★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK210 > 313.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
鳥越醜聞を書いた週刊新潮と杉山問題を書かない週刊ポストー(天木直人氏)
http://www.asyura2.com/16/senkyo210/msg/313.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 7 月 28 日 14:40:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

鳥越醜聞を書いた週刊新潮と杉山問題を書かない週刊ポストー(天木直人氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1soump1
28th Jul 2016 市村 悦延 · @hellotomhanks


きょう発売の週刊新潮(8月4日号)もまた鳥越醜聞を書いた。

 週刊文春に書かれたから、週刊新潮も後追いで書いたのではない。

 週刊文春が書いたからこそ、週刊新潮も書かざるをえなかったのだ。

 週刊新潮の記事の書き出しはこうなっている。

 「・・・文春は先週号(7月21日発売)で

鳥越俊太郎都知事候補「女子大生淫行」疑惑との記事を掲載・・・

実を言うと、本誌はこの話を取材していたのだ・・・」

 すなわち、この鳥越疑惑のスクープは、とっくの昔に週刊新潮がいち早く取材し、原稿までつくっていた。

 しかし、週刊新潮曰く、記事にする直前に本人とその男ともだちから、

「やはり記事にしないでほしい」と強く要望されて断念したという。

 それなのに文春が今頃になって絶好のタイミングでその原稿と同じ事を書いた。

 最初にスクープした週刊新潮としては、メディアのプライドとして書かざるを得なかったのだ。

 ことほど左様に、メディアは競争心とスクープ記事に対する思い込みが強いのだ。

 そこで思い出されるのが週刊ポストの杉山外務事務次官の醜聞報道だ。

 週刊ポストは20年ほど前に、当時は外務事務次官の秘書官だった杉山氏が、

外務事務次官の外交機密費を私的に流用していた疑惑を、お子様ランチの領収書をつけて大々的に報じた。

 その杉山氏がついに外務事務次官になり、メディアの一部が当時の週刊ポストの記事を引用して書いた。

 こんな官僚が外務省のトップになって大丈夫かと。

 おりから舛添東京都知事の公金流用が大問題になったばかりだ。

 国民の怒りの大合唱の中で舛添氏は辞任に追い込まれた。

 今度は杉山氏の番だ。

 外務省のトップになった以上、いくら20年前の事だからと言って不問にするわけにはいかない。

 だからメディアは書いたのだ。

 メディアが書き始めた以上、週刊ポストが書かないはずがない。

 なにしろ真っ先にスクープ報道した週刊誌だ。

 私はてっきり週刊ポストは満を持して大きく書くに違いないと思った。

 それがメディアの本来の姿であり、スクープ報道したメディアのプライドである。

 ところが、その後週刊ポストは杉山次官の醜聞について、一切書こうとしない。

 間違いなく安倍政権と取引したに違いない。

 すなわち安倍政権に貸をつくった見返りに、安倍政権から何かを得たのだ。

 そうでなければこの不自然さを理解できない。

 鳥越醜聞について週刊新潮が書いた事を見て、私は書かない週刊ポストに思いをはせた。

 杉山次官の醜聞は鳥越都知事候補の醜聞の比ではない。

 鳥越醜聞は都知事選に対する選挙妨害程度でしかないが、

杉山次官の醜聞は安倍首相の任命責任に直結する大醜聞だ。

 それを知っているがゆえに週刊ポストが書かなかったとしたら、

週刊ポストはメディアの使命を捨てたということだ。

 週刊ポストが今後いくら安倍政権を批判する真似をしても、私は一切信用しない事にしている。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年7月28日 14:58:49 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-8957]
 各週刊誌がどんな姿勢で個々の記事を書いたか。自分の目で確かめない推測で判断しては正確な答えは出ない。読者をミスリードしないためにも最初にそこを徹底すべき。議論はそこから。
 

