★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK215 > 645.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小沢氏「自民、天につばする」 二階氏の発言について ≪自由党共同代表 定例記者会見≫ 野党連携 動く野田氏 小沢氏
http://www.asyura2.com/16/senkyo215/msg/645.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 11 月 08 日 21:37:06: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 




小沢氏「自民、天につばする」 二階氏の発言について
http://www.asahi.com/articles/ASJC866YLJC8UTFK018.html
2016年11月8日19時27分 朝日新聞

■小沢一郎・自由党代表 

(「民主党政権はセンス、経験のなさで震災対応に失敗した」との二階俊博・自民党幹事長の発言について)自民党がそういうことを言うのは天につばすることだ。民主党も結局、自民党の方法を超えられなかったから、大衆の支持を得られなかった。自民党と同じことをしてはいけない。復興庁を作ったが、何の役にも立っていない。窓口が二つできちゃって、復興庁にも元々の役所にも陳情しないといけない。二度手間だ。役人のポストを増やすだけだ。それよりも良い機会だからひもつき補助金をやめ、震災の期間だけでいいから、みな地方に一括でやれと外野から言ったが、結局は役人の縦割りのやり方を変えられなかった。(記者会見で)








2016.11.8 小沢一郎・山本太郎共同代表 定例記者会見動画
http://yamamototaro.org/event1919/
山本太郎となかまたち

2016.11.8 自由党定例記者会見


2016年11月8日、「自由党」の定例記者会見がありました。
日付:2016年11月8日
時間:16:30〜
会見者:小沢一郎・山本太郎共同代表




野党連携“三角関係”の行方は?動く野田氏 小沢氏
http://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2016_1107.html
11月7日 19時40分 NHK




「安倍1強」と言われる政治状況が続いていますが、野党の目標は同じ、次の衆議院選挙で自民・公明両党から政権を奪うこと。しかし、そのために野党連携にどう取り組むのかをめぐる思惑の違いが表面化し、民進党と共産党、それに民進党最大の支持組織で、労働組合の中央組織「連合」の3者で、“三角関係”となっているのです。
“三角関係”がこじれる中、犬猿の仲とも言われた野党の大物2人が動き出しました。次の衆議院選挙の帰趨(きすう)にも影響を及ぼすと見られる野党連携の行方はどうなるのか。政治部野党クラブの相澤祐子記者が解説します。



“問われているのは民進党”

「きょう私も、ナポリタンか広東麺か悩んだ末に広東麺を食べましたけど、昼の定食でもあるまいし、公党の代表は、もう少し慎重にご発言いただきたい」。
10月28日昼すぎに行われた、民進党の榛葉賀津也参議院国会対策委員長は記者会見で、ユーモアも交えつつ、厳しい表情でこう話しました。榛葉氏が反応したのは、前日の、共産党の志位和夫委員長の民進党に2者択一を迫るこの発言でした。

「『共産党とは一線を画せ』という連合指導部の要求に従うのか、野党と市民の共闘に真剣に取り組む道を選ぶのか。問われているのは民進党だ」。

“三角関係”が表面化



民進党、共産党、連合の“三角関係”が表面化するきっかけは、10月の新潟県知事選挙でした。この選挙では、当初、民進党新潟県連が候補者の擁立を断念したことを受け、連合新潟は、自民・公明両党が推薦する候補者への支持を決めました。
ところが、告示直前になって、民進党の次期衆議院選挙の公認候補予定者が離党し、共産、自由、社民の野党3党の推薦を得て立候補することを決め、事実上、与野党が対決する構図となったのです。民進党は、共産党などから連携して取り組むよう求められますが、対立候補を支援している連合に配慮して、候補者への推薦を見送り、自主投票にとどめました。
しかし、選挙戦最終盤、与党に一撃を与えられると見た蓮舫代表が急きょ、新潟入り。共産党などが推薦する候補者の応援演説に立ちました。



その結果、野党が推薦した候補者が当選する一方、連合が支持した候補者は落選してしまいます。
そもそも連合は、「共産党は、民進党とは目指す国家像が全く違っており、政権選択の衆議院選挙で手を組むことはありえない」と、衆議院選挙に向けて、共産党との連携には慎重に臨むよう民進党に求めていました。そうした中での民進党の”裏切り”とも言える対応に怒りが収まらない連合の神津里季生会長は、記者会見で、「火に油を注ぐようなものだ」と批判。民進党と、旧民主党時代から支援を受けてきた、昔からのパートナー、連合との間にすきま風が吹き始めます。

