★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK216 > 406.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本共産党が“何を今さら”の中国批判 今、共産党に必要なのは存在意義そのものの見直し(JBpress)
http://www.asyura2.com/16/senkyo216/msg/406.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 11 月 22 日 10:20:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

韓国のソウル大学で講演の聴衆に手を振る中国の習近平国家主席(資料写真、2014年7月4日撮影)。(c)AFP/Ed Jones〔AFPBB News〕


日本共産党が“何を今さら”の中国批判 今、共産党に必要なのは存在意義そのものの見直し
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/48446
2016.11.22 筆坂 秀世 JBpress

 日本共産党は、2017年1月に第27回党大会の開催を予定している。そのための大会決議案もすでに公表されている。この決議案にいくつかの注目すべきことが書かれているが、その1つが中国への厳しい批判がなされていることである。

■中国の大国主義、覇権主義を批判

 その批判は、要約すると次の4点である。

 第1は、核兵器問題で、中国に深刻な変質が起こっている。

 中国は、もともと核兵器禁止の国際条約を求めてきていたのが、この数年、それが変化している。特に、2015年〜2016年の国連総会で、核兵器禁止条約の国際交渉を現実の日程に乗せようという動きに対して、中国がこれに反対する態度をとり、核兵器に固執する立場に変質したとして、次のように批判している。「少なくとも核兵器問題については、中国はもはや平和・進歩勢力の側にあるとはいえ」ない。

 第2は、東シナ海と南シナ海での力による現状変更を目指す動きへの批判である。

 日本の領土である尖閣諸島の領海への中国公船の侵入が激増し、それが常態化していることについて、「他国が実効支配している地域に対して、力によって現状変更をせまることは、国連憲章および友好関係原則宣言などが定めた紛争の平和的解決の諸原則に反する」と批判。

 南シナ海についても、南沙諸島での大規模な人工島の造成など、力による現状変更を批判するとともに、仲裁裁判所の裁定が、南シナ海水域に対する中国の独自の権利主張は「根拠がない」と退けたのに対し、中国が「無効で何の拘束力もない」という態度をとっていることを、国際法を踏みにじるものとしている。

 第3に、2016年9月にマレーシアで行われたアジア政党国際会議(ICAPP)総会の「クアラルンプール宣言」の採択にいたる過程で、宣言起草委員会が全員一致で決めたものを中国代表団が強硬に修正させるという対応をとったことに対して、「覇権主義的なふるまいそのものである」と批判している。

 第4に、ICAPP総会での中国共産党代表団の振る舞いは、1998年6月、日中両共産党の関係正常化(※)の際に合意された「双方は、日本側が主張する自主独立、対等平等、内部問題の相互不干渉および中国側が主張する独立自主、完全平等、相互尊重、内部問題相互不干渉の基礎のうえに、両党間の友好交流を展開する」という規定に反するというものである。

(※)日本共産党と中国共産党は、1966年の毛沢東による「文化大革命」と相まって中国共産党から日本共産党への干渉攻撃がなされた。中国は日本共産党を「日中両国人民の敵」とまで攻撃していた。以来、1998年の関係正常化まで32年間、関係が断絶していた。

■「何をいまさら」の批判ばかり

 日本共産党からすれば、これまで友好関係にあった中国共産党を批判するわけだから、それなりに画期的なことと言ってよい。だが、国民の側からすれば、何を今さら、というのが正直な感想だろう。

 志位和夫委員長などは、つい最近まで北朝鮮の核実験やミサイル発射、中国の東シナ海、南シナ海での国際法違反の横暴を「リアルな脅威ではない」と気楽なことを言っていたのである。

 そもそも国内で一党独裁政治を60有余年も続け、中国国民の思想・信条の自由や言論の自由、結社の自由など、民主的権利をことごとく奪ってきたのが中国共産党である。国内でおよそ民主主義と無縁の行動をとってきた政党が、対外的にも横暴な振る舞いをすること理の当然である。それは北方領土を強奪した旧ソ連を見ても明らかであろう。旧ソ連は、まさに大国主義、覇権主義の国だった。中国の行動は、それを再現しているだけである。

