★阿修羅♪ > 自然災害21 > 619.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
次の関東大震災は予想外の新タイプ巨大地震か!?千葉周囲にM8クラスの断層!韓国と日本の連動も!
http://www.asyura2.com/15/jisin21/msg/619.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 9 月 18 日 01:33:15: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

次の関東大震災は予想外の新タイプ巨大地震か!?千葉周囲にM8クラスの断層!韓国と日本の連動も!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-13422.html
2016.09.17 15:00 情報速報ドットコム



関東大震災とも元禄関東地震とも違う「新タイプM8級」の可能性
https://dot.asahi.com/aera/2016083100234.html

首都を襲うM8級地震の研究は、ここ10年ほどで進んだ。宍倉さんらの最近の研究で、大正関東地震、元禄関東地震とは震源域が違う、別のタイプのM8級が起きる可能性があることもわかってきた。たとえば元禄関東地震ではずれ動いたが、大正関東地震では動かなかった領域が単独で滑って動くなど、これまで知られていない地震だ。

 M8級について研究が進むにつれて、地震の起こり方に多様性がある可能性がわかり、以前よりむしろ輪郭がぼやけて見え始めた段階と言える。


首都圏直下に潜むプレートの断片と地震発生
http://www.aist.go.jp/aist_j/new_research/nr20081010/nr20081010.html
s_ice_screenshot_20160917-052837.jpeg




内閣府 首都直下地震
http://www.bousai.go.jp/jishin/syuto/taisaku_wg/pdf/syuto_wg_siryo04.pdf






韓国で史上最大規模地震 歴史が語る日本への飛び火リスク
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/189840/2
「1944年にM7.9の『昭和東南海地震』が中部・東海地方を襲った直後、当時の朝鮮と満州国の国境付近でM6.8の巨大地震が起きました。その後、地震は朝鮮半島から再び日本に戻ってきて、1946年、紀伊半島沖でM8.0の昭和南海地震が発生します。軍部の箝口令と戦後の混乱で、被害の全容がなかなか判明しませんでしたが、連動の一例といえるでしょう」(保立道久氏)


巨大地震 第3回 “大変動期”最悪のシナリオに備えろ(1)

巨大地震 第3回 “大変動期”最悪のシナリオに備... 投稿者 gataro-clone


首都直下地震ばかりが警戒されていますが、過去の大地震を見てみると、関東大震災よりも巨大なマグニチュード8.5というような超巨大地震が首都圏で発生しています。
いわゆる「元禄型関東地震」と言われている超巨大地震で、これは2000〜3000年周期で発生しているタイプです。今まで政府は200〜300年周期の関東大震災規模を想定していましたが、時期的に元禄型関東地震の方が現実味があると言えるでしょう。

また、これとは違う千葉県房総半島や伊豆諸島方面を中心とした関東南方沖巨大地震も考えられ、従来の首都直下地震による想定は時代遅れとなっています。
仮にマグニチュード8.5クラスの超巨大地震が発生すれば、首都直下地震よりも遥かに巨大な大津波が押し寄せることになる可能性が高いです。

揺れに対する備えはあっても、津波が同時に来ると対応は厳しくなります。東日本大震災以降から非常に地殻変動が活発化しているわけで、数千年規模の超巨大地震も政府は想定する必要がありそうです。


サイエンスZERO - 巨大地震 “次なる災害”をとらえろ


NHKスペシャル NEXT MEGAQUAKE 1 3,11巨大地震〜明らかになる地殻変動


関東大震災とも元禄関東地震とも違う「新タイプM8級」の可能性
https://dot.asahi.com/aera/2016083100234.html
2016/9/ 2 11:30 AERA 2016年9月5日号


「関東周辺のプレート境界」と「南関東地域で発生する地震の発生場所」(中央防災会議首都直下地震対策検討ワーキンググループが発表した「首都直下地震の被害想定と対策について(最終報告)」から)

 マグニチュード(M)7級の地震が起こる確率は、関東地方で「30年以内に70%」と予測される。それより大きなM8級が起きる可能性は? 巨大地震を引き起こすメカニズムは?

