★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK202 > 338.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<辺野古代執行訴訟>工事中止、国と県の和解成立(毎日新聞)
http://www.asyura2.com/16/senkyo202/msg/338.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 3 月 04 日 15:00:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

米軍普天間飛行場の移設先となっている名護市辺野古沿岸部=2015年5月、本社機「希望」から


<辺野古代執行訴訟>工事中止、国と県の和解成立
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160304-00000044-mai-pol
毎日新聞 3月4日(金)12時41分配信


 政府は4日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設を巡る代執行訴訟について、国が訴訟を取り下げて移設工事を中止する福岡高裁那覇支部の和解案を受け入れることを決めた。県は既に和解案の受け入れを裁判所に伝えており、県幹部は「和解が成立した」と述べた。安倍晋三首相は、夏の参院選を前に政府と県の対立が続けば、移設が一層困難になりかねないと判断した。【高本耕太】

 首相は4日昼、岸田文雄外相、中谷元(げん)防衛相ら関係閣僚を首相官邸に呼び、和解案について「政府の方針を決めた」と説明した。

 首相はその後、首相官邸で記者団に「国と県が訴訟合戦を繰り広げている関係が続けば、普天間の現状がこれからも何年も固定化されかねない。国として裁判所の和解勧告を受け入れる決断をした」と述べた。移設計画については「普天間全面返還のためには辺野古への移設が唯一の選択肢だとの考え方には変わりない」と重ねて表明した。

 沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事による辺野古沿岸部の埋め立て承認取り消しに関する代執行訴訟で、那覇支部は移設が前提の「根本的」と、国が移設を中断する「暫定的」の二つの和解案を提示した。2月29日に結審し、判決期日が4月13日に設定されたが、那覇支部は、暫定案をより具体的に修正した案を基に、国と県に和解協議の継続を促していた。

 2月29日の代執行訴訟の第5回口頭弁論では、名護市の稲嶺進市長が、新基地建設によって「騒音被害や事件、事故の増加など地域住民の生活の安定を脅かす」と指摘した。

 移設計画を巡っては、知事の取り消しの効力を執行停止とした国土交通相の決定に関する訴訟も結審し、3月17日に判決が言い渡される予定になっている。この訴訟で、県は「国という同一の行政主体内部で(知事の取り消しを)覆しており、プレーヤーとアンパイアが同一、不公正だ」と主張している。また、県は判決までの間、暫定的に国交相の執行停止決定の効力を止める措置も申し立てている。

 一方、ハリス米太平洋軍司令官は米上院軍事委員会で、移設計画が2年遅れて2025年にずれ込むとの見通しを示していた。


             ◇

首相、辺野古和解案受け入れへ 埋め立て工事中断を明言
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-232792.html
2016年3月4日 13:47 琉球新報

 米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の埋め立てをめぐる国と沖縄県の代執行訴訟について、安倍晋三首相は4日午後1時、官邸で記者団に「裁判所の意向に沿って和解を決断した。今回の和解内容を誠実に実行することとし、埋め立て工事を中止する」と述べ、和解案の受け入れを明言した。現在準備が進められている埋め立て工事は中断される。一方、「20年来の懸案である普天間飛行場の返還には辺野古移設が唯一だという考えに変わりはない」と明言した。

 上京中の翁長雄志知事は同日午後0時半ごろ、「まずは事実確認したい。重要な問題なのでもう少し時間がほしい」と述べた。その上で同日午後3時ごろ、県軍用地転用促進・基地問題協議会(軍転協)による中谷・元防衛相への要請を終えた上で、自身の受け止めを説明するとした。

 沖縄防衛局は国土交通相が翁長知事による埋め立て承認取り消しを執行停止したことを受け、工事を継続している。これに対し、県側は執行停止は違法だとして、国側を訴える係争委不服訴訟と抗告訴訟の二つを提起していた。和解案の受け入れで国が執行停止も取り下げ、工事は中断するため、県側も二つの訴訟を取り下げる見通し。

 代執行訴訟で県側は、仮に代執行手続きの前に違法確認訴訟があり、国側が勝訴した場合、承認取り消しをめぐる対応でその判決に従うかを福岡高裁から問われ、「確定判決には従う」と回答していた。
【琉球新報電子版】


