★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK210 > 455.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
追加緩和も市場失望 見えたきた日銀黒田総裁の“散り際”(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo210/msg/455.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 7 月 31 日 13:40:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

    


追加緩和も市場失望 見えたきた日銀黒田総裁の“散り際”
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/186798
2016年7月31日 日刊ゲンダイ



黒田日銀は完全に手詰まり状態(C)日刊ゲンダイ


「黒田総裁の電撃辞任が一番の“バズーカ”になるんじゃないか。そんな笑えない冗談を飛ばす市場関係者もいます」(大手証券会社関係者)

 29日、追加緩和を決めた黒田日銀。上場投資信託(ETF)の買い入れ額を年間3・3兆→6兆円という期待外れのしょぼい内容のせいで、平均株価は一時300円超下落した。

「マイナス金利は現状維持だったこともあり、銀行株を中心に買い戻された。終値は92円高でしたが、黒田日銀に対する失望感が、そのまま株価の乱高下に表れています」(前出の大手証券会社関係者)

 いずれにせよ、黒田日銀に打つ手なしを再確認するだけに終わった。

「暴落リスクが高まるだけの国債買い増しも、銀行業界が猛反発しているマイナス金利拡大も、もう限界。黒田日銀は完全に手詰まり状態です。黒田総裁が“公約”に掲げた2%の物価上昇目標の達成は難しい。常に自信たっぷりで話し、人一倍プライドが高い黒田総裁が失敗を認めるとは考えにくいですが、任期はまだ1年半以上ある。なす術もないまま批判にさらされ続け、そのまま散っていくことに耐えられるとも思えない。そう囁く日銀関係者もいますね」(株式ジャーナリストの長崎憲二氏)

 浮かんでは消えてきた黒田総裁の“進退論”が現実味を帯びてきているらしい。御年71歳。世田谷に“億ション”も買った。晩節を汚したくないと考えても不思議じゃないが、黒田総裁が逃げるように辞任したら、アベノミクスの失敗を認めることになりかねない。

「輪をかけてプライドが高い安倍首相が、それを許すわけもありません。もし何かあるとすれば、安倍政権と黒田日銀の亀裂がさらに深まった時です。ただでさえ方向性に乏しい今の市場は、いつ底割れしてもおかしくない。米利上げ観測の後退などをきっかけに株価が暴落したら、黒田総裁が『必要性も可能性もない』と明言したヘリコプターマネーのような難題を、安倍政権が無理強いしてくる可能性は十分ある。『付き合いきれん』と安倍政権に三くだり半を突きつける形での辞任なら、黒田総裁のメンツも保たれるでしょう」(長崎憲二氏)

 黒田総裁の任期は18年4月。安倍首相の総裁任期も最長で同9月。アベノミクスの「2018年問題」といわれるが、それまで持つかどうか。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年7月31日 15:58:38 : bdcWHc5lIs : Iey26BhC67o[70]
どアホのミクスの立役者、お疲れさまでした。さようなら。

2. 佐助[3704] jbKPlQ 2016年7月31日 18:24:03 : 9zzRTyeBxk : 4eYUJw@wYHY[145]
これから日銀と政府は国家的大損失を発生させる,この大失態でも国民は平和に酔いしれて寛容になる。

2007年多極化による以後二十年以上にわたる世界信用縮小恐慌がスタートしている。その遠因が、基軸通貨がキンとの交換を停止し、通貨の為替交換を自由(フロート)化したことにあるということは、日銀,政府と経済学には、未だに全く見えていない。

基軸通貨のフロート化で、歯止めを失った世界の通貨は膨張し、株や土地を中心に信用膨張バブルを発生させる。その空前のバブル景気を謳歌した米国と日本が、新基軸通貨体制に移行するまで、収束復元できないのだ。

経験則だと「戦争以外に世界信用収縮恐慌からは脱出できない」ということになる。経済学者は腹の中で、そうは思っているが、倫理観に束縛されて、そう主張する人はマレである。

だが、朝鮮戦争とベトナム戦争の特需で、劇的に景気を回復した日本と、戦争ごとに景気を回復する米国の軍需産業の指導者には、戦争景気待望論は根強い。地球を破壊させることが確実な第三次世界大戦を避けるためには、世界信用収縮恐慌を収拾するため、国益エゴを捨て、とりあえずドル・円・ユーロの三極基軸通貨体制を採用し、固定為替システムに戻し、通貨を安定させるべきだ。だが世界の基軸通貨変更はスムーズに移行できない。


中国とインドと日本と南アフリカとロシアは、1933年のルーズベルトのように、民間のキンの売買と輸出を禁止し、国家だけが買上げる政策を採用すれば、キン保有で米国と欧州を越え、基軸通貨国になるチャンスはある。たが日銀と日本の指導者とエコノミストは、完全に黙殺し拒絶している。

そして国家の指導者は、「第三次キン本位制(キン保有高を自国の通貨発行枠とし、国家間の収支の最終決済に使い、固定為替システムを復活させる)なら、バブルの崩壊から早期脱出できる」という解決はゴミ理論と判定し黙殺している。

日本の日銀と政府はこれから古今未曽有の大失敗をします、それは選挙で多数を確保した自民党・公明党が28兆円のバラマキやアベノミクスの失態が拡大とます。そして円は、米国に気兼ねし、世界のキン争奪戦に立ち遅れるために、国内の民間に保有するキンを流出させる。そこで、ドル外貨を使ってキン争奪戦に参加する。これは、明治の新政府が銀とキンの比率を間違って、国家的大損失を発生させるのに匹敵する失敗だ。だが、国家レベルの損失なので、誰も追及しない。

そして日本商品の世界的優位性は糸線のように2040年まで継続するが、2019年から次々と後進工業国にイニシアチブを奪われる。

中国とインドと南アフリカとロシアは、溜め込んだドル・ユーロ・円の基軸通貨と保有キンのバスケットのペッグ制によって、間接的に為替レートに、自国通貨を固定化することができる。そうして、その輸出大国を維持することが可能となる。まあ慌てずに皆が体験する貧困化社会を堪能しましょう。


3. ひでしゃん[1526] gtCCxYK1guGC8Q 2016年7月31日 21:40:14 : nFRBeZalaM : DSdA8r_nE5c[56]
ユダヤ金融の大番頭に操られる売国安倍晋三に頭を押さえられた黒田日銀
必至の株価買い支え作戦も限界
そして日本国債の暴落(金利急騰)がいよいよ迫ってきた
ガラガラポンで振り出しに戻す作戦か?
財政秩序無視の中央銀行による株と国債の買支え
日本国の中央銀行は
世界中の笑いものだ
日米安保破棄で真の独立を確立しないとアメリカの収奪に日本国は疲弊するばかり
日本人の覚悟が求められる
中国政府首脳のように堂々と外交が出来る国に日本も成りたいものだ
奴隷根性に慣れ親しんで誇りを失い精神的に腐ってしまった我利我利亡者の日本人に明日はない

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK210掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK210掲示板  
次へ