★阿修羅♪ > 経世済民109 > 740.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本国債格下げの懸念  久保田博幸(金融アナリスト)
http://www.asyura2.com/16/hasan109/msg/740.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 6 月 13 日 16:44:06: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

日本国債格下げの懸念
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kubotahiroyuki/20160613-00058771/
2016年6月13日 9時57分配信 久保田博幸 | 金融アナリスト


日本国内の大手格付け会社、格付投資情報センター(R&I)は、政府が消費税率の引き上げを再延期することで財政再建に対する不透明感が高まったとして、日本国債の信用度を示す格付けの方向性を、これまでの「安定的」から将来的に引き下げる可能性がある「ネガティブ」に改めた(6月6日のNHKニュース)。

安倍首相が消費増税の再延期を表明したことに対し、海外の大手格付け会社スタンダード・アンド・プアーズは直ちに日本の財政が悪化することはないとして当面、日本国債の格付けを見直すことはないという見解を示していた。これに対してムーディーズは財政再建の目標達成に対する疑念が強まったとして、格付けを評価する際にマイナスの要因になるという見解を示していた。

海外格付け会社は意外と冷静に見ているなと思っていたが、国内格付け会社による見通し変更は意外感もあった。とはいえ、格付け会社がこのような警告を発することは必要かと思われる。いまのところ日銀の大量の国債買入により需給はタイトとなっており、国債への信認も維持されていることで、日本の10年国債利回りが過去最低を更新するなどしている。

しかし、日銀の大量の国債買入により日本国債は価格発見機能を失いつつあることも確かである。それにより日本国債に対するリスクも覆い隠されている。しかし、それが突如として顕在化する懸念は存在する。禁じ手とされるヘリコプターマネー論も出てきているなど今後、日本国債のリスクが増加してくる懸念はありうる。

ムーディーズが1998年にはじめて日本国債の格付けを引き下げて以降、スタンダード&プアーズも含め海外格付け会社は幾度も日本国債を格下げしてきた。しかし、日本国内の格付け会社が動いたのは2011年12月であり、このときはR&Iが日本の外貨建て・自国通貨建て発行体格付けをAAAからAA+に引き下げた。しかし、これ以降はR&Iによる格下げはなく、現在R&Iの日本国債の格付けは上から二番目のAA+である。

海外格付け会社による日本のソブリン格付けは、ムーディーズがA1でアウトルックは安定的、スタンダード&プアーズ(S&P)がA+でアウトルックは安定的、フィッチがAでアウトルックはやはり安定的となっている。

これと比較してR&Iによる日本国債の格付けはまだ高いともみられ、その意味では格下げ余地はあるとの見方もできる。しかし、それでも日本の格付け会社が見通しを変更というのは海外の格付け会社の見通し変更に較べて重みもある。米国の格付け会社のS&Pが2011年8月に米国の長期格付けを最上位のAAAからAA+に1段階引き下げたときも市場に動揺が走った。

日本の国債市場は格下げに対してほとんど動揺せず、というのがアノマリーと化しており、今回のR&Iの見通し変更の反応も同様であった、しかし、国内の格付け会社が懸念を示したという事実はまったく無視してはいけないであろう。今後の日本国債に対する格下げの可能性は意識しておく必要があろう。


久保田博幸
金融アナリスト
フリーの金融アナリスト。1996年に債券市場のホームページの草分けとなった「債券ディーリングルーム」を開設。幸田真音さんのベストセラー小説『日本国債』の登場人物のモデルともなった。日本国債や日銀の金融政策の動向分析などが専門。主な著書として「日本国債先物入門」パンローリング 、「債券の基本とカラクリがよーくわかる本」秀和システム、「債券と国債のしくみがわかる本」技術評論社など多数。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年6月13日 17:21:45 : jX8Mbet08g : 72sl_N6E0Kg[1]
まぁそうなるわな。格下げだ。

2. 2016年6月13日 17:35:00 : 4wnaEWkfPM : Xyeda77IoQY[101]
じゃあ何で有事の際に「安全資産」の円にカネが集まるんだ。阿呆

3. 2016年6月13日 18:13:41 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-9881]
News | 2016年 06月 13日 18:04 JST
関連トピックス: トップニュース
日本の格付け「A」を確認、見通しをネガティブに変更=フィッチ

http://s3.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20160613&t=2&i=1141082747&w=644&fh=&fw=&ll=&pl=&sq=&r=LYNXNPEC5C0GJ
 6月13日、格付け機関フィッチ・レーティングスは、日本の長期および短期の発行体デフォルト格付け(IDR)「A」を確認し、見通しをネガティブに変更した。2015年6月撮影(2016年 ロイター/Thomas Peter)

⁅13日 ロイター⁆ - 格付け機関フィッチ・レーティングスは、日本の長期および短期の発行体デフォルト格付け(IDR)「A」を確認し、見通しをネガティブに変更した。

フィッチは声明で、見通しの変更について、消費税率引き上げを再延期する一方で、それによる財政的な補完措置を発表しなかったことなどを要因に挙げた。

http://jp.reuters.com/article/fitch-rating-idJPKCN0YZ0VX


4. 2016年6月13日 19:32:23 : 0W7JaiYSHc : 3NEjj60c7as[17]
パナマ一斉逮捕

これしかない


5. 2016年6月13日 19:43:26 : c6cQKE91mM : BTd_Y8luzSQ[2]
日本国債を格下げするなら、持っている米国債を売ります。

こうするだけでいいだろう。身辺は厳重に警戒しないといけないが。実質売れない国債をもっていてもしょうがない。


6. おじゃま一郎[5488] gqiCtoLhgtyI6phZ 2016年6月14日 08:44:23 : Z0upRkzRFs : jVjvhJx9TP0[2]
米国債を売るぞといって満足している奴がいるが、
これは日本が保有している対外資産を減らすことである。
日本の国債発行残高1兆円は資産を保有することに
よってファイナンスし、ドル買円売りを行っているのである。
米国側も日本からドル資金を流入させることによって自国の
経常赤字をファイナンスしているのである。

米国債売りの脅しが効くのはサウジである。サウジは原油を生産し
ドルやユーロに換えているのだが、米国がサウジをテロ支援国家
に認定したら米国債を売るといいだした。オバマはあわてて、サウジに
謝りにいった。サウジが米国債を売ると言うことは、原油価格ドル建値を
ユーロに変えるといっているので、サウジにとっては影響はなく、
米国は原油市場でのドル価格支配を失うことになるからである。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民109掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民109掲示板  
次へ