★阿修羅♪ > 原発・フッ素18 > 487.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
放射線不安をあおっている人がいる!! チェルノブイリ20年の真実(放射線影響協会 金子正人)
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/487.html
投稿者 会員番号4153番 日時 2011 年 11 月 17 日 11:53:25: 8rnauVNerwl2s
 

「放射能怖い怖い」と毎日社会不安を煽る人間がいる。

山の中まで何兆円もかけて除染すると大騒ぎしている。

二万人以上の死者・行方不明者の被害を出した東北の復興をスルーして、ほとんど被害の出ていない、山林まで大金を投じて除染するとはどういう神経なのだろう。

除染に何兆円もかける位なら、何故、人々が使う、インフラ復興や生き残った人間の生活支援に金を使わないのか?何故、津波ですべてを流された東北の人々を救おうとしないのか?

長滝重信長崎大名誉教授ら放射線医療に命を懸ける研究者が指摘しているように「放射能怖い怖い」という主張に科学的な根拠はあるのか?

この後、何十年にもわたって続く、「除染ビジネス」というおいしい利権を官僚・土建屋が貪るためのお先棒担ぎをしているのではなかろうか?

真実を見通す目で事実を見て欲しい。


■チェルノブイリ20年の真実(要点)

http://www.aesj.or.jp/atomos/popular/kaisetsu200701.pdf


国連8機関とベラルーシ,ロシア連邦,ウクライナ3ヵ国で構成する「チェルノブイリ・フォーラム」の調査報告

@チェルノブイリ事故による死者は,数万とも数十万とも報道されたが,実際の急性放射線症と診断されたた134名のうち1986年に死亡した28名とその後,別の原因で死亡した19名の合計:約50名

A甲状腺がんで死亡した子供:9名

B 20万人の事故処理作業(1986〜1987年)に従事した者,11万6,000人の避難者および27万人の高度汚染地域住民の中から放射線被ばくによるがんで死亡すると予想される者:3,940人(あくまでも確率論的予想)

C4月16日に放映されたNHKスペシャル「汚された大地で:チェルノブイリ20年後の真実」では,第1図はチラッと見せただけで,汚染の低い地域の方が先天異常の頻度が高いという事実には一切触れず,別に描いた汚染の大きい地域だけのグラフを使って,先天的な病気を持った子どもの数が事故後2倍に増えたのは放射線による遺伝的な影響であるかのように説明された。

Dパネル討論会では「4,000人が死ぬというのはLNT(しきい値なし直線)仮説に基づくフィクションであって科学的には無意味であるとか,死亡数にはプラス,マイナ
スの幅を表記すべき,といった意見が出された。

なお、この内容は、最近出版された「放射能のタブー」のロシア科学アカデミー原子力エネルギー安全発展問題研究所副所長のアルチュニアン氏の長年の研究とも一致している。

■放射線治療の常識を否定する狂信者たち

 放射線は、がん治療に活用されており、その原理は放射線をあてると、DNAの修復機能のない、がん細胞は死滅し、正常な細胞は修復されるので、がん細胞だけが死滅するというものだ。

 そもそもが放射線は可視光線や紫外線、赤外線と同じ、電磁波の一種で他の電磁波より周波数が短いだけである。放射線治療で副作用が起こるのも、紫外線で強度の「日焼け」するのと原理的には全く同じものとされる。

 200mSv(ミリシーベルト)までの照射では、急性の障害があるという臨床的な知見はない。

 放射線怖い怖いという人間は、放射線治療に携わる人間の研究成果を一度でも読んだことがあるのか?

原爆による光熱や高放射線と医療を同列に扱うもので、国民をいたずらに不安に陥れる害毒でしかないと思う。


<参考文献>

「がんをどう考えるか」三橋紀夫
「がん!放射線治療のススメ」中川恵一
「ガンマナイフ−切らずにがんを治す放射線手術」小林達也
「人は放射線になぜ弱いか−少しの放射線は心配無用」近藤宗平


参考リンク
◆「科学的」めぐり、議論白熱=チェルノブイリ事故の影響で−低線量被ばくの作業部会 (時事通信)
 http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/452.html


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年11月17日 12:13:21: j8DlsR41DQ
マウス実験データと人間の場合は違いますよ。

実際にはランダムな被曝ですから実験などで定量化して再現するのは不可能ですよ。

生活による継続的な内部被曝のデーターはチェルのしかないわけですからね。判らないことは大丈夫だといえませんし人口統計での世界的の減はどうされますか。

アルファやベーター線の内部被曝の長期実験データーを出してからの話でしょうね。

福島や東京で健康被害が多発していないというのを確認されたのですか。早期妊婦の流産が日本と米国で増えてることにたいしての実際的な対策はどうされますか。


02. 2011年11月17日 12:30:28: aKuqvXCQNQ
ウクライナ国の日本大使館に原発による健康被害がでています。
http://www.ua.emb-japan.go.jp/jpn/info_ua/overview/3politics.html

健康被害
「 ウクライナの公式発表では,事故後,住民の癌発生率が倍増する等,健康面で大きな影響が出た。ウクライナにおけるチェルノブイリ関連の疾病の被害者は259.4万名であり,うち61.7万名が子供である(2006年1月現在,ウクライナ非常事態省)。
 他方で,事故と病気との因果関係を明確にするのは難しく,どこまでがチェルノブイリ事故の直接の被害者であるかを判断するのは困難であるとされている。

 なお,放射能汚染された食物が拡大することを防ぐため,汚染地域全域において,パン工場,精肉工場,バザールなどに多くのコントロール・ポイントが置かれ,モニタリングが行われている。」

福島原発が起こってすぐに日本大使館へウクライナ放射線医療を担当した医師代表が協力を申し出たが
門前払いであったという。他国の悲惨な経験を取り入れずに、安全神話のつづきはむなしい、

 吉田(福一現場所長)が「何回もこれで死ぬと感じた」との告発(隠された意味)をどう聞いているのか?
国民の命を危うくするプルトニウムの汚染の実態をいつまでも隠くすことはできない。

低線量被爆・バイスターダド効果による研究は放射線によるDNA突然変異 と比べて数百倍細胞がん化が起こると報告されている。放射線による発ガンはDNAではない 「がんはなぜ生じるか」ブルーバックス


03. 2011年11月17日 12:35:07: Xcd9KLtvbQ
>「放射能怖い怖い」という主張に科学的な根拠はあるのか?

科学的な根拠はありますとも!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

内部被曝の真実と尿検査「低線量被曝でも危険」児玉龍彦
http://www.youtube.com/watch?v=hnh_ogQe47s


04. 爺さん 2011年11月17日 12:41:22: pkMRoq8j2xu8g : Bf0bCJRovM
ヤブロコフの報告書を残り全部翻訳投稿します。
家業を続けながらなので遅れがちになりますが、参考にして下さい。

この投稿のキャンペーンと連携してヤブロコフの報告書を訳していた人もいたようで(?)、私は個人的に友人達からもとばっちりを受けていて、憎たらしいです。

過去も現在も、防護について具体的手立てを何も語らない者の共通テーマは、素の被曝データーの収集です。
特に内部被曝に対して、可能な限り対策を打たせない状態のデーターを集めようというのが、今回のテーマではないでしょうか?

