★阿修羅♪ > 雑談専用38 > 465.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
露西亞を使つて破滅に導かんとする存在あり 其の名は欺くもの「アルコン」である
http://www.asyura2.com/09/idletalk38/msg/465.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2010 年 4 月 17 日 00:46:48: xsXux3woMgsl6
 

(回答先: 鐵則 此の事實に據つて尤も得をするのは誰か? 偶然は有り得ない ドナルド・フランチシエク・トウスクとは何者か? 投稿者 卍と十と六芒星 日時 2010 年 4 月 17 日 00:39:05)

 
 
 
 
詰まり此の「ロシ」と云ふ記述を通じて何が言ひたかつたかと云ふと
http://www.asyura2.com/09/bd57/msg/673.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2010 年 1 月 08 日 22:32:31: xsXux3woMgsl6
 
 
此の「ロシ」と云ふ記述に據り、
露西亞を惡者にする工作が數千年前から行はれてゐると云ふ事實。
其の存在は何者で、
其の目的は何か。
bを騙り、
我々を洗腦し、
殺戮に驅り立てる其の者は何者か。
露西亞人を敵視させる其の存在は何者なのか。
露西亞人を被害妄想に驅り立てる其の存在は何者なのか。

其の存在は、
數千年の時を超えて、
人間の思考と時間の概念を遙かに超越した存在が、
此の舊約聖書の既述に介入した事を例として、
現代に於いても樣々な勢力に關はり、
人間同士、國同士、宗教同士、
民族同士をいがみ合はせ、
雙方の憎しみを煽り、
殺戮し合はせた存在がゐる。
其れが、特にbを騙り、人間を欺き、
人類の歴史の其の背後に蠢いてゐる。
其の存在の證據の一端が、
此のエゼキエル書の記述
「ロシ」
に伺へるのではないか。
畢竟、其の存在は人間では無い。
だが然し、人間の世界に人間としてゐる奴等。
人間として僞裝し、
此の人間界にゐる奴等。
そしてそいつ等は、
主要なあらゆる勢力に介入してゐる。

其れが此のエメラルドタブレツトの記述にも伺へる。
 
 
我れ、古代アトランティスに附き語らん
http://www.asyura2.com/08/bd53/msg/346.html
投稿者 石工の都仙臺市 日時 2008 年 6 月 15 日 23:18:00: Gsx84HOp6wiqQ
 
 
我れ、古代アトランティスに附き語らん。
陰の者等の國の時代に附きて語らん。
陰の子等の來る事に附きて語らん。
彼らは地球人の智慧に據り大深淵據り呼び出されたり。
偉大なる力を得んとて呼ばれたり。
アトランティスの存せし以前の遙かなる昔、暗黒を詮索する者等ありて暗黒魔術を使ひ、
我等の下なる大深淵據り存在者を呼びおりき。
彼等は此の宇宙サイクルにと來りぬ。
彼等は異なる震動の形無き者にして地球人の子等には見えずして存せり。
血に據りてのみ彼等は形ある者と成り得る成り。
人間を通してのみ彼等は此の世に生き得る成り。
彼等は古き昔に聖師達に據り、彼等の來りし下方にと追ひ戻され征服されたり。
されど人々の知らざる諸區域諸空間に隱れ殘りし者等若干在りき。
彼等はアトランティスに陰として住みぬ。
されど時には人々の内に顯れぬ。
しかり、血の獻ぜられし時人々の間に住まんとて出で來りし成り。
彼等は人の形持て我等の間にて活動せるも視覺に於いてのみ人の如く見えたる成り。
彼等は魔術の解かれし時は蛇頭成るも人々の間にては人の如く顯れたりき。
彼等は人々に似たる形を取りて諸會議に忍び入りぬ。
彼等の術策に據りて國々の首長等を殺し、彼等の姿を取りて人々を支配せり。
彼等は魔術に據りてのみ、音に據りてのみ發見し得る成り。
彼等は陰の國據り人々を滅し其の代はりに支配せんと求めおりし成り。
されど聖師達の魔術強大にして蛇人等の顏據りベールを取り去り得、彼等の元の場所にと戻し得し事を汝知れ。
聖師達は人々の所に來りて人間のみが發音し得る語の祕密を教へたりき。
其れ據り人々は速やかに蛇人據りベールを取り去りて人々の間に占めし地位據り追放しぬ。
されど用心すべし。
蛇人等は時折此の世に開放さるる場に今も尚住めり。
彼等は儀式の唱へられ來りし諸所にて汝等の間を見えずして歩くなり。
時進みし時彼等は再び人の姿を取る成らん。
彼等は白又は黒の魔術を知れる師達に據りて呼び出し得る成り。
されど白の聖者のみ肉體に有りし間に彼等を支配し束縛し得る成り。
陰の國を求むる事勿れ。
必ず惡の顯るる故成り。
光輝の聖師のみが恐怖の陰を征し得る故成り。
 
