★阿修羅♪ > 近代史3 > 707.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
一度は行ってみたい _ 高樹沙耶が経営している石垣島『キャンピングロッジ 虹の豆』
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/707.html
投稿者 中川隆 日時 2019 年 11 月 06 日 12:36:18: 3bF/xW6Ehzs4I koaQ7Jey
 

(回答先: 風俗嬢に沖縄出身女性が多い理由 投稿者 中川隆 日時 2019 年 2 月 08 日 09:18:43)

一度は行ってみたい _ 高樹沙耶が経営している石垣島『キャンピングロッジ 虹の豆』


キャンピングロッジ 虹の豆
907-0451 沖縄県 石垣市 桴海大田232-4
TEL 0980-88-2622






 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 中川隆[-11355] koaQ7Jey 2019年11月06日 12:39:38 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[1542] 報告

『キャンピングロッジ 虹の豆』 地図
https://www.bing.com/maps/default.aspx?v=2&pc=FACEBK&mid=8100&rtp=%7Epos.24.452312358805_124.21147623062_%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%B8+%E8%99%B9%E3%81%AE%E8%B1%86&cp=24.452312358805%7E124.21147623062&lvl=16&sty=r&rtop=0%7E0%7E0%7E&mode=D&FORM=FBKPL6&mkt=ja-JP
https://www.google.com/maps?ll=24.451936,124.212181&z=11&t=m&hl=ja-JP&gl=JP&mapclient=embed&q=%E3%80%92907-0451+%E6%B2%96%E7%B8%84%E7%9C%8C%E7%9F%B3%E5%9E%A3%E5%B8%82%E6%A1%B4%E6%B5%B7%EF%BC%92%EF%BC%93%EF%BC%92
https://www.google.com/maps/place/%E6%97%A5%E6%9C%AC,+%E3%80%92907-0451+%E6%B2%96%E7%B8%84%E7%9C%8C%E7%9F%B3%E5%9E%A3%E5%B8%82%E6%A1%B4%E6%B5%B7%EF%BC%92%EF%BC%93%EF%BC%92/@24.451936,124.212181,181m/data=!3m1!1e3!4m5!3m4!1s0x345fe6f106744475:0xccf6b72eb4150951!8m2!3d24.4519363!4d124.2121814?hl=ja-JP


▲△▽▼

石垣島までのアクセス・行き方徹底比較|トリッパー
https://t-marche.com/tripper/article/953/

とにかく安く、石垣島へ行くには?! 格安航空券の探し方、教えます
https://okinawa-labo.com/discount-air-ticket-to-ishigaki-island-5892

石垣島への格安航空券
https://www.google.co.jp/search?lr=lang_ja&hl=ja&rlz=1I7AWNC_jaJP826&tbs=lr%3Alang_1ja&ei=-zjCXau6Je-ymAWb_5i4CQ&q=%E7%9F%B3%E5%9E%A3%E5%B3%B6+%E6%A0%BC%E5%AE%89%E8%88%AA%E7%A9%BA%E5%88%B8&oq=%E7%9F%B3%E5%9E%A3%E5%B3%B6+%E6%A0%BC%E5%AE%89&gs_l=psy-ab.1.1.0l8.4347.7271..9743...0.2..0.116.961.7j3......0....1..gws-wiz.......0i71j0i67j0i4j0i4i37.FsflnLoFz68#spf=1573009828087

▲△▽▼

虹の豆 - YouTube動画
https://www.youtube.com/results?search_query=%E8%99%B9%E3%81%AE%E8%B1%86

高樹沙耶 虹の豆日記
https://ameblo.jp/ikuenijinomame/

キャンピングロッジ 虹の豆 - ホーム Facebook
https://www.facebook.com/nijinomame/


▲△▽▼

益戸 育江 高樹 沙耶(@ikuemiroku)さん Twitter
https://twitter.com/ikuemiroku?lang=ja

益戸 育江 Facebook
https://www.facebook.com/ikue.masudo


高樹沙耶 - YouTube動画
https://www.youtube.com/results?search_query=%E9%AB%98%E6%A8%B9%E6%B2%99%E8%80%B6


高樹沙耶 画像
http://ero-gazoum.net/380.html
https://yamachan01.com/blog-entry-8878.html


▲△▽▼

『キャンピングロッジ 浮世離れ』Airbnb 予約

エコリゾート キャンピングロッジ 虹の豆 ロッジA nijinomame rodge A
\ 16,000 /1泊
https://www.airbnb.jp/rooms/16950888?source_impression_id=p3_1572787749_9ORLFwE0syVTuJ1Y


エコリゾート キャンピングロッジ 虹の豆 ロッジB nijinomame rodge. B
価格:\ 11,000 /1泊
https://www.airbnb.jp/rooms/20138262?source_impression_id=p3_1572787933_0o4OT6S0kSiycVts

▲△▽▼
▲△▽▼

高樹沙耶、事件後初ビキニ! “衝撃の美プロポーション”を披露
…石垣島での生活と日本社会へのメッセージも!石丸元章が突撃取材!!

2018.07.08.
第1回 「石垣島 高樹沙耶さん訪問記」
https://tocana.jp/2018/07/post_17430_entry.html


 沖縄県石垣島で執行猶予中の生活を過ごす、女優・高樹沙耶さんがオーナーを務める宿泊施設“虹の豆”を2泊3日で訪ねた。取材をしたいとお願いしたら「1回会いましょう」と招待してくれたからだ。

 自分と高樹さんが知り合ったきっかけは約1年前、判決直後のツイッターがきっかけだ。人気女優の大麻逮捕という衝撃をうけて、当時の世論はもう、テレビメディアを中心に高樹さんへの罵詈雑言があふれていた。覚えているでしょう、連日の糾弾と罵声! 逮捕前の参議院選挙に出馬し、医療用大麻の解禁を訴えたことも、国民世論の神経を逆なでしたのだと思う。

 まあまあ、しかし…だ。誰もが知るように、大麻には、賛否両論いろいろな意見が世界中にある。6月21日には、カナダの首相が娯楽用の大麻の自由使用を全国で許可すると宣言したし、アメリカのいくつかの州でも医療用ほかいろいろと合法的に流通している。しかし一方で、シンガポールなら数百グラム持っていただけで死刑だ。どの国にも、その国の事情があって法律がある。それぞれの国の事情は尊重されるべきだ。日本においては、大麻の所持は違法だから、われわれはそれを尊重しなければならないのだが、しかし一方で、グローバルな視点で大麻にまつわる現実を俯瞰すれば、大麻所持で逮捕された高樹さんを、「大悪人だ」と決めつけられない、そういう考え方もできる。

 というわけで自分は…… 『もしかしたら30年後には日本で大麻が解禁され、その頃には高樹さんは大麻解禁に人生をかけた“カリスマばあちゃん”として、未来の若者たちの称賛を得ているかもしれない』とツイートして、それがきっかけで高樹さんとつながり、で、ご招待をいただいた次第。


■会ってすぐ日本社会をディスるカッコいい高樹沙耶さん!

