★阿修羅♪ > 原発・フッ素46 > 634.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ウソとデタラメで固めた九電原発の再稼働 
http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/634.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 10 月 19 日 16:30:40: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

ウソとデタラメで固めた九電原発の再稼働
http://79516147.at.webry.info/201610/article_149.html
2016/10/19 14:19 半歩前へU


▼ウソとデタラメで固めた九電原発の再稼働
 電気が余ったから、売り込みCMに力を入れるのだそうだ。電気が余る? こんなことはハナから分かり切っていたことだ。それを、原子力ムラの仲間である規制委と図って、強引に原発再稼働に持ち込んだ。

 原発は電力の供給不足をカバーするのに欠かせない、とウソを付いた。ウソとデタラメで固めた再稼働である。

*****************

 九州電力が家庭向けのオール電化商品の売り込みの強化のため、今月にもテレビCMを再開する。東京電力福島第一原発事故を機に自粛していた。 

 が、川内(せんだい)原発(鹿児島県)1、2号機が再稼働し、来春には玄海原発3、4号機(佐賀県)の再稼働も目指す中、電力供給がだぶつくことが予想されるためだ。

 オール電化で電力消費を増やそうとの思惑があるが、世の中に定着しつつある節電志向とは逆行する。 

ここをクリック
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016101990135742.html


原発再稼働で余る電力 九電、オール電化CM再開へ
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016101990135742.html
2016年10月19日 13時57分 東京新聞

 九州電力が家庭向けのオール電化商品の売り込みの強化のため、今月にもテレビCMを再開する。東京電力福島第一原発事故を機に自粛していたが、川内(せんだい)原発(鹿児島県)1、2号機が再稼働し、来春には玄海原発3、4号機(佐賀県)の再稼働も目指す中、電力供給がだぶつくことが予想されるためだ。オール電化で電力消費を増やそうとの思惑があるが、世の中に定着しつつある節電志向とは逆行する。 (荒井六貴)

 「光熱費で選べば、電化でしょ!」「火を使わない安心感 お手入れカンタンなIH」−。九電のホームページに、オール電化の売り込み文句が並ぶ。今月一日から年末まで、同社が進める「オール電化キャンペーン」だ。

 九州地方でスタート予定のCMも、その一環。オール電化の目標は一万三千戸。九電の契約者が、電気給湯器やIHクッキングヒーター(電磁こんろ)を購入し、九電の無料会員サイトに登録すると、熊本県の名産品などが抽選で当たるという。

 二〇一一年三月の福島第一原発事故後、オール電化は「電気を使いすぎる」「省エネに逆行する」と批判が出た。九電も電力不足を理由に、オール電化の売り込みを自粛してきた。
 だが、昨年八月に川内1号機、同年十月に2号機が再稼働し、九電管内の電力供給は余裕があるというより、むしろだぶつき気味の日も多い。

 家電製品の省エネ性能が上がり、節電も定着したことで、九州の電力消費量は低下傾向にある。一〇年の夏場の最大電力消費量は千七百五十万キロワットだったのに対し、今年は八月二十二日の千五百五十万キロワットがピーク。川内原発二基分(計百七十八万キロワット)を超える消費量が減った。

 オール電化の営業強化について、九電の広報担当者は「川内原発が稼働し、電力供給に余裕が出てきた」と説明。また玄海原発3、4号機は、原子力規制委員会による新基準に基づく審査が実質的に終わっており、今月中にも「適合」の判断が示される見通しだ。






















 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年10月19日 16:44:16 : 1Xw9dmLeKg : xdnaaX3uvTU[-19]
九電つるんで40円というクソ高い電力を売りつけてる知る大切さ

ぼったくりの大切さと改名しろ

[32初期非表示理由]:担当:アラシ投稿多数のため全部初期非表示

2. 茶色のうさぎ[-3060] koOQRoLMgqSCs4Ks 2016年10月19日 17:25:11 : ETrIIjiUYQ : g4lBtIvZHDI[-4]

 ↓ 太陽光発電だって、不経済♪ 武田邦彦先生です。
https://www.youtube.com/watch?v=0dRy2depR9c <2016/10/04 に公開

コストなら、3Kw使って1kw発電するんだってさー♪<ばか? アホ汁工作員と同じだね!ぺっ♪

本題: 原子力??? どこまでおバカなの? ぷっ♪ うさぎ♂

コスト?? 500年の冷却と10万年の管理だよー♪ 論外!💢



[32初期非表示理由]:担当:反原発を装い、原発を推進して日本を今日の大破局に追いやった自民党=利権官僚政府と原子力ムラには批判も非難もせず、口を開けば「小出がー」、「松本ガー」とやって小出さんを誹謗中傷するコメント多数のため一括処理http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/413.html#c82

3. 2016年10月19日 18:39:56 : UnupIYC5lI : P8qahD1kmKk[3]


 >コストなら、3Kw使って1kw発電するんだってさー♪<ばか?

