★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK207 > 475.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
安倍首相の遊説でもごまかし…自民党が参院選で“改憲隠し”作戦を展開! 安保法制の時と同じ詐欺的手口(リテラ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo207/msg/475.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 6 月 09 日 07:22:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

                安倍晋三公式サイトより


安倍首相の遊説でもごまかし…自民党が参院選で“改憲隠し”作戦を展開! 安保法制の時と同じ詐欺的手口
http://lite-ra.com/2016/06/post-2320.html
2016.06.09. 安倍政権が参院選に向けて改憲隠し作戦  リテラ


「アベノミクスはまだ道半ばだ。ギアをアップして、エンジンをフル回転させる必要がある」
「ロケットが成層圏を脱するには、スピードが必要。我々もそのスピードを獲得して、成層圏から脱出するよう、力強い速度を得ていきたい」

 昨日、山梨県のJR甲府駅前を皮切りにして本格的に遊説をスタートさせた安倍首相。もちろん、街頭演説でしつこくアピールしたのは、絵空事の“アベノミクスの効果”。そして冒頭のように、この国にはまるでアベノミクスしか道が残されていないかのごとく観衆を煽ったという。

 エンジンだのロケットだのと喩えだけは威勢がいいが、肝心の中身は相変わらずスカスカだ。今月3日に発表した自民党の参院選選挙公約でも〈あらゆる政策を総動員して、戦後最大のGDP600兆円経済を目指します〉とぶち上げたが、〈赤字国債に頼ることなく安定財源を確保〉などと記載しながらも一体どうやって財源を確保するのかという肝心な部分は書かれていない。

 消費税の増税延期にはじまり、安倍首相はこうして経済政策を選挙の争点にしようと躍起だが、その一方で隅に追いやっているのが「憲法改正」問題だ。

 現に、自民党の選挙公約のパンフレットでは、「経済再生」や「女性活躍」、「地方再生」などは独立して項目を立て、ものによっては何百行も費やして政策を並べているが、「憲法改正」は項目も立てず、触れているのはなんといちばん最後、たったの10行だ。

 しかも、その内容は、〈衆議院・参議院の憲法審査会における議論を進め、各党との連携を図り、国民の合意形成に努め、憲法改正を目指します〉というもの。2014年12月に行われた衆院選では〈憲法改正原案を国会に提出し、国民投票を実施〉と言及していたが、すっかりパワーダウンしている。

 だが、安倍首相が憲法改正に興味を失ったというわけでは、当然ながら決してない。というよりも、今回の参院選の争点は、経済政策なんかではない。本丸は憲法改正なのだ。

 だいたい安倍首相は、前述した14年の総選挙が終わるなり、「憲法改正は自民党の悲願であり、立党以来の目標だ」「憲法改正の必要性を訴えていく」と矢も盾もたまらない様子で宣言。昨年、安保法制を強行採決した後も、早々に参院選で憲法改正を自民党の公約に掲げることを明言し、今年に入ってからも1月の年頭記者会見で「(憲法改正を)参院選でしっかりと訴えていく。国民的な議論を深めていきたい」と息巻いていた。

 これだけ“参院選の争点は憲法改正”と言わんばかりだったのに、いざ蓋を開けてみたら、この有り様。たしかに、先の総選挙でもアベノミクスを連呼して、安保法制などないもののように扱っていたことを考えると、これは安倍首相の“いつものパターン”だ。だが、悪名高い緊急事態条項をはじめ、人権さえおろそかにする改憲の中身が多くの人に知らされないまま憲法改正のための選挙を行う今回のやり方は、あまりに醜悪すぎる。

 そもそも、衆院憲法審査会は5月末の幹事長会談で“夏の参院選後に憲法改正の議論を再開させる”としたが、選挙後に改憲ありきで議論をするというのなら、安倍首相は参院選でははっきりと「憲法改正」を争点にするのは当然の道理。それをしないというのは国民を欺く行為でしかない。

 しかも、昨年、開かれた憲法審査会では、自民党推薦の長谷部恭男・早稲田大学教授を含む憲法学者3名が安保法制を「違憲」と断じたことで、自民党の佐藤勉国対委員長は「安保法案に影響のないやり方をしてほしい」などと言い、憲法審査会での審議は事実上ストップしてしまった。不都合な事態に陥ったことで審議をやめてしまう彼らが、はたして〈国民の合意形成に努め〉ることなどできるのだろうか。

