★阿修羅♪ > 経世済民105 > 159.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
アベノミクスの3本の矢で日本は自滅の道をたどっている?=「中国も五十歩百歩」「中国の方がもっと悲惨」―中国ネット
http://www.asyura2.com/16/hasan105/msg/159.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 2 月 01 日 14:05:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

30日、中国メディアの今日頭条が、アベノミクスについて批評する記事を掲載した。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は安倍首相。


アベノミクスの3本の矢で日本は自滅の道をたどっている?=「中国も五十歩百歩」「中国の方がもっと悲惨」―中国ネット
http://www.recordchina.co.jp/a128145.html
2016年2月1日(月) 6時0分


2016年1月30日、中国メディアの今日頭条が、アベノミクスについて批評する記事を掲載した。

記事では、アベノミクスの3本の矢とは、結局のところ「大胆な貨幣政策と大規模なインフラ整備への投資」だと分析。しかし、円安によって日本のGDPは12年の5兆9000億ドルから4兆6000億ドルへ減少し、GDP成長率も12年は2%以上だったのが昨年は1.6%に落ち込んだと指摘、日本経済は良くなるどころか悪くなったと論じた。そして、日本経済は中国人旅行客による消費を当てにしており、アベノミクスの3本の矢は日本を傷つけた以外に何の役にも立たなかったと主張した。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「日本製品と日本旅行はボイコットすべきだ」
「日本製品をボイコットして日本経済崩壊を加速させよう」

「気骨のない中国人たちが日本にお金を送っているんだな」
「日本へ制裁を課し、中国人の日本旅行を停止すべき」

「でも日本は衰退していないし、日経平均株価は上昇した。俺たちの株価の方は下がる一方だ。ガソリン代の半分は税金で物価は上がる一方。日本の事を笑う前に自分のことをよく見た方がいい」

「安倍首相は政治家としては合格だ。政治家は面の皮が厚い必要がある」
「まあ中国も五十歩百歩だけどね」
「でも中国の方がもっと悲惨だけど」(翻訳・編集/山中)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年2月01日 14:20:25 : VES9N9YZ62 : DBNmaSw@hmM[62]
安倍は、売国奴政治家ですよ!中国の皆さん。

中国共産党も、安倍と大した違いはありません。

富を、ある大国の金融資本家に収奪させているのです。


2. 戦争とはこういう物[1066] kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo 2016年2月01日 16:20:23 : 0lfblgLuXc : joWj7kZ@L@I[114]
>五十歩百歩だけどね

この認識が持てるのなら、どちらの国でも正しい選択ができるでしょう。
「向こうは自由が無いけどこっちは民主的」など思い込んでいるのが悲劇。


3. 2016年2月01日 16:34:59 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[857]
2016年1月31日(日)
主張

安倍政権経済政策

財界の、財界のための、政治だ

 安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」によって大企業のもうけが記録的に増え、それを背景に財界・大企業の自民党への献金も急増するなかで、安倍政権と財界の癒着がこれまでの自民党政権でも見られないほど深まっているといわれます。とりわけ「世界で一番企業が活躍しやすい国を創る」「企業の稼ぐ力を高める」などと公言する安倍政権のもとで、財界・大企業が経済政策にあれこれ注文を付け、政権の側も財界代表が中心になって参加する諮問機関などでお手盛りで決めてしまい、国民の反対を押し切って強行する姿があらわになっています。

全面的に政策を牛耳る

 「政府には、重要政策課題を強力に推進していただきたい。具体的には、企業活力の向上に資する税制改革、大胆な規制・制度改革など必要である」―。財界の総本山と呼ばれる、日本経済団体連合会(経団連、榊原定征会長=東レ最高顧問)が今年の年頭に発表したメッセージです。原発再稼働の加速、社会保障給付の「適正化・効率化」、環太平洋連携協定(TPP)の速やかな発効など国民の反対を無視した要求が続きます。