あちら立てればこちら立たず



神津会長が記者会見を終えた直後の午後5時すぎの東京・池袋駅西口ロータリー。民進党の安住淳代表代行、共産党の志位和夫委員長、自由党の山本太郎共同代表、社民党の福島みずほ副党首。野党4党の幹部がそろって、衆議院東京10区の補欠選挙の応援演説を行いました。しかし、主役であるはずの候補者の姿はありませんでした。民進党は、補欠選挙は、あくまでも自前の選挙と見せることにこだわったのです。新潟県知事選挙で関係がこじれた連合への配慮でした。
そんな民進党に、しびれを切らしたのが、補欠選挙で民進党からの要請を受けて候補者を取り下げた共産党です。投票日翌日、小池晃書記局長は、「民進党は、協力して選挙に臨む姿勢ではなかったと思わざるをえない。政党間の信義に関わってくる話だ」と述べ、強く批判。これに、自由党と社民党も同調。野党連携に及び腰な民進党に対し、3党が一致して、前向きな対応を迫りました。
そして、最初に触れた志位委員長の「連合指導部の要求に従うのか、野党共闘の道を選ぶのか」という発言が飛び出したのです。民進党は、「2者択一の問題ではない」と反論しますが、まさに「あちら立てれば、こちら立たず」。
民進党を挟んだ、連合と、共産党の“三角関係”の駆け引きは激しくなりました。

連合に秋波の自民 疑心暗鬼も



こうした中、“三角関係”の一角、連合に接近する勢力が現れます。自民党です。10月26日夜に、二階俊博幹事長が連合の神津会長と食事をしたのに続き、今月1日には、連合幹部が自民党本部を訪れ、働き方改革をめぐって意見交換しました。二階氏は、「これからも機会あるごとに話し合っていきたい」と、連合に秋波を送っています。
連合側は、「二階氏とは、以前からのつきあいで、われわれの政策について説明しただけだ。民進党を放っておいて自民党ということはない」と、民進党との支持関係に影響するものではないと強調しています。しかし、民進党内からは、「連合との関係を強化する必要がある」という声が上がります。

こうした中、11月初め、蓮舫代表が、神津会長と会食。蓮舫氏の就任祝いの名目で、日程を調整した結果、この時期の開催となったと双方が説明していますが、関係修復に向けた第一歩となりました。

動き出した2人の大物

さらに、“三角関係”がこじれる中、野党の大物議員2人が動き出します。民進党の野田佳彦幹事長と、自由党の小沢一郎代表です。
この2人、過去のいきさつから、犬猿の仲とも言われるほどの因縁の関係です。民主党政権時代、野田氏は、政治生命をかけ、総理大臣として、当時野党の自民・公明両党も巻き込んで、消費税率を引き上げるための法案の成立を目指しました。しかし、小沢氏は猛反対。小沢氏は集団で党を離れ、民主党はまもなく政権を失いました。
野田氏は、ことし3月、民主党と維新の党が合流し、民進党が結成する際にも、「いちばん足を引っ張った小沢氏さえ来なければ、全部のみ込む」とまで述べていました。これに対し、小沢氏も、「一国の総理大臣を経験した人だから、もう少しレベルの高い次元で話をして欲しい」などと野田氏を批判を続けてきました。
そんな2人が、10月29日と11月2日の夜、立て続けに会談したのです。最初の会合は、小沢氏に近い民進党議員が間に入り、野田幹事長の就任祝いということで秘密裏に行われました。2人での会談に臨んだ心境を2人はこう語っています。

「己をむなしくして、仕事をするのが幹事長の役割だ」(野田氏)。
「過去のいきさつをごちゃごちゃ言ってたんじゃ未来は築けない」(小沢氏)。

両者ともに、個人的な思いは、横に置いて会談に臨むことにしたのです。会談は、2人が大好きな日本酒も進むにつれ、和やかな雰囲気になっていたということで、小沢氏は、「酒飲みを通じて意気投合して、そのうちまた話をすることになった」と話しています。一方で、野田氏は、記者会見で、会談の内容について、「認識が一致したものもあるが、これから議論しなければいけないものもあった」と意味深に語りました。