 いま、忘れてはいけないのは、安倍首相は今年3月の国会で「(憲法改正を)私の在任中に成し遂げたいと考えている」と述べたことだ。その悲願を達成するためには、参院選でなんとしても改憲勢力を3分の2以上確保しなければならない。どこからどう見ても、今回の参院選の争点は「憲法改正」なのだ。

 アベノミクス自体もまやかしの政策に過ぎないが、それがさも効果が出たように“偽装”して、肝心要の憲法改正を矮小化しようとする。そして大手マスコミは、アベノミクスを検証しようともしなければ、憲法改正が隠された狙いであることを追及しようともしない──。安倍首相が下手な猿芝居をつづけ、このまま参院選に雪崩れ込むようなことは、絶対にあってはならないはずだ。

(水井多賀子)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年6月09日 08:46:30 : KzvqvqZdMU : OureYyu9fng[-186]

隠そうが、隠さないが、そんなこた枝葉末節の事、

いづれにしろ改憲は まったなし。

いそがにゃならんこと。



[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理

2. 2016年6月09日 09:41:27 : 46au376vfM : ZYM7DDGC_rw[493]
日本会議に洗脳され、騙された国民もいるようですな。

空恐ろしい国に戻りたいのでしょうか?

学習能力が全くない! 

一部に規格外の不良品が、いつの世もいるのだな〜

こんなはずではなかった、、というのは、規格外不良品の言うことよ。

靖国に祀ってもらいたいのでしょうかね?。

靖国は、倒幕戦で戦死した人を祀るため、作られた。

幕府側は、日本国国民でないのか? 生い立ちは、変な神社でしょう。

こんな神社に祀られたくないですね。

靖国は、薩摩・長州の明治政府の神社です。


3. 日高見連邦共和国[1961] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年6月09日 12:33:39 : Ihir5pcR5A : _8AvK2G84Zw[157]

ごまかし、おためごかし、な安倍の“虚ろな言葉”の連続に、拒絶反応=アレ(安倍)ルギー出まくりっ!

4. 2016年6月09日 12:49:29 : Wva2qRKLPM : 2mOJkd8nfZY[17]
なにしろ、安倍政権を支える日本会議の中枢を担う、元生長の家の右翼学生運動家たちは彼らの尊敬する教祖、谷口雅春氏が現在の憲法を「日本人の精神を破壊するためにアメリカ押し付けた」と言ったことをガチで信じているようだ。映画「日本の青空」に出てくるような事実は彼等は知らないか、知っても左翼の陰謀だと決めつけて信じはしないだろう。もちろん、最近も民放で取り上げられた9条の発案者が誰だったかということも公文書も残っているらしいが信じはすまい。彼らとしてはもう40年の長きにわたって今の憲法を破棄し、戦前の大日本帝国憲法の精神を復権させることだけを願って働いてきたのだから、今更後には引けないだろう。それが彼等の「聖なる使命」であるからだ。

自分たちの正体や目的を隠し、安倍政権を操って国民に十分な理解もさせずに改憲などさせたら、それもまた国民にとっては「押し付け」となろうが、彼等としては、現在の国民多数はアメリカの思想に毒されて堕落し切っているのだから、騙しても構わない、むしろそれが国を救う正義の道と思っているのだろう。かつて彼等が嫌った左翼セクトが無知な大衆を救うためには手段を選ばすと言ったのと同じ考え方をしていることになるが、それは構わないのだろう。

(私は右でも左でも、「大衆はバカだから騙しても救わなくては」みたいな、エリート主義は嫌いだし、一切、信用しない)

ともあれ、安倍氏にしても祖父、岸信介の悲願を達成するのだと、よくよく母親に言われて政治家になった人だ。やるなら今しかないと思っているはず。彼等が諦めるはずはない。


5. 2016年6月09日 13:46:45 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-9956]
2016年6月9日(木)
安倍首相またぞろ 「アベノミクス選挙」
選挙終われば戦争法発動・改憲…
国民だましの手法
退場の審判を

 安倍晋三首相は「アベノミクスを加速するのか逆戻りするのか、これが参議院選挙の最大の争点」(1日)とのべ、選挙戦の争点を「アベノミクス一本やり」に狭めて、やりすごそうとしています。これまで「アベノミクス一本」でたたかい、多数を得てやってきたことは―。

