★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK215 > 205.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
野党は核兵器禁止国連決議に反対した安倍内閣に総辞職を迫れ  天木直人
http://www.asyura2.com/16/senkyo215/msg/205.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 10 月 29 日 10:10:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

             核兵器禁止条約 決議案が国連の委員会で採択 日本は反対 :NHK 


野党は核兵器禁止国連決議に反対した安倍内閣に総辞職を迫れ
http://xn--gmq27weklgmp.com/2016/10/29/post-5605/
29Oct2016 天木直人のブログ


 日本が核兵器禁止条約の交渉開始を求める国連決議に反対した.

 きょう10月29日の各紙は、それを報じる記事と言い、社説といい、識者の言葉といい、どれも一斉に厳しく批判している。

 それほど大きな外交失策であったということだ。

 なにしろ戦後70年、唯一の被爆国を掲げて世界に示してきた外交のすべてを失う歴史的失策である。

 しかし、ここで私が書きたいのは、批判を繰り返す事ではない。

 国会会期中におかしたこれほどの大失策であるにも関わらず、野党の国会追及がまるでぬるい。

 安倍首相はきのう10月28日のTPP衆院特別委員会で、「簡単な判断ではなかった。被ばく国だからこそ、現実に核なき世界に向かって世界を進めていきたい」と答弁したらしい。

 民進党の緒方林太郎議員の質問に答えたという。

 安倍首相がこのような間抜けた答弁をする事については、もはや驚きも、怒りも感じない。

 しかし、よくも野党の緒方林太郎議員は、こんな答弁をされて、聞き流したものだ。

 共産党や社民党は何をしているのかと思ったら、きょう10月29日の毎日新聞の記事で知った。

 志位和夫共産党委員長はツィッターで「米国の圧力に屈して反対したのは情けない対応だ」と批判したという。

 国会でこそ追及すべきだ。

 護憲政党はもとより、野党はいまこそ共闘して安倍首相に内閣総辞職を迫るべきだ。

 少なくとも岸田外相の罷免だけは勝ちとらなければいけない。

 それほど大きな外交失策なのである。

 かつての政治ならそれが起きた。

 今の政治はあまりにも平和外交の重要さについて鈍感になってしまった。

 安倍首相がやりたい放題の外交ができるはずだ。

 岸田外相が意味不明の釈明を平気で出来るはずだ。

 何よりも、稲田防衛相が防衛相にとどまっていられるはずである(了)


              ◇

核兵器禁止条約 決議案が国連の委員会で採択 日本は反対
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161028/k10010747411000.html
10月28日 10時18分 NHK

核兵器を法的に禁止する初めての条約の制定を目指す決議案が国連総会の委員会で採決にかけられ、123か国の賛成多数で採択されましたが、アメリカなどの核兵器の保有国に加え、アメリカの核の傘に守られ、段階的な核軍縮を主張している日本も反対に回りました。

この決議はオーストリアなど核兵器を保有しない50か国以上が共同で提案したもので、核兵器を法的に禁止する初めての条約の制定を目指して、来年3月からニューヨークで交渉を始めるとしています。

決議案は、27日夕方(日本時間28日朝)、ニューヨークで開かれている国連総会の第1委員会で採決にかけられ、賛成123、反対38、棄権16の、賛成多数で採択されました。
採決では、核兵器の保有国のうちアメリカやロシアなどが反対したのに対し、中国やインドは棄権して対応が分かれました。

また、唯一の戦争被爆国として核兵器の廃絶を訴えながら、アメリカの核の傘に守られている日本は、核軍縮は核保有国と非保有国が協力して段階的に進めるべきだとして、反対に回りました。

決議の採択を受けて、オーストリアのクグリッツ軍縮大使は「核兵器の法的禁止に努力してきた国々や市民社会の勝利だ。長年にわたって核兵器の非人道性を訴える活動を続けてきた成果だ」と意義を強調しました。

今回の決議がことし12月に国連総会の本会議でも採択されれば、来年3月から核兵器禁止条約の制定に向けた交渉が始まることになり、世界の核軍縮の流れにどのような影響を及ぼすのか、注目されます。

