★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6 > 349.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
自然の運動法則
http://www.asyura2.com/15/nature6/msg/349.html
投稿者 Air−Real 日時 2016 年 6 月 09 日 17:36:41: dsfJ1hAY0z6VI gmCCiYKSgXyCcYKFgoGCjA
 

(回答先: 地球の現代科学は中世の天動説 投稿者 お天道様はお見通し 日時 2016 年 6 月 04 日 18:30:17)

柔軟な思考は大事です。

その発想がなんらかの機会に応用できるとも考えます。

地球の科学でいまだ認められていない、つまり解明されていない運動法則があります。

例えば、内破モデルです。縮爆、爆縮とされるすでに実用化され、未解明ながらも実在するエネルギーモデルです。

自然では、例えば台風や渦潮の運動モデルにそれを理解することができます。

台風は、中心がモーターの軸のように回転して発生しているわけではなく、
中心に向かって外側から吸い上げられるようにエネルギーが流れています。

なぜか中心であるほど無風でエネルギーはゼロ、つまり無回転の状態として感じられます。

自然の中に見るエネルギーはことごとくこの内破型モデルを採用しています。

これには竜巻のような上昇型と、渦潮にみる下降型があります。

その螺旋の先にある中心に収束していくエネルギーは、
観測できない場所へと消えてしまっているかのようです。

まるで隣接次元へと吸い込まれてしまっているかのように。

つまり、自然発生的な竜巻や台風も、ある種の自浄作用、自然界のバランスを保つために発生していると考えられます。

私は、電子スピンもこの内破モデルで回転していると考えています。

モーターのように地軸で回転の動力を得ているととらえるのはナンセンスです。

中心軸から外側へと動力を伝えることによる回転モデルではないため、逆に、
外側からなんらかのエネルギーを内側(別次元)へと収束し、
物理的空間においても、そこにはなんらかのエネルギーの交換の働きが認められるはずです。

宇宙モデルでいえば、ホワイトホールとブラックホール的な存在です。

われわれの空間がそれぞれの規模の場で成っており、
それぞれに属す、各単位の規模の細胞がくっついてできているようなものだと捉えるなら、
われわれの認識する規模の空間もまた、
細胞壁が互いにくっついた隣接点で囲われた格子状のエリアだと理解できます。

その各単位ごとの場のいずれもがまた、単純に宇宙の縮図を表すモデルだと理解すると、
接合点ごとに、それに見合う規模の、ブラックホールとホワイトホール的作用点も存在すると考えます。

場という概念自体が電磁的な実態を纏って、
空間とはわれわれの意識の中に毎瞬の電磁的な刷新で生まれていると考えれば、
そう考えるのは至極妥当です。

まずこのことを理解するには、われわれがいくつかの別宇宙と、
同時的にこの空間を共有、またはリンクしているという事実と、
われわれがいくら精密な観測機器を使用しても、
われわれがそもそも観察できない性質の素子運動もそこには存在しているということを知らねばなりません。

それを単純に無いものとし、影響すらないと思い込むことはできないということです。

一部の人間がいまだ理解していないのは、
本質的な気付きを覆い隠す人間的な知性への執着が、一番劣等で無価値なものだということです。そこに本心では気づいているために、なおも見ぬフリをして覆い隠そうとするのです。

科学、またはそこにおける発明とは、
今あるルールでできることをしようといった社会モデルを構築することとは違うのですから。


自然のメカニズムとしてそのメカニズムそのものである地球に認められる運動とは、
中心軸から外側へとエネルギーが放出される恒星の爆発的エネルギー(破壊型)ではないということ。

そしてこの内破型エネルギーはどの恒星においても標準的に実装されていると認められるはずだということです。

この内破モデルは、われわれが理解できるかどうか関係なく、
かなり前からすでに製品として実用化されています。

それは水素と酸素の自然な結合比率を守ってガスを取り出すことによって発生させる炎でできたバーナーです。

このバーナーの炎は内破型とされる縮爆エネルギーで発生しているため、
通常われわれが認識できるとする、科学的理解で発生させることのできる、
爆発炎上型のバーナーの炎の性質とはまったく異質な働きを見せます。


これら運動は、理解するしないにかかわらず、われわれは今、利用できます。

われわれがこれまで理解してきたのは、
軸のあるモーターの回転力による中から外側へと伝えるだけの伝導的な力だけです。

地球も、回転軸を見立てて、それを中心に回転しているという運動モデルを当てはめていることから伺えます。

つまり、これまでの科学とはその認識しか利用できなかったために、
地球の持ついわば非循環的な効率性の悪い破壊的エネルギーしかわれわれは使用してこなかったということです。

ですから、ガソリンの発見も、ウランの発見もあらゆる公害と被害しか生めなかった。

それを自然な元の姿に循環するところまでを発明しない限り、
それは自然を理解したことにもならず、まともな科学、発明とは言えません。

よって、今の科学は限界にきています。

人々はそこに気づいてもなお気づかないフリをしつづけているということであり、
おごり続けているにすぎません。
結果、自分たちを破壊することになるわけです。

愚かなのは、その間近になっても気づかないフリをしつづけるだろうということです。

そうした観点から新しい発想が求められています。
それが次の時代の科学を牽引することでしょう。

ですからそうした観点から単に排除的なコメントは何の価値もありませんし、
一見風変わりな投稿は逆に賛辞に値します。

伝えたかったのはそのことです。

ここからはおまけとして、想像のお遊びにお付き合いいただくことは恐縮ですが、面白いので続けます。


地球は軸を中心に回転している独楽だと考えられていますが、そうではなく、
地球の回転は、二つの極性におけるそれぞれ二種類の同期的な、
内破型のスピン運動だと理解できます。

その交じり合う中心(コア)には、格別大きな、他次元との照合点、または接合点として見出される部分、いわばエネルギー交流の場が認められると思います。

そうすると地球の外周に循環する磁力線が螺旋状にコロイド型の運動ラインを形成し発生しているというのもすんなり理解できます。

これは人間の身体にも同様のものが形成されていると認められます。

私がいま疑問とするのは、引力とはその内破的な回転運動モデルを採用したスピンの性質によるものではないかということです。

引力に対して斥力があるように、
そもそも重力のある場所にはそれに拮抗する浮揚力も存在しているはずです。

重力を発生させる原因に対して、遮蔽物となるものを割り込ませれば、
そこには反重力的性質が認められることとなります。

ヴィクトルシャウベルガーの考察に寄れば、
その浮揚力は川の流れの中に卵形の石が回転しながら浮かび上がる様子から確認した、
といわれていますが、ほかにも、マスや鮭の遡上、鯉もそうだと思いますが、
原理としては、われわれが手にするもので作り上げられるものだという気がします。

関連の書籍、まだ未読であればお勧めします。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年6月09日 20:07:47 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[197]
内容の変更です。

宇宙ステーションは回転させることにより、人工的に重力を得ていますが、
地球も同様に回転する遠心力によって重力が発生するとしたら、それは内部のはずですね。そしてまた外側に働くのは浮揚力としてであるような気がします。

よって、われわれが住む地上である、地球の外殻の外側に働くのは、
回転することによる遠心力ではなく、
内破的な回転運動によるいわば吸心力が、遠心力による浮揚力を相殺した差によって生じた力である、とするのが妥当な気がします。

そして、ステーション内部同様、地球も内部に遠心力による圧力がかかるとしたら、
内側は空洞化するはずだと思います。

もし、人類が、先に内破エネルギーを発見していたら、
重力という概念に支えられた現在の宇宙モデルは違っていたものになっていたはずです。

ま、お遊び的な考えですので、真に受けないようにお願いします。


2. 2016年6月09日 20:17:22 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[1619]

>自然の中に見るエネルギーはことごとくこの内破型モデル

そんなネーミングには意味は無い

台風にせよ、単に巨大な流体が上昇(下降)のときに回転半径が狭まれば

角運動量保存のために、渦(回転)が激しくなるだけのこと

ちゃんと物理を勉強すれば、19世紀の古典物理で全て説明できる話だ


3. 中川隆[2815] koaQ7Jey 2016年6月09日 20:44:05 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3093]
>私は、電子スピンもこの内破モデルで回転していると考えています。


スピンは単なる内部量子数
回転という意味は無いよ

Dirac方程式も書けないアホがハッタリ言ってもね(呆れ)


4. 2016年6月09日 23:15:47 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[199]
>2

他人の私にわざわざありがとうございます。
あなた方はよく方々の投稿のコメント欄で見かけるのですが、
もしかしてご兄弟のようなご関係ですか?

違っていると思えないほど、いつも息がぴったりですね。うらやましいです。
そしてその見識の高さもよく似ていて、いたく寒心しております。

私のような子供の遊びごときに口を出されるとは、あなた方の名汚れとなります。
ですから今後はお控えになられたほうがあなた方のためと思います。

いま、周波数を磁力線に転換して放出する機械があればどうかと考案ごっこにふけっています。
そのためのよいアイデアを探していたら、以下のURLが面白そうだと思いました。

もし、ほかにもよりよい知恵がおありの方がいれば、ここにコメントお願いします。


考えてみれば、ネットでは学校の授業など受けずとも、
さまざまな勉強ができる環境がととのっているんですね。改めて面白い環境だと思っています。

>2
これからもよろしくお願いします。
https://www.youtube.com/watch?v=eIAVcy1vPFQ


5. 2016年6月09日 23:18:07 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[200]
>3
なぜスピンという意味はないのにスピンと呼称されているか知っていますか?
ぜひご教授ください。

6. 中川隆[2818] koaQ7Jey 2016年6月10日 09:16:24 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3095]
>>5
スピン自由度は内部空間の回転 SO(2) 対称性として定式化しているから

電子の自転に例えているのは中学生に説明するにはそっちの方が簡単だからさ

そもそも電子は点粒子で大きさはゼロだから自転できる筈もないんだけどね


7. 2016年6月10日 09:49:57 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[173]
私はアーリエル説に全く違和感がない、というか
久々の納得説だ。

真に受けてるんじゃなく、偶々、元より同様の視点で観ていたんで。

抑々台風型宇宙モデルというのは、自然農法で有名な故福岡正信氏も
提唱されていたし、水素というよりH2Oガスバーナーも、ブラウンガスや、
OHMASAガスとして既に実用化されている(それとは別の、同様の研究者に
よる水バーナーや水エンジン自動車も直にこの目で観たことがある)。
STAP概念の前身とも言える、千島理論やソマチッドにも触れた。

元はと言えば、阿修羅のパソコン通信時代からの常連でもあった、
故稲田芳弘氏というジャーナリストとのオフでの出会いが、これらの既存の
概念が存在していたことを知るきっかけだったのだが、驚くべきことに、
私たちのみではなく、当時既に有機的につながっていた仲間も、多くは
それらを知っていた又は影響を受けていた、ということを直後知ったこと。