 第2次安倍内閣発足翌年の2013年7月の参院選。

 安倍首相は、異次元の金融緩和など「3本の矢」を掲げて、「デフレから脱却し、経済を成長させ、家計が潤うためには『この道しかない』」(マニフェスト)と「アベノミクス」一本やりの主張を展開しました。参院選結果は、与党が少数の「ねじれ」を解消し、安定多数を得ました。

 しかし、選挙後にやったのは、秘密保護法の成立強行(同年12月)でした。国民の目、耳、口をふさぎ、「戦争する国」づくりをねらったものでした。
閣議決定を強行

 翌14年7月には、集団的自衛権の行使容認の閣議決定を強行し、「戦争する国づくり」に踏み出しました。

 「閣議決定」強行後の12月に行われた総選挙でも首相は、「アベノミクスと呼ばれる経済政策が問われる選挙だ」と強調。「戦争を始めるなんてうそっぱちだ」とまでいって、再び「アベノミクス」一本やりの選挙を展開し、自公両党で3分の2を獲得しました。

 このときも選挙後にやったことは、日本を再び「殺し、殺される国」に導く憲法違反の戦争法の成立強行でした。

 3度目の選挙となる今回の参院選でも「アベノミクスが最大の争点」と打ち出し、乗り切ろうとしています。
改憲は公約末尾

 安倍首相は憲法改定について「在任中に成し遂げたい」と執念を燃やし、自民党の改憲案を「選挙においてお示ししていく」と明言。明文改憲に踏み込む姿勢をあらわにしていましたが、参院選公約では多項目にわたる政策資料編の末尾で「憲法改正を目指します」と目立たないようにしています。

 同じく公約末尾では「PKO(国連平和維持活動)や海賊対策、後方支援等を通じて、国際社会の平和と安定の確保に積極的に貢献」などと戦争法の発動をねらっています。

 国民をあざむいて三たび多数を得れば、憲法破壊の政治を強行しようとねらっています。安倍首相は、戦争法の強行前、「決めるべきときには決める」と言い放ち、「次の選挙において国民の信任、判断を仰ぐ」(15年6月26日)と、国会で答弁していました。

 日本共産党の志位和夫委員長は5日の札幌市での街頭演説で、「この参院選は戦争法を強行した後の最初の国政選挙」として首相の答弁を紹介。「ならば、憲法破りの政治をやった勢力に退場の審判を下そうではありませんか」と訴え、安倍首相の野望を許さない審判を呼びかけました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-06-09/2016060902_01_1.jpg
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-06-09/2016060902_01_1.html


6. 2016年6月09日 15:03:58 : FtCj2nG7q2 : pu12QMN2j8g[11]
小泉純一郎首相のいわゆる郵政民営化選挙も「改革の本丸」と言われて目玉になったものだが、蓋を開けてみれば国民の資産を外資に差し出すようなことだった。あの頃から自民の選挙戦略は真摯に国民に訴えるというのではなく、誤解させたり、だまし討ちにするようなことばかり。まともな保守政党のすることではない。
選挙が終われば、たちまち手のひら返しになった「TPP反対」もそうだった。
去年成立した安保法制も271番目に小さく書かれた公約だったが、他の大きく宣伝された幾多の公約を差し置いて実現された。

これ以上、騙されたら馬鹿だ。


7. 2016年6月09日 16:00:37 : 5IuSlC3a1Y : jg0J0YlU_Z0[44]
アベノミクス経済経済スピンですね。改憲の衣の上にアベノミクス経済ですね。わかりやすい。

8. 知る大切さ[5086] km2C6ZHlkNiCsw 2016年6月09日 17:29:37 : rXmQVSTR26 : wmfWUboB@Eg[1298]
リテラの水井多賀子氏は
いつも的確な記事を書く。

ジャナリストとはこうあって欲しい。


9. 2016年6月09日 17:40:37 : mJNFa6Jq2M : cwc2rX4HzHU[1]
ァヘ公約の裏を暴く国民に対する
オール野党の露出度は4倍高い。

長々ダラダラの批判を選挙民は聴かない。
簡単明瞭にァヘのゴマカシ公約を

ひっくり返す街宣シナリオをつくる。それを
オール野党が統一利用して効果的に

叩くのでしょうね。電通シナリオに
負けるようでは、野党は盛り返せませんよ!。


10. 2016年6月10日 12:49:07 : ZmIxQ3PkF6 : kXycXtaJD_U[267]
安倍にまだ騙されるバカな国民がいるんですねぇ!
そっちの方がびっくりだ(笑)

本当のバカだねぇ!



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK207掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK207掲示板  
次へ