日本 立場反映されなかったことが反対の理由

日本の佐野軍縮大使は、核兵器を禁止する条約の制定を目指す決議に反対したことについて、「核軍縮を実効的に進めるには、核保有国と非保有国の協力がなければならない。国際社会の総意で進められるべきだと強く求めたが、受け入れられなかった」と述べ、決議案に日本の立場が反映されなかったことを反対の理由に挙げました。

一方、日本が23年で連続して提出してきた、核廃絶を呼びかける決議について、ことしは、去年を上回る167か国が賛成し、去年反対したアメリカが共同提案国にもなったとして、「核軍縮を現実的に実践的に進めるという日本の考え方が幅広く支持された結果だ」と述べ、その意義を強調しました。

「被爆者の訴えで非人道的という認識広がった」

核兵器を法的に禁止する初めての条約の制定を目指す決議が採択されたことについて、主導的な役割を果たしたオーストリアのクグリッツ軍縮大使は「核兵器の被害の実態を知る被爆者が訴えてきたことで、核兵器が非人道的だという認識が国際社会の中で広がった」として、この間、広島や長崎の被爆者が果たした役割が大きかったという認識を示しました。

そのうえで、来年3月から始まる核兵器禁止条約の制定に向けた交渉について「交渉は今回の決議に賛成しなかった国にも開かれている。核保有国や核の傘の下にある国にも核兵器禁止条約に関わるよう促していきたい」と述べ、日本も含め決議に反対した国々にも交渉への参加を呼びかけました。

国際NGO 日本の反対に憤り

国際NGO、ICAN(アイキャン)の核兵器廃絶国際キャンペーンの川崎哲国際運営委員は、今回の決議案に日本政府が反対したことについて、「驚くとともに憤りを感じている。日本は核のない世界を目指すという目標を掲げておきながら、核兵器禁止条約の交渉を拒否した。日本政府はこれまで核兵器を持つ国と持たない国の橋渡しをすると言ってきたが、今回反対したことで、完全に軸足を核保有国側に移したと言える。国内でも理解されるとは思えないし、強く抗議をしていきたい」と述べました。

また、今後の核兵器禁止条約制定を目指す交渉について、「早く交渉が進み、核兵器の禁止が国際法になるよう働きかけていきたい」としたうえで、「日本政府にも考え方を改めて、交渉に参加してもらいたい」と述べました。

また、ICANの核兵器廃絶国際キャンペーンのベアトリス・フィン事務局長は、核兵器禁止条約の制定を目指す決議案が採択されたことについて、「歴史的なことで非常にうれしく感じている。核兵器をなくすための交渉がほとんど進まなかった20年がようやく終わることになり、国連にとっても極めて重要な瞬間だったと思う。多くの国が、反対を求める核保有国からの圧力を受けながら、賛成してくれた」と述べ、意義を強調しました。

そして、「核兵器による被害を最もよく知る被爆者の声が、決議の採択に至る過程でも非常に重要だったし、今後の交渉の過程でも重要になってくる」と述べ、広島や長崎の被爆者が条約の制定に向け重要な役割を果たすという認識を示しました。

その一方で、日本政府がアメリカなどに同調して決議に反対したことについては「非常に落胆させられた」と述べ、強い失望感を示しました。

世界の核軍縮停滞への不満と危機感が背景に

核兵器禁止条約をめぐる議論の背景には、世界の核軍縮が既存の国際法の枠組みの下で停滞していることへの各国の強い不満と危機感があり、核兵器の非人道性に焦点を当てて核兵器そのものの違法性を明確にすべきという、国際世論の高まりがありました。

これまで世界の核軍縮の枠組みとしては、核兵器の保有国と非保有国にそれぞれ異なった義務を課し、核兵器の廃絶を目指すNPT=核拡散防止条約がありましたが、段階的な核軍縮を主張する核保有国と速やかな廃絶を訴える非保有国の対立から交渉は停滞し、去年開かれた5年に1度の再検討会議でも議論が紛糾しました。