 核兵器についても、自ら開発し、保有してきた中国がそれに固執するのは、当然のことである。ここに淡い期待を持つ方がどうかしている。

 批判の中に「少なくとも核兵器問題については、中国はもはや平和・進歩勢力の側にあるとはいえ」ないという指摘がある。では聞きたい。いったいどの分野で中国は「平和・進歩勢力の側にある」のか。中国の軍事費は増大し続けている。このことへの批判はなされていないということは、この面では「平和・進歩勢力」なのか。新疆ウイグル自治区やチベット自治区への弾圧は、「平和・進歩勢力」と言えるのか。

 どの分野をとっても、中国を「平和・進歩勢力」と呼べないことは明瞭である。

■中国共産党にすっかり騙された「科学の目」

 日本共産党は「中国共産党が変質した」というが、それは間違いである。中国共産党と関係正常化した時から、私などは危惧していた。関係正常化交渉は、不破哲三氏が前のめりになって進めたものである。

 ありていに言えば、中国からおだてられた不破氏は、この間、中国を褒めちぎってきた。2005年11月に日中両党の理論会議というのが行われた。その報告が党本部で不破氏からあり、全国の党組織にCS放送された。

 この中で不破氏は、まず中国側から9つの質問がなされたことを明らかにし、「日本共産党の見解を聞きたい、というのが、今回の理論交流の内容となった」と語った。さらっと言っているようだが、ものすごい自慢をしているのだ。“中国共産党が教えを乞いに来た”ということである。理論交流というが、実質は不破氏が喋るだけである。中国側は、20代2人、30代3人、40代2人の合計7人だったそうである。中国共産党の幹部など、誰も入っていない。

 要するに、日本共産党や不破氏へのおもてなしに過ぎないのである。おもてなしをされれば、相手を褒めるしかない。

 さらに不破氏はこう続ける。

「中国共産党は、中国の現状を社会主義の『初級段階』だと規定していますが、その『初級段階』の長さはほぼ100年かかるとしています。それぐらい、長期の単位でものごとを測っている党ですから、理論問題でも、たいへん長期的な視野で中国の社会主義的前途を考え、それだけの時間的なスケールで、それだけの時間的なスケールで、社会主義の国づくりの路線の全面的な再構築を目指している」

 100年間も「初級」が続くというのでは、展望などとは呼べない。「先のことは分かりません。もう生きていませんから」というのと同じではないか。もっと皮肉を言えば、中国共産党が存在しているかどうかさえ怪しいものだ。

 不破氏のありがたい話を聞いた若者に対しても、「問題を理論と実践で追求する真剣さ、中国と世界の変化する現実に対する鋭い感受性、それを理論的にとらえようとする発展性」を感じたというのだ。

 関係正常化の事に関しても、「中国の党指導部は、公明正大な態度を見事に示しました」と絶賛している。挙げればきりがない。不破氏得意の「科学の目」もすっかり騙されてしまったようだ。

■揺らいでいる共産党の存在意義

 この間、日本共産党は、中国、ベトナム、キューバを「社会主義を目指している国」と規定してきた。そして、北朝鮮はそうではないとしてきた。

 一党独裁を続けている各国の共産党からすれば、日本共産党から「社会主義を目指している国」と評価されるのは、ありがたいことである。いわばその正当性を保証しているようなものだからだ。北朝鮮を含めないのは、現体制を批判的に見ているということだろう。

 しかし、中国やベトナムで現実に進んでいることは、単なる市場経済化ではなく、資本主義への道である。マルクス主義、科学的社会主義の「資本主義から社会主義への移行は必然」という大命題とまったく逆の動きが起こっているということだ。

 ということは、この大命題を促進することを最大の存在意義としてきた共産党という組織のあり方そのものにも根本的な疑念が生じているということでもある。もはや周知の中国批判などではなく、この点をこそ突き詰めるのが共産党の現在の任務ではないのか。


(参考・関連記事)「平身低頭で党員に『赤旗』購読を呼びかける共産党」
            http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/48089

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年11月22日 13:18:08 : hKRNRNsg7U : ZKs9_WJa1ss[188]
共産党は社会主義を進めないよ。

何度言ったらわかるんだ。資本主義が充分熟成した国で社会主義が実現すると言っている。
だから共産党はまず市場経済をやるんだよ。

もう少し勉強してから記者になったほうがいいぜ。


2. 2016年11月22日 13:43:04 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[847]
マルクスの見通しでは,発達した資本主義国で社会主義革命が起こるはずだった。ところがそれは今に至るまで,世界のどこでも起こっていない。
ロシアにしろ中国にしろ,資本主義の発達は不十分であり,民主主義の伝統もない。そういう国で革命がおこったものだから,その後の経過はマルクスが考えたものとは全く違うものになったのだ。

