★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK210 > 243.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ロッキード事件の真相を闇に葬るためのNHKドキュメンタリーー(田中良紹氏)
http://www.asyura2.com/16/senkyo210/msg/243.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 7 月 27 日 00:01:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

ロッキード事件の真相を闇に葬るためのNHKドキュメンタリーー(田中良紹氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1soudta
25th Jul 2016 市村 悦延 · @hellotomhanks


40年前の7月27日午前6時、フーテンは東京地検の玄関前で

ロッキード事件で逮捕される政治家を待ち受けていた。

前夜、夜回り先の川島興特捜部長がいつもとは異なる行動を見せたことが政治家逮捕を予感させ、

TBSは早朝から検察庁の建物を見張っていた。

午前5時、見張り役から検察幹部が出勤してきたと連絡があり、

フーテンはすぐに宿泊していた赤坂のホテルから東京地検に向かった。

玄関先には数社の記者しかいなかったが、混乱を避けるロープが張られるのを見て、

政治家逮捕の予感は確信に変わった。

午前7時半、夏の日差しが強くなりかけたころ黒塗りの車が地検の玄関先に滑り込み、

右手を挙げて降りてきたのは予想もしない田中角栄前総理大臣であった。

TBSはすぐに放送を差し替え、田中逮捕の報道特別番組に切り替えた。

その時NHKの司法担当記者は現場にいなかった。

泊まり勤務の警視庁担当記者が警視総監を探して確認を取ろうとしたが、

警視総監も検察の田中逮捕を知らされていなかった。

確認に手間取ったNHKが特番を組んだのはTBSより1時間以上も遅れてからだ。

関係者にはよく知られた話である。

ところが23日に放送されたNHKスペシャル「ロッキード事件の真実」では、

実録ドラマではあるがNHKの司法担当記者が現場にいて車から降りてくる田中角栄氏を見るシーンがある。

ドラマ仕立てであれば捏造は許されるということだろうか。

翌24日の続編はドキュメンタリー番組だったが、

こちらにも意図的な編集が施され「ロッキード事件の真相」は捻じ曲げられている。

原点とも言うべきアメリカがロッキード事件を暴露した理由についてはほとんど触れず、

アメリカ政府による軍用機P3CとE2Cの売り込み工作が背景にあったことを

「新たな真相」のように見せているが、ここでも田中角栄の名前だけが出てくるように作られている。

アメリカ側がロッキード事件で公表した日本人の秘密資金受領者は児玉誉士夫だが、

E2Cの売り込みでアメリカ証券取引委員会が公表した秘密資金の受領者は

岸信介、福田赳夫、中曽根康弘、松野頼三の4人である。

ところがNHKの番組ではいずれのケースも政治家名は「田中角栄」だけだった。

これを国民の目を「ロッキード事件の真相」から目をそらせる「隠ぺい洗脳工作」と言わずに何と言うべきか。

フーテンは石原慎太郎著『天才』(幻冬舎)について「ロッキード事件の大ウソ」というブログを書いた。

それはアメリカがロッキード事件を暴露した理由を「田中の資源外交がアメリカの虎の尾を踏んだ」

とする田原総一朗の説を採り入れていたからである。

ロッキード事件は日本だけがターゲットになった事件ではない。

世界各地にロッキード社の秘密代理人がいて、

軍需産業ロッキード社が兵器の売り込みのため秘密代理人を通して

各国の政治家に賄賂をばらまいていた実態をアメリカ議会が暴露した事件である。

当時は共和党のフォード政権下だが、

暴露したのは上院の多国籍企業小委員会で民主党のフランク・チャーチが委員長を務めていた。

チャーチはベトナム戦争に反対し、一切の軍事介入を禁止する法案を提出したことで知られる。

ニクソン政権がチリの軍部を支援して社会主義政権を転覆させ、

