★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK214 > 273.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「ポスト安倍」は与野党をまたぐ政権になると言った民進党議員  天木直人
http://www.asyura2.com/16/senkyo214/msg/273.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 10 月 11 日 12:40:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

「ポスト安倍」は与野党をまたぐ政権になると言った民進党議員
http://xn--gmq27weklgmp.com/2016/10/11/post-5545/
11Oct2016 天木直人のブログ


 安倍政権の政策がすべてに行き詰っている事は、もはや誰の目にもあきらかだ。

 しかし、だからといって、民進党が今のままで、選挙で安倍自公政権を破って再び政権に返り咲く、などという事を本気で考えている国民は一人もいないだろう。

 ましてや共産党と民進党の連立政権などあり得ない。

 だから、ここにきて、自民党内のポスト安倍をめぐる動きが報じられるようになった。

 野党が倒せないなら自民党が安倍首相をおろすしかないというわけだ。

 しかし、政権交代といい、自民党内のポスト安倍の動きといい、今無理をして安倍首相を変えようとしても無駄だ。

 そんなことをするよりも、むしろこのまま安倍首相に好きなようにやってみろ、と突き放すべきなのだ。

 そうすれば、安倍首相は、どんなに嘘を重ねても、そしてどんなにメディアがそれに加担して持ち上げても、早晩、どうにもならないほど行き詰まり野たれ死ぬ。

 それほど安倍首相の抱えている内外の問題は深刻であり、安倍首相とその側近の頭では解決不能なのである。

 それではどうすればいいのか。

 安倍首相の後は、挙国一致政権となって安倍首相が重ねた失政の数々を修復しなければいけないのだ。

 そして同じ様な事を考えている国会議員がいることを私は知った。

 10月9日の日経新聞「風見鶏」が書いていた。

 民進党のある中堅幹部が次のように語っていたと。

 自民党が安倍首相のまま限界まで引っ張るというのなら歓迎だ。その後は与野党をまたぐ政権交代になると。

 まさしく私の言う与野党を超えた危機管理の挙国一致政権だ。

 そんな時が来るときは、日本危機である。

 しかし、そこまで行かないと日本の政治が変わらない。

 税金泥棒の政治家はなくならない(了)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年10月11日 12:48:47 : 4MyIweHKEY : RHywMCOG4uk[5]
首相の座 待つか攻めるか
2016/10/9付 日本経済新聞

 政治家は好きな小説にも個性がでる。印象深かったのは小泉純一郎氏だ。

 首相だった2003年のインタビューで司馬遼太郎の国盗り物語、新史太閤記、関ケ原、城塞の4冊を挙げた。「権力闘争とはこういうものかと分かる。どんな哲学書、政治関係の本よりも面白く、得ることが多かった」と語った。

 小泉氏は自民党総裁選で2度惨敗し、3度目に勝利した。総裁選に関してこう話したこともある。「権力者に挑んで負ければ戦国時代なら打ち首だ。民主主義はいいね。激しく権力闘争をしても命までは取られない」。冗談めかしながら実感がこもっていた。

 政治家は決断力が問われる。なかでもトップの座にどういう手段とタイミングで上り詰めるかの判断は難しい。実力者に反旗を翻して敗れた時のダメージは計り知れないからだ。

 自民党内では次の「天下取り」への戦略を大いに左右する議論が進んでいる。安倍晋三首相の総裁任期は18年9月末。二階俊博幹事長ら執行部は「連続2期6年まで」という上限の延長に動いている。党則改正によって安倍氏が3選を果たせば、21年まで首相を続投する道が開ける。

 「ポスト安倍」に名前が挙がる石破茂前地方創生相や岸田文雄外相、野田聖子元郵政相らは内心穏やかではないはずだ。

 石破氏は9月に講演で任期延長への考え方を質問されると「なるべく私は言わないようにしている」と前置きして続けた。「総裁任期がある限りみんなで目いっぱい支える。だとすれば任期がぎりぎり近づいてからでもいいんじゃないかという考え方もあり得る」

 岸田氏に近いベテラン議員は「権力は必ず腐敗する。派閥の全盛時代ですら総裁任期には上限があった。執行部の力が強い今の制度の下で延長すべきだとは思えない」と漏らす。

 8月の内閣改造で自ら望んで閣外に出た石破氏は「主戦論」、外相として引き続き政権を支える岸田氏は「禅譲論」に傾いているように映る。次の総裁選をにらんだ駆け引きはすでに始まっている。

 かつて「首相の座に最も近い」といわれた加藤紘一元幹事長が亡くなって1カ月が過ぎた。9月15日に都内で営まれた告別式では、反・経世会(旧竹下派)を掲げて「YKKトリオ」を組んだ山崎拓、小泉両氏が遺影の前で言葉を交わす場面があった。

 小泉氏は記者団に「なぜ首相になれなかったのか不思議だ。若い頃から非常に優秀だった。惜しい人を亡くした」と振り返った。

 加藤氏は1999年の総裁選に周囲の反対を押し切って出馬し、小渕恵三首相と決定的に対立。それが伏線となって1年後の森内閣で野党提出の内閣不信任決議案に同調する「加藤の乱」を起こし、鎮圧されて返り咲きの芽をつぶした。

 主流派との2度の対決を悔やんでいるかを晩年に尋ねたことがある。加藤氏はしばらく考えて答えた。

 「経世会の用意した御輿(みこし)に乗って首相になっても思うような政治はできないという思いがあった。でも仲間に迷惑をかけたし、甘かったと言われればそうだね」

 党内力学に従って機が熟すのをじっと待つか、それとも信じる政策の旗を掲げて果敢に攻めるか――。今も昔も選択は難しい。

 民進党の中堅議員の声も紹介したい。「自民党が安倍首相のまま限界まで引っ張るというのなら歓迎だ。『ポスト安倍』は再び与野党をまたぐ政権交代になる可能性が高まる」。何が正解かは、後になってみないと分からない。

(編集委員 坂本英二)

http://www.nikkei.com/article/DGKKASFS07H1E_X01C16A0PE8000/


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK214掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK214掲示板  
次へ