   ばか は必要ない

   大きな間違いは 3Kw/h 使って1Kw/h 発電の時間の経過は 

   作るときの電力消費だろが 太陽光がどれだけ 発電し続けるか

   キチッと議論しろ どあほ



4. 2016年10月19日 19:41:19 : Jilb75pMNo : V3E5uaXmcQI[1]
日本の1%が、どれほど統合失調症なのか分かる。

己が利益のために、原発を再稼働したけれど、電気が余った。

消費者に余裕があれば、電化製品を買い揃えて、電力需要も増えたかもしれないけれど、1%が行ったことは、海外移転、雇用の非正規化、倒産解雇、消費税を初めとする重税、保険料の値上げ、社会保障の切り捨てなど、徹底的に99%を痛めつけることばかり。

99%の貧困化によって、各種需要の減少を経て、デフレスパイラルに入った。

さらに廃炉費用を電気代に加算すれば、ますます99%は、電気を使わなくなる。

売国・亡国の電力会社は、沖縄電力を除いて、倒産すべきだ。(実際、廃炉費用で、債務超過は明らかだ。)


5. 茶色のうさぎ[-3059] koOQRoLMgqSCs4Ks 2016年10月19日 21:10:01 : ETrIIjiUYQ : g4lBtIvZHDI[-3]

>3へ どあほー♪

 14:30〜15:00の、30秒間みれよー♪あほ

稼動している総耐用年数で割るんでしょ! 廃棄処分は? <武田先生に聞いてみればー♪

まぁ、東京の銀座一丁目に作ればー♪ぷ うさぎ♂ 

健康被害の無い、水力、風力、地熱、海流、波etc の自然が一番と思うけど? 小川の水車etc またねー♪

割り算って知ってるかなー? アホ汁工作員は位取りができなかったよ!w <国立大卒だってさー♪ぷっ



[32初期非表示理由]:担当:反原発を装い、原発を推進して日本を今日の大破局に追いやった自民党=利権官僚政府と原子力ムラには批判も非難もせず、口を開けば「小出がー」、「松本ガー」とやって小出さんを誹謗中傷するコメント多数のため一括処理http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/413.html#c82

6. taked4700[5720] dGFrZWQ0NzAw 2016年10月19日 21:15:03 : oZbQFBAroA : QebLyI6Dv4Q[3]
電力会社は、または、電力会社の特定のメンバーはと言ったほうがより実態に即していると思いますが、非常に大規模な誘導にかかっているのだと思います。

そもそも、福島第一原発事故を見て、あの事故が不自然だと言うことをどこも言い出さないことがおかしいのです。

原発が不経済なのは、高コストなのは明らかです。ただ、311大事故までは、国際的に原発コストが安いとされ、非常に多くの方たちが騙されてきたわけです。そして、現在でも、多くの方たちが原発は安全で経済的だと思い込んでいるわけです。

その背景にあるのは大規模な誘導です。なぜそんな誘導が行われているのかについては相当複雑でいろいろな理由があると思いますが、基本的には放射性廃棄物、重金属廃棄物の処分の不可能さがあるのだと思っています。最初の理由は核武装をして、他者に圧倒的に有利な立場を得たいという動機であったのでしょう。

上に述べたのは国際的な誘導の背景であり、日本の場合は、そういった國際的な誘導によって、国家的な枠組みが作られ、

1.原発は安全、
2.原発の発電コストは安い、
3.核廃棄物は埋設処分できる、

という神話が作られてしまったのです。神話ですからこの世では通用せず、実際に当てはめれば、これらのどれもがおかしいのはすぐに分かるのですが、実際を知らない方たちには神話で十分に通用した訳であり、現在でも通用しています。

そのため、原発再稼働は経済的にごく当然な合理的な経営方針だと信じ込まれているのです。

こういった信念を壊すことはある意味簡単で、実際はどうだと現実を突きつければいいだけですが、原発再稼働を主導している経営幹部は下界には降りてこない。

原発は既に存在し、何千億円も建設維持費をかけ、311の福島原発事故以降は同じく多大はコストをかけて工事をしてきたわけで、これだけ手間をかけたものを廃棄するわけには行かないと思い込んでしまっているのです。しかし、実態は、近くである程度以上大きな地震が起こってしまえば、ほぼ手が付けれない事故になってしまいます。米軍はそれを目指しているわけであり、日本の国土を核廃棄物処分場にしようという長期目標をもって、戦後ずっと日本社会の誘導をしてきたわけです。この米軍の誘導のことを理解しないと、結局は、誘導にいつまでも載って破滅に至ることになるだけです。

肝心なのは、全体の構図を理解することであり、背後は米軍の戦略があることに気が付くことです。


7. 茶色のうさぎ[-3061] koOQRoLMgqSCs4Ks 2016年10月19日 21:48:46 : ETrIIjiUYQ : g4lBtIvZHDI[-5]

>6. taked4700 先生へ

 日米合同委員会や原子力協定や原発利益共同体ですね。<日本はアメリカの属国と思います。

話が飛びますが、九州電力って、1750万kwが1550万kwに減っても大丈夫なの?