 経団連が今年の春闘の経営側の指針として19日発表した経営労働政策特別委員会(経労委)報告では、賃上げはベースアップに限らないと消極的な姿勢を示す一方、「残業代ゼロ」法案など労働法制の改悪に取り組むことを強く要求しています。もうひとつの財界団体である経済同友会(代表幹事・小林喜光三菱ケミカル会長)も年頭見解で、社会保障と税の一体的「再」改革などを要求しました。

 財界の要求は、原発輸出や武器輸出の拡大など、国内の政策にとどまらないものもあります。財界が安倍政権の政策を、全面的に牛耳ろうとしているのは明らかです。ここ数年、大企業の恩恵にしかならない法人税減税をめぐり、財界・大企業が企業献金の拡大などをテコに猛烈に働き掛け、2016年度から法人の実効税率を20%台に引き下げることを前倒しで決定させたこと一つ見ても、財界と政権の一体ぶりは明らかです。

 見過ごせないのは、安倍政権になって経済政策の決定が、要求するのも財界なら、検討し決定するのも財界という、「財界の、財界による、財界のための政治」の色彩を強めていることです。安倍政権が経済政策の司令塔としている経済財政諮問会議や産業競争力会議には、閣僚と政府に近い学者以外は財界関係者しか加わっていません。安倍政権が「アベノミクス」を発展させるという「1億総活躍国民会議」にも経団連会長や日本商工会議所会頭が参加しています。

労働側抜きにした「春闘」

 極端なのは賃上げを検討する場で、安倍政権はこれまでは連合なども参加する「政労使会議」で検討していたのを、昨年末からは「官民対話」の名で政府と財界関係者だけで検討するものに変えてしまったことです。いくら「官製春闘」と呼ばれるとはいえ労働側が参加しない「春闘」とは全く異常です。

 本来政府の経済政策は、国民全体の暮らしを良くし、経済全体を発展させるためのものです。異常な財界・大企業奉仕は、経済のゆがみをいっそう激しくすることにしかなりません。安倍政権を倒し、財界べったりの経済政策の国民本位への切り替えが不可欠です。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2016-01-31/2016013101_05_1.html

2016年1月31日(日)
英紙特集

「弱い民間需要、最大の問題」 アベノミクスを専門家が酷評

企業の内部留保、賃上げに

フィナンシャル・タイムズ

 安倍首相がすすめるアベノミクスに関し、英紙フィナンシャル・タイムズは「弱い民間需要が最大の問題」(12日付)と題する特集を組みました。同紙のチーフ・エコノミクス・コメンテーターのマーティン・ウルフ氏の論評は、日本経済の問題の核心が企業の過剰収益・内部留保にあると指摘。アベノミクスが失敗に終わるほかないことを明らかにしています。

 同紙18日付には英経済学者のヤン・トポロフスキ氏ら4氏の連名でウルフ氏の指摘に賛同する声が寄せられています。

 特集でウルフ氏はまず、アベノミクスの3本の矢が日本経済の再生をもたらすものにはならないと指摘。「根本的な疑問は、日本経済を不振に陥らせているものが何かを、アベノミクスが正しく特定しているかどうかだ」と指摘しました。

 「真の問題は民間需要の弱さ」と強調し、「それを示しているのは、民間企業部門の資本余剰―民間投資を上回る民間貯蓄だ」と、民間部門のため込みに問題があるとしています。

 ウルフ氏はさらに、「国内総生産(GDP)における企業収益の占有率は異常に高い。それに対応するのは、GDP比での労働者の所得の異常な低さだ。これが日本経済のまさに異常な特徴だ。GDPに占める家計収入が低いからGDPに占める消費の割合も低くなる。日本はあまりに『資本主義的』だ」と問題点に迫っています。

 問題の解決策としては、「民間部門の慢性的な貯蓄超過に真正面から立ち向かうこと」「日本企業の過剰な内部留保を賃金と税に移していくこと」などを提案。賃上げの効果ありうるとしました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2016-01-31/2016013102_01_1.html


4. 2016年2月01日 20:28:50 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[518]

いろいろ見当違いが多すぎて笑える


5. 2016年2月02日 00:41:06 : YSd2alOgeI : 5E_EyoxEX8k[6]
どちらも一部の者にとっては利益があるというのが本当のところ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民105掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民105掲示板  
次へ