その限界内でもぎりぎり良心的なかたがたもいらっしゃいますから、この際それはそれでありがたいと思う、塵のような存在のわたくしでありました。


05. ぺぇるぎゅんと 2011年11月17日 12:44:00: z/RrAnnk03NJU : nEFt3AL0os
除染に多額の費用をかけることを否定したいのは理解できるが、放射能リスクを
否定するのはどうかな。

>汚染の低い地域の方が先天異常の頻度が高いという事実には一切触れず〜

これは、放射能リスクを否定する根拠にはならない。
否定したければ、放射能の影響ゼロケースと、影響ありケースを比較しなければ
ならない(名古屋大沢田名誉教授もそれを指摘している)

汚染度の低い地域と高い地域を比べて、低い地域の方が先天異常が高い、という
のであれば、それはむしろ「体線量被曝のリスク」に考慮すべき根拠となる。

その他チェルノブイリのデータへの理解、解釈に関してもツッコミどころ満載。

>放射線は、がん治療に活用されており〜

放射線治療はそもそも、あまり大威張りで肯定できるものではない。


06. 2011年11月17日 12:44:17: HI94JvmzsM
不安をあおるのではなく、[放射能が怖い]と思っている人のほうが、
現状の危険を認識するのに勉強熱心な場合が多い。

むしろ、何の根拠もなく安全と言う人や、
低線量放射線治療を用いて、安全という人には注意が必要だと思う。

なぜなら、低線量の放射線治療と原発事故による低線量内部被爆は、
まったく被爆原理が異なる。

少し勉強すれば、素人でも放射線核種の違い、内部被爆・外部被爆の違い、
自然放射線・人口放射線の違い、
X線γ線核種の外部被爆と、β線・α線の内部被爆によるDNAダメージの違いなど。

実は原発事故による低線量被爆のことなんて人間は、これっぽっちもわかっていない。低線量放射線治療と低線量内部被爆は、決定的に違うんだ。

よく、議論していると、PET検査による内部被爆を口にするやからもいるが、PET検査につかわれるポジトロン核種は、半減期が一番長いガリウム68でも68.1分である。これと混同させ国民を安心させるなんて、詐欺と同じようなもの。

なぜなら、破壊されたミトコンドリアは、一定の割合で、修復過程において異常がおき、異常がおきたミトコンドリアは、数十年後に同じように放射線で破壊されるとガン細胞に発展するのは、科学的事実なのである。


07. 2011年11月17日 12:47:16: Bcml9vh5QU
「放射線影響協会」をググッてみたら、文部科学省所管の財団法人、長瀧重信(理事)かよ。出る幕は無い。すっ込んでろ。

08. 2011年11月17日 12:47:18: LP8ptbJkM2

ここに、チェルノブイリの真実がありそうです!

 http://www.youtube.com/watch?v=WCfzjHaVu5s&feature=related


09. 2011年11月17日 14:16:30: dqDVWvLCgU
この投稿はこの一点だけでも非科学的で反論に値しない。およそ放射線のことを理解しているとは思えない。

>放射線は、がん治療に活用されており、その原理は放射線をあてると、DNAの修復機能のない、がん細胞は死滅し、正常な細胞は修復されるので、がん細胞だけが死滅するというものだ。

だったら放射線治療したがん患者は救われましたか? その被曝線量で放射線医師が悩み試行錯誤しているは何故か? 放射線管理エリアに厳重なバリアを作って一般人を寄せつけないのは何故か?


10. 2011年11月17日 14:42:56: ZbEkMfgIXY
長瀧、山下は、確実に、日本人の多くがそうであるだろう、
科学的権威への服従、信頼といったものを利用して
こうした放射能は安全です主張を繰り返し、洗脳していく。
そういう役割を負っている。なにしろ、チェルノ一基収束するのに
250万人もの人が特攻させられた。福島では四基または最悪六基の収束が
待たれており、ざっと一千万人もの人が今後徐々に特攻させられる必要が
市民にはないが、国家にはあるらしく、市民は食われる。
そのために、どうしても
「科学的にみて放射能は安全です。あほだけが放射能を怖がっています。
賢いみなさんは、あほをまねしないでください」
キャンペーンは避けられない。
もう科学者はおわりだよ、反原発科学者以外は。

11. 2011年11月17日 16:13:03: FEC1zKK4NY
まだ、有名な御用学者、長滝重信の主張を出す人がいたんだ。

12. 2011年11月17日 17:37:11: GBb0P65azU
放射能は怖いに決まってるだろ。w
話にならねえ。

怖いからこそ、原発事故が起こる以前、なんの利害関係もなかった時期に
日本の優秀な頭脳が集まって公平な結論を出して年間1ミリシートベルトという
許容基準を法的に定めたのだ。

それが、事故が起こって都合が悪くなったとたんに
「放射能は怖くない」w
て、そんな詐術が通用するか、あほう。w


13. 2011年11月17日 18:10:47: v9I0GzB2Vc
それこそ何で原発をまだ推進しようとするのだ。

理屈をこねる前に答えることがあるだろう。もちろん理屈にはなっていないが。


14. 2011年11月17日 20:18:39: C4o01wJ8i2
まだこんな投稿をするバカな人(?)がいたんだ!!
と思いつつコメント欄を見たら>>07さんの「「放射線影響協会」をググッてみたら、文部科学省所管の財団法人、長瀧重信(理事)かよ。」とあり。

やはり人でなしの我利我利亡者の投稿か!と納得!!

下らない投稿はやめてもらいたい。


15. 2011年11月17日 21:17:29: EuORAmdx2E
放射能は怖くない=被爆は怖くない?

被爆が怖くないんだったら原爆を恐ろしい物として語る各国の教科書は間違っていることになるし
核爆弾、核戦争、核実験なんか人里からちょっと離れた所でやっても問題ないはずだ。
病院や歯医者でレントゲン技士がそそくさと部屋から出て行く必要もない。
過去に被爆した人に労災下りていたこともこの人からすれば「取り越し苦労の税金泥棒」か?
我々が「放射能=怖い」と感じるのはそれが世界共通の認識であり先進国の教育だからだ。
それを根拠なんか存在せずふくいち事故前までただのデマで世界は動かされていたとでも?

未知に恐れを抱かない奴はもう人間どころか動物でもない。


16. 2011年11月17日 22:50:07: CGaB34XTl
>放射線不安をあおっている人がいる
>「放射能怖い怖い」と毎日社会不安を煽る人間がいる。
>放射線は、がん治療に活用されており、その原理は放射線をあてると、
 DNAの修復機能のない、がん細胞は死滅し、正常な細胞は修復されるので、
 がん細胞だけが死滅するというものだ。
>そもそもが放射線は可視光線や紫外線、赤外線と同じ、電磁波の一種で他の
 電磁波より周波数が短いだけである。
>放射線治療で副作用が起こるのも、紫外線で強度の「日焼け」するのと
 原理的には全く同じものとされる。
>200mSv(ミリシーベルト)までの照射では、急性の障害があるという臨床的な
 知見はない。
>放射線怖い怖いという人間は、放射線治療に携わる人間の研究成果を一度でも
 読んだことがあるのか?

