★阿修羅♪ > 戦争b19 > 128.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
南シナ海、東シナ海、尖閣諸島…「習近平の戦争」に日本が巻き込まれる可能性とは(BEST TIMES)
http://www.asyura2.com/16/warb19/msg/128.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 11 月 04 日 08:39:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

軍権を掌握し、独裁を強化する習近平国家主席。今後、日本にどんな揺さぶりをかけてくるのか……。


南シナ海、東シナ海、尖閣諸島…「習近平の戦争」に日本が巻き込まれる可能性とは
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161104-00003641-besttimes-pol
BEST TIMES 11/4(金) 8:00配信


■すぐそこにある戦争リスク

 習近平政権は日本にとって非常に危険な政権である。日本は油断している

と、「習近平の戦争」に巻き込まれかねない。

 南シナ海、東シナ海にある戦争リスクは、もちろんキューバ危機には程遠いレベルだが、このリスクの卵がいずれ、習近平政権にも米国の次なる政権にもコントロールできないほど大きくなる可能性は十分に警戒しないといけない。そして、日本も東シナ海リスクに関しては当事者である意識を持たねばならないし、東シナ海と南シナ海がリンクしていることを考えれば南シナ海危機も他人事にしてはならない。

 思い出すのは二〇〇一年四月一日に、南シナ海上空で起きた米中軍用機の衝突事件だ。中国側パイロットは海上に墜落し行方不明、米海軍の電子偵察機EP‐3Eは搭乗員ともども海南島に不時着し、解放軍により機体は徹底的に調べられたため、米軍の偵察システムは変更を余儀なくされた。衝突の原因は、解放軍パイロットの挑発行為。このときは中国側パイロットが行方不明になったこと、根っこが親米である江沢民政権であることなどから、なんとか自制が利いたが、同じことがいま起きたら? 

 もし、東シナ海で日中の戦闘機のどちらかが墜落したら? どちらかのパイロットが死亡するような事態があったら? パイロットがうまく脱出できたとしても、そのパイロットや機体の残骸を万が一、中国側に回収されたならば? あるいは、日本側が回収したとしたら? 尖閣諸島に戦闘機の残骸が落ちたら? その回収を目的に、日中双方が同時に尖閣諸島の上陸を目指すことになるのか? そのとき、どういう事態が想定されるだろうか。

 あるいは、漁民に扮した海上民兵が尖閣に押し寄せ、上陸したら? 中国海警局が漁民を保護するために尖閣に上陸する可能性はあるだろうか? 

 そうなったとき、日本はどういう行動をとらねばならないか。そのとき、国内法的にどういう障害があるか。国際社会は日本の味方をしてくれるのか。今の日本は、そういう危機的状況に直面したときのことを、あえて考えないようにしている。

 習近平の強軍志向や米国への侮り、対日強硬姿勢を見ると、二〇〇一年のころよりも、紛争への発展危機はよほど大きい。日中で局地的、短期的であっても紛争が勃発する可能性はたしかにある。

 そのとき、中国に暮らす約一三万人の邦人はどのようなリスクを背負うのか。進出企業の資産や投資はどうなるのか。あるいは日本に暮らす約七一万人の中国人はどのような行動をとるのか。中国が伝統的にゲリラ戦法の国であり、二〇一〇年に中国は国防動員法を成立させているので、有事の際は、国内外の民間人や民間企業は国防に動員される。国内では外資系企業も除外はされない。

 絶対に戦争は回避せねばならない。

 だが、一九七二年の施政権返還以来、続けてきた尖閣の実効支配が揺らぐことがあってはならず、南シナ海の軍事拠点化を許すような隙を中国に与えてもならない。

 そのために、リアルに今ある戦争勃発リスクをきちんと受け止めて、いま日本に足りないものが何であるかを国民一人一人が考えて政策に反映される世論を形成することが必要だろう。

※福島香織著新刊『赤い帝国・中国が滅びる日』発売記念、緊急集中連載。

著者略歴

福島香織(ふくしま・かおり)

