応えすればよいか分かりかねますが、私、皆様が思う程、そんなに考えておりませんよ。笑

極々普通の素朴な疑問を書いただけですが、これが考え過ぎとなってしまうのでは何とも言い様が無いですね。

それと、小林教授をどう思うかは私は別にどうでもいいです。 皆様が感じるままで宜しいのではないでしょうか。 別にそれを否定するつもりなどありませんよ。

この件に関しましては基本的に>>45.LKXRYf924Aさんと殆ど同じ考えですので是非とも参照してみて下さい。私より簡潔で分かりやすいです。

あと、>>46.jkさん、>>47.様、>>48.様のご意見で私が言いたい事はほぼ網羅されているようですのでこの辺で。

都民


50. 2016年5月22日 21:55:48 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[373]
>>49 都民さん

朗報があるよ。
香川では,共産党公認候補を野党統一候補とすることが決まった,とのことだ。共産党中央が,せめて一つぐらいは共産党公認候補を統一候補とすることにこだわり続けたのに,民進党が配慮したのだね。民進党の中では,共産党公認候補を推薦することはない,と発言した人もいるが,もう非難轟々で,炎上状態だ。

さらに,岡田代表が,2017年4月の消費税の10%への増税はやめるべき,と党首討論で発言をした。志位委員長は,中止か延期かで立場は違っても,2017年4月の増税はやめる,ということでは接点はある,と発言している。そのほか,民進党と共産党で大きく政策が異なる,TPPや辺野古移設などでも,何らかの合意ができる可能性はある。

この動きに期待しよう。
ま,やはり志位さんや小池さんは,本物の政治家だ。名前をあげないが,誰かとは違って。



51. 日高見連邦共和国[1597] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年5月23日 17:24:52 : IeaB3HQJJg : 1uIcocViqWs[605]

>>31

私の何が『ミエミエ』だって?(笑)少し、ちゃんと、説明してみ?

>>42

もったいない“過大評価”、ありがとうございますぅ!(笑)


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK206掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK206掲示板  
次へ