新自由主義経済を導入させたことにも批判的であった。

ロッキード事件暴露の前年にアメリカはベトナム戦争から撤退した。

建国以来初の敗戦を経験したアメリカにはこれまで信じてきた反共主義に対する疑念が生まれる。

軍需産業ロッキード社の秘密代理人は児玉誉士夫もそうだが、

西ドイツのシュトラウス国防大臣、オランダ女王の夫ベルンハルト公など世界の反共人脈が名を連ねていた。

その不適切な関係を断ち切ろうとしたのがロッキード事件暴露の根底にある。

つまり当時のアメリカはニクソン政権の政策とは逆の方向に進もうとしていた。

NHKの番組が指摘したようにニクソン政権は日本にロッキード社のP3Cとグラマン社のE2Cを買わせ、

アメリカの軍事戦略に日本を従属させようとしていた。

一方、日本国内にはいつまでもアメリカに従属するのではなく自主防衛すべきとの考えがあった。

その筆頭は中曽根康弘氏である。それらの人々は国産の軍用機開発を目指した。

それを潰そうとしたのがロッキード社の賄賂攻勢である。

児玉誉士夫に21億円という巨額の資金が流れたが、

児玉と最も親密な関係にあった政治家は中曽根康弘氏である。同時に同じ人物を秘書にしていた。

NHKの番組はその秘書に取材をしていない。

資料を焼却したという妙な人物の証言を紹介しただけで、

取材対象としているのは検察が児玉ルートを摘発できなかったのは

仕方がなかったという弁解がましいストーリーを作るための道具になる人物ばかりである。

論理的に言えばロッキード社が国産の対潜哨戒機を作らせずにP3Cを買わようとするならば、

国産化を主張する政治家に賄賂攻勢をかけるのが常識である。

しかし番組では中曽根氏が国産化を主張していた部分だけを紹介し、

あとは国産化に反対する大蔵省と後藤田官房副長官が

田中総理同席の下で国産化を白紙化したとの説明に移る。

するといかにも田中が賄賂を貰って国産化を捻じ曲げたという印象になるのだが、

国民の税金を使う以上どちらが安いかを考えるのがフーテンの知る田中という政治家の思考回路である。

田中なら何もなくとも財政負担の小さい方を選んだと思う。

それがアメリカの意向とも沿うのなら尚更のことである。

ところでロッキード社の秘密代理人として名前が公表された人々は刑事訴追されたのであろうか。

児玉誉士夫は脱税で起訴され、田中は逮捕されて有罪判決を受けた。

しかし西ドイツのシュトラウス国防大臣もオランダのベルンハルト公も訴追されたとは聞いていない。

ただベルンハルト公は世界で最も影響力のある政財界人の集まりであるビルダーバーグ会議で

議長を務めていたが、ロッキード事件の発覚で議長を交代した。

その程度である。その他の国々でも捜査機関が動いて摘発された話をフーテンは知らない。

しかし日本だけは国を挙げての大騒ぎとなった。

当時の三木総理が政敵の田中を政治的に抹殺しようとしたからだとフーテンは思う。

総理の強い意向を受けて検察は動いた。

そして中曽根康弘氏は三木内閣を支える幹事長であったため捜査対象から外された。

しかも「文芸春秋」の「田中金脈追及」が国民の耳目を集めていたことから、

アメリカ軍需産業の秘密工作やアメリカの対日従属強化方針が事件の根幹であるにもかかわらず、

そちらに目を向けさせない「政治とカネ」に焦点が当てられ、

全く金にクリーンではない人物が「クリーン三木」を演ずることになった。日本政治の不幸の始まりである。

その不幸な日本政治が安倍政権下でもやもやとした感覚を生み出し、

それが田中角栄という稀代の政治家に目を向けさせている。

その田中を失脚させたロッキード事件に再び光が当てられては困る人たちが、

民間航空機トライスターではなく軍用機の売り込みでも田中に金が流れたことを示し、

それ以外のことを歴史の闇に葬ろうとしている。

NHKはそのお先棒を担がされたと番組を見てフーテンは思った。

どこまで続くぬかるみぞという感じがする。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年7月27日 00:08:00 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-8990]
Domestic | 2016年 07月 26日 22:27 JST
田中元首相は報道抑圧せず