1967年、奈良県生まれ。大阪大学文学部卒業後、産経新聞社大阪本社に入社。1998年上海・復旦大学に1年間語学留学。2001年に香港支局長、2002年春より2008年秋まで中国総局特派員として北京に駐在。2009年11月末に退社後、フリー記者として取材、執筆を開始する。テーマは「中国という国の内幕の解剖」。社会、文化、政治、経済など多角的な取材を通じて近くて遠い国の大国≠ニの付き合い方を考える。日経ビジネスオンラインで中国新聞趣聞〜チャイナ・ゴシップス、月刊「Hanada」誌上で「現代中国残酷物語」を連載している。TBSラジオ「荒川強啓 デイ・キャッチ!」水曜ニュースクリップにレギュラー出演中。著書に『潜入ルポ! 中国の女』、『中国「反日デモ」の深層』、『現代中国悪女列伝』、『本当は日本が大好きな中国人』、『権力闘争がわかれば中国がわかる』など。最新刊『赤い帝国・中国が滅びる日』(KKベストセラーズ)が発売即重版、好評発売中。

写真:アフロ
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年11月04日 10:06:52 : Zq5Mk1Vr7s : m3GcEiYCEWE[1]
憲法 法律改悪するのは自由で中国の干渉すべきことではないが ポツダム条約違反の条項あれば中国は看過しない 確かな証拠掴んだとして直ちに報復核攻撃の権利があると宣言している。違反しないかぎり国連安全保障理事のため各国の同意を得なければ戦線布告できないからである。ごらあー 北朝鮮 核日本に打ち込んだら金銀財宝蒸発してしまうではないか 大戦でうばわれたもの 回収できなくなる。中国のスタンス。改良型VX毒ガス弾頭で十分全滅駆除できるではないか 福一見てみろほっといてもいづれ滅びるよ 習近平の談話。

2. 戦争とはこういう物[1549] kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo 2016年11月04日 14:13:02 : 9PG0M0b68Q : jKnbezZWN40[191]
 この作家は中国の批判をしない意見は「サヨク」と決めつけるなど、中国批判家と思える。
 中国は損になる事はしない「喰えない国」だが。民兵侵攻等一方的に行えば、国際社会で立場が無くなる。
 「挑発」はこっちの国の方がむしろ顕著。「ベソかき大臣」が,また戦神参拝など始めないか、国民は注視すべき。

3. 2016年11月04日 17:26:38 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[3137]

>絶対に戦争は回避せねばならない。
>だが、尖閣の実効支配が揺らぐことがあってはならず、南シナ海の軍事拠点化を許すような隙を中国に与えてもならない

あほらしい

米国がよほど肩入れしてくれない限り(したとしても?)無理だよw


>そのために、リアルに今ある戦争勃発リスクをきちんと受け止めて、いま日本に足りないものが何であるかを国民一人一人が考えて政策に反映される世論を形成することが必要

無理なことを、いくらやろうとしてもムダ

口では中国を非難し続けたとしても

北方領土、同様、諦めて尖閣を渡すしか選択肢はないだろう


いずれ、中国も、ロシアも崩壊するから、気長に待てば良いだけのこと


ただし、彼らが崩壊する前に、日本が愚民迎合政策で崩壊するリスクの方が遥かに高いのが問題ではあるw


4. 2016年11月04日 19:47:10 : JGj5nDmyOE : eg@l0gf89w4[1]
日本が戦争に巻き込まれるのではない。今までもそうだったように日本が戦争を起こすのだ。

5. 2016年11月04日 21:48:30 : ZLNQZFSqzI : emARCcmDZU4[117]
猿同士 喧嘩煽って 兵器売り

6. 2016年11月05日 20:27:46 : 9QewkUGcqk : 4QXc8C8kgnU[102]
勝手にリンクさせるな。南シナ海はどう見ても日本には無関係、東シナ海は棚上げで合意していたものを破壊したのは日本だ。中国が岩礁を埋め立てている?それなら日本の南鳥島は何なんだ。中国はオバケではない。

7. 2016年11月07日 22:22:53 : 6KX0MlrVas : Sz2xuXES6kA[2]
尖閣はともかく南シナ海の軍事拠点化を許すななどはじめから中国と対立することを前提とした議論だろう。そういう前提自体が問題だろう。

8. 2016年11月12日 19:07:31 : eyEYkpdYmw : v4mP3PBLj@g[6]
>>6
尖閣の国有化は中国が先な上、南鳥島は「法的に」認められている。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b19掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b19掲示板  
次へ