★阿修羅♪ > 国際30 > 810.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
ワクチン接種が進んでいるイスラエルで感染拡大、米国が渡航を避けるように告知(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/21/kokusai30/msg/810.html
投稿者 赤かぶ 日時 2021 年 8 月 24 日 19:00:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

ワクチン接種が進んでいるイスラエルで感染拡大、米国が渡航を避けるように告知
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/202108240001/
2021.08.24 櫻井ジャーナル

 アメリカのCDC(疾病予防管理センター)はイスラエルでCOVID-19(2019年-コロナウイルス感染症)の感染が拡大しているとして、同国への渡航を避けるように告知している。



 イスラエルは「COVID-19ワクチン」の接種で先行した国で、その副作用も早い段階で表面化した。​今年4月には「ワクチン」接種後に十代の若者を含む人びとの間で心筋炎や心膜炎を引き起こす事例が見つかった​。アメリカでも似た事例が見つかり、アメリカ軍の調査でもmRNA(メッセンジャーRNA)技術を使ったファイザー製とモデルナ製の「COVID-19ワクチン」が心筋炎を引き起こすという結果が出ている。

 日本でも「COVID-19ワクチン」の接種を推進するために「デルタ」や「ラムダ」といった新キャラクターを売り出し、恐怖心を煽ろうとしているのだが、「ワクチン」の接種が進んでいる国で「感染者」が増えているというデータが発表されている。その一方、「デルタ」が今年の春に初めて見つかったとされるインドでは5月をピークにして減少、現在は沈静化している。日本はインドでなくイスラエルの後を追いそうな雰囲気だ。








 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[146539] kNSCqYLU 2021年8月24日 19:01:34 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[45325] 報告

2. 2021年8月25日 01:26:54 : wdkhbuDMPY : REVlaC4xTGt5RVk=[386] 報告
https://www.paulcraigroberts.org/2021/08/23/the-pandemic-is-only-beginning-the-future-is-dire/

パンデミックはまだ始まったばかり、未来は悲惨だ
2021年8月23日

パンデミックは始まったばかり、将来は悲惨な状況に

親愛なる読者の皆様、今回の記事は、コヴィドの記事の中でも最も重要で恐ろしいものです。 コヴィドの「ワクチン」は、接種された人の体に、これまで以上に致死率の高い、人類を絶滅させる可能性のある亜種を作り出す原因となっている。ワクチンを接種された人々は、ウイルスを排出し、病気を広めているのである。 つまり、予防接種キャンペーンは、ウイルスを封じ込めるどころか、拡散させてしまっているのである。 この結論を裏付ける科学的根拠は決定的であると思われる。 したがって、公衆衛生機関には全く無能で全く愚かな人間が多いのか、あるいはコヴィド政策が人口削減を目的としているのかのどちらかである。 いずれにしても、パンデミックはまだ始まったばかりで、最悪の事態は目の前です。

https://www.globalresearch.ca/two-top-virologists-frightening-warnings-about-covid-injections-ignored-government-big-media/5753731

こちらもご覧ください。

茶番劇。ワクチンの効果がないことを知っていても摂取を強要する政府

ワクチンはウイルスを封じ込める効果はないが、ウイルスを拡散させる効果は高い。

https://www.lewrockwell.com/2021/08/vasko-kohlmayer/travesty-governments-know-the-vaccines-are-ineffective-but-still-force-people-to-take-them/

ロバート・F・ケネディJr.は、アンソニー・ファウチがいかに腐敗した排泄物であるかを説明しています。

アメリカの「公衆衛生機関」は暴力団が運営している。

https://www.lewrockwell.com/2021/08/no_author/the-real-anthony-fauci/

3. 2021年8月25日 04:18:18 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[743] 報告

相変わらず、日本を崩壊させようとする悪質な反日記事を垂れ流しているようだが

ワクチン接種していなければ、被害は遥かに甚大になるのは、

接種率の違う国家間で感染者数と死者を比較してみれば歴然だ


https://web.sapmed.ac.jp/canmol/coronavirus/index.html
https://web.sapmed.ac.jp/canmol/coronavirus/death.html

4. 2021年8月25日 04:34:05 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[744] 報告

