★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK209 > 369.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
改憲勢力3分2超に、それでも大健闘だった民進党 見通しを誤った共産党、野党共闘の行方は?(JBpress) 
http://www.asyura2.com/16/senkyo209/msg/369.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 7 月 12 日 01:26:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

改憲勢力3分2超に、それでも大健闘だった民進党 見通しを誤った共産党、野党共闘の行方は?
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/47329
2016.7.11  筆坂 秀世 JBpress


 今回の参院選挙の見どころは2つだったと思う。1つは、改憲勢力が衆議院に続いて参議院でも、憲法改正発議が可能となる3分の2以上確保できるか否か、ということ。もう1つが、4野党の統一候補がどれだけの戦績を収められるか、ということだった。

■「3分の2」問題争点化の効果は?

 民進党の岡田代表は、改憲派に3分の2以上の議席を獲得させないことを選挙の大きな争点として押し出していた。これに対して、安倍首相は、あくまでもアベノミクスの推進を前面に押し出し、岡田代表ら野党の憲法争点化を無視する作戦を展開した。

 開票日の記者会見で岡田代表が、「憲法の争点を隠すなど(与党は)逃げて逃げて戦いになっていなかった」と述べたが、そうだったのだろうか。

 確かに、この問題で与野党が激突するような論戦はなされなかった。だが朝日新聞の出口調査によれば、投票に当たってもっとも重視した政策課題は、1位が「景気・雇用」の28%、2位が「社会保障」の15%、3位が「憲法」の14%となっている。4位の「子育て支援」の13%よりも「憲法」が上回っているのである。新聞各紙も「3分の2」問題を積極的に報道していた。改憲がここまで選挙の焦点になったことは過去にはなかった。

 その意味では、野党側の作戦は、ある程度は功を奏していたのである。

 朝日新聞の出口調査によれば、1人区で公明党支持層の24%が野党統一候補に投票している。憲法改正とも関わって、自民党議員を増やすことへの抵抗感があったのではないだろうか。民進党が3年前より前進できた背景に、この作戦が貢献していたのかも知れないということだ。

 共産党の志位委員長は、「国会の結果で改憲に信任状が与えられたとは言えない」と語っているが、これはまったく無意味な発言だ。少なくとも野党は、「3分の2」問題を争点化した。その結果、改憲派が3分の2以上を参院でも確保することになった。これは厳然たる事実だ。だが、憲法をどう変えるかは、そもそもまったく別の問題である。

 安倍首相自身が「この選挙で改憲の是非が問われていたものではない」と述べるとともに、「(憲法改正の国会発議に向けて)しっかりと橋はかかったんだろう。私の(自民党総裁)任期はあと2年だが、憲法改正は自民党としての目標だから落ち着いて取り組みたい」と語っている。

 首相が言うように、今度の選挙結果は、「信任状」とか何とかではなく、国会が憲法改正を発議する条件ができたということなのだ。どう改正するかは、まったく次元の違う話なのである。

■野党統一候補は大成功だった

 産経新聞(7月11日付)は、18面で「消沈 共闘空回り」という大見出しを掲げている。だが、これはいくらなんでも無理筋の見出しだ。

 3年前の参院選では、31ある1人区で自民党の29勝2敗という完勝だった。だが今回は32ある1人区の勝敗は、自民党の21勝11敗だった。互角には程遠いが、3年前に比べれば大きく押し返したことは間違いない。

 自民党や公明党からは、民進党と共産党が組むことに対して「野合」などの批判が行われた。特に、藤野前政策委員長の「(防衛予算は)人殺しの予算」発言以降は、特に民共共闘への批判が強められた。

 この討論会では、民進党の山尾志桜里政調会長が藤野発言を批判しなかったことも批判された。ちなみに、その時の映像を見ていると自民党の稲田朋美政審会長も他の人の発言とかぶさるように、笑いながら小さな声で「国を守るための予算ですから」と述べただけで、とても厳しい批判などと言えるものではなかった。私の感想は、正直に言えば「なんというトロさだ」というものだった。

 それでも1人区で9議席も増やしたのだから、客観的に見て大健闘というべきだろう。参院選は、政権選択選挙ではない。したがって、弱小野党同士がいくつかの違いを残しても選挙協力をするというのは、あり得ることである。したがって、与党側の「野合」という批判は成功しないだろうということを私は指摘してきた。選挙結果は、この指摘通りであったと思う。