2人の狙いは?飛び交う憶測



「そのうち、また」とされた2回目の会合の日程は、すぐに決まりました。しかも、野田氏側から小沢氏側にも要請し、会談後、2人が報道陣の取材に応じるというのです。「何か打ち出したいことがあるに違いない」。記者の直感が働きます。小沢氏が、かつて旧自由党を党首として率いていた時、当時の民主党と合流する「民由合併」を実現し、その後の政権交代につながりました。永田町界隈(かいわい)では、「よもや今回も」などという観測も流れていました。そして、行われた2回目の会談。およそ2時間の会談を終えて、個別に記者団の前に現れた2人は、雨が降る中、店の前で、会談の中身を詳しく説明しました。早期の衆議院の解散・総選挙もあり得るとして、民進党と自由党で選挙区の候補者調整を急ぐことを確認したというのです。

2人の説明で、私が注目したのは、野田氏のこの発言でした。
「(候補者調整の協議は)自由党、社民党、これは特に加速しないといけない」。共産党よりも、自由・社民党との協議を優先させる方針を明らかにしたのです。それを裏付けるように、民進党幹部は、共産党が自由・社民両党を巻き込んで、高い要求を突きつけるようになって来たことから、逆に自由・社民両党を民進党の側に引き込むことで、あくまでも民進党が主導する形で野党連携の実現を図る狙いがあると解説しました。

一方、小沢氏の側にも、野党第1党である民進党が、このまま及び腰では野党連携が機能しないと、主導的に取り組むよう促したいという考えがありました。過去のいきさつから、完全に仲たがいしたとみられていた野田・小沢両氏の予想外とも言える動き。思惑に違いはあるものの、両者が互いを利用しながら、今、野党連携を前に進めようとしたことは間違いなさそうです。

カギ握る3者、そして野田・小沢両氏

民進党、共産党、自由党、社民党の野党4党は、近く幹事長・書記局長会談を開き、改めて野党連携の進め方をめぐって意見を交わすことにしています。
自由党、社民党との協議を優先するとした民進党の方針に対し、共産党が、どう対応するのかが、当面の焦点となります。野党4党が候補者を一本化した場合、前回、平成26年12月の衆議院選挙の結果を当てはめると、50前後の選挙区で勝敗が変わるという試算もあり、自民・公明両党も、野党連携に警戒感を示しています。それだけに、次の衆議院選挙で、実効性ある連携の枠組みを構築できるのかが野党4党の最大の課題となり、民進党、共産党、連合の、この“三角関係”から、目が離せない状態が続きます。
また、野田・小沢両氏が、過去の恩讐(おんしゅう)を乗り越えて、政権交代という共通の最終目標に向けた基盤を再び築くことができるのか。2人の動向にも、注目していきたいと思います。

政治部
相澤 祐子 記者





 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年11月08日 21:50:56 : VTOeypYbOY : qlGKkH7qvZo[5]
小沢は国民につばする。

2. 2016年11月08日 21:59:34 : VTOeypYbOY : qlGKkH7qvZo[6]
要するに民進党の議席をどれだけ共産党に差し出せば、共産党が立候補を保留すると言うことさ。

30くらいで手を打つ!

自民党は勢いに乗って、300を越すだろうさ。
ただしね、条件がある。

TPPを争点にされたら国民の支持を失う。
自民党の議席を減らせばTPPは可決できないだろうと。

だから今の自民党はTPP法案可決に血眼である。
それさえ可決しておけば、後の祭り。

TPP可決に賛成しておきながら
何が、政権交代だ。
国民を馬鹿にするのもいい加減にしろ。


3. 2016年11月08日 22:06:46 : VTOeypYbOY : qlGKkH7qvZo[7]
政権交代、オリーブの木だと言って、やっているのはこのことだ。

野田は、このまま行けば民進党は壊滅する。
壊滅だけは避けたい、俺が何とかして70議席は確保するのでついてこい。
自由党は党首、小沢だけの生き残り作戦。
そりゃそうだ、自分の選挙区に共産、民進が顔を出せばたまったものではない。

