★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK207 > 668.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
安倍首相が「民進党と共産党が安保法制を廃止するというのは無責任」。違憲無効な法律を作る方が無責任だ。
http://www.asyura2.com/16/senkyo207/msg/668.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 6 月 13 日 04:52:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

安倍首相が「民進党と共産党が安保法制を廃止するというのは無責任」。違憲無効な法律を作る方が無責任だ。
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/14f76f6870f4bf74b3f4340718a6d5b7
2016年06月12日 | 安倍政権の戦争法 Everyone says I love you !



このところ安倍首相は壊れたレコード(って今は言わないか)、音飛びするCDのように同じことを繰り返し言っているのですが、2016年6月11日の松山市での講演・街頭演説で、民進党と共産党の野党共闘が野合だと批判したうえでこんなことを言っています。


『安全保障関連法を民進党は共産党と一緒に廃止しようとしている。


 廃止すれば日米同盟が根底から覆される。


 日米の信頼は断ち切られるかもしれない。


 こんな人たちに子供の平和と安全を託すわけにはいかない。


 無責任な政党に負けるわけにはいかない。』



 しかし、無責任なのは安倍首相です。


 なにしろ、日本国憲法上、憲法違反の法律は無効であるとはっきり規定されています。


憲法98条1項


この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。


 ですから、違憲の法律があれば無効なんですから、これを廃止するのはむしろ国会の義務です。


 また、今、提訴されている安保法制違憲訴訟で違憲判決が出れば、必ずこの法律は廃止しなければいけないわけです。


 憲法学者の大半が違憲だと言い、元最高裁判事や法制局長官らが次々と違憲だと言っていたのですから、この法律が違憲無効とされるリスクは重々承知で、安倍政権はこの法律を成立させたのです。


 しかも、衆院の特別委での採決は不存在というべき強行突破でした。




9・17参院特別委、安保法案を強行採決。そのとき、鴻池委員長の周囲は委員会以外の議員ばかりだった。


議員の『劣化』と議事録の『捏造』が示す、日本における議会制民主主義の『崩壊』を食い止めるのは私たち!


参院安保特別委での強行採決、委員長が何を言ったか「聴取不能」なのに、与党が可決したと議事録に追加。




 安倍政権は違憲無効と裁判所で判断される可能性が非常に高い法律を作ったのですから、無責任と言えばこれほど無責任なことはありません。


 立法府が、憲法上違憲無効だからこの法律を廃止しますというのは致し方ないことであり、それによって混乱が生じるとしたら(実は元に戻るだけですから混乱なんてないでしょうが)、それはひとえに安倍首相の責任です。


 安倍首相には安保法制を廃止するとする野党共闘を無責任だと批判する資格は全くないのです。



責任が取れない人ほどこういうことを言う。




野党共闘は4党での共闘なのに、民進党が共産党と組んだとして、「もれなく共産党がついてくる」というなど、安倍首相は反共主義丸出しになっています。


下のNHKのリンクをクリックして安倍首相の演説をぜひ見てほしいのですが、もう狂乱というか興奮が凄いんです。


大丈夫なのか。




安倍改憲政権の正体 (岩波ブックレット)
斉藤貴男
岩波書店
日本最高のルポライターによる安倍政権の危険性告発。



安倍政権と日本政治の新段階 新自由主義・軍事大国化・改憲にどう対抗するか
渡辺治
旬報社
護憲派に最も信頼されている憲法学者渡部先生による詳細な改憲の背景解説。



安倍壊憲クーデターとメディア支配―アベ政治を許さない
丸山重威 (著)
あけび書房
戦争法案廃案、安倍政権退陣の闘い、そしてその後の闘い、真に平和で民主的な日本のためを願っての渾身の書。



検証 安倍イズム――胎動する新国家主義 (岩波新書)
柿崎 明二 (著)
岩波書店
「美しく誇りある」父のような国家が国民一人ひとりを子のように指導し、守っていくーー。異次元緩和や賃上げ税制など経済政策から教育、憲法改正、安保法制まで、安倍流国家介入型政治に通底するのは「国家の善意」である。その思考と意志を、国会審議や諮問会議議事録など「首相自身の言葉」から探る。



安倍政権の裏の顔 「攻防 集団的自衛権」ドキュメント
朝日新聞政治部取材班 (著)
講談社
「暴挙の安保法制」はなぜ、いかにして、実現してしまったのか?「言論弾圧」「なし崩し」で国民からもついに総スカンを食らった「安保法制ゴリ押し」の基幹―「集団的自衛権行使容認」の形成過程が目に見えて分かる「永田町・霞が関」水面下の記録!




安倍首相が講演 「民進党にもれなく共産党がついてくる」
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00327382.html
06/11 19:07 FNN


「民進党には、もれなく共産党がついてくる」と述べ、野党共闘を皮肉った。


安倍首相は「野党統一候補というものではなくて、共産党、民進党の統一候補。民進党には、もれなく共産党がついてくる」と述べた。


安倍首相は11日、愛媛・松山市で講演し、アメリカのオバマ大統領の広島訪問や、北朝鮮の弾道ミサイル発射への対処などにふれ、「助け合う同盟は絆を強くした。日本の安全は、より確かなものとなった」と強調した。


そのうえで、自衛隊解散を訴える共産党とともに、民進党が安全保障法制の廃止を訴えているとして、「日米同盟を根幹から揺るがし、絆と信頼を断ち切る」と述べ、民進、共産勢力に、力を与えないよう呼びかけた。




遊説録 平和託せぬ民進 安倍晋三首相
http://mainichi.jp/auth/logined_meter_over.php?url=%2Fsenkyo%2Farticles%2F20160612%2Fddm%2F002%2F010%2F079000c&usid=web
毎日新聞2016年6月12日 東京朝刊


 安全保障関連法を民進党は共産党と一緒に廃止しようとしている。


 廃止すれば日米同盟が根底から覆される。


 日米の信頼は断ち切られるかもしれない。


 こんな人たちに子供の平和と安全を託すわけにはいかない。


 無責任な政党に負けるわけにはいかない。(松山市での街頭演説)



首相 参院選1人区 野党4党候補者一本化は「野合」と批判
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160611/k10010553221000.html
6月11日 17時44分 NHK



安倍総理大臣は松山市で街頭演説し、民進党や共産党など野党4党が参議院選挙の1人区で候補者を一本化したことについて、「政策の違いを横に置いた野合だ」と強く批判しました。


この中で、安倍総理大臣は、民進党や共産党など野党4党が今月22日に公示される参議院選挙で、全国に32ある1人区のすべてで候補者を一本化したことについて、「野党統一候補といっても、共産党と民進党の統一候補にほかならない。共産党と民進党が多くの政策の違いを横に置いて一緒になった。普通、これを常識では野合と言う」と述べ、強く批判しました。


また、安倍総理大臣は参議院選挙の最大の争点は経済政策だとしたうえで、「野党は統一した経済政策がないから批判ばかりだ。アベノミクスは、まだ道半ばだが、やめてしまえば4年前に逆戻りしてしまう。私たちはアベノミクスのギアを1段、2段上げ、エンジンを最大限に回していく」と述べました。