今の中国は,中国の歴史上はじめて資本主義の国になったと言えるのではないか。


3. 2016年11月22日 14:30:22 : BveE2UE5Lg : yJtpoTZttlo[1]
この筆坂という人、スキャンダルがなかったら今も共産党の幹部だよ。人間、金がかたきのこの世の中生きていくのはしんどいのう。

誰かに利用されてなんぼの世界。


4. 2016年11月22日 18:03:26 : n4eHd45SnU : GmqesGz8js4[1]

まったくその通り、何を今更ですね、
社会主義運動の衰退が、日本でも政治革新の展望を失わせている昨今、、、
日本共産党路線変質について、このように整理できる本記事に拍手する。

日本共産党は、今回も党大会にアメリカ大使館を招待するのであろうか?


5. 2016年11月22日 21:29:55 : 2ba1UeOS2E : 62OIab_eEe0[170]
何をもって共産主義と言うかで随分違うが
(ソ連、中国、戦前日本、今の日本共産党 それぞれ違う)

とりあえず
マルクス共産主義は何が問題だったのか
マルクス共産主義の現代における意義(価値といってもいいかな)

いずれ整理したいと思っているが
新自由主義の醜い結果がでてきている現代において共産主義の価値はわかりやすいんだがね
私の理想は 修正資本主義=修正共産主義


「民族という名の宗教―人をまとめる原理・排除する原理」 (岩波新書) 新書 – 1992/1/21 なだ いなだ
共産主義のもっともわかりやすい本だった。お勧め。

多くの人は、雰囲気で共産主義を語っているのがわかる。←以前の私


6. 2016年11月22日 23:50:01 : 72SDqL86cs : pSoqc4_cIsE[1]
>国内でおよそ民主主義と無縁の行動をとってきた政党が、対外的にも横暴な振る舞いをすること理の当然である。

うーん、どうかな?

民主主義国が国民に富みをばらまくために、対外的には略奪的になることも
歴史的には多かったよ。
というか「帝国主義国」ってほとんど民主主義国だったんだけど。

筆坂って元共産党だよね。
ちゃんと勉強してるのか?
なんかそこら辺のブルジョワ新聞人みたいなこと書くなよ。


7. 2016年11月23日 09:03:51 : 2ba1UeOS2E : 62OIab_eEe0[171]
5です。

「民族という名の宗教―人をまとめる原理・排除する原理」 (岩波新書) 新書 – 1992/1/21 なだ いなだ

再掲ですが、タイトルから、また天皇批判かと誤解されていそうで書きます。
まったく、天皇の話は関係なしです。
1991年ソビエト崩壊という共産主義の敗北の語りがスタートです。結論的に書くと、資本主義の行き過ぎ(今の新自由主義と言い換えてもいいかも)を是正する共産主義の存在価値を述べていると理解しています。手前味噌ですが、漠然とそのように考えていた私の考えにも合致し、現在の日本共産党の立ち位置の理解にもなっています。ぜひ、読んでみて下さい。以下amazonカスタマーレビューをどうぞ。
https://www.amazon.co.jp/%E6%B0%91%E6%97%8F%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E5%90%8D%E3%81%AE%E5%AE%97%E6%95%99_%E4%BA%BA%E3%82%92%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81%E3%82%8B%E5%8E%9F%E7%90%86%E3%83%BB%E6%8E%92%E9%99%A4%E3%81%99%E3%82%8B%E5%8E%9F%E7%90%86-%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E3%81%AA%E3%81%A0-%E3%81%84%E3%81%AA%E3%81%A0/dp/4004302048/ref=sr_1_fkmr0_1?ie=UTF8&qid=1479858991&sr=8-1-fkmr0&keywords=%E6%B0%91%E6%97%8F%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E5%90%8D%E3%81%AE%E5%AE%97%E6%95%99+%E8%A6%81%E7%B4%84

