★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK211 > 495.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「中国への対応は日本が決めること」と米専門家 エスカレートする中国の尖閣侵入、米国はどう見ているのか(JBpress)
http://www.asyura2.com/16/senkyo211/msg/495.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 8 月 20 日 00:37:06: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

政府が公表した尖閣諸島周辺海域で確認された中国公船の概要(出所:外務省ホームページ「尖閣諸島周辺海域における中国公船及び中国漁船の活動状況について」2016年8月18日)


「中国への対応は日本が決めること」と米専門家 エスカレートする中国の尖閣侵入、米国はどう見ているのか
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/47658
2016.8.20 古森 義久 JBpress


 8月に入って中国の尖閣諸島(沖縄県石垣市)に対する攻勢が一段とエスカレートしている。

 中国はなぜこの時期に、中国海警や民兵組織を大動員して日本の領海や接続水域への侵入を繰り返すのか。目的は何なのか。前回(「尖閣に迫る中国、日本はどう対応すべきか」http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/47631)に続き、米国海軍大学 中国海洋研究所のピーター・ダットン所長の見解を紹介しよう。

 ダットン氏は中国の海洋戦略研究では全米でも有数の専門家である。元々は米海軍パイロットだったが、その後、法律や安全保障を学び法学博士号を取得した。中国海洋研究所の研究員となってからは、東アジアの安全保障、特に中国人民解放軍の海洋戦略を中心に研究を重ねてきた。南シナ海や東シナ海での中国の動向に関する論文の発表も多く、連邦議会の公聴会や民間シンポジウムで証言することも頻繁にある。

■二国間協議に日本を引きずり出すのが狙い?

 ダットン氏との一問一答の内容は次の通りである。

――8月に入ってから中国海警や「漁船」と称する小舟艇が尖閣諸島周辺に頻繁に接近、侵入してくるようになりました。ここにきて中国がそうした動きに出る目的をどうみていますか。



米国海軍大学 中国海洋研究所のピーター・ダットン所長


ピーター・ダットン所長(以下、敬称略)

 第1には、中国指導部が最近の国内経済の停滞や、その他の政策の行き詰まりの悪影響を懸念していることが考えられます。つまり、海洋での拡張能力の強化を誇示することで、国家意思の前向きさと強さを国民に示そうとしているのです。

 第2には、南シナ海での中国の領有権の主張を不当だとした国際仲裁裁判所の裁定に反発している可能性があります。裁定に怒りをぶつけるような形で尖閣諸島に攻勢を仕掛け、国際社会全体との対決も辞さないという姿勢を見せているのです。

 しかし、この動きが怒りから生じた衝動的な反応なのか、あるいは実はもっと計算された行動で、今後も続けられるのか、まだ判断は下せません。

――中国は日本に何を求めているのでしょうか。

ダットン 8月に入ってからの中国の動きは、日本を威圧する作戦が明らかに新たな段階に入ったことを示しています。南シナ海でフィリピンなどに対してとった、いざとなれば軍事行動をも辞さないという強硬な出方です。

 中国がそのように日本を威嚇する狙いは、尖閣諸島の領有権をめぐる二国間の協議に日本を引きずり出すためでしょう。中国公船や“漁船”のエスカレートする行動をやめてほしければ、中国との二国間の協議に応じろ、ということです。

■具体的な対応は日本が決めること

――日本はどのように対応すべきだと思いますか。

ダットン 日本がどう対応すべきかについて、今はコメントを避けたいと思います。

 ただし日本側も、現状のままの対応では中国の今の行動を止めさせられないことは認識しているかもしれません。では、具体的にどうするかというのは、あくまで日本自身が考えて決めることです。

――尖閣諸島をめぐる日中の対立は、日本の同盟国である米国にとっても深刻な懸念材料のはずです。オバマ大統領は、『尖閣諸島は日米安保条約の適用範囲内だ』と言明し、尖閣が軍事攻撃を受けた場合には、条約の共同防衛の規定が適用され米軍も出動するという趣旨の政策を示しました。米国は現在の事態をどうみるのでしょうか。

ダットン 米国の当面の役割は、あくまで日本と中国との軍事衝突を抑止して、地域の安定を保つことです。

■「軍事衝突」の危険性を憂慮

 ダットン氏は以上のように中国の現在の行動の背景を分析し、尖閣諸島への攻勢がエスカレートしていることを強調しながらも、日本のとるべき対応についてはコメントを拒んだ。

 それは、やはりまずは日本自身が中国とどこまで対峙するのか、あるいは譲歩するのかを決めるべきだというもっともな反応のように思えた。さらにダットン氏は、米国の出方についても控えめなコメントに終始した。

 しかし、「日本と中国との軍事衝突」という表現をはっきりと述べたことは留意すべきだろう。それだけダットン氏は、軍事衝突が現実に起こり得る危険性を憂慮しているということである。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年8月20日 02:40:22 : bdcWHc5lIs : Iey26BhC67o[440]
元外交官
「97年の日中漁業協定で『暫定措置水域』を設定して、そこでは両国の漁船はお互いに、相手国の許可を得ることなく操業でき、両国の公船は自国の漁船についてのみ取り締まる権限を持つことにした。今回の事態は、中国側が設定している禁漁期が8月1日までなので、待ちかねた中国漁民がドッと押し寄せたというだけの話です」
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/187925