 羽田からエアーで約3時間、昼前くらいに石垣空港へ到着。残念ながら雨だったが、湿度の高さが南国情緒を高めてくれる。

 レンタカーで高樹沙耶さん待つ“虹の豆”を訪ねると、なんと! そこには! 高樹さん本人がいた――当たり前か。しかし、その姿は、逮捕時のニュースで流されていたつらい表情の疲れてしまった中年女性ではなく、「ええッ?」というくらい明るい、晴れやかな表情の、トレンディ女優全盛期をほうふつとさせるチャーミングな女性なのだった。

RE-TAKAGI_MG_1198.jpg高樹沙耶さん.

「こんにちは、ようこそ石垣島へ……」と出迎えられ、まずは自己紹介をしようと思ったのだが、しかし、挨拶もそこそこに、第一声目から豪快に日本社会をディスり始める高樹さん。いわく、「原発も環境破壊もよくないですよ!」と。「日本社会の終わりの始まりが、始まっていますよ!」と。

 おお〜、まったくもってその通りである。……その通りなのだけど、着いてすぐというのはさすがに若干とまどった。普通われわれは、もうちょっと、相手の出方とか気持ちとかを探りながら会話を始めると思うのだが、しかし高樹さんは、気持ちよいくらいに単刀直入。大麻についても、世界の動きが解禁へ向けて活発化していることを、明るい声で話してくれた。うんうん、まさにその通りです――当然、自分は同意した。今から考えると、俗世にまみれたつまらない社交辞令とか当たり障りのない世間話なんかより、いきなりズバリと! 核心を突く話を聞けて、とてもうれしいのであった。
https://tocana.jp/2018/07/post_17430_entry.html


■“虹の豆”は沖縄の伝説の理想郷ニライカナイ。
https://tocana.jp/2018/07/post_17430_entry_2.html

RE-TAKAGI_MG_1208.jpg.

 高樹沙耶さんがオーナーとして所有・運営する宿泊施設“虹の豆”は、逮捕を報じるテレビ番組で紹介されてけれど、実際は報道よりもはるかに美しいところなのだった。

 緩やかな傾斜地に、青々とした芝がこんもりと旺盛に広がっている。敷地には、バリ島から船便で輸入したという、雰囲気の良い木造のコテージが2棟とトイレが1棟。ほかに野外に入浴施設が一つと、石を組んで造られたおしゃれな焚火施設が一つ。広い敷地は全体が高級コテージのような雰囲気で、ジャングルから流れてくるせせらぎを引いた手作りの池には、一年中枯れることがないというハスの花。水辺にはミントなどの天然ハーブが良い香りで花を咲かせている。小さな畑にはバナナやレモンが豊かに実り、なんと素敵なところだろう。沖縄には、“ニライカナイ”と呼ばれる理想郷伝説があると聞くが、まさにそれを連想させる風景だ。本当はもう1棟あったのだが、台風でぶっ飛んでしまったのだという。

「素敵だなあ、と思ってバリ島の建物を分解して船で運んで、組み立ててたんだけど、後から考えてみたらバリって、台風に襲われない地域なんですよね。石垣の台風の直撃を受けたら、屋根の高いバリの建物だから吹っ飛んでしまって! それからは、補強するのにチェーンを張ったり、屋根にネットをかけたり……もうたいへん! 台風が近づくと心配で心配で」

 高樹さんは笑うのだが、本当は笑ってる場合じゃないんだと思う。そういえば、虹の豆に来る街道の途中で見た石垣の家や店舗は、等しくコンクリート造りで、ほとんどが平屋。理想と現実のギャップは、なかなかに厳しい。敷地の中央には、家屋がふっとんだ建物の基礎だけが残されていて、台風の強さを思い知らされた。


■石鹸もシャンプーも使えない自然派施設

 虹の豆の大きな特徴は、水道が通っていないところだ。水道の代わりに、敷地に流れ込むせせらぎの水を沸かして飲む。ええ!と驚いたが、高樹さんが淹れてくれた、せせらぎ水の天然ミントティーは素晴らしかった。
RE-TAKAGIHEBI.jpg.

 さらに言うなら、水道だけでなく下水道も通っていない。したがって、洗剤やシャンプーや石鹸を使うと、そのまませせらぎへ流れ込んでしまうため、環境を考えて敷地内では洗剤、シャンプー、石鹸の使用は禁止である。ええ?と驚いたが、入浴は、近くの滝の水浴びで代用することができるので、現実的には、敷地内のせせらぎ水を集めて沸かす入浴施設は使う必要がないそうだ。ちなみに、各宿泊棟にはキッチンや水回りはない。トイレは、庭に洋式水洗式の清潔なのが二つ設備されているので何の苦労もない。が……夜になると、敷地内にはハブが出るので、懐中電灯でよく足元を見ながらトイレに向かう必要があるとのこと。ハブは夜行性なのだ。あと注意としては、トイレの蓋を閉めておかないと、便器の中にハブがトグロを巻いてしまい、うっかり座ると尻を噛まれるような事態も想定される――と。

 実際、宿泊した夜に自分も、ハスの花が咲く池のほとりに1匹のハブを見つけた。ということで、恐怖のあまり夜中にトイレで目がさめた時は、高樹さんに内緒で窓から済ませた。しかし沙耶さんは、「石垣島のハブは毒が弱いから死ぬことはないですよ」と明るく笑う。さすがだ。

RE-TAKAGI_MG_1330.jpg
RE-TAKAGI_MG_1355.jpg
RE-TAKAGI_MG_1362.jpg
RE-TAKAGI_MG_1288.jpg.