さらに、安倍総理大臣は去年成立した安全保障関連法について、「民進党は共産党と一緒になって廃止しようとしている。廃止すれば日本を守ってきた平和を維持してきた日米同盟は根底から覆される」と述べました。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年6月13日 05:15:03 : j9E1GKMSRQ : auGFQrqOVRA[95]
昔から共産党は教条主義的なところがあり、余り好きな政党ではなかった。

しかし、アベ自民党の日本国憲法を変えて明治憲法を復活は着いて行けない。

一気に行かないから、緊急事態条項から変えるという。

こんな憲法改正の考えでは、共産党を含む野党で改憲の発議を阻止しなければ、

共産党が好きとか嫌いとかのレベルでは無い。

共産党にも当然投票する。



2. 罵愚[3669] lGyL8A 2016年6月13日 05:19:17 : xfblh00fSw : APxHgG8JHY4[33]
 平和憲法こそが明治憲法に違反してつくられた立憲デモクラシー違反の欠陥憲法で、日本国の憲法として成立していない。

3. 2016年6月13日 05:23:56 : KzvqvqZdMU : OureYyu9fng[-232]
>違憲無効な法律を作る方が無責任だ。

必要な法律が違憲となるような欠陥憲法の存在を許してきたゴケン教こそが
無責任だ


[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理

4. 2016年6月13日 05:58:56 : dnmugLJQfo : pHYsHZAK1b0[1]
>3
 多摩散人です。

>必要な法律が違憲となるような欠陥憲法の存在を許してきたゴケン教こそが
無責任だ。

 その通り。護憲派は、66年前の警察予備隊の発足以来、今日まで、9条違反の軍拡政策に対して、当座表向きは反対だが、陰では追認して来た。9条を守れと言うなら、一人の自衛官、一円の防衛費計上にも反対し続けなければおかしい。

 戦後70年間、9条を破ってきた張本人は護憲派だ。護憲派と手を携えて、今後も9条を破り続けよう。日本国民は、9条さえ護っていれば、いくら9条を破っても、当座表面は反対するが、本心では追認し続ける。

 9条は廃止する必要はない。日本国民は全員、9条破りを支持している。


5. 2016年6月13日 06:18:22 : KzvqvqZdMU : OureYyu9fng[-231]

だね、
現行米定憲法は しっかり踏みにじらなければならん。
国民一人一人が、ストレス解消のために ケチョンケチョンに踏みにじる
つまり、ストレス解消のための道具である、と考えればよいであろう。


[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理
6. 2016年6月13日 08:16:59 : dnmugLJQfo : pHYsHZAK1b0[2]
>5
 多摩散人です。

 9条なんて、廃止する手間をかけるほどの価値もない。9条を丁寧に葬って、目出度く成仏させる必要はない。9条はいつまでも野に打ち捨て、雨ざらしにして徹底的に破り続けるのがいい。永遠に成仏させず、戒めとしてめちゃめちゃに破り続けるのが日本国民の教育になる。日本国民は、全員、今までも9条を破って来たし、これからも破り続けたいと思っている。

 徳川家康は、三方が原の戦いに敗れたときの自分のみっともない姿を画家に書かせて、一生戒めにした。9条みたいなみっともない法律は、は今後も破り続けるが、戒めとして、いつまでも守り続け、侮辱し続けるべきだ。 


7. 2016年6月13日 09:05:49 : lyDdpzx5Jc : rAq9@fvkcc0[16]
>>2

それって安倍に背後霊のようにくっついてる日本会議の事務局の、生長の家を追ん出されたという"原理主義者"たちがずっと言って来たということと同じだな。彼等は今の憲法が存在すること自体を認めたくない。だから、彼等の本心を言えば、まともな手続きで憲法改正したくはないのだという。無視するか一気に無効化してしまいたいらしいな。まさかクーデターも起こせまいから、緊急事態法成立させて「ナチスの手口で無効化」という線もまだ捨ててはいないだろう。いや、それも一種のクーデターか。

罵愚さんもそのお仲間とは知らなかった。おや、ほかにも続々とおいでなさいましたな。
w


8. 2016年6月13日 09:09:54 : QgCzP7vveo : 9dNQGq1rgow[2]
クズと多摩散人で盛り上がっているようだ。福島原発事故で実質領土を失い、治外法権で沖縄の主権もない国で、アメポチ論議を繰り返している。

彼らこそ売国奴。こいつらがアメリカへ行っても誰もあいてにしないというのに。


9. 2016年6月13日 09:40:34 : 42qwm05ffM : 13Qn0LKteG0[1]
デマ散人、Kz、暗愚。

3バカにはもちろん、基本的人権などない。

とっとと福島に行ってデブリをバケツですくって、原発推進せよ。

自民党のテーゼを、身をもって実践せよ。


10. 2016年6月13日 09:43:04 : lyDdpzx5Jc : rAq9@fvkcc0[17]
緊急事態法成立させて「ナチスの手口で無効化」。連中的にはそれが理想だから、私はその線はまだありうると思っている。普通の神経の政治家ではなかなかそんな恐ろしいことはできないが、安倍ならできる。それがあの連中が安倍なんか担いできた理由だろう。

彼等が原理主義者だというのは初代の教祖が時勢に合わせて言ったことまで一字一句「真理」として疑わず、それを実行しようとすることらしい。だから路線変更した二代目以降の教えには従わず、教団を出て行ったようだ。今の三代目などは彼等をイスラム原理主義のISに例えて批判していたが、そうなるともう破防法レベルじゃないか?そんな危険な連中が安倍には付いていることを忘れてはならない。


11. 2016年6月13日 10:01:38 : dnmugLJQfo : pHYsHZAK1b0[3]
 多摩散人です。

 9条を守れと言うのが本心からなら、その証拠に、自衛隊員ゼロ人、国防予算ゼロ円の主張をしてほしい。それが出来ないのは、9条は守れない憲法だということを内心で認めているのだ。


12. 2016年6月13日 10:08:35 : 42qwm05ffM : 13Qn0LKteG0[2]

だったら、おまえがそれを自民のセンセーに申し上げてこい、デマ散人。

自衛隊解散、完全非武装でやってくれと。

おまえの理屈がどうだろうが、9条は存在する。

他ならぬ自民の先輩センセー方が承認してきた解釈が、気にくわないから、一切無視していいということにはならない。


13. 2016年6月13日 12:01:42 : dnmugLJQfo : pHYsHZAK1b0[4]
>11 追加訂正。
 多摩散人です。

>9条を守れと言うのが本心からなら、その証拠に、自衛隊員ゼロ人、国防予算ゼロ円の主張をしてほしい。(11 多摩散人)

 追加訂正

>護憲派が9条を守れと言うのが本心からなら、護憲派は、その証拠に、自衛隊員ゼロ人、国防予算ゼロ円の主張をしてほしい。(多摩散人)

>おまえがそれを自民のセンセーに申し上げてこい(12)

 自民のセンセーの大部分は、護憲派と同じで、本気で9条を守れるなんて考えていませんよ。護憲派と同じで、9条を護ると嘘をついているだけです。


14. 真相の道[1010] kF6RioLMk7k 2016年6月13日 12:40:00 : 55Mvar4oWo : zIgO6vffks4[387]
>>13さん

言いたいことはわかるのですが、前提として憲法9条の下では、個別的自衛権も集団的自衛権もどちらも合憲。(下記参照)

http://www.asyura2.com/14/senkyo167/msg/575.html


合憲違憲の最終判断は、最高裁。

その最高裁の判断からすれば、上記リンクの通り個別的自衛権も集団的自衛権も、自衛隊も、日米同盟も合憲となります。
  
  



