★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK205 > 733.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
≪速報≫ 新党「国民怒りの声」 小林節氏が設立(田中龍作ジャーナル)
http://www.asyura2.com/16/senkyo205/msg/733.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 5 月 09 日 15:25:25: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

【速報】 新党「国民怒りの声」 小林節氏が設立
http://tanakaryusaku.jp/2016/05/00013590
2016年5月9日 14:04 田中龍作ジャーナル



新党設立の記者会見をする小林節氏。=9日午後2時頃、プレスセンター 撮影:筆者=


 統一名簿方式による野党共闘を唱え続けてきた憲法学者の小林節・慶大名誉教授が、きょう、新党を発足させた。党名は「国民怒りの声」。


 基本政策は―
1、言論の自由の回復(メディアへの不介入)
2、消費税再増税の延期と行財政改革
3、辺野古新基地建設の中止と対米再交渉
4、TPP不承認と再交渉
5、原発の廃止と新エネルギーへの転換
6、戦争法の廃止と関連予算の福祉・教育への転換 / 改悪労働法制の改正等により共生社会の実現
7、憲法改悪の阻止


 7月の参院選挙には小林代表自ら比例区に立候補する。


  〜つづく〜


               ◇


【2016参院選】憲法学者の小林節氏が出馬表明 「国民怒りの声」設立 「反安倍政権」旗印に10人以上擁立目指す 
http://www.sankei.com/politics/news/160509/plt1605090009-n1.html
2016.5.9 14:40 産経新聞



小林節・慶応大名誉教授


 憲法学者の小林節慶応大名誉教授(67)が9日、都内で記者会見し、夏の参院選比例代表に政治団体「国民怒りの声」を設立して出馬する考えを表明した。安全保障関連法廃止や言論の自由確保、憲法改正阻止などを掲げて「反安倍晋三政権」を訴えた。公職選挙法で政党に準じた選挙運動ができる「確認団体」とするために、小林氏も含め候補者10人の擁立を目指す。


 小林氏は記者会見で、安保関連法を成立させた安倍政権を「公然と憲法を破った。立憲主義の危機だ。戦争の危険を現実のものにした」などと批判し、打倒を宣言。「安倍政権の暴走を止めたい」として、参院選で自民、公明両党の与党や民進、共産両党などの野党でもない「第三の旗」として無党派層の受け皿となる意向を示した。


 具体的な政策としては、来年4月の消費税率10%への引き上げ延期、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設反対、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の再交渉、原発廃止、戦争法廃止、「憲法改悪」反対などを掲げた。


 小林氏は民進党や共産党、市民団体などの集会に積極的に参加し、安倍首相の政権運営を批判していた。参院選改選数1の1人区では「野党統一候補」の擁立を積極的に促し、民進党の一部議員らと野党間で比例代表の統一名簿をつくることも画策したが、民進党執行部は統一名簿への参加を拒否していた。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 日高見連邦共和国[1404] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年5月09日 15:33:09 : wBcnzscego : 4V4zftCCT0Y[28]

岩手より、国民の『怒りの声』をひとつ!

福島と沖縄を見捨てるな〜〜〜!!!


2. 2016年5月09日 15:34:57 : HFXrqKEDEA : rY69A0D6g6A[8]
ネーミングはいい。

安倍政権が、国民のための政治をやってると勘違いしている情報弱者に、はっきり言ってやったほうがいい。

今までの野党は遠慮しすぎ。

「戦争法」というのも、「他国侵略法」ぐらい言ってやってかまわない。

さらに、もともと保守の人なんだから、

「天皇陛下の現憲法尊重のお気持ちを尊重する」

ぐらいつけてもいいんじゃないか。

小林氏にメールなどで意見してみようと思う。


3. 2016年5月09日 15:41:44 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[2162]
事務局の辻恵氏も立候補すればいいのに…

4. 新共産主義クラブ[1958] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2016年5月09日 15:50:16 : uZmsrEDGew : v0hh1AdoaaI[2]
 
 このネーミングは、マツコ、有吉の、怒り新党というテレビ番組のタイトルの影響かも。
 

5. 2016年5月09日 15:54:11 : HFXrqKEDEA : rY69A0D6g6A[9]
2つづき。

小林さんには、ぜひ「本物の保守・愛国」ということで立ち回ってほしい。

これまでの「リベラル」政党の二番煎じじゃしょうがない。

だから、是非とも天皇陛下と皇太子殿下をお守りする、という気構えも見せてほしい。

国民には、素朴な保守層が多い。人口的にはそれが一番多いんじゃないか。

ところが、マスコミのトリックで、それらが安倍自民批判票として出てこない。

タブーの皇室にも触れることで、素朴な保守層の目を覚ませてほしい。


6. 2016年5月09日 15:54:57 : eQjj0yD4vU : 4tmpea7gaTc[4]
【2016参院選】「国民怒りの声」の小林節氏 団体名由来は「制服向上委員会の歌詞」 参院選1人区で候補推薦も
2016.5.9 14:56 産経新聞

 参院選に向け政治団体「国民怒りの声」の設立を発表した憲法学者の小林節氏は9日の記者会見で、 政治団体名の由来について、反安倍晋三政権を訴えるアイドルグループ「制服向上委員会」の歌詞から発想を得たことを明らかにした。

 小林氏は参院選比例代表に10人以上の候補者擁立を目指す考えだが、改選数1の1人区についても野党系の無所属候補を推薦する可能性に言及した。

 また、反安倍政権の新たな政治団体設立により、野党間で票が食い合うことへの懸念については「(反安倍政権の)パイを大きくしないといけない。中間層の受け皿がなければならない。苦肉の策だ」と述べた。

http://www.sankei.com/politics/news/160509/plt1605090011-n1.html


7. 日高見連邦共和国[1408] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年5月09日 16:01:02 : wBcnzscego : 4V4zftCCT0Y[32]

>>04 『新共産主義クラゲ』=『真相の道』

ほら!言ってる傍(笑)から、“反自民”のうねりに“茶々入れる”ようなコメントする・・・

だからオマエは“隠れ安倍派の工作員”だって言われちゃうの!分かるぅ???(笑)


8. 2016年5月09日 16:07:00 : eQjj0yD4vU : 4tmpea7gaTc[6]
小林節氏の「国民怒りの声」 候補10人集まらなければ撤退
産経新聞 5月9日(月)15時44分配信

 夏の参院選に向け政治団体「国民怒りの声」の設立を発表した憲法学者の小林節氏は9日の記者会見で、確認団体として必要な「候補者10人以上」が集まらない場合は撤退すると明言した。現時点での候補予定者は小林氏1人だけだという。小林氏は候補者を自らは誘わない考えを表明。政治団体設立に賛同している「仲間」が10人いると述べたが、名前については明らかにしなかった。

 小林氏は候補者が10人以上集まらなかった場合について「私たちの論点が旬ではないということだ」として、国政選挙への挑戦を永久にしないと表明。「私には幸せな老後が待っている」とも語った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160509-00000528-san-pol


9. 2016年5月09日 16:08:19 : Kn3BJwR9ST : NkwTT4XjVpg[37]
賛同しますね。

やはり新しい動きが求められています。

労組を支持母体とする政党はどうしても成長できません。

内実は瓦解しており、ほとんど市民化しているからです。

また米国の行き先が見えません。少なくとも共和党は壊れます。

すると日本の堅固な権益構造に漸くひびが入り始めます。

しっかりした政治家を輩出したり、選別しなければなりません。


10. 大慈大悲[7] keWOnJHllN8 2016年5月09日 16:12:22 : UHhCpRyLKo : vcyscINNQGk[3]
すごくわかりやすくて素晴らしいです。