ちなみに超高齢化社会である日本で、仮にワクチン接種が遅れていれば、今回のΔで膨大な高齢者の重傷者と死者が発生し、医療崩壊が、もっと早くから長期にわたり発生し続ける事態になっていたのは間違いない
(長期的に見て日本にとって悪いことかどうかは、また別の話だが)

また人流の抑制も早期に行われ、非常事態法制の整備も急速に進み、人々の行動制限などの基本的な人権や法人の権利が制限されれば、逆に現役世代で健康な人々の死者は抑制される可能性もあった

確かに目先の人命を救う効果はあったとしても
高額な抗体カクテル療法もそうだが、海外への医療依存とマネーの巨額の移動も発生するので
今回のワクチン等の功罪は簡単には判断はできない

5. 2021年8月25日 06:52:39 : l8qHHZOBwk : cE5CNXJnVzUySHc=[3] 報告
結局、コロナ禍における行動規範も含め、
岡田氏の指摘が正しかったようです。

新潟大学名誉教授 岡田正彦氏ホームページ
http://okada-masahiko.sakura.ne.jp 
の魚拓より

Q10 ワクチン接種を勧める専門家の意見は正しいのか?

A 60年の歴史があるインフルエンザワクチンでさえ、真に有効かどうかの
直接証明はまだなされていないのです。私の職場では、毎年200人ほどの全職員に
私自身の手でワクチン接種を行っていますが、インフルエンザに罹患する人が
たくさんいます。ワクチンが万能でないことをまず理解しておく必要があります。
以下、メディアで語られている非科学的なワクチン礼賛に対し、その間違いを
正しておきたいと思います。

「ワクチン接種以外にコロナ禍から脱する手段はない」
 →No! 
人々の行動制限、とくに家族以外との外食禁止が現在のところ絶対的な方法であり、
これを徹底するしかない。また新型コロナウイルスの侵入をブロックする薬の開発が
世界中で行われていて、あと一歩で完成というところにきている。

「ワクチンの効果は実証されている」
 →No! 
米国の役所に提出された600頁に及ぶ内部資料によれば、3,410人の疑い例があり、
PCRがなぜか行われていない。これらを合算すると、「有効率」は95%ではなく、
19%となる。

「感染は予防できないが、重症化を防ぐ効果がある」
 →No! 
まったく逆。発表されたデータをよく見ると、感染した人が重症化する割合は、
ワクチン接種してない人が5.6%であったのに対し、接種した人では12.5%と、
むしろ増えている。専門家と称する人たちが論文をきちんと読んでいないのは明らか。

「副反応は軽いので心配ない」
 →No! 
コロナの遺伝子を体内に移植することによって生じるかもしれない、将来の健康リスクが
検証されていない。副反応だけを強調するのは行政の策略。

「多くの人が亡くなっているのだから、多少の副作用は仕方ない」
 →No! 
感染リスクがほとんどない、健康な数千万人の一般国民に対して怪しげな液体を注射
することは許されない。病気になった人の治療には多少のリスクも許容されるが、
そのことと混同してはならない。

「起こらないかもしれない将来のリスクで反対するのはおかしい」
 →No! 
すでに免疫性血小板減少症など、自己抗体による致死的な副作用が発生し始めている。

6. 2021年8月25日 06:54:52 : l8qHHZOBwk : cE5CNXJnVzUySHc=[4] 報告
 

拡めるのも接種するのも低知性層だった。

東大の調査結果。
http://www.asyura2.com/20/senkyo277/msg/710.html#c36

米ではインテリ層の接種率は一割。
http://www.asyura2.com/21/cult32/msg/682.html

  


7. 2021年8月25日 06:55:31 : l8qHHZOBwk : cE5CNXJnVzUySHc=[5] 報告

 
mRNAワクチン接種が進んだ国(英国・イスラエル)の実態。

ワクチン接種にタイミングを合わせてロックダウンを行い、
ロックダウンの効果で、一旦感染を抑えるものの
http://okada-masahiko.sakura.ne.jp/england2.jpg
3ヶ月後には、ワクチン摂取率が更に上がっている中で、感染の急激な増加。
http://okada-masahiko.sakura.ne.jp/england3.jpg

   