>原爆による光熱や高放射線と医療を同列に扱うもので、国民をいたずらに
 不安に陥れる害毒でしかないと思う。

ねぇ、この投稿者は放射能も放射線も同一と考えているんじゃないの?
本当に知識のある人だと思う?
ただ何かをコピーして知ったかしているだけと思うよ。
あんまりにも知識が無さ過ぎるもん。
常識的知識も無いもん。



17. 2011年11月17日 23:17:33: hKJFJJNKRI

 20万人以上の犠牲者を出した広島・長崎の核爆発被害に比べたら、今回の福島原発事故の被害がそれほどまでに深刻でないことは、誰が考えたって明らかではありませんか。

 今日、一部のマスコミや‘自称’専門家の中には「福島原発の周辺には今後50年、誰も住めないだろう」などという無責任な発言を垂れ流す輩が多く見られます。

 あたかも被災地である東北の、そして福島県の皆様の生活を心配しているかのごとき発言ですが、本当に地元の方たちのことを心配しているのであれば、科学的な根拠もないのにそういった風評被害を助長するような発言は絶対にするべきではないでしょう。

 いったい彼らは、未曾有の災害に襲われた東北の人たちを助けたいのか?それとも、さらなる絶望の淵に落としたいのか・・・・・。
 被災地の方々が希望を持ち続けられるように、そしてさらなる復興を遂げられるように、暖かい手を差し伸べていただけるように伏してお願いするものであります。

 2011年に福島第一原発で起きた事故は、1986年4月26日のチェルノブイリ原発事故とは全く性質が異なり、比べ物にならないくらい小規模なものです。

 福島では津波により亡くなった職員以外に、核放射線による急性死亡は1人も出ておりません。また、被災直後の急性放射線障害の患者もいません。現場の職員たちも被曝量はレベルC:0.1〜0.9シーベルト以下と推察できます。これらの事実から、福島は、チェルノブイリと比べ、核災害規模は格段に低いことが明らかなのです。

 今回の現地調査からは、福島の場合、水素爆発のあった3月中旬でさえ、1日当たりの線量はおよそ1ミリシーベルトに満たない低いものでした。(文部科学省発表)

 20km圏内からの避難者は概してレベルD2〜10ミリシーベルトであり、核放射線よりもむしろ長期の避難生活による健康面や経済面の損失が顕著です。

 核分裂反応が停止した炉心内の放射能の総量は、時間の経過とともに低下します。その法則は、7倍の時間で10分の1に低下する、すなわち、1週間で10分の1、49日後に100分の1、そして1年後に1000分の1になるのです。したがって今後も放射線は徐々に弱まっていきます。

 今回福島県で、20キロ圏内からの避難住民を中心に、甲状腺に沈着した放射性ヨウ素量を、県民希望者66人に対し検査しましたが、最も値が高かった人でも3.6キロベクレルで、甲状腺がんのリスクは全くない範囲です。チェルノブイリ事故時の被災者の甲状腺線量の最大値は50グレイで福島の1万倍。周辺ウクライナ、ベラルーシ、ロシアの3国で4000人を超える子供たちが甲状腺がんになりましたが、この調査結果から福島と周辺での甲状腺がんをはじめ、発がんリスクはないと予測できます。

 福島第一原発では、地震後の15メートルにも高くなった大津波に襲われ、冷却ポンプが故障してしまい、燃料棒の冷却水が足りなくなってしまいました。燃料棒自身が発生する高熱により、ウラン燃料を包んでいた薄い金属の被覆が融けたのです。こうして炉心が溶融したと考えられています。

 福島第一原発の水素爆発は、炉心周辺の水の分解で発生した水素が建屋内に充満して、それが酸素と反応して起こったものです。決して核爆発ではありません。

 核分裂生成物の総放射能は、7倍の時間の経過で10分の1に減衰する法則になっています。停止1分後の総放射能を1とすると、7分後に10分の1、49分後に100分の1、6時間後に1000分の1、40時間後に1万分の1に減衰するのです。ですから、24時間以後に水素爆発したときには、放射能は1000分の1以下に弱まっていたのです。

 核分裂反応が暴走して炉心が爆発したチェルノブイリでは、放射能の減衰の間もなく、環境に莫大な大きさの放射能が噴き出したのです。時間からだけで推定すると、福島の1000倍以上の放射能になるのです。そのためチェルノブイリでは、発電所の運転職員たちが急性放射線障害で死ぬほどの線量を受けたのでした。

 それに対して、福島第一では水素爆発までの24時間以上の間に、炉心内の放射能が1000分の1以下に減衰したので、東電職員たちが危険な線量を受けるリスクが低くなったのです。

 福島第一原発でも、発電所の敷地内や破壊された建屋の中であればプルトニウムも検出されるかもしれませんが、私が2011年の4月10日に福島第一原発を調査に行った時点では、フェンスのすぐ外側で測定しても、プルトニウムが放射する強いアルファ線は検出されませんでした。

 福島原発でも、20キロから30キロ圏内の住民の計画的避難が取り沙汰されていますが、チェルノブイリ原発から漏れた放射線の量と福島原発から出た線量は全く比べ物にならないほどです。科学的な見地から述べると、政府の介入は過剰です。むしろ、長期の避難生活による健康被害と経済損失のほうが明らかです。

 これ以上の避難拡大には意味がありません。環境の放射線は、次第に低下する法則にあります。国家としては、こうした地域の生活の安定を、積極的に支えるべきです。この問題は、福島県だけの問題にとどまらず、日本の弱さ、政府の弱さを世界にさらけ出す結果となります。今こそ日本人の知恵と勇気を世界に示さなくてはいけません。

 津波に誘発された福島核災害は悲劇ではありますが、最悪の事態ではありません。広島・長崎の核災害や、チェルノブイリ事故と比べたら明らかです。未曾有の核災害は、シルクロード楼蘭遺跡周辺のウイグルにあります。中国による楼蘭核爆発災害です。地表核爆発で放出された総放射能はチェルノブイリの500万倍です。しかもこれは、世界の目から長年覆い隠されてきました。私の世界調査で、これ以上の悲劇はありません。救いのない地、世界中の支援が全く届いていないのです。

 この地域から核の黄砂が、長年にわたり、日本へも降っていたことさえ、ほとんどの国民が知りません。メディアは決してこの事実を報じようとしません。日本人の骨格に放射性ストロンチウムが蓄積しています。私は、文部科学省からの研究費を得て、この研究を2年前から行っています。内部被曝線量はレベルD(2〜10ミリシーベルト)です。日本の全土が、その程度に汚染したのです。昭和時代にメイド・イン・チャイナの放射能で、米・野菜・牛乳が汚染しました。迷惑な話ですが、それでも、私たちは生きています。

 今回の福島第一原発事故から漏えいした放射能が日本列島全体に与えた影響は、中国からの核の黄砂の放射線影響に比べたら、決して多くはないのです。昭和の時代の体内被曝は10年以上も続いたし、しかもその核種は、セシウムよりも危険なストロンチウムだったのです。

 しかし、今回の福島原発の事故では、圧力容器の中で発生した水素が爆発したものの、これは核爆発と違って周囲の土砂を大量に吹き上げるほどのものではありませんでした。

 毛沢東ら中国共産党政府は、昭和39年(1964年)の10月、東京五輪の真っ最中に、楼蘭遺跡の近くで最初の核実験を行いました。

 中国政府は平成8年(1996年)までに、楼蘭遺跡周辺で、延べ46回、総爆発威力およそ22メガトン(1メガトン=100万トン)の核爆発を行っています。この総威力は広島への核攻撃の実に1375発分にも相当します。これにより、作家井上靖らが描いた歴史ロマンの地は核の砂漠と化してしまいました。環境に放出された放射能の総量は実に4000万エクサベクレルであり、これはチェルノブイリ原子炉災害の約2000万倍の数値です。

 1964年から1980年にかけて放射能を帯びた核の黄砂が4000km離れた日本列島の全土に降り、環境中にある放射線が顕著に高まりました。米や野菜などの農作物の他、牛乳が放射能汚染し、食物連鎖により長年の間に日本人の体内中に取り込まれたのです。

 日本人の死体解剖の骨格に含まれる、放射性ストロンチウムの放射能は放射線医学総合研究所で分析され、胎児、幼児、成人から顕著に検出されています。

 文部科学省の研究費を得て私は国民の体内の放射性ストロンチウムの線量評価に関連して平成21年から3年間、研究を続けています。中国から飛来した核の黄砂による内部被曝は、多くの国民で数ミリシーベルトとなりました。この線量値は、2011年の福島20km圏内の住民6万人の放射性ヨウ素による甲状腺線量と同じレベルです。