最近普通にCMにも乗り、ドラッグストアでも売られている、
ハイドロコロイドプラスター絆創膏も、10年前まではほの全く医学界では
相手にされなかったものだ。
私はすぐに飛びついて、当時まだそれしかなかった同様製品の
靴擦れ防止用パッドを自分や子供のちょっとした怪我に使ってみたのだが、
実に綺麗に治ったので早くから注目(笑)

そんなことも含めて、枚挙に暇はないが、いつの間にか実用化され、
いつの間にか「ふーん、そうなんだ」と世が受け入れる頃には、
10年前の常識に縋りついてもいられなくなるもんだ。


8. 2016年6月10日 10:36:02 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[174]
>01
それいいっすね。

スタートレックなんか見ながら、宇宙船内の重力コントロールについて色々
考えてたこともあり、クラーク/キューブリックの2001年宇宙の旅の、
現状(月面着陸以降今に至るまで)はまだしも、
今後本気で宇宙進出を考えるのであれば、一定リアルだが、不安定極まりない
アテンダントの磁石靴wを乗り越えなければお話にならないもんね。

そこなんですよ。

宇宙ステーションのローテーションによる重力コントロールつったって、
せいぜい船が人ごと外に弾き飛ばされない程度の相殺効果。
実際宇宙船内部では、空気充填してても水の中のようなプカプカ無重力状態です。
地上に帰ってもしばらくは、筋肉萎えなえ。

さりとて地球の自転ほどの猛スピードで、容積の質量を相殺するから遠心力の
力で重力が生じるので地球から外宇宙に落ち?ないというのなら、、
ぶん回したバケツの水がこぼれないのと同じ原理で、
我々は空洞地球の内部の壁に張り付いているということになるのでは??
つまり、地球のど真ん中で「ぐしゃっ」と一塊りにならない
(昔反対方向に高速回転《歩けるレベルに速度コントロール》する二重壁の筒状や
球体の宇宙船の内側なら、真っ直ぐ立って歩けるかもと想像したことがあるけど、
どうも要領を得ない)。

あれれー??なんかいろいろと転倒してない?そこで、、
内破吸心力による、遠心エネルギーの太極マークみたいな相殺・バランス説。

鳥もそのエネルギーのバランスを、遺伝子が学習したので飛ぶことができるように
進化したのでは。かといって、外宇宙に飛ばされ(or落ちる)こともなく・・・。

そのモデルが確立されれば、宇宙船内が地上の電車や飛行機のような、
慣れた動きができて筋肉も衰えないスペースを実現できるかもね。

こっちも冗談と思って相手してくれなくていいけど。


9. 2016年6月10日 13:17:51 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[201]
>6
わざわざありがとうございました。納得しました。
超弦理論についてはどう思われますか? 
この物理世界には、次元は何次元あるとお思いでしょうか?

>7,8

ありがとうございます。では、冗談として聞いておきますが、実に楽しい解釈です。

たまたまそばに未読のままの本を開きましたら、そのページに正に書いてありました。

精神は肉体に対して一オクターブ高いという考えのもと、
浮揚力は重力に対して一オクターブ高いとして、
対極的なエネルギーの相和で自然界のエネルギー運動法則は成り成っている。
そしてまた、
求心力は圧力に対して一オクターブ高いと。

そしてまたそこに、
利他主義は利己主義より一オクターブ高く、そこに調和があり統一されたもの、
との見方があります。

そのならびにまた「拡大は縮小と統一」ともあり、
私たちの意識はマクロに拡大するように認識されていながら、
同時に縮小しつづけてもいるということも理解させてくれます。

瞑想する際に、自分というものを物質的に極小のミクロの見地におくと、
このことは実に深遠な意識の気づきを与えてくれます。

ま、いつものごとく、お遊びの一環として聞いておいてください。
このことは誰かを救おうというお遊びでもありません。


10. 中川隆[2823] koaQ7Jey 2016年6月10日 13:29:54 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3100]
>>9
>超弦理論についてはどう思われますか? 
>この物理世界には、次元は何次元あるとお思いでしょうか?


物理というのは数学的に定式化したものだけがすべてで それ以外は唯の方便なんですね

光速度不変の原理とか不確定性原理とかも全部方便ですね

素人はそれがわからないから光速度不変の原理とか不確定性原理を大自然の摂理みたいに思ってしまうのです。

超弦理論とかはまだ完成には程遠いものなので間違っている可能性が高いです。

物理世界には次元は何次元かというのはあくまでも数学の定式化だけに関する問題ですね

時間1次元、空間3次元というのが答え


11. 2016年6月10日 18:43:09 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[202]
>10
まずは、貴重なお時間を割いてまで真摯にご回答いただきましてありがとうございました。


なるほど。「とんち」を出したつもりはなかったのですが。

ウィキにも、「超弦理論は10次元時空でのみ理論が定式化される」とあります。
ですからそれは定式化されてあるものと理解します。

その答えは”10次元以上ある”という期待をこめて、
改めてそれが何次元あるのか、あなたのお考えをお聞きしたいとおもいます。

現実主義か実証主義かどうかを抜きにしても、
実証できるものだけを語るほかないとするのは、ある意味、正しいと思います。
けれども現実的には、それだけで現実世界の様相を理解したつもりになることはできません。

でなければ、ある意味それは「現実とは見えるものだけでできている」と語ってしまっているのも同じことといえるでしょう。

物理学の世界では主流派は権威者を気取るものたちの”おためごかし”のために方便を採用しているだけだといっている立場だとするのであれば、これ以上ご質問させていただくことはありません。

権威的高みを守るための”素人ホイホイ”としての理論だけを学んでも仕方のないことですからね。

私はそれについての解答わかりませんので、
おわかりになるのでしたら、ぜひご教授いただきたいと思います。

それと、質問ではありませんが、
あなたなら、次のゲーテの言葉をどう解釈されますでしょうか。


”「人間が自分に与えることのできる最も驚くべき教養は、他の人たちは自分のことなど求めてはいない、という確信である。 ゲーテ 」”


ほかならぬ皆様のためにも、下に英文ですが、彼の言葉を残しておくことにします。

”Whatever you cannot calculate you do not think is real.”

”You’ll never speak from heart to heart, unless it rises up from your heart’s space.”

”We must always change, renew, rejuvenate ourselves; otherwise we harden.”

”We only see what we know.”

”Whatever you can do, or dream you can, begin it. Boldness has genius, power, and magic in it.”

”None are more hopelessly enslaved than those who falsely believe they are free.”

”He only earns his freedom and existence who daily conquers them anew.”

              Johann Wolfgang von Goethe     
では。


12. 中川隆[2832] koaQ7Jey 2016年6月10日 19:12:33 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3110]
>ウィキにも、「超弦理論は10次元時空でのみ理論が定式化される」とあります。
ですからそれは定式化されてあるものと理解します。


それはミクロ空間や超マクロ空間が人間が見る事ができる時空とは違うという前提ですべてを記述するには何次元空間が必要かという話ですね。

人間が見る事ができる時空の次元とは全く関係ないです。

どちらにしろ重力場の量子化はそのやり方ではできそうもないので超弦理論はまともな統一理論ではないですね。


13. 中川隆[2833] koaQ7Jey 2016年6月10日 19:24:54 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3111]
>実証できるものだけを語るほかないとするのは、ある意味、正しいと思います。
けれども現実的には、それだけで現実世界の様相を理解したつもりになることはできません


全然わかってないな。

>物理というのは数学的に定式化したものだけがすべてで それ以外は唯の方便なんですね
>光速度不変の原理とかも全部方便ですね


の意味は

アインシュタインは光速度不変の原理を仮定して特殊相対論を考えたけれど、一旦4次元形式で力学と電磁場の方程式を定式化してしまったら、光速度不変の原理は不要になるという事です。

真理として残るのは 4次元形式で現わした力学と電磁場の方程式だけで
光速度不変の原理の方は単なる一時近似としてしか成立しない可能性の方が高いのですね。


4次元形式で現わした力学と電磁場の方程式は正しいけれど、その式の本当の意味はまだ誰も知らないのですね


ゲーテの言葉は気取って気が利いた事を言っただけでしょう
中身はゼロですね


14. 中川隆[2834] koaQ7Jey 2016年6月10日 19:50:42 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3112]

因みに、方便というのは僕の言葉ではなく、アインシュタインが自分で言った有名な科白ですから:

アインシュタイン
”私は光速度不変の原理を方便として使っただけだ”


15. 2016年6月11日 02:36:46 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[203]
>12

ご回答ありがとうございました。
色々データを取らせていただきました。

そもそもあなたはこの理論については否定的な見解であるようですので、
この質問にはそもそも進んで関心を示されないようですね。


先にご指摘の点から。


あなたのご指摘である「方便」については、
「光の速度を一定と仮定することにより数式化したまで」、ということですよね。

わざわざそれをご指摘されるまでもなく、私はもともと光の速度が一定だとも、
それ以上のスピードが存在しないとも言っていませんので、無用のご指摘だと申し上げて起きます。

その「仮定としての光速度不変の数式が方便だとは本人が言ってる」し、
また、「万能だともそこで誰も言っちゃいない」、
ということも併せてここで強調しておきたいようなのですが、
そのことも当然ながら、不要な計らいとさせていただきます。

そうした発言を目にされた場所でのみされてください。


>真理として残るのは 4次元形式で現わした力学と電磁場の方程式だけ


ふむ。では、あなたはそれだけは信じるに値すると仰りたいわけですから、大事になされてください。


>12
>それはミクロ空間や超マクロ空間が人間が見る事ができる時空とは違う
>という前提ですべてを記述するには何次元空間が必要かという話ですね。


その解釈でのみ答えたいとするなら、それで結構です。
こちらはすべてあなたの力量にお任せした問いかけとなっております。


 >それはミクロ空間や超マクロ空間が
 >人間が見る事ができる時空とは違う という前提で


なにやら不可解な前提文が挿まれていますが、
この一文自体は何を証明したいものなのか、ちょっとわかりづらいです。


 >ミクロ空間や超マクロ空間が
       ↓
 >人間が見る事ができる時空とは違う


わからないまま失礼なのですが、
次の一文が上記前提にかかった答えとなっていると理解してよろしいのですかね?


 >人間が見る事ができる時空の次元とは全く関係ない


       ?

すみません。よくわかりません。

ではその仰る”ミクロ空間と超マクロ空間”とは一体どこにあるんですか?

我々はてっきりそこに同居しているのだとばかり思っていましたが。


それと、言葉をほぼ繰り返されただけのようにみえますが、どうしてですか?


私はキツネを見ることには癒しを感じるタイプですが、
キツネにつままれることに癒しを感じる趣味はないです。


 >何次元空間が必要かという話ですね。

はい。そのように持ち上げられておいでの答えを期待しています。
ですから、何次元だとお思いなのですか?

・・次回に期待してよろしいのですね?


