★阿修羅♪ > 経世済民111 > 666.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
恐れていたことが始まった。日本の技術を使った品質の高い中国車が世界に輸出されたら厳しい戦いになる 国沢光宏(自動車評論家
http://www.asyura2.com/16/hasan111/msg/666.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 8 月 08 日 17:24:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

恐れていたことが始まった。日本の技術を使った品質の高い中国車が世界に輸出されたら厳しい戦いになる
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kunisawamitsuhiro/20160805-00060747/
2016年8月5日 9時0分配信 国沢光宏 | 自動車評論家


恐れていたことが始まった! 日欧米のメーカーは中国に進出する際、中国側の資本を半分入れることを条件している。つまり工場や開発現場に中国の技術者が入ってくるということを示す。当然ながら技術を、悪く言えば盗まれてしまう。当時、日本のメーカーの役員に「技術漏洩をどう考えますか?」と聞いたことがある。答えは「どんどん前に進めばよい」。常に先行しようという考え方だ。

確かに10年前の時点で自動車技術は日進月歩。最新の技術を日本に留め「普通になった技術」だけ中国に持って行こうとしたのだけれど、中国の市場は予想以上にユッタリとした流れだった。例えばトヨタ自動車の場合、ハイブリッドを先進技術という位置づけたのに、全く売れない。むしろボディサイズの割に高いということで、今や新型車は安売りに近い価格設定にしている。



今や世界的に人気の高い小型SUV


10年経った今でも先端技術でなく、カッコよくて信頼性や耐久性のある既存の技術のクルマが売れ筋になっているのである。つまり10年前から習得してきた一世代前の日米欧の技術こそ重要なのだった。そして1〜2年前からついに恐れていた状況になる。日欧米と組んだ中国側メーカー開発のオリジナルモデルが売れ始めたのだった。例えば長安汽車はスズキやフォードと組んで着々と技術を蓄積してきた。



デザインだけでなく品質も日本車に近い


ついに長安汽車側だけで開発した車種を出してきたのである。スズキやフォードの技術を使っているだけに、模倣を基本としてきた今までの中国車と全く違う品質レベルを持つ。一世代前のスズキやフォード車と同等のクオリティといってよかろう。加えて基本設計はスズキとフォードそのもの。スズキやフォードのシャシ+エンジンに長安汽車開発のボディを組み合わせているため信頼性も高い。



ボルボを傘下に入れた吉利汽車の新型車


長安汽車だけにとどまらない。街中では見たことないけれど「なんかに似ている」モデルに多数出会い(ピラーの位置に代表されるハードポイントが同じだと似たような雰囲気のクルマになる)、取材に来ている中国ラリー選手権のサービスパークには見たことのないブランドながら日本車とそっくりな足回りの車種がズラリと並ぶ。聞けば同じクラスの日本車より20〜30%安いそうな。



スズキとフォードに似ている長安汽車


完全にヤラれた格好。しかも中国ブランドはモータースポーツにも積極的に出てくるから知名度だって上がる。やがて日本のブランドが不用になるかもしれない。さらに中国のような道路&経済事情の国だって(新興国やアフリカなど)少なくない。本格的な輸出が始まれば日本車とバッティングすることになる。このままだと「敵に塩を送って負ける」ことになる可能性すら出てきた。


国沢光宏
自動車評論家
Yahooで検索すると最初に出てくる自動車評論家。新車レポートから上手な維持管理の方法まで、自動車関連を全てカバー。ベストカー、カートップ、エンジンなど自動車雑誌への寄稿や、ネットメディアを中心に活動をしている。2010年タイ国ラリー選手権シリーズチャンピオン。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 佐助[3731] jbKPlQ 2016年8月08日 20:41:37 : 9zzRTyeBxk : 4eYUJw@wYHY[172]
後進国と先進国の間で、商品の優位性は交代する。
中国とロシアは2BOXをセダンと企画するだけで,乗用車は優位に立ちます、そしてパナソニックが中国で開発している燃料電池が家庭に普及すれば日本を抜き去ります。日本は中国を政治的に敵視しているので,一党独裁政権が自壊するまで,政治的な対立は避けられないが,経済的には仲良しなので,すでに商品の優位性の交代は発生している。

