★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK209 > 836.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
官房長官 普天間移設問題であす沖縄県を提訴へ〜翁長知事「非常に残念」/nhk
http://www.asyura2.com/16/senkyo209/msg/836.html
投稿者 仁王像 日時 2016 年 7 月 21 日 20:24:34: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 

官房長官 普天間移設問題であす沖縄県を提訴へ
7月21日 12時01分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160721/k10010603121000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_005

アメリカ軍普天間基地の移設計画を巡る政府と沖縄県の協議会が開かれ、菅官房長官は、沖縄県側が名護市辺野古沖の埋め立て承認の取り消しを撤回するよう求めた国の是正指示に従わないことの違法性を確認するため、22日に沖縄県を相手取って訴訟を起こす考えを伝えました。

政府と沖縄県は21日に総理大臣官邸で、アメリカ軍普天間基地の移設計画を巡る「政府・沖縄県協議会」の3回目の会合を開き、政府側から菅官房長官や中谷防衛大臣らが、沖縄側から翁長知事と安慶田副知事が出席しました。
このなかで、翁長知事は名護市辺野古沖の埋め立て承認の取り消しを撤回するよう求めた国の是正指示について、従う考えはないものの、是正指示の取り消しを求める訴訟は起こさず、協議を通じて解決を目指したいという考えを伝えました。
これに対し、菅官房長官は「あす国土交通大臣が福岡高等裁判所那覇支部に対し、地方自治法に基づき不作為の違法確認訴訟を提起する」と述べ、沖縄県側の対応の違法性を確認するため、22日に沖縄県を相手取って訴訟を起こす考えを伝えました。
普天間基地の移設計画を巡っては、政府と沖縄県はことし3月、裁判所が示した和解条項を受け入れ、双方が訴訟を取り下げました。
そして国が工事を中止したうえで、円満な解決を目指して協議を行いながら、沖縄県が、改めて是正指示の取り消しを求める裁判を起こし、その判決に双方が従うことなどで合意していました。


翁長知事「非常に残念」
沖縄県の翁長知事は協議会の後、記者団に対し、「県としては法廷闘争によることなく、真摯(しんし)な協議が行われるよう配慮を求めていただけに法律上、訴えが可能になる日を待っていたかのように、直ちに提訴の判断が示されたのは非常に残念だ。あす訴状が届きしだい、内容を確認して対応を検討したい」と述べました。

民進代表「訴訟合戦は避けるべき」
民進党の岡田代表は記者会見で、「参議院選挙が終わるのを待っていたかのような政府の動きだ。政府と沖縄県がお互いによく話し合うことが重要であり、訴訟合戦になるのは避けるべきだが、今回の政府の判断はその引き金を引くようなものだ。どうして、もっとしっかり話し合いが出来ないのか非常に疑問だ」と述べました。


国が沖縄県を相手取り、22日に訴訟を起こす見通しを示したことについて、那覇市内ではさまざまな声が聞かれました。
浦添市に住む40代の女性は「以前の裁判で和解という道を選んだのだから国は強硬な姿勢を取らずに話し合いをしてほしい。県民の気持ちをいちばんに考えてほしい」と話していました。
また、那覇市の60代の男性は「何度話し合いをしても国と県はお互いの意思疎通が出来ないのが現状なので、裁判を起こすことも1つの方法だと思う」と話していました。
このほか、横浜市から観光で訪れていた60代の女性は「国が裁判を起こすことで、かえって沖縄の人が反感を持つのではないか。裁判はやめて話し合いを続け、落としどころを探したほうがいい」と話していました。


これまでの経緯
アメリカ軍普天間基地の移設計画を巡っては、国が、翁長知事が行った名護市辺野古沖の埋め立て承認の取り消しを撤回する代執行を求めて裁判を起こしていましたが、福岡高裁那覇支部は、ことし3月に和解を勧告し、双方がこれを受け入れました。

和解条項では、国が埋め立て工事を中止して、円満な解決に向けて協議を行うことが定められました。その一方で、法的な解決に向けた道筋として、国は、翁長知事に対して承認取り消しを撤回するよう求める是正の指示を行い、県は、これに不服があれば国と地方の争いを調停する「国地方係争処理委員会」に審査を申し出ることが定められ、双方はこれに従って手続きを進めました。

国地方係争処理委員会は、3か月にわたって審査を行い、6月、違法かどうか判断せず、国と沖縄県が真摯に協議するよう求める結論をまとめました。

これを受けて、沖縄県は裁判を起こさず、協議を通じた解決を目指す考えを示していました。県が法律上、裁判を起こすことができる21日までに提訴しない方針を決めたことから、国の対応が注目されていました。

官房長官「誠実に対応したい」
菅官房長官は午後の記者会見で、「協議の中で翁長知事との間で沖縄県に是正指示の取り消し訴訟を起こす考えがないこと、和解条項は有効であること、確定判決には従うこと、協議を継続すること、この4点について確認した。知事から『異存がない』との発言があった。いずれにしろ政府としては引き続き和解条項に従い、訴訟と協議の手続きを並行して進めるなど誠実に対応していきたい」と述べました。
さらに菅官房長官は、記者団が「訴訟の判決がでれば国と県との対立は最終決着できると考えるか」と質問したのに対し、「政府としては和解条項に基づく中で、訴訟と協議の手続きを並行して進める。誠意を持って行動していきたい」と述べました。