15. 2016年6月13日 13:59:46 : dnmugLJQfo : pHYsHZAK1b0[5]
>14
 多摩散人です。

最高裁は嘘をついています。

 9条には「戦争の放棄」「戦力の不保持」が規定されています。その9条がある以上、個別的自衛戦争をする権利も、集団的自衛戦争をする権利も、自衛隊という戦力も、日米同盟という戦力も合憲であるはずがありません。

 9条を護るなら、9条を破りながら9条を護っていると嘘をつき続けるしかない。日本国民は全員、そのことを知っています。最高裁も日本国民の一部です。

 それを内心で理解した上なら、9条を護ろうと嘘の議論をすることは賛成です。

 武器輸出三原則を破るのも違憲、武器の製造、輸出も違憲、核兵器の保持も違憲、攻撃的武器の保持も利用も違憲です。今まで破ってきて、護憲派も破ることに賛成しているので、今後も破り続けることに何の問題もありません。


16. 2016年6月13日 14:20:57 : 42qwm05ffM : 13Qn0LKteG0[4]

アホウ。

おまえの理屈なら、すなわち自衛隊解散、完全非武装しかないんだよ。

お仲間工作員、不幸の道まで、おまえアホを放置しておけず、訂正に現れたじゃないか。

たとえおまえの言うように、今まで9条を国全体が曲解していたとしても、

だからって、自民党様やおまえの言うように自由に核武装や、海外派兵していい、という話にはならない。

そんなのは、論理の飛躍。

法律は憲法9条以外も、何でも破っていい、おまえを殺してもいいし、多摩川近辺で、勝手に東電が原発をつくってぶちこわしても、だれも文句言えない、とか、そういうばかげた話になるだけだよ。


17. 2016年6月13日 14:34:46 : dnmugLJQfo : pHYsHZAK1b0[6]
>16
 多摩散人です。

 あなたは護憲派ですか。

 あなたは自衛戦争は戦争ではないと言うんですか。

 あなたは専守防衛のための戦力は戦力ではないと言うんですか。


18. 2016年6月13日 14:47:37 : 42qwm05ffM : 13Qn0LKteG0[5]

個別自衛、すなわち日本領域内の侵略防衛に対しては、武力を使うのもやむをえない、という戦後ずっと認められてきた9条解釈が正しいんだよ。

バカウヨはその解釈のおかげで、ベトナム戦争も、湾岸戦争も、(小泉違憲派兵はあったが)イラク戦争も、アフガン戦争も、

アメリカの侵略戦争に日本が巻き込まれてこなかったことを、少しははありがたく思え。


19. 2016年6月13日 15:15:50 : dnmugLJQfo : pHYsHZAK1b0[7]
>18
 多摩散人です。

 やはりあなたも9条を破るのは当然だと思っているんですね。それなら私も同じ意見です。

>個別自衛、すなわち日本領域内の侵略防衛に対しては、武力を使うのもやむをえない、という戦後ずっと認められてきた9条解釈

 個別自衛は武力を使ってもよいというのは、やはり9条違反です。だって、9条には「戦争放棄」とは書いてあるが、「個別自衛の戦争はしてもよい」なんて書いてありませんよ。あなたみたいに9条を破って戦争をしてもよいと言うなら、私はそれに次善の策として一時的に賛成です。
 
 最善の策は9条を廃止することですがね。


20. 2016年6月13日 15:24:35 : 42qwm05ffM : 13Qn0LKteG0[6]

9条廃棄してないのに、廃棄したものとみなすことはできんだろ。

だったら、さっきも書いたように、どんな法律も破っていい、という話になる。

自民党ウヨの真相の道すら、「集団的自衛権」なる、意味不明な論理を持ち出して、中東辺りに派兵するのもOKだと必死なのに、

おまえはそれすら、簡単にスルーするか?

頭の悪いウヨ老人は、栃木のタケノコや、野生キノコ、房総沖の鮮魚でも食って、家で呆けておれ。


21. 2016年6月13日 15:35:23 : dnmugLJQfo : pHYsHZAK1b0[8]
>20
 多摩散人です。

>9条廃棄してないのに、廃棄したものとみなすことはできんだろ。

 だからあなた自身、9条を破っているのに、9条を護っていると強弁すれば言いと思っているんじゃないか。最高裁もへちまもない。あなた自身の考えはどうなんだ。

 なぜ9条の廃止を唱えないんだ。

 9条を守れと言うなら、一人の自衛官、一円の防衛費にも反対しなければ筋が通らない。9条には戦力は一円までならいい、とでも書いてあるんですか。戦力は保持しないと書いてあるんですよ。


22. 2016年6月13日 15:36:29 : c8f0Yvxre6 : Swqp0N78y@o[13]

あタマ惨人

日本自衛隊ははじめから、日本を占領した米軍の指導で作られ訓練された米従属軍です。
権力に盲目のアメポチあタマ惨人は、そんなことはどうでもいいことなのでしょうがネ。


23. 2016年6月13日 15:39:12 : 42qwm05ffM : 13Qn0LKteG0[7]

だからおまえが9条撤廃を叫べばいいだろ。

それこそ言論の自由だ。

俺は9条賛成、専守防衛の為の武力も賛成、矛盾も感じない。以上。


24. 2016年6月13日 15:53:46 : j9E1GKMSRQ : auGFQrqOVRA[99]
日本会議系=アベ系が押しつけ憲法反対と言っているのは理解できる。

でも、どうして、アメポチなのか教えて欲しい。

安保条約は当然破棄ですよね。

米軍を追い出すというなら、理解できるのですが。

原爆まで落とされて、どうして親米なのですか?


25. 2016年6月13日 16:11:47 : dnmugLJQfo : pHYsHZAK1b0[9]
>22
 多摩散人です。

>日本自衛隊ははじめから、日本を占領した米軍の指導で作られ訓練された米従属軍です。

 何が言いたいのかわからんが、9条には「戦力は保持しない」と書いてあって、「米従属軍なら保持してもよい」とは書いてないから、やはり憲法違反なのではないか。「米従属軍」なら戦力に当たらないから持ってもよいと言うなら、今の自衛隊を全部「米銃賊軍」と改名すれば、攻撃兵器も海兵隊も核も持てることになる。それならあなたも賛成するだろう。だってあなたは、上の引用のようなことを主張しているからだ。

 私は自衛隊を廃絶するくらいなら、9条を護っていると言いながら9条を破るのは次善の策として賛成だ。最善策は9条の廃止だが。


26. 2016年6月13日 16:25:40 : 42qwm05ffM : 13Qn0LKteG0[8]

で、そこまで武力にこだわる男が、

日本中にある原発、とりわけ、日本海で北朝鮮に面した原発(もんじゅとか)も大賛成なんだから笑わせる。

惨軽ばっかり読んでいると、こういうあタマ惨人になるんだろうな。


27. 2016年6月13日 16:37:42 : dnmugLJQfo : pHYsHZAK1b0[10]
>23
 多摩散人です。

>俺は9条賛成、専守防衛の為の武力も賛成、矛盾も感じない。

 えっ、何故? だって9条には「戦力は保持しない」と書いてあるんですよ。それなのに、専守防衛の為の武力は保持してもいいんですか。それで9条を守っているんですか。「矛盾も感じない」って、酔っていませんか。