             ◇

国と県、和解が成立 辺野古訴訟 工事中断し再協議へ
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-232796.html
2016年3月4日 13:58 琉球新報

 名護市辺野古の埋め立て承認取り消しをめぐり、国が翁長雄志知事を訴えた代執行訴訟で、4日正午ごろ、福岡高裁那覇支部で国と県の和解が成立した。

 成立した和解内容は、国が代執行訴訟や埋め立て承認取り消しの執行停止などを取り下げ、工事を中断した上で、県と国が問題を再協議し、折り合いが付かなければ「最後の手段」とされる代執行よりも強権的ではない、地方自治法に基づく是正指示や違法確認訴訟をやり直し、決着を促す内容。

 同日午後、安倍晋三首相は、官邸で記者団に「裁判所の意向に沿って和解を決断した。今回の和解内容を誠実に実行することとし、埋め立て工事を中止する」と述べ、和解案の受け入れを明言した。  
【琉球新報電子版】
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年3月04日 15:04:26 : cVcNuec9kg : 0QhbzablfmA[4]
辺野古和解 安倍首相の発言全文「普天間、沖縄の現状固定化されかねない」
産経新聞 3月4日(金)13時36分配信

 安倍晋三首相は4日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐり、福岡高裁那覇支部が示した新たな沖縄県との和解案を受け入れる考えを表明した。首相官邸で記者団に語った。首相の発言全文は以下の通り。

     ◇

 「本日、国として、裁判所の和解勧告を受け入れ、沖縄県と和解する決断をいたしました。20年来の懸案である普天間飛行場の全面返還のためには、辺野古への移設が唯一の選択肢であるとの国の考え方に何ら変わりありません」

 「しかし、現状のように、国と沖縄県双方が延々と訴訟合戦を繰り広げている、この関係が続いていけば、結果として膠着(こうちゃく)状態となり、家や学校に囲まれ、市街地の真ん中にある普天間基地の、そして沖縄の現状が、これからも何年も固定化されかねません。そんなことは誰も望んでいないとの裁判所の意向に沿って、和解を決断いたしました」

 「国として今回の和解案を、和解内容を誠実に実行することとし、埋め立て工事を中止いたします。さきほど中谷防衛相に、そう指示をいたしました。そして裁判所が提示した手続きにのっとって、円満解決に向けて、沖縄県との協議を進めてまいります」

 「その上で、司法判断が下された場合には、国も沖縄県もその判断に従う。そして互いに協力して誠実に対応することで今回、合意いたしました。普天間飛行場の危険性を除去する、そして沖縄県の基地負担を少しでも、しかし、しっかりと軽減していく。これは国も沖縄県も全く同じ思いで、全く違いはないと思います」

 「この共通の目標に向かって、国も沖縄県も互いに協力をしていく。そして努力をしていかなければなりません。今回の和解案は、その大きな第一歩である、そう考えています」

 −−以前も1カ月ほど協議したが、着地に至らなかった。今回、改めて着地点を見いだせるところはあるか

 「今回はまさにですね、裁判所から和解案が出され、それを国も沖縄県も飲んだわけであります。その和解内容を、国も沖縄県も誠実に実行していくことが求められていると思います。その上において、最終的な司法の判断が下されたら、国も沖縄県も、誠意を持ってそれに応じていく。それが今回の和解案であります」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160304-00000523-san-pol


2. 2016年3月04日 15:07:51 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[1553]
Domestic | 2016年 03月 4日 13:52 JST
関連トピックス: トップニュース
政府が辺野古埋め立ての工事を中止、和解案を受け入れ

http://s2.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20160304&t=2&i=1122241123&w=644&fh=&fw=&ll=&pl=&sq=&r=LYNXNPEC23074
 3月4日、安倍晋三首相は、沖縄県名護市辺野古の埋め立てをめぐり、裁判所が示した和解案を受け入れ、工事を中止すると発表した。写真は昨年4月撮影(2016年 ロイター/Issei Kato)

{東京 4日 ロイター} - 安倍晋三首相は4日午後、沖縄県名護市辺野古の埋め立てをめぐり、裁判所が示した和解案を受け入れ、工事を中止すると発表した。米軍普天間基地(宜野湾市)を辺野古に移設する計画は変えない方針で、沖縄県と協議を続けて最終的な司法判断を待つ。