8. 2021年8月25日 07:16:25 : iwAujJtOFE : ZGZXRTcuMFlZQXM=[1338] 報告
>3 >4

今日も使いパシリの工作員さん、火消しご苦労さん。

ワクチン撃たせようと頑張っているね。

でも事実は変えられないのだから無駄な努力だよ。

9. 2021年8月25日 07:21:49 : H3qewymxyA : akJmdGxndm1hajY=[-1609] 報告
みんな気づけくれ

https://twitter.com/You3_JP

https://twitter.com/Awakend_Citizen

https://twitter.com/matatabi_catnip

https://twitter.com/emija3400

https://twitter.com/nana35039377

https://twitter.com/salome8326



[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

10. 2021年8月25日 07:26:16 : aRvKdY7RBs : Wm96dlRUNlZBdi4=[5] 報告
>>5

この岡田先生はイベルメクチンの効果についても否定的だね。

これについて、君はどう思うのか?

11. 了徹[255] l7mTTw 2021年8月25日 07:29:00 : RFF3yJ2AFM : WVhLajVOM1ppSGs=[1] 報告
パンデミック下でのワクチン接種拡大がなければ、そもそも強力なブレイクスルー変異株なんて生じなかったかも知れないんだけどね。
ボッシュ博士の言う通り…というか、
ボッシュ博士が言ってることは、免疫学の基本のキだったと思うが。

免疫逃避(回避)。

これは必ずと言っていいほど起こると、人類の開発した「医学、疫学」の中の常識としてさえ既に知れ渡っていたと思うが。

「人間は、単細胞の遥か以下のウィルスなんかより、ずっと頭がいい」
なんて思い込みや願望(驕り)は捨てることだ。

生命何十億年もの歴史の中で「本当に頭がいい(というか賢い)」のは「遺伝子」であって、たかだか数百万年、明らかな文明が起こってからは数万年にも満たない「人類」ではないよ。

12. 2021年8月25日 07:31:41 : aRvKdY7RBs : Wm96dlRUNlZBdi4=[6] 報告
10つづく

さらに言えば、この岡田先生は今のところ、感染・発病を防ぐには、家族以外との外食を控えるしかない、とおっしゃってる。

現実問題、そんなことが長続きできるわけがない。

ワクチン否定論者の方々も、もはや家に引きこもってるしか対処方法がないわけだが、

岡田先生を信じてる方々、どう思うかね?

13. 2021年8月25日 07:37:24 : l8qHHZOBwk : cE5CNXJnVzUySHc=[9] 報告
   

新潟大学名誉教授 岡田正彦氏ホームページ
http://okada-masahiko.sakura.ne.jp の魚拓より

イベルメクチン研究の信頼性

学術論文が専門誌に掲載されるまでには、Q0で説明したとおり、その道のトップクラスの
専門家による審査(査読と呼ばれる)が行われます。論文を発表したい研究者にとっては、
非常に厳しい関門で、データの集め方、分析の仕方から文章の書き方にいたるまで、
すべてにわたるものです。

medRxivという名の海外サイトがあります。2019年、米国の非営利組織が立ち上げたもので、
査読を受けていない自主投稿の学術論文を掲載しています。コロナ関連の論文掲載も急増して
いるようです

中でも、イベルメクチンに関する2つの論文が話題です。ひとつは、アフリカ諸国で新型コロナ
の感染者が少ない理由について分析したものです。アフリカには、昔から回旋糸状虫による病気
が多く失明の原因となっていましたが、これを撲滅するWHOプロジェクトにより、患者が多い国
の住民に限定したイベルメクチンの無料配布がなされてきました。

そのことに着目したある研究者グループが、アフリカに限定し、イベルメクチン供与を受けた31の
国と受けなかった22の国を比べたのです。しかし、確かに前者で感染者は少なかったものの、
死亡率がむしろ大きいなど、不審な点が目立ちます。後ろ向き調査(Q11-1参照)であり、そもそも
設定が間違っています。

もう一つは、イスラエルで行われた調査の結果を報じたもので、公平に2つのグループを設定し、
プラセボとの違いを調べたものです。ここまでは立派なのですが、対象が89人しかいないことに
加え、統計処理の仕方に重大な誤りがありました。

推測ですが、どちらの論文も専門誌に投稿したものの、査読で掲載を拒絶されたものでは
ないでしょうか?