 私は9条を護ると言いながら、実は9条を破って専守防衛の為の武力を保持するというなら、次善の策として一時的に賛成です。最善策は9条の廃止です。廃止しても永久に六条河原に磔(はりつけ)の刑にすべきだ。


28. 2016年6月13日 21:42:49 : esmsVHFkrM : Z3UQbl@PdwA[361]

右翼のみなさんの議論というのは、相手の議論を自分の都合よく(おバカな自分たちでも勝てるように自分たち並みに単純で幼稚に)曲解した上で、それに反論して見せて何か勝った気分になっているみたいですが、これってはたで見ていると大笑いですよね。自分でボケて自分でツッコむ一人漫才ですか。

ほら、南京虐殺説は30万人虐殺だが30万人殺されていないから南京虐殺はなかったとか、従軍慰安婦問題とは朝鮮での慰安婦強制徴用だが朝鮮での強制徴用の証拠が見つからないから従軍慰安婦問題は存在しないとか、やっているでしょう。でも、そんなものがまったく意味がないことはまともな人間の間では自明のこと。30万人じゃなくても299,999人だって、20万人だって、10万人だって、4万人だって、立派な虐殺だし、朝鮮で強制徴用の日本側の公文書が出なくても(なにしろ証拠隠滅のために公文書はみんな焼いちゃいましたからね)、インドネシア等で強制の証拠がたくさんあるし、そもそも従軍慰安婦問題とは日本政府と軍が兵営内で国営の売春宿を営んでいたという権力犯罪で、この点について疑問の余地がないのですから、従軍慰安婦問題における日本政府の責任は否定できません。

ここでも、憲法の平和主義や第9条の戦争放棄や戦力不保持を自分たちの都合がいいように曲解して、それの欠陥を指摘して(そりゃ、おバカな右翼が自分ででっち上げた「平和論」ですから誤りだらけですよ)議論しているつもりの低学歴ニート低脳右翼が出ていますが、そんなおバカな自分が勝手に作り上げた「馬鹿でも勝てる、なんちゃって平和論」なんか相手にシコシコしていないで、ほんものの平和論を相手に反論しなさいよ。まあ、もちろん右翼のみなさんが反論できればの話ですが。

私は長年の(中学1年以来です)非武装平和論者ですが、わたしの理解し主張するところの憲法の平和論は以下のとおりです。

私は、2000万人アジア人と370万人日本人の尊い命を犠牲にしたアジア太平洋戦争から得た日本人の教訓は、戦争はもう2度と嫌だ、もう2度と戦争はしない、ということであったと信じます。その貴重な教訓の結実が現在の平和憲法とその第9条です。

したがって、日本の国家としての安全保障は、外国が攻めて来たらどうするか(戦争が始まったらどうするか)ではなく、外国が攻めてこないようにするにはどうするか(戦争が起こらないようにするにはどうするか)から発想されなければならないと信じます。何故なら、攻めてこられたら必ずその侵略を受けた地域の住民とその侵略に対する自衛権の行使としての沿岸警備隊、防空航空隊、武装警察(自衛権行使の態様については後述)の多くの日本人は死ぬことになるのですから。日本国の安全保障とはあくまですべての日本国民の生命を守ることであり、それ故に外国が攻めてこないようにするにはどうするか(戦争が起こらないようにするにはどうするか)こそが原点であり終端点であるべきです。

日本の安全保障を外国が攻めてこないようにするにはどうするかから発想するならば、第一の防衛力は外交力です。優れた外交力によって周辺諸国との潜在的な紛争を予防的に平和的に解決していくことが重要です。このためには、優れた外交官を養成するために国際関係論、平和学に優れた高等教育機関を、東大の失敗の轍を踏むことなく、創立充実していくことが必要です。

さらに日本の平和外交は、自国の予防的防衛に限定されず、東アジア地域における安定と平和への貢献にも向けられなければなりません。地域における外交的リーダーシップを積極的にとることにより、東アジアをより安定した平和な地域へ導いて行くべきです。この努力の中には、政府レベルでの地域平和システムの創立等の外交努力と並んで、民間個人レベルでの東アジアの貧困の撲滅と教育福祉の向上への貢献が含まれなければなりません。かつての米国の「平和部隊」のような日本青年のアジアアフリカ貧困地域への派遣と、彼ら彼女らによる地域民生の向上と民間レベルにおける交流と友好が重要です。

さらに、これらの日本外交と民間援助友好を踏まえた「日本型平和主義」の東アジアおよび世界への拡散を図らなければなりません。戦争を起こさないためにはどうするかから始まる平和憲法とその第9条による「日本型平和主義」の上記のような実績を踏まえて、東アジアと世界の各国に向けて、軍備の縮小とさらには撤廃を呼びかけ、それを推進していくこと、これこそが本来の意味での「積極平和主義」であり、日本外交と民間援助交流友好の最終的な目標とされなければなりません。

また日本はその国連外交を刷新しなければなりません。日本はアメリカの追従者であることを止め、主体的に一層の財政的貢献を行い国連各種機関と関連するNGOへの人材供給を行うとともに、日本としてのリーダーシップを発揮するべきです。体裁のために常任理事国入りを目指すのでなく、非常任理事国でありながら常任理事国の専横に対して敢然と立ち上がり、その他多くの参加国をまとめそれの利益を守っていく、そんな非常任理事国の雄としての日本が目指されるべきです。

このようにして培われる世界における日本の[平和国家」としての威信と尊敬と信頼こそが、日本を外国からの侵略から守る強力な抑止力となるのです。

また、憲法は、戦争を行う武力としての戦力の保持を禁止しているだけで、日本の自衛権そのものを否定したものではありません(非武装中立論者のわたしはそう解釈します)。従って、日本がその領海と領土を保持しその国境を維持するために必要な限りの実力は戦力ではなく、依然としてそれを保持することが可能ですしまた保持すべきです。

具体的には、沿岸警備隊と防衛航空隊と武装警察です。これらは日本が他国を侵略するためのものでないことはもちろんですが、専守防衛というよりはさらにより実際的に日本の領海、領空、領土を保全する具体性のある実力でなければなりません。領海での侵犯や海賊行為を阻止し鎮圧する目的に適った船舶や航空機による沿岸警備隊(適切な火気を装備した大型の警備艇、警備艦とヘリコプター)、日本の領空を侵犯行為から守るのに適切な航空機による防衛航空隊(軽量で実際的な防空戦闘機と日本沿岸での攻撃能力に優れた実際的な攻撃機)、日本領土への侵犯やそこでの不法行為やテロ行為を鎮圧するための武装警察(重火器と武装車両祖装備した警察官)が適切に創立整備拡充されなければなりません。

現在の陸海空自衛隊は以上の目的にはまったく適っていないと言わざるを得ません。その創立の経緯から自衛隊は極東米軍の従属軍として編成されており、指揮命令系統から兵器、武装、運用、兵站に至るまで米軍の一部となっており米軍の承認がなければまったく動かせません(自衛隊の兵器システムはすべてアメリカ製ブラックボックスですからアメリカの意向に逆らうような運用に対して実際に兵器やシステムが動作するか大いに疑問です)。さらに、その装備を見れば、極東米軍の従属軍として編成されているからこそ当然のことながら、高価で過大な艦船や航空機を持ちながら、それらは実際的に日本の領海、領空、領土を保全するには、不適切で不十分です。また、そもそも、日本の領海、領空、領土を保全する実力を実際的に適切かつ効率的に行使するとはあくまで警察力であって、軍隊のような奴隷的賦役を必要とするような非民主的な組織を必要としません。