私は出してもいない「とんちの回答」に一抹の救いを見るタイプでもないので、きちんとしたご回答お待ちしています。


16. 中川隆[2837] koaQ7Jey 2016年6月11日 08:10:14 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3115]
>>15
物理の事を何一つ知らないあなたみたいな人がこういう問題に口を挟むのが間違っているのですね

物理というのは基礎方程式がすべて

基礎方程式を使って計算した結果が実験結果と矛盾しなければ正しい理論と判定される

現時点で正しいとわかっているのは時間1次元、空間3次元の4次元形式で書かれた場の方程式だけ

従って世界は時間1次元、空間3次元に決まっているんですね

物理で正しい言えるのは数学的に定式化した方程式だけ、それ以外はその基礎方程式の単なる一つの解釈という意味しか持たないです。

あなたみたいな基礎方程式さえ書けないド素人がこういう問題に首を突っ込むのがそもそも間違いなのですね。


>ではその仰る”ミクロ空間と超マクロ空間”とは一体どこにあるんですか?

ミクロの世界の法則は時間1次元、空間3次元の古典方程式を量子化した演算子方程式なんですね

ミクロの世界では一つの点粒子が同時に空間の色々な場所に同時存在するので
我々が現実に体験している世界とは全く違った法則で動いているのです。

昔は不確定性原理や観測の問題として捉えていたのですが、実際にはミクロの世界はマクロの世界とは基本的に違う法則で動いているのですね

だから超弦理論みたいなまだ良くわかっていないミクロの世界を定式化する色々な試みが出て来たという事です。


17. 2016年6月11日 16:18:30 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[1642]

投稿者は、自然科学が、わかっていないみたいだが

本当に自然をきちんと理解したいのであれば、定量的に(つまり数式で)

実験結果(台風の中の、圧の時空変動)を再現することが重要

そして新しい理論を作るのは、既存の理論で説明できなくなってからだが

ほとんどの気象現象は、既存の流体力学モデルで説明できる

だからカオス系であるにもかかわらず、高度な数値計算により天気予報や台風予測が劇的に当たるようになってきたのだ

ま、一般人は、昔の既存の古典力学すら理解するのは大変で面白くもないから

こういうふうにカルトな理論に惹かれるのは、よくあることだが

現実社会においては、まったく無意味ということだ


18. 2016年6月13日 01:11:19 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[205]
>16

指摘させていただいた質問には答えられてないようです。

あなたは何をなさりたいのかよくわかりません。

人に教える気などさらさらないように思えますので、これで終わりにします。

私からの指摘、質問に対してもまったくご理解されてない様子。

幻滅しました。

>16,17

あなた方の心に人間的なものがおありなら、まだ救いがあります。

あなた方の言動から理解しますが、自分たちを何に比較して優れているとお思いですか?

あなた方はその能力を何にお活かしになられていますか?

社会の問題をあなた方はどのように解決に導きたいと考えていますか?


こんな他愛もない投稿になぜこうまで口を出したがるのか、かなり不可解です。

それとも私は何かあなた方の権利を侵害しているとでもいうのでしょうか?


そして、なぜあなた方はここで選任教師のように振舞うのでしょうか。

私には教師を選ぶ権利もあります。

私はあなた方に、人間的な魅力を感じてはおりません。

あなた方から直接学ぶこと何一つないでしょう。


ここまで黙っていましたが、「表現の自由」をこれ以上侵害されてはたまりませんね。

誰が見ても楽しんでいるもの、そしてそれ以外でもない無害なものに対して、ちょっと執拗すぎますね。


あなた方の知識が優れているものだとするなら、それを証明してみなさい。

あなた方の知識が無価値なものではないのだとするなら、
その能力を一部の者たちを擁護するためだけに使うというのはやめなさい。

それは、ここであなた方が見せたように、馬鹿を気取ることにしかなりません。

それは格別無能な人間、つまり私でもやれることなのですから。

もし、本当にあなた方の能力が人間的に認められる、
価値あるものだとするなら、その能力を社会全体が救われる方向へと、
遺憾なく発揮してほしいと思っています。

どんなことも真に受けないように。

ここで格別仕事熱心なのはあなたが方くらいのものです。


19. 2016年6月13日 02:52:35 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[206]
https://www.youtube.com/watch?v=LIYJAcib1iQ

たまたま面白い動画にヒットしたので貼っときます。
(MZおねいさん宛てですが、お気に召さないかもしれません)

IHヒーターは、トーラス型(りんごを縦に切った断面図みたいな形)に磁力線を発生し、そこに生じる電気抵抗によって鍋を熱する機械なわけですが、
なんらかの実験に使えるのではないかと、たいてい犬の散歩中に思いつくわけですが。

そのくらいしか正直、ものを考える時間をもちませんので(笑。

IH利用のための適材金属は、強い磁力性を示す鉄製が最適ということになりますが、
銅なべは熱伝導(振動)率は高い材質ですが、ほぼステンレス同様、
電気抵抗を生まないので、IH向きではないわけですよね。

単純に地球から発せられる磁力線もまた同じ例えで、
トロイド状に放射されているその磁力線に触れるものはすべて、
電気抵抗を受けて、熱せられているということになりますね。
もちろん、それがまったく同質のものだとは思いませんが。

そこにあるエネルギーの働きとは、
われわれにとってひとつのエネルギーの働きしか感じられないけれど、
つまり、そこに感じている熱とは、その反対にある冷たさを生む働きとの統一が果たされたのちに生まれる「差分」のエネルギーだと理解するわけです。

お遊びの仮定としていうことですが、
基本この世界には、「冷たい」というより、”振動を下げ続ける働き”が機能していて、
対して、そこに振動を高めるエネルギーも参加している。

つまりその見事な総和、統一による差分として現れたエネルギーをわれわれは、
熱なり温かみとして感じ取っていることになるわけです。

磁気と電気もまた、それぞれ別のものが、組み合わさって、
ひとつの統一されたエネルギーとして利用していると考えられます。

つまり、そこに理解することになるのは、熱と電気は一オクターブ低く、
冷たさと磁気は一オクターブ高い性質だとする考え方です。つまり差分として表れる方を一段階上の次元のものと認識することになります。

たとえば、肉体と精神では、精神が一オクターブ高いわけです。

そうすると、われわれの住む地球は、基本、
日中の陽の当たる場所以外は何らかの働きによって、
”冷やされている”、と考えることもできることになりますね。

われわれの環境に確認できる、それぞれのエネルギー関係を熟知すれば、
地球内部の地質内の鉱石といった物質がどう影響しているか、
どうした条件下で何が起こりうるのかをもまた、
ある種違った角度からアプローチして考えることもできるようになるはずですね。

そして、それらの影響力は人体に対しても同じものがあるはずです。

面白いですね。


先月、13歳の子が空気中の電気を捕まえたとして話題にもなってますが、
フリエネに関しての話題も少しずつ動き出していますね。

日本では、平松氏でしたっけ。あの、手動スタート式の、
”四連磁力抵抗ほぼゼロの発電機”は、だれでも真似して作れそうです。

ネットに現物の写真も、作図もありますし、学会で実証もされたと聞きました。


それと合わせて、私がここで参照したViktor Shawbergerの研究内容の解説が、
図面とテキスト(英文ですが)ネットにありましたので、
せっかくですから参考としてのっけておきます。

http://free-energy.xf.cz/SCHAUBERGER/Hidden_Nature.pdf


皆様においても、これは楽しいお遊びとしてご理解いただけるとありがたいです。


そういえば昨晩、非可換幾何学が、次元間の多重性を証明するものだとして、
ここですでに書いていた、「空間がどのようにできているか」についての、
私の稚拙な考察の説明と一致しているものだということを理解しましたので、
そのうち、人間の知覚認識による現実認識のいいかげんさについての話題もどこかで提供したいとおもっています。


20. 2016年6月13日 07:08:51 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[175]
>19
すごく面白いです。

卑近な事実としても、実際地上で一番多い気体は窒素ですよ。
キンキンに冷やしてくれちゃってます。お陰でオーバーヒートしないで済む(笑)
まぁ、ショーバーガーさんの思想とか、割と好きですね。

そう言えば、反エントロピー説というのがあって(実際は正反一対の)、
宇宙が一方通行にどんどん熱を増大しているというのは間違ってる、
太陽系や銀河は、寧ろ過去から未来に向けて秩序を増していっている
ように見える、と。

台風というのも、最初からあって後は形が崩れていくるものではなく、
先ずは温度の差異などから、徐々に「形成」されるものです。
地上の小さく短期な銀河系・・・
台風の姿を衛星写真等で見て、ぐちゃぐちゃなカオスに見える人は
あまりいないでしょう。ぐちゃぐちゃになるのは、吹き飛ばされて瓦礫が
散乱する下界だけ・・・
とはいえ、その崩壊形にも実は秩序があるわけです。
(マクロミクロいうのなら、自在に視点移動できないとつまらない)
例えばカオス・フラクタル理論ですが、同じパターンが延々と枝分かれして
居る鋳型なのだから、裏を返せばこれ程秩序だったものはないとも言えます。

まあ、私は思考のお遊びはよくやってますが、それにより、具体的な
成果物を造るというのは、あまりやっていません。
ただ、代々に渡る発明家家系だからか、こんなこと出来たら面白いよね、
とかは、つい思い付きを短絡的に口に出してしまう方ではあるかも(偶に
採用される時はあるw)。


21. 中川隆[2856] koaQ7Jey 2016年6月13日 08:33:48 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3135]
妄想は精神病院の担当医に聞いてもらった方がいいよ

22. 2016年6月13日 09:24:42 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[176]
>21
何。ひょっとして私に言ってんの?