やはりイベルメクチンは、効果も安全性も証明できていないのです。服用はお勧めしません。

いま誰もが有効と認める唯一の治療薬は、重症になった人にだけ用いられるデキサメタゾンです。
ウイルスの増殖を止める薬ではなく、手がつけられなくなった激しい炎症を抑える一種のホルモン
剤です。ヒトの体内でも作られているホルモンですから、理に適っているわけです。

  

14. 2021年8月25日 07:40:50 : l8qHHZOBwk : cE5CNXJnVzUySHc=[10] 報告
   

もっと前の魚拓より

イベルメクチン

いま世間の期待を集めているのはイベルメクチンという薬です。日本人が発見し
ノーベル賞受賞となった薬で、寄生虫を駆除する作用があり、ヒトよりも家畜用として
広く使われてきました。

この薬を評価した、という論文が続々と発表されています。新薬などに注目が集まるたび、
それを評価した論文が大量に発表されるのは世の常ですが、中には薬を売り込むための
宣伝にすぎず、ねつ造に近いものもあったりします。そこで登場したのが「メタ(超)分析」
という研究方法です。関係する論文を手あたり次第に集め、ずさんなものを排除した上で、
総合評価をくだすものです。

イベルメクチンに関しては、8月8日現在で7つのメタ分析論文が発表されています。しかし、
30年以上にわたって論文不正の調査研究を行ってきた私が、すべてに目を通してして感じた
のは、以下のような疑念の数々でした。

・正式な論文、つまり専門家の審査を受けたのは2編しかない
・分析対象となったデータの多くが未発表
・2つのグループを公平に設定し、実薬とプラセボを割り当てて行われた試験が少ない
・そのようにして行われた試験でさえ、対象者が24〜400人ときわめて少ない
・「死亡率を62パーセントも下げた」など、結論が不自然
・臨床試験を実施した地域が開発途上国に集中している

「開発途上国で臨床試験が行われた」ことに関しては、言及すべき歴史があります。2012年、
ファーザー社がナイジェリアの子供たちに対し、親の承諾をえることなくモルモットのように
抗生剤新薬の臨床試験を行い、同国の裁判所から賠償金を請求されたという事件があったこと
です。

このような状況の背景にあるのは常に論文不正であり、医学を混乱させる元凶となってきたの
は、歴史が教えてくれるところです。8月に入り、科学専門誌「ネイチャー」に、この問題を
告発した記事が掲載されました。内容は、私の考察をはるかに超えるものでした。

イベルメクチンに関する全論文を子細に分析したところ、ねつ造や盗作のオンパレードであり、
対象者がどんな人たちだったのかを検証することさえできない、ずさんさなものだった、
というのです。主だった論文の共著者にインタビューしたところ、「不正はなかったと信ずる
が、元データは見せられていない」と答えていたそうです。

以上から私の結論は、イベルメクチンの有効性を示すエビデンスはいまのところ存在しない、
です。

 

15. 2021年8月25日 07:42:13 : aRvKdY7RBs : Wm96dlRUNlZBdi4=[7] 報告
ワクチンの効果はあくまで「限定的」というべきで、

阿修羅に集う陰謀論信者のように「全否定」は間違い。

事実、日本でも高齢者層の感染率、死亡率など、顕著に下がってるんだから。

ただし、数ヶ月で抗体は減少するし、最初から抗体を持てないワクチン接種者もいる。しかし集団接種する意味はやはりある。

イベルメクチンについてもそうだ。

岡田先生のような厳密な見方をされると、なんでも悲観的にならざるをえない。

しかし、インドなどイベルメクチン配布で一定の効果を上げているのが事実なら、どんどん使えばよろしい。容量さえ厳守すれば、副作用報告も特にない薬なのだから。

16. 2021年8月25日 07:44:09 : l8qHHZOBwk : cE5CNXJnVzUySHc=[11] 報告
  
全ての株に効果的だったのはロックダウン。
http://www.asyura2.com/21/kokusai30/msg/810.html#c7

   

17. 2021年8月25日 07:49:05 : l8qHHZOBwk : cE5CNXJnVzUySHc=[12] 報告
  

岡田氏は毎年、老人たち数百人にインフルエンザワクチンを
自身の手で打つ人だから、ワクチン否定の立場では無い。
ファイザーなどの、危険なワクチン擬を否定している。


新潟大学名誉教授が訴える「新型コロナワクチンの危険性」の内容
http://www.asyura2.com/21/kokusai30/msg/357.html

動画
https://youtu.be/WEM2xoyz900

岡田正彦氏のHP(精力的に更新中)
http://okada-masahiko.sakura.ne.jp/

改造メッセンジャーRNAの専門的解説
http://okada-masahiko.sakura.ne.jp/mrna.jpg

   

