★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK215 > 893.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
宮崎駿がドワンゴ川上量生にブチ切れたのは当然だ! 在特会を評価したこともある川上の差別思想に鈴木敏夫も…(リテラ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo215/msg/893.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 11 月 14 日 20:30:15: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

             NHKスペシャル公式サイト「終わらない人 宮崎駿」制作者へのインタビューページより
 


宮崎駿がドワンゴ川上量生にブチ切れたのは当然だ! 在特会を評価したこともある川上の差別思想に鈴木敏夫も…
http://lite-ra.com/2016/11/post-2698.html
2016.11.14. 宮崎駿がブチ切れた川上量生の差別思想  リテラ


 3年前に“引退”したスタジオジブリの宮崎駿監督を追ったドキュメンタリー『NHKスペシャル「終わらない人 宮崎駿」』が、昨日13日に放送され、大きな反響を呼んでいる。

 宮崎監督は2013年に長編映画からの引退を宣言したが、その後、長年あたためていた短編アニメ『毛虫のボロ』の制作に着手していた。手書きにこだわった宮崎は、若いスタッフとともに初めてCGを全面的に取り入れながらも、生命の動きが出せていない、こんなヘボならつくらないほうがいい、と懊悩する。番組はその模様に密着。このなかで長編アニメ制作への復帰意欲をみせた宮崎監督が、新たな企画書を鈴木敏夫プロデューサーにみせる場面もあり、放送後すぐ「はやおが引退撤回!?」「ジブリ復活か!」と新作に期待する声が溢れかえった。

 だが、このドキュメンタリーでは宮崎監督の“復帰”の話題以外に、もうひとつ、世間の注目を集めたシーンがある。それは、ニコニコ動画をつくったドワンゴ会長でカドカワ取締役社長の川上量生氏と宮崎監督の対面シーンだ。

 周知のように、川上氏はいま、カドカワやドワンゴという巨大メディアを率いている一方で、ジブリの鈴木敏夫プロデューサーに“プロデューサー見習い”として弟子入り。宮崎監督の息子・吾朗氏が監督を手がけたテレビアニメシリーズ『山賊の娘ローニャ』(NHK)のプロデュースも務めた。その川上氏が自分たちの会社で製作したCG技術をプレゼンしたのだが、宮崎監督はそのCGを観たあと、川上氏に向かってこう一喝したのだ。

「極めてなにか、生命に対する侮辱を感じます」

 プレゼンで川上氏が「人工知能で映像処理するのはあちこちで発表されているんですけど、うちのほうでもこんなことやってますんで、みたいな説明です」と自信満々に披露したのは、人工知能で動きを学習させたという人体の動き。それは、“人間のような体つきをしたもの”が、頭部や背中を脚のように使って這いずるCGだった。

 無言でそのCGを見つめる宮崎監督に対し、川上氏はこのように説明する。

「これは早く移動するって学習させたやつなんですね。これは頭をつかって移動させてるんですけど。基本、あの痛覚とかないし、頭が大事という概念がないんで、頭をもう足のように使って移動しているっていう。この動きがとにかく気持ち悪いんで、ゾンビゲームの動きに使えるんじゃないかっていう。こういう人工知能を使うと、たぶん人間が想像できない気持ち悪い動きができるんじゃないか」

 そして、川上氏が「いちおう、こんなことをやってます」とプレゼンを終えると、しばしの沈黙のあと、宮崎監督が口を開いた

「毎朝会う、このごろ会わないけど、身体障害の友人がいるんですよ」

 決して怒鳴りあげるようなものではなかったが、内側であきらかに怒りを抑えているということがカメラ越しでも伝わる言い方だった。

「ハイタッチするだけでも大変なんです。彼の筋肉がこわばっている手と僕の手で、こう、ハイタッチするの。その彼のことを思い出してね。僕はこれ、面白いと思って見ることできないですよ」

 そして、川上氏とその部下のCG技術者たちに向かって、こう告げたのだ。

「これを作る人たちは痛みとかそういうものについてね、何も考えないでやってるでしょう。極めて不愉快ですよね。そんなに気持ちの悪いものをやりたいんなら勝手にやってればいいだけで、僕はこれを自分たちの仕事とつなげたいとは全然思いません」
「極めてなにか、生命に対する侮辱を感じます」

 宮崎監督の真剣さに、押し黙る川上氏。カットが切り替わると、「あの、でもこれってほとんど実験なので」「世の中に見せてどうこうとそういうものじゃないんです」ととんちんかんな言い訳を始めるが、宮崎監督は実験かどうかの問題ではないというように、「それは本当によくわかっているつもりですけど」と突き放した。