 
 
 
其の可能性は
映畫

「They Live」
「ハイランダー」
「コンスタンテイン」

等に私は見る。
(恐らく私が知らないだけで他にも色々ある筈)
 
 
此の下の一聯の投稿に據つても、
其の可能性が推察出來る筈。
其れ以外の投稿に據つても此れ迄其の可能性は、
拙い乍らも指摘して來た積もり。
其の可能性を推察出來ない者に興味は無いから、
めんどくさいから今後一切關はらんで貰いたい。
 
 
旧ソ連の驚異の宇宙情報──バイオプラズマ生命体とUFO飛来の秘密!
http://www.asyura2.com/09/bd57/msg/645.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2009 年 12 月 26 日 01:27:09: xsXux3woMgsl6
 
 
 
 
ちなみに、
露西亞を惡者にしてゐる御前はサタンに加担してゐる、
御前こそ惡者だ、
等と云ふ其のやうな善惡二元論思考の、
程度の低い話はしない。
其の視點には一切立つ氣は無い。
以前から言つてゐるやうに、
正反合の更に其の上の超に行く。
聯中が仕掛けた精bの牢獄、
善惡二元論を超克する。

此の被害妄想の露西亞、
聯中の最兇の武器としての露西亞の存在は、
今まさに聯中の茶番劇場として、
不倶戴天の敵役の猶太國家イスラエルに對して、
イランと云ふ國を使い、
現實のものとして世界に出現しつつある。
ゆゑに此の問題は、
今後の世界情勢を考へる際に、
非常に重要と思つたので取り上げた。
 
 
 
 
01. 卍と十と六芒星 2010年1月10日 01:22:57: xsXux3woMgsl6

聯中が幣立b宮に來てゐたらしい
http://www.asyura2.com/08/bd54/msg/571.html
投稿者 石工の都仙臺市 日時 2008 年 12 月 13 日 00:26:25: Gsx84HOp6wiqQ
 
 
徳間書店刊
平成十九年(西暦二〇〇七年)四月三十日發行
中矢伸一氏著
「[日月b示] bか獸か! 魂の超選擇 世界とあなたに希望と絶望が同時にやつてくる」
第一章 世界を陰から操る輯團「イシヤ」と「正b」との
最終決戰が始まつてゐる!
イシヤの力に翳りが見え始めた?
七十七頁據り
 
 
イシヤの力に翳りが見え始めた?

「イシヤ」の正體に就いて考へてゐた私は、數年前に、ある方から電話で教へて戴いた情報を
思ひ出した。
熊本に、幣立b宮と云ふ有名なb社がある。謎の「五色人面」と云ふb寶がある事で知ら
れてゐるb社で、「人類發祥の地」と云ふ傳説を持つ、異色のb社だ。靈的な地場エネルギー
も高いと云はれ、大勢の靈能者や宗教關係者が此處を訪れてゐる。
 其の幣立b宮に、イルミナテイか何か、亞米利加の祕密結社に屬する”高級靈媒”が、數名
のお供を引き聯れてやつてきたと云ふ。
 そして、「最近は靈力がきかなくなつてきた。亞米利加ももう終はりだ。日本の此のb社に
來ればパワーがもらへると聞いてやつてきた」と云ふやうなことを宮司に語つたと云ふのだ。
 幣立b宮のH宮司は知り合ひである。私から電話を入れて慥かめればいい話だが、あまりこ
の話には氣にも留めなかつたので、其のままに成つてしまつてゐた。
 然し、最近に成つて其の事を思ひ出したので、電話を入れて聞いてみた。
 すると、右の噂がお凡そ眞實である事が判つた。
 以下、H宮司から聞いた話の要點である。
 