必死で、それだけは回避したい。
これが今回の顛末の正体。

一番得をするのが共産党。
どちらに転んでも。

何を期待しているのやら。


4. 2016年11月08日 22:14:17 : VTOeypYbOY : qlGKkH7qvZo[8]
民進党がこのテイタラク状態で、

どう考えても、政権交代と言う雰囲気ではないだろう。


5. 2016年11月08日 22:19:07 : VTOeypYbOY : qlGKkH7qvZo[9]
そうだよなあ

民主党が政権を取った時の選挙は

子ども手当とか
高速道路無料化とか
行政改革で10兆円を出すとか

盛り上がっていたよな。


6. 2016年11月08日 22:35:12 : VTOeypYbOY : qlGKkH7qvZo[10]
前回の衆院選の自民党の大躍進はたまたまの事。
しっかりと対応すれば50は取り戻せる。
とおもってやっているが、そうは行かないぜ。

安倍自民党の間、民進党の活動は選挙民を納得させられるものがあったか。
さらに、二重国籍者蓮舫を代表に選ぶなど、いい加減なことをしておいて、支持者の支持が前回より強くなったとでもおもっているのか。

阿修羅の評判でもおのれらの立ち位置など消滅している。
そう言う事が解らない、国民の気持ちが解らない民主党のクソ共は、国民が同じように支持してくれると勝手に思い込んでいる。

大きなごさんだよ。
民進党があのようでは、自民党に票を入れても良いかな、と思う国民が増えてきているのだよ。

前回の50議席が簡単に取り戻せるとは笑止千万。
それが解っていないのは、馬鹿の当人、民進党の奴らだけ。
蓮舫を党首にし、野田豚を幹事長にするなどして、国民の支持を得ようとは。


7. スポンのポン[4432] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年11月08日 23:41:09 : QQinPeiYow : 580apOQj8aE[476]
 
 
>>6.
>安倍自民党の間、民進党の活動は選挙民を納得させられるものがあったか。

■君の意見にも納得させられるものは一つもない。
 
 


8. 2016年11月08日 23:49:12 : VTOeypYbOY : qlGKkH7qvZo[13]
あんたなどは、どうでも良いよ

私は、このスレッドですでに300人以上に語りかけた。


9. 2016年11月09日 00:07:11 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[48]
TPP可決を急ぐのは、次の選挙の争点にしたくないことはあきらかです。
民進党はいちおうこれを廃案に持ち込む構えです。
数の上で無理なのは承知でしょうが。
自民党政権が続くかぎり庶民は苦しむだけです。
いくら民進党がだらしないとは言え、だから自民党に投票するという奇特な人間は皆無に近く、棄権を選ぶでしょう。

小沢代表は数年前に体調が良くないと噂されたぐらいで、議員の身分にしがみつきたいなどという私欲はどうでもいいのではないでしょうか。そんなことより自民党の暴政を止めたいだけでしょう。
民進党を含めた4野党共闘で自民党を倒すのです。


10. 2016年11月09日 00:54:41 : VTOeypYbOY : qlGKkH7qvZo[15]
>民進党はいちおうこれを廃案に持ち込む構えです。

様子を見てみましょうか。

一時は、民進党の山井国対委員長と、自民党の竹下国対委員長が11月4日の採決で合意したと言う報道が流れました。

それが山本農水大臣のミス発言でのびているらしいですが、民進党はまた別の条件闘争で採決に応じるでしょうね。
何か些細な譲歩を示し。
あいつらはバカだから絶対拒否など考えてはいない。
民主党政権、そのものが条件付きでTPP賛成と言ってきた。
小沢も同じことを言ってきた。

TPPなど完全に拒否する、参加を拒否しなくてはならない内容であることは、皆さん解っているでしょうか。
混合診療の問題や郵貯の資金が解放されることなど、農業の問題よりも大きな問題であるのにメディアは農業の問題に特化して目くらましをかけている。

山井国対委員長と言っても独断はできず、蓮舫、野田豚の同意がいるはず。
蓮舫は、二重国籍問題もあり自民党に弱みを握られている。
自民党に対して強硬な態度では出られない。

進むこともできず、退くこともできない蓮舫、野田豚が、TPPは通しても次の衆院選で自分たちだけは生き残ろうと画策しているのが野党統一騒動。
小沢が言い出し飛びついたのが実際のところではないでしょうか。


11. 2016年11月09日 01:01:35 : VTOeypYbOY : qlGKkH7qvZo[16]
民進党がやるべきことは、議場封鎖でもやって審議拒否をすることである。
けが人が出ようが逮捕者が出ようがやるべきである。

それで自民党が単独採決したことにすれば良い。
憲法改正のこともあり、今回は自民党も、それは絶対に避けたい。

ともかく採決に民進党を引き出せば良いのである。
こんな猿芝居、見たくもない。

民進党の動きを注目あれ。
とてもじゃないが、議場封鎖などやる覚悟などあるものか。
あいつらに!