 当然だろう。ジブリといえば、戦争と差別を憎み、平和を希求する精神をもった制作集団。そしてなにより、宮崎作品や盟友の高畑勲監督の映画のテーマには、人間そして生命の尊厳が常にある。

 それに対して、川上氏は得意気にプレゼンしたそのCGを「この動きがとにかく気持ち悪い」などと説明、あきらかに見せ物として嘲笑うものだった。そこには、人間や生命に対する敬意のまなざしが欠片もない。自分とちがう動き方・体の使い方をする人間を「気持ち悪いもの」としてバカにする行為は、差別そのものだ。宮崎監督が「身体障害の友人を思い出して、面白いと思って見ることできない」と言ったのも、そういうことだろう。人間の「痛み」をまったく想像せずに「気持ち悪い」といって嗤う。その川上氏らの非人間的な感覚を、宮崎監督は「生命に対する侮辱」と批判したのだ。

 だが、本サイトでは以前から指摘してきたが、そもそもジブリと川上氏の思想は、根本的に相容れないものだ。たとえば、差別をめぐる考え方ひとつとっても、そうだろう。川上氏が創設した動画投稿コンテンツ「ニコニコ動画」には、韓国人や中国人に対するヘイトをばらまくような動画が多数投稿されており、川上氏もそれを容認してきた。しかも、2014年末にはヘイト市民団体「在特会」の公式チャンネルまで設立した。

 さすがに「ニコ動はヘイトスピーチに加担するのか」と批判を浴び、翌年の5月には事前のアナウンスなしに突然閉鎖させたが、それでも川上氏はツイッターで〈日本社会のあるタブーへの議論のきっかけとしての社会的役割を果たした事実は認めるべき〉などと在特会を賞賛。当時、ドワンゴはカドカワと経営統合して一年足らずであり、本サイトは、社会的影響力のあるメディアがこうして差別思想を拡散していることを批判する記事を続けて配信。そして、川上氏の直接の師匠である鈴木プロデューサーに、川上氏の言動や「ニコ動」の差別助長の動きについて見解を聞くため、都内某所の路上で直撃したことがある。

 そのとき、鈴木プロデューサーは本サイト記者の直撃に対し、「詳しいことはわからないのでコメントはできない」としつつも、差別的な言説は表現の自由の範疇か、「朝鮮人を殺せ!」という言葉はどうなのかと訊くと、人目もはばからず、「俺は、大っ嫌いです」と明言。差別扇動言説に対する批判を、個人的にではあるがはっきりと示した。

 それは、宮崎、高畑両監督も同じだろう。これまで憲法9条の堅持を訴え、安倍政権の戦争政策にも痛烈な言葉で批判してきた両監督だが、それはやはり、戦争や差別が人間や生命の尊厳を踏みにじる圧倒的な悪であるという強い意識があるからに他なるまい。だからこそ、今回の『Nスペ』のなかで宮崎監督は、カメラが回っているところで、川上氏らのプレゼンを徹底批判したのだ。

 しかし、気がかりなのは、こうして宮崎氏が直接、川上氏の“想像力のなさ”に対して痛烈にダメ出しをしても、おそらく川上氏にもドワンゴにもまったく響いていないだろう、ということだ。

 在特会問題のときもそうだったが、彼らにとってすべての表現はただの「金儲けの商材」でしかない。宮崎に対しては面と向かって言わないだけで、心の中では「なんでそれがダメなの?」「このジジイ何言ってんだろう」とつぶやいているはずだ。

 いずれにせよ、今回の宮崎監督の川上氏に対する苦言は、スタジオジブリとドワンゴはまったく相容れない存在だということを広く世間に印象づけた。同時に、川上量生という経営者が人間の痛みを想像できない人物であることも、あらためてはっきりとさせた。読者には、この問題をドキュメンタリーの一幕として片付けず、メディアやクリエイターはどうあるべきか、考えてみてほしいと思う。

(編集部)


NHKスペシャル 終わらない人 宮ア駿

終わらない人 宮ア駿20161113 投稿者 gomizeromirai


NHKスペシャル 終わらない人 宮ア駿

初回放送 2016年11月13日(日)  後9時00分〜9時49分

3年前、電撃的な引退宣言を行った世界的なアニメーション映画監督・宮ア駿(75)。

長編映画の現場から身を引くと宣言した宮アだが、その創造への意欲は実は衰えていなかった。

新進気鋭の若きCGアニメーターとの出会いから、初めてCGを本格的に使い、短編アニメで新たな表現への挑戦を始めた。

だが、映画作りは難航し、制作中止の危機に直面する。

宮アアニメ初となるCG短編制作の舞台裏を、カメラが2年にわたって独占取材した。

クールジャパンの基幹コンテンツと期待されながら、国際的にはピクサー、ディズニーらのCGアニメに圧倒されている日本のアニメーション。

宮アが世に放つ短編は、日本アニメの未来を変える一手となるのか。番組では、巨匠の溢れ出る映画作りへの想い、苦悩、あがきを生々しく活写していく。

制作者へのインタビューはこちら
http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=08006&f=prtw