200万kwって、福島県の人口200万人分だよ? なんか、計算がヘン? うさぎ♂ 数字の捏造かな?



[32初期非表示理由]:担当:反原発を装い、原発を推進して日本を今日の大破局に追いやった自民党=利権官僚政府と原子力ムラには批判も非難もせず、口を開けば「小出がー」、「松本ガー」とやって小出さんを誹謗中傷するコメント多数のため一括処理http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/413.html#c82

8. 2016年10月19日 22:21:55 : Z8Nxi8o7ZM : HLYKAOnMHJg[28]
原発を稼働させると、夜間に余剰電力が生じ、その持って行きどころがない。
仕方なく、揚水発電に回すことになる。

 コンビニの終夜営業は原発対策でもある。

 夜間に電力消費させようとするから、24時間営業、24時間操業などが増えることになる。国民は不健康になる。

 どんな面で切ろうとも、理路整然と原発を擁護することはできない。理屈を追えば、必ず破綻するのが原発だ。嘘に嘘または詭弁に詭弁を重ねない限り、これを動かすことは不可能。


9. 2016年10月20日 09:43:24 : zU3bOA6eeQ : D1Ln9H3teEc[117]
>>8さん 同感です。

 さらにオール電化で夜間・深夜電力を低料金で利用させ「電気温水器」を使わせるのも、原発夜間余剰電力を消費させるためですね。もともと原発は出力調整が難しくて、小回りの利かないものです。


10. ボケ老人[959] g3uDUJhWkGw 2016年10月20日 11:28:05 : DPIHWzSy2A : ryp5mYY74JA[349]
>2.茶色のうさぎ:コストなら、3Kw使って1kw発電するんだってさー♪<ばか

武田邦彦には珍しい支離滅裂なトンデモ発言を理解力のない馬鹿が吠えて入るよ。
素人なら素人なりの常識力さえあればわかる事
3kwのコストをかけて1kwのプロフィットしか得られないなら産業として成り立たない。
こういうと、電力買い取り制度を持ち出すバカがいるから
あらかじめ断っておく
コストパフォーマンスは補助金云々の短期で考えるのではなく
補助金のなくなった時点でどうなるかを考えるべき
これなら、自由主義経済で生き残れるかどうか自然に任せればよいだけのこと
ことさらニコニコ動画で訴えねばならないようなことではない。

原発は兵器準備という目的のために、敢えて国費を投入している。
九電は自社に3メガのソーラを持ちながら、ソーラの接続拒否を行っている。
しかも、大牟田周辺で三井系の合わせて10メガを超えるソーラの接続はそのままにして、中規模業者のソーラ拒否という悪辣さ。
電力余りが無ければこんなCMは必要ない。
九電に限らず。
電力永久浪費機構の例
福島凍土壁
豊洲地下水浄化ポンプ
EV用無料充電設備

武田邦彦のまやかしのの一つ
高純度単結晶シリコンインゴットの製造コストをソーラのものとしている。
ソーラの総発電量とは何か(3kw云々は研究開発段階のものではないか?)
石炭火力の総発電量とはいつ時点のものか
原発と違って、石炭火力の進歩には目覚ましいものが有る。
しかし、それでも生き残ることが困難で、ソーラを下回る状況となっている。
これらのベース情報を明示せず、武田が常々言う理系だ学者だとうこととは裏腹に、非常に乱暴な発言だ。
これを真に受けて煽るバカも居る。

    


11. 2016年10月20日 12:42:19 : JXbBUMLCz6 : p77Ibi1C87Y[-9]
反原発に転向した武田を叩く推進派の工作員汁とボケ

[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。 http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html
12. ボケ老人[962] g3uDUJhWkGw 2016年10月20日 16:10:11 : DPIHWzSy2A : ryp5mYY74JA[352]
11. p77Ibi1C87Y

味噌と糞の区別も付かないバカ
武田邦彦は技術論としての反原発派ではない。

この武田の立ち位置は私と一緒だ。
違いは武田の原発は溶融塩炉も次世代炉(高温ガス炉等)も否定して
軽水炉も武田のような技術屋が作れば安全にできると主張している。
私は溶融塩炉に期待している。
武田は現在の原発ムラから飛び出しただけに過ぎない。