18. 2021年8月25日 07:52:21 : l8qHHZOBwk : cE5CNXJnVzUySHc=[13] 報告
  

ファイザーワクチン、接種後は、新型コロナに感染しやすくなり、
感染後の重症化も進む。
http://www.asyura2.com/21/cult33/msg/716.html#c31


   

19. 2021年8月25日 07:56:57 : l8qHHZOBwk : cE5CNXJnVzUySHc=[14] 報告
  

大卒者は、感染者数の増加とともに、会話人数や公共交通機関の利用を著しく減少
させていた。これに対し、高卒者の行動は感染者数が増加してもほとんど変わらなかった。
このほか、女性と比べて男性は外食頻度を減らさない傾向があった。

このような傾向は、専門家会議のメンバーでもある東京大学・武藤香織教授らの研究結果
でも指摘されている。武藤教授らはわれわれと同じく3月末にオンライン・アンケートを
実施し、低所得者ほど「3密」の状況を回避できていないことを発見した。

https://toyokeizai.net/articles/-/353591?page=3 より


   

20. 茨城市民[311] iO@P6Y5zlq8 2021年8月25日 13:29:52 : L7K5kePxVQ : RmZsblR3TG45RTI=[50] 報告
>15.
イベルメクチンについてもそうだ。岡田先生のような厳密な見方をされると、なんでも悲観的にならざるをえない。

しかし、インドなどイベルメクチン配布で一定の効果を上げているのが事実なら、どんどん使えばよろしい。容量さえ厳守すれば、副作用報告も特にない薬なのだから。

〇その通りと思う。
 また、イベルメクチンで劇的な効果をあげている国としてインドのいくつかの州のほか、インドネシア等が指摘されている。最近では、それを証明する具体的な数値も出ている。これらがイベルメクチンの効果でないなら、その理由を明確にすべきであろう。
 小生には、それらを否定する理由として、ワクチンが売れなくなるという以外に見つからない。

21. 2021年8月25日 14:16:45 : lipBcoX62w : ejEyeUllNlY0Z1k=[18] 報告

イベルメクチンの効果を実感していますし、
家族以外の会食も皆無で生活してます。

だからこそ、ウッタ・プラディッシュ州のように早期療法を採用して、
「サッサと新型コロナを終息させて、普通の生活に戻してくれ」
と切望してます。

コロナ流行前は、毎日外出&ショッピング, 飲み会, と普通の生活をしていました。
外食大好きでした (今は100%自炊)

まだ行ったことのない遊びに行きたいリゾート地やレストランがたくさんあるのにー
間違った政策を続けて、ダラダラとコロナ流行が続いてるのが本当に嫌です。

22. 2021年8月25日 18:01:07 : ZEpZjRC56Q : NGxhbk9qZHBlbUU=[1008] 報告
ワクチンを接種した人でも5%の人は抗体ができないことがわかっている。ワクチンの効果がでない人は感染して重症化する。

ワクチンの効果は95パー人には絶大だ。これが事実らしい。

23. 2021年8月25日 18:49:47 : lipBcoX62w : ejEyeUllNlY0Z1k=[19] 報告

@早期療法(イベルメクチン等)は、副作用もほぼ皆無。
Aインドだけで約2億5千人(ウッタプラディッシュ&デリー)もの感染終息をもたらした。

@Aだけ見ても、
即席ワクチンよりもイベルメクチン等を用いた早期療法の方が優れています。

まして、他のイベルメクチン等の早期療法を用いた国々の感染者激減例が多々ありますし。


24. 2021年8月26日 10:11:14 : fKkQda7Cxw : a01WR1RYQWZoY00=[1439] 報告
ワクチンの効果を否定するのは逆立ちしても無理がある。

イベルメクチンは健康食品的な意味で手に入るなら使えばよろしい。
現時点でワクチンの替わりにはならないと思う。

熱烈な支持者がいるのは健康食品と同じだ、
要はイベルメクチンが有害かどうかで
適切な使用に於いて無害なのは多くの使用実績が証明している。

25. 2021年8月26日 10:16:55 : FNMeI8Utig : R1FOU2hoRnIvQVE=[1] 報告
>>19
まさに、
これさえあれば、
普通に遊び歩ける生活に戻れる、日銭を落とす客が戻る、、、と盲信し、
イベルに飛びつく低知性。
26. 少人長[700] j62QbJK3 2021年8月26日 13:53:53 : s6h0zqjrVs : SFpLS2g0Z2thN1E=[2] 報告