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年11月14日 20:41:40 : 9NVRTo7vPw : DyNPcdypjaM[188]
川上って人様を差別できる容姿じゃないだろw

2. 2016年11月14日 21:04:11 : 2ba1UeOS2E : 62OIab_eEe0[151]
ここ十年ほどの間、我が家にはテレビはないし映画もみることもない。
そして、アニメなどが日本人の精神に与えてきた功罪を特に最近は考える。
ゲームも同様。
暴力にあふれている。
「友情、仲間」「美少女」を「暴力」で味付けし子供たちを楽しませる。
大人の金儲け。
たまたま流れる映像からなので書きようがないが、そのたまたまでも十分嫌になる。

宮崎氏は「球美の里」の活動を通して彼の精神は尊敬しているし、記事の内容も納得できる。
まとめきれない内容で申し訳ない。
イスラム教の国の精神文化とは対象的だと感じている。(これについては知識不足だが)


3. 2016年11月14日 21:16:13 : Vu2HcgLtS2 : cJnk2@WJFig[7]
昔、何かのテレビか本で中国戦線に従事していた元兵士の人が
「略奪、強姦、なんでもし放題。これだから戦争はいいといっている同僚がいた」
というような事を告白していた。
平時であれば立派な凶悪犯罪で逮捕、服役は免れないが戦争はそういう行為が肯定されてしまう。
そしてその被害を一番受けてしまうのが女性・子供・お年寄りなど戦場では弱い立場の方々。
戦争は、
「生命に対する侮辱」
の最大の行為である。

4. 2016年11月14日 21:33:12 : 2VxazcwEtj : LkYd3S4cYsA[175]
見てないので勘違いしてるかもしれないが
番組の一シーンのことなんだろう?
なら十分編集されてる。

それをそのまま真に受けるのも
馬鹿らしいとおもうけどな。

宮崎駿が終わった人か終わらない人かは
知らない。ただNHKは早く終わってほしい。


5. 2016年11月14日 21:46:56 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[350]
私が生命創造の神という地位にもしあったなら、生命の根源的な昇華過程のはじまりに携わって、その原初的な段階をみて、「気持ち悪い」という評価はたぶんしない。

なぜなら生命の進化過程のどの段階を切り取ったとしても、すべて美しいというほかないからだ。

つまりそこにある感想に、嫌悪感と違和感を覚えたんだろうな。それは生命そのものへの侮辱に値する。そういうことだろう。彼らアニメーターとは動きによって画に生命を与える仕事であり、その仕事の力を通じて見るものにも生命力を与えたいと願っているのだ。


6. 2016年11月14日 21:48:13 : Oew8aCqKMY : @SpEy3Kzx1M[326]
動画見て宮崎さんが怒ったのもわかったような気がした。
番組自体が編集されているかどうかとは別問題。
見ればわかる。いや、わからない人もいるかもしれないけど。
感性の問題か。

7. 2016年11月14日 21:51:22 : jG2yM0Hbdw : j_B4VPJRMEQ[1]
NHKもこんな番組作れるんだ。丸ごと洗脳されてるわけでもないんだね。
ちょっと感動したよ。いやほんと。

8. 2016年11月15日 01:31:40 : jrUkijVgIU : PnJ0bKmFO2A[694]
はい予想通りリテラが噛み付いてきましたね 笑

これについても取り上げろや?隠れ在日コリアン機関紙が!

病身舞(ピョンシンチュム、병신춤)(病身と別神(ビョルシン、별신)は違う)は、ハンセン病患者、小人、身体障害者、背むしなどをまねた、朝鮮の踊りである[1]。タルチュム(仮面戯)で踊る場合もある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%97%85%E8%BA%AB%E8%88%9E

管理画面
病身舞に見る韓国人の「笑い」の感覚
http://fetia.blog34.fc2.com/blog-entry-1502.html

韓国、「病身舞」병신춤 障害者を馬鹿にした踊りです、 人として恥ずかしい
https://www.youtube.com/watch?v=7HMJxqF1XgY

韓国の伝統芸能:病身舞・・犬殺しだけでない!凄絶な韓国人!
http://www.asyura2.com/12/asia14/msg/175.html
投稿者 墨染 日時 2012 年 10 月 18 日 10:03:25: EVQc6rJP..8E.