12. 2016年11月09日 01:05:45 : VTOeypYbOY : qlGKkH7qvZo[17]
奴らはすでに次の段階、衆院選での野党共闘などと抜かしている。

その前に、どうしてTPP法案を廃案にするかを、それこそ野党間で議場封鎖までを頭にいれて作戦を練らないか。

このことでも

小沢、野田豚が考えていることは解るはず。


13. 2016年11月09日 01:21:57 : VTOeypYbOY : qlGKkH7qvZo[18]
その証拠もあるよ。
野党統一の「オリーブの木」構想と共に、小沢は次のように言っている。

>TPPなどよりはるかに重要・重大な問題。それはアベノミクスの失敗の検証である。国を挙げてすべきこと。 小沢一郎(事務所)

http://www.asyura2.com/16/senkyo215/msg/304.html

アベノミクスなど論じて早急に結論が出るとでも言うのか。
野党共闘で経済政策が話せるのか。

バカバカしい。


14. S.T[377] gnKBRIJz 2016年11月09日 02:14:41 : f5O6fvJ3aA : NdhXOM0Ay3E[31]
qlGKkH7qvZoとは、「天橋立の愚痴人間」ですか。

>TPPなどよりはるかに重要・重大な問題。
数のチカラと僕ちゃん知らないもん議決で通して可決するからこそ、いつまでもTPPガーって言った
ところで他の重要な問題点から思考をそらせる事になる。
ならばTPPよりもアベノミクスの失敗を国家の調査で認めさせれば手っ取り早いよな。
ウソ付いて回復傾向とか、天候ガーってやっていたのがウソだったら責任問題勃発、解散総選挙に
追い込まれる公算が大きい。
無論ウソがバレないように必死に都合の良い所取り情報で回復傾向にあると言い出すだろうが
民間ではなく国家側の調査ならウソが通用しませんね。
だからウソがバレたらマズいから野党批判するんだよね。

そして自民党に勝ってもらわなければ困るんだよね。
以前のあんたのコメント紹介しとくね。
======================
http://www.asyura2.com/12/senkyo130/msg/542.html#c5
05. 天橋立の愚痴人間 2012年5月26日 14:49:40 : l4kCIkFZHQm9g : saCmvQLjSs
最近になく、良い政策が出た。
しかも、税収に頼らず国債である。
無利子、償還期限200年とすれば、実質、ヘリマネ。
少なくとも200兆円分だけは景気の底上げができる。

「コンクリートから人へ」と言っている民主党の政策に拠っていては、日本は沈没するのみである。

人は霞を食って生きているのではない。
民主党に何の経済政策があると言うのか。
行政改革で数兆円を出しても、それだけに事、
政治を官僚から取り戻しても、民主党の奴らにどんな政策があると言うのか。
それで我々が生きて行けると思うのか。

政治の御遊びの時間は終わった、

自民党を復権させよう。

======================

大量のコメント投下をあちこちで仕掛けるね。
阿修羅コメントへの荒らし行為ですか?


15. めんたいこ[677] gt@C8YK9gqKCsQ 2016年11月09日 04:42:53 : xrGkJkw2gU : LExTJi4xFQE[2]

「自民、天につばする」つうか、悪党・自民党は昔から天に向かって、つばを

飛ばし続けていますだよ。今更と思いますだよ。キチ害議員集団・自民党。

>民進党内からは、「連合との関係を強化する必要がある」という声が上がります。

まだ民進党内に、こんな空気の読めないバカな化石議員がいるのだな。

まずコンナのを党外へ放り出さなきゃ民進党は壊滅の道を進む。だうせ維新系の

バカだろうが。


16. 2016年11月09日 12:56:13 : 8H6mkZOM7A : Mj2YlqSBANA[10]
1は必死だねぇ!
都合悪いか?

