★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02 > 598.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
簡単版 【ウイルス、細菌の自然発生説】のヒント集(口蹄疫騒動の原点に迫る)
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/598.html
投稿者 寅蔵 日時 2010 年 5 月 21 日 07:14:39: 8X/teMCB5Xc.E
 

    簡単版   【ウイルス、細菌の自然発生説】のヒント集

 こうも混乱を来している現代医学教(狂)の内輪もめが起こっている口蹄疫騒動ですが、家畜の方の医学も現代医学教の範疇でしょうから、現代医学の重要な柱となっている「菌の自然発生否定説」を考えてみる必要があります。

「すべてはここから始まっている」からです。
防疫方法も政策もすべてはこの「教義」から来ているわけで、理解したから直ぐそれが社会に反映されるには時間がかなりかかるでしょうが。
あえて期待するとしたら
「大失敗して覚る」ことでしょうか・・・

以下はすべて転載記事です・

&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

    【菌はどこからくるの?】


 私たちが病気になったときに身体の中にいる細菌やウイルスはいったいどこからくるんでしょう。

身体の外から病原菌が侵入し、体内で分裂・増殖していくというパスツール以来の病原菌説。
そして心身の疲労やストレスによって自律神経が不調になると細胞が腐敗しはじめ細菌が生まれてくるという病果菌説(自然発生説)。

常識的には病原菌説でしょうが、パスツールの実験は細菌の自然発生を否定する証明にはなっていなかったことや、実際に病原菌が侵入するところを見た人はなく、また体内で分裂し増殖していく姿を見た人もいない(らしい)ので私は常識に反して疑っています。

自然発生説は実際にレーリーが見て確認しているし、千島喜久雄博士も赤血球が腐敗していく過程で細菌が生まれてくるところを確認し写真にも撮っています。

身近な例で考えてみます。テーブルの上に牛乳と大豆とジャガイモを置いておくと数日たつとそれぞれ腐敗してきます。調べて見ると牛乳には乳酸菌が、大豆には納豆菌が、ジャガイモにはバレイショ菌が繁殖しているのが見えるでしょう。
これを説明するのに、パスツールは空気中には乳酸菌、納豆菌、バレイショ菌など様々な種類の細菌が漂っていて、乳酸菌は牛乳へ、納豆菌は大豆へ、バレイショ菌はジャガイモへ落ちていき、そこで分裂・増殖しているのだと説明します。
一方レーリーや千島博士は牛乳から乳酸菌が生まれ、大豆から納豆菌が生まれ、ジャガイモからバレイショ菌が生まれたと説明します。

レーリーは実際に肺の細胞から結核菌を、胃腸の細胞からチフス菌や赤痢菌を発生させることに成功していますし、千島博士は赤血球が腐敗する過程でたくさんの細菌が生まれてくるところを見ているので当然だと思いますが、パスツールの説明、空気中を漂っている乳酸菌や納豆菌が牛乳や大豆を選んで落ちていくというのはちょっと考えにくいと思いません


DATE:2008/06/07
URL:http://uchida.air-nifty.com/healing/2007/06/post_46e1.html


  &&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&


          【体内ウィルス発生学説】

 「らくちんランプ」の管理人スパイラルドラゴンです。今日は、2008年2月9日です。今日は『神との契約』(田響隆仁著)の、316〜317ページ部分を書き写します。

(以下転載)

 C 遺伝子システム・体内情報システム「レイリー・システムズ」の存在

 生き物の病気が、時代時代に応じて新しい菌やウィルスが誕生するのは「宇宙に神の情報伝達の方式がある」と考えれば、「小宇宙なる人体で日常的に起きているもの」と考えることができます。宇宙の状況が変われば、それに対応して小宇宙の生存条件も変化するのは極々当たり前のことだからです。

 体内情報システムは、植物から動物に至るまで全く同一な4文字情報によって動かされています。植物(Mg)と動物(Fe)の間でさえ4文字情報のシステムが全く隔たりを存在させていません。そこでこの共通する遺伝子テープを[オムニスト・テープ]と呼称します。