 
    ▼亞米利加は、祕密結社的な組織が核と成つて運營されてゐる。其れがイルミナテイか
    どうかは不明。最高位はトツプ13人で構成される。其のメンバーには、ヘンリー・キツシ
    ンジヤーやブツシユ元大統領などがをり、亞米利加の重要な政策は此處で決定される。
    ▼其の結社で「巫女」をつとめてゐたと云ふ女性が、5人くらゐで參拜に訪れた(日本
    人を含む)。
    ▼此の女性は、亞米利加から出國する事は本來許されないが、日本の幣立に行けと云
    ふ靈示があつたものらしく、參拜にやつてきた。其の具體的理由に就いては全く不明。
    ▼彼らは血を飮むやうな、祕教的な儀式を行ふ。此の巫女が、云はば「啓示」を降ろす
    役割のやうで、其れに添つて米國では樣々な政策が決められてゐる。
 
 
 「靈力がきかなくなつてきた」とか「もう亞米利加は終はりだ」とか云ふ話はありましたかと
尋ねたが、宮司自身は、其處迄具體的な話はなかつたと私に語つた。
 實は此の事は、「フオトンベルト」關聯の著書で有名な渡邊延朗さんのブログに詳しく書
かれてゐる。其の個所を引いてみよう。

* * *

 2004年初夏、熊本縣にある幣立b宮に一人の亞米利加人女性が訪ねてゐます。此の
女性は、亞米利加を影から支配する闇の政府と呼ばれる18人委員會と云ふ組織に係はつて
ゐた人物でした。其の闇政府の中での彼女の役割は、祕密の儀式を執り行ふ巫女(みこ)
でした。彼女は、世界を爬蟲類宇宙人が支配してゐると云ふ曝露本「大いなる祕密(デー
ヴイツド・アイク著)」の重要な情報源の一人でもありました。彼女が日本を訪問し、幣
立b宮に參拜した理由は衰へつつある靈的能力の恢復を願ふ爲だつたと云ひます。
 彼女が以前かかはつてゐた18人委員會には18の階級があり、彼女は17番階級の靈能者輯
團に係はつてゐました。其の17階級の役割とは、惡魔からチヤネリングによつてメツセー
ジを受け其れを大統領に傳へ政策に反映させる事です。
 幣立b宮を訪問した際、彼女は宮司に次のやうに告白してゐます。
「17階級の靈能者達が(惡魔からの)メツセージが受けられなくなつてゐる。其の爲
ネオコン(超現實主義者)が迷走を始めてゐる。どうしていいか分からなくなつて來てゐ
る。自分ももう亞米利加から逃げ出し度いと思つてゐる」と。

* * *

 私がH宮司から聞いたところでは、此の時、彼等との間で此處迄具體的な話はなかつた
(或は、覺えてゐない)ようである。
 其れにしても、亞米利加の政策決定に關與するぐらゐ高位にある巫女が、わざわざ日本の幣
立b宮にやつてきて、自分のさうした素性をペラペラ喋るものだらうか、とも思ふのだが、そ
れらしい人物がきて、右のやうな話があつた事は事實である。
 
 
 
 
本當かだうか分からないが、ロスチヤイルドも幣立b宮を訪れてゐると云ふ情報がある。

良い宇宙人と悪い宇宙人,宇宙の眞相, The Earth is Controlled by Evil Alien
http://slicer93.real-sound.net/space-1022.html

奴等は焦つてゐる
http://www.asyura2.com/08/bd54/msg/146.html
投稿者 石工の都仙臺市 日時 2008 年 9 月 07 日 15:20:43: Gsx84HOp6wiqQ
 
 
(卍十*)
 
 
02. 卍と十と六芒星 2010年1月11日 03:50:39: xsXux3woMgsl6

1999年7の月ハルマゲドン≠ニいうのがー。三次元の世界では、たいしたことがなかったんですが、霊界ではあったんです。
http://www.asyura2.com/09/bd57/msg/650.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2009 年 12 月 27 日 01:59:04: xsXux3woMgsl6

(卍十*)
 
 
 
 
 
 
 
 
我々の「心」が、ゴツドとサタンを生み出した
http://www.asyura2.com/09/bd57/msg/884.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2010 年 4 月 03 日 20:12:43: xsXux3woMgsl6
 