 またぞろ民主党内では、改選議席を大きく割ったことから岡田代表の責任を問う声があがっているという。6年前というのは、民主党が政権政党だった時代である。その時の獲得議席と比較するなどというのは、ナンセンスとしか言いようがない。比較すべきは、3年前の選挙である。3年前に民主党の比例での獲得票は、713万票だった。それが今回は民進党として、400万増の1175万票獲得した。議席も7議席から11議席に躍進した。少なくとも低落傾向を食い止め、上昇への大きなきっかけをつかんだということだ。

 結論から言えば、民進党は想定された以上に健闘したというべきだろう。

■衆院選に向け野党共同の中身が問われる

 野党共闘は、共産党が「安保法制(戦争法)廃止の一点での共同」を呼びかけ、それが契機となって実現していった。私は、「安保法制廃止」をメインスローガンにすると選挙は失敗するということを再三にわたって指摘してきた。

 実際、出口調査では「外交・安全保障」が選択肢になったという回答は8%に過ぎなかった。北朝鮮のミサイル発射や中国の軍事行動を見れば、日米の軍事協力が必要だということを日々実感しているからである。

 民進党も、共産党も、今度の選挙協力について、ある程度の手ごたえはつかんだはずである。小沢一郎氏らも、もっと協力を強めなければならないと強調している。それだけに、これからは衆院選での協力体制の構築が課題となってくる。

 その際、重要なことは「安保法制」だけではなく、基本的な経済政策、税・財政政策、社会保障対策などで政策的合意を積み上げていく努力であろう。なぜなら衆院選は、政権選択選挙になるからだ。

 民進党内には、共産党との選挙協力に懐疑的な勢力も依然として存在するが、だが自公と単独で戦って勝利することは、いまの力関係では不可能だ。

 共産党が過去の小選挙区で当選者を出したのは、1996年総選挙で京都3区と高知1区でそれぞれ1回当選したのと、2014年総選挙で沖縄1区において当選した3度しかない。小選挙区では、ほとんど負け続けてきたのだ。それだけに候補者を降ろすことにそれほどの抵抗感はないはずである。

 少なくとも共産党からは、民進党に対して積極的な選挙協力の呼びかけがあるだろう。これに民進党がどう対応するか、今後の注目点の1つである。

■共産党が伸び悩んだわけは

 共産党が6議席しか獲得できなかったというのは、私の想定外であった。私は、最低でも改選議席3の3倍の9議席は獲得するだろうと見ていた。3年前には8議席獲得していたからである。「国民連合政府」構想の呼びかけも共産党に有利に働くと見ていた。

 なぜ見通しを誤ったか。先にも述べたように、「戦争法廃止」というスローガンは票にはつながらないと見てきていたが、昇り調子の政党としての勢いがあると判断していたからだ。だが、それほどの勢いはなかった。そこには、いくつかの要因があると思う。

 藤野前政策委員長の「人殺し予算」発言は、確かに勢いを止めるには十分は暴言であった。だがそれだけではなかったはずだ。党の高齢化や活動力の低下も大きな要因の1つであろう。

 また選挙情勢への甘い見方もあったのではないか。なにしろ比例代表に42人もの候補者を立てたのである。比例代表の定員は48人である。定員とほぼ同じ数の候補者を立候補させたのである。“狂気の沙汰”としか思えない。同党の比例での当選目標は9議席だったが、5議席にとどまった。その結果、供託金を1億9200万円も没収されることになった。

 共産党は、選挙の度に選挙募金、供託金募金を党員や支持者に訴えている。この貴重な金を無謀な候補者数によってみすみす無駄にする、これには今後党内から批判の声があがるのではないだろうか。

■もう不破さんの応援は止めた方が良い

 今回の選挙でも、御年86歳の不破哲三前中央委員会議長が、何カ所かで街頭演説を行った。共産党の議席が減り続けている時には、出てこなかったのが、ここ2回ぐらい勝ちそうになると出てくるようになった。現金なものである。

 この不破氏が、7月8日、埼玉県の浦和で街頭演説を行い、9日付の「赤旗」によると、次のように述べたと言うのである。

「安倍首相が、サミットで来日した各国首脳を、戦前、『八紘(はっこう)一宇』=神国日本が世界を支配するなどの思想を国民に植えつけ戦争に動員した国家神道の総本山だった伊勢神宮に案内し、実質的な集団参拝をさせたことに言及。『これは日本の政府代表の行動ではなく、ウルトラ右翼“日本会議”の代表としての行動だ』と批判」。

 不破氏は、この演説を三重県の伊勢市で行うことができるのだろうか。伊勢市民の総スカンを食うことだろう。確かに、戦時中、軍部に利用されたこともあっただろう。それによって伊勢神宮をすべて否定するとしたら、これは藤野発言に勝るとも劣らない暴言である。