 ああ素晴らしきは石垣島! ビキニ姿の高樹さんと一緒に飛び込んだ、ジャングルの滝の水飛沫の透明さは、格別だった……。

 ――というわけで! 次回から、女優であると同時に表現者として南の島で暮らしている高樹沙耶さんと、都会生活に隷属者として東京で暮らすゴンゾーライターのわたくし石丸元章が、石垣島の精霊やスピリチュアル、UFO、日本社会の政治や事件についてのいろいろや、大麻のことや、芸能界のこと……。などをテーマに、時にゲストを迎えてチャット対談の連載を始めます。題して、『石垣島⇔東京 南国の精霊と沙耶のいる未来図』—— 沙耶さんの執行猶予明けまであと2年! さあみなさん、気持ちよく楽しく過ごしましょう。


●高樹沙耶さんからのメッセージ

RE-TAKAGI_MG_1275.jpg

「こんにちは。お騒がせしてます、高樹沙耶です。これから「TOCANA」の連載で月に2回、みなさんにお目にかからせてください。この連載を決めたのは、真面目で真剣なこと、ホントと嘘のなかにあるようなユーモアの両方を、読者の人に伝えられるメディアだから……。いろいろ考えましたが、わたしの言いたいことが伝わるメディアとして、お引き受けしたいと考えました。人間の暮らしって、真面目なだけでも成り立たないし……。ふざけてるだけでもうまくいかないですよね。誰でもその両方を持っている。わたしもです。一方で、ときにまた「コラ!」と世間のお叱りを受けるようなことでも、それが真実だと信じることならば、ユーモアを交えて、みなさんに伝えていきたいと思います。

 あの事件から1年。最後のテレビ出演以降、仕事の依頼が来たのは、都市伝説やUFOネタなどが中心の「TOCANA」でした。はじめは「こんなトンデモネタ満載のサイトなんてなんだかなー」と思い、お断りしようと思ってました。しかし、考えてみればこの国でタブーと言われるものを真面目に伝えたとしてもキ●ガイ扱いされてきたわけで、嘘のような話ばかりをしている怪しいサイトの方が真実を語りやすく、炎上するほどの批判を受ける心配もない! そう思い、引き受けることにしました。

 最初のキッカケはまったく面識の無い石丸さんからの突然の私への応援メール。誰だろうと思い、Wikipediaを見たら覚せい剤の逮捕歴があるうえ、そのことを本にまでしている人!? さらに画像検索で本人を見ると……。「こんな怖そうな人と仕事なんて、ありえないぃい!! しかも覚せい剤を使用した過去!!」と思ったのです。石丸元章さんとはこの連載がキッカケで今回、初対面だったのですが、実際にお会いする前に一冊くらいはと、石丸さんの著書である『アフタースピード』を取り寄せてみたんです。読み始めると、逮捕、取調べ、拘留と狂ったように書かれる文章から、当時の自分を思い出し、途中から気分が悪くなり、半分も読まずに投げ出してしまいました。

 ただ、本人に会わずにイメージで決めつけるのも……。と思っていたのも事実で、それを伝えると石丸さんは実際に石垣島に足を運んでくださり、直接、会いに来てくれました。お会いしてみると、ネットで見た外見以上に実物は怖そうな人で、私もその怪しすぎる見た目に驚き、初対面からあらぬ事を口走ってたようですが、最初の事はよく憶えていません。これも石丸さんのパワーなのでしょうか……!? ただ、話が慣れてくるとその外見とは違い、とても気を遣ってくださる優しい方で、言葉を選んで私を励まし、そのうち、私も罪状は違えど逮捕、拘留と同じ経験をした2人だからこそ話せることがあるように思えてきました。今では、どんな事になるかと不安半分、楽しみ半分ですが、一度道を外れた2人ならではの対談、皆様楽しみにしてください。石垣島のわたしと東京の元章さんをネットでリアルタイムで結んで、自分の生活や、生活を通じて考えていることを、楽しく語れたらよいなと思います。執行猶予中ということで、いろんなご意見もあると思います。ご意見のある方は、ぜひその声を寄せてください。
 
 あの……罵声も、受け付けてます。応援よろしくお願いします!」
https://tocana.jp/2018/07/post_17430_entry_2.html


▲△▽▼
▲△▽▼


【まさに秘境】元女優の高樹沙耶さんが経営しているジャングル宿『虹の豆』に泊まってみたら異空間過ぎて震えた
耕平 2018年9月27日
https://rocketnews24.com/2018/09/27/1119545/


先日、沖縄県の石垣島に旅行に訪れた際に、元女優の高樹沙耶さんが経営している宿があるという情報を聞きつけ、ぜひ一度泊まってみたいと思い、訪問してみた。

私(耕平)もこれまで いろんなホテルや民宿などの宿泊施設を利用したが、その中でもトップクラスに入るくらい衝撃的な内容だったので、一連の体験を書いてみたいと思う。

・入り口が怪しさ満載

高樹沙耶さんが経営する『エコリゾート キャンピングロッジ 虹の豆』は、新石垣空港から北の方に車で30分ほどの距離の場所にある、通称 “裏石垣” と呼ばれる場所に存在する。

私(耕平)は今回バスを使って訪問したが、1日に3本ほどしかないため、事前に時刻表を調べていかないと、途方に暮れてしまうので注意が必要だ。

そんな感じで新石垣空港からバスを乗り継ぐこと、約2時間かけて目的の宿の最寄りのバス停に着き、その後、電話をしたら、なんと高樹さんが対応してくれたぞ! そしてバス停までスタッフの方に車で迎えに来てもらい、ようやく宿に到着。


……と思いきや、ここが宿?


おいおい、これ……


思いっきり立入禁止区域やないかい!

と思わず心の中で叫んでしまったが、宿の宿泊者以外は立ち居入り禁止という意味であった。ふぅ〜。そんなこんなでチェックインしてみたら、そこには驚愕の風景が広がっていた……。


・まさに秘境!

まず目の前に広がったのは、山をバックにした広大な大自然の中に築かれた、まさに「エコリゾート」と呼ぶにふさわしい風景。


敷地内は宿泊用のコテージが2つ、共有スペースのロッジ、シャワースペース、トイレが完備され、その全てが手作りというから驚きだ。

「エコ」が売りの宿泊施設なので、宿泊用のコテージはテレビもエアコンも完備されていない。しかし、その分ゆっくり時が流れるのが堪能でき、都会の垢を落とすには もってこいの環境だ。


・トイレにハブが出る

ジャングルを切り開いた敷地なので、当然、人間以外の生き物が共存する。そのあたりの話は、チェックインした時にスタッフさんと各施設を回りながら説明を受けるのだが、その中でも私(耕平)が驚愕したのが「ハブ」の存在だ。

敷地内は水周りがよいのだが、ハブは特に夜に活動することが多く、湿気がある場所に集まる習性がある。となると、気をつけるべきはシャワースペースとトイレだ。


特にトイレは要注意。使用した後に、必ずフタを閉めないと、次に使用した時、トイレの中に……一見、流し忘れのウ○コだと思ったら、ハブがトグロを巻いていた……なんてことがザラにあるらしい。

・エコツアーに感動!

宿泊した翌日、チェックアウト前にスタッフさんが、近郊の隠れスポットに案内してくれた。

私(耕平)が連れて行ってもらった場所は、広大な敷地に超巨大なシーサーが立ち並ぶ「米子焼シーサー農園」。開店30分でほぼ全ての品が売り切れてしまうというパン屋「トミーのパン」。そして、観光客にあまり知られていないことで隠れスポット「荒川の滝」だ。


特に「荒川の滝」ではスタッフさんが、いきなり滝に飛び込み「YOUも入っちゃいなよ!」的にガンガン煽ってくる。初めは躊躇(ちゅうちょ)したが、意を決して飛び込むと、最高に気持ちイイ!