生憎、半世紀以上生きてこの方、そういう筋の担当医はおろか、
精神科に通うはおろか行った経験もありませんです、はい。

病院というだけなら、喘息やアレルギーの持病(や怪我)で内科(外科)に通ったり
(あと出産w)入院したことはありますが、
幸い近年はアレルギー(鼻炎や蕁麻疹)はほぼ出ず、喘息も減らした薬で
ほぼコントロールできているので、今のところ問題なし。

だったら余計精神科にいった方がいい、というのでしたら、要らぬお世話です。

自分が別段行きたいと思った事もなければ、家族や友人から勧められた
事もありませんので。

まぁ、私がキチガイなら、私を取り巻く家族友人もみんなキチガイ、ということ
なんでしょうね。だから誰も気付かない、、とか?w

全員収容したいなら、ベッドや病棟が幾つあっても足りないな。。(笑)


23. 中川隆[2859] koaQ7Jey 2016年6月13日 09:35:22 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3139]
>>22
あなたは統合失調症の初期段階か妄想性人格障害の可能性がありますね。

前にも忍さんという阿修羅の有名人がいましたけどね:

電波系というのは、つまりまあ頭の中で電波がささやくのでしょうから、分裂症か薬物中毒の系統になりましょう。sinobu_10さんの方は「パラノイア」系のように思われます。思考にまとまりがありますからね。

もっとも、「症例:G・W・F・ヘーゲル」などのレベルになりますと分裂症と見分けがつかなくなってまいりますが。

 チマタで見かける「ユダヤ陰謀史観」みたいなのと一緒で、いちおうの一貫性はあるのですね。ただその、決定的な証拠は? と言われると「ない!」となって、ならなんで? と言われると「証拠がないのも陰謀だ!」という形で無事に着陸。

こうなるともう誰が何を言っても聞き入れるもんじゃありません。
 
 実は、sinobu_10氏に関しては「教祖様」ではないのです。
「教祖様に疎んじられている一信者」らしいのです。彼が掲示板上で開いたトピックは、「千乃先生」なる教祖様の意を体したと称する信者各位がsinobu_10氏の信条の矛盾を突きまくり、それも彼らの「教義」に基づいてのことですから、さながら宗教戦争の様相を呈し、そこへ「ウォッチャー」を名乗る一般人が面白おかしくチャチャを入れるという展開になっておりまして、なかなかに楽しめる一大エンターテイメントになっておりました。
http://ime.st/members.at.infoseek.co.jp/serpent_owl/past-log/spring/log00000118.html


あのに氏の扱い方はこれを参考にしてね:


たこさんご紹介のサイトをちょこちょこ見て回った印象では明らかに病的、すなわち初期の分裂病もしくは妄想を伴う躁鬱病、痴呆などの傾向が感じられるのに対して、sinobu_10さんのはソノ分野に浸かっているヒトなりに理路整然に近く、文章の構成もしっかりしています。

一括りにして良いものかどうか。臨床精神病理は難しくて、実はまだ余り勉強してない分野です。
 
 電波受けるヒトを実際知っております。仕事ができ、礼儀正しく義理堅く、言葉使いが綺麗で、想像力・情緒・感性も豊かで、発明の才もあり、倫理観もしっかりしていて、善意に溢れている。難を言えば少しまじめ過ぎる。

そういう誠に好ましい人望のあるヒトなんですけど、電波が入るんですね。それを普通の事のように言うので、こちらも普通の事のように受け答えしております。

 随分昔からその状態のまま変化がないようで、さらに聞こえるのはドク電波ではなく、善意の宇宙人からの助言が中心だったりしますので、ま、様子を見ています。数年前まではサイババが夢枕に立って「来い」と言ったからというのでインドに行く計画を立てていましたが、現在はモンゴルの平原でUFOとコンタクトする計画を楽しげに語ってくれます。

まじ。ホントに聞こえてるらしいのです。それを蔭で笑う奴がいるのも自覚しているようなのです。

「目を覚ます」という類の話じゃなくて、これ、はっきり言って症例なのです。しかし長年進行してないし、生活に支障がある訳でもないから、無闇にいじらない方が良いのです。


じつは、stomachmanは見積書作成要領の見本を作ったんですが、うっかり本物と間違えられて無用の混乱を起こすことが絶対ないようにと思い、
 
「荒矢田産業株式会社」発行の「重力遮断板セット」の見積書
 
って見本にしまして、発注先に配布したんですよ。そしたら彼がやってきて「あなたなら理解してくれると思う」と語りだした訳でして…
 
理解はすれども、同意はせず。得意の奴で対応しております。

目を醒まさせてあげなくていいの?
念力も自分だけで使ってるぶんにはいいんだけど・・・
自分だけでとどまってないとこが厄介だぁ―!
もうそろそろ、目を細めて笑って見てるばかりでもいられない。

テレビが俺の悪口を流している!
あのCMは俺の事をあざ嗤うのが目的…
 
てのが、典型的な公共電波系電波系さんですが、こちらは公共デンパでナンパするのが怪しからんという、これもまた、割合論から言って、別物ですな。
 
最近、街ですれちがう美女という美女が皆、秋波を送ってくるので困っているstomachmanです。


症例ってのは、夢を壊さないで、みたいなアマイ話ではないんですよ。
 
この彼の場合には、多分初期で停滞している分裂病だと思われます。悪化させないように、stomachmanとしても注意を払っておる訳です。もちろん、症状に悪化が認められたら直ちに治療を開始するよう促す積もりでいます。すなわち、確かに聞こえる電波が、彼の集中力を乱すようになってくると、本当に生活に支障をきたしはじめ、ついには外部とのコミュニケーションが取れなくなってしまう。


怪文書の宝庫!
 
 あ、そうそう。yahooの方で出くわした怪文書も一つ、ご紹介しましょう。sinobu_10という、静岡県にお住まいの男性の方がお書きになったものです。挙げられているURLもオススメ度大です。「神が推薦するパソコン…」なんて、もお、死にます。
 
      *
 
目を覚ませよ、国際連合の地下に核爆弾情報
投稿者: sinobu_10 (男性/静岡県)
メッセージ: 113695 / 116578

アメリカの精神の支柱である基督教の神であるヤーベ(八百重)は、
日本にいる事をアメリカの人達に伝えて欲しいのです。
以下の文書を真剣に考えて読んで下さい。そして、国際都市である
ニューヨーク市にある国際連合の地下に核爆弾情報が流れているの
です。爆発する前に友人や知り合いに伝え、引っ越すか警察に真剣に
取り扱う様に伝えて欲しいです。
 
初めまして、忍と申します。

現代科学のタブーである霊界の存在を考慮して、
今、現実問題として、イルミナティ共産主義問題を考えて置きたい
です。其れは、約2億人の虐殺があったのでは無いかという問題で
す。其れは、遠く遡れば、バビロンの時代まで遡れます。

近代は、イルミナティ教団が出来、フランス革命から始まって
一連の共産主義革命を起こした国際金融グループに対して何も
罪を問わない現状になっているのです。其れもユダヤ系列のマ
スコミと歩調を合わせて行動を執っているのです。但し此れは
戦略で行っているので、頃の見境を考えながらの行動であるか
ら、注意深く年数掛けての戦いなのです。

後、もう一つ大きな問題点はスカラー波の技術開発による武器
開発です。其れに関連してインターネットの通信問題も深く考
えなければならないのです。今、一番大きい
問題は、未だ科学が未完成の状態(物理学上の問題)を
解決しないで、それを前提とした意見が権威を持って発
表している所が問題なのです。

現実問題としては、テスラ波による武器開発です。別名「スカラー波」又は「気」
とも言っていますけれど、このテスラ波は物質の根源に
なすもので磁気的な性質を持っています。宇宙の構造
は、磁気法則で全てが成り立っているのです。

磁子の活動が電流を生み、そして力を発生するのです.「テスラ
波(スカラー波)」は、磁子の縦方向に振動している状
態を指しているのです。その悪用は、宇宙そのものがバ
ランス(平衡性)が無くなり、太陽系そのものが崩壊す
る危険性があり、又、精神作用にも動作するので、「洗
脳」にも使われる可能性があるのです。そしてDNAに
も作用するので、奇形児が出来る可能性があるのです。

又、マイクロ波の衛星通信の拡大は、電子レンジの中に
地球が入るという恐ろしい結果が待っているのです。それらの
問題をマスコミは真剣に考えていないのが現状なのです。
そして、環境問題の考え方も対処療法的で、物理療法的
に問題を考えていないのです。それが欠点なのです。
つまり、公害の原因を全て化学化合物で説明し、化学反応
の物理的説明を含んでいないのです。そこに免疫の問題を
考慮する事が出来ないのです。

 
神の言葉
http://page.freett.com/syouhou/kaminokotoba1.html
最後の審判の理由
http://page.freett.com/syouhou/reason_of_last_judgement.html
正しい性道徳とは
http://www.musesworld.co.jp/web2/syouhou/index.html
この侭だと本当に地球が崩壊する
http://page.freett.com/syouhou/index.htm
神が推薦するパソコンPC9821
http://page.freett.com/syouhou/suisennPC.htm
 
これらの問題を真剣に考えないと、やはり異星人は自衛の為に
最期の手段を使用されるのです。

 日本人が中心になって、神の言葉を、お伝えてこの問題を
解決する方向に考える必要があるのです。

神のいる場所
エルアール出版
〒150-0046 東京都渋谷区松濤1−4−9 サンエルサビル101号
TEL 03-5453-1870
 
アメリカ国内
HORKOM International Corp.
P.O.Box 282713
San Francisco, California 94128-2713
 
「人が全世界を儲けても、自分の命を損したら、何の得になろうか。又、
人はどんな代価を払って、其の命を買い戻す事が出来ようか。
邪悪で罪深いこの時代にあって、私と私の言葉とを恥じる者に対しては、
人の子も又、父の栄光の内に聖なる御使達と共に来る時に、
其の者を恥じるであろう。
(マルコ福音書第8章34節〜38節)」
http://www.ch-sakura.jp/oldbbs/thread.html?id=17590&genre=sougou



24. 2016年6月13日 09:53:35 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[177]
どの部分を「妄想」と認定しているのかは分かりませんが、
あくまで証人は家族とそれを取り巻く親戚知人しかいないし、
わざわざ周りに迷惑かけてまでネットに身元を晒すほど、
愚かでも目立ちでもないので証拠は出しませんが
(というより貴方に信じてもらう必要を全く感じないので)、
まあ身の回りでは誰でも知ってる公知の事実、とだけ言っときます。

万が一貴方に身元が割れて訴えを起こされたとしても、貴方が腐った司法と
つるんでいるのでもない限り(仮にそうであったとしても、貴方とは一切
関わった覚えもないので提訴事由はせいぜい、ネットで多分嘘をつかれて、
不愉快で悔しい思いをさせられたという程度でしょうから、起訴は甚だ難しい)、
こちらの法的経験知識からも、まず負けることはないということで。

多分、反論も不毛なオウム返しに始終するのでしょうね。
遠吠えは大概にしときw。

現実に金も絡んでくるような裁判なんか私らも貴方も起こす気がないのは
明白だが。

もし、実名知った上で判ってて>21のような口をきいたのであれば、
充分に私が貴方を調べて名誉棄損で訴える事由にはなる、と(笑)

お気をつけてあそばせ。


25. 2016年6月13日 10:07:03 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[178]
50歳過ぎて、突発的に統合失調症発症するケースがどれ程あると思う?