 そして、遺伝子テープを動かすシステムに「レイリー・システムズ」という考え方があります。これはフランスの外科医・レイリーが、1943年以来説いた説で「自律神経過剰刺激病理説」といい、「自律神経を遮断したり毒薬を塗布することで勝手に体内にウィルスが発生してくる」という理論です。(参照:レイリー現象)

 つまり、細胞化されなかったウィルスが体内情報変化を元にして発生し、自己防衛の意思システムを持って存在するようになる獲得性情報を得てしまうと推測します。
 
 例えば、歯周病菌のような菌は、対称菌が存在しなくなると他の歯を蝕むのではなく、一般的には消滅していくウィルスです。

 つまり、体内のどこかの臓器の歪みが歯周病菌を発生させる「レイリー現象」を起こしていたと言えます。そして、歯周病菌が体内深く侵入するとすれば、その菌が獲得性情報をもったことを意味します。これが「体内ウィルス発生学説」といわれるものです。

 このウィルスの発生方法を知ることで「小宇宙は、DNAからRNA」に変換される際、遺伝子信号の紐になんらかの信号ミスが生じて、塩基の並びに狂いが出てしまったとき、体内でウィルスが勝手に発生してくることを意味しています。

 その狂いを生じた細胞は次々と指示された通りの全く新しい細胞群を招くこととなります。この事例として、院内感染を防ごうにも、次から次と感染症が出てくるのは、院内消毒を十分にしていたとしても防ぐことができない理由が、病人本人の体内情報のミスの連続で起きている結果のこともあると「レイリー・システムズ」から知ることができます。

(転載終わり)


DATE:2008/06/07 18:50
URL:http://blogs.dion.ne.jp/spiraldragon/archives/6794193.html#more


&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

    【レーリー現象】


 パスツールの実験が生物の自然発生を否定するには矛盾点が多いにもかかわらず、学会の定説となり一般人も信じてしまってからは、生物が自然発生するという主張はことごとく拒否され、無視されるようになりました。
たとえそれが科学的な実験であり、厳然たる事実を確認したにもかかわらずです。
一度定説になってしまった考えを変えるのは本当にむずかしいのですね。
天動説が信じられていた時代に地動説を主張したガリレオが異端裁判にかけられてから、地動説が常識になるまで数百年もかかったわけですから。

そんな中、フランスのレーリーという医師が生物の自然発生説を証明する実験を行いました。身体の働きを制御している自律神経を刺激することで、細菌を自然発生させるというものでした。
たとえば肺や胃腸などに分布している自律神経をピンセットなどで刺激すると、肺には結核菌が、胃腸には腸チフスや赤痢菌が発生してくることを実証しました。結核菌、チフス菌、赤痢菌などの病原菌は一匹も身体に入れてないにもかかわらず伝染病が起こることを証明したのです。

レーリーの実験結果から私たちの健康観を眺めるとその姿がガラリと変わってしまいます。

今の常識となっている伝染病や感染症について、病原菌やウイルスが外から体内に入り分裂増殖して病気が発症するという考え方が崩れ去り、心身が疲労してストレスがたまり自律神経が不調になると体内の細胞が腐敗し菌やウイルスが自然発生して病気を発症するという考え方に変わります。

菌というものは病気の原因ではなく病気の結果ということになります。

病原菌から病果菌へです。

レーリーの実験は事実であるにもかかわらず、パスツール以来常識となってしまった病原菌説の前ではほとんど関心をもたれることはなかったそうです。

異端裁判にかけられたガリレオが「それでも地球は動いている」と呟いたそうですが、レーリーの「それでも細菌は体内で自然発生する」という呟きも聞こえてきそう


DATE:2008/06/07
URL:http://uchida.air-nifty.com/healing/2007/06/post_f138.html
&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

   【パスツールの実験】


 パスツールは偉大な科学者として有名ですが、中でも白鳥の首型のフラスコを使った実験は知っている方もいるのではないかと思います。
私も受験のためにちょっと覚えた記憶がありますが、治療という仕事を始めてからパスツールの実験が重要性を帯びてきました。

それは私たち一般人の常識になっている感染症、外から体内に侵入した細菌が分裂増殖して病気になる、という考え方の根源が、あのパスツールの白鳥の首型フラスコの実験だったからです。