「租税回避地(タックスヘイブン)の徹底調査と脱税の告発及び回収/タックスヘイブン禁止法の制定」を基本政策に加えてほしい。


11. 2016年5月09日 17:24:08 : nlb9r8zSfM : Sw0WrtrTe_4[39]
ハイハイ

分裂要素

また1つ


12. 2016年5月09日 17:35:20 : riwgxq1iJ6 : Bd5Q3wVbe7A[228]
大変だと思いますが、日本国の良識を訴え続けられてきた、いわば正義の味方。どこかのお金もちが、たぶん鳩山財閥あたりと意識は同じようだから、応援されるのと違いますかね? バカな民進、民心あらずでこの際、民主党という名で・・怒りの党はあまりにもぐつが悪い。鳩山民主党、でしょうな。

13. 2016年5月09日 17:52:14 : HshCuSsEKG : WvyN1PBMs0Q[-71]
07さん>クラゲは外来種の偽ウヨクですから 笑 豪腕が〜と小沢さんの悪口を

言ってバイト代をせしめている人間のくずですから 笑

[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理

14. 新共産主義クラブ[1962] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2016年5月09日 18:21:37 : 9M4Rhxm6Iw : M5u4rIGoKn4[4]
>>13さん
 
 4の見立ては、はずれていましたが、「制服向上委員会」の歌詞から発想を得たということですから、かる〜い感じの新党にしたいのは、その通りでしょう。

 参院比例区は非拘束名簿方式ですから、いろいろな種類の党があって良いと思います。
 
 日本共産党や社会民主党は割を食う気もしますが、良識の府の参院の選挙ですから、比例区を非拘束名簿方式の特性を生かして、知名度の高い学識経験者を中心に賛同者を集うというのは、参院の本来の主旨に合致しているとは思います。
 
 小林節氏は、もともと改憲派ですから、剛腕氏のように、国連決議のある多国籍軍・国連軍の武力行使への自衛隊の参加には賛成かもしれません。
 
 選挙の前に、共産党や社民党、民進党との違いをはっきりさせてほしいと思います。

>07さん>クラゲは外来種の偽ウヨクですから 笑 豪腕が〜と小沢さんの悪口を言ってバイト代をせしめている人間のくずですから 笑

 わたしの印象では、剛腕氏には、公明党の市川雄一氏や、連合の故・山岸章氏のような胡散臭さが、どうしても拭えません。
 
 山本太郎さんには違和感はないですよ。
 
 剛腕氏が早く政界引退して、山本太郎さんが早く生活の党の単独の代表になると良いですね。
 


15. 2016年5月09日 18:34:41 : 1TppK4ETfU : ABTzccdlBy8[493]

  新党「国民怒りの声」を支持します。


    、


16. 2016年5月09日 18:58:56 : 9qGNlrE83E : AqJE6uc62XY[73]
新党「国民怒りの声」を私も
支持します。この動きが大きな
盛り上がりを見せますように!!!!!
日本のサンダースよ!立ち上がれ!!!!

17. 2016年5月09日 19:56:24 : dUugZTPKDo : K4JKaampaA8[1]
>>14

残念ながらおまえがそのハンネで、安倍晋三など自民党政治家、

あるいは、ここに出没する「真相の道」「木卯正一」「で爺」「中川隆」「多摩散人といったネトウヨを罵っているところを見たことないんだけど。

出てくるのは「剛腕」氏の悪口ばっかり

日高見さん以上に、反ウヨのパフォーマンスを半年ぐらいは見せてくれたら、やっと信用してやるわ。


18. 2016年5月09日 20:01:20 : xQoZn42Pr2 : 2ydlNWODHRI[396]
頑張ってください 小林さん

19. 2016年5月09日 20:35:15 : HbFegcirho : t9VikviOjR4[19]

「国民の怒りの声」 非常に期待します。!!

シールズでもオードルズでも制服向上委員会でもいいから
どんどん派手に結集して欲しいと思います。

我も我もと自薦他薦で、候補者が集まってくれるといい
ですね。
久々に嬉しいニュースで、歓迎!

サプライズついでに古館氏や古賀氏なども是非!
個人的には、小林よしのり氏も推奨したいです。
(武田邦彦氏は集団的自衛権やTPPには賛成するか
 も知れないので、要確認で推奨)

小選挙区での戦い方も見てみたいので、せめて20ケ
所程度は自公落選運動の連係強化をしてもらいたいと
思います。

ただ小林氏に一つお聞きしたいのは、北海道5区の
不正選挙疑惑についての意見です。
またこれは共産党・社民党・生活の党と山本太郎と
仲間たちにも聞いてみたい。
このままでいいんだろうか
このまま何も無かったかのように参議院選に向かって
いけるのだろうか?
疑問です。



20. 2016年5月09日 20:51:18 : KbZDJiC09A : R49kYTSBpSs[1]
面白いですね。

野党票の食い合いを画策してるだけと言う頓珍漢な非難もあるようだが、要は既成野党に入れたくない無党派票の受け皿になるということなので良いと思う。


21. 2016年5月09日 21:12:37 : VcZcyVCPnQ : Kp4lOPcR490[42]
一票を投じます。もし自分の地区に該当者がおられればです。

22. 馬鹿ばっか[9] lG6OrYLOgsGCqQ 2016年5月09日 21:35:25 : 6Okw1mCJFU : QmgL@Yi9C8g[28]
馬鹿に引導を渡しましょう。その取り巻き、高村、高市の狂人、首相退任後も恥ずかしくもなく居座る谷垣、麻生には国政から退場してもらいましょう!そして民進党を潰そうとする細野、長島にも!!

23. マッハの市[918] g32DYoNugsyOcw 2016年5月09日 22:33:45 : xaA8XTd69Y : so1AW3AOTSg[61]
やっと、言ってくれました。

   小林節さん  (^_-)-☆ ☆  ☆   ☆    ☆


「安保法廃止訴え政治団体・・参院選、憲法学者ら出馬へ」     (本日の中日新聞夕刊)

夏の参院選。比例代表に、小林氏を含む10人以上の擁立を目指す。

 ・安保法廃止          ・改憲阻止         ・辺野古基地建設反対

 ・原発廃止           ・言論の自由の回復       など  以上抜粋。

民進党が打ち出せない「原発廃止」など、その政策は、国民の思いそのものです。
・10人以上の立候補を立てるので、憲法学者のほか、
 岩上安身、植草一秀、上杉隆、金子勝、古賀茂明、鳥越俊太郎、さんらジャーナリストほか、各界からも
 参加をしてほしいと思う。


24. 2016年5月09日 22:44:02 : qCzO4b7QM2 : Rg5VB2ZKC8c[37]
>22さあん

改憲阻止ではありません。

「憲法改悪阻止」です。
自民党の憲法草案は国民を縛る憲法です。
明治憲法よりひどい。
江戸幕府の『定め』と同じ。
絶対に阻止しなければいけません。


25. 2016年5月09日 22:44:13 : fvki2DVpFg : l6gU48mOUVM[3]
>古賀氏なども是非!

古賀はネオリベなところがあるからねえ。

>個人的には、小林よしのり氏も推奨したいです。

おもしろいが、ちょっと漫画チックになりすぎないか?


26. 2016年5月09日 22:45:33 : qCzO4b7QM2 : Rg5VB2ZKC8c[38]
>22さんではなく23さんでした。
すいません。

27. マッハの市[919] g32DYoNugsyOcw 2016年5月09日 23:52:13 : xaA8XTd69Y : so1AW3AOTSg[62]
>26(24)さん、ありがとう。
私も、「憲法改悪阻止」は承知でしたが、
中日新聞の記載「改憲」を元に忠実に表現しました。同紙の文面を抜粋です、ご理解を (^_-)-❤

小林節さんの応援頑張ります。
欲をいえば、衆参ダブル選なら、静岡の細野豪志に刺客を送り込んでほしい。


28. 2016年5月10日 00:24:47 : TR8QrYV4Lk : HODYaa7g6cU[4]
「生活の党と山本太郎となかまたち」と目指す政策が殆ど一致しているのに、
政治家としては素人の学者が何故小沢一郎氏に教えを請わないのか?
民進党にはすり寄るくせに、共産党とは距離を置く、小沢一郎氏は無視する、
こんな事では胸算用は挫折すると思えます。
一見良い良い人風の鳩山氏が小沢氏を引き摺り下ろして頓挫した様に。
政治の世界と学問の世界の違いが分かっていないようで、不安であてに出来ません!

