★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK206 > 451.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「参議院一人区野党統一、質的に新しい動き:孫崎 享氏」
http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/451.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 5 月 22 日 00:00:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

「参議院一人区野党統一、質的に新しい動き:孫崎 享氏」
http://sun.ap.teacup.com/souun/20046.html
2016/5/22 晴耕雨読


https://twitter.com/magosaki_ukeru

参議院一人区野党統一、質的に新しい動き、朝日


「民進党は香川選挙区で推薦の岡野氏擁立取り下げ、共産公認の田辺健一氏(34)を野党統一候補とする方針を固めた。


共産系を統一候補とするのは全国で初めて。


これまでの野党統一候補は、無所属か民進立候補予定者を各党が推薦する形。


残り三重、佐賀」


東京オリンピック、事態は我々が思っているより深刻。


IOC会長は「東京五輪について、疑惑があるとすれば好ましくない。


我々は容赦なく対応。


汚職と闘うために、あらゆる手段を使う」13日BBC東京五輪は今年1月から捜査線上に,https://t.co/qDQx7ZIBhL

沖縄女性殺害事件。


沖縄の基地にどう対応すべきか、基地返還要求は日米関係を壊すものではない。


琉球新報「もう限界だ。沖縄から基地をなくすよう交渉するのが筋ではないか」


返還要求はドイツ駐留NATO軍地位補足協定を参考に出来る。https://t.co/MvnXaVJRkh

枡添知事:今のジャーナリスト、叩いてもいい流れが出来ると我も我もと叩く側に参加する。


枡添氏が攻撃されてることは、枡添氏が長期間実施してきた事、それだけ叩くに値するなら何故これまで自ら調査し、糾弾の声を上げてこなかったか。


枡添氏弁護の気持ちはさらさらないが、会見糾弾の記者連の醜さ。


>制服向上委員会 日本の平和にとって、憲法の存在はとても大きいことを、若い世代にも分かりやすく、大人も決して飽きない映画、ついに明日、公開! 私も出演させて頂いています。 不思議なクニの憲法。 http://fushigina.jp/news/384 優里彩



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年5月22日 07:03:58 : oVaWNv56g6 : bYhczTqwawI[5]
>琉球新報「もう限界だ。沖縄から基地をなくすよう
 交渉するのが筋ではないか」

−−現政権がオバマ氏に直接交渉で行う仕事をやらないとしたら
  きちんと外交の出来る野党を作るしか選択肢は無い事になる。


2. 2016年5月22日 09:58:02 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[3263]
016年5月22日(日)
岩手で野党統一候補
木戸口氏 4野党が確認書
吉田氏は比例へ

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-05-22/2016052204_01_1.jpg
(写真)木戸口氏(中央)の必勝を誓い合う4野党の代表ら=21日、盛岡市

 日本共産党岩手県委員会、民進党岩手県総支部連合会、社会民主党岩手県連合、生活の党岩手県総支部連合会は21日、盛岡市で参院選岩手選挙区(改選数1)の野党統一候補として新人の木戸口英司氏(生活の党所属、元知事政務秘書)を擁立する「確認書」に調印し、各党が木戸口氏との「政策協定書」も結びました。

 共同記者会見には、共産党の菅原則勝委員長、民進党の黄川田徹代表、社民党の小西和子代表、生活の党の佐々木順一幹事長が出席しました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-05-22/2016052204_01_1b.jpg
(写真)吉田恭子候補

 共産党との政策協定書では、(1)安保法制の廃止、集団的自衛権行使容認の閣議決定撤回(2)憲法改悪阻止、安倍政権打倒(3)来年4月からの消費税10%反対(4)復興政策の縮小・打ち切り反対、被災者生活再建支援金の500万円への増額(5)TPP(環太平洋連携協定)の批准阻止(6)原発に頼らない社会、再生可能エネルギーの促進―を掲げています。

