★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK207 > 432.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「自衛隊員は本当に人が撃てるのか」と書いた毎日新聞−(天木直人氏)
http://www.asyura2.com/16/senkyo207/msg/432.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 6 月 08 日 09:35:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

「自衛隊員は本当に人が撃てるのか」と書いた毎日新聞−(天木直人氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1sop210
8th Jun 2016 市村 悦延 · @hellotomhanks


きのう6月7日の毎日新聞に日本国民必読の記事を見つけた。

 それは今度の参院選の争点のひとつである安保法制についての記事だ。

 「自衛隊 準備なき大転換」という見出しのその記事の要旨はこうだ。

 まず、その記事の冒頭に、

取材に応じた狙撃訓練を積んできた現役自衛官の次のような言葉が紹介されている。

 「表情までくっきりとわかるんですよ」

 スコープ越しに見る「相手」は、いつもびっくりするほどクリアだという。

 「その時」が来たら、職務で引き金を引くしかないと思っている。だが・・・

 「命中した瞬間、血がバーッとなっちゃいますよね。その映像が頭に残っちゃいますよね」

 「引き金は引けても、目をつぶってしまうだろうなあ」

 別の自衛隊員も言う。

 「実際に撃てるかどうか、その時になって見ないとわからない」

 この記事を読んだ時、私は10年ほど前に会った米国のベトナム戦争帰りの元海兵隊員、

アレン・ネルソン氏の言葉を思い出した。

 イラク戦争に反対して外務省を解雇された私は、にわか平和主義者のごとく、

全国の平和集会に呼ばれて講演して回った時があったが、

その時、講演先で知り合ったのがアレン・ネルソン氏だ。

 PTSD(心的外傷後ストレス障害)になったアレンは、

ある日、小学校の先生になっていた高校の同級生に出くわし、

彼女の強いすすめで、クラスの子どもたちにベトナム戦争の話をするようになる。

 話し終わって質疑の時間になり、ひとりの女の子が立ち、アレンをまっすぐに見詰めてこう聞いたという。

 「ネルソンさん、人を殺したんですか?」

 すぐに答えられなかったアレンは、子どもたちの素直な顔を見ていると嘘をつくわけにいかず、

目をつぶってやっとの思いで。「イエス……」と答えたという。

 すると、驚くべきことに、子どもたちは逃げ出すどころか、

立ち上がって一斉に自分のところに駆け寄ってきて、一人ひとりがしっかり抱きしめてくれたという。

 この出来事がアレンを立ち直らせ、以来反戦を訴え続けるようになった人物だ。

 ベトナム戦争帰還兵が語る戦争の現実はすさまじいものだった。

 ・・・深夜、あるいは早朝、人々が寝静まっているときに村に火を放って、

逃げ惑う村人を見境なく撃ち殺す、武器を持っている兵士相手ではなく、

無防備の村民を殺す、上官からは何も考えずにただ命令に従え、と言われる・・・

 最前線で死ぬか生きるかの瀬戸際で上官の命令で

無実の非戦闘員も殺さなければならないような状況に追い詰められた米兵の姿がそこにある。

 日本の自衛隊員が、いままさにその米軍の指揮下に入り、米兵と行動を共にすることになるのだ。

 そんなことが、安倍首相の鶴の一声で出来た安保法の下で、出来るのだろうか。

 出来るはずがない。

 いや、そもそも安倍首相は、そのような事を自衛隊員にやらせる覚悟で安保法を強行成立したのか。

 そんな覚悟が安倍首相にあるはずがない。

 この毎日新聞の記事は、また次のような戦争外傷の事を書いている。

 元自衛隊の衛生官が「日本安全保障・危機管理学会」のセミナーで語ったという。

 スクリーンに映し出された画面には、仕掛け爆弾で四肢がすべて吹き飛ばされた米兵がいる。

 「もしかしたらこんな姿の自衛官が出るかもしれません。そういう時代に日本は入ったという事です」

 そしてその元自衛官は4年前の米国研修で経験した苦い思い出を次のように語ったという。

 自衛隊員が携行する救急品について米軍関係者に聞かれ、

「包帯くらいしか持っていない。(救急)訓練もそんなにやらない」と答えたら、

返ってきた言葉は、「自衛隊は頼りにならない」だったと。

 その米国はいまどういう国になっているのか。

 戦争外傷の若い帰還兵が国中に溢れ、一大社会問題になっているのだ。

 この事もまたアレン氏が警告していた通りだ。

 戦後70年間、戦争と無縁だった日本は、その幸運さに感謝しなければいけない。

 安保法が出来たからと言って日本国民がそれに黙って従うほど馬鹿ではない。

 この毎日新聞の記事を読めば誰もがそう思うに違いない。

 私が国民必読の記事だと書いた理由がそこにある。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年6月08日 09:40:47 : KzvqvqZdMU : OureYyu9fng[-177]

