★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK215 > 688.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
米国大統領選、トランプ勝利確定!:この結果をまったく予想しなかった日本人は普段からネットアクセスしていない証拠と知れ!
http://www.asyura2.com/16/senkyo215/msg/688.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 11 月 09 日 22:05:30: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

米国大統領選、トランプ勝利確定!:この結果をまったく予想しなかった日本人は普段からネットアクセスしていない証拠と知れ!
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36337169.html
新ベンチャー革命2016年11月9日 No.1530


1.本ブログの期待通りトランプ勝利:米国の一般白人による革命と言える

 2016年11月8日(米国時間)に次期米大統領選挙が行われ、ほぼ結果が出そろいましたが、日本時間の11月9日17時現在、トランプ勝利が確定したようです。

 本ブログ前号にて、トランプ勝利を祈願しましたが、その通りになったのでホッとしました(注1)。

 トランプはこれまで、政治家(議員および知事を含む)の経験が全くない事業家で、いきなり米大統領になるわけで、これは世界的に見ても前代未聞でしょう。日本で例えれば、ソフトバンクの孫さんのような事業家がいきなり、総理大臣になったようなものです。来年、いよいよトランプ大統領が実現することになるのは、まさにあり得ないような奇跡が起きたのに等しいと言えます。これは米国一般白人による一種の革命なのかもしれません。

 日本人で、今回のトランプ勝利をまったく読めなかった人は、米国戦争屋に牛耳られる日本の偏向マスコミに完全にだまされていたということです。

 さて、本ブログは日本を乗っ取る米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、米戦争屋は米共和党を根城にしていると同時に、ヒラリーのような米戦争屋エージェントを米民主党にも潜り込ませています。

 米戦争屋傀儡のヒラリーの対抗馬であったトランプは米共和党指名候補なので、本来、トランプも米戦争屋の傀儡だったはずですが、彼はそうではなかったのです、だから、ブッシュ・ジュニアやロムニーなど米共和党の大物は、トランプを支持していません。こんな米共和党候補はこれまで居なかったと思われます。

なお、上記、日本を乗っ取っている米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/32874377.html

2.日本の政官支配層のほとんどは米戦争屋に牛耳られているので、米戦争屋の傀儡ではないトランプとのコネはゼロ

 さて、今の日本では、安倍自民党も、日本政府の官僚も検察もことごとく、米戦争屋CIA・ジャパンハンドラーに牛耳られていると本ブログでは観ています。とりわけ、安倍氏は典型的な米戦争屋の傀儡です。一方、トランプは米戦争屋とは一線を画しており、米戦争屋の傀儡ではありません、だからと言って、オバマのような欧米銀行屋の傀儡でもありません。

 米戦争屋と欧米銀行屋で構成される米国寡頭勢力は1%寡頭勢力と言われますが、トランプは少なくとも、米国寡頭勢力の傀儡ではないのです。

 にもかかわらず、彼が大統領選で決戦まで居残ったのは、彼自身が大富豪であり、米国寡頭勢力からの献金に依存して選挙戦を戦う必要がなかったからです。

 その意味で、トランプ候補は米大統領選において、すべてが異例ずくめだったのです。

 したがって、安倍自民も日本政府官僚も、トランプとのコネは皆無でしょう。

 米戦争屋に牛耳られてきた日本の悪徳ペンタゴン日本人支配層は今後、トランプとどのような外交を展開するつもりでしょうか。

 今、安倍自民が必死で進めているTPPも、トランプは本気で反対していますので、完全に肩透かしをくらったカッコウになりました、ザマーミロ!

3.日本をカモにする米戦争屋CIAジャパンハンドラーはトランプとの接点を持たない

 これまで、安倍自民も悪徳ペンタゴン日本人官僚(日米安保マフィア含む)も、米戦争屋CIAジャパンハンドラーともっぱら、コネをつくってきて、日米関係をリードしてきたわけですが、トランプが大統領になれば、米戦争屋CIAジャパンハンドラーは宙に浮いてしまうでしょう。日米安保マフィアの日本人官僚は対米外交を一からやり直しすることになるでしょう。

 トランプは在外米軍の撤退を志向していますので、在日米軍の縮小撤退が早まるでしょう。

 そして、トランプは米戦争屋がでっち上げた北朝鮮脅威にも終止符を打ちそうです。そうなれば、極東米軍は大幅縮小できるし、場合によっては撤退です。

4.トランプの最大の特徴は、米国戦争屋ネオコン(イスラエル・ネオコン含む)とコネを持っている点にある

 トランプの最大の特徴、それは、彼が、鬼より怖い米戦争屋ネオコン(イスラエル・ネオコン含む)とは対立していない点です(注2、注3、注4)。ここは極めて重大なポイントです。

 したがって、来年、トランプ政権が誕生すれば、イスラエルのためのシリア戦争は実行される可能性がありますが、トランプはプーチンともコネを持っているので、シリア問題に関して、プーチンとどのように折り合うかは未知数です。

