★阿修羅♪ > 原発・フッ素46 > 118.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島第一原発2号機 原子炉の底に大量の核燃料か(NHK)
http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/118.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 6 月 30 日 10:28:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 


福島第一原発2号機 原子炉の底に大量の核燃料か
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160630/k10010577361000.html?utm_int=news_contents_news-main_005
6月30日 6時11分 NHK



東京電力福島第一原子力発電所の事故で核燃料が溶け落ちた2号機で、原子炉の底の部分に大量の核燃料が残っている可能性が高いことが分かりました。原子炉を透視する特殊な調査で核燃料とみられる大きな影が初めて捉えられたためで、東京電力は核燃料の取り出しに向けて、さらに分析を続けています。

福島第一原発の事故では、1号機から3号機の3基で核燃料が溶け落ちる「メルトダウン」が起き、このうち1号機は、これまでの調査からほとんどの核燃料が原子炉の底を突き抜けたとみられている一方、2号機と3号機では、核燃料がどこにあるのか今も分かっていません。

このため東京電力は、さまざまな物質を通り抜ける性質がある「ミューオン」と呼ばれる素粒子を使って、原子炉をレントゲン写真のように透視する調査を高エネルギー加速器研究機構などと続けています。

その結果、2号機の原子炉の底に大きな黒い影が映っているのが確認され、分析した結果、溶け落ちた核燃料のほとんどが、炉内の構造物とともに原子炉の底にたまっている可能性が高いことが分かりました。溶け落ちた核燃料とみられる影が捉えられたのは、今回が初めてで、こうした影は、原子炉の壁の部分でも確認されたということです。

今回の調査結果は、核燃料をどう取り出すかという廃炉に向けた最大の難関の工程に大きく影響するだけに、東京電力はさらに分析を進めています。

廃炉への影響

「ミューオン」は、宇宙を飛び交っている「宇宙線」と呼ばれる粒子が大気と衝突してできる「素粒子」の一種です。さまざまな物質を通り抜ける性質があるため、建物などを通り抜けたミューオンを観測することでレントゲン写真のように中を透視することができます。

福島第一原発では、去年から強烈な放射線で、人が近づけない原子炉周辺の調査に活用されていて、このうち1号機では、高エネルギー加速器研究機構などの調査で、溶け落ちた核燃料のほとんどが、原子炉の底を突き抜けた可能性が高いことが明らかになっています。

一方、2号機では、名古屋大学などの調査で、核燃料の大部分が溶け落ちた可能性が高いことは分かりましたが、どこにあるかまでは分かっていませんでした。

核燃料がどこにあるかは、廃炉に向けた最大の難関とされる溶け落ちた核燃料を、どう取り出すかという工程に大きく影響します。アメリカのスリーマイル島原発の事故では、溶け落ちた核燃料は、すべて原子炉の中にとどまったため、ここを水で満たしたうえで原子炉の真上から核燃料を取り出しました。水には、放射線を遮る効果があるからです。

しかし今回核燃料の多くが原子炉内にある可能性が高いことが分かった福島第一原発2号機の場合、原子炉が損傷して水漏れが起きているため、水で満たすのは簡単ではありません。国と東京電力は、水で満たさずに核燃料を取り出すことも検討していますが、その場合、作業員の被ばく対策など新たな課題への対応が求められます。
現在の工程表では、5年後の平成33年までに1号機から3号機のいずれかで核燃料の取り出しを始めることになっていますが、40年かかるとされる廃炉に向けて、極めて難しい課題が山積しているのが実情です。






















 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年6月30日 10:56:10 : lv7vbj53vM : R5TUbJyqZ1g[1013]
放射性蒸気噴出を指摘され、溶融燃料沈下がバレそうなので、
東電はあわてて格納容器の底に燃料があるとデタラメを報道し始めた。

4年前に、2号機格納容器内で73Sv/hの線量を検出しているが、
もし大量に溶融燃料があるのなら、こんなに線量が低いわけがない。

「福島第一原発 毎時73シーベルトはロボットすら2時間で破壊する値 (週刊朝日)」
(阿修羅・赤かぶ 2012/4/5)
http://www.asyura2.com/12/genpatu22/msg/570.html

そんなに大量に溶融燃料が残っているのなら、すぐにわかりとっくに発表したはずで、
5年もたって、「原子炉の底に大量の燃料か」などと発表するのは、
燃料がすでに格納容器の底を突き抜けて外に沈下してしまった証拠だ。


2. 2016年6月30日 11:52:44 : oqef7HanA2 : kmd0jgd80IA[3]

 アホが

 格納容器 の下以外に 何処に有る

 後は 深さだろうが もう 地下水脈に 当たって

 もう トリチウム温泉 になってるヮ



3. 2016年6月30日 15:32:04 : hg5IoppZv6 : GwSg6KmHDmk[1]
>・・・ 原子炉の底に大量の核燃料か?

底じゃなくて「地中深くに」だよ。
もっともらしい推測でっち上げて大ウソついてもダメだよ。
誰も騙されないよ。

爆発直後から下痢ゾーの広報機関になった犬HKは「ウソ、歪曲、隠ぺいのデパート」という認識が最早世の中にしっかり定着してんだからさ。


4. 2016年6月30日 16:29:54 : E5KZwvgBC6 : _tO8rrAB3Ok[1]
結論から、先に言うと、ミュオグラフィ以外の方法でも、核燃料の存在が確認されない限り、それは、可能性の領域にとどまる。

ウィキによれば、福島第一原発1号機で使用された方法は、“Muon Scanning Method”であるが、2号機では、米国のロスアラモス国立研究所が開発した“Muon Scattering Tomography”が使用されている。

https://en.wikipedia.org/wiki/Muon#Muon_radiography_and_tomography

“Muon Scattering Tomography”は、原子番号が大きな物質を背景として、そこにある原子番号が大きな物質(ウラン、プルトニウムなど)の存在と、同じような状況にある、原子番号が小さい物質(例えば水、水蒸気?)の存在を確認できる。

>This technique has been shown to be useful to find materials with high atomic number in a background of high-z material such as uranium or material with a low atomic number.

https://en.wikipedia.org/wiki/Muon_tomography#Muon_scattering_tomography

東電は、2号機のミュオグラフィを、今年の3月22日から開始しているが、中間報告では、否定的な結論が出ている。

>2号機においても,平成28年3月22日より,ミュオン透過法の測定を開始

>炉心域に1m程度以上の大きな燃料の塊がないという結果を得た(使用済燃料プールには燃料と思われる高密度物質の存在を確認

http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/decommissioning/committee/osensuitaisakuteam/2016/05/3-03-02.pdf

2ヶ月かけて行った中間報告では、(核燃料の)塊がなかったけれど、その後1か月で、それが確認できたと言うのか?

記事で使用されている「原子炉の底」とは、報告書を読めば分かるが、格納容器の底ではなく、圧力容器の底のことだ。

東電の第三者委員会の事故報告書が、当時の政権政党への意趣返しであったように、この疑問符が付く「朗報」も、与党支援の情報戦の一環である可能性が高い。


5. 2016年7月26日 00:33:33 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-9004]
======================================
武田邦彦 原発の嘘!原子炉が停止するなんて、ありえない!
https://www.youtube.com/watch?v=HAEDVD4v9Wg
=============================================================================

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素46掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素46掲示板  
次へ