 木戸口氏は、統一候補擁立へ努力した4野党や「いわて市民ネット」に感謝したいと強調。「憲法をないがしろにする安倍政権から政治を国民の手に取り戻すために、野党の共闘は必然だ」と決意を語り、無所属で立候補するとのべました。

 共産党の菅原委員長は「統一候補擁立は県政史上画期的だ。非常に良い内容で6項目の政策が確認された。木戸口氏の当選へ党として全力を挙げる」と表明。吉田恭子選挙区候補は比例候補として活動すると話しました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-05-22/2016052204_01_1.html

2016年5月22日(日)
野党共闘、参院選をめぐる情勢について
全国革新懇総会 志位委員長の特別発言

 日本共産党の志位和夫委員長は21日、都内で開かれた全国革新懇の総会で「特別発言」を行い、野党共闘の到達点と課題について語りました。
政治的旗印―戦争法廃止・安倍政権打倒から暮らしの問題まで共通政策を豊かに

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-05-22/2016052202_01_0.jpg
(写真)特別発言する志位和夫委員長=21日、東京都千代田区

 志位氏は、「『野党は共闘』を求める市民の運動に背中を押されて、野党共闘が大きく前進してきました」と述べ、到達点と課題について三つの角度から報告しました。

 第1は、「政治的旗印」についてです。

 5野党党首会談(2月19日)で「安保法制の廃止と集団的自衛権行使容認の閣議決定撤回を共通の目標とする」「安倍政権打倒を目指す」ことが合意され、野党共闘の土台が据えられたのに続いて、4野党党首会談(5月19日)で、「来年4月からの消費税10%への引き上げに反対する。その他の共通政策について一致点を確認し、積み重ねていく」ことが合意されました。

 志位氏は、今国会で安保法制=戦争法廃止法案を筆頭に、社会保障、雇用、子育て、男女平等、被災者支援、税制など幅広い分野に及ぶ13本もの法案を野党が共同提出したと紹介し、「当然、これらの内容は(参院選での)『共通政策』になりうるものだと考えています。野党共闘の政治的旗印を、切実な暮らしの問題も含めて、個人の尊厳を擁護する政治という大きなキーワードのもとに、より豊かなもの、色あざやかなものにしていく努力を引き続き行っていきたい」と表明しました。
参院1人区―32全区での野党統一候補が視野に入り、対決構図が浮き彫りに

 第2は、全国32の参院選1人区での選挙協力についてです。

 志位氏は、すでに29選挙区で野党統一候補の擁立が実現し、残りの3選挙区でも大詰めの協議を行っているとして、「全32選挙区での野党統一候補実現が視野に入ってきました。この方針に踏み出したときに、ここまで野党共闘の体制ができるとは、想像もしていませんでした。これも市民の運動の後押しがあったからです」と述べ、「『自公と補完勢力』対『4野党プラス市民』という選挙戦全体の対決構図がはっきり浮き彫りになりました」と強調しました。

 さらに志位氏は、香川選挙区では日本共産党のたなべ健一予定候補を野党統一候補にすることを話し合ってきたこと、民進党が20日、同党推薦候補を取り下げ、野党陣営が一本化される方向になったと報告し、「尽力してこられたすべての関係者のみなさんに敬意と感謝を申し上げたい」と表明しました。そのうえで、「選挙協力は、相互に支援してこそもっとも力あるものになります。田辺さんが野党統一候補として確認されれば、全国32の1人区の野党共闘にとって、きわめて大きな積極的インパクトを与えることは間違いありません。そういう方向に着地するよう引き続き努力したい」と述べました。