 関東大震災を引き起こした大正関東地震(M7.9、1923年)より、さらに大きな元禄関東地震(M8.2、1703年)級の大地震は、これまで2千〜3千年間隔で繰り返すと考えられてきた。その定説を覆し、2千年未満のもっと短い間隔で起きていた可能性があったとする発見が今年5月、千葉・幕張で開かれた日本地球惑星科学連合大会で発表された。

 産業技術総合研究所地質調査総合センターの宍倉正展・海溝型地震履歴研究グループ長は言う。

「関東地方で起きるM8級の大地震は、これまで考えられていたより、発生の仕方に多様性があった可能性が見えてきた。過去いつ発生したのか、その履歴についても、これまでの常識を見直す必要があるかもしれない」

 宍倉さんらは、古文書に残されているよりさらに過去にさかのぼる地震を、房総半島に残された地形や地質データなどから明らかにしようとしている。東日本大震災の前に、過去の大地震の正体を暴いて危機が迫っていることを警告していたことから注目された、「古地震学」と呼ばれる手法だ。

●M8級発生は最大5%

 房総半島海岸に残された段々状の地形は、一段一段が過去の大地震の時に隆起して生じた。それぞれの段に含まれる貝の化石から、地震の起きた年代を調べる。その年代が、これまで考えられてきたものと異なっている場所が見つかったのだ。

 首都を襲うM8級地震の研究は、ここ10年ほどで進んだ。宍倉さんらの最近の研究で、大正関東地震、元禄関東地震とは震源域が違う、別のタイプのM8級が起きる可能性があることもわかってきた。たとえば元禄関東地震ではずれ動いたが、大正関東地震では動かなかった領域が単独で滑って動くなど、これまで知られていない地震だ。

 M8級について研究が進むにつれて、地震の起こり方に多様性がある可能性がわかり、以前よりむしろ輪郭がぼやけて見え始めた段階と言える。

 ただし、宍倉さんを含め多くの地震学者は次のM8級が切迫しているとまでは考えていない。政府の地震調査研究推進本部(地震本部)の予測では、大正関東地震級の発生確率は今後30年以内にほぼ0〜5%、元禄関東地震級以上はほぼ0%としている。未知のタイプのM8級については、地震本部は「地震の多様性について評価は十分にはできていない」とし、古地震学での研究やGPSでひずみの状況を調べることが重要だという。

 首都圏の地下では、このエリアが載っている陸側のプレートの下に、フィリピン海プレートが1年間に約5センチずつ沈み込んでいる。その二つの境界にたまったひずみが一気にずれ動いて生じるのが、大正関東地震、元禄関東地震などのM8級の大地震だ。

 さらにフィリピン海プレートの内側や、フィリピン海プレートとその下に沈み込む太平洋プレートとの境界、太平洋プレート内部などではM7級の地震が起きる。関東が世界的に見ても地震がとても多いのは、この複雑な地下構造のためである。

 M7級の地震は、大正関東地震以降では1987年に千葉県東方沖地震(死者2人)が起きただけだ。その今後の発生確率について、地震本部は「30年以内に70%」と発表。驚愕の数字として受け止められた。

 東京大学地震研究所の平田直教授らの研究チームは、2007年から首都圏直下のプレートの様子を詳しく観測している。首都圏の小中学校の校庭などに20メートルの観測用の穴を掘り、地震計を設置。それまでは都内に4、5カ所しかなかった観測点を一気に約300カ所に増やし、医療で使われるCT(コンピューター断層撮影)と同じ原理で、地下の様子を断層撮影するように探る。首都圏地震観測網(メソネット)だ。

