★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK213 > 515.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
野党の最善の戦略は自民党憲法改正草案をたたくことだ  天木直人
http://www.asyura2.com/16/senkyo213/msg/515.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 9 月 27 日 11:15:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

野党の最善の戦略は自民党憲法改正草案をたたくことだ
http://xn--gmq27weklgmp.com/2016/09/27/post-5503/
27Sep2016 天木直人のブログ


 いよいよ、憲法改正の是非をめぐる国会攻防が始まった。

 蓮舫・野田民進党は自民党の憲法改正草案の撤回を求め、二階自民党幹事長は撤回しないと言い張った。

 どちらも、芝居をしているのならわかる。

 しかし、本気でそう言っているのなら、どちらも大きな戦略ミスを犯している。

 そもそも、自民党憲法改正草案のでたらめぶりについては、知る人ぞ知っている。

 たとえば情報月刊誌「選択」がその8月号で、この自民党憲法改正草案を次のように徹底的に酷評している。

 それは、自民党が野党時代につくった負の遺産であり、執筆者の右翼丸出しの磯崎陽輔憲法改正推進副本部長の執念と、草案発表当時の自民党総裁であった谷垣貞一の無関心の産物であったと。

 憲法改正を自己目的化するあまり細部に目が行き届かず磯崎に丸投げした安倍晋三は、ほとんど何も知らないに違いないと。

 自民党憲法改正草案の馬鹿さ加減の一つ一つを、ここで逐条的に指摘するまでもないだろう。

 個人主義を否定し、全体主義の臭いすらする自民党憲法改正草案は、国際的に見ても笑いものになる代物だ。

 だからこそ、物事のわかっている下村博文あたりが、持ち出してくれるなと森英介憲法審査委員長に注文をつけたのだ。

 さすがの公明党もこの自民党憲法改正草案だけは飲めない。

 だから野党は、自民党憲法改正草案の撤回を求めるのではなく、その逆に、それを白日の下にさらして、笑いものにすべきなのだ。

 その逆に、安倍首相が馬鹿でなければ、蓮舫・野田の要求を渡りに船とばかり、機会をみはからって、撤回に応じるというだろう。

 私だったらそうする。

 そのかわり民進党の案を出してくれというだろう。

 そうすれば攻守交替で、今度は民進党が追い込まれる事になる。

 対案を出すことが出来ず、出したが最後、民進党の案の都合のいいところだけをつまみ食いされて、民進党は改憲の片棒を担がされることになる。

 二階幹事長が、「撤回しない」と突っぱねたのは、その後に想定される安倍首相の、「撤回に応じる」という譲歩の「大英断」を、高く売りつける芝居であると考えれば合点がいく。

 そんな自民党の手に乗らないように、蓮舫・野田の民進党は、自民党憲法改正草案という時代錯誤の「古証文」を、白日の下に引っ張りだすのだ。

 はたして蓮舫・野田の民進党はその事に気づくだろうか(了)


自民党憲法草案の条文解説
http://satlaws.web.fc2.com/


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年9月27日 11:50:05 : 60zrsP9i5I : gDIlEHw40xw[308]
対案は、現状維持。これだけだ。

ところが実はレンホーや野田一派も改憲派であって争っているのは改憲の内容にすぎない。だから自民が緊急事態条項の追加だけの妥協案を出せば、受け入れるだろう。

それこそ自民の真の目標なのであって、いったん緊急事態を宣言すれば憲法は完全に停止、いかなることでも合法的に実行可能となる。

米軍の存在を歓迎する台湾人であるレンホーが党首に、自民別働隊の野田が幹事長となった理由はその会見準備態勢を整えるためだ。決して偶然ではない。


2. 2016年9月27日 12:16:20 : EHNodJa1EY : O2cxAGAJvyo[180]
>対案は、現状維持。これだけだ。
       ↑
    この文面は相反する文面じゃないと気づいていないのか
    支離滅裂だが無知人は気づかないだろうと思ってるんだね 
       ↓
>米軍の存在を歓迎する台湾人であるレンホーが党首に