核の黄砂により内部被曝した日本人が仮に1億人とすれば、その影響の大きさは、福島のおよそ1700倍も大きいのです。

 私たち日本国民全員は、隣国からの核の黄砂で、昭和の時代から長年にわたり迷惑を被ってきました。平成の今、同レベルの線量であるのにもかかわらずマスコミで福島の恐怖を煽っている人たちは、何ゆえか昭和時代の核汚染には目をつぶり、中国の核実験に沈黙しているのは政治的意図があるものと受け取られても当然でしょう。

 私としては放射線衛生上、世界のどの核災害も客観的科学的に調査をし、線量の絶対値を計測するとともに、それぞれを比較し、相対的な影響の度合いを調べています。

 昭和の列島全体と平成の福島原発周辺の内部被曝は同レベルで、どちらも健康への影響は無視できるレベルです。その放射能のせいで、だれも禿げないし、白血病にもならない、ガンにもならない、寿命は短縮しない、遺伝影響もないのです。

 平成23年の民主党政権の大臣の多くの骨格は、他の日本人と同じように中国産のストロンチウムで汚染されています。政権の寿命は短いと誰もが予測するでしょうが、人としての寿命は必ずしも短くはないと私は科学的に判断しています。おそらくどなたも、天寿を全うされることでしょう。

 ただし、シルクロードの現地の人々と、核爆発期間中に現地を観光した日本人たちは、致死リスクを含む影響があることを知らなくてはなりません。

 放射線防護学研究者談


18. 2011年11月17日 23:35:36: CGaB34XTl
>17. 2011年11月17日 23:17:33: hKJFJJNKRI

> 20万人以上の犠牲者を出した広島・長崎の核爆発被害に比べたら、
>今回の福島原発事故の被害がそれほどまでに深刻でないことは、誰が考え
>たって明らかではありませんか。

ぜんぜん的外れです。
広島・長崎の核爆発被害はほとんどがあの光線を受けたと同時に放射能と
熱線であの被害を受けたのです。
まぁ強いて言えば広島そのものが電子レンジ状態とでも言うのでしょうかね〜?
多くの被害者が光線と同時に出て当然ですね。
今回は熱線ではありませんから、これから徐々に被害が出るのです。
でも放射能は広島原爆の168倍も出ている事は政府も認めています。
随分長々とした文章を書いてはいますが、しょっぱなからあんまり減らず口ばかりで、読む気もしないわ!



19. 2011年11月18日 00:02:55: N4ysGmxBeU
放射線防護学研究者談 の方

すべて御用学者の言いたいことをコピペしているだけ。
そもそもその研究者が怪しいです。
今の状況を見るとこの学者のいい加減さは誰にでもわかります。
よくわかってない時に大衆をごまかすためのコメントだと思います。

今と昔の汚染の度合いを比べたいなら日本に降った分の数値を出してください。
ほかの研究者のグラフを見ると今の福島のほうが濃いですよ。
昔、東北地方で20マイクロシーベルトとか記録された事実はありません。
今はざらにあります。
昔、日本のコメから高濃度のセシウムが検出されたことはありません。
今はあります。
この研究者は誰で、いつの情報に基づいて作成されたのか?
こんなのをまだ貼り付けてくるなんて・・・・。


チェルノブイリでも深刻な被害は徐々にわかってきたのです。
早くから対処したほうがいいのは歴史に学ぶ者の必然です。

安全デマを流し続ける方がいますが、
この方たちは何をねらっているのでしょう。


安心弁当


20. 2011年11月18日 00:04:36: N4ysGmxBeU
ごめんなさい。金子さんという方ですね。
いつの情報でしょうか。

安心弁当


21. 2011年11月18日 06:56:18: P9MkcszuAk
放射線に関してはズブの素人ですが
貴方の言っている事は全くもってデタラメであると判断させて頂きます。話になりません。根拠のない真実は存在しません。

22. 2011年11月18日 06:58:51: Fdd7xmI5pM
切らずに治す放射線治療 - 兵庫県立がんセンター


http://www.hyogo-cc.jp/information/event/pdf/0902-02.pdf


23. 2011年11月18日 07:26:27: DG5q1hVyeo
多分、現在原発の近くで暮らして、福島のモノを食べているグループの方だと思いますが、それを続けて下さい。
そして、100年後、200年後ぐらいに孫、子孫の世代まで影響がなかったら「自分達には影響がなかった」と発表するようにして下さい。

24. 2011年11月18日 08:46:32: l9pdrL98RI
> 福島では津波により亡くなった職員以外に、
> 核放射線による急性死亡は1人も出ておりません。
> また、被災直後の急性放射線障害の患者もいません。
> 現場の職員たちも被曝量はレベルC:0.1〜0.9シーベルト以下と推察できます。> これらの事実から、福島は、チェルノブイリと比べ、
> 核災害規模は格段に低いことが明らかなのです。

現段階において、誰も急性死亡の事は心配しておりません。
なぜ、原子力災害における内部被ばくを心配されないのか理解に苦しみます。

現在主に心配されるのは、若年層で、特に子供においては、非常に憂うべき事態なのです。そして、科学の事実においても、DNA損傷における影響は、十数年の後に発生するのです。

そして、チェルノブイリの小児の遺体解剖や動物の解剖解析からも明らかなように、体内の特定の箇所に人工放射線は、貯まります。
あらゆる障害を引き起こす可能性があり、因果関係を証明するのは、現代の科学ではできないのです。それが、放射能なのです。

チェルノブイリと比べ、人口密度が多く、フランス研究機関や多くの海外研究者の指摘する東電発表の20-25倍の放射線が環境中に放出されたとなれば、あきらかに、原子力史上最悪の原子力災害です。


25. 2011年11月18日 09:28:59: CGaB34XTl
初めの頃に出ていた御用学者は最近出なくなったね〜^^
NHKもバカバカしい事をTVで放送していたけどもうやめたの?
自分でそのバカさかげんがこのごろ分ったのかね〜?

放射能の危険な事などちっとも言わずにもっぱら放射線量の事ばっかり言っていた。
 ・ctスキャン(1回) 6.9mSv
 ・胃のX線集団検診(1回)  0.6mSv
 ・東京−ニューヨーク 航空機(往復)0.2mSv
 ・胸部X線集団検診(1回)0.1mSv
 ・自然から受ける放射線の世界平均(1年)2.4mSv 1時間当り0.27(μSv/h) ・自然から受ける放射線の日本平均(1年)1.5mSv 1時間当り0.17(μSv/h                              
それがどしたの?
福島のあの大爆発で拡散して、みんなが心配しているのは放射能物質ですー!
福島からモクモク出ているのは放射能物質ですー!

まさにこの投稿者の言っている事は初めの頃盛んにしゃしゃり出てきて、「放射線は医療に使われているもので体に良いものだ」とか、「表に大の字に寝て放射能を体にいっぱいに受ければがんが治る」だとか、「福島にはこれから癌になる人はいなくなる」とかばかげた事をまことしやかに講演していた御用学者の言っている事と同じだわね〜ぇ。

大体もともと自然界にあった放射能と50年前人間が作り出した原発の放射能とでは人間に与える影響は歴然とした違いが有るでしょう。
新しい放射能に対して人間はもともと有った放射能に対するようには抵抗力がそれほど備わってはいないそうじゃないですか。
この投稿者はそういう事も踏まえての投稿でしょうか?
放射能も放射線もごっちゃにして論じたかと思うと、放射線については知識がマトモで、そのあまりのちぐはぐさに驚かされます。

 


26. 2011年11月18日 10:25:35: i37fD8kRRc
>■放射線治療の常識を否定する狂信者たち

>放射線は、がん治療に活用されており、その原理は放射線をあてると、DNAの修復機能のない、がん細胞は死滅し、正常な細胞は修復されるので、がん細胞だけが死滅するというものだ。