29. 2016年5月10日 00:37:19 : bkTIDlz0eY : JTN7CNZoyO8[108]

  だから、市民政党を・・・ていったっしょ・・・、いいねぇ・・・

    女性も、子供を戦争の行かせない党とか、子供を被爆させない党とか、

      学者以外にも、どんどん、立ち上がって欲しいですね・・・

   =====

      阿呆な世襲どもは、ミドリの操り人形は、もういらんべぇ・・・

        (まともな世襲も居ますが、痔民のはねぇ、)


30. 2016年5月10日 02:02:31 : QN5S1WvDYw : fJh329qpraM[154]
>「生活の党と山本太郎となかまたち」と目指す政策が殆ど一致しているのに、
政治家としては素人の学者が何故小沢一郎氏に教えを請わないのか?
>民進党にはすり寄るくせに、共産党とは距離を置く、小沢一郎氏は無視する、
こんな事では胸算用は挫折すると思えます。
>一見良い良い人風の鳩山氏が小沢氏を引き摺り下ろして頓挫した様に。
>政治の世界と学問の世界の違いが分かっていないようで、不安であてに出来ません!

>>28さん、その答えは、これ↓ですよ。
>>2さんが言ってる様なことが事実なら、事実なの?
>もともと保守の人なんだから、
>「天皇陛下の現憲法尊重のお気持ちを尊重する」
これ↑が、原因ですよ。

小沢さんは、世界の支配構造を知ってるからだと思いますよ。(だって、ヤラレてるし。)
小沢さん以前、こんな↓ことテレビで言ってたしね。
スペインでは、スペイン国王が総理大臣を任命してる・・・・これ、テレビで言っちゃった。(汗)
カンのいい人は、すぐ気づきます。
日本もそうなんじゃね?みたいに・・・・ね!

で、この小沢さんと師匠の田中角栄さんも天皇からは、かなり嫌われています。
小沢さんは、陸山会でっち上げ事件でやられて潰されたし、
師匠の田中角栄さんもロッキード事件で牢屋にぶち込まれたしね・・・・
この二つの事件は、検察やマスコミや創価学会や国会議員とで、よってたかって連日連夜、一人をボコボコにしてましたからね・・・
で、結局、小沢さんは無実でしたね。
しかも、無実が決まったのにテレビでは、「限りなくグレーに近い無実」とか、意味不明なことを言い出してたね・・・これで小沢さんは「金に汚いのイメージ」を付けました。
普通は、まず謝罪と訂正を行うのがマトモな人なんだが・・・・

この一連の流れを作ったのが、日銀株主、天皇と、その元請のアメリカ連邦準備銀行(FRB)株主と言うことです。
だから、小林さんが天皇を尊重?してるんだから、小沢さんの所に行くわけがありません。

・・・・・って、ここまで書いたけど、ホントに小林さんって天皇を尊重してるの?
天皇陛下と皇太子殿下をお守りする「本物の保守・愛国」ということでいいのかな・・・
違ったら、全く話が変わってくるけど・・・・・(汗)


31. 2016年5月10日 03:38:11 : Qd6Og3kODk : Lls7tDz1@rw[5]
政策は賛同できるけど党の設立には賛同できないな。
無党派層が増える中、性格の似通った党の乱立は好ましくない。
選挙で野党共闘できるかが鍵。

32. 名阪神高速浪速[120] lryN45BfjYKRrJhRkaw 2016年5月10日 03:39:59 : L457Ef4hII : YSIcfgG71Tc[1]
「憲法改悪阻止」の旗手が「元 保守」の人だからこそ、「超党派」での「反 安倍」結集が期待できるのではありませんか?AERAの「現代の肖像」に登場した事もある人ですし。

33. 2016年5月10日 06:47:26 : UkScb1XgjA : LSsknN8N4xs[1]
賛同。憲法改悪、支持します。

34. 2016年5月10日 07:41:12 : FoozYI3PZF : 0W@FLm@Cvms[54]
>>参院選で自民、公明両党の与党や民進、共産両党などの野党でもない「第三の旗」として無党派層の受け皿となる意向を示した。


この人駄目ですね。
心情的には理解出来ますが、やはり政治には向いてないのではないか。
この時期に第三の旗を立てる事の意味をが分かりませんね。亀井氏との共闘が僅か三日で失敗したにも未だ懲りないとは呆れます。

何とも言い難いのは、この様な愚策でも心情的には理解出来るし、政策も国民目線の為、ある程度の支持を集めてしまうのですよね。

多分頓挫するとは思いますが、長年掛けてやっと共産党が選挙協力するようになったのにまた票割れですか。

小沢一郎発案の確認団体設立と趣旨をまるで理解していないですね。

小沢一郎案の真似事をするのではなく、小沢一郎の話に少し耳を傾けてみたら如何だろう。

違憲の声をかけ挙げたのは評価致しますが、それは学者としての評価であって政治に対する評価とは違うのですけどね。

政治を変えたいのか、それとも自分が出たいだけなのか。本当に政治を変えたいのならば、サポート役に徹して頂いた方が全体の為だと思いますね。

どんなに良い政策を掲げても、実現出来なければ絵に描いた餅なのですから。

善意なだけに公には批判すら出来ないのが困る。出来る事なら小沢一郎に話を聞きに行けと言いたい。

小沢一郎の確認団体案は、本当の意味での国民目線の一つの受け皿を作る提案であり、民進党という政党云々の話ではなかった。


それとは打って変わり、小林教授の確認団体案は、民進党との連携。この時点で意味不明であり、民進党との連携がままならなかったからの確認団体なのであり、また、そうでなくては何の意味もない。

何で、学者発言以外でこの人が評価されるのか全く分かりませんね。寧ろ、国民にとっては迷惑な存在になりつつあると私は思います。

何に執着しているのか知りませんが、今この時期に自分がしゃしゃり出て、果たして本当に全体の為になるという勝算はあるのでしょうか。

国民自身ももう少し良く考えた方が良いと思いますね。少し良い事を言っただけでいいぞいいぞでは、余りにも安易な気がします。

与野党一騎打ちの纏まる方向以外は何を言っても賛同出来ませんね。

今やるべきは生活の小沢一郎や山本太郎、それに共産党の志位委員長をサポートする事です。それ以外の策は現時点で愚策であり、その前提の元に民進党に頭数として協力を仰ぐしかないのです。

小林教授の策は少なくとも今ではないし、受け皿は増やさなくて良い。
少し困った人に思えてきました。

都民



35. マッハの市[921] g32DYoNugsyOcw 2016年5月10日 07:48:28 : xaA8XTd69Y : so1AW3AOTSg[64]
憲法改悪「阻止」してください。・・・支持はダメ、お願いだから。

36. 2016年5月10日 08:01:52 : 7XSm9melQE : OfUZQknL62U[40]
小泉、細川コンビの都知事選かく乱作戦のようなことには、、、、

37. 日高見連邦共和国[1417] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年5月10日 08:08:08 : IeaB3HQJJg : 1uIcocViqWs[501]

>>14 『新共産主義クラゲ』

『私以上に』、『半年』だって!