したがって、自衛隊は装備の刷新を含めて平和憲法における自衛権としての沿岸警備隊、防衛航空隊、武装警察へ転換されるべきです。

以上で、平和憲法かにおける日本の安全保障のイメージがお分かりいただけたと思いますが、これを踏まえて「アメリカとの関係をどう位置づけるのか」について以下に述べます。

わたしは、21世紀の世界状況は18,19世紀以来のヨーロッパ植民地化の清算の最終段階と認識します。これは植民地支配が終わった後もなお続いた欧米中心の世界システム(パクス・ブリタニアからパクス・アメリカーナ)が清算されアジアアフリカ諸国が本来のあり方、すなわちそれぞれの独立とそれぞれの地理的歴史的条件に適った地域システムの構築に向かう世界です。

これは東アジアにおいては中国の勃興という形ですでに現れています。中国の勃興は以下の2つの理由から最終的に米中対立へと向かう必然があります。

一つ目は、中国の勃興は東アジアにおけるヨーロッパ植民地化の最終的清算であるということです。旧植民地諸国のチャンピオンである中国は、必ずやヨーロッパ植民地化の最終的な継承者であるアメリカのパクス・アメリカーナへの挑戦に向かいます。

二つ目は、中国の勃興はマハンの地政学理論におけるはランド・パワーであり、これは必ず東アジアまで延長されたシー・パワーであるアメリカへの挑戦に向かうということです。したがって、現在の東アジアは、アメリカの制海権システムから中国の制海権システムへの転換期にあたっており、すべての混乱と紛争はこの文脈において起こるはずです。

アメリカはすでにこのような転換を予期しそれへ備え始めています。現時点においてアメリカはかつて朝鮮半島の17度線まで延びた絶対防衛圏をグアムまで引き戻す覚悟であるように思われます。駐韓米軍や駐フィリピン米軍のの撤退はこの動きの現れであり、沖縄海兵隊のグアム移駐は実際アメリカの本音であると思われます。

このような大状況の中で日本の国家戦略はどうあるべきかといえば、わたしは、マハンの言うところの「リム」(大陸周辺地域でランド・パワーとシー・パワーの争奪戦の対象となる)となる日本は、その地政学的価値を利用して中国と米国の間で巧妙に立ち回って実質的な独立と中立を実現するべきだと考えます。

短期的には、中国との友好を深めながらもアメリカに対してその地政学的価値を売りつけることで(対米従属から対米協調への転換)アメリカの勢力圏に留まり、長期的にはアメリカとの友好を残しつつ中国に対してその地政学的価値を売りつけること(決して対中従属とならない)で中国の勢力圏に入るということです。最終的に中国の勢力圏に入るのは、中国のアメリカに対する挑戦が最終的に東アジアにおける中国の勢力圏の復活に帰結すると考えられるからです(ヨーロッパ植民地化の最終的な清算は、それ以前の東アジアシステムである中国文明圏の復活に終わるはずです)。

このような米中の間での両天秤戦略は困難で実現不可能だと思われるかもしれませんが、二つのスーパー・パワーの間に存在する国家の外交とは本来的にそういうものであり、これは避けることができない地政学的現実です。現に一部ヨーロッパ諸国はこれを歴史的に繰り返してきたわけですから不可能では決してありません(フィンランドを御想起下さい)。

このような21世紀の東アジアにおける地域システムの転換とそれに対応する日本の両天秤戦略こそが、平和憲法と第9条の非武装平和主義を実際的なものとします。また、この非武装平和主義があって初めて日本の両天秤戦略は可能となります。非武装平和主義と両天秤戦略はいわば相互補完的であるのです。

さらに、日本はむしろその平和憲法による非武装平和主義によって、このような21世紀における東アジアシステムの転換を平和裏に進行終結させるための積極的な貢献を果たすべきです。アメリカの陣営にあっては中国との友好を維持進展させて両陣営の軍事的衝突を未然に防ぎ、中国の陣営にあってはアメリカとの友好を維持し中国をけん制する。このような中米の調停者としての役割は日本に最適であり、それを果たすこと自体が日本の安全保障を確実にし、ひいては東アジア地域の安定と世界平和へ貢献することになります。

このために日本は日本を巡る現在の混沌を清算して行く必要があります。日本の戦争責任をきちんと認めて東アジアにおける戦争被害に対して適切な保証を行うことで、アジアにおける日本の尊敬を回復し威信を高めること、日本の戦争犯罪を認知し戦前のファシズム体制復活を目指す勢力を清算してアジア各国や世界関係国の不信と疑惑を一掃すること、すべての隣国(特に中国と韓国)との関係を修復し友好を深めること、中国の勃興に対して同じ地政学的立場と課題を共有する韓国との間で協調と共同行動の可能性を探ること、等々が行われなければなりません。

これが、わたしが安倍自民党政権とその背後の官僚利権政府さらにそれを支持する右翼保守政治勢力を批判して、平和憲法を擁護しその憲法を実現することを主張する所以です。

以上、右翼のみなさんは反論できますか?

できるものなら、かかってこいよ、低学歴ニート低脳右翼。


29. 2016年6月13日 22:14:15 : AFERUBfCzw : A8m4j_3Zhe4[2]
>>27

おまえ、何度書いたら理解できのか? 福一のプルトニウムでも飲んで、頭をすっきりさせたほうがいいんじゃないか?

9条の記述と現実の自衛隊は矛盾している→ 完全非武装中立が正しい。

しかありえないんだよ。

まちがっても、おまえのように

9条の記述と現実の自衛隊は矛盾している→ だから何やってもいい、核戦争したって構わない。

なんて議論の進め方はない。

先公の言うことは矛盾だらけだ→ だから俺はタバコも吸うし、シンナーも吸う。

といった、不良上がりのおまえの、自己中な論理を持ち出すんじゃないよ。

9条と現実の自衛隊が矛盾してる、完全非武装が正しいと思うなら、今はほとんどないが、どっかの左翼団体を見つけて、そこで同志でも見つけろ。

おまえにとっちゃ、かえっていい薬だぞ。


30. FEMA入予定者[41] gmWCZIJsgmCT_JdckuiO0g 2016年6月13日 22:17:07 : LFFUX4pEFg : NRRcO2I9qsY[5]
九条を廃止したら、日本はどんなにか危険になることだろう。今まで、九条を盾に、戦争に参加することを拒否できたというのに。そんなに米軍の代わりになる兵を差し出したいのか?そうなることは目に見えているのに。そんなに、戦争屋にとって都合の良い国にしたいのか?そんなに戦争屋を儲けさせたいのか?戦争屋の望み通りに、戦争に参加していいのか?