 
 
 
我々の「心」が、ゴツドとサタンを生み出した

ゴツドもサタンも無い。
有るのは我々の内面に有る想ひのみ。
我々の「心」が、ゴツドとサタンを生み出した。
 
 
 
 
善と惡
http://www.asyura2.com/09/bd55/msg/351.html
投稿者 石工の都仙臺市 日時 2009 年 3 月 08 日 10:32:25: Gsx84HOp6wiqQ
 
 
 畢竟、ゴツドとルシフアーの關係は逆なのだ。
 ゴツドこそ惡魔崇拜を煽動してゐる存在なのではないのか。
 ゴツドは其れゆゑ天使ルシフアーを、唯一bゴツドに叛逆し、其の唯一bゴツドの地位を奪い、唯一bゴツドに成り代わつて惡の世界を構築せんと陰謀を企む、邪惡なる存在である、と云ふレツテルを貼つたのではないのか。
 問題なのは、此の善惡の關係が逆轉してゐる事を一般の人達は分かつてゐないと云ふ事である。
 ゆゑにフリツツ・スプリングマイヤーさん等の方のやうな純正基督教徒は、叛基督と云ふ存在としてルシフアーの存在を敵視し、ルシフアーの眞の價値を正當に評價出來ず、聯中の洗腦にまんまと嵌つてゐるのではないのだらうか。
 ルシフアーを崇拜してゐるサタニスト側も、ルシフアーを邪惡なるサタニズムの象徴としてゐる爲、ルシフアーの眞の價値を隱蔽する事に協力してゐると云ふ事になる。其の眞の邪惡なる存在は實はヴアチカンや英國國教會であると云ふ具合に。其の勢力こそが實はサタニズムを推進してゐると云ふ具合に。眞のルシフアーの價値を隱蔽せんが爲に。
 
 
  善は惡であり、惡は善である。
  惡は惡であり、善は善である。

更に、

  善は惡で有ると知つてゐながら善だと人々を洗腦する者がをり、
  惡は善であると知つてゐながら惡だと人々を洗腦する者もゐる。
  そして進んで惡の側に墮ちる者もをり、
  嫌々ながら惡の側に協力させられてゐる者もゐる、と云ふ具合に。
  そして、善の存在、惡の存在を、それぞれ盲目的に崇拜する洗腦されし大勢の人々と、云ふ具合に。
 
 
 bと惡魔の善惡二元論構造は、實は此の樣に重層、複層的な構造、状態と成つてゐるのではないのだらうか。
 堕天使ルシフアーは蛇に擬態し、其の蛇に擬態したルシフアーに唆され、アダムとイブは禁斷の實を食べた事に對するゴツドからの罰として、樂園であるエデンの園から追放されたと云ふ事に成つてゐる。此處から人類の墮落が始まつたと。
 然し、實はゴツドは人類を家畜、奴隷として飼育、使役し、人類を其の地位に留め起きたいが爲、利用し續けたいが爲に、エデンの園と云ふ人間牧場に人間を放牧し、人類を無知蒙昧な状態のままに留め置きたいが爲に、人類に余計な知識を授けまいとしてゐた。
 然し、或る勢力は、人類を其のやうな状態から開放せんと、人類の可能性を見出し、人類を更なる高次元に發展させんと考へ、此の二つの勢力の意見が對立し、最終的に戰爭にまで發展したと。其れが天上界に於けるゴツドとルシフアーの鬪爭であると云ふ事だと云ふ。
 人類を開放せんと、人類の可能性を見出し、人類を更なる高次元に發展させんと考へた勢力、此の勢力こそが蛇の秘密結社の眞相ではないのか。
 然し、此の蛇の秘密結社の勢力も長年のゴツド側の破壞工作に據つて、ゴツド側の勢力に乘つ取られたと云ふ。
 
 
 
 
籠b社(眞名井b社)參拜記 間にあつたかな
http://www.asyura2.com/09/bd57/msg/792.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2010 年 3 月 01 日 22:16:49: xsXux3woMgsl6
 