私から筆坂氏の記事へのコメントはなしです。
“何を今さら”? とは意味不明かな。
党大会は大きなスパンの議論だからなー。議題もまともだし。


8. 2016年11月23日 09:56:04 : 2ba1UeOS2E : 62OIab_eEe0[172]
5,7です。
今の私の思考整理に書き足します。

>私の理想は 修正資本主義=修正共産主義
「ベーシックインカム」はまさに、資本主義を共産主義で味付けだよね。。。と書こうと調べると
wikiに
ベーシックインカムとは「包括的な現物給付の場合は配給制度であり、国民全員に無償で現金を給付するイメージから共産主義・社会主義的と批判されることがあるが、ベーシックインカムは自由主義・資本主義経済で行うことを前提にしている。」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%A0
資本主義側からの発想とは。 続く


9. 2016年11月23日 10:06:17 : 2ba1UeOS2E : 62OIab_eEe0[173]
続き

資本主義の利点、欠点:欲望をエネルギーとしているので、強力である。そのため弱肉強食である。
共産主義の利点、欠点:欲望をエネルギーとしていないので、仕組みそのものは平和であるが、堕落する。

よくある誤解:共産主義=独裁政治

マルクス理論の間違いは
「人間が理論にそうほど賢くはなかった(欲望、今だけ自分だけ)」これは批判というより事実、本能として。克服するのが道徳、宗教か?

とりあえず、今の私の結論の大枠


10. 2016年11月23日 17:10:17 : 9IwtxMmGcw : k1aidTvLyzQ[1]
共産主義云々以前に、
現状の資本主義を続ければ、この先、人類が破滅する道筋でしかないのは明白。

じゃあ、どうすればいいか… 
役人国家や巨大資本など一握りの層に富と権力が集中する構図から、
共同体的発想へと、やはり回帰せざるを得ない。

マルクスも資本主義を分析したわけで、
こうすれば共産主義社会になると具体的に示したわけじゃない。(青写真を描くのは非科学的)
だから、進歩派勢力は現代的課題に直面して右往左往し、
その答えを自力で見つけ出さねばならず、現状維持の保守派からの批判も手厳しい。


11. 2016年11月23日 17:40:50 : 9IwtxMmGcw : k1aidTvLyzQ[2]
各国の国内に平和勢力・軍事勢力があるのもまた一つの事実であって、
評論家ではない公党が紋切型に他国批判をするのは、敵愾心を煽るだけで、
政治や外交に責任を負わないやり方である。

政治を進歩的に模索する側は米国に対しても中国に対しても、
その国内の平和勢力の存在を意識する。

政治家から「保守評論家」に転落した筆坂氏と違って
「政治」をする公党の側は、相手国を単に敵視批判してればいいのではなく、
相互の共存と発展のためにも、相手国の前向きな主義思想や、
前向きな変化をさらに引き出す地道な努力が問われる。

日本の共産党は中国だけでなく米国でも前向きな変化があれば、
それをきちんと支持するし、米大統領に書簡も送っている。

また、各国の支配層側は、東アジア軍事化にシフトしているが、
アジア政党会議の場などでは非軍事化が主流であり、
各国国民の多数の声が、支配層に阿るマスコミなどの煽りもあって、
一部の利権屋・戦争屋の意図でかき消されてしまう構図も見る必要がある。


12. 2016年11月24日 17:39:44 : n4eHd45SnU : GmqesGz8js4[2]

本記事を書いた筆坂は、1998年不破哲三が中共と握手した当時の党政策委員長だった。当時のゴマすり男・筆坂だった、彼の不破批判は天に唾するごときものであろう。
委員長・不破、書記局長・志位、そして政策委員長・筆坂・・・だった。
筆坂は、議会政治で先生と呼ばれ宴席で助平根性が出て女体にすり寄り、、、恥ずかしい離党だった。ひっそり暮らせばいいものを、、、

それにしても、
かつて日本共産党は、社会主義を評価するために「社会主義4基準」方針があったはず、
その「4基準」に照らせば、中国は「文化大革命」の50年前から「社会主義の堕落」の見本だったはず。「何をいまさら」はその通りなのである。
かつて不破も志位も大々的に宣伝したその「4基準」、、、なぜか今はその「基準」について口を閉ざす、カメレオン政治家である。

象徴天皇制は「ブルジョア君主制の一種」と「綱領」で書いていた方針も、今では「いかなる意味でも日本は君主制の国ではありません」と嘯き天皇制擁護者となった不破と志位ですが、、、安倍にも引けを取らない厚顔無恥の政治屋たちである。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK216掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK216掲示板  
次へ