31. 2016年6月14日 00:27:23 : NwkvDpbqZA : xIofcnaU2Wo[3]
>27 追加。
 多摩散人です。

>私は9条を護ると言いながら、実は9条を破って専守防衛の為の武力を保持するというなら、次善の策として一時的に賛成です。(27 多摩散人)

 誤解がないように追加するが、私は専守防衛の戦力を保持するのは賛成だが、それだけで十分だとは思っていません。専守防衛の戦力を保持するのは、非武装よりはましだが、侵略を撃退するには十分ではないと思っています。

 専守防衛とは、本土決戦のことではないでしょうか。では、沖縄や硫黄島の悲劇を繰り返してもいいのでしょうか。また、侵略者が自分の都合で日本の領土内から引き揚げて、国境の一メートル外側や自分の国の中で紅茶を飲んで一休みして、もう一度日本を侵略する準備をしているのに、侵略者の本拠を攻撃できないのでしょか。そんな戦略で戦争すれば、日本は絶対に侵略を撃退できません。やがては負けます。

 サッカーの試合で、日本は相手のゴールにシュートしてはいけないが、相手はこちらのゴールにシュートしてもいいという規則で試合するようなもの。例えば中国が日本を侵略したら、日本も中国を侵略して戦わなければ、必ず負ける。負けないような武力を持つためには、ものすごく高額な装備をする必要があるでしょう。

 基本的に、専守防衛という戦略は成り立たないんです。今、日本がその戦略をとれるのは、アメリカ軍が侵略国の本土をたたく役割をひきうけているからです。

 それから、9条には「戦力」を保持しないと書いてあるから、どんな武力を持っていても、「戦力」と呼ばなければいいという嘘をつく人がいるが、それは9条を破るということです。私はそういう9条破りは賛成ですが、それはあくまでも次善の策、最善策は9条の廃止です。


32. 2016年6月14日 00:43:16 : c8f0Yvxre6 : Swqp0N78y@o[14]

≫25あタマ惨人

「国防」のための日本の自衛軍について語るのであれば、
まずは占領軍を追い出してからにしろってこと、、、わかった?
防衛論議は
真に独立して一人前になった日本人の語ること、

今の日本、アメリカの反植民地、、、アメリカの半植民地国の哀れな民が「国防」を語る愚かしさ・・・と言ったのですが、、、理解できなかった?


34. 2016年6月14日 00:51:11 : NwkvDpbqZA : xIofcnaU2Wo[4]
>26
 多摩散人です。

>で、そこまで武力にこだわる男が、日本中にある原発、とりわけ、日本海で北朝鮮に面した原発(もんじゅとか)も大賛成なんだから笑わせる。

 原発をテロリストに狙われたら困るから、原発はやめようなんて考えている国が、世界に一つでもあるんでしょうか。あるなら、どこの国ですか。

 同性愛クラブをテロリストに狙われたら困るから、同性愛クラブはやめようなんて考えている国が、世界に一つでもあるんでしょうか。あるなら、どこの国ですか。

 玄関の鍵を強盗に狙われたら困るから、玄関の鍵はやめようなんて考えている家が、日本に一つでもあるんでしょうか。あるなら、どこの家ですか。


35. 2016年6月14日 00:56:25 : c8f0Yvxre6 : Swqp0N78y@o[15]
反植民地は誤字でした、
半植民地――ー事実上の従属国日本ということです。
自分の命欲しさに鬼畜米英に跪き許しを請うて沖縄、北方領土を米ソにくれて「象徴」の座に座った戦犯・昭和天皇を憲法に戴く・・・我らアメぽち臣民は哀れなり。

だから経済大国でも世界から尊敬されず、国連安保理の座に涎を垂らしても我ら日本は相手にされない、、、惨人そのもの。。。70年も沖縄を犠牲にして知らぬ天皇家。。。国土に無関心な亡国の君主である、、
在日アメリカ軍を追い出して後、「改憲」して戦犯売国の象徴天皇制も廃止して、必要な日本軍を作ればいいのです。


36. 2016年6月14日 04:23:43 : EPuhZ9KA7k : V7c2bSL4KaI[4]
>32
 多摩散人です。

>「国防」のための日本の自衛軍について語るのであれば、まずは占領軍を追い出してからにしろってこと、、、わかった?

 分からない。

1.まず占領軍を追い出してから.「国防」のための日本の自衛軍を作る。

2.まず「国防」のための日本の自衛軍を作ってから、占領軍を追い出す。

3.「国防」のための日本の自衛軍を作る政策と占領軍を追い出す政策を並行して進める。

 可能なら1.2.3.いづれでも良いが、常識的には3.が一番現実的でしょう。私はあなたとは本質的には同じ意見かも知れない。日本は自主防衛を目指すべきです。

 豊臣秀吉は、初めは日吉丸で、織田信長の草履取りだった。次は木下藤吉郎で、信長の忠実な家来だった。次は羽柴秀吉で、信長の腹心だった。次は豊臣秀吉で、関白だった。

 日本の独立も、実現させるためには順序を踏まなければならないんです。

>25 

 訂正 ×「米銃賊軍」⇒○「「米従属軍」


37. 罵愚[3679] lGyL8A 2016年6月14日 05:48:03 : xfblh00fSw : APxHgG8JHY4[43]
 "非武装・中立"スッポンポンの丸裸になれば、だれも誘惑しないと…冷戦期の売国左翼の論理だったが、さすがに今でもこれが通用すると考えてる日本人は少数派だと思う。あるいは、★阿修羅♪の古池には希少動物が生き残ってるのかもしれないが、それは貴重だからそう〜っと残しておくとして、議論は独立国の自衛権は当然のところからはじめる。
 国連憲章の個別的自衛権、集団的自衛権、集団安全保障の三本柱でつくる国際平和の仕組みは議論の前提となるだろう。それは独立国、主権国家、国連メンバーの権利としてだけではなく義務でもあるのかどうか、そこのところは後からの議論として残しておくとしても、この国連憲章と日米安保と日本の平和憲法の整合性についての議論が、このスレッドの主題だろうと思う。
 9条は、素直に読めば自衛権の全否定だな。集団安全保障、集団的自衛権はもちろん個別的自衛権も否定した"非武装・中立"スッポンポンの丸裸だとおもう。非現実的な子の憲法で国際社会を渡り歩いていくための涙ぐましい努力が戦後の日本の平和外交だった。

38. 2016年6月14日 07:49:21 : esmsVHFkrM : Z3UQbl@PdwA[362]

>>57、暗愚、

えっ、だれが憲法の平和主義を「"非武装・中立"スッポンポンの丸裸になれば、だれも誘惑しないと…」なんて言っているの? 