安倍首相は記者団に対し、「全面返還のためには辺野古への移設が唯一の選択肢との考え方に何ら変わりない」と発言。「しかし、現状のように国と沖縄県が延々と訴訟合戦を繰り広げる関係が続けば、結果として膠着状態となり、沖縄の現状が固定化しかねない」と述べた。

政府と沖縄県は事態の円満解決に向け、裁判所が提示した手続きに沿って協議を続ける。安倍首相は「最終的な司法判断が下された場合には、国も沖縄県も従う」と語った。

(久保信博)

http://jp.reuters.com/article/henoko-court-idJPKCN0W60AK


3. 日高見連邦共和国[470] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年3月04日 15:09:56 : C7Wqvb1wZA : tDwH8L7NsPc[411]

そもそもが、政府が県を相手に“行政代執行”をする時点で“己の無能さ”を曝け出している、と何度も言ってる。

あからさまな『選挙前のいいカッコしい』とはいえ、この“遅すぎる決断”は素直に評価しよう。

で?この事でまた“支持率アップ”の仕込みとするんだろう?ミエミエだっつーのっ!(怒)

これまで散々、沖縄の民意を“無視”し、“軽んじ”、“突っぱね”まくって、何を今更、だっ!

詫びの印に“丸坊主”にするくらいの“誠意”は求めたいし、これが5歩前進(辺野古基地建設へ向けての)
の前の“1歩後退”にならぬように、政府の動向には万全の監視体制を向けるべきであろう。

とりあえずは、翁長さん、沖縄の皆さん、オメデトウ!これからも一緒にガンバロウぜいっ!!


4. 2016年3月04日 15:11:01 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[952]
さあ、司法判断を拝見しましょう。その間、「工事続行→既成事実化」は、避けられました。

グレゴリー・カラキ氏
「核兵器や基地(問題)の決定は少数の人たちによってなされている。私たちの声は無視されるが、声を上げ続けることが重要だ。団体の歴史は40年になるが、その中で成功することもあると学んできた。諦めない皆さんの取り組みは大事だ」
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-232205.html

引き続き声をあげていきましょう。


5. 2016年3月04日 15:34:55 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[1554]
>プレーヤーとアンパイアが同一、不公正だ

(どこかのプロ野球チームの)オーナーとコミッショナーが事実上同一、不公正だ。と言っているのと同じ。


6. 2016年3月04日 15:46:25 : cVcNuec9kg : 0QhbzablfmA[6]
安倍首相見解は「大変残念」=翁長沖縄知事
時事通信 3月4日(金)15時34分配信

 沖縄県の翁長雄志知事は4日、東京都内で記者団に対し、安倍晋三首相が米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設が「唯一の解決策」との見解を示したことについて、「大変残念な発言だ」と述べた。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160304-00000100-jij-pol


7. 2016年3月04日 15:58:48 : rsqfxdMFso : 6m4tZ8YuTm4[1]
13.00のNHKニュースは15分拡大でこのニュースを取り上げていてちょうど見ていたが、安倍様のNHKでは政府が和解に応じた裏まで当然解説しないので、型通り安倍の会見をただなぞっただけのアホでもできるニュース解説をNHK政治部の記者がうだうだやってて興ざめだった。

裏の話は日刊ゲンダイあたりに期待するしかない。
和解に応じたからといっても、辺野古移転が取りやめになったわけではない。
沖縄県と日本政府との裁判はこれだけではなく他にもあり、政府と沖縄県とも裁判所の判断に従うという和解の条件を呑んだこともあり、裁判所の判断がどちらに転ぶかで立場は変わってくる。

姑息で卑怯な安倍政権のことだ。
司法判断に圧力をかけることも厭わないと誰がいえるだろうか?
翁長知事と沖縄県は油断を解いてはならない。
もちろん油断のゆの字も解くことはないだろうが。


8. 2016年3月04日 16:34:20 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[1556]
沖縄県、国交相に対する抗告訴訟を取り下げへ

読売新聞 3月4日(金)15時48分配信

 沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、埋め立て承認取り消し処分の効力を一時停止した国土交通相の決定は違法として、県が決定の取り消しを求めた訴訟の第1回口頭弁論が4日午後、那覇地裁で開かれた。

 辺野古移設を巡る代執行訴訟の和解が同日成立したことを受け、県側が今後、今回の訴訟を取り下げる意向を表明した。

 原告の県側は代執行訴訟の和解内容に基づき、防衛省が行政不服審査法に基づく効力停止の申し立てを取り下げ次第、追って訴訟を取り下げるという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160304-00050145-yom-pol


9. 2016年3月04日 17:28:17 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[955]
鳩山由紀夫氏のリークも効いているかも。
検察審査会は船越健裕氏を偽造公文書行使等罪で強制起訴したらいかがでしょうか?
時効7年でしたっけ?