商品の世界的優位性は、「ルールの破壊/創造」周期によって、後進国が先進国に追い付き追い抜くことによって誕生する。後進国はルールの破壊期に、伝統慣習を破壊する度合いが、先進国よりも広く深いため、新しい流行を積極的に受け入れるために、商品の世界的優位性を獲得する。

開発に時間も掛かりコスト高は避けられないが,コピーやモノマネは簡単ですね,そのために容易に抜くことができるのです。日本は太陽電と電池で勝負すれば,2040年〜2060年までは大丈夫だが,産業革命を加速させないと,日本の大企業の消失と交代劇があのます。日本も猿まね国家と云われた。

日本は、欧米に追いつき追い抜したように,2020年までに、韓国をはじめ東南アジアの工業国と工業都市は、日欧米に追いつき追い越します,「日欧米に追いつき追い越すことはできない」と反論し相手にしないが,世界的信用収縮恐慌の真っ只中に「日欧米から学ぶものはなくなった」と発言することになる。

日本商品の世界的優位性は政府の産業革命の遅延政策で2019年から一つ一つ吹かれます,だが技術革新を加速させ,基軸通貨国リストにスベリ込むと2040年まで継続するが、次々と後進工業国にイニシアチブを奪われる。しかし、米国のようにサービス産業の優位は維持できる。多極化でサービス分野での優位性は上昇する。

中国とインドの民間のキン保有高は、米国と欧州の公的保有高を上回っている。日本も、1980年代のバブル期に、キンの輸入総量は、米国と欧州の公的保有高を上回った。又、南アフリカとロシアは、世界最大のキン産出国である。

だから、中国とインドと日本と南アフリカとロシアは、1933年のルーズベルトのように、民間のキンの売買と輸出を禁止し、国家だけが買上げる政策を採用すれば、キン保有で米国と欧州を越え、基軸通貨国になるチャンスはある。

中国とインドと南アフリカとロシアは、溜め込んだドル・ユーロ・円の基軸通貨と保有キンのバスケットのペッグ制によって、間接的に為替レートに、自国通貨を固定化することができる。そうして、その輸出大国を維持することが可能となる。だが、これらの国は、多民族国家&多部族国家であるために、経済常識やキンの価値観は分裂している。そのために、韓国国民が外貨危機の時、ギンを国家に拠出して助けたように、一致して行動することは困難である。


2. 2016年8月08日 21:05:59 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[2204]

中国は、そういう国

家電の締め出しは既に始まっている


3. 2016年8月08日 21:08:31 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[2205]

>>01 民間のキンの売買と輸出を禁止し、国家だけが買上げる政策を採用すれば、キン保有で米国と欧州を越え、基軸通貨国になるチャンス

いろいろな意味で、非現実的な妄想だな


4. 2016年8月08日 22:06:21 : H7FysUxwXY : sY05hE_c@Mc[3]
日本がかつてやったこと。

5. 2016年8月08日 23:33:24 : 2FbCg9vijk : ylRMDBXhDG8[318]
「朗報」に 欣喜雀躍 ゴーンなら

6. 2016年8月09日 16:48:32 : Fg9rdcaJ8o : FPyaANWqRFU[30]
部品点数が多く、使用条件の過酷な自動車のような製品の品質は、まねして出来るものではない。

何度も何度も、あらゆる部品とアッセンブリの耐久試験を繰り返して改良設計をする。こうした設計の細部は、まねでは絶対にできない。自分で試験し、自分で改善点を発見しなければわからないのだ。

設計がよくても、製造現場では職人が一つ一つ心をこめて造らなければ、高品質な車にはならない。

安直にまねをすれば同じ車ができると思ったら大間違い。中国もいずれは日本のような高品質の車を造れるようになるだろうが、今のような安直な物まね主義では等分の間は無理。韓国車でもまだ日本車に遠く及ばないのだ。



7. 2016年9月02日 02:08:19 : PZfplD8eXo : TznT04S0AE8[21]
おたほー

外国人「泣いてしまった・・・」日本企業の自動車の製造現場を映した動画が公開されてた

投稿日時 : 2015年10月04日17:00
http://blog.livedoor.jp/otataho/archives/46471522.html#comments


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民111掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民111掲示板  
次へ