ほらほら、言われる端から、相手の議論を自分の都合のいいように(おバカな自分でも勝てるように単純に幼稚に)「曲解」している。

ほら議論の大前提からして自分の都合だ。「議論は独立国の自衛権は当然のところからはじめる」って、だれが「自衛権」そのものを否定しているかよ? だれか海上保安庁の設置に反対したか? われわれが名判決だと評価する砂川事件伊達判決を見ろよ。当時から誰だって「自衛権」そのものを否定しているわけではない。

あたりまえだ。「自衛権」とはあくまで自国を守る権利であって、その権利の態様は、武力行使に限られるわけではなく、外交活動、経済活動、対外援助、教育援助、文化交流、民間交流等々のあらゆる手段の行使を言う。憲法はそのうちの「戦力」、即ち「自衛のための実力を超える、戦争を遂行するための武力」、の禁止を規定しているだけだ。歴代自民党政府と内閣法制局も、それを前提に、今まで(安倍の違憲戦争法以前はな)、「自衛隊は、規模編成とも自衛のための実力を超えるものでないから「戦力」にあたらない」として「だから、「日本軍」ではなくて「自衛隊」だと説明してきたじゃないか。われわれ平和民主主義者だって、「自衛権」そのものを否定してきたわけではなく、政府や内閣法制局の説明とはうらはらに、「自衛隊の実態が、規模編成ともに「自衛のための実力」を超えている(米国の極東支配の従属軍として編成されているからな)から「戦力」で憲法違反だ」と批判してきたんだ。

だから、「自衛権」が、即「戦力」(即ち「自衛のための実力を超える、戦争を遂行するための武力」)を意味するものではないことは自明だ。それなのに、「自衛権」とは即「戦力」だとすり替えてて、「ほらほら、国家に「自衛権」がないのはおかしいでしょう、「スッポンポンの丸裸」でしょう、だから「戦力」を持たなくちゃ」とペテンにかけようとするのが右翼保守の常套手段だ。いつまでそんなインチキをやってるんだよ。

憲法の平和主義と非武装中立論の実際は>>28にある通りだ。

「自衛権」の行使を論じている。「戦力」に至らない「実力」のあり方について論じている。21世紀世界の展開と東アジアにおける地政学的環境を論じている。その中における日本の独立と平和、さらに日本がなし得る東アジア平和と世界平和への貢献について論じている。なにより、「国を守る」とは、金や権力や特権のある人間だけの命や彼らの利権を守ることではなく、金も権力も特権もない普通の人間(平民だ)の命と幸福を実現し守ることだと論じている。だから、「戦争が起こったらどうするか?」ではなく「戦争を起こさないようにするにはどうするか?」こそが日本の安全保障だと主張している。

戦争で守られるのは「平民」の命や幸福ではない。戦争で「平民」の命を犠牲に守られるのは、金や権力や特権をもつ一部の人間(1%)の利権だ。それが日本人が血をあがなって学んだアジア太平洋戦争の教訓だ。誰も否定することはできない。

君も否定できないじゃないか、暗愚。君が君の都合で作り上げた「なんちゃって平和主義」相手には勝てても(自分で作っているんだから当然だが、見ていてハラハラするぞ)、>>28のような本当の平和主義には歯が立たない。だから、「あるいは、★阿修羅♪の古池には希少動物が生き残ってるのかもしれないが、それは貴重だからそう〜っと残しておくとして」なんて言い訳して逃げるばかりだ。

そんなに、金や地位や権力や特権のある人間が好きか? そいつらの利権維持のための売国にそんなに奉仕したいか? そんなに平民が自分と自分の家族の生命と幸福を守ろうとするのが気にくわないか?

恥を知れ。

反論できるものなら、逃げてばかりいないで、かかって来いよ、売国右翼。


39. 2016年6月14日 07:52:51 : esmsVHFkrM : Z3UQbl@PdwA[363]

>>38ですが、

冒頭「>>57、暗愚、」とあるのは、当然「>>37、暗愚、」の間違いです。自明とは思いますが、レスなので訂正しておきます。

不注意陳謝します。


40. FEMA入予定者[42] gmWCZIJsgmCT_JdckuiO0g 2016年6月14日 08:32:50 : LFFUX4pEFg : NRRcO2I9qsY[6]
2ch アメリカ(グローバル)バブル経済崩壊スレ416

41. 2016年6月14日 09:05:27 : YpzqPgMJo6 : r6GXQsZE@e0[1]
>>34

原発がある外国は、安倍政権のように、近隣国に対しけんか腰か?

日本のように国土が狭いか?

おまえが武装にこだわるのは、もちろん中国・北朝鮮が念頭にあるわけだろう?

隣の国が、特に北朝鮮が「ならず者国」なら、原発なんか、あちこち、うかうか稼働させるわけにはいかないだろ?

少し前も、北は潜水艦からミサイル発射する実験をしていた。

幸い失敗したようだが、時間がたてば、精度も飛距離も上がるだろう。

「もんじゅ」なんて、北の潜水艦が狙う目標としておあつらえ向きとしか言いようがないんじゃないか?

どうして原発に関してだけ、安倍とバカウヨはそんなに楽観的なのか?

この間も、尖閣付近を、ロシアと中国の軍艦が同じコースを航行したのに、

安倍政権とNHKなどマスコミは、中国だけ取り上げ、中国にだけ抗議したらしいが、

どうしてバカウヨは二重基準がそんなに好きなのか?そこまでして中国にけんか腰で、どうして原発を平気に50基近くも置いておけるな?

あそこは有人宇宙飛行までやってのける国で、ミサイル精度も高いぜ。

浜岡原発とか、ピンポイントで爆破するだろう。

たとえ日本が核武装しても、中国と戦争したら、滅びるのは日本が先だ。国土の広さが違いすぎる。まして、北京付近に原発があるか?

近隣国が怖いので、もっと武力を高めましょう、というのと、

あちこち狭い所にたくさん原発を作りましょう、というのは、どう考えても矛盾してるぜ。

いつも言うが、バカウヨは、矛盾や、二重基準ばっかりだから、クズなのだ。


42. 2016年6月14日 12:12:42 : LZ9eQcCQzs : 497itcZ1ArI[1]
>41
 多摩散人です。

>原発がある外国は、安倍政権のように、近隣国に対しけんか腰か?

 面倒だから詳しく調べてはいないが、アメリカとEU諸国は「近隣国に対してけんか腰」どころか、中東に軍隊を送って実際に戦争をしている国が多いと思うが。現にアメリカ・フランス・ベルギーなどは、最近イスラムのテロの被害を受けて大勢の死者を出しているし、原発が標的だったが、警戒が厳しいので実際には別のところが標的になったという情報もある。

>日本のように国土が狭いか?

 アメリカとロシア以外は日本とだいたい同じ大きさ。また、ベルギーやオランダなんて、日本よりはるかに小さい。また、アメリカやロシアみたいに大きな国だからと言って、原発を破壊されても平気だということはないだろう。チェルノブイリとスリーマイルはロシアとアメリカだった。

 それから、この41のコメントは、私の34の質問に答えないで、話を逸らせている。もう一度34を繰り返そう。

>原発をテロリストに狙われたら困るから、原発はやめようなんて考えている国が、世界に一つでもあるんでしょうか。あるなら、どこの国ですか。(34)

 私は原発はテロリストに狙われても安全だなんて言っていない。原発はテロリストに狙われるから危険だ。だから、テロと戦わなければならない。原発を止めればその国がテロに狙われなくなるわけではない。同性愛クラブやカジノや、とにかく人がたくさん集まるところが狙われるだろう。

 とにかく、まず、34の質問に答えてほしい。


43. 2016年6月14日 12:41:05 : YpzqPgMJo6 : r6GXQsZE@e0[3]
>>42

在野のテロも危険だが、

北朝鮮と比べて、武力において、とても比較できんだろ?

あそこは、日本海を飛び越えるミサイルだけで何百発も持っている。

さらには潜水艦や、爆撃機だってある。

テロ組織でそんなもの持ってるところがあるか?