平和平和の大合唱が、天木のような馬鹿を生み出すことになったのだ。

反省するべきである。


[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理

2. みゃあ[20] gt2C4YKg 2016年6月08日 09:57:55 : mjJapBgSXc : n9PisoD8kRA[19]
>>01

そうやって、戦わない者がイキがり「オレのために戦え」と他人を人柱にするんですね。
わかります。


3. 2016年6月08日 09:58:33 : ItebEwsHUk : hbu4JE5yytU[1]

ちょうどいい、おまえが射撃の的になれや、Kz。

愛国ウヨの初仕事だぜ。

[32初期非表示理由]:担当:言葉使い

4. 2016年6月08日 10:17:36 : 46au376vfM : ZYM7DDGC_rw[483]
1<

お前は、アメリカの戦争に行くか?

行くなら、書いても良い。必ず、行くのだぞ!

安倍は、安全地帯の後方で突入しろ!、と旗振りしているだけだ。

こんな馬鹿に、戦争に真っ先に行かしてやりたいと、思っている。

戦争して、国民は決して豊かになれない。苦痛のみが残る。違うか?

日清・日露戦争でどうなったか? 答えは、明白。豊かになれなんだ。

尖閣諸島で戦い、勝ったところでどうなるのだ?

中国が手に入るのか? 

馬鹿らしい話だろう?

が、相手が仕掛けてきた場合に備え、負けないくらいの戦力は保持していないといけない。これが自主防衛。これは合憲なのだ。

平和主義を貫き、もし万が一攻めてこられた時、祖国を守るため義勇軍が結成されるだろう。
そんな国を目指すのだ。

安全は、ただではありません。これくらいは,わかるぞ。


5. 2016年6月08日 11:17:59 : ksbgNRP0Ag : ihXIurNoqP8[54]
>>>そんな覚悟が安倍首相にあるはずがない

この人(天木)は何でこんなことを言うんだろう?

口では「非戦闘地域」なんていけしゃーしゃーと言ってるけど、
安保法下の派兵がいずれは隊員の前線配備につながることくらい、
安倍は百も承知のはずでしょう。
そうでなきゃ、新法を無理やり通す理由がない。

安倍が動かそうとしているのは自衛隊員じゃなくて、軍!

軍とは敵軍の機能を減殺して外交を有利するのが目的の組織だろ。
安倍に覚悟があろうがなかろうが、
自衛隊員が人を殺そうが、殺されようが、
そんなこととは別次元のところで軍は動いて行く。

眠たい新聞記事に乗っかってないで、
党首を名乗りたいなら、マジでもっと真剣に考えろよ。


6. 2016年6月08日 14:06:05 : KzvqvqZdMU : OureYyu9fng[-171]
馬鹿な糞コメがおおぃね
たとぃばだよ。主張者が、どんなに非道、極悪人であろうと、1+2=2
ってのは真理だよね。これと同じでだね、仮に わし様が、裏切り者で卑怯者
だったとしてもだね、そのゆってることは 卑怯者なんのかんのと無関係に
良し悪しを判断せねばならません。
 とかく、みずからの判断力に自信のない者わ、ゆったこと自体よりも、
ゆった人の顔つきとか、肩書とか、えらそうな格好とか、そんなことで
判断するものだ。

[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理
7. 2016年6月08日 15:26:30 : pgVYy0h5ZI : OW1UGGPtfxU[2]
安倍は死者が出て戦争気分が盛り上がるのを望んでいる。私が最高指揮官という言葉を十数回繰り返したとか。

しかし戦争指揮官の能力はない。


8. 2016年6月08日 18:05:00 : KzvqvqZdMU : OureYyu9fng[-166]

男たる者、畳の上で腐れ死にするよぉなこっちゃあ いかん

戦って斬り死にする、これが男の本望ってもんじゃ

    武士道とは死ぬことと見つけたり(葉隠れ)


[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理

9. 2016年6月08日 18:26:47 : 694ENOyseM : Q4rH_gqACJI[39]
安倍は何も考えていないし、理解もしていない。自分には何の関係もないから大丈夫、という理解くらいはしているとは思うが。