経年のシャブ中や、若年性アルツハイマーならともかく。

或いは、実はワタシ中年過ぎ妄想の14才厨二房でした、って白状したら納得?
嘘(というか、誘導、暴力からの)の白状の鬼の首取って喜ぶガキデカも
多い世の中、確かに油断はできねーなw。

要するに貴方にとっての経験上に有り得ない世界は皆妄想、という妄想世界に住んでるって訳ね。未知なし全能妄想。

成程ね。


26. 中川隆[2860] koaQ7Jey 2016年6月13日 10:07:06 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3140]
何か勘違いしているみたいだけど

僕はAir−Real 氏の”理論”が妄想だと言っているだけ

何故妄想なのかは上で説明してる


27. 2016年6月13日 10:24:29 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[179]
ああ。
逃げがうまいね、君。

追いつめられると
「自分の意見じゃない」「どっかからの引用、或いは我田引水(それじゃ、
ご自身のペンネで書いている以上牽強付会に過ぎないっしょw)」
と開き直り、自慢してどーする。

大抵の読み手は、そういう相手を軽蔑するもんだが。

貴方が一々絡んでアーリエルさんに言いたいことは、
「お前も唯の受け売りや他人の説の拝借を言ってるだけだろ!俺は素直に
認めてるんだから、お前も認めて白状しろよ」

直接体験(神秘体験)がない者に、何を言ってもそりゃエアーになるわさ。
抑々次元がちゃうもん。

パウロにだって、最低限のそれはあったんだが。。
下位が上位に対しての知ったかぶりは、それはそれは恥ずかしい。
何に鑑みて恥ずかしいかも判らない分、それはそれは、だ。


28. 中川隆[2861] koaQ7Jey 2016年6月13日 10:27:36 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3141]
僕はアーリエルさんが妄想性人格障害じゃないかと言っただけだよ


Air−Real 氏の”理論”をすごく面白いと思うアホは IQ が低いだけ


29. 2016年6月13日 10:40:31 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[180]
・・・ ~_~:


というか、>23のご意見、改めてしっかり最後まで読ませていただきましたが。。。

あのう。>21のご意見を、そっくりそのままそちらにお返ししても、よろしいでしょうか。


なんか、部分飛ばし読みして悪い事しちゃったかもな。。。


30. 2016年6月13日 10:44:39 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[181]
(>23はしっかり私の>22に名指して書いてると思ったんですが、
その程度の安倍すぎ傾向に一々目くじら立てても仕方ないか)

も、いいっす。


31. 2016年6月13日 19:16:58 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[1657]

>>18  >16,17

同一人物と勘違いしているみたいだな

もし科学的なことを言いたいなら、ちゃんと指摘された文章を読んで、自分の主張の合理性や妥当性について考えた方がいいだろうが

単なる妄想遊びがしたいなら、どうでもいいよw



32. 2016年6月14日 01:05:21 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[208]
>MZ姉貴さま

ね。面白いでしょ?

事実はあなたの指摘するとおりだと思いますよ。

http://www.kodenjiki.com/
このURL先の動画も面白いですよ。

引力と斥力
https://www.youtube.com/watch?v=UTV1oqJ2Ro8
渦とサイホン(フリーエネルギー
https://www.youtube.com/watch?v=a5I0Rt-z9ac

から、転載します。

   ↓↓ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
渦とサイホンの模型を使って、フリーエネルギーとは、
どのような概念なのか説明します。

ポテンシャルからエネルギーを取り出したらお終いなのは、当然ですけれど、
ポテンシャルの原因が「別の次元軸」にあると考えると
模型のようなことが可能になります。

最近、我々はエネルギーの量が正しく測れていないことが分かってきました。

エネルギーの次元をとると[E]=[M][L^2][T^(-2)]です。

 問題は時間[T]にあります。

数学者の岡潔は、「自然科学者ははじめに時間と空間があると思っている。」

 「運動は時間に比例すると決めてかかって、そういう時間があると決めてかかって、
時間というものは分かっていると思っている。」

 「人は時間を表そうとすると運動を使う。」と述べました。

 突き詰めると「時間は運動から求め、運動は時間から求めている」ということになります。

つまり、自然科学は本質的には時間[T]を決定していないのです。

同じく、相対性理論は、光速度cを中心に据えて組み立てられています。

速度vの次元をとると[v]=[L][T^(-1)]です。

ここでも時間[T]が問題となり相対論は誤りだということです。

運動の古典的な範囲においては、たぶん問題はないでしょうけれど、

「事象の地平面」や「相対論的補正を施した素粒子の世界」には適用できないと考えられます。

エネルギー保存の法則はこれまでに例外がないとされる経験則です。

そこで、質量や質量が持つ運動、及び全てのポテンシャルの原因を

別の次元軸

に求めます。

その次元軸とはエネルギー軸です。

エネルギーは直接計測できていないとの考え方です。

質量や質量が持つ運動並びにポテンシャルは、
エネルギー軸上にある「実体」との「位相」により出現すると考える一つの仮説です。

この仮説(弧理論Ark Theoryといいます。)によれば

空間からエネルギーを運動として取り出すことが可能

だという結論になります。


電気磁気の現象は、必ず90度位相がずれて生じます。


電気現象と磁気現象は一つの実体の異なる側面だということです。


この電気磁気の現象を3次元空間上で操作することによって、
エネルギー軸上に存在する実体に作用することができると考えて考察したのが

井出治氏の開発した超効率インバーター「デゴイチ」の第3起電力を説明した
「第3起電力のエネルギー源について(考察)」です。

 単極誘導モーターについて調べましたので、併せてご覧ください。

http://youtu.be/Axb9fE1_OsQ
関係する動画「引力と斥力」
http://youtu.be/UTV1oqJ2Ro8
当方のサイトで詳しく解説しています。
http://www.kodenjiki.com/ と
http://www.kodenjiki.com/wp/ ブログです。

〜〜〜〜〜〜〜〜
以上です。

ここにも書いてあるとおり、

ポイントは、”電気磁気の現象は、必ず90度位相がずれて生じます”というとこですね。

また、”電気現象と磁気現象は一つの実体の異なる側面だということ”であるというのは、ここに私も書いたとおりですね。

電気に対して、磁気は、”一オクターブ高い”わけです。

ではでは。

>31

してませんが?何か。
あなたが困っても私は愉快になるわけでもありません。
思い過ごしは毒ですから、ご自分で解毒してください。


33. 中川隆[2884] koaQ7Jey 2016年6月14日 07:18:18 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3165]
>>32
MAXWELL方程式を書けるの?


>その次元軸とはエネルギー軸です。


粒子の質量m, 運動量 p = ( p x , p y , p z ) ,エネルギー E とすると

4次元形式の運動量 P = (E/c, p x , p y , p z) ; PμPμ = (mc)^2

なので、エネルギーE は4次元運動量 P の時間成分になる


エネルギー単独の次元なんか絶対に有り得ない。


34. 2016年6月16日 21:41:31 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[1682]

>>32

なるほど、真正のゴミらしいな

ま、珍しくもないw


35. 2016年6月17日 00:45:19 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[210]
>33,34

私に関われば、ご自分の品位を落としますよ、と申し上げているのに、
なぜ執拗に私に関わってご自分の品位を落とし続けるのか理解に苦しみます。

”うぬぼれる”わけではありませんが、
それだけ、あなた方にとって私は”うざい”存在なのだということが理解できます。

あなた方はますますそうして本質を忘れた人間性を示す『サンプル』を私に提示することになります。

もちろん私は、はじめからあなた方を”釣る”ことを狙ってこうした投稿を続けているわけではありませんが。

まぁ、人にとやかくいうことではありませんが、
あなた方も他人に口を出す前にご自分をもっと「科学的に」省察されてみてはどうでしょうか?


36. 中川隆[2931] koaQ7Jey 2016年6月17日 00:59:37 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3218]
>>35
妄想はキチガイ病院の担当医に聞いてもらえよ


37. 2016年6月17日 02:05:31 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[212]
>35

言いたいことを言ってすっきりしましたか?

すっきりしていないなら、自分の言葉として言いたいことをはっきり言えてないからです。

自分の言葉をつかってものを言えていなければ、
いつまでも、うやむやのまま霧がかって鬱蒼とした気持ちのままでしょう。

あなたは自分の本心を覆い隠すことばかりにとらわれてしまっている、といっているのです。

あなたは「人を救うための力」を願っているのですか?
それとも「人をいたぶるための力」をほしがっているのですか?

それを自身に問いかけてみたらどうでしょうか。

あなたの本心はどんな答えをあなたに示すでしょうか。


38. 2016年6月17日 04:43:59 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[182]
b5JやnjFは元いじめられっ子(or/and家族からの虐待っ子)の典型みたい。

乗り越えるだけの力やサポートを受けられていない分、他人に投影して
ストレス分散に励んでるるだけ。同情する同類の援軍求む、ってかw

残念無念、又はご安心を。

あんた方がどんな過去の苦境やトラウマに苛まれていたにせよ、
全く同情する気のない「心底冷たい」アーリエル某やMZ婆でした(笑)。

自分で乗り越える為の葛藤もせず引きこもり世間を呪い他人を下に見る
自己満足にしか疑似歓喜のエネルギーを使ったこともない「輩」が、
同類とつるもうが、何の脅威にもならず、更にそういった手合いが後々
どうなろうと(幸せだろうが不幸だろうが)全く知ったこっちゃないw


39. 2016年6月17日 05:13:46 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[183]
そう言えば思い出した。
十代の頃、神戸三ノ宮商店街の各コーナーに、アンケート傭員の若い男女が
突っ立って、時々本抱えてた私を追っかけては捕まえてた。
先のトアロードでバイトしてた私は、下校後急いでバイト先に
駆けつけてたものの、時折捕まって「あの、急いでるんですけど」
といいつつ答えれば追って来ないだろうと思い、真面目にアンケートに
答えてはダッシュするということがあった。
だが、連中は答えた次の日も、更にしつこく追っかけてきた。

それで頭を悩ませてたある日、
同じバイト先にいた、ちょっと男前の女子大生がたまたま通りがかり、
捕まって困り果てていた私の腕をむんずと掴み、まだ時間に余裕が
あったにも拘わらず、「バイトに遅れるよ!」と大きな声で言って
暫く歩いた後、こう耳打ちしてくれた。

「あいつ等、統一教会っつうヘンな宗教団体の勧誘だから。興味ないんなら、
以後無視な」

その情報ありがとう!
ってことでその後は完無視。

ちょとしたことでも、出会いがあるとないとは大違い、っちゅー話の入門編(笑)


40. 2016年6月17日 05:31:36 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[184]
確かアンケートの内容って、
「政治に興味ありますか」
「文学や哲学に興味ありますか」の類etc,.
だったと思う。

学校の寮に週日門限があったこともあり、たまたまウイークエンドに
シフト入れついでに本屋でまとめ買い(漫画を一番買い込んでたけどw)、
書店の袋見てターゲットにされたんだろうな、とは後々思った。
でも、無知で真面目だった?w私は、あの助け舟がなかったら、うっかり
引っかかってた可能性はゼロじゃないかもね。


41. 中川隆[2933] koaQ7Jey 2016年6月17日 09:27:30 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3220]