9. 2016年11月15日 02:11:47 : D1htfrJdJk : 3UV1eeggOrs[4]
2チャンネルやニコニコのような社会の掃きだめは必要だが

決して表に出てきてはいけない

この川上と西村は良く似ている


10. やもめーる[-388] guKC4ILfgVuC6Q 2016年11月15日 17:56:52 : 4zAoFnnkws : IDwbeU4QnEg[1]
>>8
関係ない、関係ない(by菅義偉、笑)
都合が悪くなると何の脈絡もない
2chのサンケーヘイトゴミ記事をアゲる
哀れなエセキムチコジキエセウヨ卯正日。(笑)

[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理
11. やもめーる[-387] guKC4ILfgVuC6Q 2016年11月15日 20:13:17 : 4zAoFnnkws : IDwbeU4QnEg[2]
続き
「外国人」が狼藉を働いて日本人を
困らせているのにそれが「毛唐」の犯罪となると
見て見ぬふりですか?(笑)↓

ファミレスで客の鼻にかみつく、英国籍の男逮捕 店内でのアーチェリー ...
blog.livedoor.jp/xxpoint/archives/8329624.html - キャッシュ


[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理

12. 2016年11月15日 21:22:00 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[1198]
   映像を作ったご本人が、気味が悪い、と言っているとおり、手足の無い動物が動くのではなく、当然ながら手足を使って動くべく創造された人間という生物を、あえて無言で這わせるのであるから、或る意味本来の手足を利用できないヒトの状態を表しているのであり、これは特段目新しいものではない。
  このような、本来使うべき手や足を使えずに這うという状態は、障碍者を指すかどうかは別にして、例えば戦争で瀕死の重傷を負った者、またチェルノブイリ事故の被害を受けた子供など、このような状態でいる映像を視た記憶がある。
  作ったご本人も否定していないように、人の目にこれが気味悪く見えるのは、やはり機能すべき手や足が機能せず、全身を使って這いずる、という状況からの恐怖心が、感情を揺するのだろう。
  要は、誰しもこのような状況に陥る可能性があり、いわゆる、ヒトがのたうち回るという状況がリアルに映像化されているのであり、悲しい出来事も未来に希望を見出してメルヘン的に表現したいと考えているような宮崎監督の目に、快く映る訳は無いのはご本人も承知なのではないか。
  この作者が天才だとすれば、いみじくも、未来の人間の姿、即ち核が使用され、多量の放射性物質を浴びて体毛を無くし、手や足の筋肉を失い、小頭で考える機能が無く、ただ這って動き回る状態を脳がイメージしたのかもしれない。
  また、近代戦で使用される攻撃兵器は容赦なく民家にまで落ち、死亡すれば兎も角、無傷で済むことはなく、手や足をもぎ取られたり機能を失い、這うしかない状態の市民が大量に出ている筈である。
   日本ではこうした映像を残虐だとしてメディアが報道しないだけで、日本人は殆ど空爆後の破壊された都市の状況を視ていないのである。
   視るとすればゲームの中であり、これは自分がヒーローであるから絶対に傷つかず、やられてもライフが回復するので、むしろ敵方が手足の機能を失って這いずり回ることを望むのが、ゲームの醍醐味であろう。
   この作者が天才だとすれば、いみじくも、今安倍政権が企図している集団的自衛権行使が本格的に始動すれば、いずれゲームの世界からリアルの世界に投げ出され、先の大戦で、砲撃で腹わたが出て、くねくねとのたうち回る同僚を見ていられず、銃でとどめを刺した、などという辛い体験の渦中に入れられる可能性もあるが、それが、彼の脳裏にイメージされたのかも知れない。
   この若者は、今後自分を待ち受ける運命を、このような映像をつくることにより確認するように、どこかからか啓示されているのかもしれないとも思える。
   彼の深層心理に入らなくては何も解らないが、年配者は、こうした映像を作る心理を何とか理解しようとする努力も必要なのではないか。
   
  

13. 2016年11月16日 16:11:05 : 8H6mkZOM7A : Mj2YlqSBANA[33]
金儲けさえできたら何でもいいと考える川上と
信念を貫きたい宮崎氏の違いだ。

8は何でもかんでも韓国に結び付けたいようだねぇ!
かわいそうに



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK215掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK215掲示板  
次へ