その実験というのは生物(バクテリアや細菌)は自然発生するか否かの実験でした。
食べ物や生き物が腐るとそこに無数のバクテリアや細菌のような生き物が発生してくるのは私たちでも知っていますよね。

自然発生説では死んだ生き物の有機物から自然にバクテリアが生まれてくると考えます。

パスツールは有機物から生物が生まれることはない、これはまず空気中のバクテリアがくっついて分裂し増殖したものだと考えました。

彼はフラスコの口が白鳥の首のようにS字型をしたものを2個用意し、肉汁や草を入れて煮沸しました。そして水蒸気が出ているうちに一方のフラスコの口を焼ききって塞ぎ、もう一方は口が開いたままにしました。
その後フラスコを並べて37度に保温しました。3日後、口が開いたままのフラスコ内にはバクテリアが繁殖し茶色に濁っていましたが、口を閉じたフラスコ内は変わらず透明でバクテリアはいませんでした。

パスツールは口の開いたフラスコでのバクテリアの繁殖は空気中からバクテリアが侵入して分裂増殖をしたものだと説明しました。

この結果を目の当たりにしたフランスの学会はパスツールの主張、つまり生物は自然発生することはないという考えを認め、それが世界に広まって現在まで信じられるに至ったわけです。

それが今の感染症の考え方、私たちの周りには様々な種類の病原菌がいて、それに触れたり吸い込んだりして身体の中に入ってしまうと菌が分裂増殖して病気を発症するという考え方につながっているのです。

私たちは病気に感染するというこの考え方を当たり前のように信じています。


しかしパスツールは次のような素朴な質問に答えることがありませんでした。

 @真空状態のフラスコ内に生物が発生しないのは当たりまえ
 A口が開いたフラスコにバクテリアが侵入したところを見たのか
 B侵入したバクテリアが分裂して増殖していく姿を見たのか
 Cもし見てないとすれば、自然発生したとも言えるじゃないか


 実際パスツールはバクテリアがフラスコに入るところも、分裂して増殖していく姿も見ていないらしいです。
ただ口の開いているフラスコにバクテリアが増殖しているのを見て、空気中のバクテリアがフラスコに入ってきて分裂・増殖したものだと解釈したにすぎなかったのです。

自然発生説を否定したことで有名な実験ですが、実際は生物が自然発生するか否かを証明するような実験ではなかったのです。

自然発生説から見ると、口が開いているからこそ自然発生したのだと言えるのですから。

DATE:2008/06/07
URL:http://uchida.air-nifty.com/healing/2007/06/post_ff5e.html

&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&


    【自然発生という概念】


1954年に腸造血を発見した千島博士は、いわゆる「病原体」と呼ばれているものは、人間じしんの体のなか、正確にいえば、腸内で自家生産されることを、ほぼ同時に確認しています。

現代医学は腸造血を認めていないことから、「病原体が腸内で発生する」という説にも、否定的な立場を固守しています。しかしながら、腸造血の全体像、およびそのカラクリを理解すれば、この説が真実であることに、納得せざるをえないでしょう。

千島博士は、腸造血と病原体発生のメカニズムを一元的、包括的に捉え、それを有機的な関連現象として、つぎのように説明しておられます。

肉、卵、牛乳など、動物性蛋白食品の摂りすぎにより、腸内に腐敗物質が産出され、それが原因となって異常発酵が起こる。

異常な腸内環境のなかで造血された血液は、腐敗物質で汚染されたまま、毛細血管から血流に乗って全身をめぐり、細胞に異常刺激を与えつづける。
やがて細胞が炎症を起こし、そこから、病的ウィルスや病的バクテリアが生み出される。

こういった細胞の炎症が、やがて、さまざまな慢性病の原因へと発展していく。


この説明のなかで、最も重要なポイントは、「やがて細胞が炎症を起こし、そこから、病的ウィルスや病的バクテリアが生み出される」という部分です。


博士のこの見解は、40数年という、超長期にわたる緻密な観察をもとに、実験検証してえられた結果であり、これにより、「病原体」は、異常化した細胞から自然に発生したもので、体外から侵入したために、細胞が病変したわけではないことが、証明されたことになります。