実際入ってみると、透き通るくらい透明度の高い川の水が演出する勢いの強い滝は、私(耕平)を頭から容赦なく打ち付け、自然が織りなす極上の頭皮マッサージを体験できた。

というわけで、1泊2日で大自然を「これでもか!」っていうくらい満喫することができた。また石垣島に来た時は是非泊まってみたいと思うが、一つ注意すべきことは、この宿では食事が一切提供されない。

近くに売店やコンビニも無いので、もし、この宿に泊まってみたいと思った読者の方は、事前に飲食物を購入していくことをオススメする。

参考リンク:キャンピングロッジ 虹の豆Facebook
Report:耕平
Photo:RocketNews24.


▼一見、立入禁止区域かと思いきや……


▼敷地内は、まさに「ジャングルのオアシス」だ!


▼日が落ちると敷地内はライトアップされる


▼敷地内の広場では夜にキャンプファイヤーが行われる場合もあるらしい


▼「エコツアー」で案内された超巨大なシーサーが立ち並ぶ「米子焼シーサー農園」


▼大自然に触れて、私の頭皮も大満足だ!


▼高樹沙耶さん(本名:益戸 育江さん)からも直々に御礼のメッセージをいただいたぞ!
https://rocketnews24.com/2018/09/27/1119545/


▲△▽▼

石垣島『虹の豆 浮世離れ』ってどこ?高樹沙耶のキャンプ場はオープンした? 2019年10月29日更新
https://kurashi-no.jp/I0017842

石垣島に『虹の豆 浮世離れ』というキャンプ場があることはご存知ですか?元女優の高樹沙耶さんが、石垣島の土地を切り開き作ったコテージが特徴のキャンプ場です。今回はこの『虹の豆 浮世離れ』の場所、料金、口コミ、現在の状況を紹介します。

高樹沙耶さんのプロフィール

女優としての高樹沙耶さん

出典: https://www.pakutaso.com

『虹の豆 浮世離れ』を設立した高樹沙耶(本名・益戸育江)さんは、静岡県浜松市出身の元女優です。高校時代に原田真二のコンサートを見たことが芸能界を目指したきっかけ。モデルとして活動し『活動語沙耶のいる透視図』で映画デビューしました。その後「スィート・ホーム」などのドラマ出演や作詞家など幅広い分野で活躍、有名な刑事ドラマ「相棒」では花の里の女将役として10年以上出演されました。

医療用大麻解禁運動家としての高樹沙耶さん

出典: https://www.pakutaso.com

一方で、麻薬である大麻が難病の治療やアンチエイジングに効果があるとして医療用大麻解禁運動を行っていた高樹沙耶さん。芸能界を引退して活動家に転身し、2016年には「医療大麻で医療費削減を」というスローガンを掲げ参議院選挙に立候補するもあえなく落選し、その後沖縄県で大麻を隠し持っていたとして逮捕され、有罪判決を受けました。

現在の高樹沙耶さん
出典: https://www.pakutaso.com

裁判で有罪を宣告され、2017年4月に懲役1年、執行猶予3年の判決を受けた高樹沙耶さん。その後表舞台から姿を消しましたが、2017年12月にテレビの前に姿を現しインタビューに応じました。そこでは大麻を使用し法律を破ったことに対する反省の念を述べ、医療用大麻解禁運動家はやめたと宣言。現在は石垣島に移り住み、人目を避けるようにひっそりと暮らしています。


高樹沙耶さんが石垣島に作った「虹の豆 浮世離れ」とは

yukun3305さんの投稿

15275465 1249317028495698 7676956963007102976 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

そんな高樹沙耶さんが事件前の2013年、知人男性4人と協力してオープンしたのがキャンプ場『虹の豆 浮世離れ』です。石垣島のジャングル1500坪の土地を購入して開拓し、エコツーリズム(自然・文化などの資源を保護しながら観光を行う事)を体感できるコテージ付きの施設としてオープン。高樹沙耶さんは、現在は環境保護の志を持つ方々とこの宿泊施設の運営に専念しています。今回はこの謎多きキャンプ場の場所、料金、口コミなどを紹介していきますので、興味のある方はぜひご覧ください。

石垣島の自然を味わえる『虹の豆 浮世離れ』の特徴

出典: https://www.airbnb.jp

シンプルなコテージ風の家、沢の自然水を利用したシャワーなどエコツーリズムを意識した場所になっているのがこのキャンプ場の大きな特徴です。コテージはあのバリ島から移築した古民家で、大自然に囲まれたキャンプ場にピッタリ。食事は併設されたカフェで行われ、その他の施設として露店風呂やマッサージ場があります。豪華な施設などはありませんが、自然に囲まれた中でのびのびと過ごしたい宿泊場所がほしい方にはおすすめです。

出典: https://www.airbnb.jp

石垣島の『虹の豆 浮世離れ』を楽しむ方法

出典: https://www.airbnb.jp

石垣島のありのままの自然を楽しめる『虹の豆 浮世離れ』。ただのキャンプ場ではなく、特技のフリーダイビング(日本記録を獲得するほどの腕前)について「イルカのように泳いでみたい、少しでもかれらに近づきたい」とコメントした高樹沙耶さんの思いがつまった場所です。そんな『虹の豆 浮世離れ』を楽しむ方法は2通りあります。予定や体力と相談してどちらかのプランを選びましょう。

キャンプ場内で内でゆっくり過ごす

キャンプ場に到着したら、まず宿泊場所であるコテージに向かいましょう。騒音や排ガスとは無縁の場所で、さわやかな風にあてられながら我が家のようにゆったりとした時を過ごすことが出来ます。TV、冷暖房、ネットなど近代設備はありませんが、蚊帳が用意されるので蚊などの虫は防ぐことが出来ます。朝に来られた方は空気の清々しさを、夜に来られた方は夜の静寂を楽しみましょう。自然水のシャワーは基本石鹸とシャンプーが使用禁止ですが、指定の場所なら使えます。

コテージでリラックスした後は、外に出てキャンプ場周辺を散策してみましょう。文字通り手つかずのジャングルが残っており、亜熱帯の森の中で森林浴を思う存分楽しむことが出来ます。周辺には沢もあり、口コミによると中に入って川遊びをした方や滝行をした方もいます。『虹の豆 浮世離れ』周辺を一つのアトラクションと考え、思う存分大自然を満喫しましょう。当然のことですが、虫刺され対策だけは忘れずにしっかりと行いましょう。