・普天間基地巡り 政府と沖縄県の対立再燃の可能性高まる〜菅長官「是正指示に不服なら沖縄県は早期提訴を」/nhk
 http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/273.html
 投稿者 仁王像 日時 2016 年 6 月 21 日 20:02:13: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年7月21日 20:35:14 : vW7J2lkXCo : VIWwekXlGP4[342]
「国地方係争処理委員会は、3か月にわたって審査を行い、6月、違法かどうか判断せず、国と沖縄県が真摯に協議するよう求める結論をまとめました。」

また司法は判断しないと思いますね。
再び「和解しろ」と言うだけだと思います。


2. 2016年7月21日 21:12:26 : EIHH4CSarE : ZNs6WKx@BdQ[92]
沖縄県にしてみれば、日本政府が裁判沙汰にするというならば、AIIB国際諮問委員に任命された鳩山元首相に、裁判費用を、AIIBから出して貰うことで、この見返りとして、尖閣諸島を沖縄県に払い下げて頂くように、働きかけて頂くというのはどうでしょうか。

鳩山元首相にしてみれば、「最低でも沖縄県外に」ということで普天間基地移設問題に取り組んだこと自体は、決して間違っているものではなかったにも関わらず、アメリカの言いなりになるだけの間抜け官僚機構が、自らの権力欲に溺れて、これを邪魔しようとしたことに、私たち日本国民もまんまと騙されてしまったことにより、自ら招き入れてしまったのだということを真実であるならば、核発電推進原理主義組織にまんまと騙されて核開発計画書を作り上げた外務省もまた、自らこの真実を明らかにするだけのボロを白状してくれたに過ぎないのだからな、ということを逆手に取って、このような日本国全体の全体主義そのものだけを、粉々にぶち壊してしまうことで、これにしがみつこうとする間抜け官僚機構が、「和を乱す」などと言って、同調圧力を開けてくることになれば、これにたいしては「和して同せず」ということで、このような同町圧力にたいしては、お互いのメリットに繋がることになるようにすることで、お互いのデメリットになるだけのことであれば、これだけを、そっと静かに歴史の闇の中に、どんどん葬り捨ててしまうことで、同調圧力に対する責めてもの罪滅ぼしとして、どんどん涙を流し続けながら、心置きなく、どんどん歴史の闇の中に、ひっそりと泣き寝入りするだけであれば、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守って参りますので、これを国際社会にどんどん見せつけていくようにして下さい、ということで応えていくことを誇りとして、反面教師のロールモデルとなって頂きましょうか?


3. 2016年7月21日 22:04:27 : dYpWmghGUY : cZxiW7PVkKY[3]
普天間移設は米国の意思ではなくて、日本側の利権による都合で決定されたものである。
防衛省、外務省の利権に加えて安倍政権の利権の為に沖縄の住人が大きい不利益を得るものである。工事における官房長官と大成建設の癒着も取り沙汰されているのが現在までのいきさつである。防衛省や外務省関連の怪文書が鳩山由紀夫前総理に手渡された当時のいきさつについて鳩山氏の会見がビデオに残っている。

このような情勢下で沖縄の民意は政府とは対抗するものである。県民の現在の意思を全く無視する政府の態度は憲法破壊の無法状態と言えるものである。


4. 2016年7月21日 22:38:08 : Acz1DQHWUA : oXV8y80O7is[77]

沖縄は独立の模擬投票でもやってみたら?


5. 真相の道[1308] kF6RioLMk7k 2016年7月21日 23:47:05 : T8iD3fD606 : kQK1OSr0eCg[223]
> 菅官房長官は「あす国土交通大臣が福岡高等裁判所那覇支部に対し、地方自治法に基づき不作為の違法確認訴訟を提起する」と述べ、沖縄県側の対応の違法性を確認するため、22日に沖縄県を相手取って訴訟を起こす考えを伝えました。


的確な対応ですね。

沖縄県側の不作為行為が違法だと司法で判断されれば、沖縄県は是正、つまり埋め立て承認の取り消しを撤回することとなります。

日本は法治国家であり、法に則って司法の判断を仰ぎながら進めていくしか策はありません。
  
   


6. 戦争とはこういう物[1296] kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo 2016年7月22日 09:48:13 : 0lfblgLuXc : joWj7kZ@L@I[347]
 歌にして広めましょう。

♪強硬、強硬、強硬強硬強硬
アベシは強硬
強行、強行、強行強行強行、
アベシは強硬

選挙前は「和解」
選挙後は「訴訟!」
消費増税も延期だ〜

強硬!強行!!

https://www.youtube.com/watch?v=wJCmYPo_5b0
の曲で。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK209掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK209掲示板  
次へ