17. 白猫[880] lJKUTA 2016年11月09日 17:27:13 : TyxXmqOa72 : H4zuIAH_ghs[256]
連合が自民党支持を打ち出した方が、政治の実態が国民にはっきりするのではないのか?
企業集団の頂点にある東電と電通の雲行きが怪しくなっており、アメリカのほとんどのメディアが支持したクリントンがあのトランプに敗れる状況になっている。
権力・権威に盲従する傾向が極めて強い日本人にも変化が現われることを期待する。

18. 2016年11月09日 18:03:51 : GCuQ1HVYfk : IXhdKzwWh7o[7]
NHK政治部の相澤祐子記者の記事には3つのごまかしがある。
誰に配慮して取材をしているのか?

1)新潟県米山知事の民主党離党のいきさつ
「告示直前になって、民進党の次期衆議院選挙の公認候補予定者が離党し、共産、自由、社民の野党3党の推薦を得て立候補することを決め、事実上、与野党が対決する構図となった」と米山氏が自ら離党したような書きぶりだが、
もともと衆院新潟5区の公認予定者だった米山氏に民進党は推薦を出さなかったばかりか、告示日直前に公認内定を取り消して、民進党から追い出すという酷い仕打ちに出たというのが本当のところ。


2)小沢氏の民主党離党と民主党崩壊
「小沢氏は集団で党を離れ、民主党はまもなく政権を失いました。」とまるで政権を失ったのは小沢さんが原因のように簡潔にまとめてくれちゃっている。
しかし民主党政権が短命に終わったのは原発事故後の菅政権の対応のまずさも大きいが、

・財務省の役人と藤井の爺さんに懐柔された野田がマニフェストに反して消費税増税を決めたこと

・安倍とつまらない小芝居のあげく、言質をとられて勝ち目のない解散総選挙につっこみ、多くの議席を失ったこと

どちらも野田の責任である。


3)東京10区の補欠選挙の応援演説に民進党候補者が当日バックれた理由
「民進党は、補欠選挙は、あくまでも自前の選挙と見せることにこだわったのです。新潟県知事選挙で関係がこじれた連合への配慮でした。」とあるが実際は野党共闘を邪魔する連合と野田幹事長による締め付け。
鈴木ようすけは敵前逃亡した腰抜け。当選するわけがない。


≪爆笑≫東京10区補欠選挙の野党合同応援演説に立候補者自身(鈴木ようすけ氏)が来ないという事件が発生!

http://www.asyura2.com/16/senkyo214/msg/689.html

「あの絵はすごい。あの絵に(野党)は勝てない」

http://www.asyura2.com/16/senkyo214/msg/835.html


19. 2016年11月09日 21:19:57 : V19WJjXntk : 3vfEP6gJXSk[1]
>>8 私は、このスレッドですでに300人以上に語りかけた。

気持ち悪いやつが居るな。アホかw


20. 2016年11月10日 09:31:19 : F9tpOWr6Ww : ZXNvncwDDwQ[50]
現政権「自民党、公明党」に勝てる政治勢力お構築するためには、小沢さんの戦略が正しいと思います。「国民の生活が第一」という視点はアメリカのトランプ大統領の発言の数々からも伝わりました。地代が小沢さんの考えに追いつつあると思います。

21. 2016年11月10日 20:46:15 : 4f9YuRYtPY : 7EkCzSAsekw[17]
20さんよ

勘違いしてはいけないなあ。
小沢はTPP法案など、どちらでもよかったのだ。

小沢はこのように言っているのだ。

TPPなどよりはるかに重要・重大な問題。それはアベノミクスの失敗についての検証である。経済理論的にはもとから疑問視されていた滅茶苦茶な「理論」に無責任に乗っかり、妙な期待だけを煽って破裂させて今までになく先行き不透明感

「国民の生活が第一」という視点はトランプのもの。

小沢のは、言葉だけ、実際の行動(TPPに対する)を見れば良い。
だから小沢を詐欺師と言っているのである。


22. 2016年11月10日 22:17:31 : 4f9YuRYtPY : 7EkCzSAsekw[19]
それ行け
やれ行け
野党共闘
結構じゃないか。

安倍政権の何を非難して共闘を組むのか。
まだ、考えていない!

そうだろう
そうだろう
で、トランプが大統領になり
TPP法案が可決された

感想はどうだい。
何かファイトは湧いてきたか。

それ行け
やれ行け
野党共闘
結構じゃないか。

やってみろや!


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK215掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK215掲示板  
次へ