●「M9」の影響は未知

 その結果、これまで考えられていたより、フィリピン海プレートが潜り込んでいる深さが浅いことなどがわかった。揺れの予測を正確にするために重要なデータだ。しかし、M7級の地震がどこで、どんな深さで起きるか、どんなメカニズムで起きるか、地震発生の仕組みを解明するためのモデルづくりは「これからの課題」と平田教授。

 11年の「M9」地震の影響で、東北地方には大きな地殻変動が引き起こされたが、それは関東地方には影響するのか。はっきりとしたことは、現在の地震学のレベルでは言えないという。

 では「M7級が30年以内に70%」は、どうやって出てきた数字だろう。これは、主に古文書の記録をもとに、元禄関東地震と大正関東地震の間の220年間に、平均27.5年に1回の頻度で計8回、M7級が発生したことからきている。統計的な根拠にもとづくもので、大正関東地震のころから90年以上経っているのに、科学的なレベルはあまり進んでいない。

●「首都」に限っていない

 そして、この数字は注意が必要で「30年以内に70%の確率で発生する地震で首都は壊滅的な被害を受ける」というのは大きな誤解だ。地震本部は、茨城県の南半分、埼玉県の東半分、東京都と神奈川県のほとんど全域、千葉県のすべてとその周辺海域という、南北東西とも約150キロにわたる広い範囲の「どこか」でM7級の地震が起きる確率を予測しているのであって、「首都」に限ったものではない。

「最大の被害をもたらす東京都心直下で起きる確率が70%、という意味ではない」

 と、地震本部地震調査委員長も務める平田教授は念を押す。

 中央防災会議が被害予測した断層は、活断層タイプを除いては、どこで起きるかわからないので、防災対策のために想定したにすぎない。首都直下地震の中では、都心南部で発生するものが最も大きな被害を引き起こすと想定しているが、これまでこのような地震が起きた記録は残っていない。

 工学院大学都市減災研究センター長の久田嘉章教授によると、220年間に起きたM7級8回のうち、大きな被害があったのは1855年の安政江戸地震(死者7千人以上)だけで、そのほかは1894年の明治東京地震(死者31人)など被害は比較的小さな地震ばかりだ。

「近い将来起こるM7級の首都直下地震は、中小被害をもたらすものである可能性が高い」

 と久田教授は言う。

 M7級の首都直下地震は、阪神・淡路大震災を引き起こした兵庫県南部地震(震源の深さ16キロ)と違い、千葉県東方沖(同58キロ)など震源が深いものが多い。また木造家屋を倒しやすい特殊な地震波(キラーパルス)が兵庫県南部地震では問題となったが、首都直下のプレート内部で起きる地震ではこのような地震波は発生しにくい。

●現実的「中小」への対策

 久田教授は、最悪の被害想定ばかり喧伝されて、「何をしても無駄」と、できるはずの対策をあきらめたり、中小規模の地震への対処が甘くなったりするのが怖いという。防災計画では「大は小を兼ねる」とは限らないので、現実的に起こりうる確率が高い「中小」地震への対策を充実させることも必要なのだ。

 大正関東地震の調査にもあたった寺田寅彦氏は、有名な言葉を残している。

「ものを怖がらな過ぎたり、怖がり過ぎたりするのはやさしいが、正当に怖がることはなかなかむつかしい」

 たとえ中小地震でも、複雑で軟弱な地盤に日本の人口の約3割もが集まる首都圏では、影響を受ける人は多い。対処を間違えれば、エコノミークラス症候群による震災関連死のように、救えたはずの命まで失うことになる。着実に対策を進めるしかない。(ジャーナリスト・添田孝史)



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. taked4700[5652] dGFrZWQ0NzAw 2016年9月18日 09:16:47 : hp2QjTTI3o : iagwdBJMIt8[8]
>たとえ中小地震でも、複雑で軟弱な地盤に日本の人口の約3割もが集まる首都圏では、影響を受ける人は多い。対処を間違えれば、エコノミークラス症候群による震災関連死のように、救えたはずの命まで失うことになる。着実に対策を進めるしかない。