だそうですよ。


2. 中川隆[3663] koaQ7Jey 2016年8月20日 04:58:09 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[4043]

>今回の事態は、中国側が設定している禁漁期が8月1日までなので、待ちかねた中国漁民がドッと押し寄せたというだけの話です」


これは悪質な嘘

尖閣に居る中国漁船は偽物だよ

尖閣を漁場にしているのは台湾漁船だけ
中国本土から尖閣には遠過ぎて誰も行かない

福建省などの港から尖閣に到達するには、約20時間かかる。しかも、大量の燃料を消費することになる。


 現実問題として、中国の漁民が尖閣諸島で「漁」をしようとしても、ビジネスとしてペイしないんだ。

「日本人は殺せ」と言われているのに、何もしない日本政府


今、日本で「時代が荒れている」と思う人がかなり増えている。中国・韓国・北朝鮮が年を重ねるごとに横暴になっており、日本人に不安を与えている。

それも、当然だ。もう中国・韓国・北朝鮮では「日本人を殺せ」と公然と言われているのである。

それに対して日本の政治家は、相変わらず何もできていない。毅然と対応できないどころか、またもや謝罪外交をしたり、恫喝されて金を支払ったりしている。

そのため、「日本は失敗している」「日本はこのままでは駄目だ」と感じる人が増え、不安が増している。まさに、時代が荒れてきているのだ。

しかし、中国・韓国・北朝鮮が反日をエスカレートさせ、日本を激しく攻撃し、「日本人を殺せ」と言い始めているのは、日本にも問題がある。

日本が「3つの欠点」を放置しているから、中国・韓国・北朝鮮がつけあがっているという単純な話である。

「弱腰」「事なかれ」「先延ばし」

この3つをいつまでも引きずっているから、日本人は舐められ、「日本には何をしてもいい」と思われ、日本の立場はこれほどまで悪化している。

「弱腰」「事なかれ」「先延ばし」という欠点

もし2010年の尖閣諸島沖漁船問題に、日本政府が中国に対して毅然として対処していれば、尖閣問題はこれほどこじれることはなかった。

そして、韓国が竹島を占領しているのを放置しないで、自衛隊を派遣して取り返せば、韓国は2012年8月に大統領を上陸させるようなことはしなかった。

そして日本が韓国という敵国を叩きつぶすために国交断絶をしていれば、韓国とこれほど関わる必要性もなかった。

日本政府は何もしなかった。そして、これからも何かできるような兆候もない。なぜなら、「弱腰」「事なかれ」「先延ばし」という三大欠点を今も引きずっているからだ。

中国・韓国・北朝鮮は靖国神社参拝をするなと日本に恫喝している。日本は弱腰と事なかれ主義でその恫喝に屈して、安倍晋三首相は靖国神社の参拝をしなくなった。

日本は韓国の泥棒に仏像を盗まれているが、まだ全部返してもらっていない。事なかれと先延ばしで放置している。

従軍慰安婦は性奴隷ではなく戦場売春婦であることは分かっているのだが、日本は「謝罪しろ、賠償しろ」と恫喝され続けて、弱腰と事なかれ主義で、とうとう10億円払うことにした。

旭日旗は戦犯旗と言われても日本政府は何の抗議もしない。日本海を東海と言えと韓国が恫喝しても、日本は何も言わない。竹島を実効支配されて、大統領や議員が勝手に日本の領土に踏み込んでいるのに、日本は何もしない。

すべてにこの調子で、日本は「弱腰」「事なかれ」「先延ばし」とう三大欠点をずっと放置している。

いずれにせよ、「弱腰」「事なかれ」「先延ばし」という性格的欠点を放置している限り、何も解決できない。日本はますます侵略され、衰え、傷ついていく。

それならば、どうすればいいのか。

私たちはまず現実的になって、今までと逆の発想で日本を変えていくしかない。「弱腰」「事なかれ」「先延ばし」という性格をすべて裏返しするのである。

中国・韓国・北朝鮮には強気で抗議し、問題に向き合い、先延ばししないで闘うしかない。


はっきりと主張し、個人と個人で激突すべき

私たち日本人は、「相手を怒らせたくない」「相手と話し合いを持って協調したい」「無益な闘争はしたくない」とずっと考えてきた。

そして、それを政治的信条にして周辺国に気を使ってきた。

国家間の交渉の中で「無益な闘争はしたくないために、自分が折れる」というのは、相手にへりくだって卑屈になるのと同様である。それが長年の「謝罪外交」という屈辱のスタイルになっていた。