2. 2016年7月28日 15:49:22 : mkCpsiC5CY : C1FaJ9HzQRM[1]
新潮の記事、文春の記事とグラデーションが異なっている。

女性に直接インタビューしたのは新潮、この女性の夫(某大学教授とされる、上智大学かとも噂されるが)から又聞きして書いたのが文春。
2003年に取材した新潮の記事では鳥越氏と彼女は、文春の夫の証言よりもう少し深い仲として描かれている。

共通すること。
文春、新潮双方ともに証言の確実性にいずれも乏しいこと。

日にち、場所、新潮文春共にあやふやである。

はっきり言っておくが、これが裁判になるなら文春と新潮はほとんど勝ち目はない。
記事の構成において証言のあやふやさは記事全体の一行でさえ、事実検証の対象になる。
一行の証拠検証で、日にちや場所が曖昧だと事実認定と見做されなくなってしまう。

先述したように文春の記事と、今日出た新潮の記事では証言内容が食い違っており、鳥越氏の弁護団は新潮、文春ともに訴えているので分離裁判になるが、双方で証言が違っていることをまずどう整合性を得て証拠を提供するのかということになると、証拠の真実性を巡って双方とも異なる証言と事実を記事を出しているので、いずれが正しいのかを問われることになる。

もちろん長い裁判になる。
断っておくが、この裁判、挙証責任を負うのは新潮、文春編集部であって、訴えた鳥越氏側(弁護団)はその責はない。
はっきり言って新潮も文春も相当に苦労するだろう。
早いうちに和解勧告が出されて終わるほうが無難。
もちろん、新潮文春側の実質敗訴ということになる。



3. 2016年7月28日 17:59:37 : GZpJre3lQo : THjup2Cqwok[67]

文春も新潮も墓穴を掘った。所詮ゴミ箱雑誌。読む人間の程度が知れる。

4. るってん[23] gumCwYLEgvE 2016年7月28日 18:10:38 : aoaRp5dMlM : 951LQavNov4[2]
>>2
横からすまない。
私の勘違いならすまないが、女性の夫と某大学の教授は別人ではないか?
教授は夫とは別に週刊誌に垂れ込んでた人物だろう?というのが、現時点での私の理解。そして今回の文春記事に教授は関わってないらしいが。

5. 2016年7月28日 22:20:10 : VcZcyVCPnQ : Kp4lOPcR490[127]
どこまでが本当で何が推測かわからんが、気持ちが悪いのは被害(?)を受けたとされる女性とその当時恋人で今亭主の男性がまずは当事者、どちらかが週刊誌の記者に赫々しかじか・・・と告白をわざわざしに行ったのか、はたまた当事者の周りにいる第三者がこの当事者の悩み(?)を聞きつけて、あるいは聞かされて、それではと件の週刊誌記者に垂れ込んだのか。これ以外に週刊誌記者がこのことを取材する道があるとは思えない。だとすれば、事の中身(不倫か淫行か知らんが)よりよっぽどこの当事者たちの思考と行動が不気味で薄気味が悪い。自分たちの内心を赤裸々に週刊誌記者に告白するその精神構造は病理学の対象にもなるような思いがするのだが・・・

6. 2016年7月29日 11:28:56 : Ba5clCNVME : vHMW5Qo_i1w[758]
莫大な慰謝料要求して政府ご用達の文春も新潮も潰した方が良い。

7. 函館の犬。[77] lJ@K2YLMjKKBQg 2016年7月29日 17:53:49 : ERAWPx1aJM : Yhsfu34QDmI[2]
新潮、文春ともに原発広告付け雑誌だからな。うそ八百は、朝飯前だろ。

増田は、地方消滅や東京一極集中の是正の本を一生懸命書いておるが、都知事に立候補するなら、公約の1丁目1番地は「遷都」だろ。そうじゃないと今まで自分が言ってきたことの自己否定になるぞ。所詮、操り人形さ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK210掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK210掲示板  
次へ