★阿修羅♪  Ψ空耳の丘Ψ16  
Ψ空耳の丘Ψ16検索 AND OR
 

ガンの秘密を解き明かし、医学界から排斥されてしまった革新の生命医学理論『千島学説』

投稿者 WING MAN 日時 2001 年 12 月 28 日 12:23:07:


果たして現代医学に「間違い」はないのでしょうか?
故千島喜久男博士が提唱した『千島学説』は、8大原理によって構成される
現代医学の基盤から覆す革新的医学理論です。ゆえに現代医学会が拒否反応を
示したことは分からないでもありません。しかし今一度、私たちの身体の
「真実の姿」について見つめ直してみてはいかがでしょうか。

新生命医学会会長 千島 明

──ガンの秘密を解き明かす革新の医学理論『千島学説』──

【千島学説概論】

◎ガン細胞は分裂増殖しない。わが身の赤血球から分化する
◎ガン細胞は転移などしない。組織内に新生する

…『千島学説』第1原理・赤血球分化説…より


自然状態において「ガン細胞の分裂像」を確認した人間は、
世界において一人としていません。「ガン細胞の転移」も同様です。
それなのに“ガン細胞は分裂増殖する”とか“ガン細胞は転移する”などと
今なお信じられています。事実“医学の定説に誤りはない”のでしょうか……?

医学界から排斥されてきた革新の生命医学理論『千島学説』が、近年になって
急速に注目されるようになりました。『千島学説』は故千島喜久男医学博士が
提唱した現代医学・生物学の「定説」に対し、その盲点を指摘した
革新的医学・生物学理論です。

8つの原理から構成される千島学説は、その各原理を発表した当時、学界や
マスコミに一大センセーションを巻き起こしました。『医学革命なるか!』、
『認められればノーベル賞確実』などと言われましたが、突然に
千島喜久男博士の学会発表は悉く拒否されるようになり、マスコミも
協定したかのように口を閉ざしてしまいました。

■■『千島学説』に対する世界の反響


●ケルブラン博士(フランスの有名な理論物理学者)
  『私の原子転換説とあなたの新血液理論は原理的に全く共通である。お互いに真理のため頑張りましょう』 …私信…

●ステファノポリー博士(フランスの血液学者)
  『パリ大学のアルペルン教授がガン細胞の起源を発表したと、フランスでは大きな反響を呼んでいる。だが、ガン細胞の起源の第一発見者は日本の千島教授であることを、私はフランスの学界に広く知らせる努力をしている』 …私信… 

●レペシンスカヤ博士(ロシア医学アカデミー細胞研究所長)
  『細胞新生説やあなたのガン細胞起源説は私の研究と共通点が多い。あなたの説は非常に重大な発見である』 …私信…

●オパーリン教授(モスクワ大学教授)
 『レペシンスカヤ、そして、あなたの細胞新生説に私も賛同します』 …私信…

●丸山 博博士(前阪大医学部教授)
 『千島学説はガリレオ・ガリレイの地動説に匹敵するものである』
                        ※週刊現代・昭和46.1.2号

●深江雄郎博士(元島根医大教授)
  『私も産婦人科医の一人として子宮ガン根治療法を研究しているが、千島学説は現代医学が解明し得ないガンの真相を突いている……』 …白兎…1972.4月号

●河井鉄男博士(外科医)
  『大戦中、野戦病院長をしていたが、手足を切断した兵士が全く貧血にならず元気でいることで、骨髄造血説に対し疑問をもっていたが、その後千島教授の著書から腸造血説を知り、私は疑問がすっかり解けた思いである』 …河井外科病院にての談話…

●「科学新聞」社説(1960.8.26白号)
  『今度の国際血液学会には暗い影がある。それは造血学説に異説を唱えるある学者(註・千島教授)の研究発表を学会が拒否したということである。この研究者の学説は、外国の一部学者たちからも関心を寄せられている研究なのだから、無価値の研究だと即断することはできない筈である。この学者が研究発表、学術雑誌への掲載に今もって不自由を感じなければならないということは、一人この学者の悲劇というより、むしろ学問の正しい進歩のために惜しまれる。科学の進歩は歴史の事実が示すように既成の学説を覆したり修正していくところにあることを忘れてはならない……』

●森下敬一博士(自然医学会会長)
  『……造血の場所は驚いたことに腸なのです。これも千島教授が立証しました。私はこの千島教授の“消化管造血説”を実験的に確かめていませんが、いろいろ思いめぐらせてみると、全くその通りだと考えるほかなく、まず間違いない学説だと信じております。これは医学界、生物学界への“揺さぶり”で、これに日本の千島学説が大きな役割を演じていることを日本人として誇りに思う次第です』   ……ミチューリン農業・昭和32年5月11日号……
  『……赤血球が腸で造られるという考えは、千島喜久男教授(岐阜大学教授)の卓見ですでに組織学的な証明がなされている……』    ……読売新聞・昭和34.4.7日付タ刊……

上記した『千島学説』への反響は、ごく一部のものです。詳しくは関連図書「千島学説論争」をご参照下さい。

 現代の自然科学、ことに医学は混迷の度を増しています。なかでもガンを始めとする難病・奇病に対してその対策には暗中摸索……確たる手段がありません。
 科学は急速な発達を遂げ、今や宇宙の彼方を探る時代になっています。しかし灯台もと暗しの例えどおり、科学を発達させた「人間」の身体については、正しくその仕組みは解明されていません。実際には全くといってよいかもしれません。


“細胞は分裂によってのみ増殖する”

 ウィルヒョウの提唱したこのとんでもない誤説こそ、現代医学の治療を迷走させた元凶だといえるでしょう。
 胎生6ケ月以降、細胞分裂によって体細胞が増加する像を自然状態のなかで確認した人間は世界でただ一人としていません。人間の体細胞は鋭敏な一種の生命体。気圧、温度、光線、湿度等が体内と異なった状態になったとき、急速に死への過程をとります。その死への過程においてのみ細胞は分裂を始めます。細胞の断末魔の苦しみといえるかも知れません。

 ウィルヒョウは不自然な状態での観察結果を自然の現象として誤認したのです。顕微鏡下という不自然な状態において、細胞が正常な姿を維持できるはずがありません。死への過程に移ります。
 「細胞学」そして「血液学」という医学の基盤となる基礎医学に、重大な誤認があるとしたら、それを基礎とする医学定説も歪んだものになることはいうまでもありません。
 ことに人間の身体を構成する“細胞”の起源についての定説が誤っているとしたら、人間の身体に対して正しい治療が行える訳がありません。

 宇宙探究という雄大な目標を立てる前に、もっともっと大切な「人体」についての正しい知識と知恵をもつことが大切です。
 そのためには、哲学的見地と正しい実験、そして注意深い観察から発見された『千島学説』によって人間の身体における真実の姿を知っていただきたいと考えます。


※続きを読みたい人は↓のページへ
http://www.chishima.ac/jouhou.htm

『千島学説』公式ページTOP
http://www.chishima.ac/





フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

全★阿修羅♪=

 

 

 

 

Ψ空耳の丘Ψ16掲示板へ