もちろん、訓練されたスパイや工作員はいくらでもいる。

実際、イスラエルは周囲を敵に囲まれてるから、大規模な原発は一基も持っていない。

それから、おまえらウヨがことさら、北と中国が襲ってくるぞ、国防だ、自衛隊増強だ、と強調するから、

それは、おまえらの原発大推進とあまりに矛盾してるぜ、という話を今している。

もちろん、俺は地震が多い、という理由だけで、日本における原発の大半はなくすべきだと思うが、

仮に、地震、北朝鮮というファクターがなかったら、原発も、百年ぐらいかけて少しずつ減らしていく、という条件なら、賛成してもいいと思う。

しかし、現実には、とても賛成できないね。

「集団的自衛権」とか、9条撤廃より、原発廃棄の方が、はるかに国防にとって有効だ。

一方、おまえらのように、方や外国の脅威を煽り、方や原発大推進というのは、笑い話以外にありえない。


44. 罵愚[3683] lGyL8A 2016年6月15日 05:42:26 : xfblh00fSw : APxHgG8JHY4[47]
>>38
 9条の条文から自衛権を引き出した砂川判決そのものが解釈改憲だよ。いまさら安保法制の憲法解釈を批判するのがおかしい。

45. 2016年6月15日 14:42:49 : MBibxEo7is : B4sEiVgWtZ0[1]
>44
 多摩散人です。

 その通り。解釈改憲は、66年前に、「九条の手前、軍隊とは呼べないから警察と呼びたい」と言って警察予備隊を作った時以来、ずっと行われてきました。解釈改憲とは、9条を破りながら9条を護っていると嘘をつくことです。日本が9条を破っているなんてことは、全ての日本人が心の中で認めていることです。

 9条には「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。」と書いてある。だから軍隊を持ちながらそれを「警察」とか「自衛隊」とかのの名で呼ぶと言う形で9条を護り、実は9条を破るという政策は、私は次善の策として大賛成です。

 安保法制の制定も9条破りで、大賛成。護憲派は今は反対しているが、また新しい軍事化の問題が起きると、「今度こそ9条を守れ」と言って今までの反対は口を拭ってしまいます。これなら、改憲派と護憲派が手をつなぎ合って日本を軍事化できる。最善の策は9条の廃止ですが、これは永遠に延期してもよい。大事なことは実質的に9条を破ることだからです。 


46. 罵愚[3691] lGyL8A 2016年6月16日 06:10:31 : xfblh00fSw : APxHgG8JHY4[55]
>>45. 多摩散人さん
 左翼だって、はじめはまじめに平和憲法を守ろうとしていた。アメリカさんが守ってくれれば、9条平和にくるまって安眠できると信じていた。ひとつには、かれらの良心に悪魔のような自虐史観が入り込んできた。左翼史観と呼び変えてもいい。それは憲法の裏側にも張りついていたから、避けようがなかった。
 ふたつめにはアメリカの限界があった。最後の最後には、アメリカは日本を裏切って、逃げ出すかもしれないという不安だな。その不安を解消してくれるのは別のパトロンにすがるのか、自活するしかない。
 別のパトロンを選択すれば護憲をつらぬける。そんな不人情はできないと自活するなら改憲だな。護憲と改憲の分別法だ。護憲で自活の道は、残念ながらない。国連憲章は、それを提唱しているが、実現不可能なカラ証文だ。★阿修羅♪のゆでガエルたちは、それを握りしめている。

47. 2016年6月16日 08:01:41 : Y3bHJ6Mh2M : aV92jCWrQSE[4]
 多摩散人です。

 9条は自衛戦争は認めていると大嘘をついている連中がいる。最高裁や内閣法制局や自民党の政治家はまだ救いがある。なぜなら、彼らは自分たちが嘘をついていることを自覚しているからだ。共産党も幹部は自分が嘘をついているという自覚のある人が多いが、大多数の党員はその幹部に騙されている。

 非武装中立論者や平和主義者や社民党はまったく救いがない。自分は中学生の時から非武装中立論者だなんて威張っている病膏肓おとこがいるが、中学生の時は浅はかに本当に非武装を信じていたのは仕方ないよ。なぜなら、中学生だったからだ。ところがその後、非武装主義ではなく武装主義に転向しているのだが、自分でそれに気づかない。戦力は保持しないが、警察や海上保安庁に武器を持たせて、それを戦力と呼ばなければ9条を守ったことになるなんて、支離滅裂だ。

 こういう人は、あの大学に入るのに浪人しなければ入れなかったくせに、却ってそれを自慢にして、論争相手は「無学歴」だか「低学歴」だか忘れたが、勝手に思い込んで決めつけているから始末に負えない。

 そういう人との論争だけは御免こうむる。 


48. 2016年6月18日 20:56:04 : 2mcVb8r0ZM : FYgDai9IDHg[1]

>>38ですが、

ただ今約1ヶ月の長期旅行中で、暇を見て旅先のホテルから書いています。したがってIDが違います。

>>44>>45>>46>>47と読みましたが、結局私が>>38で言った通りでしょ。

「相手の議論を自分の都合のいいように(おバカな自分でも勝てるように単純に幼稚に)「曲解」するのに必死だ。憲法には「自衛権」ではなく「戦力」の不保持だと、明白に規定してあるのに、それは「都合が悪い」ので無視して、無理やり「自衛権」とは「戦力」だとすり替えて、「ほらほら、国家に「自衛権」がないのはおかしいでしょう、「スッポンポンの丸裸」でしょう、だから「戦力」を持たなくちゃ」」とのペテンを繰り返そうとしている。

そのためには、1960年代以来の変わらぬ非武装中立論者であるわたしは、「自衛権否認」のはずが「自衛権容認」に転じた「解釈会見論者」だそうだ(大笑い)。わたしは、1959年の伊達判決(わたしが小学生に上がる以前だ)も読んだ上で中学1年生の時に非武装中立論者になったが、だったらいつ「自衛権否認」から「自衛権容認」に転じたと言うんだよ。「伊達判決以前のお前が幼児だったころにお前は「自衛権否認」だったはずだ」かよ? 

そうまで相手を「自分の都合」に合わせなければ成り立たない平和主義批判なんて所詮インチキでペテンだって。

現に、結局わたしの>>28にはまったく反論できない。もっともらしい言い訳ばかりで、中身のある議論など何もない。これが日本の右翼保守のレベルだって。頭の中がお花畑どころかぺんぺん草も生えない不毛の荒野が日本の右翼保守だ。

だから、「国を守る」なんて偉そうに言いながら、「日米地位協定は悪くない」、「米軍の不逮捕特権は守るべきだ」、「原発は必要だ」、「原発攻撃は想定しない」なんて、アメリカと原子力ムラの犬になって恥じないわけだ。だからこいつらの「愛国」や「国を守る」は「アメリカを守る」、「原子力ムラを守る」、「日本に支配体制である自民党=利権官僚政府を守る」であって、決して日本と日本人を守ることではない。だから右翼は売国だと言われるんだ。

こいつら売国右翼の言う通りにしていたら、アジア太平洋戦争の時とまったく同じで、天皇、高級官僚、高級軍人、保守政治家、金持ちのような特権階級は生き残ったのに、平民はみんな死んだということになるぞ。戦争は、平民が駆り出されてやらされるんだから、戦争で平民は守れない。特権階級が平民を殺して生き残るだけだ。

以上。

暗愚や多摩散人は嘘ばっかりの売国右翼だ。

売国右翼は恥を知れ。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK207掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK207掲示板  
次へ