 ところで、シリア・アサド政権と対立するイスラエル・ネオコンのボス・ネタニヤフ・イスラエル首相は、今年の4月に訪露してプーチンと会談し、プーチンとコネをつくっています(注5)。したがって、シリア問題がトランプ政権下にてどのように決着するかを予想するのは現段階では非常に困難な状況です。

 上記のようなイスラエル・シリア情勢を考慮するとシリア戦争を煽っているのは、米戦争屋ネオコンより、むしろ米国の軍事企業なのかもしれません、なぜなら、米軍事企業は兵器が売れるからです。

いずれにしても、ネオコンと米軍事企業との狭間に立ってトランプがシリア問題にどのように取り組むのかは、現段階ではまったく不明ですが、極東米軍は縮小・撤退の方向となりそうです。

注1:本ブログNo.1529『是非ともトランプに次期米大統領になってもらいたい:なぜなら、長年の悲願である在日米軍撤退が期待できるから』2016年11月8日
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36334957.html

注2:本ブログNo.1386『米国の好戦派ネオコンが反戦派のトランプ支持に転向?:ネオコンはヒラリーを見限ったのか』2016年5月15日
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/35912741.html

注3:本ブログNo.1526『FBIに残っていた正義漢によって、ヒラリーが窮地に陥れば、トランプ大統領シナリオが実現する:北朝鮮脅威が除去されて極東米軍の撤退も夢でなくなる』2016年11月4日
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36325447.html

注4:本ブログNo.1524『カジノホテル経営者・トランプが次期米大統領選に勝って、TPP第一弾として豊洲市場施設を米国外資のカジノに転用するよう要求されたら日本はもう拒否できない!』2016年11月2日
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36320770.html

注5:シリア・アラブの春 顛末記:最新シリア情勢“イスラエルのネタニヤフ首相はロシアのプーチン大統領と会談(2016年4月21日)”
http://syriaarabspring.info/?p=28222

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

テックベンチャー投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/column-top.html
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年11月09日 22:15:25 : N5sEgV5Lys : gJDc90AKsFQ[174]
ネットにアクセスしてないと言うよりも、ネットが嘘で、テレビや新聞が本当だと信じている『愚民達』が問題だと言う事だと思います。

それが問題なのだと『感がえます。』

Songcatcher.


2. 2016年11月09日 22:31:01 : EIHH4CSarE : ZNs6WKx@BdQ[329]
イスラエルにしてみれば、イスラム原理主義組織ハマスをイスラム国にでも送り込むのであれば、今度はパレスチナ国家が、まんまと騙されたふりをして、ドイツとフランスに対して、このガザ地区のパレスチナ住民の皆様への医療支援活動w働きかけて貰うというのは如何でしょうか。

イスラエルにしてみれば、ヨルダン川西岸地域のユダヤ人入植地での医療支援活動を、イギリスとフランスに対して、働きかけて頂くことにすれば、これだけでも中東和平の第一歩に繋がることになれば、大いに結構なことではないでしょうか。

ロシアのプーチン大統領にしてみれば、このシリアのアサド大統領に対して、このイスラム国を一網打尽にして根絶やしにすることを目的として、アメリカに対して軍事介入を唆すことくらいのことならば、簡単に出来ることだし、トルコとサウジアラビアが、日本と中国をロールモデルとすれば、サウジアラビアが、イスラム過激派勢力をイスラム国に送り込むのであれば、トルコにしてみれば、それこそナチスドイツの前科をごまかそうとする極右勢力ネオナチを、イスラム国に送り込むことにするならば、中国と韓国にしてみれば、北朝鮮に対して、反日活動家をイスラム国に送り込んで頂くのであれば、アメリカから弾薬1万発を購入し、朝鮮総連に対して、日本会議に対して、この弾薬1万発を、イスラム国に持って参りましょう、ということで日本会議と朝鮮総連が、シリアのアサド大統領に対して、アメリカに対して軍事介入w唆すのであれば、この弾薬1万発をアメリカ軍に差し出して下さい、ということでシリア政府軍に没収して貰い、日本会議と朝鮮総連もイスラム国にそのまま送り込んで貰うことにすれば、アメリカのトランプ大統領に置かれましては、この日本会議を血祭りにして、イスラム国と共倒れさせるということでr「オペレーションマヌケ」とでも称する軍事作戦として展開して貰うならば、どうぞよろしくお願い申し上げます、ということで、アサド大統領自らが、誇りを持って働きかけて頂く貰いましょうか?


