★阿修羅♪ > 経世済民115 > 506.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
残土受け入れ 松川町福与地区が反対「急傾斜地で崩壊の恐れ」/長野(掘れば陥没、埋めれば崩落!?)
http://www.asyura2.com/16/hasan115/msg/506.html
投稿者 戦争とはこういう物 日時 2016 年 11 月 09 日 20:22:39: N0qgFY7SzZrIQ kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo
 

(回答先: JR東海がリニア名古屋駅建設で住民説明会(陥没道路は余所事なのか?) 投稿者 戦争とはこういう物 日時 2016 年 11 月 09 日 20:14:15)

掘ってみるまで何がどれだけどう出るか、想定できないのがトンネル工事。ヒ素やウランなど汚染土壌が出たらどうするのか?それ以前に、大量の土砂をどこに埋めるのか。いまだほとんど決まっていないらしい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(ここから)
http://mainichi.jp/articles/20161109/ddl/k20/020/047000c
リニアと暮らし

残土受け入れ 松川町福与地区が反対「急傾斜地で崩壊の恐れ」 /長野

毎日新聞2016年11月9日 地方版

 松川町生田地区の3カ所が候補地になっているリニア中央新幹線工事の残土置き場について、下流域の福与地区は残土受け入れに反対する意見書を町に提出した。大きな被害が出た1961(昭和36)年の「三六災害」を踏まえ「(候補地は)急傾斜地で崩壊の恐れがある」と理由を挙げた。

 北原忍区長や地区リニア工事対策委員会の正副委員長ら4人が7日に町役場を訪れ、深津徹町長に意見書を渡した。町は県やJR東海に伝えるとともに、29日のリニア対策委員会にも報告し、対応を検討する方針。

 JRは大鹿村で発生する残土約300万立方メートルの大半を松川町に運び入れる意向を示しており、候補地3カ所のうち1カ所で地権者との交渉を進めている。しかし、近くを流れる寺沢川下流域の福与地区は、土砂災害を懸念し反発していた。北原区長は取材に「JRには二重三重の安全対策を求めてきたのに、明確な回答がなかった」と不信感をあらわにした。【湯浅聖一】

ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20161109/ddl/k20/020/047000c#csidx2f46abf0c5f49429364f31f9a960d18
Copyright 毎日新聞
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(ここまで)
・関連:
■リニア中央新幹線:残土の置き場候補地、扇沢を除外の方針 JR東海 /静岡’(ではどこに置くのか?)
http://www.asyura2.com/15/hasan100/msg/897.html
投稿者 戦争とはこういう物 日時 2015 年 9 月 28 日 02:04:38: N0qgFY7SzZrIQ

■リニア残土処分 豊丘村小園の住民の7割「反対」署名(汚染土が出たらどうなるか?)
http://www.asyura2.com/16/hasan108/msg/821.html
投稿者 戦争とはこういう物 日時 2016 年 5 月 21 日 11:29:11: N0qgFY7SzZrIQ kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年11月12日 10:13:29 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-7467]
2016年11月12日(土)
問題山積 JRは傲慢
参院委 参考人「説明は不十分」
山添氏が質問

 参院国土交通委員会は10日、JR東海のリニア中央新幹線計画への3兆円の公的資金投入を可能にする鉄道建設・運輸施設整備支援機構法改定案の参考人質疑を行いました。

 参考人の川村晃生慶応大名誉教授はリニア建設の問題点として▽東海道新幹線の3・5倍もの莫大(ばくだい)なエネルギーを使う▽事故発生時の対策が十分検討されていない▽JR東海の社長がリニアは「絶対にペイしない(採算が合わない)」と言っている▽自然破壊への検討が不十分▽建設残土の処理場が4分の1しか決まっていない―ことを挙げ、「これだけ問題があるのに、環境影響評価を3年しかやっていない。住民への説明も不十分だ」と指摘。「インフラと経済性だけが議論されている現状は、空疎でいびつであり、貧しい」と強調しました。

 日本共産党の山添拓議員は、川村氏も原告に加わっているリニア計画の認可取り消しを求める住民訴訟について質問。川村氏は「何ら合理的な説明がされず、JR東海は傲慢(ごうまん)、不誠実な態度で事業を進めている。その不満が爆発して訴訟に至った」と訴えました。