謝罪することによって、日本は何か得たのだろうか。

何も得ていない。得るどころか、日本の主権はどんどん失われていった。現在起きている問題は、この卑屈な姿勢で足元を見られて起きている問題なのである。

これは個人の立場でも言える。

私たちは中国・韓国・北朝鮮の人間たちに、「侵略するな」「反日行動をするな」「竹島を返せ」ときちんと主張してきただろうか。恐らく、心で思っていてもそれを主張して来なかったはずだ。

ただ黙って我慢してきたはずだ。そして、日本で、中国・韓国・北朝鮮を擁護する人がいても、面と向かって「それはおかしい」と言わなかったはずだ。

「個人にそんなことを言うべきではない」と、ぐっと我慢してきたはずだ。しかし、当の中国・韓国・北朝鮮は違う。

日本人個人に対して、はっきりと「お前たちが嫌いだ」「尖閣諸島は中国のものだ」「竹島は韓国のものだ」「日本人は謝れ」と恫喝してきている。

さらに反日デモが起きると、「日本人を殺せ」と公然と言い出しているのである。

それならば、私たちも「我慢すべきだ」だとか「対立したくない」という「弱腰」「事なかれ」「先延ばし」な態度は捨てて、はっきりと主張し、個人と個人で激突すべきなのである。


日本人は、戦いを避けてずっと負け続けてきた

誰かが何とかしてくれると思ったらいけない。そのうち収まるから静かにしていればいいと思ってもいけない。

そんな「弱腰」「事なかれ」「先延ばし」が、日本をここまで窮地に追いやった。私たちは自分のできるところから行動し、団結していかなければならない。

今までのように、理不尽を我慢するというのは間違いだ。相手の横暴を許容してはいけない。

許容というのは、互いに対等であり、互いに尊重し合っているときに必要なものだ。恫喝されているときに相手を許容するというのは、単に「言いなり」になるのと同じなのである。

相手を信じたり、許容する心はとても素晴らしいことであり、人間関係を保つには本当に必要な資質でもある。それは決して忘れてはならないものだ。

しかし、対立し、闘争を仕掛けられているというのは、ボクサーがリングに上がって闘っているのと同じ状況にある。

リングに上がれば、相手が誰だろうが叩きつぶすしか道はない。必死で戦わなければ、自分が叩きつぶされる。やらなければ、やられるのである。

戦いを避けていれば負けるに決まっている。ところが日本人は、戦いを避けてずっと負け続けてきた。個人も国家も「弱腰」「事なかれ」「先延ばし」で戦わずして負けた。

だから今、こんなことになっている。

そうであるならば、これからは今までと逆の発想で日本を変えていくしかない。「弱腰」「事なかれ」「先延ばし」という性格をすべて裏返ししていく。

欠点が何か分かっていれば、それを克服していけばいいだけなのだ。つまり日本人は3つの欠点を克服していけばいい。

日本を大切に思っている人はたくさんいる。そういった人たちと連携し、団結し、行動し、中国・韓国・北朝鮮のような明確なる反日国家と戦うべきだ。日本人はみんな自分の得意の分野で、戦いに入る必要がある。

日本人が持つ三つの大きな欠点を放置したままでいると、いずれ日本人は殺されていく。


韓国の「日本人を殺せ」のデモ。私たちは明確に「殺せ」と言われているのである。反日が仕掛けられている以上、いずれは何かが起きる。「弱腰」「事なかれ」「先延ばし」で対応できない日が来る。

中国の「日本人を殺せ」のデモ。「日本の男を見たら、すぐに殺せ。日本の女を見たら、すぐに犯せ」と書かれている。ここでも明確に私たち日本人は「殺せ」と言われている。

アウディ中国社員より。「たとえ中国が墓だらけになっても日本人を殺し尽くす。たとえ大陸に草が生えない荒野になったとしても釣魚島を取り戻す」と書かれている。ここでも明確に私たち日本人は「殺せ」と言われている


3. 大和狼[553] keWYYZhU 2016年8月20日 07:29:45 : 1hTYD6Y7o6 : OvL5FO82O2o[56]
バカだな中国。自分が死ね。

おい、中川。反日は止めたのか。

中国、韓国をネット攻撃しろ。


4. 2016年8月20日 08:23:21 : KzvqvqZdMU : OureYyu9fng[-844]
日本国内の。反日・売国勢力、朝日、東京、NHK、等々サヨクの存在が中国の
横暴を許しているのだ。
 サヨどもを黙らせるのが国防の第一だ。


[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理
5. やもめーる[-143] guKC4ILfgVuC6Q 2016年8月21日 10:13:07 : ud13ABJlS6 : pXd9D95feQs[-97]
>>3
お前こそ死ねエセヤマト(笑)
どうせ中川と同じエセキムチ「ニッポンジン」なんだろ?(笑)
キムタクみたいなええカッコしいの自分だけは違うという
ご都合主義的文章はやめろっつーの!!(笑)
まさに第二世界大戦の若き兵士達を見殺しにしたエセキムチニッポンジンどもの烏合の衆糞長州財閥の無責任極まりない軍の幹部連中と同じ考えだな。(笑)

[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK211掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK211掲示板  
次へ