これにたいして現代医学は、血液(流動組織)と細胞(固定組織)のあいだに壁をつくり、体細胞は体細胞だけ、独立したものと考えています。
そして、そういう壁を設定したために、バクテリアやウイルスは体内で自然に発生する、とは考えられず、「外部から侵入してきた」とする以外、しかたがないわけです。その必然の結果として、「病原体は体外から侵入する」という、いわば架空の説をでっちあげたわけです。

そうした過程から、感染症や伝染病という概念も生まれ、「病原性を持つ微生物が、人から人へうつっていく」という、主客転倒の理論が、確立されていったと思われます。

しかしながら、そういった意味での「病原体」の存在や働きは、きわめて根拠に乏しいものです。いかに多くの人が同時に、あるいはつぎつぎと発病しても、人それぞれが、自分の体の事情で発病しているのであり、その病気が他人にうつる、または他人からうつされる、などということは、滅多に起きることではありません。

じつは、これを立証する実験がいくつもおこなわれていますが、字数の都合で、それらすべてを、ここでご紹介することはできかねます。しかし、一つよく知られた例として、「伝染病は病原菌によって引き起こされる」という説を唱えたコッホと対立した、ミュンヘン大学衛生学教授、テッペンコーフェル博士の勇気ある人体実験があります。

自説の正しさを確信していたテッペンコーフェルは、なんと、多くの証人を前にして、みずからコレラ菌を飲んでみせたのです。はたして、テッペンコーフェルにコレラは発病しませんでした、

ようするに、わかりやすくいえば、「病原体」と呼ばれているものは、病気の原因ではなく、病気の結果として、人間の体内に出現してくるものなのです。

この点についての、森下博士のご見解は、つぎのごとく明快です。
(『自然医学の基礎』より)

「本当には、病原体などというものは、ありはしないのである。病的なバクテリアやウィルスが生まれるのは、体細胞に炎症が起こった結果なのである。

だから、そういう実体に即した名前をつける、ということになれば、『病果体ゝゝゝ』とでも呼ぶのが妥当であろう」


病変細胞のなかに、いろいろな微生物がいるのは、終始一貫した生命現象の、必然的な結果として捉えるべきものを、現代医学は、そういった因果関係の流れを一切無視し、ただ結果だけを見て、「病原体が体の外から入り」、「それが病気を引き起こした」と、誤った判断をしているわけです。


また、そういう因果関係を的確に把握することにより、「異常な微生物が体のどこで、どのように発生するか」ということも、明確に説明できます。

じつは、(体)細胞には核と膜があり、体が健康なときは、その細胞質はすべてコロイド状をしています。しかし、誤った食生活などが原因で細胞が病変すると、そのコロイドの性質が変わり、もとは無構造で均質的であったものが分解して、つぶつぶの顆粒となっていきます(いわゆる析出せきしゅつの状態)。

これがもうすでに、バクテリアの始まりなのです。最初は小さな球状であったのが、やがて、互いに一列につながって桿状かんじょうになっていく、前者が球菌で、後者が桿菌かんきんと呼ばれるものです。


いずれにせよ、細胞のなかに見られるさまざまな微生物は、体のなかで自然に「湧わいてくる」のです。現代医学は、そういう考え方は非科学的だとして、絶対に認めようとはしませんが、生命の世界とは本来、そういう世界です。

じじつ、バクテリア類は体内で自然発生しており、それが条件次第で桿菌になったり、球菌になったり、それよりさらに細かいウィルスになったりしています。
逆の見方をすれば、ウィルスもバクテリアも、もともと細胞、つまり具体的にいえば赤血球の細胞質が、その材料になっているという認識が重要なわけです。


慢性病の正体は炎症、あるいは、それがさらに悪化した腫瘍にほかなりません。
そして、炎症や腫瘍は、細菌や微生物などが、外部から体内に侵入したために起こる(病気外因説)のではなく、
誤った食生活で血液が汚れ、それが全身をめぐって炎症をつくり(病気内因説)、
そこから細菌が自然発生する、
これこそ、慢性病に対する正しい考え方です。


ところが知ってか知らずか、いや、たぶん知っていながらやむをえず、現代医学は、病気外因説や病原体説に拘泥し、攻撃的な治療法を正当化しつづけています。しかし、現代医学の治療法が、人体にダメージを与えるだけで、病気そのものを治すことができない理由が、ここでもまた、明らかになったのではないでしょうか。