 サミットに訪れた首脳は、それぞれ記帳をしている。アメリカのオバマ大統領は、「幾世にもわたり、癒しと安寧をもたらしてきた神聖なこの地を訪れることができ、非常に光栄に思います。世界中の人々が平和に、理解しあって共生できるようお祈りいたします」と記帳している。他国の首脳もほぼ同様の趣旨の記帳をしている。不破氏は、これをも批判しているのだ。

 かつて不破氏は、高齢になった宮本顕治氏に対して、「知的後退がみられる」と述べたことがある。不破氏はどうなのだろうか、と思ってしまう。いくら共産党全体が高齢化したといっても、もう隠居してもらってもよいのではないか。余計なお世話であろうが。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年7月12日 01:51:40 : oEcwWuvmfI : CFVfQfd4Rio[19]
岡田代表が失脚させられない様に、個人で出来ることをしましょう。
憲法改悪を防ぐ為に!

2. 2016年7月12日 02:48:45 : 46au376vfM : ZYM7DDGC_rw[738]
余計な話です。

日本憲法を忠実に守っているは、自民党より共産党でないか!

なら、国民は、共産党に高評価を与えるべきでないのか?

自民党という国民の下僕は、傲慢になりすぎている。

憲法に通じつな国会議員が、憲法を改悪しようとしている。

そんな権利を、政治家に与えてはいません。”憲法に忠実たれ!”

自民党に、鉄拳を下す時が、近い将来来るでしょう。

これは、自民党の反省次第です。

国民の下僕という考えが失われ、傲慢になりすぎている。


3. 2016年7月12日 04:44:04 : hkH2oFZHns : sdLX7N4clbA[297]
まず、民進党の連中
今の枝豚野豚口先前原らに
国民生活向上の本気を感じない
何か疫人のための自民補完勢力に
あえて甘んじて議員特権の確保したい本音が
ミエミエであると
国民は本能で感じている
そして共産党
だいぶ現実的に民主主義を守る行動はした。
しかし、彼らはいまだ
科学的社会主義の絶対信仰から
覚醒していない
もともとは博愛主義による社会の実現を
夢見て理屈をつけたのが共産主義だ
(科学的思考)の結論が共産主義なわけだ
共産党は左右という二極発想から脱却しなければ
結局安倍らゲスウヨの鏡のうように見られる
つまりどっちでも同じと思われるのだ
今、あのバカ総理が夢みる
国対国の正規軍同士の戦争がありえないことは
あのブッシュですら演説しではないか
そしてブッシュあえて確信犯で
力による抑え込みをして失敗したのが
今のテロの拡散だ
ポッポが目指した全方位外交だ
アメリカはもとより中国北朝鮮とも友好する
ゲスなアベと違って
9条の理念の実現のために
あらゆる国との信頼関係の構築により
我が国の平和と安全を確保すると
言えばいいのだ
ゲスなアベのようにアメリカのように
君らの回りに
こぶしを振り上げながら
仲良くしようというやつがいるなら
君らは警戒しないか?
そして、いま国際社会で正当防衛と認知されるには
先に撃たれる覚悟いるのだ
テロが主戦場になる時代では
アメリカの力による安全は実現されない

4. 2016年7月12日 07:52:36 : GvOAIJM3mE : iTZbn7mkfEk[1]
この筆坂は、なかなか現実的ないい文章じゃないか?

共産党は、そろそろ、きれい事ばかり並べる政党からは脱却すべきだ。

共産主義ないし、社会民主主義と、非武装中立論は本来関係ない。

「人を殺す予算」というのは、従来左翼の、凝り固まった頭の表出だ。

欧州の政権をとれる左派政党の、現実的な面を参考にすること。


5. 2016年7月12日 08:07:57 : DeH0BnLNPs : N@38xLEaEPE[6]
共産党には頑張って欲しい。
国民の力を結集させて自公政権を倒すためにも
必要不可欠な要の政党だと思う。

でもね・・・正しいことは言ってるし
いつも努力してることは認めるが、
そうは言っても、なんて言うか、
心に響くような感じ、
必死さ、が無いんだなあ・・・

最近ニュースになってないが
生活保護を受けようとした老人が自殺したり
派遣労働の中年男性が自殺したり
そういうのがいまだに減ってない。
自民党がマスコミ統制してるから
ニュースにもならんのだが。