 生活の党の小沢一郎共同代表は26日、ロッキード事件の田中角栄元首相逮捕から40年にちなんで東京都内で開かれたシンポジウムに出席し、安倍晋三首相を「保身のため国家権力を思いのままに利用している」と批判した。「田中先生はあれだけの力を擁したが、権力を行使して報道を抑えるという発想はなかった」と恩師の田中元首相と比べてみせた。

 元首相の金銭問題に関し「メディアが一斉に攻撃し、退陣せざるを得なくなった」と振り返った上で「報道は今、鳴りを潜めている。安倍内閣が批判するメディアを抑えているからだ」と現状を嘆いた。

{共同通信}

http://jp.reuters.com/article/idJP2016072601002319

Domestic | 2016年 07月 26日 19:52 JST
野党統一候補の所属先で合意

 民進、共産、生活、社民の4野党は26日、国会内で幹事長・書記局長会談を開き、参院選改選1人区の候補一本化で当選した無所属の野党議員4人の所属先に関し合意した。焦点だった沖縄選挙区の伊波洋一氏は26日に沖縄選出で無所属の糸数慶子参院議員と共に新しい会派「沖縄の風」を結成した。山形選挙区の舟山康江氏は無所属のまま民進党会派入りする。

 残る2氏はそれぞれ生活の党の党籍を持つ。新潟の森裕子氏は立候補の際の地元合意を尊重し、当面はいずれの会派にも入らず、無所属で活動する。岩手の木戸口英司氏だけは党の所属議員となり、生活、社民両党の新会派に加わる。

〖共同通信〗

http://jp.reuters.com/article/idJP2016072601002156


2. 罵愚[3777] lGyL8A 2016年7月27日 06:02:19 : imLkJ7pZe6 : 3oZN6pfuKVY[3]
>「田中先生はあれだけの力を擁したが、権力を行使して報道を抑えるという発想はなかった」

 つまり、そこが中卒から成りあがった田名角栄の限界でね、メディアのパワーとか利用法とか、世論の動向には無頓着で、議員にカネを配って議会操縦までがかれの視界のすべてだったのさ。それは田中を取り巻いた金丸信や小沢一郎などの金権腐敗派議員の共通体質で世論の動向までは気が回らない。
 ちょうどこの ★阿修羅♪のゆでガエルがこのボードの外側に気が回らないのとおなじことさ。


3. 英松[144] iXCPvA 2016年7月27日 09:22:23 : wONaLl8IgQ : 6rzrY7eRCSU[40]
日本で要人が生涯を通して活躍出来るかどうかは、半島系・部落系かそうでないか、又は宗主国様に忠実であるかそうでないかの違いではないでしょうか?
宗主国様のパシリとして日本の権力を握っています半島系・部落系は後ろ盾がなくては残念ながらまつりごとを行う事は出来ません。
彼らが権力を維持する為には何でもアリで宗主国様のやり方を踏襲しているのが見て取れます。

ところで、ヒラリー・クリントンが米国大統領になれば安倍首相らの意向に反して確実に皇后の力関係にて東宮が皇位を継承されるでしょうが、そうなりますと皇室の弱体化は避けられないでしょう。
が、民族派日本人には権力を奪取するような気配が全く見られないのが残念です。


4. 信陵君[213] kE2Xy4xO 2016年7月27日 09:29:21 : bOe8YvxgKU : iaHnQrHc@zs[98]
どうせ犬HKのことだから、また嘘の垂れ流しだと思いドキュメンタリーみなかったよ。代わりに平野貞夫氏著「田中角栄を葬ったのは誰だ」を読んでいる。児玉誉士夫が薬で議会証言不能となり、小佐野賢治が証言したところまできたよ。当時、TVでは中曽根の名前など全く報道された記憶がなく、マスごみは昔から権力者に迎合していた。一部の西山太吉氏、鳥越氏のようなジャーナリストもいるが大半は事なかれ主義の権力迎合、国民の敵というわけだ。中曽根康弘がまだのうのうと生きているのが許せない。