病気の原因を矛盾なく説明できる、内因説の立場からすれば、病気予防対策はあくまで、自分じしんの体内の血液を正常にすること(つまり食生活の改善)であり、医薬品の使用や、放射線、外科手術(怪我と急性発作の場合は除く)といった治療法がいかに無意味で間違っているか、これ以上、説明の必要はないでしょう。

DATE:2008/06/07
URL:http://www12.plala.or.jp/kusuri/page5-2.html

&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&


     【病原菌と病果菌】


 パスツールの実験以来、細菌は自然発生することはなく空気中に漂っている菌がくっついて分裂しながら増殖していくという病原菌説が一般常識になっています。
私たちは身体に病原菌が入ると病気になると考え、医者は病原菌を全滅させる薬を処方します。
しかしレーリーや千島博士は病原菌なしで細菌が体内に自然発生するところを確かめました。
心身が弱ったときに細胞や赤血球の腐敗が起こり、そこから細菌が生まれてくるというもので、大豆が腐ると納豆菌が生まれ繁殖していくのと同じことが体内でも起こっているというのです。
心身が弱った結果なので病果菌説です。

どちらが正しいのでしょう。

もし病果菌説が常識になるとすれば私たちの対処法は、食事療法や心のリラクゼーション、東洋医学やホリスティックな療法でいつでも血液をきれいに、細胞を元気に、心をポジティブに保つよう心がけることになります。
感染症が流行ったときもマスクなど必要なくなりますね。

東洋医学では「内障なければ外邪なし」と言いますが、これは身体がいつも調和し健康であれば外側から決して病の侵入を許すことはないという意味です。
レーリーや千島博士はこのことを科学的に証明したことになります。

しかし病原菌自体は否定できません。白黒はっきりするような問題ではないのかもしれません。
病原菌が体内に入った場合、それが誘引となって次々と細胞が腐敗して病原菌と同じ細菌が発生してくる、そして病原菌なしでも感染症が体内で発生することもある、ということでしょうか。

私たちは病原菌が体内に入ったら病気になると信じてマスクや衛生面で防御している反面、抵抗力が強く健康ならば、いくら感染症が流行っていても病気にならないということもうすうす知っていますよね。

これは病原菌説を信じている反面、病果菌説もうすうす感じとっているということです。

ドイツの衛生学者ペッテンコーフェルは病原菌を身体に入れても病気にならないことを証明するためにコレラ菌を飲みましたが、コレラに侵されることはありませんでした。しかし半信半疑だった弟子が飲むと下痢になってしまいました。病原菌説と病果菌説。どちらを信じるかで結果は違ってくるのです。
病果菌説で生きる方が人生が明るくなりそうです。


DATE:2008/06/07
URL:http://uchida.air-nifty.com/healing/2007/06/post_c014.html

&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&


以上、いろいろな関連記事をまとめてみたのですが、詳しいものは自分で捜せばいくらでもあります。ここでは平易に書かれたものの方が理解しやすいと思いましたので。

   付記
岡田茂吉の医学論でも、まったく同様なウイルス、細菌への自然発生が書いてあります。自然界の事象は医学者でも宗教家でも捕らえてしまえばひとつに帰結する、という当たり前の話しです。

誰々の説だとかではなく、既にそういう仕組みが自然界には存在していたことを誰かが発見しただけのことです。

ゆえに千島学説とか松下学説とかリーレー学説とか岡田論とか・・・
そういう名称は本当は要らないのです。

要は「自然界の仕組み」を解明して話した人の名がついているだけの事ですから。

あえて言うなら、大自然学説、宇宙学説、創造神学説(笑い)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年5月21日 14:01:47: UlkqoKFCWv
根拠無いです。以下参照
http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20080228
http://members.jcom.home.ne.jp/natrom/chishima.html
http://jbbs.livedoor.jp/news/2092/storage/1204816736.html#755

02. 2010年5月21日 18:35:43: TDgUUJU56g
別に千島氏に限りません。個人名はどうでもよいのですよ。
「千島学説は排除」して日本人の精神構造から解く【現代医学に排斥された東洋医学】転載
http://www.asyura2.com/09/iryo03/msg/295.html

