★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK207 > 459.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
野党4党と市民連合が、参院選挙で政策協定締結」 自公には驚異なのだ!!(かっちの言い分)
http://www.asyura2.com/16/senkyo207/msg/459.html
投稿者 笑坊 日時 2016 年 6 月 08 日 22:54:37: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

http://31634308.at.webry.info/201606/article_7.html
2016/06/08 21:56

野党4党と市民連合が、参議院選挙での政策協定を締結した。よくここまできたものだと感慨深い。生活の小沢氏が、オリーブの木構想を最初から提唱していたが、共産党が本当に大人の対応をしたと思っている。民進内の自民補完勢力が共産党をコケにして、共産党内部ではかなり怒ったと思うが、一切民進を非難することなく、大人の対応をしたと思っている。市民連合と野党4党の政策協定は以下である。

1.安全保障関連法の廃止と立憲主義の回復
2.改憲の阻止
3.公正で持続可能な社会と経済をつくるための機会の保障
4.保育士の待遇の大幅改善
4.最低賃金を(時給)1000円以上に引き上げ
5.辺野古新基地建設の中止
6.原発に依存しない社会の実現に向けた地域分散型エネルギーの推進

上記の中で、民進がよく協定に入れたものだと思う政策は、5の辺野古新基地建設中止、6の脱原発の政策である。この中に、TTPの話がはっきり出ていないのは、民進の中でコンセンサスが取れなかったのであろう。だが、まずはこれだけの基本政策が結べたのは、安倍政権が強権政治だったから、まとまったと言える。

民進の意向を受けての話と思うが、連合が政治団体「国民怒りの声」代表を務める小林節慶応大名誉教授と話し合い、民進の比例名簿に入らないかと働き掛けた。しかし小林名誉教授は、民進とは政策は違うと拒否した。違うと言った理由は、隠れ自民党議員を内包しているからだろうが、小沢氏は野党の統一名簿を作れと言っている。

この記事が、日刊ゲンダイ紙に載っている。前記の小林名誉教授も、当初から野党統一候補名簿を作れと言っている。そのキーマンが民進の岡田代表というのが何とも歯がゆいところだ。小沢代表なら0.1秒も掛からないでGOをかける。なぜなら、これで野党の死票が圧倒的に減るからだ。その単純な計算が出来ない民進に、野党第一党の資格はないのだが、期待するしかない。民進もバカでないので、選挙公示日のギリギリに統一名簿に踏み切ると思っている。それが出来ないのなら、本当にバカ者だ。


民進・岡田代表は英断できるか「野党統一名簿」の踏み絵
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/183073

 参院選が迫る中、民進党の岡田代表が「野党統一名簿」に踏み切れるかどうかが、改めて注目されている。

 永田町関係者がこう話す。

「小林節教授の『国民怒りの声』の立ち上げは、民進党の消極姿勢が引き金です。小林教授は『野党統一名簿が実現すれば、いつでも降りる』と強調しているわけで、岡田代表が1人区に続き、比例区でも野党共闘を実現させれば、野党勝利の可能性が一気に高まります」

 民進党の支持率は1桁台で低迷。単独で比例票増加は困難とみられており、前回(13年)の700万票を下回る恐れも指摘されている。冷静に考えれば、民進党が票の上積みを狙う手段は、野党統一の比例名簿しかないのだ。

「岡田代表がここで英断し、安倍政権打倒の本気度を示すサプライズを起こせば、恐らく比例票は倍増する。1500万〜2000万票も夢ではありません」
すでに小林新党は候補者発表に向けて動き出しているから、その“内定候補”と民進・社民・生活の候補が一緒になればいいだけだ。野党の死票が減って当選ラインが下がるため、野党当選者は確実に増える。民進党にとっても悪い話じゃない。

「政権寄りのメディアが『時間切れ』などと盛んに流しているのは、与党の危機感の表れともいえる。タイミング的にはギリギリとはいえ、公示直前でもサプライズ効果が期待できます」(永田町関係者)

 連合が統一名簿に積極的になったのは、参院選勝利の切り札になることに気が付いたためだろう。岡田代表の“男気”にかかっている。
(ジャーナリスト・横田一)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年6月08日 23:13:30 : QrRJl0EEHQ : 97G@RQmaj54[18]
自公には驚異でなくて脅威となる。

それはいいとして岡田民主党が統一名簿に加わる話はもう終わったこと。国民怒りの声は非自民党、反自公票を掘り起こすので野党にとってプラス。国民怒りの声は比例区だけなのだ。選挙制度がわかっているのか。比例区は死票などほとんど出ない。


2. 2016年6月09日 00:55:33 : i4xauyCsQw : H@OQqbQ7xfg[2]

政策協定締結と聞こえはいいが...
この政策内容はほとんど民進党の政策じゃないか?社民党や共産党、生活の党の独自性があまりないように思うが。

安保反対や福祉、教育の充実はいままでの民進党がずっと言ってきたことだし、普天間だって言ってることがあまり変わらない。
共同政策というより、野党で政策が一致しているところをとりあえず並べてみただけのような気がする。

原発にしたって、「原発に依存しない社会の実現にむけて〜」という、現時点での原発を容認するような書き方だ。電力労組に配慮したのだろう。即時廃止を求める社民や生活、共産はよくこれを受け入れたものだ。

税制について何も書かれていないのも気にかかる。消費税増税を主張する民進党の立場をほかの党は受け入れたのだろうか。
小沢さんは怒りそうだが。もともと消費税問題で民進党を離脱したのに。

そもそも、野党は本当に政権をとる気でいるのだろうか。安倍政権反対は声高だが、じゃあ自分たちは何をするのかが、まったく見えてこない。せめて、経済政策ぐらい共通政策を打ち出せなかったのか。

ちなみに、比例区でも死票は存在する。前回の参院選、生活の党から当選者はゼロ。94万票が死んだ。反自民票を掘り起こしても、100万票以下なら、すべて死票になる。

民進党中心の野党共闘はほぼ確実だそうだ。

参院選の非拘束名簿式比例代表は、得票順に順位が決定する。知名度のある現職、固定票のある古参政党が幾分か有利だ。弱小政党の新人候補の当選は、とても難しい。

野党共闘で最も危険なのは、選挙目当ての野合に見られることだ。日本未来の党はそれで失敗した。民進党もいるから大丈夫だろうが、かえって、政党の独自性を殺している気がする。民進党が大きすぎるし、共産党以外はほとんど泡沫政党だ。

安倍政権を倒すのにはいい方法だが、安倍政権を倒してからどうするのか、全くわからない。


3. 2016年6月09日 01:46:12 : rTnyAoKy1o : e0KJFEdG2ts[1]
2 ↑

きみは評論家かね。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK207掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK207掲示板  
次へ