ここを見て、阿修羅にはキチガイと知恵遅れしかいないというのは良くわかった

42. 2016年6月18日 03:25:42 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[185]
>41
ふーん。
だったら阿修羅のような場は危ないので、
さっさと貴方の考える、まともで賢い人の集まる、賢人会議に花が咲く
世間だかサイトだかに、出ていけばよかろう。

こんな場に粘着して煽ってふざけてる暇などないはず。
ここが貴方のような大賢人に相応しい場でないことは、
明らかなんだから。


43. アーリエル[34] g0GBW4OKg0eDiw 2016年6月18日 04:01:11 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[213]
>姉御さま

メールなどであれば、あなたが私に対して疑問に思ういくつかの話のソースをそっと提供できるのですが。

やはり、ここでは茶を濁すことで精一杯となります。

まあ、ここにはもともとそういった目的で訪れている訳ではないですから別にいいのですが。


それにしても、除草剤を撒けば、自分たちの都合のよい環境を整えようとすることができると考えるものが居るようですが、何かしら理解力があるとするなら、自分たちのやっていることがどれだけ馬鹿げたことかを理解する知恵を持ってほしいものです。

はやくそのような世の中になってほしいと思いますし、私はそのために議論をしにきたのでした。

 〜 〜 〜 〜

ここしばらく、ある種作り上げたアバターを演じてきましたが、限界ですね。

もともと仮面をかぶってまで”人間のフリ”をしつづけたいとは思えない私です。
そこには、ある種”虚妄という信仰”が必要だということがよくわかりました。

人間社会とは、誰もが何かを信じているつもり、
人間であるそぶりをしつづけているだけだと理解します。

ここでは当初目的としていたものを展開することの無益さをほどなく理解しました。


ここにいる論者に何か期待していた事が間違いだったのでしょうか。

この場所の存在意義をいまここでみつめていても致し方ないので、
すでに違う場所での活動を想定しています。

具体的に面白いアイデアが湧いておりますので、
ここはもう敬遠しようと思っています。


ここにいる論者で期待できる人をしいてあげるなら、『仁王像』さんくらいですかね。

ほかにもいるかとは思いますが、何をしたくてここにきているのか、イマイチよくわかりません。


私はここに集う方たちの、問題に対する意識の高さの度合いというものを見ていました。


問題を改善に向かわせるための意思のかかわりの力強さとは、
問題に関わる存在に対する愛情の一途さだけであると感じています。

未解決の問題に対する議論においてはその思いの強さと意志力が何よりの頼りとなります。

私も時間があれば、仁王像氏とのつながりを得るために、議論のひとつも参加したかったと思い、書きかけていたものもありますが、時間の許すところにありませんでした。
仁王像氏、こちらから関りはありませんでしたが、ありがとうございました。

>仁王像氏へ議論のあり方について

他人へ責任を委譲したままなされる無責任な議論など、はなから議論とは呼べませんよね。

全体の問題を自分の問題として認識できないなら、どんな問題を取り上げたとしても、
そこにはまともな知恵も、解決策としてのまとまりを得ることもないはずです。

そして代わりにそこにあるのは罵倒と批判だけです。


ここにいるみなさん、こまごまと大層知恵はあるようなのですが、
根本的な議論の本義的な部分にまったく結びついていかない。

そこで語られる厳密な互いの知識の解釈の如何に終始することはあっても、
耳に新しい他者の解釈についてはまったく触れずにスルーするか、
懐疑的なの目を向けるのが定例のようで。

議論に必要なものとは決まりきった手順を踏むことなどではないはずですが、
知識はあくまで”その知識単体としてのみ息づくことが許される”とでも言いたげに、
義務的に理解されるもののみを知恵と見做してそれを壊せないわけです。

つまり、気転の利いた応用というものがまったく存在していない。
そこでは、すでに誰かが提唱しているものだったり、
実践されたることによる信憑性を担保として、取り扱える知識としているのですね。

これは知識の持ち方として、ひどく「なさけない自体」であるとおもいます。

われわれの社会に今、必要な議論の始まりとは、まずは既成の概念の枠組みを壊すためのものでなくてはならない。
そして議論のゴールとは、当然、問題が解決された場所、
つまり、誰もが求める、納得できる新たな枠組みが再構築を果たす場所でなくてはならない。

そこではそれぞれ自分らが持つ、人間的であることに対する、
知性的なおごりが仇となっているように思えます。

そこに持たれる知識によって、自由で柔軟な発想が制限されてしまっている。

人の持ち味としてのよさもそこで掻き消えている。

馬鹿げたことだと思います。


ここにいる誰もが、積極的に問題に関与しようという意識は感じられるのですが、
それぞれの主張の始まりが「自分は悪くない」、『自分に責任はない』からのスタートですから、その先が続かない。

はじめから問題は棚上げ。はじめから責任転嫁。
で、議論なんか存在しない。単なる無責任な立場からの愚痴の言い合い。
「あいつが、こいつが」『左が右が』「リベラルが保守が」『自国が他国が』。
無責任を通り越して、関与だけは積極的であろうとするから、
罵りと批判に終始する。

挙句の果ては、「見よ、私はコピペしただけ」と支離滅裂。


誰も自分の言葉で語れない。常に何かに怖れている。


よって、私の議論に参加していただきたい論者はあなた以外ここにはいないと理解しました。

ということで、ここでの作業終わり。


終わりに一言。


「”自分の利益のために、無益に事に従事する他人をネタにする人間性”が一番度し難い」


44. 2016年6月18日 06:34:35 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[186]
>32
のご指摘通り、聞くと見るとでは大違い。

ちゅーか、今や数学式は、貴族のサロン共通の合言葉(平民には判らんの体)
の類に墜ちているのだろう。

実験を虚心にて観る(無論詐欺マジックの可能性はあろうとも、
先ずは素直に見て、素直に感嘆してみることに、何の損があるか)

この結果は、新しい知へと導いているだけで、アンタから何も奪い去っていない。
真実だろうが嘘だろうが、何か問題が?
始まりはまず、観たものそのまま、信=知。

ただ、へぇ、そんな実験結果もあったんだ!
すごい! 面白い! 本当かも!でも問題があるかも!
ワクワクする!

心が飛翔する

ことなしに、あらゆる進歩は語れない。私は明日を楽しみに存在している。

>42
はい、まずは了解(笑)


45. 2016年6月18日 06:47:25 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[187]
訂正
あ、
>42は>43でした、と、よくある小保方さんのミス程度(普段の誤記誤字脱字、
大体あんま気にしてないのだが、タキシードの襟についた一ミリ程度の
シミにいちゃもんつける完璧主義=ノイローゼ貴族がこの自然版でも
喧しいので、w)一応ごめんねw

尤も権威ある雑誌への投稿じゃないからいいのかww
或いは本当にその権威ある雑誌は一々襟の一ミリ程度のシミ気にすんのかwww


46. 2016年6月18日 06:54:19 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[188]
なんかもう、OUIJAボードみたい。

ハイハイ、基地外の証拠っすねw


48. 2016年6月19日 19:03:15 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[222]
>47

いえ、私は彼の言うことも一理あるのだと理解しています。
人の知識の行き着くところはここです。

私のほうもまた、彼らの煽るとおり、正しいわけではない。彼らにとっては間違いであるわけです。

私は内心、そこへの気づきを促したいという目的で、あえて彼らに芝居を打ったということもできます。

私もまた彼の言い分を邪魔したくもないし、まただれであっても邪魔されたくもない。

自分で行き着こうとする喜びを奪う資格は誰にもない。それぞれが懸命に自分と向き合うことがなにより喜びとなるわけですから。

個々の働きがひとつの経験則として、種全体に生かされる知恵となるわけでしょう?


彼らが私を妄想だというのもある意味では正しく、私は妄想の世界に生きているといえる。

けれど、それは誰もが同じことだといえるのです。

彼らもまた自分たちの価値観の内側で生きている。
だから、そこに自分たちで特定の人格を呼び起こして、他人に投影し、
自ら虚像を浮かび上がらせてそこに対峙している。

彼らの解釈に対して、私はひとつの側面を彼らに提供していることになる。

中国だろうが北朝鮮だろうが、アメリカだろうが、ロシアだろうが、アイシスだろうが、それらはわれわれの解釈によってどうにでも変化するわけです。

枯れた想像性によれば、自分たちの敵として浮かび上がるだけ。

われわれの心が豊かであれば、彼らに自分たちの喜びを伝えて、ともに仲間に勧誘することができる。

虚像相手に奮闘する必要はないわけです。それほど無益なことはないわけですから。

誰もが妄想の世界に生きているといえるわけです。

ならば、より素敵な妄想を見るべきでしょう。


つまりそうして、個々には何らかの、自分たちのより深層の階層意識に求められるものに答えるため、こうして人生を歩んでいるということができるのです。

自分たちが、本当に何をどれだけ理解したか。

それを改めて経験しているわけです。

彼らは彼ら、私たちは私たち。

妄想からあらゆる形が生まれるわけです。

ここは、妄想を形にしていく、という世界ですから。


しかしそうして、この人間社会、それを構築した価値観も真実とは直結していないことも知るべきであり、私たちはもう次のステップへと移行する段階に来ている。

彼もまた純粋な意識レベルでつながりをもつ仲間としてみています。

だから、彼らを哀れんだりしようとは思いません。


意識のさまざまな階層、群れ、種全体の意識、それらまったくばらばらな意識のレベルの違いがあり、さまざまなつながり方ができている。

そこにあらゆる経験が必要なのですから、彼らは私たちにとってかけがえのない役割を担ってくれていると見ることができます。

ですから、ここで彼らの言い分に真摯に怒りをもつということも正常な対応なのです。


すべては必要な経験のためです。

こう言ってしまうと元も子もないのですが、それがわかってしまえば、
あとは何をすべきか、自然とわかってくるというものです。

私たちはそれぞれが望ましいとする世界を作らねばならないということです。


49. 2016年6月21日 03:53:12 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[194]
そうですよね。人から何かを奪ったり破壊することで喜びを得る権利を
邪魔する権利は、誰にもありません。他人の所有物はもちろんのこと、その命も
当然のこと。

奪われた側がIQが低かったせいで奪われたのだから、当然奪われた側wに
落ち度、非、愚かさ、罪、醜さ、責任
が、帰属するわけです。

奪った側は、より賢く正しいのだから、当然非はありません。
奪われた側が反省し、奪い主にまつろえば良いだけの話です。

こんな当たり前の話も、害国邪教に冒されたせいか、
最近の日本人にはちぃともわからないようですなw

安陪天地万物の金神大師は、宇宙の頂点、盟主の中の盟主。

そろそろ、お判りになったことであろう(笑)
二拍合掌、五体投地アーメン。
or滅亡。


50. 2016年6月21日 04:16:28 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[195]
そう、パクリも投影も侵害も、やったもん勝ち、ねw

51. 2016年6月21日 05:14:36 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[196]
ちゅーわけで、あたしと隆ちゃんとは、ずーと、
お金しか興味ないという共通の趣味で意気投合しちゃってた、
らぶらぶふりんカポーだったというわけでした。えへへ。