いやしくも国会で決定した事を実行するのは公務員の義務であるはずなのに・・
http://www.asyura2.com/09/iryo03/msg/282.html

あのとき歴史が変わっていたら・・・重要国会証言シリーズ4回を読めば解る・・医療崩壊の理由ワケ
http://www.asyura2.com/09/iryo03/msg/281.html


例の国会証言で斉藤議員が国が公開実験して根拠があるのか無いのかをやってくれ」と要求したのに、「なぜやらなかったのか?」で答えは直感的に分かりました。

世界医薬産業体(五角形)が崩壊しかねないからです。
営業が出来なくなるほど困るからです。

ただそれだけです。別に論議など全然必要ない。
ただ四十年前に要求した公開実験をやって貰うだけで終わり。幸いに当時証言台にたった松下氏が生存されているから、その指導の下で「さあ、やってもらいましょう」

それだけで論争は終わり。どちらかが間違っているというだけのこと。
それはどちらが間違っているかを想像できます。

その検証実験をやらない側に決まっています。


03. 2010年5月22日 21:25:23: tC8f2oPwcc
非常に面白い議論ですね。

あり得るのかなという気もしますし、細菌やウィルスを外部から感染させて病気にさせることができるし、天然痘のように病原体の存在そのものを消すことに成功している例もありますから、自然発生するということですべて片づけてしまうのは、少なくとも不合理だということは言えるように思います。

一定のウィルスや病原体は、生体のもともとの細胞から自然発生が可能であるというぐらいではないかと感じます。菌根菌などの例もあるし、生体がもともと別の生命体である菌と融合することは結構あるようですね。今では細胞内に普遍的にあるミトコンドリアなども、もともとは別の生命体が細胞内に取り込まれたものとされていますし。


04. 2010年5月23日 18:18:20: KOdCiSbQQI
光の性質は粒子と波という二つの性質があるそうですが、どちらか一方に決められない光の性質だそうですね。粒子でもあり波でもありというが、一度にひとつを選択するともうひとつは説明できない?

なんだか似ているような。
微生物の自然発生も感染という形もどちらもあり得るとしたら?

これはおもしろい事になりそうです。
どちらも肯定したらどうなるでしょうか?

もっとも、発生か感染かなどは取りあえず置いといてもよいんですが。

ウイルスや細菌という微生物が人間の病気にどう関わっているかという事さえわかれば。

病気とは体内の汚濁血液や毒素汚染細胞を掃除する働き、つまり「自然浄化作用」のことです。
これに協力する形で微生物が関与しています。
主原因はひとも動物も体内に汚物毒素がどれだけあるかという事です。

ゆえに家畜の場合には与えるエサ、抗生物質などの薬品の使用、諸々の毒性物質に加え、飼育環境が悪いなどが原因となるでしょう。

その条件にあった家畜が感染発症するわけで、それほど汚染環境が無い家畜は感染しても発症しないのです。

これはヒトでも同様、感染がいくら拡大しても日本人全部が発症しないのはその理由です。

それを現代医学は感染即発症という「宗教教義」があるから問題になるのです。
今回の口蹄疫騒動はある意味では必要な事だったのかも知れません。
その防疫対応策が改めて考え直す刺激になるでしょう。

また別の面では日本の食についてありますが別版にて。


現代医学は宗教
http://www5.ocn.ne.jp/~kmatsu/ishagadamasu/00mokuji.htm


05. 2010年5月24日 00:31:50: UlkqoKFCWv
>その検証実験をやらない側に決まっています。
わざわざ実験するまでもないからです

06. 2010年5月24日 07:17:05: qY9J9Sajrk
医療産業にとって大打撃をうけるからです。
4回も国会特別委員会を開いて税金の無駄金を使っただけと言いたいのかな?