厳しい“条件”だけど、頑張って〜。(笑)


38. 斜め中道[258] js6C35KGk7k 2016年5月10日 08:13:55 : 460ZVzz1ys : 8oca@IpCA1U[227]
設立の意味は、大きいよね。
民進じゃ、怒りの受け皿になるのかどうか、わかんない人が多いと思うしな。

39. 2016年5月10日 08:34:43 : FoozYI3PZF : 0W@FLm@Cvms[55]
民進党では怒りの受け皿にはならないでしょうね。
ただ、小林教授の場合、言葉先行で未だ10人集まってないですからね。

前回の亀井氏との共闘での確認団体設立発表時もかなり期待されていたようですが、何しろ3日で頓挫でしたね。更に2回目の発表なら最低限でも頭数確保してからの方がいいのではと思います。集まらなくても私には幸せな老後が待っているとか言われてもどうなのでしょう。

結局、民進党が離れないようにしつつ、共産、生活、社民を後押しするしかないのですよね。
ただ、この確認団体が小沢一郎の定義のもとで小林教授が連携するのが本当は理想だっただけに残念です。

都民


40. 新共産主義クラブ[1963] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2016年5月10日 10:39:42 : RYEeNjH7ug : xRxxDlIfCNM[11]
>>17さん
 
 新共産主義クラブは、安倍政権批判のコメントも書いていますので、読んでみてください。
 
 http://www.asyura2.com/16/senkyo205/msg/727.html#c9
 
 ただし、わたしは、あなたから信用されたいとは思っていません。
 
 
>日高見さん以上に、反ウヨのパフォーマンスを半年ぐらいは見せてくれたら、やっと信用してやるわ。
 
 
 わたしの方は、日高見連邦共和国を信用していません。
 
 日高見連邦共和国は、剛腕氏よりも信用できないと思います。(「それは当然だ」と言われるかもしれません)
 
 日高見連邦共和国は、剛腕氏の熱烈な支持者というよりも、戦後の石原莞爾氏の思想の信奉者だと思います。http://8241.teacup.com/ashura/bbs/13
 
 それはそれで、別に構わないのですが・・・。
 
 それから、日高見連邦共和国(>>37)は、かなり重症の「カマッテちゃん」みたいですね。
 

41. 2016年5月10日 11:43:44 : vIuLgFFEmw : j@n72fbMflQ[3]
民進党(元民主党)を許せないし、信じられないという人と、共産党にはアレルギーが有るという人が、まだまだたくさんいるということは事実だと思うので・・・その間の、第三の選択肢を、比例区で立てるということは、理解できる・・・但し、同じ立ち位置に、社民党と生活の党がいて、これと食い合わないかと言うことが、心配の種・・・?

そこで、提案だけれど、この際「社民党」と「生活の党と山本太郎と仲間たち」と組んで、三党だけでも「オリーブの木」を構成したらどうでしょう、7つの「基本政策」については、すぐに合意できると思いますし・・・統一名簿だって、20くらいは、擁立して、共産党はともかく、民進党なんかは、食ってしまいましょう・・・ひょっとしたら、「民進党」もあわてて、後で、乗ってくるかもしれません・・・そうすれば、当初の目標(野党統一名簿)も達成できます・・・柔軟に、行ってほしいですね。


42. 2016年5月10日 12:42:07 : nlb9r8zSfM : Sw0WrtrTe_4[44]
憲法改善

これしか無い


43. 日刊ダイセツ[53] k_qKp4Nfg0ODWoNj 2016年5月10日 13:18:38 : 8mUfvBPswo : 7avEZb_7yI0[68]
さあー小林節先生にエールを送りましょう
  だらしのない民進党は期待できません我慢も限界
  小林節先生のご苦労も聞く耳をもたず連合に耳を傾け
  る民進党は時期参議議員選を大敗するでしょう、良識の
  ある民進党議員は是非小林節先生と共闘で戦って下さい
  あくまでも、打倒安倍政権なんでなんとしても止めないと
  この国は終わりです、共産党、社民党、生活の党は国民怒りの党
  と共に安倍政権を倒しましょう、民進党は〜ほっとけばいい!!!
  比例の連合票で何人か当選するでしょうが〜知ったことか!!!

44. 2016年5月10日 13:58:04 : 22vLlK0eft : mwCYzQQeB2M[2]
新党設立は、当面何かと刺激になるかも知れない。

しかし、その新党の動き次第では、1枚岩になれない野党連合がより複雑になるだけかも知れない。


45. 2016年5月10日 16:10:58 : Hxrcp3RsaI : NCo3TX2Cs5I[168]
生活の党など野党との競合を注意してほしい。民進党は今のままでは曖昧すぎて自民党に勝てないことを瞑すべし。まずは自民党公明党を打倒することを優先してほしい。

46. 日高見連邦共和国[1441] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年5月10日 17:39:33 : IeaB3HQJJg : 1uIcocViqWs[525]

>>40 『珍共産主義クラゲ』=『真相の道』=『米犬』

言ってる事はさっぱり分からんが、『石原莞爾』の理念や生き方には“参考にすべきもの”が沢山あると思うゾ?

それこそが、いみじくもオマエが言う『複眼視』なのではないのか?(笑)

石原莞爾も東北・山形の人間だ。その思想や行動原理に“親近感”を覚えるのは当然だろう。

だが別に『傾倒』などしておりゃせん。だってわっしは岩手県人っスから〜。(笑)


47. 2016年5月10日 17:59:51 : yBmRCCJNuQ : GbdJ@SB_xEY[7]
>>34 都民さん 何時もながら正鵠を射たコメント素晴らしい。
読んだコメントの中では、ピカイチ、秀逸です。

4野党の中で、只今現在、最重要にして最大の目的を正しく理解し、目的達成のために、今後克服すべき目標を全て見透している代表格は、生活の党小沢代表と、共産党志位委員長であろうと思う。

だから、両者ともフニャフニャでハッキリしない我儘な民進党に対して妥協しながら辛抱強く協議を重ねているものと推察しています。

今回の小林節氏の行動を見ると、氏には怒られるかもしれないが、目的達成のための確たる戦略が、氏の中で描かれているのか心もとないような気がする。

民主的政治勢力による政権交代と云う最終目標と、真の国民政府の樹立と云う目的に向かって今なすべきことは、自公批判票を一点に集中させることであり、分散させることではないはずだ。

そのためには、政策の違いだの、小沢アレルギーだの、共産党アレルギーなどとほざいている輩は、最早政治家ではない。唯の国会サラリーマンでしかない。

そのためには、都民さんが云われる通り、小林節氏が今なすべきは、出来る頃なら植草氏と語らって、市民勢力及び、学者勢力を束ね、生活の党、共産党及び、社民党の旗(オリーブの木=確認団体)の下に加わることで、一大政治勢力を実現せしめ、民進党がその旗の下に、進んで参加せざるを得ない状況を醸成することにあるのではなかろうか。


48. 2016年5月10日 18:51:25 : bRy8NM84eU : msYtYatRis0[5]
鳩山由紀夫氏 「私は外務省と防衛省の官僚に騙された」

http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2016/02/post-8d19.html
 
ネット右翼も同類ですね。


49. 2016年5月10日 19:29:32 : lRTBPFYwWE : kB4a@wJwRTY[1]
野党の票食い工作員

50. 斜め中道[266] js6C35KGk7k 2016年5月10日 19:53:14 : 460ZVzz1ys : 8oca@IpCA1U[235]
48>さん
それは俺も読んだんだが、
騙した奴は犯罪者じゃないか?
それをほっといて、鳩山さんは何をしてんのか理解できんのだよね。

51. 白猫[858] lJKUTA 2016年5月10日 19:54:40 : TyxXmqOa72 : H4zuIAH_ghs[234]
私も都民さんと同じ考えだ。
権力を握っている強い敵と戦うには小異を棚上げにして大同団結、すなわち弱小勢力が協力し合うことなしに勝利など望むべくもない。
志位共産党がようやくそのことを理解し、次の国政選挙では手をつなごうと言っているのだ。
本当に立憲主義、民主主義を守ろうとするなら分派的行動は控えるべきであろう。