ちなみにうちの田舎は共産党議員は一人いるが
演説を見たことも聞いたこともないなあ。

もっと「死に物狂い」で頑張れよ。


6. 2016年7月12日 09:04:24 : SKLssvmpSU : bqq1LCfyCG0[207]
>比例代表の定員は48人である。定員とほぼ同じ数の候補者を立候補させたのである。“狂気の沙汰”としか思えない。同党の比例での当選目標は9議席だったが、5議席にとどまった。その結果、供託金を1億9200万円も没収されることになった。 共産党は、選挙の度に選挙募金、供託金募金を党員や支持者に訴えている。

野党共闘で進めたのであるから、地域別の代表者を比例代表に並べることも、検討しなおしてしかるべきであったろう。当事者間でくじ引きして数名にして十分だ。


7. 2016年7月12日 10:51:01 : Q8ccK8e33w : Hfo3R5VixsQ[17]
御用メディアのJPプレスで御用評論家になった筆坂が御用文を書いている。

本質をはぐらかす文章、何とかして野党共闘に転じた共産党を攻撃したい、したい意図の文章である。


8. 2016年7月12日 11:40:10 : FfPyRJoXjc : odu0VjFLD6Y[2]
本文>「また選挙情勢への甘い見方もあったのではないか。なにしろ比例代表に42人もの候補者を立てたのである」


                       「大河の流れは止められない」

 
  筆坂が嬉しそうに書いちょるが、確かに今回の共産は残念なとこが多い。奥田さんなんかあと数百票だったし、埼玉地方区伊藤岳さんも、期間中のフイーバーからは、票の伸び悩みが理解できない。確かに風は共産に吹いていたが、それも相当な風だったが、選挙の弁証法・政治の弁証法からは、風が直ぐ票につながるわけでもねえだろう。風は、取り敢えず地を肥やし、大地の肥料となって、やがて花や果実となるのを待つつうことか。風を読み間違えたつうことより、滔々たる大河は流れだしたんだ、時たま逆流しよるような小渦が今回のようにあるが、大河は止められねえよ。


9. 2016年7月12日 13:43:01 : IGNoLKTk72 : AnJEBJFI91Y[251]
>>2

>日本憲法を忠実に守っているは、自民党より共産党でないか!

自衛隊を憲法違反と言いながら、政権とったらとりあえず存族って言ってるんだから
どっちも変わらないよ。自民も共産も憲法なんてどうでもよくて国民の顔色見ながら
やれる範囲はどこだろうと手探りしてるだけ。

不破さんの演説に関しては年とると滑舌も悪くなって言ってることも聞き取りにくくなるからね。
演説となると甘くみても70前半まででしょう。80代ともなると、、立場的に周りの人は
止められなくなっちゃうのかな。


10. 2016年7月12日 13:43:43 : tHIVKuZsdo : _YgkBQOb_8U[1097]
共産党が伸び悩んだ?
そんな事はなかろ。
共闘を呼びかけた以上減るのはそもそも織り込み済みだ。
「彼処は放って置いても一定の得票は固い」の判断から
壊滅の危機に在る党やピンチの他党候補に票を回した者は多かろう。
見事な阿吽の呼吸の結果だと思ったもんだ。
御蔭で太郎君処は息を繋いだ。瑞穂さんトコが手薄になったのは悲しいものだが其れでも本人生き残れたのは喜ばしい
(まああの人なら放って置いても強かに振る舞うだろうし骨拾いに手を差し伸べる勢力も在ろう。心配はしてない)。
他にも色々在ろう。
確かに代々木自身は伸び悩んだ。数字は其れを表すものだ。が、
共産党支持者は確実に伸びたろう。
連合の一部が手を引いた(歓迎!)中で、
せいぜい11人程度暗殺すれば(すんなよ(笑))発議阻止可能な程度迄議席確保可能たらしめたのは
そう云った表の数字の裏に在って果敢にゲリラ戦を挑んだ本来ならば共産党への投票行動を行って居た筈の者等だと考えれば、
其の数は其れこそ計り知れない物だ。
代々木は減らしたに見せて、実はそうやって全体を増やしている。
自党獲得議席数とシンパの実数を比例させない事は、結果などわかった上での共闘呼びかけの最初から折込済なのだ。
故に、 だからますます評価する。
何と言う英断だっただろう。あの代々木の歴史からすれば、発起から顛末迄此等全てが前代未聞だったのだ。

思う。
然も此れは序章に過ぎない


11. 2016年7月12日 15:19:39 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-9274]
2016年7月12日(火)
主張
参院選開票結果
市民と野党 共同の力発揮した