計算に基いて人為的に実施される外部被曝による効果を、全く予期せぬ想定外の内部被曝による影響と同列に並べて評価しようとする愚劣さに、あきれてモノも言えない。

十年後の後悔先立たず、というつもりで生活していても、なお被害者が発生する可能性が否定できない状況がある。

このような状況の中で、公然と安全を吹聴する輩は、将来の被害状況如何では、未必の故意による傷害罪・致死罪を問われるべきである。


30. 2011年11月18日 13:48:16: 938Q8cvOQY
多分この投稿者は、阿修羅でこういう投稿をすればアクセスランキングが上がってたくさんのレスがつことが無上の悦びなんでしょう。謂わばマゾですな。

私も一杯食わされました(笑)。


32. 2011年11月18日 18:02:12: EgJQJ07b1k
投稿者 会員番号4153番 みたいなB層が喜びそうなネタを見つけては
世論操作に阿修羅板を利用するやからは、出入り禁止にするべきだろう。

33. 2011年11月18日 18:13:26: EgJQJ07b1k
しかしっまあ安全房が息を吹き返してきたわけだが。

ご勝手に福島に住んで、ご勝手に放射能農水産物ガンガン喰って、放射能浴びて
子孫とともにこの日本から消滅してくださいね。所詮、他人事ですわ。

いまさら放射能安全問題なしとか信じるか普通?その程度の知能水準の
日本人なんて、これからの日本には不要ですわ。つうかどうせ生き残れんかww(笑)


34. 2011年11月18日 18:39:03: v9I0GzB2Vc
17 27

原発ゴミの意見の手伝いかね。レントゲンも害があるが少量にとどまるのでメリットの方が多いとされてやむを得ず、年に何回かは許容するとされていたのを知らないのかね。

お前等の意見というより受け売りだがつまらんのう。


35. 恵也 2011年11月18日 18:57:48: cdRlA.6W79UEw : eSRv0Q0Eqw
>> 3,940人(あくまでも確率論的予想)

確率的予想じゃもっと多いと思うが、それ以外にもたくさん情報はあります。
被害を受けたのはロシア、ベラルーシ、ウクライナの3カ国ですがそれなりに調べてます。

ウクライナエネルギー省によると、損害110億ドル以上でウクライナ人7万人以上が
放射能で病気になり、3500人が死亡したと発表してます。
(朝日新聞 1999,4,14より)

日本大百科全書でも、1991年現在で死者8000人といわれるとかいてあります。
ブリタニカ国債年間1999にも、1.2万人以上放射線で死亡と書いてあります。

>> その原理は放射線をあてると、DNAの修復機能のない、がん細胞は死滅し、
>> 正常な細胞は修復されるので

間違い!
放射線治療の原理は、がん細胞の部分に多方面から放射線を集中的に与える
ことでがん細胞を退治するというもの。
むしろ修復機能ではがん細胞のほうが強いでしょう。

放射線治療とは、正常な細胞には極力当たらないように養生して行います。
また正常な臓器にも当たらないように、複雑なタイミングで放射線を出したり止め
たりして行うもので、DNAの修復能力には関係ありません。

温度差の耐性を利用する温熱療法というものは、ガン細胞に対しては効果がある。
がん細胞は35度で非常に元気になり、42.5度で死滅します。
この温度差を利用して熱いお風呂で我慢するわけだが、のぼせたりしないように!

>> そもそもが放射線は可視光線や紫外線、赤外線と同じ、電磁波の一種で
>> 他の電磁波より周波数が短いだけである。

放射線とは広義には、電磁波や粒子線のことを言います。
狭義には、原子の崩壊で生じるα線、β線、γ線、粒子線のことをいう。
アンタの勘違い!

>> 200mSv(ミリシーベルト)までの照射では、急性の障害があるという臨床的な知見はない。

「急性の障害」はあるとは思うけど「遅性の障害」は知られてます。
俺の福島に行った実体験から言うと、もっと低い線量で凄い下痢や手足のむず痒さ
や頭痛の特種な痛みがありましたので、タッタ1日被曝でも急性の障害を俺はあると思う。

ムラサキツユクサの実験によると、2.5mSvでも突然変異は生じてますから人間に
200mSvで障害がないなんて信じられん。

ーーーー引用開始ーーーー
72年の論文を出したことによって、許容線量の20分の1でもこれだけ突然変異が
起こって、それ以上ではずっと線量と比例関係になるということが証明されました。
http://www.bea.hi-ho.ne.jp/kuroha/ichikawa_report3.htm


36. 2011年11月18日 19:41:02: 3blrVjTZPA
放射線影響研究所などでつくる「放射線影響研究機関協議会」が検討している周辺住民の健康検査について、協議会の関係者は5/11日、検査する住民を約15万人、検査期間は30年以上とする方針を明らかにした。

1991年、チェルノブイリ事故への安全宣言を出したのはIAEAだ。その時、IAEA事故調査委員長を務めたのは、重松逸造。重松氏は、放射線影響研究所の理事長を務めた。

1991年のIAEAの事故被害調査報告書には「地域住民にはガンをはじめ何らの健康被害も認められない」と記載された。

長瀧重信(元放射線影響研究所理事長)

報告にさきだつ1990年,故・笹川良一が会長であった日本船舶振興財団(現・日本財団)が笹川陽平理事長を中心に広島、 長崎の放射線被ばく者医療の専門家チームをチェルノブイリ周辺に派遣したのだが、そのときのチームの代表が重松逸造であり、チームのなかには、「山下俊一」も加わっていた。

1991年の報告書は国際的なひんしゅくを買い、1996年の会議でIAEAはようやく、小児甲状腺ガン増加の原因は事故のときに放出された放射性ヨウ素による被曝であると認めるに至った。


37. 恵也 2011年11月18日 19:44:10: cdRlA.6W79UEw : Oo5JJoGx8I
>>28 京都大などのグル プが調 、14日発表した。最大に見積もっ て
>> 計0 16ミリシ ルトで 般市民の年間線量限度1ミリシ ルトを下回った。

京大なんて適当に書いてるけど担当者の名前を書いてくれんかね。
小出氏や今中氏みたいな方もいるけど、机上の空論で満足してる先生もいる。
内部被曝を人体に与える目安であるmSvでどういう根拠で出せるのか意味不明。

臓器の一ヶ所に集められたら、被害はなかなか計算できないと思うけどね。
まず人体実験をやって生体解剖が出来るわけじゃないのだから。

外部被曝ならガンマー線、ベータ線を1として、アルファ線を20倍の影響が人体
にあるという仮定でSvが決まってますが、内部被曝の仮定が判らん。
なんか怪しげな内部被曝だ。

内部被曝は何百万倍という生物濃縮があるので、単純に放射線濃度だけで
算出できません。それにエネルギーが小さいほど生物には打撃を与えます。
どうもあなたの論理は怪しい。

ーーーー引用開始ーーーー
1週間前後で植物の種類によって違いますが、作物、自然の草、木も含むんで
すが、植物種によって200万倍から650万倍にも濃縮してたという報告です。
http://www.bea.hi-ho.ne.jp/kuroha/ichikawa_report5.htm

>>30 阿修羅でこういう投稿をすればアクセスランキングが上がってたくさんのレスがつこと

俺は歓迎だね。
力のある方の反論がないと、知識も深まらないし面白くもない。
力のない人間のコピペばかりじゃ気合が入らんよ。


38. 西岡昌紀 2011年11月18日 22:10:59: of0poCGGoydL. : Yt5vRNPSVY
>放射線をあてると、DNAの修復機能のない、がん細胞は死滅し、正常な細胞は
>修復されるので、がん細胞だけが死滅するというものだ。