また、核実験を禁止するCTBT=包括的核実験禁止条約も、国連総会で採択されてから20年が経過したにもかかわらず、アメリカや中国が批准していないことから、いまだに発効していません。

今回の決議がことし12月に国連総会の本会議でも採択されれば、来年3月から核兵器禁止条約の制定に向けた交渉が始まります。しかし、アメリカなどは核抑止力に依存する世界の安全保障の現実を考慮せずに核軍縮は進められないとして決議に強く反対しており、条約の制定までには多くの曲折が予想されます。

日本は、アメリカの核の傘に守られている立場から核兵器の即時禁止に慎重な立場をとっていますが、広島や長崎の被爆者などは禁止条約の制定に強い期待を寄せています。

官房副長官「わが国の基本的考えと合致しない」

萩生田官房副長官は閣議のあとの記者会見で、「慎重な検討を重ねた結果、反対票を投じた。北朝鮮などの核、ミサイル開発への深刻化などに直面している中で、決議は、いたずらに核兵器国と非核兵器国の間の対立を一層助長するだけであり、具体的、実践的措置を積み重ね、核兵器のない世界を目指すというわが国の基本的考えと合致しないと判断した」と述べました。

一方、萩生田官房副長官は、日本が提出した核廃絶を呼びかける決議に、ことしは、去年を上回る167か国が賛成し、去年反対したアメリカが共同提案国になったことについて「わが国決議こそが、核兵器国と非核兵器国双方が、ともに目指すべき核兵器のない世界の道筋を示していることを表している」と述べました。

サーロー節子さん「核廃絶に向けた第一歩」

核兵器を法的に禁止する初めての条約の制定を目指す決議が採択されたことについて、国連などの国際会議で核兵器廃絶を訴えてきた広島市出身の被爆者、サーロー節子さんは、「NGOなどと協力しながら、何年もかかってようやくここまできた。核廃絶に向けた第一歩になった」と評価しました。

そのうえで、「核兵器禁止条約という目標が定まったので、今後の交渉に向けても核兵器がどれほど危険か被爆者として訴え、条約が早く制定されるよう促していきたい」と述べ、各国への働きかけを続けていく姿勢を示しました。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年10月29日 12:27:55 : 4aYEhGpTOk : EXCpt03lw@8[33]

一番驚いているのは米国、ロシアなどの核保有国ではないか。

「日本は被爆国なんだから、遠慮しないで廃絶の先陣を切って良いんだよ!」

「日本が引っ張らないでどうすんだよ!!」

が世界の常識でしょう。


2. 2016年10月29日 13:02:43 : 2pD4RKCKtA : 2TeND_UYHXA[3]
総辞職を迫れ?
野党に頼むの?
天木さん、あんた間違ってるよ
総辞職を迫らなきゃならないのは国民な
ここで立ち上がらせないでどこでやるんだと

3. 2016年10月29日 13:11:40 : PfR99B4l1U : U_RiyyuFMg8[59]
■どこのだれが見たって

 衣の下に隠した刃物に

 気づかんアホな国などあらへんわな!

 戦後私たちの先輩が

 長い時を経てコツコツ築いてきた

 『信頼するに足りる国ニッポン・・・かな?』・・・の財産

 ・・・を一瞬にして失ったわ!

 アホのやることと見過ごす訳にはいかんぞな!

 明日からにも 日本に向けて飛んでくる核兵器を

 心配せなあかんがな!

 国内からは放射能が・海外からは核兵器が

 飛んでくる・・・あほアベは立派な指導者だこと!