5. 2016年7月27日 10:20:30 : ko7D6voqkE : MqUbGQI7@3Y[18]
> ロッキード事件の真相を闇に葬るためのNHKドキュメンタリーー(田中良紹氏)

NHKドキュメンタリーは非常に興味深かった。
しかし、ここで指摘されたような問題点があったとは思いもしなかった。
それ故、この記事は極めて有益である。

> どこまで続くぬかるみぞという感じがする。

当時は、今のような政治資金規正法が無かったのでは無いか?
もし、今の政治資金規正法があったら、政治資金の不記載で逮捕できた。
今の政治資金規正法があるお陰で、当時のような金で政策が左右されることは起きなくなっているのでは無いだろうか?
もし、そうならば「どこまで続くぬかるみぞ」は、あり得ない。

もし、当時と同じように秘密の金で政策が左右されることがあり得ると云うのならば、どのように政治資金規正法を改正すべきか、田中良紹氏には指摘して欲しい。


6. 2016年7月27日 12:28:54 : aXJXMKDr9g : N2kNfpJKSvs[1]
NHKになにも期待していない

アメリカ自民党放送局なのである

奴隷放送局NHK 真実の中に嘘を混ぜるのが

得意である

まだ凝りもせず

受信料払ってるのかい

国民のため 早く亡くなれ NHK


7. 2016年7月27日 13:44:34 : aXQ14LsGlU : xAdfnvn6XcI[102]

 軍用機の売り込みでも田中に金が流れたことを示し、
 それ以外のことを歴史の闇に葬ろうとしている。

    うまく隠してしまうもんだね。報道はおそろしい〜


8. 2016年7月27日 16:08:57 : Ba5clCNVME : vHMW5Qo_i1w[745]
02さん、田中総理は確か小学校しか出ていない、しかしそれより劣るエスカレーターでやっと3流大学を出た安倍総理、自分の出た大学の字さえ真面に書けない、性格は嘘付きで自己中心、政治家としての理念もなくただ祖父の売国を引き継ぎで国民を欺き続けている人間とは比較にもならない。児玉、中曽根、三木、本当の悪。

9. 2016年7月27日 16:11:00 : Ba5clCNVME : vHMW5Qo_i1w[746]
大学を出たでなく親の力で出して貰ったの誤り。

10. 罵愚[3779] lGyL8A 2016年7月28日 05:01:32 : imLkJ7pZe6 : 3oZN6pfuKVY[5]
 金権政治家にはみっつのタイプがあって、田中角栄は政策決定の道具として現金を必要としていた。代議士を投票マシーンとして動かすのに現金が必要だった。小沢一郎は私腹を肥やすのが目的で、秘書の宿舎を建てる名目で政治資金を不動産につぎ込んだ。
 みっつめはもっとも悪質で民主党の菅直人は拉致事件実行犯グループに民主党の政治資金を横流ししていた。明確に売国左翼の典型だな。

11. 2016年7月28日 06:31:29 : riwgxq1iJ6 : Bd5Q3wVbe7A[450]
いろいな見方があっていいと思うが、堀田力がなぜか正義派のごとくドラマを作っていたことに驚きであった。アメリカの犬だった男がワシントンで交渉している言い分はまさに検察のご都合主義の月光仮面の如く。すべて嘘で捏造の演出である。言い分を取材しドラマ化していくのだが、これはまさにやらせである。堀田およびそのグループのアメリカの犬たちこそがこのロッキードの冤罪を引き起こした張本人なのだから。よくやるよ。NHK。もういらないでしょ、この宣伝洗脳放送局は。

12. 2016年7月28日 08:09:39 : 1rBjvOaqbA : SWN19uwAdsk[36]
立花隆をマインドコントロールしたのは誰か

宗像紀夫をコントロールしたのは誰か

この辺のことを知っているのは誰か

そういう視点がないから

今回のNHKスペは(も)詰まらんかったよ


13. 2016年7月28日 11:21:47 : WUnhnxp7eE : @mSmofZzSsk[2]
番組「第2部」の9分め あたりでチラっと流れた
「コーチャンが手書きした日本の政財界の人物相関図」には