エコツアーを楽しむ

もっと本格的に石垣島を楽しみたい!という方は別料金を支払う事でエコツアーに参加が可能です。施設の方が一人ガイドに付き周辺の穴場スポットや美しいビーチを案内してくれます。また、シュノーケリングや山歩き、キャンプファイヤーなど道具が必要なレジャーをサポートの元行えば気分は探検家。時間も半日や1日など指定が出来るので希望があれば気軽にガイドに相談しましょう。

出典: https://www.airbnb.jp

周囲の探検が終わった後は、真っ暗闇になった森の中でキャンプファイヤーを囲みながら、様々な事を語るのもよいです。宿泊しているほかのゲストとの交流も希望すれば可能ですので、施設の方に一度相談してみましょう。初めて出会った人間と語り合うのも旅の醍醐味です。

石垣島の『虹の豆 浮世離れ』の利用料金

出典: https://www.airbnb.jp

コテージで自然との一体感を楽しめる『虹の豆 浮世離れ』。その分、料金の方も高くつき、宿泊料金は一人当たり一泊1万5千円〜2万円前後とかなり高額です。エコツアーに申し込むとさらに1万前後追加料金がかかります。ですので、単に石垣島で宿泊したいだけの方にはおすすめできません。施設の概要や理念を理解し、それでもここで泊まり自然を肌で体感したいという方は数万円の出費を覚悟して申しこんでください。全施設の貸し切りも可能なので、お金に糸目は付けないというかたは一度相談してみましょう。

出典: https://www.airbnb.jp

石垣島の『虹の豆 浮世離れ』の口コミ

出典: https://www.airbnb.jp

宿泊予約サイト、フェイスブックに宿泊された方の口コミがいくつか掲載されておりますが、基本的に好意的な評価が寄せられています。通常の生活では実感できない、自然を五感で感じる体験が評価の理由になっています。高樹沙耶さんの昔からのファンからも多くの書き込みが寄せられており、様々な困難を乗り越えて自分の生き方を貫くスタンスを応援する方も多いです。口コミの一部を抜粋して紹介します。

居心地よいお部屋、夢のようなお庭、心のこもったおもてなし。 桃源郷に迷い込んだような 不思議な2日間でした!! ありがとうございました。

出典: https://www.airbnb.jp

石垣島の『虹の豆 浮世離れ』の現在と将来

出典: https://www.airbnb.jp

いまでこそ一定のファン層を得た『虹の豆 浮世離れ』ですが、高樹沙耶さんの逮捕時には閉鎖され、一時は存続も危ぶまれました。しかし、2017年に『キャンピングロッジ 虹の豆』として再オープンを果たし、徹底したエコリゾートとして少しずつ口コミなどで評判を広げていき今日に至ります。様々な困難を乗り越えられたのは、自然に寄り添う宿泊施設を作りたいという高樹沙耶さんの理想と新年のたまものにちがいありません。

出典: https://www.airbnb.jp

よく言えば個性のある、悪く言えばとがっている宿泊施設なので万人にはおすすめできませんが、その強烈な魅力は施設の不便さを十分に補うものです。今後は口コミで知名度を増やして石垣島全体、ひいては日本の観光名所として発展していく事を願わずにはいられません。都会では体験できないことをしたい方、大自然の美しさに直接触れたい方、石垣島に観光することを考えている方は『キャンピングロッジ 虹の豆』の利用を一度検討してみてください。

石垣島の『虹の豆 浮世離れ』に行く方法

出典: https://www.airbnb.jp

このような魅力のある『虹の豆 浮世離れ』ですが、石垣島のジャングルの内部に位置するので、利用するにはある程度の準備が必要です。周辺に公共交通機関はなく、ネットにも場所に関する情報が少ないので迷わないように注意してください。 〒:907-0451 住所:沖縄県石垣市桴海大田232−4 電話番号: 0980-88-2622 こちらが場所の住所となります。徒歩では行くのが難しいので現地でレンタカーを借りるのがベストです。 空港から約19分の距離にあります。

石垣島の『虹の豆 浮世離れ』の最新情報を得るには

出典: https://www.airbnb.jp

改名した『キャンピングロッジ 浮世離れ』の情報が記載されているインターネットサイトを紹介いたします。サイトはフェイスブックとairbnbの2種類があり、どちらも周辺の写真や天候の情報、ニュースなどが掲載されています。興味のある方は、一度これらのサイトで施設の情報を確認するのが良いでしょう。ただし、予約や料金確認が出来るのはairbnbだけなので注意が必要です。まずはじめにフェイスブックを見て、その後airbnbで予約をするのが無駄がありません。

iriomote.graphyさんの投稿

30085753 200075984129288 5715609548278988800 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

自然を愛する人たちへ

y_n_r_s_wさんの投稿

30592401 2017106071650867 5252670614174433280 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

『虹の豆 浮世離れ』のようにエコロジーを重要視した施設は日本にはまだ多くはありません。しかし、海外では東南アジアなどを中心に流行を見せており、これからの地球環境保護の時代に重要性を増していきます。興味を持った方は、一度石垣島のジャングルの奥深くにあるコテージが立ち並ぶ桃源郷を訪れてみませんか。
https://kurashi-no.jp/I0017842


▲△▽▼


高樹沙耶が石垣島に『キャンピングロッジ 虹の豆』を開くに至った経緯は

沖縄 首里城火災 _ 琉球人は何をやっても いい加減、無責任で「ゆすりとごまかしの名人」
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/703.html#c25
 

2. 中川隆[-11354] koaQ7Jey 2019年11月06日 12:48:37 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[1543] 報告

高樹沙耶のマリファナ礼賛の背景

アメリカの多国籍企業が大麻ビジネスを推進する為に、マリファナはタバコや酒より安全だというインチキ研究を拡散しているのですね:

Thu.2016.10.27
マインドコントロールされた高樹沙耶と「安倍」大麻夫人


大麻 マリファナ カンナビス - Cannabis in Japan - YouTube 動画
https://www.youtube.com/watch?v=49pWTyj7ZI4&feature=youtu.be&t=5m14s


「伊勢神宮に、神宮大麻って書いてあるんですよ」(彼女) 
・・・しかし、伊勢神宮の「大麻」とは、「オオヌサ」のことであって、一般に想像される大麻(=マリファナの主原料)のことではない。
私は実際に伊勢神宮に行って確かめたが、これが正しいのである。