根本的に事態を甘く見ていると思います。

この数十年の地震は、どれもみなある程度狭い地域がひどい被害を被るタイプのもので、その狭い地域を除けば、平常な生活が以前と同じく続いていました。

しかし、311は東北の沿岸部全体が一気に大きな津波に襲われ、沿岸部全体、つまり、海岸線から1キロ程度内陸に入ったところまで地域一帯が水没するような被害が出たのです。

今後、同様に今までになかったような地震被害が発生するはずであり、それは関東平野で主に起こるのです。

海のプレートが関東平野の地下にほぼ水平に沈み込んでいて、それが大きく動くことで関東平野全体が大きく被害を被ることになるのです。

一日歩いても被災地域から抜け出せないと言った事態が関東平野の全域で起こるはずであり、この影響は日本全域に及びます。つまり、円安が一気にすすみ、国全体が大きな影響を受けるのです。


2. 2016年9月18日 12:25:06 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[867]
おいおいおい 「予想外の」 ってなんだい? 予想通りの地震なんて 来た試しがねえだろ

阪神大震災 東日本震災 熊本震災 大きな被害をもたらす地震は皆【予想外】が 当り前じゃないか

ちょこっと揺れるだけの小さな地震はともかく、人的被害を伴う大地震は 誰も予想できた試しがない
白々しいにも程があるぞ 予想外で当たり前だ ☆(*`ェ´*)☆


3. 2016年9月19日 09:43:24 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[2678]

>韓国で史上最大規模地震 日本への飛び火

相変らず、くだらんな

それより遥かに大きな地震が、もっと日本の近くで頻発している

それに比べれば韓国の、あんな小さい地震なんて無視できる

連動以前の話だ



4. 2016年9月19日 14:53:48 : ISdQNew9f6 : 1dc0s5u9MA4[2]

人間ってヤツは、

恐怖煽るとコントロールしやすいんだってよ。w

オレ、311以降テレビ捨てたら、
何が正しい情報で、何が洗脳か、だいたいわかるようになったぜ。

スパコンによるシミュレーションとか見せられると、もう鵜呑みにしちゃう人
多いようだが、

入力数値をごまかせば、いくらでも偽装でいきるじゃね?!w

よくあるNHKの災害特集なんつーとかめっちゃあやしーべ。w


5. 2016年9月19日 15:09:04 : ISdQNew9f6 : 1dc0s5u9MA4[3]

そういや、地鳴りがするとゆーめーな「海ほたる」は、
あの詐欺師の家系ブッシュの「ベクテル社」が請け負ったとゆーじゃね?

コレ、起こったら120%ベクテルからんだ人工だべ。

http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-09-02-2

http://golden-tamatama.com/blog-entry-1298.html

震源の深さ10km

P波なしの地震波でまたやんのけ?

アホまるだし。w


6. 2016年9月19日 20:30:37 : 4aNu6KGiCg : kCwEEpLPtUQ[177]

  ★:昔から大震災予想は、大当たりが続いてきた・・・現実・・・?!


  @今村東大教授が関東大震災を予測し、数年後に起きて、大当たり?!
  @寺田虎彦東大教授が、三陸地震と大津波を予測し、東北を回って避難を訴えた。
   数年後に起きて、大当たり?!
  @311の大震災と巨大津波は、2002年で98%、2006年で99%と発表。
   これに基づき、吉井議員が安倍に原発の津波対策を要求。
   NHKが巨大津波が来る〜特番を2年前から繰り返し再放送し、予想通りの規模
   で襲来して、大当たり?!
  @熊本地震の中央構造線の地震を活断層学会や地質変動学会が予想し、大当たり?!

  ★:M9の震災後に巨大噴火が数年で起きると予想し、

    西ノ島の海底火山で、東京ドームで約60杯分のマグマを噴出す巨大噴火が起
    きて、大当たり?!