福田→児玉→小佐野・中曽根・笹川・? ってルートや
四本→中南→小佐野 ってルートも書かれてましたが中曽根以外知らないです。

番組には児玉が戦前戦中なにしてたか説明が無かったような?
合計3時間超の番組なら、15分くらいは大陸浪人の時代を描くべきだったような


14. 2016年7月28日 15:53:47 : slhK3NmiT6 : BWQZumNJp4I[1]
2ちゃんねるは政権に都合悪い書込みは消しているから
書かない方がいいぞ。もちろん確認済み。

15. 信陵君[218] kE2Xy4xO 2016年7月28日 17:53:45 : bOe8YvxgKU : iaHnQrHc@zs[105]
平野貞夫氏著「田中角栄を葬ったのは誰だ」P153第3章より 

昭和51年4月10日、東京地検特捜部は、ついにアメリカ側の捜査資料

を入手した。

しかし、その資料を見て検察幹部は愕然とする。

そこには、田中角栄にロッキード社から金が渡った証拠が、

一切記されていなかったのである。


やはり角栄さんは無実だったのです。クリーンだと思われていた三木武夫が

実は大悪人で中曽根康弘も悪党なのです。いつか角栄さんの仇をとりましょう。

安倍と自民党清和会を潰せ


16. 2016年7月28日 18:29:11 : qF4T1YwunA : 0ID5WaAuWRA[907]
●堀田力と佐久間達哉。

ロッキード冤罪事件の検察・堀田力。

陸山会冤罪事件の特捜・佐久間達哉。

この二人は、元在アメリカの日本大使館一等書記官を勤めた後で、日本に帰り検察官となっている。

そう、二人ともアメリカで「米犬」として育てられた後に検察になり、それぞれ田中角栄と小沢一郎を抹殺する役目を受けたのです。

「さわやか財団」会長の堀田力、地方検察の検事正・佐久間達哉、この二人の名は永遠に国民の記憶にとどめておこう。


17. 2016年7月28日 19:16:48 : T1Urc8Oyvo : 1Yy0kGSTStc[2]

その二人が

中国共産党のエージェント田中角栄を葬り

日本を共産化の地獄から救った英雄なんですね

靖国神社にお祀りせねば


18. 悪は必ず亡びる[88] iKuCzZVLgriWU4LRguk 2016年7月29日 03:08:47 : vCCNvduKp6 : rNt26SBcktw[46]
>ところで、ヒラリー・クリントンが米国大統領になれば

いや、そうそう不正選挙が上手く行くとは限らない。
アメリカ大統領選にロシアからオブザーバーが送られる可能性が出てきた。

不正選挙が失敗して、公正な選挙結果が出されたら、ヒラリーは落選。
面白くなって来たね。


19. 2016年7月29日 16:48:03 : jMwtEun93o : 51ypIJMqS5A[105]
田中元総理の学歴について議論が出ているが、多分あまり知られていない事として1級建築士の資格を持っていたことがある。
この資格は、理系のもので、現在は変位マトリクス法で計算するのが主流だが、当時はたわみ角法や固定法などによる曲げモーメントなどの計算ができなければ合格できないものである。
コンピュータ付ブルドーザと異名をとった能力の片りんをこんなとこにも窺うことができる。
主計局の官僚たちを引き付けるだけの知性と財力、それに加えて責任は俺がとるからという胆力があった。
今の安倍などと比較するのはお笑い沙汰である。


20. 罵愚[3788] lGyL8A 2016年7月30日 04:39:46 : tfjP1beJnA : Aa@uLaligk4[1]
 たしかに構想力や実行力など、卓越した政治家だったが、倫理観、国家観という基本的な部分で欠陥者だった。そこのところを注視するのと、無視するので評価がおおきく分かれる政治家だと思う。
 たとえば、中国との国交正常化への評価がその典型的な例だな。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK210掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK210掲示板  
次へ