52. 2016年5月10日 20:16:09 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[328]
>>34 >>39 都民さん

私は,あなたほど小沢さんを持ち上げないが,それ以外では同じような考えだ。
こっちに書いておいた。

http://www.asyura2.com/16/senkyo205/msg/722.html#c14
http://www.asyura2.com/16/senkyo205/msg/722.html#c23
http://www.asyura2.com/16/senkyo205/msg/752.html#c2

亀井静香さんについては,小林節さんがさんざん悪口を言っていた。亀井さんのことを「おんぶお化け」と言ってたね。根回しもせず先走って記者会見をしようとするから必死になって止めた,と。なんか今回は小林節さんが亀井静香さんと同じことをやっているような。


53. 2016年5月10日 21:32:10 : FoozYI3PZF : 0W@FLm@Cvms[56]
意外にも賛同の意見が。。
>>47様、>>白猫さん、>>LKXIYf923Aさん

こんばんわ。

>>47様には私の言いたい事を100%理路整然と書いて頂きました。
特に以下の部分は秀逸です。

>>そのためには、都民さんが云われる通り、小林節氏が今なすべきは、出来る頃なら植草氏と語らって、市民勢力及び、学者勢力を束ね、生活の党、共産党及び、社民党の旗(オリーブの木=確認団体)の下に加わることで、一大政治勢力を実現せしめ、民進党がその旗の下に、進んで参加せざるを得ない状況を醸成することにあるのではなかろうか。

正にこれです。

私は確かに私は小沢一郎を持ち上げ過ぎる所がありますが、小沢云々は別としても現時点で国民が納得して支持出来る形はこれ以外にあり得ないと考えます。

何故なら、民進党がいなければ勝てないが、民進党主導でも勝てない可能性が高いのです。

所謂、民進党主導ではない形での政権交代ですが、難易度は高いがそれでもここを目指さなければ本当の意味での政権交代にはなりません。

その為には白猫さんが仰られる通り、現時点での分派的行動は控えるべきだと私も思います。

それまでの流れを肌で感じ取るならば、シールズやママの会、それに植草氏や古賀氏、憲法学者の会や、原発反対団体など。数百にも及ぶ市民団体が既にあるのです。ここを纏めるリーダー役として活躍して頂き、それは既存の政党を凌駕する程の膨大な数なのです。

ボランティアを募ってでもやるべきは民進党との交渉などではなく、市民団体同士の連携だと思います。

そして、その一つの塊を共産、生活、社民と連携させる事です。当然ですが、この一つの塊は無党派層含め、更なる支持を集める事でしょう。何故なら勝てる可能性が見えてくるから。

そして、市民の後押しで勝てる可能性が
出てくれば、民進党は政党や議員個人は関係なく、必然的にここに連携せざるを得ないのです。

この民進党主導ではない形での政権交代でなければ国民は納得して投票に行けないのです。北海道がいい例ですが、小林教授はメディアで扱われるほど発言力のある方なのですから、是非、政治家ではなく良識ある憲法学者として、または市民のリーダー的存在としてご活躍して頂きたいと思います。

都民


54. 2016年5月10日 21:46:04 : b7GIZVtv5U : HkBPk3nQvIM[136]
小林節氏の今回の発表は前回都知事選の反原発小泉細川を思い出す 
第三の旗を立てればどこが有利になるか明らかだ

学者がそんな事を理解できないはずがない早い話小林節氏はトロイの木馬と云う事小沢氏のコメントもそれを踏まえてのモノだろう

やるべき事ははっきりしてる多数を取らなければ何も決められない
その為には小沢氏の方針しか方法は有り得ない

極端な事を云えばそれ以外はすべて分断行為と云う事です
小沢国策事件から5年余り経過して徐々にこの国の正体が解かってきた
前回三日で頓挫した亀井氏小林節氏のとき植草氏が言っていた事が的を得ている

ここのスレッドで都民さんが述べている事が私は正論と思います



55. 2016年5月10日 22:05:28 : b7GIZVtv5U : HkBPk3nQvIM[137]
記者クラブメディアが仰々しく報道する時は疑った方が良い
何故なら彼らは現体制維持の為には何でもアリなんです

今回の件で小林氏にエールを送っているオメデタイ人がいますが
それは票の分散だと云う事結果相手側に不正の口実を与えてしまいます

幸せな老後が待っている(小林節)とか
今回だけで以後反原発運動はしません(小泉細川)
こんなコメント出してオカシイト思わなければいけません


56. 2016年5月10日 22:31:15 : 0KqoVHGsTQ : @7k0cx1I@Yo[-805]
あれ?

小沢生活党からの公認ダメだった?

[32初期非表示理由]:担当:要点がまとまっていない長文が非常に多いので全部初期非表示

57. 2016年5月10日 22:32:17 : b7GIZVtv5U : HkBPk3nQvIM[138]
ここ20年WASP及び日本のエスタブリッシュメントの緊急の政治課題
それは小沢一郎と云う政治家を日本政治から消滅させる事です

それは彼らにとって一番都合の悪い政治家だからで 
逆を云えば多数国民の利益になる事なのです
小沢一郎と連携共闘しない政党政治団体とはどう云う事なのか思考すべきです

ここ阿修羅でも小沢一郎に否定的なコメントをする輩がいますが
小沢一郎の政策及び政治行動の何処が国民の不利益になるのか論理的に
説明して貰いたいものです。


58. 2016年5月10日 22:43:44 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[329]
>>54 >>55 >>57 b7GIZVtv5Uさん

私は,別に小沢一郎さんのことを全否定するつもりはないが,

>その為には小沢氏の方針しか方法は有り得ない
>極端な事を云えばそれ以外はすべて分断行為と云う事です

このような視野狭窄,何が何でも小沢小沢・・・という態度も,野党共闘の大きな障害になると知りたまえ。
あまりにも独善的であることに,あなたは気づいていないのか。

私が志位が志位が・・・といったらどうなるんだ。そんなことは言うつもりはないが。

あるいはもしかして,あなたの目的は,小沢さん及びその支持者への反感を増大させることかな。


59. 2016年5月10日 22:51:27 : 0KqoVHGsTQ : @7k0cx1I@Yo[-804]

小林節氏の「国民怒りの声」 候補10人集まらなければ撤退  産経新聞 5月9日(月)15時44分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160509-00000528-san-pol

 夏の参院選に向け政治団体「国民怒りの声」の設立を発表した憲法学者の小林節氏は9日の記者会見で、
確認団体として必要な「候補者10人以上」が集まらない場合は撤退すると明言した。現時点での候補予定者
は小林氏1人だけだという。小林氏は候補者を自らは誘わない考えを表明。政治団体設立に賛同している
「仲間」が10人いると述べたが、名前については明らかにしなかった。

 小林氏は候補者が10人以上集まらなかった場合について「私たちの論点が旬ではないということだ」
として、国政選挙への挑戦を永久にしないと表明。「私には幸せな老後が待っている」とも語った。



[32初期非表示理由]:担当:要点がまとまっていない長文が非常に多いので全部初期非表示

60. 2016年5月10日 23:13:20 : TR8QrYV4Lk : HODYaa7g6cU[5]
30さん、ご教示感謝します。

小林節氏が天皇崇拝だとするなら、しがらみ無しでは無いですね。
皇室は日本のしがらみの中枢と言えそうですから。

34の都民氏のお説に同感です。

何が何でも小沢一郎なのは、政権与党の運営を経験し正論を唱える希少な存在だからです。志は今も変わらず民と共にある!異論が有るなら言ってごらん?と言いたいです。


61. 2016年5月10日 23:24:33 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[330]
>>60
>何が何でも小沢一郎なのは、政権与党の運営を経験し正論を唱える希少な存在だからです。
>志は今も変わらず民と共にある!
>異論が有るなら言ってごらん?と言いたいです。

