★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK206 > 719.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
急きょ取りやめになった元米兵の広島訪問の理由を知りたいー(天木直人氏)
http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/719.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 5 月 27 日 15:50:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

急きょ取りやめになった元米兵の広島訪問の理由を知りたいー(天木直人氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1sono5m
27th May 2016 市村 悦延 · @hellotomhanks


オバマ大統領の広島訪問に「バターン死の行進」で生き残った元兵士が同行するはずだった。

 少なくともそう報道されていた。

 ところがきのうのテレビ報道で、それが急に取りやめになった事を知った。

 招待しておきながら急に取りやめになったことについて元兵士らが怒ったという。

 これは事件だ。

 一体何が起きたのか。

 そう思って今朝の各紙を読み比べたが、その記事が無い。

 考えられるのは、謝罪に反対する元米兵らのガス抜きの為に呼んだまではいいが、

沖縄女性殺害事件が起きたので、これ以上不要な摩擦を起こしたくない、

せめて広島訪問だけは成功させたい、と米国政府が考え直したのかもしれない。

 そう思っていたら、きのう発売の週刊新潮(6月2日号)で、

高山正之氏が「変見自在」というコラムで次のように書いているのを見つけた。

 「・・・バターン死の行進は南京大虐殺、マニラ大虐殺と並ぶ米国製でっちあげシリーズのひとつだ」と。

 まさかとは思うが、それにしてもなぜ元米兵の広島入りが急に取りやめになったのだろう。

 そして、それを報じた日本のメディアが、取りやめになった事について何も書かないのだろう。


           ◇

オバマ氏広島訪問:元米兵捕虜同行で「加害者」日本を演出
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/05/23/2016052300535.html
2016/05/23 08:04 朝鮮日報

 現職の米大統領としては初めて被爆地・広島を訪問するオバマ大統領が22日、「今回の訪問時に被爆者に謝罪する考えはない」と述べた。オバマ大統領は27日から三重県志摩市で開かれる主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)終了後に広島を訪問する。

 オバマ大統領は22日に放送されたNHKのインタビューで、「戦争のさなかに指導者はあらゆる決定を下すということを忘れてはならない。それについて疑問を呈し、検証するのは歴史家の仕事だ」と述べた。今回の広島訪問をめぐり、「米国は原爆投下に対し公に謝罪するでは」という見方が相次いでいるため、自ら謝罪ではないことを明らかにしたものだ。同大統領はさらに、「私の(広島訪問の)目的の1つは、戦争では罪のない人たちが巻き込まれ、とてつもない苦難に見舞われると認識することだ。それは単なる過去の話ではなく、今も世界の多くの場所で起きている」とも述べた。

 また、北朝鮮の核開発についても言及した。同大統領は「現在の核兵器をめぐる最大の課題は、北朝鮮の核開発計画の脅威だ」「北朝鮮には核技術を拡散させた過去があるからで、懸念している」と述べた。

 一方、共同通信は同日、「オバマ大統領が27日に被爆地・広島を訪問する際、第二次世界大戦中の元米兵捕虜も立ち会うことが分かった」と報道した。日本軍の捕虜になった経験のある「全米バターン・コレヒドール防衛兵記念協会」の会員、ダニエル・クローリーさん(94)が広島を訪れる。これは、戦争を起こした日本の「加害者」としての側面を忘れないようにという意図があるものと解釈されている。共同通信は「戦争の被害者は日本だけではないという点を内外に強調しようとするねらい」と報じている。

ワシントン=ユン・ジョンホ特派員

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 日高見連邦共和国[1731] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年5月27日 16:04:35 : lt7TdFOYcQ : Br9qzPsZN0k[68]

“疑問”は、人が“進歩”できる最大の原動力です。がんばってくださいね、天木さん!

2. 日高見連邦共和国[1732] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年5月27日 16:18:48 : lt7TdFOYcQ : Br9qzPsZN0k[69]

ああ〜、天木さんを“責めるだけ”ってのも“美しくない”ネ。

その“元兵士”、中止の理由説明もないので“激怒”とも報じられている。

私はオバマさんが、被爆者や“日本”へ、『せめてもの“筋”を通した』のだと解釈する。

・・・根拠なんて無いケドね・・・


3. 2016年5月27日 16:20:39 : qSSBPTLEis : H5Zrlc7CTio[30]
外務省出身の天木氏が分からないのに、一般人が分かるはずもない。
この人は誰に向かって疑問を投げかけているんだろう???