だいいち国費を出すといっている有力議員が要求したことです。

鼻くそ論を一挙に消滅させる絶好のチャンスを、「わざわざやらなかった」
だから、そのご40年間以上過ぎてもまだあちこちでこういう論議が続いている。

臭いものに蓋をする。
藪をつついて蛇を出す。

ゆえに公開実験はやれないのです。


07. 2010年5月24日 12:14:48: UlkqoKFCWv
千島学説は様々な研究成果と矛盾する
例えば千島学説では癌は分裂しない事になっているが、癌の分裂は世界中で観測されている
故に実験するまでも無いのです。千島学説は万有引力は存在しないと主張しているようなもの

08. 2010年5月26日 15:41:05: NYFM6udSqA
自然発生というのはにわかに信じがたいですね、細菌のDNAやウィルスのRNAは他の遺伝子が分解する中から自然に発生するとは思えませんが?????

09. 2010年5月26日 21:41:10: d0LCwmtVYh
>>07さん
そこで止めてしまうからダメなんですよ。
要求された公開実験をやらないで、腫れ物に触るのが怖いのか?「鼻くそ論」と言って捨ててしまったから、40年以上もこういう議論が消え去らないのですよ。

千島、松下説を木っ端微塵砕いてぐ〜の音も出ないように、「公開実験」をやりましょうよ。官費出しますから、ねえ〜(笑い)

だから〜〜、「信じる」とか「信じない」とか言ってないで、さっさとやりましょうよ!

これやらないから、いつまでもいつまでも、こんな話しを出し続けるのですよ。

いい加減にしろよ!って言いたいでしょ。

おかしいでしょ、「どうしてもやらない」と頑張る裏には「やったら困る方が拒否する」んじゃないの?(大笑い)

それにこの千島、松下実験の事を詳しく知らない人が多いようですね。
ただ、教科書に載っている事だけを信じているだけでは。

いや、そんな事よりご存命中の松下先生の実験指導の下、やってみればよいのですよ。


10. 2010年5月27日 11:43:13: UlkqoKFCWv
>>09
だから、千島学説は日常的に否定されているのでわざわざ実験するまでも無い。金のムダです

千島学説が勢力の大きい学説なら間違った知識の蔓延を防ぐため「公開処刑」する必要があるかもしれないが


11. 2010年5月29日 13:45:01: xCgO3XKpUw
>>10
千島学説が勢力の大きい学説なら間違った知識の蔓延を防ぐため「公開処刑」する必要があるかもしれないが

早くやって貰いたいものですね。そして全国民の前に公開処刑して貰いたいものです。(笑い)

そうしないと、ますますウイルスは蔓延しますよ。
昨今のネット情報はそれを押さえきれない様に増えてきています。

このままでは大きく拡散してしまいますよ!早くやりましょうよ!

は? 世界医薬産業機構の防疫部長が許さないって?

「・・・・藪をつついて蛇を出す・・・ナ!」 (爆)


12. 2010年6月02日 00:51:02: UlkqoKFCWv
>>11
>早くやって貰いたいものですね。そして全国民の前に公開処刑して貰いたいものです。(笑い)
>そうしないと、ますますウイルスは蔓延しますよ。
>昨今のネット情報はそれを押さえきれない様に増えてきています。

千島学説は極々一部のおかしな人が支持しているだけですのでご安心を


13. 2010年6月13日 21:37:06: IOGBnMbAtY
あの、「スカラー波で病気が云々」と言っていた「○装束集団」もぶったまげる、「驚き桃の木山椒の木」レベルの話ですね。


14. 2010年8月31日 00:27:16: DZwXhjNlr2
ウイルス、細菌が自然発生するということは、完全殺菌された外部から微生物等が侵入出来ない密閉容器の中でウイルス、細菌が自然発生するということでしょうか?。

極端な言い方をすれば密閉容器の中にそれらを構成する元素を入れておけば、ウイルス、細菌などの微生物が自然発生するということですね。

これは生物学を根底から揺るがす新発見かもしれません。


15. 2010年9月06日 22:47:27: oTHuPf5hos
>>14 さん
「自然発生説」などと言うのは虫眼鏡程度しかなかった時代の説です。
微生物が空気中を漂うとか、手足などに微生物付着するなどということは、想像すら出来なかった時代です。
ハエが飛んできて卵を産み付けたら、ウジ虫が湧く程度しか解明出来ていなかったのです。