、自民別働隊の野田が幹事長

となった理由はその会見準備態勢を整えるためだ。決して偶然ではない。


3. 2016年9月27日 12:20:12 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-8122]
2016年9月27日(火)
自民改憲案「ベース」にした議論認められない 志位氏強調

 日本共産党の志位和夫委員長は26日の記者会見で、安倍晋三首相が同日の所信表明演説で、憲法改定について「憲法審査会で議論を深めていく」と表明したことについて問われ、「日本共産党はもともと、憲法改定を発議する憲法審査会は動かすべきではないと考えている」と表明するとともに、「『自民党改憲案』を『ベース』にした審議はいよいよもって論外だ。認められない。この点ではほかの野党とも足並みをそろえていける」と強調しました。

 志位氏は、「自民党改憲案」の問題点として、(1)海外での無制限での武力の行使(2)国民の基本的人権の抑圧(3)立憲主義の全面的な否定―という特徴を挙げ、「憲法を憲法でなくしてしまうという内容です。首相はこの案を『ベース』に議論してほしいと述べており、これはまったく認められない」と強調しました。

 また、25日のNHK「日曜討論」で民進党の野田佳彦幹事長が「自民党改憲案」について「撤回しないと議論は進まない」と述べていることについて、「野党間で、憲法に対する考え方にはそれぞれ違いがありますが、『自民党改憲案』を認めない、許してはならないという点では、しっかりした一致があると思います」と強調。「『自民党改憲案』を『ベース』に憲法審査会を動かすというのが自民党の方針であるならば、これは到底応じられないということを野田幹事長が表明したわけで、これは大事な接点だと思っています」と述べました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-09-27/2016092702_02_1.html


4. 2016年9月27日 12:34:15 : zU3bOA6eeQ : D1Ln9H3teEc[15]
 自民党の改憲論は「刑法犯に刑法改正」を任せることと同じ。

 憲法は国民が政治や行政に課した縛りの法。

 改正は、国民が必要に迫られて言い出してから、国会で取り上げるか否かを検討するのがまっとうな方法。

 現在国民の多くは「真に憲法改正の必要」を感じていない。

 政権が「軍事力正当化」(や、戦前の国家体制復元)を目的として「改正論論陣」(例えば押しつけ論などをもとに)を大々的に張っているので国民が「なんとなく流されているだけ」だ。

 虎(日本会議・神道政治連盟流政権)に「翼」を与えてはいけない。

 国家100年の計を誤る。

 


5. 2016年9月27日 12:36:18 : 60zrsP9i5I : gDIlEHw40xw[311]
>>2
文脈が読めないということは、アスペだろう。

対案を求められ行き詰まる、という、いかにも対案を出さなければいけないかのような天木の主張については、現状維持を唱えればよいだけだと指摘してやった。

しかしレンホーや野田が現状維持を唱えると言っているわけではない。
彼等が現状維持を唱えるわけがないことはわかりきっている。

ではどうなるか。
自民は自民改憲案というデコイを引っ込め、緊急事態条項の追加に絞った妥協案を提示するだろう。
レンホーらは国家の緊急事態に対応するためには必要な改正としてその妥協案を受け入れ、自民案の成立を阻止したと手柄を誇るだろう。
そして大衆は、過激な自民案が阻止されてよかったと胸をなで下ろす一方、必要最小限の改憲なら仕方ないとして国民投票では改憲賛成票を投じるだろう。

こうして緊急事態条項というトロイの木馬が憲法の中へ埋め込まれる。
理解できたか?