もし、がん細胞にDNAの修復機能がない、と思っておられるのであれば、全く初歩的な間違いです。がん細胞にもDNA修復酵素は有ります。



40. 2011年11月18日 22:22:25: N4ysGmxBeU
37さん
そう思って相手にしてあげたことがあるんですが、
時間の無駄でした。

力ない方のたわごとで学習にはなりませんよ。
負けそうになると違う話を混ぜたり、
個人攻撃に走ったり、論理がめちゃくちゃになる方です。
このことは自身でもお認めになっております。

ほかの方と学習するほうが役に立つと思います。
どうしてもお相手してあげるおつもりならどうぞ。

市民戦争をみて参考にしてください。
下手に参戦するとスレ荒らしに加担してしまうので
お気を付けを。
私はひっかかっちゃった・・・。
反省。

安心弁当


41. 2011年11月18日 22:41:25: CGaB34XTl
>27. 2011年11月18日 13:02:57: 5Y9iAwBqP6

ばかだねぇ、この人。

「放射能コワイコワイ派は少数意見となり」って言いながら番号振って反対意見にそれぞれちゃかしを書いているけど、何が少数意見だ?
あんたの意見に全部の人が要するに反対じゃないか。
カバっ^^


43. 2011年11月18日 23:00:58: N4ysGmxBeU
41さん
この方の意見って本当におもしろいでしょう。
42の意見だって
WIKIはお子ちゃま論文なんて馬鹿にしているのに、
そこを論拠にイネとキャベツは大丈夫だというのです。

で、こういう矛盾点を教えてあげると、
俺は矛盾してないって怒り出して、
そんなこと言ってないとか、読んでわからないのかとか、
違う話のコピペによる話題そらしや反論者への個人攻撃が延々と始まるのです。
相手にするのにうんざりすると自分は正しかったのだと誤解して勝利宣言します。
みんなは馬鹿で自分の信じていることだけが正しいと思い込める幸せな方なのです。幻想の世界で幸せに生きている方に、現世の私たちの言葉は一切通じません。

この後見ていてください。

論拠のない、矛盾逆切れ劇場が始まります。

28さん
セシウム 検査のずさんさがいつもあとからわかる。 安全宣言はうそでした。ガイアの夜明けはうそを垂れ流したのですね。信じて食べた子供もいるだろう。

この部分は大賛成です。たまにはいいこと書き込むじゃないですか。
私が投稿した内容とあなたの意見が一致するなんてとても珍しい。
成長しましたね。

安心弁当



44. 2011年11月19日 05:26:47: vV0lb5sNlc
山林を軽く見ている点で、そのレベルが分かる投稿だな

45. 2011年11月19日 09:30:13: CGaB34XTl
>22. 2011年11月18日 06:58:51: Fdd7xmI5pM
>切らずに治す放射線治療 - 兵庫県立がんセンター

何が言いたいの???
医療の宣伝なら他でやって!

それとも放射線は治療に使われているものだから、放射能も似たような名前だから怖くないって宣伝ですか?
”線”と”能”の違いだからね。
それを言うなら、そういうのを”洗脳”というのよっ!!!!
放射線治療の放射線と毎日福島原発からモクモク立ち上がる放射能とを同列に語る事こそがナンセンスだって事も分からないの?
放射能が癌治療に効くっていうなら、本当に御用学者が言うように、毎日野原に大の字になって寝てなさいよ。
無い日ニコニコ暮らせば癌ならないと言うんだし、毎日プルトニュームジュースでも飲んでせいぜい長生きすれば良いじゃないか!
そう言えば御用学者は、放射能が毎日出ているから福島にはこれからは癌は無くなるとかも言ってたな〜。

それと同じ部類の宣伝カーか!?


46. 2011年11月19日 11:45:02: oclOniaPRU
45さん
なんでそんなに感情むき出しの怒りにまかせたコメントなんか書くかね。
もう8ヶ月も経とうというのに
福島の住人の中には、ノイローゼ状態の方がけっこういるそうです。
それは、ネットでこうやって
「勝手に福島に住んでるんだから勝手に死ね」
と書かれたものを目にするかららしいです。
福島の人の心配して書いてるんじゃないんだね、ここの人は。
君たちが人でなしと言っている、学者達といっしょで
福島に残った人が不幸になるのを楽しみに待ってるのかと思ってしまうよ。
福島の人がブログに書いてたよ
「君達の心無い文章のせいで、自殺者が出たら責任とれるのか」
ってさ。
御用学者が自分の発言に責任をとらない、とさんざん怒っていた君たちがさ。

47. kanegon 2011年11月19日 13:12:59: xVuuIAvxG7FMM : kFC5TEBIb6
>ロシア科学アカデミー原子力エネルギー安全発展問題研究所副所長のアルチュニアン氏の長年の研究とも一致している。

このラファエル・アルチュニアン氏とは副島隆彦氏自身の2011年7月17日の講演会の言葉によると、
以下抜粋

>彼は、あの、最小限度に事故を見積もる人間の一人だそうで、それに較べるとESRR(ECRR)というのかな?、ドイツの緑の党系の連中はですね、9万3千人死んだとか、80万人死んだとかもう、そういうことを本当に言う連中がいましてね、こう色々千差万別です、数字は。
抜粋終了

しかも副島氏によるとアルチュニアン博士はこうも仰ったようで。
以下転載
>「17万5千人を被爆者として認定した」と、「それが、間違いであった」と、で、それで、「自分の娘も今でも、年金みたいにお金がくるけれども、と、本人(アルチュニアン博士)が笑っていましが、「殆ど死んでません」と、「あれほど日本の今回の福島原発のおそらく最低見積もっても、百倍や千倍凄かったところでもたった、まあ、合計300人くらいしか死んでない」
抜粋終了
自分の娘がもらう年金が不適当であるならその年金国庫にきちんと返還したのか?

http://www.asyura2.com/11/cult8/msg/506.html 参照講演会前半書き起こしです。(長い投稿なので上記箇所を見つけるのは困難だと思われますが)

ちなみに「放射線のタブー」も副島隆彦とその弟子達のSNSIの著作です。
副島氏関連の著作を出してるのはこの掲示板に限っては原発版にそぐわないのではないでしょうか?


48. 2011年11月19日 13:51:53: N4ysGmxBeU
41さんへ
私の19にも結局反論はないでしょう。

19からは、自称安心弁当の「毒入り弁当」君が悪態をつきはじめました。
で終わりです。
どこがどのように悪態なのか教えてほしいし、
間違いがあったら素直に聞きますよ。
でも、指摘がないんです。

ほかの方にしても
ウクライナ命ならなにがいけないの?
児玉龍彦命
ヤブロコフ命
名古屋大沢田名誉教授命
だと何が間違っているのでしょう。
指摘はありません。


科学的なデータを用いない、感情論オンリーのお馬鹿さんっていうけど
この方の反論が感情オンリーのお馬鹿さんだと思いませんか?

原爆168個分だと、信じて疑ってないことを(笑)
というけど、ただ笑うだけ。
もっと多いとする学者もいます。
その方が正しいとは限らないけどね。
いろいろな意見があるんです。
でも1000分の1が正しくて
ほかの意見は笑っちゃうんですよね。

今まで専門家のほとんどは間違えまくってきたのです。
都合のいい話だけする学者が何人いたことか。
それを信じてしまった安心安全命の方の投稿なのでしょうね。
危ないという情報は嘘と認定し、
信じたい発表だけをつなげていく手法で安全を訴えるのですよね。

この方を相手にする人は一問一答で
明確に討論できるようにしてあげてください。
彼のキャパを超えないように合わせてあげましょう。

というわけで、37さん気を付けて。

安心弁当


49. kanegon 2011年11月19日 14:03:51: xVuuIAvxG7FMM : kFC5TEBIb6
連投すいません。

本文中の

>放射線は、がん治療に活用されており、その原理は放射線をあてると、DNAの修復機能のない、がん細胞は死滅し、正常な細胞は修復されるので、がん細胞だけが死滅するというものだ。

この部位はコメント>>35>>38で間違いが指摘されておりそれに同意しますけど、投稿者会員番号(副島学問道場?)4153様、どの参考文献からその抜粋を取ってこられたのでしょうか?