3. 2016年11月09日 23:00:59 : jrUkijVgIU : PnJ0bKmFO2A[680]

菅直人元首相、トランプ勝利に「危機感を覚える」

民進党の菅直人元首相(70)が9日、自身のブログを更新し、米大統領選で共和党のドナルド・トランプ氏が勝利したことを受け「トランプ候補の勝利が意味するもの」と題し、独自の分析を披露した。

菅氏は「アメリカ大統領選でトランプ候補の当選が決まった。トランプ氏の勝利をどう受け止めるべきか。現状に対し大きな不満を抱えたアメリカ国民が、既成政治家であるクリントン氏ではなく、政治家として全く未知数のトランプ氏を、現状に対する不満を共有しているという一点で選んだということだ」と分析した。

その上で「しかしこの選択が何を生み出すか。現状を変えてほしいとトランプ氏を選んだ人たちも、何をどう変えてほしいかという点では方向性はバラバラだ。トランプ氏のこれまでの発言からは内政面での具体的な改革の方向は見えてこない」と先行きが不透明なことを強調していた。

日米関係については「外交面ではトランプ氏のこれまでの発言からすると、世界への関与を弱め、モンロー主義的傾向が強くなる可能性がある。日本としてそれをどう受け止めるか、これまで以上に深い洞察が必要だ」と警鐘を鳴らしていた。

菅氏は前日に更新したブログで「トランプ候補のような暴言を吐き、対立を煽るような人物が善戦していること自体に危機感を覚える」とトランプ氏への警戒感をあらわにしていた。

http://www.hochi.co.jp/topics/20161109-OHT1T50158.html

旧社会党系の連中も何故か有田ヨシフしばき隊他の工作員共々に不快感


4. 2016年11月09日 23:23:18 : xmPZVmrnY6 : zc8QmCq5WEs[1]
0.1%の忠実な飼い豚
それが日本人です
多くの思想・思考が0.1%の利益に立っている
豚にネットはできません

5. 2016年11月10日 00:16:27 : nz6zw9L83k : H85R8RtEodo[25]
>米戦争屋は米共和党を根城にしていると同時に、ヒラリーのような米戦争屋エージェントを米民主党にも潜り込ませています。

こんなことを言っている「新ベンチャー革命」の前提が間違っているということなのにそれを認めようとしない時点で、「新ベンチャー革命」サイト終わり。

ネオコンだって民主党から共和党に潜入して共和党を戦争政党に変えた存在なのに


6. 2016年11月10日 01:32:24 : bS0XIE5j6w : DLI0iweDfYU[2]
まともにネット環境があればトランプが軍拡論者なのは明白なのだが。
本当にどうしようもないバカばっかりだ。

http://jp.wsj.com/articles/SB10131342344550994625404582300772027054532
米共和党大統領候補のドナルド・トランプ氏は7日、現行の国防予算の上限を撤廃し、軍用船・機の拡充や兵士増員のための大型予算を含む軍事力増強に着手する計画を発表した。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM08H2F_Y6A900C1EAF000/
【ワシントン=川合智之】
共和党の大統領候補、不動産王ドナルド・トランプ氏(70)は7日、東部ペンシルベニア州 フィラデルフィアで演説し、大統領就任後の軍事政策を発表した。
米陸軍の規模を46万人(予算要求ベース)から54万人に増強、海兵隊を24大隊から36大隊に、海軍の艦船などを約300隻から350隻に増やすと表明した。


7. 2016年12月18日 10:23:52 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-6807]
2016年12月18日(日)
米トランプ次期政権
イスラエル大使に強硬派
入植拡大支持の弁護士
「エルサレムに大使館を」

 〖ワシントン=遠藤誠二〗トランプ次期米大統領の政権移行チームは15日、次期駐イスラエル大使に、弁護士のデービッド・フリードマン氏(57)を指名すると発表しました。パレスチナ和平などをめぐり強硬派として知られる人物。米国内の穏健・リベラルなユダヤ系団体や、アラブ諸国などから強い反発が予想されます。

 トランプ氏は発表にあたり、「長年の私の友人であり、信頼できるアドバイザーだ」とフリードマン氏を紹介。同氏はトランプ氏の事業をめぐり、弁護士としてコンサルタントを務めていたと伝えられており、トランプ氏の仲間内の人事です。

 フリードマン氏は声明で、米イスラエルの2国間関係強化や和平などでの仕事を「イスラエルの永遠の首都であるエルサレムの米国大使館で行うことを楽しみにしている」と断言しました。

 エルサレムの帰属については、イスラエル、パレスチナ双方とも首都(パレスチナは東エルサレム)と主張しており、和平解決の枠組みのなかで決着がついていない問題。米国を含め各国とも大使館はテルアビブに置いています。トランプ氏は大統領選挙中、エルサレムを首都とみなし大使館の移転を公言しており、今後、国際的な波紋をよぶのは必至です。

 フリードマン氏はまた、歴代米国政権が異議を唱えてきたパレスチナ自治区ヨルダン川西岸へのイスラエルによるユダヤ人入植地拡大を支持し、西岸地域の併合まで主張。イスラエル、パレスチナの「2国家共存」にも反対してきました。

 フリードマン氏の指名にイスラエルのホトベリ外務副大臣は声明で「イスラエルにとって良いニュース」と歓迎しています。

 一方、米国のユダヤ系団体「Jストリート」は今回の発表について「この指名は無謀であり、米国の(中東)地域における評判と世界中での信頼を危険にさらす」と批判しています。

 パレスチナの和平交渉担当者のアリカット氏は、米大使館のエルサレムへの移転は「和平プロセスを崩壊させる」と警鐘を鳴らしました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-12-18/2016121806_01_1.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK215掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK215掲示板  
次へ