 志位氏は、「野党統一候補の実現は、もとより(選挙戦の)スタートラインに立ったということにほかなりません」と強調。自公陣営が危機感を燃やし、野党共闘と日本共産党への卑劣な攻撃に出ていることにもふれ、激戦を必ず勝ち抜く決意を表明。衆院北海道5区補選(4月24日投票)で池田真紀候補が自民党候補をあと一歩のところまで追い込む大健闘をしたことは「野党と市民がしっかり力を合わせれば、自民党を倒すことができるという希望を与えてくれました」として、「これを全国的な規模で大きく発展させ、32のすべてで勝利するために頑張りぬこうではありませんか」と訴えました。
衆院小選挙区―党首会談での合意を踏まえ、もっとも効果的な共闘体制を築く

 第3は、衆院小選挙区での選挙協力についてです。

 19日の4野党党首会談で「衆院選について、できる限りの協力を行うこととし、その具体化を加速する」ことが合意されました。

 志位氏は「極めて重要な合意です」と強調。安倍晋三首相が衆参ダブル選挙を行うとの観測が絶えず流されていることに言及。「私たちは、ダブル選挙は憲法に照らして邪道と批判してきましたが、安倍首相は邪道を邪道と思わない。ダブル選挙への真剣な備えが必要です」と述べました。

 志位氏は、「仮にダブル選挙となると、残された時間は少ない」として、「速やかに(野党間の)協議を進めて『具体化を加速』し、安倍政権を倒す上でもっとも効果的な共闘体制を築くために知恵と力を尽くしたい。仮にダブル選挙になったら、衆参ともに自公とその補完勢力を少数に転落させるために、積極果敢なたたかいをやりぬく決意です」と表明しました。
第1の決断―「国民連合政府」の提唱と全国的規模での選挙協力を呼びかける

 志位氏は、「野党共闘の前進は、戦後かつてない市民運動の発展に背中を押されたものですが、同時に、日本共産党がその前進に貢献したということがいえると思います」と述べ、この間、野党共闘の前進のために日本共産党が「二つの決断」を行ってきたことを語りました。

 第1の決断は、安保法制=戦争が強行された昨年9月19日、「戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府」の提唱と、野党の全国的規模での選挙協力という、党の歴史上でも初めての方針を打ち出したことです。

 立憲主義の破壊という非常事態と、「野党は共闘」という市民の切実な願いを受け、「従来の方針のままではいけない。方針を発展させる必要があると考え、この提案をしました」と志位氏。「ここに踏み込み、粘り強く追求してきたことは、今日の野党と市民の共闘の前進に大きな貢献になったと考えています」と述べました。
第2の決断―野党共闘の前進のために「思い切った対応」を表明

 第2の決断は、2月19日の5野党党首会談で4項目合意が達成されたことを受け、「参院1人区では思い切った対応を行う」と表明したことです。

 志位氏は、「まずは野党共闘を前進の軌道にのせなくてはならない。そのためには、わが党が、最初から相互支援の原則を具体化することを提起したら、おそらくは前に進まないだろうと考えました。『かなりの人を降ろす』という決断をしてでも前に進めなくてはならないと考え、この表明を行いました」と述べ、「わが党は、この表明のとおり行動してきました。それが、その後の参院1人区での野党共闘の前進への大きな貢献になったと考えています」と述べました。
日本共産党の躍進―日本の政治の根本的転換、野党と市民の共闘の前進の確かな力

 志位氏は、「日本共産党は、国民の共同=統一戦線を何よりも大切にし、共同の力で政治を変えることを一貫した信条にしている政党です。35年前に、日本の前途を真剣に考える無党派の方々、社会党関係者の方々とともに全国革新懇をつくったのも、こうした立場に立ってのものでした」と強調。

 そして、「今回のわが党の野党共闘の方針が現実を動かしつつあるのは、2013年の参院選、2014年の総選挙で連続躍進させていただいたおかげです」と述べ、「日本共産党がさらに大きな躍進を勝ち取ることは、安倍政権の暴走を止め、日本の政治の根本的転換をはかるうえで重要であるとともに、野党と市民の共闘をさらに前進させ、新しい政治、新しい政府をつくるうえで、もっとも確かな力になります。それはまた、全国革新懇が掲げる三つの共同目標(生活向上、民主主義、平和)の実現に向けての大きな貢献になると考えています。そういうつもりで力のかぎり頑張りぬきたい」と躍進への決意を表明すると、会場から大きな拍手がわきおこりました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-05-22/2016052202_01_0.html


