★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK209 > 755.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
天皇陛下「生前退位」報道を直後に宮内庁が否定したワケ(週刊FLASH)
http://www.asyura2.com/16/senkyo209/msg/755.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 7 月 20 日 09:40:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

「ブータン〜しあわせに生きるためのヒント〜」展をご覧になられた両陛下(6月29日)。写真:JMPA


天皇陛下「生前退位」報道を直後に宮内庁が否定したワケ
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160720-00010002-jisin-soci
週刊FLASH 2016年8月2日号


 13日、午後7時の「NHKニュース7」が天皇陛下(82)「生前退位」のご意向を突如報じた。テレビ関係者によれば「陛下はNHKの7時のニュースをご覧になるので、これは周到に用意されたうえでの報道だった」という。

「陛下は月に一回、皇太子殿下と秋篠宮殿下に、宮内庁長官を交えた会合を開かれており、かなり前から折にふれ、生前退位のご意向を伝えていました。そのため、宮内庁や官邸のごく一部は、知っていたそうです。ポイントは、なぜこのタイミングで報道されたのかということです」(宮内庁担当記者)

 たしかに、今回の生前退位の報道には不可解な点があった。NHKに続き新聞、テレビなどの報道が相次いだが、その13日夜には、宮内庁の山本信一郎次長が「報道のような事実はいっさいない」と否定したことだ。

 この背景を元宮内庁職員の皇室ジャーナリスト・山下晋司氏が解説する。

「(生前退位にともなう)皇室典範などの法律改正は国会で審議されるものです。国政に関する権能を有しない天皇は国会審議に影響を与える言動は避ける必要があります」

 つまり、陛下自らが法改正を要望するのは憲法違反の恐れがあり、宮内庁はそれを避けたのだ。

 じつは今回の生前退位報道には、ある思惑が存在しているという。皇室に詳しいジャーナリストが打ち明ける。

「NHKが皇室関係の報道をする場合、どんな情報であっても、宮内庁職員から必ず裏を取っている。でなければ、報道しない。今回、その裏を取らせ、OKを出したのは、山本次長とは別の、陛下に近い宮内庁幹部といわれている。彼には憲法改正の流れを止めたいという意図があったのです」

 民放の政治部幹部が続ける。

「いわゆる改憲勢力は参院選で大勝し、衆院ともども憲法改正の発議ができる3分の2の議席を確保しました。憲法改正が現実味を帯びるなか、政治的な発言ができない陛下が安倍内閣に『沈黙の苦言』を呈したということです。

 正式に天皇陛下のご意思が示されれば、国会は皇室典範の改正を優先させなければならない。憲法改正論議など吹っ飛びます。この生前退位が明るみになり、官邸には衝撃が走っています」

 かねて平和を祈念してこられた陛下の「無言のメッセージ」だったのだろうか。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 戦争とはこういう物[1291] kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo 2016年7月20日 10:06:01 : 0lfblgLuXc : joWj7kZ@L@I[341]
 もし本当に、平和主義に踏み込んだ改憲なり加憲なりを議論するのであれば、天皇制の廃止論もまな板に上がる。日本国憲法は前大戦を引き起こした戦前体制への回帰をさけるべく、武装解除を明記する代わりに前主権者を「象徴」として存続させる形を取っている。再武装を盛り込んだ改憲など行うなら、その前提として前主権者を永久にこの国に影響を与えぬように排除しなければ、戦争責任を果たすべきと言う被害国の反発を生むだけとなる。
 なによりそのリスクを理解しているのは当事者だが。議席数とマスコミさえ押さえれば前体勢を「取り戻す」事が出来ると思い込んだ政権側は、理解できないだろう。」

2. 2016年7月20日 18:37:30 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-9118]
Domestic | 2016年 07月 20日 17:54 JST
皇后さま、児童文学展へ

http://s1.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20160720&t=2&i=1146273066&w=644&fh=&fw=&ll=&pl=&sq=&r=PN2016072001001445.-.-.CI0003
皇后さま、児童文学展へ

 皇后さまは20日、東京・上野にある国立国会図書館国際子ども図書館を訪れ、現代翻訳児童文学の半世紀を紹介する展示会「現実へのまなざし、夢へのつばさ」を鑑賞された。

 皇后さまは、子どもの妊娠や同性愛などを扱った本が並ぶ「タブーへの挑戦」という展示では、読者層の年齢を尋ね、「翻訳も難しいでしょうね」と話した。「ハリー・ポッター」シリーズなど最近の児童書についても説明を受けた。

 昨年に新設された児童書研究資料室にも足を運び、読書活動を推進するためのコーナーなどを見て回った。

{共同通信}

http://jp.reuters.com/article/idJP2016072001001409


3. 2016年7月20日 20:14:53 : 4OAG5Jdpn6 : lmN1oQvkOoY[408]
>つまり、陛下自らが法改正を要望するのは憲法違反の恐れがあり、宮内庁はそれを避けたのだ。

アホか。その前に基本的人権の尊重という文言が憲法に織り込まれているだろうが。

人間宣言をした天皇に、基本的人権がないのか?
高齢になっても土日もなく、斃れるまで働かなくてはいけないのか?

宮内庁の中に、天皇ですら駒として使おうとしている連中がいるということだ。
彼宣言した宮内のように、駒としか思ってないヤツがウヨウヨいるのだろう。

本当に官僚という生き物は、汚い連中だ。
コイツ等はbQ。 主が天皇だろうが、アメリカだろうが構いはしないのだろう。
とにかくbQの座さえあれば、主の寝首をかき、寝返る事すら厭わない。

コイツラが政治家より上という民主国は、日本以外にないのではないか?

どちらにしろ、天皇の生前退位は糞完了どもにとって非常に都合が悪かったに違いない。

コイツ等の言い訳が全然心に響かないんだよ。
理でなく、感覚がそういっている。


4. おじゃま一郎[5550] gqiCtoLhgtyI6phZ 2016年7月20日 21:38:22 : okVKXiXlH2 : L1a0QCWoxDc[5]
>正式に天皇陛下のご意思が示されれば、国会は皇室典範の
>改正を優先させなければならない。

今回の報道は宮内庁のトップとNo.2が否定しているので
正式でなく、侍従長ラインのリークである。

憲法4条にあるよう、天皇の意思で法律改正を行うならば
憲法に反する行為である。

したがって、今回の生前退位情報は、官邸、陛下、宮内庁、
侍従長ライン、マスコミの手の込んだ芝居である。

これが憲法改正に至れば、国民は天皇を否定できないので
改正もたやすくなるからである。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK209掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK209掲示板  
次へ