★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK214 > 633.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
≪大暴言≫山本農林水産相「強行採決するかどうかはこの佐藤勉(衆議院議院運営委員長)さんが決める」(佐藤氏のパーティーで)
http://www.asyura2.com/16/senkyo214/msg/633.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 10 月 19 日 14:00:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

【大暴言】山本農林水産相「強行採決するかどうかはこの佐藤勉(衆議院議院運営委員長)さんが決める」(佐藤氏のパーティーで)
http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/23310
2016/10/19 健康になるためのブログ




http://www.asahi.com/articles/ASJBL753MJBLUTFK01Q.html

山本有二農林水産相が18日に開かれた佐藤勉・衆院議院運営委員長のパーティーで、環太平洋経済連携協定(TPP)の承認案を審議する衆院の特別委員会をめぐり、「野党が必ず強行採決するだろうと総理に質問するが、強行採決するかどうかはこの佐藤勉さんが決める」と言及した。

 山本氏はTPPの関係閣僚。同委員会の自民党理事が「強行採決」に触れて辞任しており、安倍晋三首相が「我が党は結党以来、強行採決をしようと考えたことはない」と答弁していた。



以下ネットの反応。














17日に安倍総理が国会で「結党以来うんぬん」とふかしたばかりなのに、18日の夜には大臣がこの発言ですからね。いかに驕り高ぶっているかがよくわかります。「この世をば」なんて道長チックな奴ばかりなのでしょう。



 
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年10月19日 14:14:11 : lLjaSDy0ho : k0bD3nBBsyY[12]
TPP 民進・蓮舫代表ら「巨大与党バックにした政府のおごり」と反発 山本有二農水相の「強行採決」発言に
産経新聞 10月19日(水)11時51分配信

 山本有二農林水産相が環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)承認案の国会審議をめぐり、強行採決の可能性に言及した件を受け、「慎重かつ丁寧な審議」を求めてきた民進党からは19日午前、反発の声が相次いだ。

 蓮舫代表は参院本会議前の党会合で、安倍晋三首相(自民党総裁)が18日の衆院TPP特別委員会で「結党以来、自民党は強行採決を念頭に運営したことはない」と答弁したことを引き合いに、山本氏の発言を批判。「政府の中で意見が統一されていないことが明らかになった」と述べた。

 民進党の笠浩史国対委員長代理は記者会見で「閣僚として極めて不適切で、信じられない発言だ」と不快感を表明し、「今の巨大与党をバックにした政府のおごりであり、緩みの極みだ」と非難した。

 その上で19日午後に開かれる衆院TPP特別委で、山本氏に発言の真意をただす考えを示した。

 山本氏は18日夜、都内で開かれた自民党の佐藤勉衆院議院運営委員長のパーティーで、TPP承認案の審議をめぐり「強行採決するかどうかは佐藤氏が決める。だから私は、はせ参じた」と発言した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161019-00000513-san-pol


2. 2016年10月19日 14:16:14 : lLjaSDy0ho : k0bD3nBBsyY[13]
「強行採決」発言、農水相謝罪=野党反発、TPP不透明に
時事通信 10月19日(水)13時15分配信

 今国会最大の焦点である環太平洋連携協定(TPP)承認案・関連法案をめぐり、担当閣僚の一人、山本有二農林水産相が強行採決の可能性に言及した。

 強引な国会運営を警戒する野党は反発。山本氏は19日の衆院TPP特別委員会理事会で「国会が決めるべきことに関し、行政から不適切な発言をして申し訳ない。撤回したい」と謝罪したが、同特別委は午後1時予定の開会がずれ込み、審議の行方は不透明になった。

 月内衆院通過を目指す与党は、同特別委での地方公聴会の24日開催を19日に議決する方針だったが、再検討を迫られる可能性も出てきた。

 公明党の山口那津男代表は参院議員総会で「何のために厳しい日程の中でやりくりをしているのか。そうしたことが無になるような発言は厳に慎むべきだ」と山本氏を批判した。同党の井上義久幹事長は自民党の二階俊博幹事長との会談で「問題ある発言だ。すぐに対応すべきだ」と抗議。二階氏は陳謝し、菅義偉官房長官に「緊張感を持ってやってほしい」と電話で申し入れた。

 菅長官は山本氏に電話で「誤解を生じさせるような発言は厳に慎むように」と厳重に注意。山本氏はその場で陳謝し、発言を撤回した。菅長官は記者会見で「政府としては強行採決は全く考えていない」とも語った。

 一方、民進党の山井和則国対委員長は党の会合で「これから議論しようというときに担当閣僚が強行採決に触れることは前代未聞だ。巨大与党のおごりと緩み以外の何物でもない。ただ単に謝罪したら済む話ではない」と強く反発した。

 山本氏は18日、佐藤勉衆院議院運営委員長(自民)の会合で「強行採決するかどうかは佐藤さんが決めると思っている」と発言していた。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161019-00000060-jij-pol


3. 小池さん[1] j6yScoKzgvE 2016年10月19日 21:57:43 : 91nFghDIUM : Qoa768phBoc[1]
佐藤勉も同罪でしょ。ニコニコ笑ってたから。佐藤勉っていつもそうだよね。誰かの陰にかくれて、中々わからないけど、熊本地震の時も役職なのに、誰かのパーティーに出てたり、一番悪だね。

4. 2016年10月19日 23:13:20 : ge82Jvqjdk : KAHImNPipgQ[246]
『この件は、少なくとも“閣僚辞任”であり、本来は“議員辞職”に相当する。』

要は「国会のルール」を無視しても構わないって明言してるんだから、国会議員の資格は無いってことさ。撤回・謝罪して済む問題ではない。政治家としての“法”を逸脱した妄言であり、徹底的に糾弾されなければならない。
この件や<ウソツキしんちゃん>の「<南スーダン>は永田町よりは危険」ってな軽口発言をやり過ごしてはならないのである。
この軽口の中に<ウソツキしんちゃん>の本質が露呈しているのである。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK214掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK214掲示板  
次へ