10. 2016年3月04日 17:39:21 : cVcNuec9kg : 0QhbzablfmA[9]
普天間移設 翁長知事が和解歓迎も 「辺野古移設が唯一の選択肢だから…」と政府を牽制
産経新聞 3月4日(金)17時2分配信

 沖縄県の翁長雄志知事は4日、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐり、国が福岡高裁那覇支部が提示した和解案を受け入れたことに関し、「半年間におよぶ裁判闘争を休息し、話し合いが始まるというのは私たちも望むところだ。ぜひ話し合いの中から展望を見いだしていきたい」と述べ、歓迎の意を示した。

 ただ、安倍晋三首相が「辺野古移設が唯一の選択肢だ」と重ねて指摘したことについては、「大変残念な発言だ。もともと『辺野古唯一』という話をするから会話が進まない。和解に応じたときに話す言葉ではない」と批判した。防衛省で記者団に語った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160304-00000542-san-pol


11. 2016年3月04日 18:00:57 : xhRvJqWbfw : st7722z@MzA[32]
日高見さんも言っているけど、選挙対策以外に何があるのだ?

選挙が終われば手のひら返しだよ。

まあ自民党が大敗して過半数割れでもすれば別だけど。

でも民主党には野田豚のような奴がいるからな。野党連合も絶望的だ。

明日の4153はどんな記事を投稿するか楽しみだ(笑)
また「チャイナマネーがー」かな(爆)


12. 仁王像[810] kG2JpJGc 2016年3月04日 20:09:49 : AJ2AMeXFI6 : @eQTerS22PY[1]
 工事をストップして話し合いに持ち込んだことは悪い事ではない。いや、前向きに明るい兆しと見るべきだ。

 工事が始まればそれで「オワ」だと煽ってきたのは、植草リロンであり箕面通信であった。読者が出来レースと受け取るような「茶番論」を執拗に展開してきた。今日までの展開は違うだろう。

 彼らの議論は、非実践的な評論であり傍観論であった。翁長知事を端から疑い、強い不信感をもって反基地闘争全体を侮辱し続けてきたのである。


13. 2016年3月04日 20:53:30 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[1560]
2016年3月4日
辺野古代執行訴訟を巡る和解について(談話)

社会民主党幹事長 又市征治

1.本日、辺野古新基地建設に関する埋め立て承認の取り消しをめぐり、国が翁長雄志知事を訴えた代執行訴訟で、福岡高裁那覇支部が示した、工事を中断したうえで県と再協議し、法律に基づく法的措置を国と県の双方に速やかに実行するよう求める、「修正暫定和解案」受け入れを国側が表明した。社民党は、工事中断が辺野古新基地建設に反対する多くの皆さんの運動の成果であると受け止め、一定評価する。

2.今回の和解を受けて、国と県とが再協議することになるが、国はこれまでの強権的なやり方を反省し、誠実な姿勢で臨むべきである。国の和解案の受け入れが、6月の沖縄県議選や7月の参議院選挙に向けた争点隠しの弥縫策であってはならない。

3.安倍首相は記者会見で、「20年来の懸案である普天間飛行場全面返還のためには辺野古への移設が唯一の選択肢との国の考えに変わりはない」との姿勢を変えていない。しかし、沖縄県民の意思は明確であり、普天間飛行場問題の解決策については、辺野古に固執することなく、「県外・国外」移設について米国と再交渉すべきである。

以上

http://www5.sdp.or.jp/comment/2016/03/04/%E8%BE%BA%E9%87%8E%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E5%9F%B7%E8%A1%8C%E8%A8%B4%E8%A8%9F%E3%82%92%E5%B7%A1%E3%82%8B%E5%92%8C%E8%A7%A3%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%EF%BC%88%E8%AB%87%E8%A9%B1%EF%BC%89/


14. 2016年3月04日 22:25:03 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[1562]
辺野古訴訟が和解、 政府の狙いはどこに?