脳腫瘍、肺癌や他の臓器癌の脳転移でしばしばγナイフを使用しますが、時間経過とともに効果なく大きくなっていくものもあります。γナイフを照射しても全く効果がない場合もあります。
このような事実があるにも関わらず癌細胞には遺伝子修復能が無いと言いきるとは一体どういう根拠があるんでしょ。是非その参考文献を拝見したいです。

γナイフについてはは副島学問道場の研究員に確か、脳外科のお医者さんがいらっしゃたと思いますからその方に会員番号4153様は教えてもらっては如何でしょう。
その脳外科の先生がSNSIに所属し続けていたらの話ですが。


50. 2011年11月19日 14:50:54: 03bw0jfJsI
つい最近に、副島なにがしの10分程の演説をみたが、ヒットラーの演説そっくりだった。そのしぐさを見て、ああ、、ヒットラーの真似をしていると確信した。
副島なにがしの頭の中には、人間にとって非常に毒のある、害虫を飼っていると断言する。
彼の著作と文章は、しょせんオオム真理教の信者達、とりわけ上裕なにがしのディベイトと同程度である。
彼らの脳内に巣くう害虫を、駆除してからでないと議論しても無駄だ。



51. 恵也 2011年11月19日 15:00:50: cdRlA.6W79UEw : jwbk7P73SE
>>39 内部被爆の予想については、しっかりした機関が試算したものです。

「しっかりした機関」というものが俺は一番信用性がないと思ってます。
あなたはしっかりした機関とやらが出せば、なんでも無条件に信じて
そこから出発するのかな?

俺は逆に、どんな目的の機関が、どういう理論で、どんな手段を使って調査し
内部被曝を外部被曝と同じようなmSvで表したのかを納得してから出発する。

外部被曝でα線を20倍にし、β線を1倍にしたのさえ怪しげな論理だと思ってる。
ある程度の動物実験をしたとは思うけど、γ線の強度が違えばずいぶんこの数値
が違ってくるはずだと思ってるのでね。それなのに非常に単純化してる。

それが内部被曝となったら、ヨウ素の甲状腺への濃縮にしても動物への影響は
甲状腺が壊れる実験まで何万匹の動物を相手にやったのだろうか?
ヨウ素の放射線の強さ・量・時間によっても千差万別の結果が出そうだ。

それに内部被曝といってもいろんな臓器に濃縮され、どんな被害を与えるのか
探求すればするほど迷路みたいな問題に迷い込んでしまう。

放射能を濃縮した臓器が壊れたら、その時点でアウトだけどアウトになった状態で
何mSvに相当すると「しっかりした機関」は計算するんだろうね。

その実験内容が非常に難しいと予想されるから、俺は「しっかりした機関」の
出したという試算を信用できないわけだ。

>> スーパーに並んでいる食品が、放射能だらけに違いないという偏見

俺は言って置くが、今のところほとんどの食品は放射能はほとんどゼロと見てる。
いろんな報告をみてもNDという不検出という文字が並んでます。
しかし福島県の食品は、これからドンドン危険が増してくると思ってる。

>> これは当初の数値が大変小さいからそうなるのではないでしょうか?

これは基準が空気中のヨウ素浮遊量だから、大変小さいのでしょう。
調べる相手はムラサキツユクサのオシベでそれと濃度の比較をしたんでしょう。
具体的な数字は市川氏にでも聞かれたらどうだ。

>> 汚染された牛乳を摂取続けるなど、甲状腺がんが発生するのは当然の状況でした。

それほど甲状腺ガンは多発してないよ。
子供の甲状腺ガンでさえ、ベラルーシで正常時には年間20人くらいが9年後で170人
人口の割には小さいも良いところだ。

それに比べて内分泌系疾患が作業員の間で多発してます。
7年後の統計で、10万人当たり正常時に300人だったのが6000人くらいに増えてます。
俺としてはこちらの方がはるかに怖い。

ーーーー引用開始ーーーー
表5 ロシアのリクビダートルの罹病率(10)
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/GN/GN9705.html

>> スーパーに並んでいるなどということはあり得ないからです。その点でも、
>> チェルノブイリとは、まったく条件が違うと思います。

あなたは当時のチェルノブイリの食料品の汚染度を知らないのじゃないかな。
こんな比較をするのなら、知った上でするべきだと思うけど・・・・

俺は今の日本とたいして汚染度は変わらなかったとみてる。
ソ連は30km圏内の人間の大移動をさせ、しかも人口密度は非常に小さく
ロシア、ベラルーシ、ウクライナの国境近くという人間が住みにくい過疎地に
人工的に街を作った場所で、日本みたいな人口密集地とは違います。


55. 2011年11月20日 00:05:23: N4ysGmxBeU
19で質問してたんだ。無駄な文だらけだから、気づかなかったよ。

 君程度の奴には、まじめに相手をしていないが、よその記事では、まじめに答えたりしておる。これで満足か?

満足です。
いつものように都合の悪い質問は見えない・聞こえないわけですね。

東電が早く補償金を払え!あなたはどう思いますか?
というといつも見えない・聞こえないですもんね。

話し合いたくない時には話題をそらす。
ハートとダイヤだけ並べればトランプは赤い。
スペードとクラブだけ並べればトランプは黒い。
ということですもんね。
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/362.html
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/254.html
でもそうでしたね。

お仕事ご苦労様です。
いつも論理的に負け、質問には答えられないのに
ひたすら続けなければいけないご苦労はよくわかりました。

安心弁当


56. 2011年11月20日 00:31:30: N4ysGmxBeU
しっかりした機関が事故を起こし、
嘘を報道してきたのに
それを信じるしかないと思っている時点で
???ですよ。

まだ、無条件に信じているんでしょうね。
幸せな方だ。
しかも、それで私は正しい、あなたは間違っていると思えるなんて・・・。

情報が分かれているときはどちらを信じたほうがリスクが低いか考えればいいじゃないですか。
安全だと考えて得することってあるのかな?
汚染はたいしたことがないって考えて得することってあるのかな?
あとでだめでしたとなったら取り返しがつかないのに。


あっ、ありますね。電力会社がもうかります。
電力会社に雇われている方たちももうかります。
そっかー。

安心弁当


57. 2011年11月20日 00:43:34: N4ysGmxBeU
だいたい28で
セシウム 検査のずさんさがいつもあとからわかる。 安全宣言はうそでした。ガイアの夜明けはうそを垂れ流したのですね。信じて食べた子供もいるだろう。

と自分で書き込んでおきながら、そのあとの内容が一致してないし。
意味不明。何それ?
私馬鹿だからよくわかりません。
説明できますか?

安心弁当


58. 2011年11月20日 00:56:29: N4ysGmxBeU
食品の流通がおそらく狭くて、食べられるものを食べざるをえなかったであろう、ロシアやウクライナに比べて、日本はいくらでも食べるものがある。
だから無理に危ないものを食べる必要はない。
安全なものを選んで食べよう。
危険かもしれない食品はさけよう。
そのせいで被害を蒙る生産者には、
東電が補償しようということでしょう?