 
二月十日に宿泊先のホテルで此れを見た。
まさに現代世界を背後で操つてゐる存在と地球人類の状態其のものだなと。
聯中の御馳走は人々が發する怒り憎しみ悲しみ嘆き、
そして恐怖と云ふ負の想念だと云ふ譯だ。
隨分以前から聯中は此のやうな作品を通じて、
其れと無く眞實を傳へてゐる事を改めて確認した次第。
 
 
旧ソ連の驚異の宇宙情報──バイオプラズマ生命体とUFO飛来の秘密!
http://www.asyura2.com/09/bd57/msg/645.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2009 年 12 月 26 日 01:27:09: xsXux3woMgsl6
 
 
此れ以外にも、今、主に米國に於いてと思はれる作品に中に、
ドラマと云ふ媒體を通じて眞實を傳へてゐる物が、
少なくとも日本で配信されてゐる中に極めて多いやうに番宣を見てゐて感じた。
 
 
Super! drama TV | 宇宙大作戦/スタートレック
宇宙大作戦/スタートレック シーズン3 第3シーズンエピソード
http://www.superdramatv.com/line/st/stto/epi_03.html
 
 
シーズン3 第7話「宇宙の怪! 怒りを喰う!?」
Day of the Dove
[シリーズ通算 #62]
救難信号に応えて出動したエンタープライズだったが、目的地につくと争いの跡もなく何もなかった。そこへエンタープライズに攻撃されたと思い込んでいるクリンゴン船が出現、戦いが始まってしまう。実は両者を戦わせる第三者が存在していたのだった・・・。

[オリジナル版日本初放送時 第66話]
 
 
 
 
人類學者 ハンク・ウエセルマンとジンとの會話 ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ 番外編 かなりオカルト?1 據り
http://www.asyura2.com/09/bd57/msg/878.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2010 年 4 月 01 日 23:06:18: xsXux3woMgsl6

ジン:
私はジンである。人間こそが創造者であり、われわれジンにはそのような能力はない。模倣するだけである。だが、これで私はあなたに仕えることができる。

ウェセルマン:
私に仕えるといっても君は何ができるのか?

ジン:
あなたを敵から守ることげできる。

ウェセルマン:
私は他者を傷つけるようなことはしない。君はヒーリングのようなことはできるのか?

ジン:
人間の魂には運命が刻まれている。同意を破ることなくして、人間の運命に介入することなどわれわれにはできない相談だ。

ウェセルマン:
それは誰との同意なのか?

ジン:
世界を監視している上位の存在との合意だ。

ウェセルマン:
ジンはその上位存在よりも下位の存在なのか?

ジン:
もちろんそうだ。若いジンはときどき常軌を逸した行動をとるが、上位存在たる監視者は彼らにアプローチし、適切に行動するようにたしなめる。

ウェセルマン:
君のいう監視者とは誰のことか?

ジン:
高い知性をもった上位存在でこの世界に責任をもつ存在だ。われわれジンは人間の運命には介入できない。

ウェセルマン:
それはグノーシスでアルコンと呼ばれる支配者のことなのか?

ジン:
あなたはアルコンのことを知っているのか?だがアルコンは霊ではないぞ。上位存在ではない。彼らは人間の思考が作り出した産物だ。それらは人間の思考に寄生してる存在だ。

ウェセルマン:
思考に寄生している?どうやってそんなことをするのか?

ジン:
人間の思考や、人間が信じている信念の体系から直接エネルギーをもらうことによってだ。彼らは、人間が彼らに関心をもっている限り生き続けることができるが、人間が関心をもたなくなるとエネルギーがなくなり消え去ってしまう。彼らは本当の霊ではない。こうしたアルコンをわれわれジンは「欺くもの」と呼ぶ。ジンと同じように彼らは模倣はできるが、創造はできない存在だ。

ウェセルマン:
ならば彼らは地球外生物のような存在なのか?

ジン:
「欺くもの」は人間の信念体系からエネルギーをもらい、さまざまな姿形で現れることができる。そうした存在の中には他の世界からやってきたものもいる。

ウェセルマン:
他の世界?なぜこの世界にやってくるのか?

ジン:
彼らは訪問者としてやってくる他者である。

ウェセルマン:
そうしたエイリアンはなぜ人間を拉致して実験などに使うのか?

ジン:
彼らはそんなことはしない。そのようなことをするのは「欺くもの」である。

ウェセルマン:
「欺くもの」?なぜ彼らはそんなことをするのか?