      


13. 不眠症[409] lXOWsI_H 2016年10月20日 17:00:30 : mBqEoVAF7k : YuLD0e5f9D4[412]
,


 原子力発電所 = 電力 + 核兵器用濃縮ウラン


 裏帳簿の 売上は 如何ほどか…


 地元に大盤振る舞いされる 新幹線 高速道 等


 うまい話の ウラには 恐ろしき 実態が ある。


14. 2016年10月26日 23:12:17 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-7680]
Domestic | 2016年 10月 26日 18:55 JST
玄海原発4号機の差し止め請求

http://s1.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20161026&t=2&i=1158997849&w=644&fh=&fw=&ll=&pl=&sq=&r=PN2016102601001330.-.-.CI0003
住民ら玄海4号機の差し止め請求

 九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)4号機は耐震性に問題があるとして、再稼働差し止めを求め、福岡、佐賀両県の住民らが26日、佐賀地裁に仮処分を申し立てた。4号機は3号機と共に、再稼働に向けた原子力規制委員会の審査が大詰めを迎えている。3号機は申し立て済みで、審尋中。

 申し立てたのは「玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会」(佐賀市)のメンバー146人。3、4号機いずれも、耐震設計の目安となる地震の揺れ(基準地震動)が過小評価されている上、配管の安全性の証明もなく、規制委の新規制基準を満たしていない、としている。

{共同通信}

http://jp.reuters.com/article/idJP2016102601001274


15. 2016年10月28日 11:48:39 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-7666]
Domestic | 2016年 10月 28日 11:21 JST
西日本の4電力が原発提携検討

 西日本の関西、中国、四国、九州の電力4社が、原発の運営や建て替えで提携を検討していることが28日、関係者への取材で分かった。電力の小売り全面自由化で新規参入企業との競争激化が進む中で、経営を圧迫する原発関連投資の軽減を図るのが狙い。4社での共同出資会社など提携の形を模索するもようだ。

 原発の再稼働に向けた安全投資費用や、建て替え費用は数千億円規模とも見込まれている。建て替えは、廃炉と並行して同じ敷地に新設する案が有力視されている。

 西日本の電力幹部は「電力自由化の競争下で、単独で巨額のコストをかけるのは厳しい」と負担軽減の必要性を指摘する。

⁅共同通信⁆

http://jp.reuters.com/article/idJP2016102801001300


16. 2016年11月28日 17:52:29 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-7191]
=====================================
九州電力、6年ぶりに全電化キャンペーン−テレビCMも復活 

2016/09/29 

http://www.shimbun.denki.or.jp/news/energy/images/2016092903_01.jpg
タイアップする各社代表と九州電力の渡辺営業本部長(前列中央右)

◇1万3000戸獲得目標に

九州電力は28日、「オール電化キャンペーン2016」を10月1日から12月31日まで実施すると発表した。オール電化キャンペーンを実施するのは6年ぶり。前年同期(10〜12月)実績比3割増の1万3千戸を獲得目標に設定する。また、オール電化CMを復活。メーカーとの共催イベントを九州各地で開催し、電化営業を本格的に展開する。

渡辺義朗取締役・常務執行役員・営業本部長は、「(キャンペーン展開を通じて)社内外に意気込みを示すことが必要だ」と強調。ガス・電気併用家庭に比べて、オール電化には「料金メリットがある」として営業展開に意欲をみせた。(3面)

http://www.shimbun.denki.or.jp/news/energy/20160929_03.html
=====================================


17. 2016年12月26日 12:22:02 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-6681]
=====================================
===========================================================================
空き家やお墓、九電が見守り 生活密着で顧客引き留め

2016/12/19 22:00

 九州電力は19日、来年1月から新たな生活支援サービスを導入すると発表した。九電の契約者の空き家とお墓の状況を有料で確認。結果は写真を添えて報告する。今年4月からの電力の全面自由化で価格競争が激しいが、生活に密着したサービスを充実させて顧客の引き留めを図る。

 生活支援サービス「九電あんしんサポート」の一環で、「空き家サポート」と「お墓サポート」を来年1月16日から新たに始める。契約者の依頼を受けて空き家やお墓を確認し、報告書を送る。実際の業務は検針の委託先である九州総合サービスなどが手掛ける。

 空き家サポートは郵便受けの確認や窓のひび割れを点検するほか、ゴミ拾いなどの簡単な清掃も行う。1回当たり2千円で、追加料金で破損箇所の修理や草刈りも手掛ける。お墓サポートは清掃をしたり、線香をあげたりする。1回5千円で、追加料金で樹木の伐採や果物のお供えもする。