阿修羅民からかうの、楽しくてさ、ついw

ねーー、隆ちゃん、ちゅー💗
キャハハ❗


52. 2016年6月21日 15:51:11 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[229]
>51

あなたに捧げます。

『CHILDREN OF THE LIGHT 〜 光の天使 〜 』(Lyrics:Tony Allen/Music:Keith Emerson)

It's time for us
To start over trusting our dreams
The light is love that gives us all the strength
To shine throughout our lives
A new dawn awaits us all                        

 今こそ 私達みんなで夢を信じて やりなおす時
 愛の光は私達を勇気づけてくれる
 生きる限り 輝き続ける
 私達の前には 輝く夜明けが待っている

In years to come
We'll build a world where love is all 
We'll learn to live and there will be no doubt
And every heart will be true(free)                  
                                        
 この先 何年かかろうと私達は愛に満ちた世界を築くだろう
 生きる喜びをかみしめ、疑う心もなく
 そして 人々の心には真実(自由)のみが……

The path we choose
Is leading us beyond our space and time
The whisper in the darkness of the night
Echoes eternally
Beautifull melodies

 私達の選ぶ道は果てしない宇宙と時間を越える
 光ない世界のささやきも 時を越えてこだまする、その素晴らしいメロディー
                           
The future waits
We'll build a new life from this fiery birth
A world where prophecies waits to be
Fullfilled in time to come                         

 広がる未来に向かって燃えるような新しい生命がはじまる
 神のことばを待つ新しい世界はやがて 現実となっていく

We're children of the light
The future we will guide
The light will lead us on
Love is on our side
And bright are the days ahead

 私達は光の天使、未来を導くのは私達
 輝く光のもとに愛が私達を支えてくれる
 そして 輝かしい日々はもう目の前に――

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
遊んでいただきありがとうございました。


われわれは人間という衣服を被っているだけです。

その『衣服』とするものは「肉体」のことではなく、
「人間的な価値観」のことだといえるでしょう。

これまでの遊びを通して、これからも私はあなたをかけがえのない仲間として見ていることには変わりはないでしょう。

人は、人間であるために衣服を着込むように、自分の本質を覆い隠しつづけています。

それでは、いつまでたっても、自分とはいったいどうした存在なのか、気づくことはできないままでしょう。


完璧な人間などいないのです。

私はあなたのある側面を素敵に感じております。
そしてあなたの気がかりな部分も存じております。

あなた自身について、誰よりもそれを知るはずのあなたが、
自分自身に対して非礼な仕置きをし続けるというのは、他人が見ていても酷なことといえます。

あなたは自分のある一面を非常に恐れている。
しかし、それは単に自分の本質に向き合えていないからだと理解します。

あなただけでなく、自分を苦しませている人々は大勢いますが、
上記の私のコメントに当てはめれば、その苦しみは自分自身で求めてきたのだといえます。

解決策は存在します。何かであるフリをするのをやめればよいことです。

そこに浮かび上がる本質を自分だと理解して生きてください。


53. 2016年6月23日 08:59:57 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[209]
まじ何いってんだ?意味不W

あたしと中川ちんとのかんけーに、ほんとは興味津々の癖にW
まー、私ももとより、中川さんや神ちゃま、真相の道、4153
が、宇宙に選ばれたエリートだっちゅうことを認めたくないの。
ウンウン、わかるよw(大笑)

ね?WWW
永遠の金と生命生長、靖国に血命🔪(サカラウモンミナブッコロスゾオイw)


54. 2016年6月23日 09:08:59 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[210]
あと、先程宇宙大明神により御名を挙げてよろしいという命を承りにて候

「木卯正一」
宇宙大僧正。

誰にも敗れぬ、安陪盟主の幸魂殿。

阿修羅の風情は、平に平に

でようやっと存在が許さるるが如しじゃ。そら、控えい。


55. 2016年6月23日 10:45:00 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[213]
内容より身なり、言葉遣い、
なんてのは、単なる日和見阿修羅ルール、な。

56. 2016年6月23日 11:54:22 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[218]
人間のふり、ねぇ・・・

あたしゃ唯の人間なので、人間のフリのお芝居しろと云われても、
まんまなんで・・・。

ただ、ケダモノのフリやお芝居なら、楽勝で出来まっせ(笑)。


57. 2016年6月23日 15:06:40 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[238]
>56

再度同じ問いかけはいたしません。

これがあなたに対しては最後のコメントです。

真剣さと誠実さでご自身に向き合うことをお勧めします。

それ以上は私の口出すことではございません。

あなたはあなたの生きたいように生きればよいだけです。

他者もまたそれぞれがすべて自身の責任において生きています。

誰のフリをすることもできません。誰のフリをする必要もありません。

それぞれの思想、価値観、考えには、それぞれに見合った結末による反省が用意されています。

そのことをお忘れなきよう。


58. 2016年6月26日 07:51:05 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[225]
シロートはFXなんかに出だしするもんじゃないね。
普通の株にもねw

他人を出し抜いて大喜びしたところで、気付きゃあ〜あだ!

・・・


59. 2016年6月26日 10:21:12 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[226]
聖魔一元

60. 2016年6月26日 11:36:15 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[227]
ねー♡
神ちゃま中川ちん、4153様、木卯正一様、真相の道様
その他方々、宇宙の勝ち組の太子様方ゴロニャン♡♡、愛してますぅ♡♡♡。

であればこそ、私の懐にちゃんと補填入れて下さるという契約は果されます。
信頼に応えてちゃんとお約束を守って下さるもの。

アーリエルとは大違いw

私はその名を冠す、安倍様にまつわる、大義をもつ「エイブ」ラハム及び
「アヴェ」マリア以来の真の神々のみを信仰します✟

負け犬遠吠えしつつ見てろよ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \❕❕❕WWW

[32初期非表示理由]:担当:スレ違い

61. 2016年6月26日 11:47:40 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[228]
おぉポンドポンド様。きっと裏の意味がある。これからです!
大英帝国のポンド大勝ちついでに
大日本帝国の円銭が大勝ちする時代は!

てめえら顔洗って待っときな!!!!!!All My Victory❕❕❕
fuck youキャハハ!



[32初期非表示理由]:担当:アラシ

62. 2016年6月26日 12:01:12 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[229]
次も絶対安倍様自民に投票しますよ。

だってそうしないと帰ってこないでしょ?w

帰してもらえること信頼するなら、安倍自民に投票するしかない

[32初期非表示理由]:担当:アラシ

63. 2016年6月28日 04:46:56 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[229]
何で
>60は「スレ違い」で、>61>62は「アラシ」認定なんだか(笑)

管理人さん面白い!
さて、このコメの黒塗りもよろしく。

まー、>60の冒頭に挙げたHN連は、実に涎出そうな程に旨そうな魂共なんだが、
アーリエルはそんなに旨そうじゃない。

かと言って、不味くて食えなさそうでもない。
つまり、食えと言われれば食えなくもないビミョーな味だが、
食いたいかと言われれば、「別に・・、いや特に自分から好き好んでは、、
あ、ただ今回の味付けはなかなか旨そうだ」。

食われたいか食われたくないのか。
よーく胸に手をあてて考えてみてね。

意味分っただけでも大したもんだよ。

[32初期非表示理由]:担当:アラシ

64. 2016年6月28日 04:54:44 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[230]
今年は大漁だ💕

[32初期非表示理由]:担当:アラシ
65. 2016年6月28日 05:03:00 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[231]
因みに閻魔はこっちサイドなんで。
ネーミングでわかるっしょ。

人が指摘する襟のシミは見逃すが、人が見逃した(特に敢て見逃す)襟のシミは、
しっかり指摘するんだとさ。


66. 2016年6月28日 05:06:09 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[232]
我〜利我利、君💙w

[32初期非表示理由]:担当:アラシ
67. 2016年7月01日 04:20:27 : 3uTiYCXxwE : 9Og8ZW9kRTE[1]
山本太郎
66万6千票

いちお、太郎ちゃんも洋平君もお友達だもんでw

宗教的シンボルフェチ層
にとっては正に、「鬼門」かと(笑)

だが、「獣」とは誰よ??

[32初期非表示理由]:担当:無関係が多いので全部処理

68. 2016年7月01日 04:37:44 : 3uTiYCXxwE : 9Og8ZW9kRTE[2]
あたしゃ、徹頭徹尾ヒューマニズム交々。

だって人間としての身上を、有難く拝して生まれて来てるのだから。

生きている間は、常にそこに参照する他ないね(不死身《で居たい》訳でも
あるまいし・・・まさかあんた、、)w

神は(唯一芝居許された悪魔とてw)常に、「上」

[32初期非表示理由]:担当:無関係が多いので全部処理

69. 2016年7月01日 04:45:02 : 3uTiYCXxwE : 9Og8ZW9kRTE[3]
キリストと悪魔の間には〜
浅くて明るい(しかも狭い)川が〜ある♪

[32初期非表示理由]:担当:無関係が多いので全部処理
70. 2016年7月01日 04:57:26 : 3uTiYCXxwE : 9Og8ZW9kRTE[4]
by 白山比女♡

[32初期非表示理由]:担当:無関係が多いので全部処理
71. 2016年7月01日 05:17:14 : 3uTiYCXxwE : 9Og8ZW9kRTE[5]
あ、それからちゃんと、著作肖像権使用を申請し許諾された上での、
「フリ」は普通OKだが、そうでない、
つまり勝手な「踏襲やモノマネ」は、一応ご法度ねw

(管理人さん、議論版でのタイトル失念御免なさい。今後外部リンクする際は
気を付けます。、というか、最近散々お手数おかけしてホント申し訳ない)。

[32初期非表示理由]:担当:無関係が多いので全部処理

72. 2016年7月02日 13:17:48 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[236]
因みに、夢(己本来のの理想、鋳型)と妄想は、巌に異なる。

「夢」は、あなたのDNAそのものの「スガタ(姿、素型)」であり、故に自然発生
なので、幾らでも描いて構わないものだ。更に、純粋な「夢」は、
共通の「夢を持つ者」同士の「縁」の培地でもある。

だが妄想とは、現実にそこに無いもの、を、そこにあると錯覚する乃至
己を甘やかし信じ込むという、云わば敗者(と思い込む即ちそれ自体妄想)
の言い訳、
統合失調症者やドラッグ中毒者が最後に縋る、信仰のスタイルを模した
自己正当化原理に他ならない。

優しい強者が、「夢」を「唯の妄想ですよ、、」と攻撃的弱者、即ち
妄想者に寄り添うことはあり得る。当然それが自己防衛にも繋がることを、
自覚した上で。
その自己防衛と言っても、大抵は信頼できる家族や友人を得ている事が
多いので、自分を守ること=家族友人を守ること、という確信がある。

かたや妄想者の自己防衛とは、文字通り「自分の命、立場だけ」又は今だけ金だけ、
である。

けだし、「妄想者」が、人の「夢」を、「唯の妄想だ」とこき下ろすのは、
己の嫉妬や自己不全観による、暴力に過ぎない。

夢と妄想を混同することこそが、宇宙の最大の御法度なのだ。


73. 2016年7月02日 13:48:28 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[237]
何故わざわざ黒塗りリスク(つまりアラシ認定)覚悟の上で混ぜっ返したか判るかね?