そんなに他人を挑発してはいけない。これが異なる政党が共闘するときの暗黙のルールだ。
これで異論が出たら,収拾がつかなくなる。本来の目的を見失ってしまう。



62. 2016年5月11日 00:11:51 : FoozYI3PZF : 0W@FLm@Cvms[57]
LKYRYf922Aさんの気持ちも分からなくはないですが、かと言って小沢氏を支持する人も全員が全て盲目的に何が何でも小沢という訳でもないと思うのですよね。

現存する政治家の中では、ある程度経験も豊富ですし、発言と行動にも筋が通っている事が多いと普通に思いますけどね。ただ、いつまで経っても小沢じゃなければ駄目だという訳でもないですし、物凄い偉人かと言えばそうとも言えません。

何かと話題に事欠かない小沢一郎という政治家ですが、突出しているように見えるのは、小沢一郎自身が云々というよりも、小沢一郎以外の他大多数の政治家のレベルが突出して低いからだと思います。勿論、志位委員長を含め素晴らしい資質を持つ方も沢山いらっしゃるとは思います。ただ、その多くは素晴らしい資質を発揮する事なく、>>47様の言葉を借りて言えば唯の国会サラリーマンのように見えてしまいます。

私は>>57様の以下の意見にも一理あると思います。

>>それは彼らにとって一番都合の悪い政治家だからで 
逆を云えば多数国民の利益になる事なのです

私もこの物差しは非常に有効だと思います。
この物差しに照らし合わせて考察するならば、考えるべきは自公政権にとって何が一番脅威になり得るかであり、それが有効であればある程、我々国民の利益になると私も思います。

要は自公、それに民進党内に潜む裏切り議員の嫌がる事は我々国民の理に適うという事です。しかも、これは常に相手側が答えをくれますから正に単純明快なのですね。

それを目指すだけで良いのですから。

例を挙げますと、例えば野田元総理の嫌がる事、それは小沢一郎です。本人の言質もありますね。では、細野、前原が嫌がる事、それは共産党、これも言質あり。

記事内容に沿うならば、例えば櫻井よしこの嫌がる論客は小林教授となります。

これは大手マスコミでも著名人でも同じですが、全てに於いて相対する側がいるのです。与野党一騎打ちは政治だけの話ではないのです。

これら全て含めて、自公と相対する側を一つに集める事こそが最も脅威になり得る事であり、脅威になれば勝てる可能性が芽吹き、勝てる可能性が芽吹いてくれば、投票率が上がるのです。

結果として必然的に勝つ事になるのです。この>>57様の物差しに照らし合わせるならば、候補予定者が自分一人の状態で、まだ立ち上がる前からエクスキューズとして撤退宣言を前置きしている時点で全く相手の嫌がる事になっていませんね。寧ろ、自公に安心すら与えかねない愚策だと思います。

ただ、憲法学者としては相手方の櫻井女子にはやはり脅威になり得ます。

更に書きますと、民進党執行部の面々に出て行けという事も一見する国民の願望に合致するように映りますが、実はこれは自公の脅威にはなりません。

同じく仮に民進党が崩壊したとする、それも短期的には自公の脅威にはなりません。寧ろ我々国民に取って逆に脅威になる恐れが生じます。何故なら事実上は勝ったら与党第一勢力、負けても野党第一党、崩壊したらそれはそれ。勿論、自民党に行けばいいのですから、彼等はどうなっても大丈夫なのです。ただ、我々国民は困りますね。これでは自公政権が更に強力になってしまいます。

この民進党の扱いが非常に微妙ですが、国民は彼等の上を行かなければなりません。ですので、特に今回に限り民進党主導ではない形での政権交代に敢えて民進党を引き入れる必要があるのです。

但し、支援するのは共産、生活、社民ですね。それに小林教授含めた市民団体が連携して、民進党は勝手について来れば良いのです。別に支持などする必要もありません。

小林教授案は、我々が知る以上の段取り及び根拠のある戦略、それがない限り早めに頓挫する事を願います。

何故なら全く自公の脅威になり得るとは思えないから。
しかし我ながら長いですね。。次から短く簡潔を目指します。

都民


63. 2016年5月11日 00:12:21 : b7GIZVtv5U : HkBPk3nQvIM[139]
>58 LKXRYf922A
          
まず最初に小沢嫌いのアナタ小沢一郎の政策のどこがいけないのか説明したら
なんで小沢と言ってはいけないのw アナタ面白い人だね
アナタの小沢嫌いは別の思惑が有るようだが?・・・

別に志位氏を連呼してもいいんじゃないかそれは共産党及び政策を支持する事だからね

私は小林節氏が前回亀井氏との件そして今回の小沢氏を無視するような単独での
発表に異議を唱えている訳 それは野党票の分散分断にしかならない訳です
結果アチラ側を利する行為だから・・・ワカリマスカ?

じゃアナタ私が小沢小沢と政策及び選挙戦の方法論も含めてコメントしてるんだが
それのどこがいけないんだい他にその選挙戦を実績から言って仕切れる政治家がいるんですか?

アナタのコメント見ると感情的に小沢氏を否定的に捉えているいるようだけど
小沢氏のどこが政策的にだめなのかアナタの意見をご教授願います。


64. 2016年5月11日 02:31:59 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[513]
  34さんの懸念が共感出来る。
  小林氏の一番の主張は、共産党との共闘について行けない層への呼びかけ、という事であろう。すると、御本人が最も共産党との共闘について行けないのだろうか。
  確かに、共産党という政党は仲間内で固める傾向は感じるが、自民党が、共闘は野合だなどと唾棄するところを見ると、やはり日本では稀有の革新政党という事だろう。彼らが共闘を試みたからこそ保守が騒ぎ出しているのであり、共闘すれば何らかのインパクトが国政に生じる、という前兆であろう。
  とすると、小林氏は元保守で有ったそうだから、今も当時の仲間と会合などはやっているだろう。その中で、やはり、共産党との共闘はまずいのではないか、とのアドバイスなども有るのではないか。
  従って、新党を立ち上げるなら理解できるが、というような話になり、それなら、という事ではないのだろうか。
  いずれにしても、野党共闘で保守との一騎打ち、という戦後初めての試みに一筋の亀裂が入る可能性はあるだろう。
  新党は多分立ち上げても最初は泡沫政党となる筈であり、革新に入れるか、保守に入れるか、の二者択一であれば結果を見れば国民の意志が一旦明白となるが、ここで票が割れれば組織票である自民、公明の保守に分が良くなるのではないか。
  共産党との共闘と言っても、何から何まで共闘する必要は無く、個々の政党や無所属議員とて、有権者の声を届ける代議士に変りは無いのであるから、一人一党の精神で自らを選出した支持者の声を国会に届ける、という理念を捨てなければ、幾らでも喧々諤々の論争を、マスコミ報道など気にせずにやれば良いのである。
  可能であれば、他の先進国同様に、議員立法を主体とするシステムを普及させ、基本法の立案を党として国会提出する場合には党議拘束を掛けても、最後の採決は、審議の中で様々な意見、討論を経た結果は、支持者の代弁者として、党議拘束を緩めて採決を投ずるべきだと思う。
  党議拘束を緩める事により、官庁の廊下に巣くう軍産複合体ロビイストの意向を汲んだ行政立法案を官僚が出しても、必ず採決に至るとは限らなくなる。
  深夜まで掛かって政権党を説得し、数の力で可決を促すという、政権党と官僚の癒着した国会決議は、党議拘束を緩めれば避けられるのである。
  行政立法案を、党議拘束を緩めて可決出来ないなら政党助成金は無いよ、などの脅迫があれば、納税者に代わって官僚を叱り飛ばせば良いのである。
  だが、そもそも政党助成金などという補助金は受け取る必要が無く、その分、国民福祉のための予算に使用できるのである。
  団体献金という、個人の一票の重みを無視するような政策の誘導は、いずれ個人献金の普及に代わるべきだが、今は政党助成金を宛にしているとしても、歳出権限が事務方主導で有ってはならず、立法府が主体的に決めるべきだ。
  とにかく、立法府が公僕である官僚機構をリード出来ずに、行政立法案を閣議決定、党議拘束を掛けて国会審議を形骸化させるようなら、新党だろうが共闘だろうが、自民党と変わらないのである。