 九電あんしんサポートの認知度を高めるため、来年1、2月に集中的にテレビCMを展開する。福岡市内で会見した渡辺義朗営業本部長は「(電気料金の)価格だけでなく、地域に密着する企業の姿勢を知ってもらいたい」と語った。

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO10852350Z11C16A2LX0000/
=====================================
===========================================================================


18. 2017年3月06日 19:38:04 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-5791]
=====================================
===========================================================================
知事「説明会出席少ない」
https://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/movie/5083187831_20170306122434.html
6日行われた佐賀県議会の一般質問で、山口知事は、九州電力玄海原子力発電所の3号機と4号機の再稼働をめぐって、今月3日まで5回にわたり佐賀県が開いた県民向けの説明会について、「参加者はのべ1000人あまりで、少なかったと感じているが多くの質問や意見が出され意義があった」と述べました。
定例県議会は6日一般質問が行われ、九州電力玄海原子力発電所の3号機と4号機の再稼働について質問が出されました。
これに対し山口知事は、今月3日まで県内5か所で行われた県民向けの説明会について、「参加者は5回でのべ1048人ということで、川内原発の再稼働に関して同じように平日の夜に開催した鹿児島県では5回でのべ約2500人であったことを考えると、参加者は少なかったと感じている」と述べました。
一方で、「さまざまな観点から多くの質問や意見が出され、説明会の開催に意義があったと思っている」と述べ、説明会の意義を強調しました。
そのうえで、今後、説明会での発言をまとめメールや投書箱で県に寄せられた意見とともに公表する考えを示しました。

03月06日 12時22分

http://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/5083187831.html?t=1488796402992
===========================================================================


19. 2017年3月06日 19:44:24 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-5790]
=====================================
玄海原発再稼働、伊万里説明会 市長「反対変わらぬ」
「なぜ急ぐ」住民も批判

2017年03月01日 09時48分
http://www.saga-s.co.jp/images/article/2017/03/01/SAG2017030199000080_id1_20170301095133.jpg
388人が参加し、不安や疑問が噴出した県民説明会=伊万里市民会館

 九州電力玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)の再稼働に関する県内4カ所目の県民説明会(佐賀県主催)が28日、伊万里市民会館であった。周辺市町の住民らを含め388人が参加、安全性などへの疑問点を質問した。地元の塚部芳和市長は「参加者の不安や疑問に国や九電は答えていない。再稼働に反対の立場は変わらない」と述べた。

 原子力規制庁と資源エネルギー庁、内閣府、九電の担当者が防災の取り組みや国のエネルギー政策などを説明した。会場からは福島原発事故の収束や原因究明が終わらない状態で「なぜ再稼働を急ぐのか」「避難訓練が必要なほどのリスクの中で進める理由が分からない」と批判の声や、「再稼働ありきで検討が進んでいる」と不信感も漏れた。

 このほか、使用済み核燃料の保管の問題や、テロなどでの航空機落下事故の際の安全対策への疑問が出た。

 伊万里市のほぼ全域は原発から半径30キロ圏内にあり、緊急時防護措置準備区域(UPZ)にあたる。塚部市長は、国が再稼働の必要性についてエネルギーの安定供給に終始したことに触れ、「原発の安全安心とエネルギー問題は同列で論じられない。不安への回答になっていない」と指摘した。その上で会場から再稼働への疑念を示す意見ばかりが出されたことを挙げ「県がどのような判断を下すか、注目したい」と話した。

□4カ所目、最多388人参加 市長「市民の関心、不安表れ」

 首長が再稼働反対を主張する伊万里市の会場で開かれた4回目の県民説明会。これまでの最多となる388人(県発表)の参加に、塚部芳和市長は「市民の原発に対する関心の高さと不安への思いの表れだ」と強調した。

 唐津市と武雄市の参加者が少なかったため、伊万里市には市民から「市が周知すべきだ」と意見が寄せられた。市は24日、各公民館長に対して区長に住民への周知を促すよう呼び掛ける文書を発送。その効果もあったのか、会場には行政関係者や区長以外に一般住民の姿も目立ち、住民ならではの「命の訴え」が相次いだ。

 70代女性は「既成事実のための説明会という印象」と切り捨てた上で、「みんな本当に反対しているのだと分かった。市長はあくまで反対を貫き通してほしい」と求めた。

 一方、70代男性は「反原発団体の関係者の殺気だった質問と怒号が目立ち、あんな雰囲気の中でごく普通の市民は質問できない」と違和感を訴え、「公民館で開かれるなら、もう一度聞きたい」と期待を寄せた。