TBS系(JNN) 3月4日(金)18時19分配信
 アメリカ軍普天間基地の移設問題で、国と沖縄県は、名護市辺野古沿岸部の埋め立て工事を中止した上で、事実上、裁判を一本化し、その判決が出るまでに解決に向けた協議を行うなどとした裁判所の和解勧告を受け入れることで合意しました。国と県は去年も工事を中断して協議しましたが、決裂しました。本当に一致点を見いだそうとしているのでしょうか?

 今回の合意は、確かに言葉の上では「和解」ではあるんですが、実態としては、対立の構図は何も変わっていません。今回の和解の最大のポイントは、国と沖縄県での訴訟合戦となっていた裁判を事実上、一本化して、その判決が出れば、双方ともその結果に従うと明記したところです。

 判決が出るまでの間に国と沖縄県は解決に向けた協議を続けるわけですが、まとまらないまま判決が出れば、お互い文句は言わずに従うと決めたわけです。

 安倍総理は翁長知事に「円満解決に向けて話し合いを進めていきたい」と述べましたが、政府側には、辺野古沿岸部を埋め立てて普天間基地を移設する計画を白紙撤回する考えはありません。

 あくまでも辺野古移設が問題解決の唯一の方法だと沖縄県側を説得し、受け入れられないなら裁判の結果に従うという、お互いにとって極めて厳しい直接対決が始まったといえます。(04日17:53)

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20160304-00000059-jnn-pol


15. 2016年3月04日 23:12:05 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[1563]
<辺野古和解>決着、事実上先送り 政府と県の思惑一致

毎日新聞 3月4日(金)21時57分配信

 米軍普天間飛行場の辺野古移設を巡る政府と沖縄県の和解は、とりあえず最終決着を先延ばししたにすぎない。和解成立は政府と県の当面の政治的な思惑が一致したためで、移設をめぐる根本的な対立が解決する見通しは立っていない。

 政府が和解を受け入れたのは、夏の参院選と6月の沖縄県議選を控え、世論をにらんで、対立を回避する姿勢をみせる必要があると判断したためとみられる。

 福岡高裁那覇支部が示した勧告案は、「沖縄対日本政府という対立構図になっている」と指摘した。政府と県が泥仕合を繰り広げ、解決策が見通せない状況は双方にとってプラスにならない。

 安倍晋三首相は受け入れ理由について、「延々と訴訟合戦を繰り広げ、こう着状態となる」と説明した。首相主導での譲歩を演出することで、実行力をアピールすることも狙ったとみられる。

 和解で国は工事を中止し、双方は話し合いのテーブルに着く。しかし、政府も県も移設を巡る従来の主張を変えたわけではなく、今後、歩み寄るという見通しもない。結局は、国は知事の埋め立て承認取り消しについて地方自治法に基づく是正指示を出し、それを契機に再び訴訟となる。