6. 2016年9月27日 14:50:49 : DfvFVtihhM : GiBuxTOq8TE[39]

まずは、少数者が政権にふんぞり返って暴政をふるうことを可能としている
天下の悪法「小選挙区制」を廃止し、形式民主主義を取り戻すことです、
それが、主権在民の在り方。

「小選挙区制」をそのままにしている政党は、野党も与党も同じ穴のナントか,
それこそ憲法が泣いているのじゃありませんかね。


7. 2016年9月27日 15:52:53 : zU3bOA6eeQ : D1Ln9H3teEc[16]
>>5さん(4です)

 2コメントさんの「コメント内容」ははっきり言って「論旨不明」の主張です。私も読み直しましたが「普通の日本語理解力」(新聞を読んで論旨・意味が理解できる程度の能力の事)では理解できません。貴方の反論も無意味の可能性が高いでしょう。2さんはのコメントは自分よがり(=独りよがりの日記的)のコメント(自分にしか理解できない:他人が読んで理解できるか否か全く考慮しない・できない人の文章)のように判断します。

 あまりカリカリしないほうが宜しいと思いますが・・・。


8. 2016年9月28日 14:45:15 : 97W2ehZfd6 : doVKnCyRhmw[58]
対案は「日本国憲法」で十分だろ!

安倍は世界一になりたいんだろうが
世界唯一の日本国憲法は世界一どころか
別格だ!


9. 2016年9月28日 16:29:28 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-8104]
2016年9月28日(水)
立憲主義破壊の自民改憲案
衆院本会議で首相が撤回「拒否」

 安倍晋三首相は27日の衆院本会議の答弁で、自民党改憲案の撤回を求めた民進党の野田佳彦幹事長に対し、「撤回しなければ(憲法審査会で)議論ができないという主張は理解に苦しむ」と述べ、「拒否」する姿勢を明確にしました。

 安倍首相は「わが党の案をベースに」改憲論議を構築すると公言しています。しかし、自民党改憲案は、「個人の尊厳」を根本とする立憲主義と、日本国憲法の基本理念を全面破壊するものです。憲法の名に値しません。

 憲法の「改正」とはあくまで、憲法の基本理念を維持しつつ、その実現に必要な改良を図る範囲で許されるもの。基本原理を全面破壊するような「案」は論議のベースになり得ません。

 自民党改憲案の中身は、憲法13条の「個人の尊重」原理から、「個人」という根本概念を消し、97条の人権の永久不可侵規定は全面削除しています。99条の趣旨を曲げて「国民」が憲法を守るものとされており、国家権力を縛るという憲法の意味が自民案では百八十度逆転してしまいます。さらに自民案は、「公の秩序」による人権制約を認め(13、21条)、時の権力者の恣意(しい)的判断で人権制約が可能になります。個人を消し国家最優先の「憲法」へ逆戻りさせます。

 9条については、戦力不保持を定めた2項を全面削除し、世界中で無制限の武力行使を可能にします。前文にある侵略戦争への反省・不戦の誓い、平和的生存権の規定をすべて削除しました。平和主義の全面否定です。

 天皇の元首化や表現・結社の自由に対する「公益」による制約は、国民主権・民主主義の否定につながります。

 立憲主義を根本破壊するこうした自民党改憲案に固執する安倍首相と自民党自身に、憲法を論ずる資格がないというべきです。

(中祖寅一)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-09-28/2016092801_03_1.html


10. 2016年9月29日 22:35:22 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-8080]
Domestic | 2016年 09月 29日 19:30 JST
首相、自民改憲案固執せず

 安倍晋三首相は29日、参院本会議での代表質問で、憲法改正について「特定の党の主張が、そのまま通ることがないのは当然だ」と述べ、衆参両院憲法審査会で議論する際、自民党が2012年にまとめた改憲草案に固執しない考えを示した。財政再建の目安である基礎的財政収支(プライマリーバランス)の20年度黒字化の目標に関して「経済・財政一体改革を不退転の決意で断行し、経済再生を図りながら実現していく」と強調した。

 改憲議論を巡って、首相は「大切なのは各党がそれぞれの考え方を具体的に示すことだ」とし、各党に見解を示すよう改めて求めた。

⁅共同通信⁆

http://jp.reuters.com/article/idJP2016092901001588


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK213掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK213掲示板  
次へ