「オオヌサ」の生産は、確かにその昔、基幹産業だった。
その後、米国のハザール・シオニストが麻薬産業を独占するために日本では禁止された。


「堕ちたグランブルーの女王」と書けば週刊誌が売れる日本の民度の低さ

「高樹沙耶、大麻逮捕」・・・四国から帰ってきたとたん、このニュースが飛び込んできた。

彼女の人となりを知る芸能界の人々は、「いつかは、こんなことになるのでは、と心配していた」と、判で押したようなコメントをスポーツ紙やタブロイド紙に投げかけている。

一方、ネット住民は、「自民党のTPP強行採決から国民の目をそらすためにスケープゴートにされたに違いない、そう清原逮捕劇のときのように」と、こちらのほうは陰謀論花盛り。

また、お小遣い稼ぎを目的としたユーチューバーたちといえば、さっそく、youtubeにデタラメ動画を作成して次々とアップしている。

この中で、まったく信用ならないのが、ユーチューバーのインチキyoutube動画である。こんなものは、すぐに唾棄すべきものである。

さて、真相は・・・

実は、彼女が新しい伴侶とともにハワイに移住して、フリーダイビング競技の日本大会で、水深45mの日本新記録を打ち立てる前の年、彼女の所属事務所でお会いしたことがある。

東京のFM放送局でディレクターを務めている友人の紹介によって、当時、原宿にあったオスカープロモーションで打ち合わせをしたのである。

その打ち合わせとは、あらゆるスポーツの中で、もっともリスキーなスポーツに彼女がチャレンジするかどうか、その打診を行うためのものであった。

傍らに彼女のマネージャーが付き添っていたが、そのとき、彼女は私にこう言った。
「私は事務所のいうとおりにはなりません。自分が正しいと思ったことをやりますから・・・」。
そして、彼女は、二つ返事で、そのチャレンジを引き受けた。

彼女が、大の冒険好きであることは、アウトドア仲間のそのFMディレクターの友人から、よく聞かされていたので、たぶん、興味を持っていただけるとは思っていたものの、こうまで、あっさりと首を縦に振られてしまうと、「おいおい、本当のリスクを理解してくれたのだろうか」と逆に、こちらのほうが心配になってしまったことを記憶している。

実際にお会いしてみると、女優さんであれば、みなそうであるが、特に彼女は、背もどちらかというと低いほうで、今にもポキッと折れてしまうくらい体格がきゃしゃなので、びっくりしたのだ。

しかし、人を正々堂々と真正面から見据え、嘘を吐くことが大の苦手。まさに、(何を信じているのか分からないが)信念の女性という印象を受けた。

大麻所持の容疑をかけられて逮捕されるも、「私の物ではない」ときっぱり否認するところは、相変わらずだ。

「非合法薬物の常習使用者は、たいてい、このように言うだろうさ」・・・そのとおり。

しかし、彼女に限っては、ひょっとしたら、嘘をついていないのかも知れない、と思っている。それくらい、まっすぐな人柄なのである。
ただし、「吸っていたのは自分の大麻ではない」というのは正しいのだろうと・・・。

もともとケレン味のない人柄なので、芸能界の友人より、一般社会の友人の方が多いようである。

その人々の中から、彼女の過去のパートナーたちが現れたであろうし、今回の逮捕で「奇妙な共同生活の仲間」である男性二人も、そうした人々であった。

端的に言うと「騙されやすい」のである。

彼女が大麻解禁を主張し出したのは、ジョージ・ソロスのスポンサードによって、米国のいくつかの州で、次々とマリファナが合法化されたときである。

米国では、2014年1月1日から、コロラド州で娯楽(嗜好品)としてのマリファナ(乾燥大麻)が解禁され、同年内にはワシントン州でも解禁された。

マリファナ吸引にはライセンスも何も必要ない。21歳以上の成人であれば、ショップで一回につき28グラムまで(コロラド州外の人間は7グラムまでに制限)購入することができるようになったのである。彼らは、それを娯楽用に日常的に使用している。

もっとも、彼女自身は、もっと前から大麻解禁論者であったのかも知れない。
少なくとも、彼女が大麻解禁論者であることを私が知ったのは、この時点である。

このとき、カナダのニュースサイトが彼女にインタビューしたときの動画がタイムリーにアップされていた。
彼女の主張は、「医療大麻は、すぐに解禁すべきだ」である。

しかし、不運なことに、この動画に出てくる訳知り顔の男どもは白痴ばかりである。
「大麻は万能だ。放射線(?)を吸い取る」とまで言っている。この男たちはバカなのか。そう、バカなんだろう。

カナダのネットメディアの編集員が、それを意図したのかどうかを知ることができないが。

この種の連中が、南の島で「レイブ」と呼ばれる薬物吸引パーティーをやっていることは、よく知られている。

この動画の彼女の見識があまりにもヨタヨタしているだけでなく、その表情から、どうもマインド・コントロールにかかっているように見受けられた。

高樹沙耶氏は、こうした種類の麻薬インテリゲンチャ(別な言い方をすると「ステークホルダー」)のイカサマ師たちと頻繁に接触することによって洗脳されたのだ。
(※メルマガ55号 パート2)

だから、ブログでの紹介を差し控え、分別のあるメルマガ読者向けだけに、一部のみ公開した。

理由は、米国ですでに麻薬ビジネスが産業化しているように、日本でも、愚か者たちが、その後に続け!と言い出しかねないからである。

高樹沙耶の次は安倍昭恵なのか・・・捜査当局が関心示す

専門医が警告しているように、「医療大麻は、世界各国で緩和ケアなど使用されている」。

しかし、緩和ケアとは、ほとんどが「末期」の段階で使用される。
「世界中で推奨されているから」という理由だけで、日本における解禁を急ぐ理由にはならない。

医師と製薬企業との癒着! それは起こるだろう。

一般に、「大麻を乾燥させたものをマリファナ」と言っているが、ジョージ・ソロスが、一般市民(それは、社会に不満を持っている99%の人々を顧客としている)普及させるために、各団体に資金援助を行い、あらたなマーケットを開拓しようとしているのは、過去のマリファナ(乾燥大麻)市場ではない、ということを肝に銘じておく必要がある。

大麻は、乾燥・加工の後、製品化される過程で、得体の知れない化学合成物が添加される。それは、紙巻きたばこの紙に火薬が使用され、数百種もの非公開の化学薬品が使われているのと似ている。

その非公開の化学薬品の何種類かには発がん物質さえ使われている。
さらに、葉っぱの産地によっては、もっとも恐ろしい内部被曝を及ぼす放射性物質ポロニウムが含まれている。

工業製品としてのマリファナも同じである。

マリファナ・タバコ(ジョイントといって、タバコの葉っぱにマリファナを混ぜて紙巻にして吸っている連中が多い)に火をつけて出る煙には、複数の発ガン性物質が一般の市販タバコより50%から70%も多く含まれている。

巨大タバコ産業のほとんどがユダヤ資本によって成り立っているように、大麻生産者が外国資本によってインテグレートされ、産業化された場合、同じことになって、成分が秘密にされたまま市場に出て来ることになるのである。