ジン:
人間は「欺くもの」よりも偉大である。あなたは彼らのことをアルコン(支配者)と呼ぶが、彼らは人間のように創造することができないのだ。彼らができることは模倣することだけであり、そのエネルギーも人間から引き出しているのだ。人間だけが力があり、「欺くもの」はその力が欲しいのだ。

ウェセルマン:
君のいう監視する上位存在はなぜそのようなアルコンが人間に介入するのを止めさせないのか?

ジン:
「欺くもの」は霊ではない。それは、人間の思考に住んでいる存在だ。だから上位存在は影響を及ぼすことはできないのいだ。

ウェセルマン:
ところで、君達ジンはもともとどこから来たのか?

ジン:
すべてのジンはグノーシスではソフィアと呼ばれている精神の現れである。ジンだけではなく、この世の存在すべてがソフィアの現れである。

ウェセルマン:
ソフィアとはなにものなのか?

ジン:
ソフィアはこの世界を作り出している精神である。

ウェセルマン:
ソフィアは物質的な存在なのか?

ジン:
そうだ。この世界そのものがソフィアの物質的な現れである。

ウェセルマン:
ではソフィアは女神なのか?

ジン:
分からない。ソフィアは意識のある光として出現した。ソフィアが夢に見るすべてのことが現実となる。

ウェセルマン:
ところで、ジンは魂をもっているのか?

ジン:
あらゆる存在は魂をもっている。

ウェセルマン:
では位の高いジンと低いジンはいるのか?

ジン:
いる。

ウェセルマン:
君は位の高いジンなのか?

ジン:
いや違う。

ウェセルマン:
では位が低いジンなのか?

ジン:
いやそうではない。

ウェセルマン:
位の低いジンとはなんなのか?

ジン:
位の低いジンとは、自己意識が芽生えつつある魂のあるエネルギー体のことだ。

ウェセルマン:
彼らはどこで生まれたのか?

ジン:
ソフィアからだ。ソフィアは夢を見る。その夢の産物がジンだ。

ウェセルマン:
ということは、位の低いジンというのはオーブのことか?

ジン:
オーブというのは、魂をもった成長過程の光のことだ。彼らは人間の感情と思考に興味を持ち、人間に引き寄せられる。

ウェセルマン:
彼らはジンなのか?

ジン:
これからジンになろうとしている存在だ。

ウェセルマン:
話は変わるが、クロップサークルは君達ジンが作ったものなのか?

ジン:
いやそうではない。おそらくクリップサークルは人間とは異なる高度な知性が、人間に警告するために作ったものだろう。

ウェセルマン:
ところで、神が人間を作ったのだろうか?

ジン:
いやそれは違う。人間はソフィアの現れである。

ウェセルマン:
ということは人間はソフィアの創造物ということか?

ジン:
いやそれも違う。ソフィアは創造はしない。ソフィアは夢を見て、その内容を発散するだけだ。意図的に創造するのは人間だけだ。

ウェセルマン:
ならば、人間の魂もソフィアの夢の発散で誕生したのか?

ジン:
いや違う。人間の魂を創造したのは創造主だ。感情は人間の身体と一体化し、それは人間に属している。魂はそれとは異なる。魂は魂である。それは霊であり、人間ではない。

ウェセルマン:
ではキリスト教やユダヤ教などの一神教のとなえる父なる神は君のいう創造主のことなのか?

ジン:
いや違う。

ウェセルマン:
では一神教がヤハウェ、エホバ、アラーなどと呼ぶ神はなにものなのか?

ジン:
こうした神こそ先に述べた「欺くもの」である。それらはグノーシスの言葉でいうなら、支配者アルコンのことだ。

ウェセルマン:
支配者アルコンとはなにものなのか?

ジン:
それは人間の思考に寄生している存在で、作られたときから人間の敵として機能している。

ウェセルマン:
ということは、そうした一神教の神というのは、人間が信じているように創造主ではないということなのか?

ジン:
これらは「欺くもの」であり、なにも創造することはできない。これらはアルコンなので、模倣しかできないのだ。

ウェセルマン:
ではこうした一神教の神はなぜこれほどまでに強力で、人間が崇拝する存在なのか?