来年の4月から食品の放射能規制値が年間1ミリシーベルトと厳しくなるので、今のやばい基準値のものは食べないほうがいい。だってもうすぐ基準値以上になるんだから。
汚染されたものは廃棄処分されるかもしれないけど、検査がざるだから一定の確率で流通して口に入ります。今までもそうでした。
食物連鎖による濃縮があったとしても、放出量自体が少ない(レベル5派)ので、さほど怖れる必要もないし、と思いたいけどレベル7です。
仮に濃縮されたとしても、基準値以上の食品は決して消費者の口には入らないと言いたいですがセシウム牛で実証されたようにスルーです。

いつもいつもくだらないことをよくもまあ
はずかしくもなく投稿してくるものです。
相手にしている私も私ですけどね。
そろそろわたしもこの方工作員の可能性があります。
の一言で終わりにしてしまおうかなと思い始めました。

そうではないなら
市民戦争で
質問に答えてください。
工作員じゃないといいな。
待ってます。

安心弁当


59. kanegon 2011年11月20日 01:08:36: xVuuIAvxG7FMM : kFC5TEBIb6
wFrhazihTk様は52様と同一人物かSNSIのメンバーなんですか?

プププッ笑えますね。あまりの妄想たくましさに。
転載開始

>一関中学生の死をブログに載せたのも、阿修羅関係者だった。コワイコワイ派の自作自演である

 すでに、何度か取り上げた一関の女子中学生が亡くなったことを放射能に結びつけた投稿についての続報です。

 そのときには気づきませんでしたが、このことを報告したのが「阿修羅掲示板」で副島隆彦氏を誹謗中傷していたkanegon自身だとわかりました。

転載終了

あの〜私はブログなんぞしておりませんが。それにこの秋に中学生のくも膜下出血で突然死した事件に関しては私はROMだけです。
私のやっているブログのURLを明記してください。私が管理人をしているであろうブログの管理人氏に対して阿修羅で投稿している「kanegon」だろうと問い合わせてもなんのことやら迷惑なだけですよ。

>kanegon→武田邦彦→赤かぶ→ ドキッ!プロ奴隷だらけの水泳大会

って、私が武田先生とつながりがあるんですか????

それは知らなかった。それに放射線障害とくも膜下出血の因果関係のエビデンスなんて聞いたことがない。仕事が忙しくて10月から11月にかけて阿修羅に投稿もままならないのに。

そんなに、2011年度の7月17日の副島氏の講演会の書き起こしをされたのが副島隆彦及びSNSIにとって辛かったのですかね〜。
やってもいないことをここまででっち上げられるのは東京地検なみの冤罪シナリオ作りですな。SNSIと副島隆彦は。

スケールは小さいが小沢氏を陥れるのと同様のレベルでみみっちいことをするのですね副島隆彦とSNSIは。相手が小沢氏と私ではスケールが小さすぎるのですが。
何が真実暴くだ!小沢氏がキングコングくらい大物なら私はノミくらい小さいでしょうが。

もう一度言います。私が管理人をしているとかいうブログのURLを明記してください。疑われているブログの管理人さんも迷惑です。

私が書いているブログなるもののURL明記してみろ!できないだろう!!
副島関連はこの掲示板ではカルト版に行くべきだろうが!


60. 2011年11月20日 01:19:25: N4ysGmxBeU
東電の補償問題はスルー。
やっぱり工作員なのかな?

安心弁当


61. 2011年11月20日 07:51:12: piilhsciWA
>60

>やっぱり工作員なのかな?

そうですよ。きっと。でも、安っぽい工作員ですね。

                  
         


62. 恵也 2011年11月20日 14:36:02: cdRlA.6W79UEw : jUkkEQWzUw
>>54 ロシアやウクライナに比べて、日本はいくらでも食べるものがある。

お金があればね。
それはロシアだって同じだろうと思うけど、農家は土地のものを食わざるを得ないでしょう。
お金が余ってるのなら安全な食べ物を選んで食べるけど、普通の農家は食べざるをエン
漁師だって釣ったものを売ってお金にしても、釣った中から自分で食べるもの。

セシウムは山から流れ落ち、上流部の田んぼや畑に集中され農産物への濃縮
が本格的に始まり、500mSvというトンデモ暫定値を超えるものが続出する。

海のほうもこれから生物濃縮の本格化が始まります。
チェルノブイリ事故では小魚は半年後にピークになり、小魚を食べる大魚は1年
後にピークになってますが、この事故では10日くらいで終わってるがフクシマ事故
ではいまだに継続中だ。(湖と海の違いもあります)

>> 放出量自体が少ない(レベル5派)
東京電力の発表した放出量は信用できません。計測方法がよく判らんし
海への放出量はほとんど無視してます。

>> 好条件がそろっている日本では、コワキチが「期待」しているような悲劇
悪条件もたくさんある。 人口密度、核燃料の量、地下水への漏出など・・・

>> 「しっかりした機関」を信じるしかないと思うよ。ECRRやバスビーなんて
>> 信じているいる人たちが不思議。
言って置くが、俺はECRRやバスビーも信じてないし自分の納得した情報しか
信じない人間だ。
とくに原発を推進する目的で作られた組織なんて問題外。
小出氏の話も、信じるのは納得したところだけだ。

>> 野生動物が毎日食べても…1年半でセシウム半減
間違い!
読めば判るが「野生動物が毎日食べても」じゃなく1回だけ大量に飲ませて
「清浄な食い物をたべたら」1年半で半減という意味で、見出しが間違ってる
ます、読売新聞記者のデマに過ぎません。


63. 恵也 2011年11月20日 15:56:52: cdRlA.6W79UEw : TfqYvClxNk
>>54 現時点では、食品が放射能に汚染されていないことを認識

くれぐれも俺の言葉は正確に引用してくれ。
「今のところほとんどの食品は放射能はほとんどゼロ」という表現であり
実際に検査結果を見た印象からいうと、5%くらいは汚染物が流通して
95%くらいは検出さえ出来ないゼロ程度の放射能。

だから福島の農作物を毎日食べれば、確実に体内で濃縮してしまう。
間違っても福島産の放射能を濃縮しやすいシイタケや桃を、俺は食べないよ。
現時点でも5%の方に入ってる可能性が大きいからね。

>> 雨風の多い日本では、自然による除染活動がさかんで、思ったよりも
>> 早く放射線値は軽減していくものと思いますよ。
除染作業が終わった大波村の建物をテレビでやってたが、屋根瓦の除染は
ほとんど役に立ってません。

屋根瓦を水の高圧噴射で洗っても、瓦の深部に付着してるのでほんの少し
しか線量は下がりませんでした。汚染直後に洗っておけば違ったと思いますが・・・
庭木を取り土を剥してやったのに、二階の部屋は0.9μSv/hくらいだった。

この実績をみると0,3μSv/hくらいの場所なら、除染して人は住めるけど
それ以上になってたら諦めて逃げ出して、30年後に戻った方が良い。


65. 2011年11月23日 19:15:52: N4ysGmxBeU
私が生まれて育った頃は、それ以上の数値だったはずだよ。

福島原発事故発生時の1万倍だとも言われている。今はいろんろなところで、福島原発以前の数値に近づいているみたい

とのことですが、
私が調べたデータではそのようなことはありません。
いつも言っているように
データで出してください。

福島や郡山で30マイクロシーベルト/アワーの場所が見つかるのはざらです。
昔の日本は放射能が濃かった?
10000倍?
計算してごらんなさい。
日本全土で広範囲に降り注いだ時の数値が
300000マイクロシーベルト!!
原発敷地の中でもこんなに濃いところはまれですよ。
日本中がそんなんだったの?

どんなにあほなことを言っているか、
自覚してほしい。
自分が無知であることを隠さず、恥を知ろう。
あなたの投稿はいつもいつも悲しすぎる。
とても心配だ。

そういえばあなた、ニコニコ笑顔にあまり来ないですね。
どういう信教(心境)の変化?

安心弁当


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素18掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素18掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