日本がTPPに入ってしまったら、それを防げるのか! ということだな。
大麻の生産能力がある、なしの問題ではないのだ。

だから、「大麻で町おこし」なんぞ、できない。

よく、何とか理由をつけて乾燥大麻を吸引したい狂った人々は、タバコの害とマリファナの害を比較する。
それ自体がナンセンスなのだ。製品化されれば、タバコと同じように、成分表示はされなくなるからである。

米国の後を追え!と息巻いているバカたちには、そうした知識が欠如している。

大麻合法化によって、これから出て来る「大麻」は、その解禁を叫んでいる高樹沙耶、三宅洋平らが言っているようなものとは、まったく別物なのである。

ましてや、「大麻で町おこし」などと言っている、憲政史上、「ド」がつくほどの阿呆なファーストレディー、安倍昭恵が主張しているようなものでもない。


20161028-1.jpg
「なぜこの2人が急接近したのか??答えは大麻にある。」 (ソース)
まったく不気味なファーストレディーである。いったい、何を企んでいるのか得体の知れない女性である。

なんと麻薬捜査当局は、昭恵の(おかしな)言動も把握しているという・・・。

昭恵が大々的に応援していた大麻加工を行う会社の代表が、大麻を所持し、大麻取締法違反の疑いで厚生労働省の麻薬取締部に逮捕されていた、というのだから、「昭恵も」と勘繰るのは当然だろう。

広告マン、商社マン、テレビマンの間で広がっている乾燥大麻吸引

「大麻で死んだ人間はいない」と言っている無責任な大麻崇拝者たちに聞かせたい実話がある。

これは、私の学友の体験談だ。
今、彼は広告代理店の二代目社長をやっている。大分、苦労したせいか、人の痛みの分かる多少は「なんとかなりそうな」男になった。

彼は大学を卒業して他の学生と同じように大手メーカーに就職が決った。そこで1年まじめに研修を受けたものの、何を思ったのか、「今やらないと後悔する」と言い放って、突然退社して世界放浪の旅に出てしまった。

バックパッカーでの貧乏旅行だから、発展途上国では食事もまともに取れない。安いレストランでさえ、週に2、3回しか入ることができないので、食事の大半は屋台で売っている焼き物で済ませることが多くなる。
日本人の衛生観念に照らしてみれば、決して安全とは言えない食べ物を買って路上で食べるのである。

彼は、インドが気に入って、しばらく滞在することにした。

夕暮れ時のインドのガンジス川の川辺で、目の前を悠然と流れていく腐敗した人間や動物の亡骸を何体も眺めていると急に腹が減ってきて、とある屋台でパンを買ったという。

なぜ、パンパンに膨らんだ人間の死体を眺めていると急に腹が減るのか、今でも私には理解できない。

とにかく、彼は、そのパンを少しちぎって食べた。
「んっ? 変な味だ」。今まで体験したことのない味だったという。

まずいので食べるのを止めたものの、貧乏旅行ゆえ、ムダは許されない。捨てるのももったいないのでバックパッカー専門の安宿に持ち帰って残りを食べた。

果たして彼が予感したとおり、牢屋のような安宿の部屋で昏倒した。

「これは死ぬ」と悟った彼は、なんとか人目に付くように外に出ようとして階段まで出たところで(部屋は2階だった)意識を失ったのである。

彼は、翌日、病院のベッドの上で目を覚ました。同じ宿に泊まっていたバックパッカーに発見されて、病院に担ぎ込まれて一命をとりとめた。

彼が記憶しているのは、天井がものすごい速さで回転する光景だけだった。。

病院の医師の話では、「あれは、マリファナパンといって、一度に全部食べるものではない。そんなことをすれば、身体の弱い人なら死んでもおかしくない」ということであった。ドラッグ安全神話のマリファナにも死亡リスクはあるのである。
体に異変が……!! 脳卒中かと思ったら「娘が作った大麻入りブラウニー」を食べただけだったパパ / 娘は薬物不法所持で服役の可能性も!

現地のインド人は心得ているので、その半径20cmくらいの餅のようなパンをちぎって少しずつ食べるのだが、事情を知らない彼は、それで腹の足しにしようと全部食べてしまった。
だから、そのインドの屋台で売っていたパンの成分がどうであれ、「マリファナは(大量に)摂取しても死なない」というのは間違いである。

問題は、大麻の中のTHCという成分濃度である。これが多く含まれていると「上物」と言われる。彼が食べたのは、その成分濃度が高かったマリファナ・パンだった。

「大麻を解禁しろ!」と主張している人たちの問題点は、「なぜ、世界中で大麻解禁のトレンドが起こっているのか」という謎に迫らないことだ。

日本人の思考は、常にこうなのである。
「世界中で解禁の流れがあるのだから、なぜ日本だけが解禁されないのか。それはおかしいだろう」…。

生まれながらの奴隷的思考の日本人は、最初から論理的に破綻しているにもかかわらず、何の疑問も持たずに「現象」をそのまま「理由」にすり替えてしまう天才なのである。

米国で最初に大麻が解禁されたコロラド州では、早くから地元新聞が、「マリファナを使ったパンの焼き方」などを伝授している。
解禁されるには、それなりの素地がある。

もちろん、米国人は、乾燥大麻を常習したり、過剰に経口摂取した場合、命にかかわることを、みっちり教育されている。
その上で、「自己責任」というかりそめの自由を謳歌しているのである。

日本人に、それができるのだろうか? 

放射能で脳神経をやられた上、さらに大麻で致命的な結果を引き寄せようというのだろうか。おバカなニューエイジャーの「大麻カルト」には、くれぐれも騙されないように。

ニューエイジ・ムーブメントとは、そう、ロックフェラーが資金提供して人為的に起こされた「若者廃人化運動」のことである。

もっとも、ずいぶん前から、エリート商社マン、テレビ局の社員、大手広告マンなどの間では、大麻パーティーが定期的に開かれていると聞く。
中でも、あの電通マンのマリファナ・パ−ティーは、ギョーカイ内ではつとに知られている。

とっくに知れ渡っていることだろうに。なぜ、逮捕しないのか。
「省庁でもっともダメな厚生労働省」というレッテルは、当面の間、剥がれ落ちることはなさそうだ。

カナビス(医療大麻)の解禁を押し出して、乾燥大麻を嗜好品にしようとしている“ゲス野郎”たち

多くのディスインフォメーションが混在している「Before It's News」に、奇妙なことが書かれている。


「大麻は、安全で効果的な向精神薬であり睡眠薬です。
多くの人々は大麻に含まれるカナビノイドやテトラヒドロカンナビノールなどの天然化合物は、上述の薬よりも、ストレスや不安の解消や不眠症の改善に遥かに効果的であることを知っています。

調合薬とは違い、大麻は危険ではありませんし、身体に有害ではありません。

1986年に発表された研究結果では、通常マリファナと呼ばれる大麻には抗不安効果と睡眠導入効果があります」。

これは、大麻を合法化することによって、なんらかの利得を得る人々の言説である。
つまり、大麻の栽培で一儲けしようとしている、くっだらない“ゲス野郎”である。

世界中どこを探してもコカイン合法化デモ、覚せい剤合法化デモ、ヘロイン合法化デモは一度たりとも起こったことがない。

なぜなのか?