 説明会を巡って伊万里市と市議会は2月17日、県に市内全地区の公民館(13カ所)での開催を申し入れ、「まず伊万里での県民説明会の様子を見て、改めて協議したい」と県の回答を得ていた。終了後、塚部市長は「県がどう判断するかだが、聞き入れられなければ市議会と相談する」と地区別での実施を求めていく姿勢を示した。

http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/410217
===========================================================================
=====================================


20. 2017年3月07日 11:41:56 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-5785]
=====================================
ヨウ素剤30キロ圏内も配布
https://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/movie/5084489721_20170307101315.html
九州電力・玄海原子力発電所で深刻な事故が起きた場合に備えて、佐賀県は、甲状腺の被ばくを防ぐ「ヨウ素剤」を、30キロ圏内の障害者や高齢者にも対象を広げて、事前に配布する方針を固めました。
原発の深刻な事故に備えた国の指針では、甲状腺の被ばくを防ぐ「ヨウ素剤」を原発から5キロ圏内の住民に事前に配布するよう定められている一方30キロ圏内の住民については、自治体の判断に任されています。
玄海原発3・4号機の再稼働に向けた手続きが大詰めを迎える中、佐賀県は、原発から30キロ圏内の障害者や高齢者など速やかな避難が難しいいわゆる「災害弱者」を対象に、事前にヨウ素剤を配布する方針を固めました。
実態の把握が難しいことから、30キロ圏内の希望者に配ることなどを軸に、具体的な配布の方法を検討していて、県では、来年3月までには実施したいとしています。
ヨウ素材をめぐっては、使用期限が切れることから、佐賀県が、5キロ圏内の住民を対象に改めて配り直していますが、副作用に関する説明を受ける必要があるなど、一定の手間がかかることなどから現時点で、全体の40%程度が受け取っていない状態で、課題となっています。

03月07日 10時11分

http://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/5084489721.html?t=1488854193525
===========================================================================
=====================================


21. 2017年3月07日 12:33:23 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-5784]
===========================================================================
玄海町長が再稼動の同意表明

九州電力が再稼働を目指す玄海原子力発電所3号機と4号機について、地元・玄海町の岸本英雄町長は再稼働に同意することを7日午前中、電話で九州電力の瓜生道明社長に伝えました。
佐賀県の玄海原発3号機と4号機が原子力規制委員会の審査に合格したことを受けて、九州電力は地元・玄海町に再稼働への同意を求めていて町議会は、先月24日、再稼働を容認することを賛成多数で決めました。
これを受けて、同意を伝える方法と時期について調整を進めた結果、反対派などによる混乱を回避することを優先する岸本町長の判断で、7日午前中、九州電力の瓜生道明社長に電話で再稼働への同意を伝えました。
このあと、午後2時から記者会見を開いて、正式に同意を表明することにしています。
一方、佐賀県の山口知事は、これまで、国が安全対策などに責任を持つことを条件に再稼働を容認する考えを示しています。
今後は、今月18日にも聞き取る予定の県内すべての市長や町長の意見や、去年12月に設けた県の第三者委員会などでの議論を踏まえて、最終的な判断をいつ示すのかが焦点となります。
玄海町の岸本町長が再稼働への同意を表明したことについて、地元の町民に聞きました。
このうち70代の男性は「玄海町は原発で潤ってきたので安全をしっかり確保してもらえるなら再稼働してもいいと思う」と話していました。
また70代の女性は「再稼働のことはよく分からないが事故が起きないか怖い」と話していました。
一方、60代の女性は、「町の経済を考えると再稼働はして欲しいが、将来の子どもたちのことを考えると不安な部分もあって難しい」と話していました。

03月07日 12時27分

http://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/5084481141.html?t=148885741934
=====================================
===========================================================================


22. 2017年3月07日 12:39:07 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-5783]
{21.リンク追加}
https://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/movie/5084481141_20170307123121.html

23. 2017年3月07日 15:42:11 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-5781]
=====================================
玄海原発3・4号機、町長が再稼働に同意表明

2017/3/7 14:11

 佐賀県玄海町の岸本英雄町長は7日、町内に立地する九州電力玄海原子力発電所3、4号機の再稼働への同意を正式表明した。これに先立ち、岸本町長は九電の瓜生道明社長に同意する考えを電話で伝えた。今後、佐賀県議会の議論などを踏まえ、山口祥義知事が県として最終判断する。地元の同意手続きは大詰めの段階に入る。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASJC07H1G_X00C17A3000000/
===========================================================================
=====================================