それは、ワクチンではありません。それは、あなたを病気にするように作られているのです。/デービッド・マーティン博士

– Dr. David Martin, Jan 5th 2021

<デイビッド・マーティン博士は昨日、世界に向けて、私たちが今、カナダ(そして世界中)の公衆衛生が武装化されていると主張することができる決定的な証拠を与えてくれました。>

はっきりさせておきましょう…これはワクチンではありません。彼らは、公衆衛生上の適用除外の下でコソコソとこのことを行うために、ワクチンという言葉を使っています。これはワクチンではありません。

これは、この非ワクチン…この未検証の実験的な毒素」を推進している全ての人々が、今、加担していることを意味しています。

この不正行為に積極的に参加している我々の指導者たちは、この参加には結果が伴うことを認識しなければなりません。この種の共犯は、ドイツの医師と科学者が、ニュルンベルクで告発され、裁判にかけられたことと何ら変わりません。

「これは細胞に届けられる脂質のエンベロープに包まれたmRNAです。それは、人間の細胞を刺激して 病原体製造者になるように設計された医療手段です。(注:スパイクタンパクの複製)それはワクチンではありません。ワクチンは、実際には公衆衛生法の下で法的に定義された用語であり、CDCとFDAの基準の下で法的に定義された用語です。 そして、ワクチンは、具体的に言えば、それを受け取る人の免疫力を刺激しなければならず、それはまた、感染を中断させなければなりません。

そして、これはそうではありません。彼ら(モデルナ社とファイザー社)は、細胞内に入るmRNA鎖は感染を止めるためのものではなく、治療薬であることを明確に述べてきました。しかし、もし治療法として議論されたとしても、公衆衛生当局の共感を得ることはできないでしょう。なぜなら、「他にどんな治療法があるの?」と、人々は言うだろうからです。(注:イベルメクチン、アビガン…)

ワクチンという言葉を使うことは、法的な定義からして非良心的であり、オープンで自由な言論にも実際に騙しのパンチを与えるものです・・・モデルナは、COVID-19のワクチンメーカーではなく、癌のための化学療法会社としてスタートしました。もし私たちが、まだ罹患していないがんに予防的な化学療法を行うと言ったら、私たちは愚かな考えだと笑われ部屋から追い出されてしまうでしょう。なぜなら、これはまさにその通りだからです。これは技術上非常に小さなパッケージの形をした機械的なデバイスで、人間のシステムに挿入され、細胞を活性化して病原体の製造場所になるようにしています。

そして、私は、これが実際にワクチンの問題であることをどのような会話の中でも規定することを拒否しています。この用語が使われている唯一の理由は、書かれて以来、事実を曲げて述べられてきた1905年のジェイコブソン訴訟事件を悪用するためです。そして、もし私たちがこれについて正直であれば、実際には、細胞内で化学病原体生産作用を発揮させることを目的とした化学病原体装置と呼ぶことになります。これは医療デバイスであり、医薬品ではありません。なぜなら、それはCDRHのデバイスの定義を満たしているからです。これは生体システムではなく、生物学的システムでもなく、物理的技術であり、たまたま分子パッケージのサイズになっているだけなのです。(注:mRNAが改造されているので、タンパクが半永久的に造られる)

だから、私たちは、彼らのゲームに騙されないことを、確実にすることに対して本当に明晰である必要があります。なぜなら、彼らのゲームは、我々がワクチンとして話をするならば、私たちはワクチンの話をすることになるでしょうが、これは、彼ら自身の自白で、ワクチンではないからです。その結果、私たちがこの失敗した定義に騙されないことを、健康についての彼らの工業用化学的定義に騙されないのと同じように、聞く人すべてに明らかにしなければなりません。どちらも機能的には欠陥があり、そして、悪用されている法的構成の暗黙の違反行為です。私は、活動家や弁護士が「私たちはワクチンと戦うつもりです」と言うのを聞くと、イライラしてしまいます。ワクチンだと規定したら、もう戦いに負けたことになる。それは、ワクチンではありません。それは、あなたを病気にするように作られているのです。