 一方、公金投入は「早期整備の促進にとって望ましい」と述べた杉山武彦一橋大名誉教授は、公金投入を「公的支援」と表現。山添氏の質問に「JR東海への経営支援だとの議論があるが、そういう色合いがあることは否めない」と語りました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-11-12/2016111202_01_1.html


2. 2016年11月15日 10:04:15 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-7429]
2016年11月15日(火)
問題山積リニア建設
慶大名誉教授 川村晃生氏陳述
参院国交委 参考人質疑

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-11-15/2016111504_06_1.jpg
(写真)発言する川村晃生氏(慶大名誉教授)=10日、参院国交委

 10日の参院国土交通委員会参考人質疑で、「ストップ・リニア!訴訟原告団」団長の川村晃生慶大名誉教授が行った意見陳述の要旨は次の通りです。

 リニア新幹線には多くの疑問点があります。まず、東海道新幹線の3・5倍ものエネルギーを使います。事故が起きた時のリスクもあまり検討されていません。1000人の客を乗せたリニアが南アルプスを貫くトンネル内で事故を起こしたとき、病人を含む老若男女が安全に避難できるのか。青函トンネルでの事故では、乗客140人の避難に約6時間かかりました。

 採算性も問題です。人口減少を加味すれば、JR東海社長も言うように、リニアはおそらくペイしません。

 リニア実験線が通る山梨県笛吹市御坂町では、数キロのトンネルを掘っただけで異常な増水・出水や水枯れが起きました。南アルプスにトンネルを掘れば、もっと大規模な出水や水枯れが起き、住民生活と生態系に極めて深刻な事態をもたらすでしょう。

 全線の86%がトンネルのリニア工事では極めて多量の残土が出ます。処理場が決まっているのは発生残土の約25%にとどまります。

 こうした重要な問題点を抱えながら、リニアの環境影響評価(アセス)は不十分です。15キロの道路建設に7年かけた例もあるのに、リニアは286キロにわずか3年です。アセスに対する国交相意見では「環境保全に十分な配慮が必要」だとの指摘があります。

 JR東海に、住民の意見を聞く態度が希薄なのも問題です。同社説明会は、挙手者が残っていても時間になれば打ち切られ、再質問できません。国交相意見にある、「地域住民等に対し丁寧に説明すること」「データや情報を最大限公開し、透明性の確保に努めること」との指示とかけ離れた姿勢に、住民の不満が渦巻いています。

 こうした疑問や不安、不満がそっちのけにされ、インフラや経済効果の問題ばかりが議論されています。そうした議論は空疎でいびつで貧しいものです。

 全ての問題を国会で議論していただきたい。衆院の審議では、リニアは「やるかやらないかではない。やってこの国の将来をしっかりつくっていく」と言う議員がいました。これは議論の放棄です。国会は行政機関の追認機関ではありません。国会は国会としての議論をしていただきたいと思います。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-11-15/2016111504_06_1.html


3. 2016年11月17日 09:53:10 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-7393]
2016年11月17日(木)
強引な買収許されず
畑野氏 リニア用地で追及
衆院国交委

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-11-17/2016111704_05_1.jpg
(写真)質問する畑野君枝議員=16日、衆院国交委

 日本共産党の畑野君枝議員は16日の衆院国土交通委員会で、リニア新幹線建設のための用地買収が進んでいないことを明らかにするとともに、住民生活と環境を破壊するリニア計画を批判しました。

 畑野氏の質問で、立ち退きなどの対象地権者が神奈川県で約1500人、山梨県で約1300人に上る一方、補償契約を結んだ地権者はまだ少ないことが明らかになりました。

 畑野氏は、リニア車両基地の予定地にされている相模原市緑区鳥屋(とや)地区の地域振興協議会が車両基地建設に反対していることを指摘。山間を360万立法メートル埋め立てる計画で、全50戸弱の同地区谷戸集落の一部が集団移転させられる可能性があり、住民はコミュニティーが壊される不安を抱いています。畑野氏は、住民の声を聞けと主張。石井啓一国交相は「地域の理解と協力を得て進めていくことが重要だ」と繰り返すだけでした。

 畑野氏は「強引な用地買収は許されない」と警告。用地買収の際、地権者が自宅に交渉に来た事業者に退去を求めても応じてもらえず、それに困惑して結んでしまった契約は消費者契約法上、「取り消し可能」(消費者庁)なことが確認されました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-11-17/2016111704_05_1.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民115掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民115掲示板  
次へ