4. 佐助[3938] jbKPlQ 2016年10月29日 13:17:03 : EPbzpPtFcg : JZu5dAhutnk[77]
北朝鮮の核実験・ミサイルによって表面化してきた。それは
平和憲法を変えて核武装し、世界の憲兵の仲間入りをしたいという流れが、いまや多数派である。

使用ズミの核燃料処理も考えずに各国が原発計画する最大の理由は何か?それは核拡散防止条約さえなければ、ただちに核の均衡防衛策に切替えられるからだ。だから、日本人が直観的に被爆体験と原発不安を重さね合わせるのは、十分な根拠がある。 しかも最近は既得権益が失われることに抵抗していることがわかってきた。特にカネに群がる跋扈。

では,ナゼもっと低い発熱量を放射する原子を燃料棒に採用しないのか?それは、濃縮されたウラニウムやプルトニウムなら、スグに原爆を作成できるからだ。米国の核の傘の同盟国で原発稼働国は、米国に最新兵器をねだって断わられたら「原爆保有国になる」と脅迫している。

しかし米国で最新のレーザ砲やロシアで電子集積最強砲が開発されてきた,5種類の電子をどう集めたのか知りたいところだが。電子を集め記憶再生もできる。別に原爆保有国にならなくても,ミサイル基地の上空に電子を集めて破壊させることもできるでしょう。日本は核武装しなくても日本列島を守ることができる。原発の放射能で自滅するしかない。

これを解消させるには産業革命しかない。


5. 2016年10月29日 18:21:38 : bYUTlGq7cE : 3JjNxXW4xdg[484]
「核兵器廃絶」でノーベル平和賞を受賞したオバマ大統領が広島を訪問した。
オバマ大統領に敬意を払う意味でも、賛成するのが当然であった。

6. 2016年10月30日 00:17:43 : t3EZ96TTxM : 4h_mS6@kbxY[45]
「核兵器禁止国連決議に反対した」って事は、日本も核を製造するって事だよな。
たしかイラクはアメリカに「核施設を持っているのではないか?」と疑われた為に劣化ウラン弾のじゅうたん爆撃を受けたんじゃなかったか?
でも実際にはイラクには核施設は無かったんだよね。
すると日本も安倍晋三のせいで第二のイラクになるかもしれないって事だよね。
それともオバマさんと密約でもあるのか?
「日本は特別だよ、オトモダチだから、その代わり、アメリカ兵の身代わりに自衛隊を出してよね」なんて言われたのか?


7. 名阪神高速浪速[164] lryN45BfjYKRrJhRkaw 2016年10月30日 02:18:08 : vUDSGtBdP6 : lIqufawsPR4[5]
人類の歴史の歴史上、他国の一千倍忖度する三流国家、日本。

8. 2016年10月30日 09:35:39 : bYLiTFC55s : U5AdSJsPd0M[242]
まったくだ!くそ総理はなにを考えてんだか。外務大臣も大変だよな!

必死に釈明してたが、いまいち何を言おうとしてるのか不明だったな!


9. 2016年10月30日 09:49:56 : t3EZ96TTxM : 4h_mS6@kbxY[47]
>>3. さん
>国内からは放射能が・海外からは核兵器が飛んでくる・・・あほアベは立派な指導者だこと!

ダメだよ、「あほアベ」は皮肉なんて通じないんだから。
本当に褒められたと思って、ますます調子づいちゃうんだから。

ダメなものはダメ!ってきちんと・しっかりと・丁寧に説明してやらないと、褒められたと勘違いして、次はもっともっとダメ政治をやらかす。
原発はどんどん再稼働する・TPPは世界を率先して加入し、戦争はやる・福祉は切り捨てる・外国に金はジャンジャンばらまく・増税はする・憲法は改悪すると、悪の限りの政治をやりつくしてとどまるところを知らないんだから。


10. 2016年10月30日 12:23:19 : 6UrCVO81aQ : 9Yvs_JjGUbM[114]
日本が北朝鮮の核開発に対して、賛美しても批判する資格はないだろう。

日本は北朝鮮への制裁措置を即刻中止するべきだと言うことにならないかね。

日本って本当に可笑しな国だね〜。要するに、政治が独立国家として機能していないと言うことだね!