4. 戦争とはこういう物[1220] kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo 2016年5月27日 16:38:01 : 0lfblgLuXc : joWj7kZ@L@I[269]
 記憶が正しければ、「バターン死の行軍」より後のコレヒドールでの捕虜。
尚「バターン」については、水を飲むだけで殺害されたなど、多くの証言全てを否定するのはおそらく困難。「でっちあげ」論を取り上げる意図は不明。

5. 2016年5月27日 16:59:14 : MnP3XVLS8I : iYFYOPxT178[6]
NHK動画ニュース

オバマ大統領の広島訪問 元米兵の同行は見送り
5月26日 11時37分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160526/k10010535621000.html

太平洋戦争中に旧日本軍の捕虜となった元アメリカ兵などで作る団体は、27日に広島を訪問するオバマ大統領に同行する意向を示していましたが、NHKの取材に対し、ホワイトハウスから招待できなくなったとの通知を受けたとして、訪問を見送ることを明らかにしました。

アメリカのオバマ大統領は27日に現職のアメリカ大統領として初めて、被爆地・広島を訪れる予定で、太平洋戦争中にフィリピンで旧日本軍の捕虜となった元アメリカ兵やその家族などで作る団体は、ホワイトハウスから打診を受けたとしたうえで、メンバーを同行させる意向を示していました。

団体は元アメリカ兵の94歳の男性を広島に派遣する方向で調整しているとしていましたが、団体のジャン・トンプソン会長は25日、NHKの取材に対し、ホワイトハウスからこの男性を同行者として招待できなくなったとの通知を受けたことを明らかにし、訪問を見送る考えを示しました。

トンプソン会長は「この結果に失望している。元アメリカ兵の派遣は和解などの力強いシンボルになると思っていたので、アメリカにとっても日本との同盟関係にとっても損失だ」と批判しています。

一方、ホワイトハウスの当局者はNHKの取材に対し、「アメリカ政府として正式に招待したわけではなく、誰を招待するか調べるなかで可能性を探っただけだった」と説明しています。


6. 2016年5月27日 17:04:48 : EYCSp0M8Tw : qnio2lBwNco[120]
何時もながらの主観満載の投稿ご苦労様です。

7. 2016年5月27日 18:27:45 : 1cz9P1E6DQ : a4CWEf3uhtE[90]
> 急きょ取りやめになった元米兵の広島訪問の理由を知りたい。

アメリカ政府に情報源は無いので推定するしか無い。
次の事が考えられれる。

日本国民および世界のマスコミは元米兵捕虜が広島へ行く姿を見る。
この時、米兵は戦闘に負けても降伏すれば生きて母国に帰れる、
広島市民は戦闘員で無いにも拘わらず10万人が焼き殺された。
米兵と違って降伏して命を長らえる手段も無かった。
命を長らえる手段も与えずに広島市民を一瞬に焼き殺したアメリカ政府が如何に残虐行為を行ったかを日本国民および世界のマスコミに実感させる。
これはアメリカの利益にはならない。
元米兵の広島訪問は取りやめよう。


8. 2016年5月27日 19:03:22 : ge82Jvqjdk : KAHImNPipgQ[102]
『<甘気ちゃん>ついでだから付きあってあげるけど…。』

そんなこと決まってるじゃん。
<ペンタゴン>の牽制・押し込み→<ワシントン>の受付責任者不明→<オバマンくん>の拒否。以上だよ。
そんなことすら読めなくって、よく“害務姦猟”が勤まったもんだねぇ?
じゃぁねっ!


9. 2016年5月27日 23:04:35 : G9pRncd5P6 : kNLawzAmjgA[684]
戦争を遂行し、意思決定権を持つ支配層たちは都合で容易に和解も出来るが、個人的な恨みもなしに徴兵されて殺し合い、捕虜として虐待され、あるいは爆撃(原爆)で殺された市民同士が和解するのは簡単ではないのかもしれない。

10. 2016年5月27日 23:13:12 : G9pRncd5P6 : kNLawzAmjgA[685]
失うものが名誉と利権だけであったりする支配層と違って、庶民はしばしば戦争ですべてを失うから。

11. 2016年5月28日 01:18:39 : GEp40GNW7E : W73TaNWY_Wg[143]
バターンはさすがにどうでもよすぎる残虐行為で、世界中でハイテクを用いた虐殺を繰り返しているアメリカが、ヘタに喧伝したら失笑を受けるだけだ。飲まず食わずで捕虜を移動させたら倒れてしまったという話でしかないからな。

あれは米兵向けのパフォーマンスで、直前まで大人しくさせておくための操作ではなかったか。3月のキューバの時もそうだが、国内の反対派を抑えるために手練手管を弄している。