それは>48でのアーリエルが、「優しい強者」としての余裕ある擁護ではなく、
明らかに堂々巡り系妄想者中川某への「同化」があった事への、
不都合さ違和感、を急速に感じた事から来た焦りがもたらした拙速な弁明、
と察知したからだ。
それは、非常に危険な態度表明だ。

ご理解頂けないのなら仕方ない。

一応、良心に基づく警告だけはしておきます。


74. 2016年7月02日 14:24:30 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[238]
因みに、当然私はFXなどにはまった事はない(抑々株やギャンブルに、
手出ししたこと?も)。

が、自分の内なる「欲」を観察しつつ、例のイギリスEU離脱日前後、FXや株系
SNSまとめサイトを覗き、地獄を見た人々と「敢て」同化してみたら、
見えてきた地平があった。。
単純にささやかな人としての「欲」を、私腹を肥やすために宣伝し騙し利用する
為政者の餌食となった、本来無害の弱者、という意味では、「自己責任」とは
よく言ったものだ、アベノミクスの大いなる被害者層ではないか!
立場や運をちょっとずらせば、私も彼等同様だったであろう事は間違いない。
唯の「人間」として。

同じ人間として、「理解出来ない、他人事」だけではただの差別になる。

山本太郎氏や三宅洋平氏もそうだと思うが、いつどんな役が巡ってこようとも、
役者やミュージシャンとしてなら、常に「その役に成り切れるよう」
スタンバっておかねばならない。先ずは「夢からの自己実現」ありきだ。
己のちっぽけな自我を守るより大事なフロー、トランスを得る為にこそ、
演者とは大切なガーディアンとしての修行を戴いた者だ。
即ち自己実現者、モデルとしてならカリスマ。

ところでアーリエル殿。。。

「人間を演じる」とは、一体何様のつもりかね?


75. 2016年7月02日 15:06:58 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[239]
因みに恐らく貴方も重々ご理解しておいでであろう通り
「妄想とは即ち投影原理」である。

投影(要するに自己投影)は誰も幸せにしない。寧ろ災禍そのものだ。

それを「人間皆」の名の下で正当化しようなんざ、ましてや通りが悪いと
見るや、我が知があたかも人知を超越したかが如しの言説など、
木星さんブログのワトソン氏の欲目込みのしみったれた書き込みよろしく
(とは言え嗜虐的ウヨや工作員よりゃマシかw)、
でもまぁ、正に「ズルい」の極みだ。


76. 2016年7月02日 15:31:11 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[240]
「神仏悪魔からの、お告げ」を受け入れるとするなら、謙虚に
先ず人間という制限の受容に徹するべきだね、少なくとも生存している間は。
自他の人生に奇跡が起きたとしても、あくまで通路、媒介としてのお役だ。

因みに、かのイエスキリストも、生存間、徹頭徹尾そこを外していなかった
筈だが。。


77. 2016年7月04日 06:28:46 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[243]
株やギャンブルに手出し、の後の?について、誤解があるかも知れない、、

100円宝くじ商店くじ、やゲーセン、ネトゲ、ビンゴゲーム、
お金を賭けないポーカー、花札、麻雀、まあ、お金がらみだとネットオークション、
や(主に他人の)訴訟事なら、結構嗜んだり絡んだりことあるし(今でも時々w)
あと、人生いざという時の大博打云うならしょっちゅうというか常時なので、
流石に全く賭け事やったことないとは言い切れないので一応。

[32初期非表示理由]:担当:スレ違い

78. 2016年7月04日 07:14:42 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[244]
あとね。。^^;

中川某などが二言目にはよく煽るIQだの知能だのって・・・w

それ、単に、その人の祖先からのDNAや鍛え度に応じた、
それを自他に役立てる事が出来るかどうかのお試し的チップに過ぎないの。

先天的だったり後天的だったり、
或いはたまに一生もんだったり(する場合、サヴァンとか、高次障害とか、
中々一般社会に順応しきれないケースが多いので、幸運かどうかは微妙、、
魂的にはそれで完結してるし、いいんだけど)

普通に「存在意義=安心立命」を求めたいのなら、先ずは感性を養うが第一、
そこに知性がついてくる事は多いけど、まぁ、なくても幸せには生きられるし、
おまけとしてのそれがついてくれば多少は一人でも器用に生きられるのかもね、
程度のシロモノ。

だから、知性を自己基準で計って他人を下に見たがるもんなんてのは、
大概愛を知らない、不幸せで可哀そうな奴なんだ。
それだけ。

それより何より、「愛」が大事。ってことで、くれぐれも釣られなさんな(笑)


79. 2016年7月04日 07:40:45 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[245]
腐っても鯛、なんて言い回しがあるが、

誰が好き好んで大枚はたいて腐った鯛を買って食うのかね?

腐った鯛よりゃ、安くても新鮮な「鰯」
の方が、安全で美味いに決まってらぁな(笑)!!

IQも、同じこと。


80. 2016年7月04日 08:08:13 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[246]
↑当然学歴、職歴も、ね。(タローちゃん高校中退中卒、洋平ちゃん早稲田卒、
うちの旦那東大大学院卒というか修士修了、私小卒からの高卒程度&大学中退、
娘二人とも中卒兼小学校から中学ほぼ不登校、のち上は専門学校トップ卒
下は職業テストトップ卒w、学歴職歴ヘン過ぎ人生を遊ぶ仲良し一家でんねんw)

みんな頭悪すぎだよね、中川某の基準に照らせば(笑)
でも色々楽しいよ♡

因みに夫先日洋平君のポスター貼りボランティア修了w
下の娘応援&カンパ修了、上の娘フェスのyoutube彼氏と観て感動のご報告。
前回もだけど、今回も全会一致で同じ投票先決まってる(笑)


81. 2016年7月04日 11:51:17 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[248]
映画「バードマン」はご観覧されたでしょうか?

自分に浴びせられたスポットライトに陶酔していくさまは、まさに役者冥利に尽きるといえます。

うわさの、次回作「女版ジョーカー」の主役ポストは誰がゲットするのでしょうね?

ヒースレジャーよろしく、鬘の中の地毛まで染めるような怪役ぶりを発揮するものにそのお鉢が回ってくるのだという気がします。

けれど、もうそのような映画は作られましたしね。二番煎じは閑古鳥が鳴くでしょう。


どうした映画ももはや出尽くした感があるのが今で、
現実として誰も食えない一人芝居をするものは
そろそろ転職を考えないといけなくなりますね。

ある性格の映画の舞台の中ではヒール役とは確かに”望まれた役柄”です。

ヒットする映画とは当然、”人々がどうした映画を見て興奮したいか”を受けて作られているわけです。

つまり、人が「人というものを知りたい」とするなら、
そこには、先入観としての方向性による発想が
すでに”見る側には盛り込まれている”ということになるでしょうね。

だから「予想と違う」と感じると、つまらないとだけ感じてしまう。

本当にすごいと思わせる映画とは、その予測を常に裏切らなくてはならない。

けれども、ちょっとでも間違うと批評家に酷評されるとんでもない駄作とされてしまう。

観客側の視点にも寄りますが、それは見終わった後、
それを自分の経験に役立てようとするときに現れるわけです。

だから、大方、すばらしい監督とは、「映画帰りに、単に気分がよくなったとか、
なんとなく満足できた気になれる映画を作るほかない」といいつつも、
自分のシナリオ作りの才能を叩かれるのをひどく恐れながらも、
何か人の心に訴える、娯楽を超えたものを常に作ろうとし続ける。

観客側は、それで重い気分になったとしても、
「なぜその映画でどうして自分がこうした気分になったか」、
以後、その映画のメッセージを考えることも映画の楽しみ方だと理解することで、
再度、映画というものを深く味わえるようにもなるわけです。

自分のために自分は何をしたらよいか、それは、映画だけではなく、
人生という場所においては日々、考える機会としてそこは自分に必要とされてあるわけです。

本当に評価される映画とは、その後に観客らが自分たちについて考えることになるものでなくてはならない。


皆さんがここで演じているとする役柄とは、「誰の何のためのものか」


それを考える必要があるのではないでしょうか。


精妙な意識で、肉体と感情と精神、そして魂の四部作である『自分』というものを
それぞれの役回りの確かさをきちんと把握し、そこであなたが一人の役者としてあり、
それらすべてを把握し、協調性のあるものにしていかなければ、まともなものはできない。


ともかく、あなたは「酩酊した一人芝居を打つ、危ない人」としての演技は、
みなの知るところとなりました。
それが誰の何のために役立てられたのかをきちんと自分が把握することです。

しかし、そもそもここはそんな役柄のオーディション予選会場ではありません。

あなた方とかかわって理解したことは、
私が人を通して知りたいことは確かに多いが、
知らなくていいものもまた多い。

私の感想はそんなところです。


82. 2016年7月07日 04:30:33 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[247]
何となくわかったような。

なるほど、アーリエルと名乗ってはいるが、英字として追うとどう見ても
エアリアル。

エアギターとか、エアドラム等と同様「エア現実」という意味だよね。

つまりは、「空虚」。


83. 2016年7月08日 08:05:06 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[250]
もう一つ、アーリエルには、「解釈」と「理解」の混同が見受けられる。

理解とは、対象そのものとの直接交流が生じない限り、決して得られぬものだ
(対象が物質だろうが動植物だろうが○○人だろうが○○教徒だろうがISISだろうが)。

その交流、即ち刷り込まれてきた「価値観」そのものの瓦解や刷新があって
初めて「理解」が起きた、と言える。無論その経験、体験を演繹したところに
「想像力」が働く余地も生まれる。だがしかしそれは、「妄想」などとは全く
次元の違う別物だ。想像力創造力から生じる「空想」も、何者にも投影していないのなら、
「夢」の範疇、即ち「妄想」とは別物の安定安全な実現原理である。

理解者同士想像創造者同士は完全な意見の一致が無くても、寧ろ微妙な
(補い合える)ズレがあればこそ(+-が引き合うように)、しばしばエポックを
現実世界にもたらす。

妄想者同士が利害の一致で一時的につるむことはあるだろうが、決して恒久的な
結束及びヴィジョンの結実を築くことはない。ナントカ会議はいい例だ。

なぜなら、常に++か--の関係にしかなり得ない、即ち常に相克又は相殺しあうからだ。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
環境・自然・天文板6掲示板  
次へ