  ◆:常総市の堤防決壊を数年前から予測し、実際の被害CG映像DVDを作成して、
    
    国土地理院が地元に配布、その数年後にCG映像どうりの決壊が起きて、大当たり??

  ========

    枚挙に暇が無いほど、震災予想は、その多くが、大当たり・・・?! を連発。

      嘗て、東海地震がくるくると騒いでも来なかったのは、
      ゼネコン会社に仕事を造るためのデマだった。

      しかし、周期が近づいた現在は、近々の現実問題になってしまった?!
    
   ========

    現在、台風が数多く襲来してるのも、昨年からスパコンで予想されていて、

     ズバリ、大当たり?!


7. 2016年9月20日 19:59:39 : HjCHbiL9yc : r66eSYUSdgw[39]
>次の関東大震災は予想外の新タイプ巨大地震か

タイトルのこれは明らかに誤り。関東地震は多様なものがある。その周期は明瞭になっていない。
 したがって、"次"の関東大震災というので何を想定しているのか、不明。(つまり、大きな地震は大きな地震だ ということに過ぎない。)
とはいうものの、この投稿文はよく解説できていると思う。


8. 2016年9月20日 21:04:32 : 4aNu6KGiCg : kCwEEpLPtUQ[181]

  実は、プレートは簡単に沈み込んでいるわけではなく、上がったり下がったりで、
  非常に複雑。
  日本海の下には、太平洋プレートがチェルノブイリのデプリのようにだらだらと
  伸びていっている。
  奥尻の震災は、太平洋プレートの動きが引き金とも解明されている。

  =======

  ★:活断層もプレートのように斜めになってる場合が多いことが判明してきている。

    離れている地点で群発が起きて、そこから少し離れたポイントで大きな活断層地震
    が起きる。
    ところが、群発と大地震の両者は、同じ活断層上にあった。
    表面の活断層の裂け目が地下に潜るほどに斜めに入っていると、沈み込んでるプレ
    ートのように、活断層は斜めの<面>として存在する。垂直に割れ目が存在してる
    わけではない場合は少なくない。

    故に、活断層マップの活断層から離れているので直接関係が無いと思いきや、その
    震源が深い場合は、50km、80km表面の活断層から離れていても、同じ活断
    層の<断面>上なので、

    呼び水・・と言うより、全てが一連の活動とみなす方が懸命だと判明してる。

    まだまだ、最近分かったばかりで、何処の活断層が垂直に避けていて、何処が斜め
    に下がってゆくのかは、殆ど調べられていない。
    
    ========

    つまり、上のような場合では、予測が付きにくいので、当たり易い場合と、全くの
    イレギュラーの場合との両者が混在する。

    ========

    何がどうであれ、これからは震災塗れなので、テロと戦ってる場合じゃないし、

     リニアに130兆円も注ぎ込んでる場合じゃない。

    ========

     台風であちこちがぐじゃぐじゃに崩れてゆく・・・
       予告済みのように、震度1や2を舐めると、死んでしまう?!
         徐々にひび割れてゆくので、家屋でも斜面でも、台風で簡単にやられる。


      ガラスをこつこつと叩き続けると、小さなひび割れが全体に入るし、
        小さなひびが、徐々に大きくもなってゆく。

       震度1や2も、回数が増えると、大惨事を引き起こす。

    =======

   寿命が10,000歳の人間が居れば、

    何だまたか、いや、昔はもっと酷かったから、これじゃ鼻くそ程度ねぇ・・

      と鼻で笑われるさぁ。

  二度と、昭和のような穏やかな時代には戻れない。少なくとも、200〜300年間は??


9. 2019年7月17日 21:46:18 : A3vi7f7MBE : T2pDaGRZNDZvdUE=[77] 報告

いやこれ、「ムー大陸の科学」によると、

南米大陸から太平洋突っ走って来とる、

富士山のガスチャンバーの一つやから。


  電磁推進機研究者談

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 自然災害21掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
自然災害21掲示板  
次へ