 移設問題の根本にあるのは安全保障を巡る国と地方の関係だ。今回の和解が普天間問題の解決にそのままつながるわけではない。〖野口武則〗

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160304-00000132-mai-pol


16. 2016年3月05日 00:54:17 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[294]
  そもそも未開国の様相を呈しているからこそ、政府が工事を止めないのである。
  通常の工事であれば、施工主の意図と違う工事が為されればただちにストップを掛け、施工業者も応じて工事を中断し、施工主の言い分に耳を傾けるだろう。
  ところが、辺野古基地建設工事にはそれが無く、乱雑な、当初の約束と違う調査工事態様に異議を唱えた首長に対して、防衛省職員が農水大臣や防衛大臣を担ぎ出してその異議を封じようとしたのである。
  公僕たる防衛省職員が如何なる権限で所轄大臣らを動かす事が出来るのか、全く以て、日本国の異常な政官の関係が明らかになったのである。
  本土では大型公共事業は強制収用が当たり前であった。
  最初に結論ありきであり、住民の意見を聞くといえども最終的には従わせるのが大型公共工事であり、住民は泣く泣く、例えばダム建設に沈む村を後にしたのである。
  住民の中でも意志の強い者が国賠訴訟を起こしたとしても、訴訟の途上でも建設工事は止まることなく進み、例え住民勝訴判決が出たとしても当該工事は完成しているというのが常であるからして、訴訟は容易には提議されず、それで一層、政官の横暴、寡占が、本土では極まっていたのである。
  工事に欠陥が有れば一旦止めるのは当然を、安倍政権と官僚に理解させるのにこれほどの手間が掛かる異常さである。
  しかしながら、例えば列島を取り巻く異様な数である54基の原発も、各立地県首長が訴訟を以て反対すれば、例えば米国土面積と原発の数に対比して、日本は5基程度で済んでいた筈である。
  沖縄県知事に出来た事が本土の首長に出来ない筈は無かったのであるが、政府が叩きつける札びらに抗えず、多くの住民を苦しみの渦中に放り出したのであるから、原発を始めとする大型公共事業に関わった本土の首長による災禍が如何に大きいか、という事でもあろう。

17. 2016年3月05日 09:39:13 : jcBzD8IplA : I6TtNNtj648[14]
安倍のもう一つに舌が動かなければいいが
和解に騙されるな
白紙に戻せ

あれはですよねまさしく和解であってですよね
やらないわけではないのです
良く聞いてください。
私が責任もってですよね辺野古以外はないと
申し上げたのですから移設は偏向なしですと


18. 2016年3月05日 11:15:13 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[1568]
Domestic | 2016年 03月 5日 10:39 JST
辺野古反対派が抗議活動

http://s1.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20160305&t=2&i=1122484892&w=644&fh=&fw=&ll=&pl=&sq=&r=PN2016030501001431.-.-.CI0003
辺野古反対派が抗議活動

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設をめぐる訴訟の和解から一夜明けた5日、移設先の名護市辺野古にある米軍キャンプ・シュワブ前には早朝から反対派の市民らが集まり、抗議活動を続けた。中心メンバーが「政府が新基地を断念するまで戦い続ける」と気勢を上げると、拍手が湧き起こった。

 シュワブのゲート前では連日集会が開かれており、この日は約70人が参加。沖縄県統一連事務局長瀬長和男さん(52)は、国と沖縄県の和解条項に移設工事中止が盛り込まれたことに触れ「工事をすれば違法になる。胸を張って活動を続けよう」と呼び掛けた。

{共同通信}

http://jp.reuters.com/article/idJP2016030501001425


19. 2016年3月05日 15:39:44 : 6lMnffrdq6 : kkuiPfeKz5I[20]
延期及び先延ばしでしょうな。

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-208213.html

防衛省・自衛隊OB天下り会社14社が工事受注。


20. 2016年3月06日 00:56:52 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[299]
  単に普天間基地と同等の規模が辺野古に移転する訳では無い筈なのに、日本政府はあくまでも普天間の移転である旨言い切っている。ということは、普天間の規模以上の基地は作らない、という共通認識で、今後の協議にも法廷闘争にも挑むに尽きるのではないか。要するに埋め立て禁止である。
  政府は普天間の移転と言い張っているが、百歩譲って市街地に有った普天間の危険の除去が目的なら、埋め立てる必要など無いのだから、実際は各種兵器の駐機庫とし、艦船停泊や迎撃ミサイルなども設置する腹積もりなのだろう。
  裁判官とて、普天間の移転の規模を大きく凌ぐような計画が為されているとなれば、それは遺憾だ、との心象を持つ可能性が高い。
  何しろ、沖縄は米軍基地が集中し過ぎているのであるから、誰が考えても、常識ある者なら「普天間が辺野古に移ればOK論」などに納得出来る訳は無く、単に右から左へ基地を移動させるだけであり、沖縄の悲劇は変りないな、と思わない方がおかしい。恐らく裁判官とて人の子なら同様の心象を持つだろう。
  とにかく、政府はどういう軍事基地を構想しているのか。米海兵隊のグアム移転は米議会にも承認されているのに、日本政府は辺野古をどのような用途に使うつもりだったのか、青写真を最終的に法廷でとことん追及すれば、さすがの裁判長も、普天間と同等規模では全く無い事に驚き、県の主張に耳を傾けざるを得なくなるのではないか。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK202掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK202掲示板  
次へ