65. 2016年5月11日 03:23:11 : HyLlCCiN6g : 7nznrmnsuoc[1]
いろいろ書かれている人がいるようだが、なぜ小林氏がこういう行動を起こしたのかははっきりしている。

民進党の中に自民党の仲間がいるからだよ。だから野党共闘が進まない。彼らを野党から引き剥がさない限り問題は解決しないということなのだ。

菅が小沢・鳩山・国民を裏切り野田が原発を再稼動させ消費税増税をやった。政策をはっきりさせないと同じことを繰り返すことになるからだ。

「野党乱立」ではない。安倍政権を打倒するための統一戦線だよ。味方の中に敵を抱えていてはどうしようもないだろう。


66. 2016年5月11日 06:36:57 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[331]
>>63
私は小沢一郎さんのことを嫌いなのではない。
小沢一郎さんがいなければもうこの国の政治は成り立たないとでも言いたげに小沢さんを持ち上げる人たちが嫌いなのだ。
それをやりすぎることは,共闘の障害になる。

異論があれば言え,とか,政策のどこがいけないのか言え,とか,いうが,私はそんな挑発に乗るつもりはない。
同じ党を支持しているわけではないから,それは言い出せばいっぱいあるよ。日米安保条約に対する考えとか,税制についての考えとか。でも今この状況で,そんなことで論争して何の意味があるのだ。

また,小沢さんと志位さんのどちらが優れた政治家か,などということで論争したくもない。やっても収拾がつかなくなるだけだろう。
それが共闘のルールだと思っているから。内部分裂に至りそうなことは避けて通りたい。



67. 2016年5月11日 08:17:12 : b7GIZVtv5U : HkBPk3nQvIM[140]
>66

アナタの今までのコメント観れば小沢氏が嫌いではないとか
そう云う節操のない事言ってはダメですよ 人間が軽く観られますよ

共通の障害とか共通のルールだとかアナタ言ってる事が支離滅裂だね

今回野党共闘の障害とかルールを守ってないのは誰なの小林節氏だろうが
彼のしている事は実質共闘の票の分散以外の何物でもないだろう

何度でも云うが自公腐敗利権勢力を利する行為だからですよ
その行為を糾弾して何故いけないのですか?

それを挑発に乗るつもりは無いとか言って逃げてはダメですよ
しっかりレスすべきじゃないのかい  それとも何か不都合でも・・
 
>内部分裂に至りそうな事は避けて通りたいw

避けて通りたいじゃないでしょうw 内部分裂そのものを推進しているのが
小林節氏の動きじゃないの? 

それを指摘せず小沢氏云々はチョット矛盾してると云うかオカシイト思いますよ。


68. 2016年5月11日 08:55:28 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[333]
>>67
私は小林節さんを擁護していないよ。むしろ批判的だ。>>52を見ればわかるだろう。
人の発言を見ずに妄想で人を非難する人とはまともな話し合いができないので,今後あなたの相手にしないことをする。


69. 2016年5月11日 09:10:14 : b7GIZVtv5U : HkBPk3nQvIM[141]
>68   ↑

都合が悪くなるとこれだよw 思考回路大丈夫か!

芝居小屋の切られ役みたいですね(切られても切られても次から次ぎと出て来る)

それで今後あなたの相手はしない  だって・・w


70. 2016年5月11日 11:48:03 : ztQPQj7kJE : obbzCrFObMo[101]
>小林氏は候補者が10人以上集まらなかった場合について「私たちの論点が旬ではないということだ」として、国政選挙への挑戦を永久にしないと表明。「私には幸せな老後が待っている」とも語った。

随分と虫のいい話ではないか。
このコメントで一変にミソをつけた感じは否めない。
戦が始まる前から、自分だけ負け戦だった場合の逃げ道を恥もなく提示しているのだから呆れる。
皆が願う様な公約を並べ立てたのはいいが、小林氏が一人ではじけて見えて、結果ポシャってしまうのではなかろうか。
なぜこの時期に敢えて新党を作る必要があろうか。
なぜ野党共闘をサポートしないのか?自分の思い通りに事が運ばないからか?
選挙を舐めて見ている様だ。最初からこんな甘い見通しで10人が集まるとは思えない。学者のお遊びなら今の内に止める事だ。
野党共闘の邪魔になるような事だけはしてほしくないものだ。


71. 2016年5月11日 14:23:45 : qF4T1YwunA : 0ID5WaAuWRA[638]
●時間的猶予のない今は「日本のナチス化」を食い止めることが最優先です。

そのために小林氏の新党はどういう役割を果たせるのか検証が必要です。

例えば、橋下徹が「維新の会」を立ち上げたのは、小沢さんが民主を出た後で作る新党に野党の第3極が集結するのを妨害するためだったと考えられる。

おそらく、かつがれた橋下にその意識は明確にはなかったかも知れないが、橋下をかついだ連中の意図は小沢新党拡大を妨害することだったはずだ。

今、野党がなんとか共闘して自公と対等に闘おうとして努力している最中であるが、小林氏はどんな具体的戦略を持っているのだろか。

これまでもずいぶんと「目立つ方だ」な〜と心配していたのだが、やはり「自分が立たないでいられない」状態になってしまったということだろうか。

それが、自公に勝つための野党共闘に具体的にどういう役割を果たすのか、あるいは野党分断あるいは分散を招くだけなのか見極めが必要だ。

小沢さんとよく相談して進めてほしいし、場合によっては参院選では新党ではなく別の形でとりあえず協力をする方法もあるのではないか。

もはや時間的猶予はないのだから、今はできるだけ現実的な戦略をとって、とにかく安倍政権による「日本のナチス化」を食い止めなければならない。

そのことの重要さは小林氏も当然理解されているものと思いますが。


72. 2016年5月11日 16:26:58 : b7GIZVtv5U : HkBPk3nQvIM[142]
ある意味巨大な化け物集団の腐敗利権層と対峙する時弱者がすべき事
それはチマチマした集団を多数擁立する事ではなく弱者は全てまとまり
団結する事 これしか巨大利権集団に勝つ事は出来ないこんな事は誰でも解かる

小林節氏自身もそれは理解しているはずだなのに自ら訳の解らぬ
団体を立ち上げるとはどう云う事なのか

普通に思考すれば利権層からのトロイの木馬と考察するのが常識であり
小林節氏は本当の意味での野党勢力を弱体化する方向にアクションしている
これが反野党共闘行為でなく何なのか賢明な人は解かると思う