11. おじゃま一郎[5699] gqiCtoLhgtyI6phZ 2016年10月30日 15:55:30 : VRRGhO6rac : vGnkldxG3@M[3]
国際条約に関することは、内閣の専任事項なので
国会で議論はしない。蓮舫もそう言い切っている。

12. 2016年10月30日 22:11:51 : RQpv2rjbfs : DnS7syXjc2g[388]
最近で一番はずかしい、国辱だ、みっともないから唯一の被爆国としてなんか金輪際言うな。

安倍の野郎ほっとくとそのうちアメリカの靴までなめるぜ。


13. 2016年10月31日 02:21:34 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[1150]
  自民党としての意向イコール内閣としての意向となっており、国会はあたかも自民党大会の様相を呈しているのだから話にならないが、要は、米国の核の傘で守られたい、と公言している以上、その核が無くなれば傘が無くなるのであるから、核は無くして貰っては困る、という理屈なのだろう。
  とはいうものの、北朝鮮など核を有している国の攻撃を避けるために抑止効果として核保有国の傘を借りねばならないところ、世界から核が無くなれば即ち核の脅威が無くなるのであるから、核の傘に入れてもらう必要もなくなるのである。
  核の脅威が無くなっても尚、米国には核の傘であって欲しい、などとは、核保有国に過大な負担と矛盾を押しつけるものであり、核保有に血税を使用する米国納税者に対しても失敬な話である。
  つまり、核兵器禁止条約を日本が批准することは、将来核保有国を無くす高い理想を掲げる意図であり、核を持つ国の脅威を取り除き、核の傘を不要とし、米国納税者に負担を掛けなくても済む、という配慮からも、借りる側の意思として重要なのである。
   必要だからいつまでも核の傘を持ち続けて欲しい、などの意図で日本が批准しないのは、米国納税者に対しても非常に傲慢であると言えるだろう。
   傘を貸す側の意図とは全く別に、借りる側が借りなくても済むように、核の脅威の無い世界を目指す為に批准票を投じるのは、当たり前のことである。
   それより何より、国民の意向とは全く正反対を国際的に表明するのは、国会を国権の最高機関としている議院内閣制における政権党として完全に失格である。
   批准するか否か、与野党問わず、支持者の声を聞き、代議士として国会にて充分議論し、その結果を民意として国際社会に反映させるのが、首相、閣僚らの役割なのである。
   核保有はタダでは無く、膨大なコストを要し、その分国税が福祉に充当されないのであるから、租税主義国であれば国民の意思の確認は不可欠であり、かつ、核の傘を借りている以上は、米国納税者の負担に関して日本国民がどう考えるかも問われる。
   核保有を是とする軍産複合体と納税者は同じ米国民でも違うのであり、そこは踏まえないとならないのは、日本の国民と防衛関係者の思惑の違いと同様である。
   とにかく、豊洲問題では無いが、検討の結果、と萩生田官房副長官は述べているようだが、相変わらず主語が無い。
   どこで、誰が、どういう会議で検討し、否決を決めたのか、少なくともその経緯を国会で明らかにさせるべきである。
  

14. 2016年10月31日 13:15:51 : rrhrFN6JLd : C6EI10g_Gy4[1530]
>>11 国際条約がアホなアメポチ犯罪内閣の専任事項って?アホかお邪魔。日本に不利な国際条約をだろ。

15. 2016年12月07日 22:18:08 : btr4HBfL2s : TkB5GQGbDoo[17]
.
(唯一の戦争被爆国であり、核兵器の非人道性を訴えてきた。だから核兵器禁止条約に日本は賛成すべきだ)・・・これは知恵の回らない政党(民進党を始めとする無責任野党)の愚説です。

核兵器が軍事のみならず、外交力として どれほど威力を持っているのかを 保有国は知っています。 これが即ち安全保障だからです。
近隣の(ならず者国家・・・中国・ロシア・北朝鮮) が日本に対して手出しできないように対策を持たなければ、均衡を保つことはできません。
核兵器が偏在している国際社会の現状に対し、世界の滅亡という危機から脱するための知恵を世界中から発信すべきす。 しかし、その知恵もないままに(ならず者国家)が群れる中で核兵器禁止条約に飛び込むのは非常に危険なことです。 唯一の被爆国であれば尚更のこと。 日本は二度と被害に遭ってはならないから安全を担保するのです。
●安全保障を確保する意味で、日本は選択肢を狭めたら 今後の外交で太刀打ちできなくなります。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK215掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK215掲示板  
次へ