3. 2016年5月22日 14:02:33 : 9Kc5sUqcEA : 7Mz8ot3IBRY[1]
孫崎「参議院一人区野党統一、質的に新しい動き」


 野党統一候補で、政治が質的に変化つうんは、正しい指摘だね。議員は、統一協定の際の5項目とか6項目の実現に縛られるわけで、従来とは異なる新しい政治状況、新しい政治スタイルが形成されるじゃろう。こいで、甘利型・舛添型とか、あるいは武藤型・宮崎型等の政治家は一掃までは行かなくても、急減しそうだ。自公バカ勝ちの2/3あるいは300超えが、量が質への転化で、スッカリ政治家をおっかしくしよったかんな、今度は逆に政治家の質の変化が、國民多数の支持・賛同集め、協定実現つう使命感ある政治家が国会で多数しめる、質から量への転化、こいは弁証法的な歴史の必然じゃよ。そいにしても、甘利とか舛添ちゅうんはテエヘンナ政治家じゃったな。議員やポストに就いた途端に、住民・都民のために汗かくぞでなく、ゼニ・蓄財のために汗かくぞと、ケンゲエたんだからな。徹底してタカル、女房子供の下着まで政治資金で手当するとか、5000万円大名旅行とか、血税にたからねえと損した気じゃ、号泣議員もこいじゃあ真っ青じゃな。
  野党統一協定は、新しい型の政治家を産みだす、面白くなってきおったよ。
 


4. 2016年5月22日 15:06:39 : bDluyLDD5U : rx8r2J_vV6w[15]
>「参議院一人区野党統一、質的に新しい動き:孫崎 享氏」

質的に新しい動きという点に間違いはなかろうが、結果がどうなるかは予測し難いんじゃないか。
過去に現与党以外に投票した方々が、必ず野党統一候補者に投票するとも限らないだろうしね。
野党統一候補者は、現与党に対抗するという一点で一致した限りで、統一された政党でも無いし。


5. 2016年5月22日 17:33:07 : p1b35vK24c : tpDURnOvQ_Y[4]
佐賀は元生活の党の中村てつじじゃなかったの。

6. 2016年5月22日 20:48:22 : FoozYI3PZF : 0W@FLm@Cvms[83]
野党共闘が着々と進んでおりますね。
政策協定書の内容も異議なしです。連合に対して多少配慮している部分もあるとは思いますが、それでもよくぞここまで漕ぎ着けました。
徐々にではあっても、この流れを引き続き衆院選へと繋げたい。

表立っては目立たないが、小沢・志位両名はとてもバランスよく効果的に機能していると思える。片方が欠けても上手くいかない所をお互いに補って目指す方向性に確実に進んでいる。香川での協賛候補擁立で、野党共闘が一段階上がった気がしますが、更に衆院選での連携に繋がれば更にもう一段階上へと野党共闘が進む。

これが実現すれば、本当の意味での野党4党プラス国民対自公の構図が出来上がります。
小沢・志位両名、それに各地でそれを後押しした市民団体の皆さんに感謝。

都民


7. 2016年5月23日 15:53:45 : qF4T1YwunA : 0ID5WaAuWRA[695]
将来につながる新しいものが生まれる予感がしますね。

8. 名阪神高速浪速[125] lryN45BfjYKRrJhRkaw 2016年5月24日 20:21:25 : kzVaPPOcEA : qHiD9@k9yC8[4]
NO駄4死卑固のような、いつまでも共闘を嫌がる奴は「民進党の自爆分子」でしかありません。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK206掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK206掲示板  
次へ