こんな奴に扇動されて、アメリカの手伝いなどしない。ましてや戦争犯罪の手伝いなんぞ。それは敵を狙撃することは射的と同じで躊躇はない。が、よく考えたらその敵ってのは誰の敵なんだ。俺の敵ではない。国民の敵でもない。政権の敵、そうでなければ財界の敵だろうが。それどころか同盟国の敵だったりする。そして、その政権や財界、同盟国が滅びることこそ国民の利益につながった例は過去には無数にある。

この場合、政権の敵こそが国民の友だ。なお、この考え方を外患誘致と言う。奴隷が反乱を起こしたら権力は全てを失うため洗脳と弾圧に血道を挙げる。ところがそれ故に自ら自滅の道を歩む。

例えば東京政権に税金を払うのと、中華政権に税金を払うのと、国民にとってはどちらでも同じだ。自分の財産と命を提供して東京政権の収税利権を守ってやることは、国益(国民の利益)へ全くつながらない。


10. 2016年6月09日 02:10:18 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[632]
  怖いのは、虫も殺せないような人物が戦争で変ることだろう。
  先の大戦ではアジアに侵入した日本軍が数百万の民間人を殺傷したのであるから、家庭では良き父、良き兄であったような者でも、戦場へ出ればものの一週間もあれば鬼へと変るのである。
  近代においても、ブラック企業などで上に立つ者は、言葉の暴力でもって部下を痛めつけることが平気であるが、彼らとて、そういう立場に立たなければ人の尊厳を傷つける事には躊躇しただろう。
   日本人は企業戦士と言われて久しいが、確かに職場は戦場であり、敵に負けまいと睡眠時間を削って勤務、上司の立場になれば部下を自殺させるところまで追い詰めるようになるのである。
   人はその場に立たされれば変って行かざるを得ず、それが最も怖いのではないか。
   一部の机上による作戦参謀の元で、駒のように人が使われるのが戦争であり、一度戦火の火蓋が切られれば否応にも巻き込まれ、善人も鬼となるのである。
   特に軍事がビジネスとなっている今、双方に敵対意識を吹き込み開戦させる軍産政複合体が出現しているからには、彼らのカモになって良心を失ってはならないのである。

11. 2016年6月09日 09:26:01 : teDmf30Has : zF8hDIkyF3c[45]
後藤さんが誘拐されたときでさえ『この非常時に政府を批判するなんて非国民』になちゃうんだから。
自衛官が死んだら、これ幸い、もっとやりたい放題。敵討ちだ!!

12. 2016年6月09日 13:02:10 : ZmIxQ3PkF6 : kXycXtaJD_U[262]
人を殺して死ねよとて、24までを育てしや!

いつの時代も人殺しなんて
普通の人間にはできない

戦争という名の殺人が人を変える

つまらんことをやってきたものだ
人間は時代が進んでもバカなことしかできない
進歩も何もない生き物だ


13. 2016年6月09日 15:27:44 : xQoZn42Pr2 : 2ydlNWODHRI[520]
撃てるに決まってんじゃん
そのために新兵教育なるの物があるんだし

14. おじゃま一郎[5479] gqiCtoLhgtyI6phZ 2016年6月09日 15:57:09 : yBl7znbE6g : VprCXb24V0I[2]
5月に北海道で陸自が射撃訓練中、誤って実弾を使って
しまって、一人がけがをした。報道は調達ミスによる事故と
しているが、それは表向きで、実弾によるKILLの訓練だったの
だろう。実際実弾は79発発射しているので、スナイパーは
実弾を渡されたことに怖気ついてはずしてしまったというのが
本音だろう。

陸自の幹部としては死亡事故とすることを期待
していたようだ。そうすれば、今度は海外で傭兵を
雇い実弾の訓練ができるからだ。


15. 2016年6月10日 02:33:48 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[634]
  14さんの、死亡事故とすることで何故海外で傭兵を雇うことに繋がるのか、解らないので説明を求む。
  自衛隊員を実弾訓練で死なすことで、絶対に問題になると想定、以降は傭兵を雇って実弾訓練の的にする事を提案出来る、という意味だろうか。
  となると、傭兵ビジネスを、防衛元官僚などの日本政府関係者が立ち上げる準備をしており、自衛隊員の死亡事故を契機に、危険だから傭兵を雇おうか、ということで、傭兵ビジネスに税金が投入されるという流れを構想していた、ということだろうか?。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK207掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK207掲示板  
次へ