★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK215 > 907.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
仰天!! 原発固執の裏に核兵器開発の思惑! 
http://www.asyura2.com/16/senkyo215/msg/907.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 11 月 15 日 01:19:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

仰天!! 原発固執の裏に核兵器開発の思惑!
http://79516147.at.webry.info/201611/article_114.html
2016/11/15 00:29 半歩前へU


▼原発固執の裏に核兵器開発の思惑!
 世界の例を見ない未曾有の「悲惨な現実」をもたらした日本の原子力政策とは、一体何だったのか? 昨年9月19日の「原発と戦争を推し進める愚かな国、日本」の出版記念公演の中で小出裕章が重大な指摘をした。

 安倍政府が原発の再稼働に固執するのは、「核兵器の開発」というもう一つの狙いがあるからだ、というのだ。

小出は、原子力政策が「エネルギーを目的としたものではなかった」と述べ、1992年11月29日朝日新聞に掲載された記事を紹介する。

 その記事は「外務省幹部の談話」として、「日本の核武装の選択の可能性を捨ててしまわない方がいい。保有能力は持つが、当面、政策として持たない。そのためにもプルトニウムの蓄積と、ミサイルに転用できるロケットは開発していかなければならない」と、核武装を公式の政策の枠外で進めるべきだと表明したものだ。

 実際に日本は、1990年代の初めから着々とプルトニウムの保有量を伸ばし続け、現在までに48トン分を保有するようになったと小出は指摘する。これは長崎原爆にして4000発分だ。

 さらに小出は、政府が核兵器の開発を意図している決定的な証拠として、2012年6月20日に改定された「原子力基本法」をあげる。

 「2012年6月20日。福島第一原子力発電所の事故が起きた後のことですけれども、政府は原子力基本法を改定しました。もともとの原子力基本法にはこう書いてあります。

 『(基本方針)第2条 原子力利用は平和の目的に限り、安全の確保を旨として、民主的な運営のもとに、自主的にこれを行うものとし、その成果を公開し、進んで国際協力に資するものとする』

 そこにこんな条文を書き加えました。『2 前項の安全の確保については、確立された国際的な基準を踏まえ、国民の生命、健康及び財産の保護、環境の保全並びに我が国の安全保障に資することを目的として、行うものとする』」

 このように、「安全保障」という用語が、「いつの間にかこっそりとふくまれてしまった」と小出は述べる。「安全保障」のための原子力とは何か? それは明らかに「核兵器の開発」を念頭に置いたものだと小出は言う。

 だとするならば、これまで国民に隠されるように保持されてきた原子力政策の“もう一つの意図”が、ここに来てはじめて政府による表だった政策として公言されたと言わざるを得ないのである。

 小出は最後に、第二次世界大戦下でナチス・ドイツにより強制収容所へ送られ、奇跡的に生還したニーメラー牧師の境遇を紹介しつつ、次のような言葉で講演を締めくくった。

 「歴史はどんどん流れていって、気が付いた時にはもうどうにもならない。すべての抵抗手段が失われているということが、これまでの歴史にもあったわけです。

 一人一人の頭でちゃんと考えて、考えるだけではなく行動していくという責任、そのことだけが今求められているんだろうと思います」―。

詳報はここをクリック
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/265700#idx-1

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年11月15日 02:38:44 : 4wnaEWkfPM : Xyeda77IoQY[269]
となりに時々散弾銃をぶっぱなす、頭のいかれたあんちゃんが住んでたらどうするね?こっちも万一に備えて散弾銃を常備しときたいと思わないかね。

2. 2016年11月15日 07:45:04 : 4QsLE24OSs : lawX9dFujdY[1]
1くん。その散弾銃をそこらじゅうでぶっぱなしているのはどこの国かね。
アフガンでイラクでシリアで。その国と一緒に軍事行動をするのかね。

3. 2016年11月15日 07:59:09 : qB3lZnQKvA : s8Em1VMPLzM[11]
>>1
でも、そのあんちゃんはなぜか日本の原発は狙ってこないらしいね。去年だか、山本太郎が国会で質問したのに、安倍さんはそのことは想定してないし、心配してないらしかった。わざわざ核ミサイルなんか使わなくても、普通のミサイルでも同じように効果があるだろうに。
実は私もそれが心配で眠れなかったものだが、あれを見て、きっとどこかで話が付いているのだろうと安心したよ。さすが、安倍ちゃんだな。

4. 日高見連邦共和国[3134] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年11月15日 08:29:32 : pYBiRhRShY : JUWRjmwQc1E[50]

それでもホラっちょ安倍は、恥ずかし気もなく国会で言い放つ。

『日本の核武装は有り得ない』だって・・・。(苦笑)

54基もの“自殺用核地雷”を全国の沿岸部に完全装備しときながら・・・


5. taked4700[5797] dGFrZWQ0NzAw 2016年11月15日 08:29:55 : tNRYkJswEo : 6eJYM65OtLE[4]
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E7%94%B0%E5%86%85%E9%96%A3
を見れば分かるように、