 参院選が投開票され、日本共産党は比例代表で601万票余を得て5議席を獲得、選挙区でも東京選挙区で当選するなど各地で得票を伸ばしました。日本共産党、民進党など野党4党が協力した全国32の1人区でも、11選挙区で野党統一候補が勝利しました。ご支援いただいた方、猛暑や豪雨のなかもご奮闘された方々に、心からお礼申し上げます。安倍晋三政権による経済と暮らしの破壊や改憲策動がいよいよ重大化します。安倍政権の暴走政治にストップをかけるため、国民・市民とさらに力を合わせ立ち向かう決意です。
政治を変えての願い受け

 日本共産党が今回の参院選の比例代表で獲得した得票と議席は、目標とした850万票、9議席には及ばなかったものの、躍進した前回3年前の比例代表よりも得票を増やし、歴史的にも過去2番目の得票数となりました。戦争法の強行や「アベノミクス」による暮らしと経済の破壊など、国民の間で積もりに積もった安倍政権への怒りとともに、日本共産党に対して寄せられた、今の政治を変えるために頑張ってほしいという期待に身の引き締まる思いです。

 選挙区でも東京選挙区で3年前に続き、31歳の青年弁護士の当選が実現できたことは大きな喜びです。野党統一候補を擁立した1人区以外の複数区でも、日本共産党の候補者は神奈川で接戦、埼玉、千葉などで大きく得票を伸ばしました。比例と選挙区合わせた6議席は改選議席の2倍です。非改選と合わせ14人に前進した参院議員団は、21人の衆院議員団とともに公約実現へさらに奮闘できます。

 今回の参院選で特筆される、32の1人区全てでの野党統一候補の擁立では、3分の1を超える11選挙区で勝利できました。このことは大きな成果です。戦争法に反対した青年や女性、学者など市民の共同に後押しされて、野党と市民が力を合わせてたたかった初めての国政選挙です。戦争法廃止・立憲主義回復の大義のもとに結集した市民と野党の共闘は、その力によってこそ「政治は変えられる」との有権者の期待を広げ、力強く実証したのです。野党共闘のいっそうの発展が求められます。

 無党派層の6〜8割が野党統一候補に投票したとのマスメディアの出口調査の結果(「朝日」11日付)もあります。全体として自民党は議席を前回比10議席も減らすなかで、福島では現職の法務大臣が、沖縄では沖縄北方担当大臣が落選しました。これらの選挙区での野党候補の勝利は、東京電力福島原発事故に反省なく原発再稼働を推進する政治や、「辺野古が唯一」と県民に米軍新基地建設を押し付ける強権的な暴走への住民の怒りの表明であることは明らかです。
平和と暮らしを守るため

 選挙中、安倍首相の自民・公明の与党とその補完勢力は、「野合」などという低劣で異常な野党共闘攻撃を繰り広げました。第一歩とはいえ、各地で野党候補が勝利したのはそうした攻撃が国民には通用しないことを証明しています。

 選挙の結果、自公とおおさか維新などを合わせれば参院でも3分の2を超えたとされますが、選挙中、改憲について語らなかった安倍首相に国民は改憲発議など「白紙委任」していません。安倍政権の暴走を許さず、新しい政治の実現へ力を合わせていきましょう。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-07-12/2016071201_05_1.html


12. 2016年7月12日 19:36:22 : 5syXLWFQTg : 1gUYFpcztug[187]
野党共闘で得をした民進党、誰のおかげで当選できたか考えて欲しい。

筆坂のように、各党のエゴを掻き立てるような連中の言葉に耳を貸してはいけない。

衆議院選挙では、大幅に共産党に譲るのでなければ、
政権を狙う野党第一党の資格はない。

それよりも相変わらず無党派を引き付けられなかった、
自党の政策と労組頼みの体質改善を考えるべきだ。

次回の衆議院選は、改憲勢力が3分の2を超えたことで
にわかに可能性が高まった。

野党は、常に、いつでも選挙があると考えて、政策を練るべきだ。

いつも政策は二の次で、支持者の顔色ばかり伺ってばかりいるから、
連敗しても反省せず、選挙が終われば元の内向き論争ばかりやっているのでは、
何時、国民に顔を向けているのか、国民には全然わからない。


13. 2016年7月12日 20:57:35 : Zdp8bcnNMg : U2u9@KNSCwo[88]
もう遅い いくら健闘 讃えても

14. 2016年7月12日 22:38:04 : 1ioo7h1uY6 : p1BnCI4sGlI[354]
■民進党内の隠れ自民勢力様も

 大のお得意様ですが・・・?

 いつも自・公・おおさか・一部民進様

 一括まとまった指示書・仕様書で

 受注しております

     (ムサシいかさまkk 談)



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK209掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK209掲示板  
次へ