それに加えて沖縄強姦殺人の発生だ。まさに狙いすました一撃だった。誰が裏で絵を描いたのかは複雑にすぎてわからないが、これが偶然とは思っていない。


12. 2016年5月28日 02:09:55 : qO7VfuNrZM : eY1cL@nrm@A[5]

保守速報

【画像】オバマが広島訪問、お爺ちゃんの背中に手を廻して抱擁

2016年05月27日18:56 | カテゴリ:政治
http://hosyusokuhou.jp/archives/47649963.html

くまニュース

オバマ大統領が広島でハグを交わしたおじいさんの正体が凄い人物だった
http://blog.livedoor.jp/qmanews/archives/52166991.html

広島被爆米兵の名前を刻んだ日本の歴史家森重昭さんのライフ・ワークを描いたドキュメンタリー
ジュリアン・ライオール 【Profile】

[2016.05.24]
http://www.nippon.com/ja/people/e00097/


13. 2016年5月28日 13:28:03 : 3VbCQUYwdw : N6p_TNO57dI[383]
今回の広島訪問がオバマや安倍周辺が語るような日米の和解がテーマであるならぜひともおいで願うべきだったはずだ。
これを機会に国内の反発が強くて公開が延び延びになっているアンジーの「UNBROKEN」の全国上映を果たす絶好のチャンスだったのに。
言われているような和解が本旨ならば、この映画のテーマはまさに日米の和解なのだから。
まあ双方にとって不都合だったんでしょう。

14. 2016年7月05日 00:51:35 : GifVPgfZds : fixIRA5Rdrw[10]
納豆人生、まっしぐら

2005年11月24日 (木)

バターン死の行進
http://miida.cocolog-nifty.com/nattou/2005/11/post_68d8.html(一部引用)

(前略)

本間雅晴中将は、戦後の昭和21年2月、マニラ軍事法廷で【バターン死の行進】の責任者として死刑判決を受け、昭和21年4月3日、第二次バターン攻略戦の5周年記念日にマニラで銃殺刑となった。
 マニラの裁判において、富士夫人が法廷で以下のように証言し、

「私は東京からここへ参りました。私は今も本間雅晴の妻であることを誇りに思っております。私には娘が一人おります。いつの日か、娘が私の夫、本間雅晴のような男性とめぐり会い、結婚することを、心から願っております。本間雅晴とはそのような人でございます。
 本間は、小さなことでも逃げ口上を言う男ではございません。彼は心の広い人で、細かいことにこだわりません。また彼は平和的な雰囲気を創り出し、その中で過ごすことを好みます。彼の行為はすべて、このような姿勢に基づいているのです。たとえば、外で嫌なことがあっても、彼はけして家に持ち込んだことはありません。常に微笑を浮かべて帰宅しました。本間はそのような性格の人です。・・・・以下略」

通訳されると同時に、米軍検察官、フィリピン人からも感動の涙があったそうである。当時の新聞にも

昭和21年1月12日『朝日新聞』

 「主人の命乞いに行くのだというような気持ちは、毛頭ございません。本間がどういう人間であるか、真実の本問を全世界の人々に一人でも多く知っていただきたいのです…裁判の結果などはいまから念頭にありません」
「私の責任の重大さは十分認識しています。衆人環視の法廷に立って少しでも気怯れがして言うべきことも言えなかったりしてはなりません。日本の家庭婦人としての面目を少しでも傷つけるようなことがあったら日本の皆様に本当に中し訳ないことだと思います。日本の女として初めて世界の視線に立つだけの覚悟は十分致して参るつもりでおります」

とあり、凜とした日本女性の凄さ、そして美しさだと思う。

映画自体は、アカデミー女優でもあるスーザン・サランドンの熱演を歴史的判断を抜きに楽しんだが、後味はあまり良くない。
 バターン半島、是非、機会があれば現地を訪れてみたい。


_________________________________________________________


賢者の説得力

【バターン死の行進】
http://kenjya.org/sonota3.html(一部引用)

第二次大戦中、日本軍はアメリカ軍・フィリピン軍の捕虜を収容所までの約80キロを歩かせた。
その際、多数の捕虜が死亡したとされる。これには日本政府が公式に謝罪している。

--------------------------------------------------------------------------------

●「バターン半島死の行進」での司令官・本間雅晴中将は、マニラ裁判で死刑になっている。でもこの行進はトラックがなかったからで、日本兵だって歩いていた。決して捕虜を殺すために歩かせたわけではない。
ここで重要なのは、フィリピン戦でマッカーサー軍は本間軍に破れており、マッカーサーは命からがらオーストラリアに逃げている。これは「復讐」である。
        《渡部昇一 「自ら国を潰すのか」》


(以下略)


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK206掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK206掲示板  
次へ