コカイン、覚せい剤、ヘロイン、LSD…常習していると廃人になってしまう、こうした強い精神作用のある薬物は、取り締まっても取り締まってもなくならないことを麻薬取締当局は知っている。
人間が退廃に憧れを持っている限りは。

米国は「ドラッグ・ウォー」を高らかに宣言し、「麻薬カルテルを壊滅させる」と何度も繰り返してきたものの、何の成果も挙げられないどころか、麻薬カルテルの勢力は拡大し、彼らの市場はますます広がっていることが、その証左である。

つまり、米国は麻薬を取りまる気など、最初からない。 それどころか、CIAが麻薬カルテルに加担しているような国である。

これは、「ISISを殲滅する!」と、米国民に向けて勇ましい誓いを立てるワシントンが、実は、数千回にも及ぶ空爆を行いながらも、巧妙にISISのいる場所だけは狙いを外し、それどころか、背後でこうした首切りテロリストたちに、せっせと餌を運んでいるのと、まったく同じ構図である。

また、バチカンの銀行をはじめとして、パナマ文書が暴露されたときに取り沙汰された、いつくかのメガバングは、数十年の間、こうしたマフィアの資金洗浄を引き受けている。

麻薬を必要としている人々がいる限り、儲かる人たちがいる。だから「なくならない」。

そして、ワシントン自身が、麻薬とテロリストを必要としている限り、「なくならない」のである。

米国の多くのカナビス(cannabis:医療大麻)専門サイトに書かれているのは、「コカイン、覚せい剤、ヘロイン、LSDは危険だ。だから、どうせなら危険の少ないマリファナにしよう!」・・・・。そうしたブロガーたちは、いったい何者なのか? 少しだけ考えてみれば、すぐに分かるはず。

大麻の主成分は、テトラヒドロカンナビノール(THC)や、カンナビジオール(CBO)で、これがトリップ状態を引き起こす。

それゆえ、THCを含まない種を使ったり、加熱処理して成分を無害化した大麻料理(大麻パイや大麻チョコ、七味唐辛子や大麻オイルドレッシングなど)に限っては合法とされている。

トリップ状態を引き起こす乾燥大麻(それは、マリファナという化学的な化合物である)の原料を一般化して「大麻で町おこしを!」と叫んでいる無知の極大値・安倍昭恵に対する「奥方様、今こそ、国政は重要な局面に差し掛かっておりまする。どうか大麻解禁活動を自粛なさいませ」という、お上の心配が、高樹沙耶をスケープゴートにすることによって、和らげようとする狙いがあるとすれば、まさに犯罪行為と言うべきは、そちらの方だろう。

日本でも大麻を解禁したければ、米国やヨーロッパ各国のように、義務教育の段階から生徒たちに「大麻がもたらす害」と「乾燥大麻が、実は大麻とはかけ離れた有害で非常に危険な工業製品である」ことを、みっちり教育してからでなければダメだろう。

それをやらなければ、今でも向精神薬の入手情報をSNSで交換している若者が大勢いるように、大麻などの非合法薬物に免疫のない若者たちの間で、瞬く間に広がっていくだろう。

最後に・・・ジョージ・ソロスが、なぜ乾燥大麻を普及させたいのか、その理由について。

狙いは金儲けだけではない。人間の松果体(第三の目)を破壊して、従順なロボットに変えてしまうためである。
といっても、かなり専門的で難しい話になるので、別の機会にしよう。
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4614.html


▲△▽▼


因みに、マリファナは沖縄の米軍基地の近くに行けば簡単に入手できます:

  = インフォメーション =

 マリファナの購入(入手)は容易である。

(マリファナ観光)

今までは、ハワイ=ワイキキ=マリファナで、ハワイに行く事は、マリファナを吸いに行く事である。

最近の注目は、沖縄=国際通り=マリファナで、沖縄に行くことは、マリファナを吸いに行く事である。

でも、最強のガンジャスポットは、東洋一の軍事空港嘉手納飛行場のある沖縄市である。

まずは、パークアベニュー、つづいては、空港通り、さらには、一番街!
この三か所をまわれば、確実に手に入る。

 通りを歩いていると5分おきに「マリファナ買いませんか?」と声をかけられる。
米兵は、軍用郵便で米国より自由に持ち込めるからだ。
これを民間米国人が、売りさばいている。
基地の中は、マリファナ天国なのだ。


マリファナを買うときに注意したいのが、「ハーブ買いませんか?」という売人が中にはいる、

しかして、その物は、本当に薬草類のハーブなのだ。

私もこれには、5,6回だまされて、中にはヨモギだったこともあります。
http://marihuana.blog.fc2.com/blog-entry-3.html


詳細は


野菜=大麻? 1グラム6500円 拡大するネットの闇世界、犯罪の温床「ダークウェブ」
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/705.html

3. 中川隆[-11351] koaQ7Jey 2019年11月06日 14:49:36 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[1546] 報告




4. 中川隆[-11350] koaQ7Jey 2019年11月06日 14:58:19 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[1547] 報告

5. 中川隆[-13870] koaQ7Jey 2020年2月10日 18:25:12 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[-532] 報告
被告、大麻乱用「人が変わった」 相模原殺傷で弁護側精神科医
共同通信社 2020/02/10 15:51

 相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、入所者ら45人が殺傷された事件で、殺人罪などに問われた元職員植松聖被告(30)の裁判員裁判第13回公判が10日、横浜地裁(青沼潔裁判長)で開かれた。弁護側証人の精神科医工藤行夫氏は

「大麻乱用により、人が変わった状態になった」

と述べ、大麻の影響はないとした精神鑑定結果を否定する考えを示した。

 工藤氏は証人尋問で、起訴後の鑑定書や被告との面談などから分析した結果を報告した。

大麻の使用頻度が増えた事件の約1年前から、被告の粗暴な行動が増え「障害者は安楽死すべきだ」と考えるようになったと強調した。
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/被告、大麻乱用「人が変わった」-相模原殺傷で弁護側精神科医/ar-BBZPBBf?ocid=ientp

▲上へ      ★阿修羅♪ > 近代史3掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 近代史3掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
近代史3掲示板  
次へ