24. 2017年3月07日 16:20:02 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-5778]
===========================================================================
=====================================
玄海町長が再稼動の同意表明
https://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/movie/5084481141_20170307123121.html
佐賀県にある九州電力玄海原子力発電所の3号機と4号機について、地元、玄海町の岸本英雄町長は7日午前、再稼働に同意することを九州電力に伝えました。
今後は佐賀県の山口知事が県内すべての市長や町長の意見などを踏まえ最終的に判断するものとみられます。
九州電力は、玄海原子力発電所の3号機と4号機が原子力規制委員会の審査に合格したことを受けて地元の玄海町に再稼働への同意を求め、町議会は、先月24日、再稼働を容認することを賛成多数で決めました。
これを受けて、岸本英雄町長は、7日午前、九州電力の瓜生道明社長に対し再稼働に同意することを電話で伝えました。
午後2時からの記者会見で、岸本町長は、「原発が停止していることで、町の経済は疲弊した状況が続いている。国のエネルギー政策の観点からも当面は、原発を利用していくことが必要だ」と述べました。
一方、佐賀県の山口知事は、国が安全対策などに責任を持つことを条件に再稼働を容認する考えを示していて、今後、県内すべての市長や町長から聞く意見や、県の第三者委員会などでの議論を踏まえて最終的に判断するものと見られます。

03月07日 16時12分

http://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/5084481141.html?t=1488871035518
===========================================================================
=====================================


25. 2017年3月07日 19:31:29 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-5775]
===========================================================================
玄海町長が再稼動の同意表明

https://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/movie/5084481141_20170307185640.html
九州電力玄海原子力発電所の3号機と4号機について、地元、玄海町の岸本英雄町長は再稼働に同意することを7日、九州電力に伝えました。
これに関連して、佐賀県の山口知事は「知事としての判断をしかるべき時期に、しっかりとしていきたい」と述べました。
玄海町の岸本英雄町長は、7日午後記者会見し、原子力規制委員会の審査に合格した玄海原発3号機と4号機について再稼働に同意することを九州電力の瓜生道明社長に電話で伝えたことを正式に明らかにしました。
この中で、岸本町長は、「商工業の振興など、原発が稼働しているのとしていないのでは、町の様子も違ってくる。エネルギーが無い生活は難しく当分の間原子力は必要だ」と述べました。
これに関連して、佐賀県の山口知事は、「独立した自治体として一生懸命向かい合って出された結果だと思う。私は佐賀県知事としての判断をしかるべき時期に、しっかりとしていきたい」と述べました。
佐賀県の山口知事は、国が安全対策などに責任を持つことを条件に再稼働を容認する考えを示しています。
今後は、今月18日にも聞き取る予定の県内すべての市長や町長の意見や、去年12月に設けた県の第三者委員会などでの議論を踏まえて、最終的な判断をいつ示すのかが焦点となります。
玄海町の岸本町長が再稼働への同意を表明したことについて、地元の町民に聞きました。
このうち70代の男性は「玄海町は原発で潤ってきたので安全をしっかり確保してもらえるなら再稼働してもいいと思う」と話していました。
また70代の女性は「再稼働のことはよく分からないが事故が起きないか怖い」と話していました。
一方、60代の女性は、「町の経済を考えると再稼働はして欲しいが、将来の子どもたちのことを考えると不安な部分もあって難しい」と話していました。
玄海町の岸本町長が再稼働に同意する判断を示したことについて、ほとんどの地域が30キロ圏内に含まれる伊万里市の塚部芳和市長は、「町長の再稼働同意は玄海町の事を考えてのことだと思うが、原発立地自治体である玄海町周辺には、再稼働に反対している住民も多くいるので周辺自治体への配慮もお願いしたかった。今後は県民の世論をもとに知事の判断を注視したい」というコメントを出しました。
塚部市長は、これまでに再稼働に反対する考えを明らかにしている一方で、山口知事の最終的な判断には従う考えを示しています。

玄海町の岸本町長が再稼働に同意する判断を示したことについて、九州電力は「玄海町議会に続き、玄海町長の判断に深く感謝申し上げます。引き続き、残りの工事計画認可や保安規定変更認可にかかる審査に、真摯に取り組むとともに、地域の皆様への丁寧なコミュニケーション活動に努めて参ります」というコメントを発表しました。

03月07日 18時48分

http://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/5084481141.html?t=1488882345678
=====================================
===========================================================================
玄海原発住民説明会開催 要請