今の時代に「自然発生説」を唱える人は、虫眼鏡でハエの卵やウジ虫を観察した程度でしょう。
高倍率の顕微鏡とか電子顕微鏡を見たら卒倒してしまうんじゃないかな。


16. 2010年9月17日 08:54:34: mp5PZ5e496
問題の核心は
「対象が生きているものか」「自然界と同様な状態か」

これについては電子顕微鏡は対象外でしょう。


17. 2010年9月17日 21:59:29: 0XfPKOdivQ
>>16
生きたまま観察出来るに越したことはないが、死んでいても自然発生したかどうかは確認出来ます。

たとえ死んだ微生物であったも外から侵入したものか、自然発生したものかが判別出来るということが重要なのです。


18. 2010年9月18日 23:42:41: 6K8PbVE8DY
>>15
1665年にイタリア人医師フランチェスコ・レディが自然発生説を否定する実験を行いました。

1. 2つのビンの中に魚の死体を入れる。
2. 一方のビンは蓋をしない。
3. もう一方のビンは布(目の細かいガーゼ)で覆って蓋をする。
4. そのまま、数日間放置する。

その結果、ふたをしなかったビンにはウジがわいたがが、布(目の細かいガーゼ)でふたをしたビンにはウジはわかなかった。


19. 2010年9月19日 22:27:31: MyyG7fOPsc
牛山博士が開発した画期的なガン治療薬を、なぜ公開の場で厚生省は実験しないのか?
http://www.asyura2.com/09/health15/msg/278.html

20. 2010年9月20日 13:31:52: iZcjN0UCGs
>牛山博士が開発した画期的なガン治療薬を、なぜ公開の場で厚生省は実験しないのか?

厚生労働省は公開実験をする組織ではないからです。
ガン治療薬だけでなく、全ての薬は「開発者」が開発から臨床データ、ブラインドテストのデータ、副作用等を検証し、その詳細データを厚生労働省に提出して認可をもらうのです。
公開であれ、非公開であれ、実験や臨床試験は薬の開発者が行わなければなりません。

厚生労働省がこの程度のことで一々公開実験をしていたら、それこそ「何とか尊子の小水が癌に効く」とか、「何とか名誉会長の汗が認知症に効く」いう話が出て来る度に、公開実験しなくてはならなくなってしまいます。


21. 2010年10月08日 17:11:59: EE8tjEISNI
>そして心身の疲労やストレスによって自律神経が不調になると細胞が腐敗しはじめ細菌が生まれてくるという病果菌説(自然発生説)。

シャーレの中で培養している生きた細胞でも、無菌状態で自然発生が確認されたことはありません。
もちろん、培養液や培養地のみの場合や、死んだ細胞でも自然発生は認められません。

無菌動物(生きている動物)を使っての実験でも、餌の汚染や内部の空気が汚染されない限り、微生物の自然発生はありません。
無菌動物で乳酸菌などのプロバイオティクスを研究していて、一度も投与した以外の菌が発見されたことはありません。
当然、感染症に罹ったこともありません。

こういう現場で実際に無菌動物での研究や細胞培養、微生物の培養などを体験すると、自然発生説が空想でしかないことが身をもって解ります。


22. 2013年5月19日 16:58:28 : zJWjCCzi3Q
>>21
シャーレの中で培養している生きた細胞でも、無菌状態で自然発生が確認されたことはありません。
もちろん、培養液や培養地のみの場合や、死んだ細胞でも自然発生は認められません。

不自然会の培養環境を自然界の人体内に当てはめること自体がナンセンスです。
電子顕微鏡の世界も同じ。

まったく不自然な状況を観察して、いくら研究してみても全然異なる世界。
だから学者の世界は狭いというのです。
自然界よりも学理の方を重んじるから分かりようも無いし、分かろうともしない。

医の中の蛙、外界を知らず。
外界は大自然の姿そのものです。
医の中は人知の狭い世界です。


23. 2014年11月20日 05:51:14 : UCLwGMIKKE
シャーレって不自然界の中でしょ。
人体内は生命あふれる自然界ですよ。
だからコッホの三原則は破綻したんでしょ?
え、知らなかったのね未だ。

コッホの三原則は破綻していた
http://akyoon.seesaa.net/article/256119558.html


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