COVID-19に「感染」(「」は訳者)した人の80%は無症候性キャリアです。これを注射された80%の人は、臨床的な有害事象(注:ADE)を経験します。あなたが、ある化学物質を注射されたのは、病気を誘発するためであって、免疫伝達応答を誘発するためではありません。言い換えれば、これについては、何であれ伝染を止めることはできません。これは、あなたを病気にさせ、あなた自身の細胞があなたを病気にさせるようにするものなのです。

情報配信者が、配信業経営者であった時点で私たちの負けです。 なぜなら、配信料は、全て小切手を書いている人たちによって支払われるからです。私たちの政治家(そして私たちのメディアにも言えることですが)は、お金を貰っています。もし、あなたがお金の流れを追うならば、あなたはどのネットワークにも利害に抵触しない声はないことに気づくでしょう。

それは、ワクチンではありません[さてはてメモ帳 Imagine & Think!](一部補間)
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/4d95b71568c0d8df0b14a10cfb069ab7
------------------------------

mRNA利用新毒素(生物兵器)の危険性は
1.スパイクタンパク起因の血栓による心臓・脳血管への攻撃
2.免疫不全による細菌、ウイルス、真菌及びガンに対する防御力剥奪
が挙げられる。

本来のmRNAは数分から10時間程度で分解されるものであるが、兵器改造されているので、作用が半永久的に残る。「遺伝子改変の働きは無い」などと喧伝しているが、実態は大差ないことになる。次段階には当然ながら逆転写酵素を装備したレトロウイルスによるDNA改変作戦が進行中なのは、論を待たない。

百歩譲って、「開発中の試験薬を急遽投入せざるを得なかった」などという言葉を真に受けたにせよ、先ずは効果がかなり低くても安全性に優れたものから使用する筈である。それが初期段階からこのようにフライング効果が如実に示されるような装備を実戦投入したのは、数か月後の本効果が絶対確実なものを選択したことになる。(注:図では【mRNAは極めて脆い】となっているが、明らかなプロパガンダである)

☆基本知識 なぜワクチン兵器なの?
https://ameblo.jp/kongoujizou/entry-12671861430.html

27. 2021年8月26日 18:50:08 : rTHmtrEd0U : bVh5NmNZRmpEWU0=[6] 報告
何ヶ月も前に、米国の渡航を避けるべき対象国になっていた日本。
28. 2021年8月27日 22:28:06 : FhA1BDKz6I : SFBIOXpmVzUydHc=[22] 報告
>>27
>何ヶ月も前に、米国の渡航を避けるべき対象国になっていた日本。
オリパラ終了後は再びそうなったりして?!
29. 2021年8月31日 07:39:29 : fH3IGqDaI2 : WG9ZVjVHL0FOSE0=[60] 報告
■ワクチン、抗体カクテルよりイベルメクチン。https://d.kuku.lu/259e6c735
アメリカが、ハシゴを外し始めたぞ!!! イベルメクチンを使い始めたぞ。!!!! 88,000人に。
安いし、安全だし、飲み薬だ。しかも少しでよい。
花木秀明先生の個人ツイートから
花木秀明
@hanakihideaki
20時間
アメリカ
8/7から8/13の1週間新規感染者数は87万人程度、その時のイベルメクチン処方枚数は8.8万枚(CDC公表)。
実に新規感染者の10%に処方されてる計算になります。
ほんとかなー? あまりに大きな数字なので自分で自分を疑ってしまいます。

つまり、ワクチン本拠アメリカで罹患者の一割が、ついにイベルメクチンを使い始めたと言う報告です。

これでも未だ気づかない。アホ、アヘ、スカの集団。
日本発−大村先生の作品がこれだけ凄いのに。
https://d.kuku.lu/545f121a9 イベルメクチン投下地域とそうで無い地域でこれだけの差が!!!
※拡大して見て下さい。
https://ourworldindata.org/explorers/coronavirus-data-explorer?time=2021-05-06..latest&facet=none&Metric=Confirmed+cases&Interval=7-day+rolling+average&Relative+to+Population=true&Align+outbreaks=false&country=~ISR
上記ページを見て下さい。種々判ります。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際30掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際30掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際30掲示板  
次へ