03月07日 18時37分
https://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20170307/movie/5014438001_20170307183935.html
佐賀県にある九州電力玄海原子力発電所について、再稼動に反対する市民団体が福岡市に対して住民を対象にした説明会を市内で開くよう求めました。
玄海原子力発電所の再稼働に反対する福岡市の市民団体のメンバー10人は7日福岡市役所を訪れ、メンバーの代表が、福岡市の小野哲司防災・危機管理課長に要請書を手渡しました。
要請書では、「原発事故が起きれば、福岡市民も避難しなければならない事態が起こりうる」などとして福岡市の各区で住民説明会を開くよう求めています。
この後、メンバーは市の担当者と懇談し、「福岡市の中心部はすでに説明会が開かれた佐賀県鳥栖市より玄海原発に近いのに、説明会がないのはおかしい」などと意見を述べ、これに対し、市の担当者は、「県と協議したい」と話していました。
玄海原発の3号機と4号機をめぐっては、原子力規制委員会の審査に合格したことを受けて、再稼働を目指す九州電力に対し、7日地元・玄海町の岸本英雄町長が再稼動への同意を表明しています。
住民説明会は佐賀県内の5か所で開かれたほか、福岡県内では、原発から30キロ圏内にある糸島市で3月23日に予定されています。
市民団体の左近明子世話人代表は「事故が起きた場合、どのような危険性があるのか、福岡市民が知る場がない。九州電力は説明義務を果たしてほしい」と話していました。

http://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20170307/4438001.html
=====================================


26. 2017年3月09日 19:14:22 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-5753]
===========================================================================
===========================================================================
九電 風力発電の停止可能に
https://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20170309/movie/5014578831_20170309122350.html
03月09日 12時20分

九州電力は、風力発電に参入する事業者が増加していて、一度に出力が増えた場合大規模な停電が発生するおそれがあることから、国の指定を受けて、必要な場合、他の事業者の発電を停止させることができるようになりました。
九州電力は他の事業者から風力発電でつくられた電気を買い取っていますが、事業者が増えていて、受け入れ可能な出力を上回る可能性が出てきています。
一度に出力が集中すると大規模な停電が発生する可能性があり、電力の安定供給に支障をきたすおそれがあるということです。
このため九州電力は国の指定を受けて、今後、新たに電力の買い取りを申し込む風力発電の事業者で、小規模な設備であっても年間720時間まで発電を停止させることができるようになりました。
太陽光発電についても出力が増えると予想される場合、発電を停止させる仕組みをすでに整えているということで、九州電力は「電力の安定供給を前提に、バランスの取れた再生可能エネルギーの導入に最大限取り組んでいきたい」としています。

http://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20170309/4578831.html
=====================================
===========================================================================


27. 2017年8月28日 20:48:41 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-4524]
2017年8月28日(月)
玄海再稼働反対 2500人
福岡でオール九州集会
九電本店前埋め尽くす

 玄海原発(佐賀県玄海町)の今冬以降の再稼働を狙い暴走する安倍政権と九州電力に対し、オール九州で再稼働ノーの民意を突き付けようと、「原発いらない!九州実行委員会」は27日、福岡市で集会を開きました。九州全域や韓国などから集まった2500人が、集会とデモ行進で再稼働反対の声を上げました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-08-28/2017082801_01_1.jpg
(写真)九州電力本店前で玄海原発再稼働反対の声をあげる集会参加者=27日、福岡市

 集会では玄海原発対策住民会議の仲秋喜道氏が、原発は未完成技術で、規制基準に合格したから安全とは言えないと述べ「玄海の海も青空も土地も放射能で汚したくありません。ともに頑張りましょう」と呼びかけました。

 参加者らは繁華街天神の大通りを九州電力本店までデモ行進。本店前の道路を反対側まで埋め尽くしてアピール集会を行いました。

 本店前では、各地で原発に反対している市民や政党がリレートーク。日本共産党の真島省三衆院議員は「(故郷や生業(なりわい)を守る)当たり前の思いで立ち上がっている皆さんと一緒に、再稼働阻止へ全力を尽くす」と力を込めました。社民党などの代表が発言。民進党福岡県連がメッセージを寄せました。

 集会後、青柳行信実行委員長は「核兵器禁止条約が締結されたが、原発は核兵器をつくる過程でできた。『核兵器』と『核電力』は一体のもので人類と共存できません。今日、多くの人が集まったことが再稼働阻止の底力になると確信している」と語りました。

 デモ行進に足を止めていた男性(27)は「原発の問題はふだん気にとめなかったけれど、これだけの人が行動しているのを見て、すごいなと感じた。福岡は玄海原発から近く、何かあったら危ない。地元の人も嫌がっている再稼働はすべきではない」と話しました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-08-28/2017082801_01_1.html


28. 2017年11月25日 07:55:26 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-3459]
玄海原発再稼働、来年2月に遅れ 
2017年11月22日 18:44

九州電力が佐賀県の玄海原発3号機の再稼働を、来年2月以降に遅らせる方向で調整していることが分かった。(共同通信)

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/174234



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素46掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素46掲示板  
次へ