またこのスレッドで小林節氏に肯定的な意見も見受けられるが
彼らも同じ類と判断するのが普通である。


73. 2016年5月11日 17:33:27 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[516]
  人間も動物であり、生存本能というのが有る。人間の生存本能とは、五感、六感に依る感性であろう。
   その感性が、どうもおかしいな、と自分に問う時が有り、本来はその感性に忠実に生きるのがベストであろう。
   ところが、寄らば大樹の陰、長いものには巻かれろ、場の空気を読んで大勢に付く、という風土が醸成され、それが処世術となると、中々感性に従った言動は取れなくなる。
   だが、政治問題は、最終的には感性を研ぎ澄ませる事しか無いのだろう。
   いわゆる魑魅魍魎が、租税主義に伴って跋扈している。個々の納税額には限界が有っても、それが数千万人となれば規模が違うのである。
   租税主義と国民代表議会制度は切り離せないところ、全ての政策には予算を必要とするのだから、血税の使途を、どれにどう優先するか、のルール作りには、納税者が感性を働かせて、ルールを作るための代議員を選び、彼らに代表として真摯に働いて貰わなければならない。
   今の血税の優先順位が、遅ればせながらの軍産複合体への参加による軍事立国としての起死回生の選択か、それともそれを徹底的に避け、文化立国としての模索に集中するか、の二択であるところ、軍産複合体への前のめりの自民党に対抗できるなら、全ての政党や無所属議員が一体となる必要が有るのではないか。
   今や、過去の巨大兵器を駆使する戦争スタイルでどうにもなるものでは無いのに、巨大兵器を持て余し始めた旧来の軍産複合体がカモ葱を探している様子である。それに遅れて乗せられるのか、拒絶して新たな国の形を模索するのか、の二択であろう。しかも保守の料亭政治は常に真実を国民には語らないのである。
   そのために、共産党との共闘を出来ない者はこの指止まれ、の構想が妥当かどうか、納税者個々が、感性を研ぎ澄ませるしか無いのではないか。
   先の大戦においても、個々の感性としては「これ以上の戦はムリだ」であったが、それを公に表す事が出来なかったのであり、70年を経た今度は、再び間違ってはならないのではないか。

74. 2016年5月11日 18:20:18 : 7LS2t5Osdw : aRfaQEObVx8[2]
小林先生は、比例区のみに立つ人を集めると言っています。

参議院比例区48議席は、非拘束名簿式により選挙されます。

これは、有権者が好きな候補者を自由に選べるので、

名簿順位の決定に有権者が参加することができます。

又、かつての全国区制のような当選して取り過ぎて余った死票が

少なくなる等の利点があり

これは、候補者の選挙費用の増大や全国的な組織を持つ候補や知名度が

高いタレント政治家が有利であります。

参議院比例区は、全国区になりますので立つ人も全国の組織票を持つ

医師会やJA等やスポーツや役者等の有名人などしか当選しませんので

今の野党から立つ人は少ない。

ここで小林先生は、自民党に反対で民進党、共産党に入れない無党派層と

田中康夫氏や山本太郎氏的な有名人の立候補者を救おうとしています。


75. パラノイア[233] g3CDiYNtg0ODQQ 2016年5月11日 20:09:42 : SNHQek75os : bGn_ZWtnMXs[1]
設立会見を観ましたが、支援者の10人て誰?w
クラウドファンディングに参加したいので早くHP立ち上げて下さい。

76. 2016年5月11日 22:39:37 : 7LS2t5Osdw : aRfaQEObVx8[3]
「国民怒りの声」のWebが立ち上がりましたね。

http://kokumin-no-koe.com/


77. 2016年5月11日 22:56:56 : ABPExKQ6Vk : WkKEBT_l450[53]
多くの書き込みを読ましてもらった、ごちゃごちゃ言っているようだがキャスチングボードは共産党がにぎっているよ。

今まで全選挙区に候補者をたててある時には自公に利することも有った。その共産党に腹を決めさせた人物をどう評価するかだ。

自公の側に立っている者からすればその人物が煙たかろうが、反自公の側に立ってみればよくぞ腹をきめさせたと言うことだろう。

立候補する意思を持っている者一人一人を評価し、評価に値しない候補のところに今までどおり対抗馬(当選することを目的としない)を立てればよいだけだからだ。
今度の共産党候補は今までの泡沫と言う認識では済まないだろうことを心に明記するべきだろう。

全体の流れの中で再評価されるだろうから。

その選挙区で自公候補が当選しても非自公が当選しても結果は同じこと、獅子身中の虫がいなくなる方が結果はむしろ良いのではないだろうか。

新たな政党を立ち上げる事は自公を利するように思うがね。自公は策略に長けているからね。

手玉にとられるだけだろう。それが結果的に日本の決定的破壊にならなければよいがと危惧する。


78. 2016年5月11日 23:11:33 : ABPExKQ6Vk : WkKEBT_l450[54]
上 再考。
  全国区を考えると小林新党はありと思う。
PDFを読ませてもらった。( http://kokumin-no-koe.com/ )

地方区を考えていた。民進 共産 と書くのが嫌と言うかたのために。 (反省)


79. 2016年5月12日 02:57:12 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[521]
  良く解らないのは、共産党に投票する気にもならない人、と言う点である。
   共産党自身が、共産党を生涯支持するような意志が無いなら投票しないでくれ、と言った訳でも無いのに、共産党に投票する気にならない有権者を設定、取り込むのは、共産党とはいずれ対立する準備をする、という事だろうか。
   共産党は、保守からすれば革新イデオロギーの覇者として、米国においても赤狩りなどで排除の対象となった。
   日本でも長いこと、共産党という名前にアレルギーを持ち、徹底的に排斥する対象となっていた。
   だが、政党名を意識しなければ、その考え方は一定しており、それこそ米のサンダース議員に匹敵する思想を貫いていたのではないか。
   だが、革新政党も、保守による排除の対象としての共産党を嫌い、共闘は常に避けられて来た、と言えるだろう。
   現在自民党は、政権党である事を理由に、国会答弁の場が自民党大会でもあるかのように改憲演説をぶっている。「こんなみっともない憲法ではやってられない」旨、国会を白けさせている状態である。
   現行憲法の下で職を拝命しながら、その法規自体を蔑視しつつ国政に携わるのは、国会全体、国民全体に、「現在の法治主義は正当では無い、こんな法で生きて行かれるのですか」旨問うていると同様であり、結局のところ、政権党は、国のトップだなどと自認しつつ、現在の法構造を唾棄し、国民に虚無感、絶望感を植え付けているのである。憲法唾棄、イコール現行法治主義を蔑視する自民党の罪は、政権党である故に非常に重いのである。
   これと同様が、共産党という政党に対する根拠無き蔑視であろう。これもまた、時の政権である自民党によって繰り返し国民に吹聴されたものであり、場の空気を読んで大勢に付き、長いものには巻かれ、大樹には寄らねば生きにくい日本社会の中では、政財官の護送船団ムラによる特定政党の排除の論理を鵜呑みにせざるを得なかったと言えるだろう。
  これは一重に、経済成長の成果を内需と言う形で国民福祉に転換する事を拒絶した護送船団ムラによるものであったと言える。彼らは「共産」という言葉がもたらす論理を嫌悪していたのではないか。
  現代政党であるから、単に革新というだけで、共闘しても何らの違いも無い筈だが、野党も護送船団が作った負のイメージに捉われ、場の空気を読んで大勢に付いたのだろう。
  例えばグループ交際においても、ボス的存在が「あいつは嫌いだ」と言えば誰もが「あいつ」を避ける。国政における「共産党は嫌いだ」が、自民党を先頭にし国益の再配分を嫌った護送船団ムラによって喧伝されたのである。
  あえて、外に中国、内に共産党と、仮想敵を作り、扇動し、結果的に国民全体を無意味な葛藤の中に埋没させる事を得意とする懲りない勢力である。
  現行憲法の下での基本法の制定作業であるにも拘わらず、憲法そのものを唾棄しつつ国会に出て、口を開けば改訂しか言わず、国全体を虚無感で覆っている保守自民党と料亭政治を続ける護送船団ムラには、かなり前から腐臭がしているのであるから、一旦革新全体でノーとし、政権党の義務でもあるところの、一に、国会を真の言論の府とし、二に、国民に代わって行政の歳出事務の管理監督をこなす必要があるのではないか。
  

80. 2016年5月16日 10:02:55 : qSSBPTLEis : H5Zrlc7CTio[22]
設立総会に小林節氏欠席。
支援者「なぜ来ないんだ」と怒りの声(唖然)


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK205掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK205掲示板  
次へ