ジン:
これらは「欺くもの」であり、それらこそが創造主だと強く信じる人間のエネルギーで生かされているだけである。それらが創造主であるはずがない。

ウェセルマン:
それらは創造主ではないのだな?

ジン:
その通りだ。それらは支配者アクロン(欺くもの)だ。

ウェセルマン:
ではそれらは悪魔なのか?

ジン:
そうではない。

ウェセルマン:
それらは善悪を対立させ、否定的な状況を作り出すのか?

ジン:
そうだ。それらは人間に道を誤らせる存在だ。

ウェセルマン:
なぜそんなことをするのか?

ジン:
それがそれらの性質だからだ。それらは「欺くもの」なのだ。

ウェセルマン:
では、悪のもともとの源泉はなにか?

ジン:
悪の源泉は人間そのものだ。一神教の神として現れる「欺くもの」は人間に過ちを犯すように働きかけ、人間が自分で過ちを正すことができない地点にまで人間を追い込んで行く。ここにきて人間は悪を行うのである。人間こそが創造者なのだが、人間は「欺くもの」に影響されている。

ウェセルマン:
ということは、悪というものは人間が創造しない限り存在しなかったというわけだな?

ジン:
そうだ。

ウェセルマン:
では一神教の神として現れている支配者アクロンは悪なのか?

ジン:
いやそうではない。それは人間の敵として機能している「欺くもの」だ。

ウェセルマン:
宗教戦争があまりに多いのはこれが理由なのか?また、中世にはあまたの女性が魔女狩りの犠牲者になったが、それが理由なのか?

ジン:
そうだ。ユダヤ、キリスト、イスラム教の神は支配者アクロンであり「欺くもの」なのだ。これらの影響で人間はとてつもない悪を行うようになったのだ。だが、それらはまだ人間に悪い影響を及ぼしている。

ウェセルマン:
それらはまだそんなことをする力を持っているのか?

ジン:
「欺くもの」である支配者アクロンは力など持ってはいない。それらは創造者ではないのだ。人間こそが創造者であり、なにを創造するのかは人間次第なのだ。人間が、自分自身に悪影響を及ぼすものをものを作ったのだ。

ウェセルマン:
ということは、選択は全部人間にかかっているということか?

ジン:
まったくその通りだ。人間は悪も創造できるし、善も創造できる。

ウェセルマン:
では、悪にはどうやって対処すればよいのか?

ジン:
私には分からない。それは人間の責任である。もし悪を創造できるなら、それを消すことだってできるはずだ。

ウェセルマン:
どうやって消すのか?

ジン:
悪の反対を創造することでだ。人間の思考を変えればそれはわけがないことだ。一神教の神は「欺くもの」なので人間の思考と感情からすべてのエネルギーを得ている。人間こそが創造者なので、すべての選択は人間にある。だが、「欺くもの」を信じてしまうと、これらの言うなりになり、悪い影響を得てしまう。一神教の神は、人間の貪欲、競争心、自己欺瞞などを喜び、戦争と暴力を引き起こす。

ウェセルマン:
もう一度聞くが、われわれ人間が神を作ったということなのか?

ジン:
その通りだ。
 
 
 
 
「萬物を見通す目」とは本當の所、一體何なのか
http://www.asyura2.com/09/bd55/msg/402.html
投稿者 石工の都仙臺市 日時 2009 年 3 月 15 日 16:41:51: Gsx84HOp6wiqQ
 
 
 うすうす氣附いてはゐたが、此處に來てはつきり解つた事がある。
 最早、叛イルミナテイ、叛フリーメーソン、叛猶太等々の叛ナントカなどと云ふ程度の低い、
次元の低い發想から脱する時が來たのだと。
 「叛」では無く、勿論「親」でも無く、「合」ですら無く。其れはあえて云ふならば、
「超」である。人類の、地球の重力圈、次元を超えるのだ。
 幣立b宮の五色b祭がなにゆゑ8月23日に行はれるのか。今の私には良く解る。
 
 
  汝王冠を戴く爲に、いと高き者據り知識を得よ。
  いと高き者據り得し知識を理解し、汝の基礎とせよ。
  汝の基礎據り、慈悲、峻嚴、美を身に附け、
  汝内なる汝に勝利せよ。
  汝勝利の榮光に浴し、此の地上に王國を築かん。
 
 
 
 
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 雑談専用38掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 雑談専用38掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