>2012年6月20日に改定された「原子力基本法」

は民主党の野田内閣です。戦後、核武装を視野に入れていたのは自民党であり、その自民党から民主党へ変わった方たちもいたでしょうが、野田内閣の閣僚としては、そういった方はいないようです。

ともかく、戦後、日本の政治家、官僚の方たちの中に核武装を目指していた方がいたのは事実だと思いますが、かと言って、実際に何らかの形でその実現に向けて動いたことは有り得ません。

日本が核武装を意図していたというのは、非常にあやふやな話で、そんなことを言えば、アメリカは世界征服を意図しているとも言えます。こちらの方が実際の裏付けは多くあるでしょう。

しかし、いつまでも人騒がせな小出さんですね。彼の正体が分かる。


6. 2016年11月15日 09:05:47 : WHGnKHtgO2 : @u9O83z8wpE[1]
脱アメポチするなら当然の選択肢

7. 戦争とはこういう物[1579] kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo 2016年11月15日 10:49:42 : 9PG0M0b68Q : jKnbezZWN40[221]
 この国が唯一の被爆国としてのプライドを捨てて、「核兵器で北チョーセンみたいに強く出よう」との選択肢を持ちたがっているのは、四月馬鹿の日の閣議決定で世界中に表明してしまっている事。

■核兵器「憲法禁止せずも保有せず」答弁書決定(どこぞの国と同じ?)
http://www.asyura2.com/16/warb17/msg/463.html
投稿者 戦争とはこういう物 日時 2016 年 4 月 02 日 01:54:57:

 かつて「国際放送」でも、日米で日本の核保有を企んでいたことは放映されている。
■NHKスペシャル 「私たちは核兵器を作った」覚書 / 「"核"を求めた日本」要約  (文筆劇場) 
http://www.asyura2.com/09/idletalk38/msg/887.html
投稿者 五月晴郎 日時 2010 年 12 月 22 日 14:34:36: ulZUCBWYQe7Lk

・動画↓
https://www.youtube.com/watch?v=OixovKdKYVY

当時は国内外の反感を恐れて辞めた、と言うのが本当らしい。


8. 佐助[4010] jbKPlQ 2016年11月15日 11:39:40 : EPbzpPtFcg : JZu5dAhutnk[149]
この馬鹿二人に言いたいことがある

引退したら,ブツブツ騒ぎ,無責任行動にでる二人
じゃ! なんで現役中にやらなかったのだ。

小泉氏は,マスコミが小泉劇場で煽り,圧倒的多数で,国会の単独採決を強行し続けた。そして弱者の切り捨て,格差を拡大させ社会保障など緊縮財政で赤字を量産し国民の99%に耐乏を押しつけた。息子もよく似た性格である。

引き継いだ安倍政権は民主主義ルールまで破壊させ,1%の富のための政治しかしない。しかも彼は戦争待望論者で奥方は大麻好きでもある。

しかも賞味期限が切れても,権力の欲望にあぐらをかき,大切な年金や保険を株や外国にばらまく,使い込み過ぎて足りないから,年金支給顎を減らし,支給年齢を上げる小細工を始めた。


一方の小出氏

原発に冷却水には真水ではなくてマグネシウム(Mg)が使われている。海水にはマグネシウムが含まれている。マグネシウムはリチウムと共にイオン化すると強い共鳴振動数によって容器やパイプを酸化または還元して、穴をあけたり、亀裂を発生させたり、腐食させる。
この原因の75%は原子が分子化される時に発生させる現象である。

しかも海水で冷却するという、火に油を注ぐ行為を平気でやっても知らんぷりしていた。

そのためにイオン化されたマグネシウムやリチウムを共鳴共振する材料を使うべきでない

そしてウラニウムが自己崩壊して発生させる電子の放射線量は多いため発熱量は高くなる。自己崩壊しても、高い放射線量をもつセシウムやプルトニウムに分裂誕生する。ナゼもっと低い発熱量を放射する原子を燃料棒に採用しないのか?それは、濃縮されたウラニウムやプ
ルトニウムなら、スグに原爆を作成できるからだ。

使用ズミの核燃料処理も考えずに各国が原発計画する最大の理由は何か?それは核拡散防止条約さえなければ、ただちに核の均衡防衛策に切替えられるからだ。

しかも小出氏は冷水で冷やせば、絶対破壊されることのない容器の中で、使用ズミ核燃料棒の自己溶解(メルトダウン)は絶対発生しない、と現役時代に断言していた。我々国民を騙したのだ。

小出氏は現役時代に,冷却水と高熱水を循環させているシステムの、どのような小さな放射能もれも点検発見すべきです。そして、分子材料の共鳴振動数が不一致になるよう設計変更し、もっと低い発熱量を放射する原子を燃料棒に採用を提案すべきであった。彼にはそれができたはずである。

そして二人はそろって,現役時代の無責任な行動を反省しないで,引退すると騒ぎまくし立てる行為は許されるものではない。


9. 2016年11月15日 20:11:47 : 2LiKY8ftgY : PTfAaIrqs6s[64]
不足など 建前核さ 本命は

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK215掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK215掲示板  
次へ