★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK209 > 330.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
≪本音≫憲法「前文から全てを含めて変えたい」安倍総理が池上彰氏のインタビューで明言!「選挙公約にも書いております」
http://www.asyura2.com/16/senkyo209/msg/330.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 7 月 11 日 10:50:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

【本音】憲法「前文から全てを含めて変えたい」安倍総理が池上彰氏のインタビューで明言!
http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/19208
2016/07/11 健康になるためのブログ



安倍晋三「前文から全てを含めて変えたい」



https://www.buzzfeed.com/daisukefuruta/revision-of-the-constitution?utm_term=.yfBo5qz54#.it9weQzeK

「憲法改正するとは、ずっと申し上げています。選挙公約にも書いております。また、どの条文を変えていくかについては、谷垣総裁時代に憲法改正草案をお示ししている」

では、具体的にどの条文を変えようとしているのか。池上さんはこれまでの改憲論争で焦点に上がった9条や96条を例に挙げて問うた。

安倍首相は、笑みを浮かべて答えた。

「それだけではなく、前文から全てを含めてですね、それを変えたいと思っています」

力を込めてそう言った上で、ただ、と言葉を続けた。

「現実どうなっていくか。結果を残していかないといけないわけでありまして、ただ、自分の要望を示すのでは、これは政治ではない」

参院で改憲に必要な3分の2議席を占めるには、与党の自民・公明だけでなく、おおさか維新の会や日本のこころを大切にする党の協力が必要だ。しかも、この4党はどの条文を変えるかについて、一致していない。

どの条文を変えるのか。また、自身も「道半ば」と語るアベノミクスを推進し、経済・財政を立て直すことはできるのか。


以下ネットの反応。




















選挙結果があまりにも嬉しかったのか、言わなくてもいいことまで言ってしまいましたね。「前文から全てを含めて変えたい」というのがやはり本音だと思います。

そして、昨日の安倍総理のインタビューでは「憲法改正は国民投票で判断してもらう」という言葉もありましたので、「国民投票」が行われることはこれでほぼ確定しました。有権者が10%しか参加しなくても、過半数が賛成と言えば可決されてしまう穴だらけの「国民投票」です。

投票前にテロの脅威をあおり、北朝鮮のミサイルをクローズアップし、メディアコントロールをガンガンに効かせれば、簡単に過半数は行くでしょう。

ただ、一つ憲法改正にとって問題なのは「アベノミクス=経済」ですよね。経済は今後相当厳しくなって、年金問題なども明らかになってくるので、憲法改正の大きな障害になる可能性はあります。まあ、ここも郵貯ぶち込んだりしてアベノミクスを延命して、エイヤっと憲法改正してしまえば、誰も何も言えなくなってしまいますけどね。

アベノミクスの後始末は憲法改正しかないというのが恐ろしい現実かも知れません。


             ◇


「前文から全てを含めて変えたい」 安倍首相が改憲への意欲を明言
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160710-00010003-bfj-pol
BuzzFeed Japan 7月10日(日)23時8分配信


参院選の開票が進む中、圧勝を確実にした自民党の安倍晋三首相が「前文から全てを含めて変えたい」と全面的な改憲への意欲を語った。【BuzzFeed Japana/ 古田大輔】

テレビ東京の選挙特番で、池上彰さんのインタビューに答えた。

安倍首相は選挙戦を通じて、街頭演説で憲法についてほとんど語らなかった。東京・秋葉原の最後の訴えでも一言も触れなかった。

そのことについて、池上さんに問われた安倍首相は「憲法改正は自民党の立党以来の悲願」と強調した上で、こう答えた。

「憲法改正するとは、ずっと申し上げています。選挙公約にも書いております。また、どの条文を変えていくかについては、谷垣総裁時代に憲法改正草案をお示ししている」

では、具体的にどの条文を変えようとしているのか。池上さんはこれまでの改憲論争で焦点に上がった9条や96条を例に挙げて問うた。

安倍首相は、笑みを浮かべて答えた。

「それだけではなく、前文から全てを含めてですね、それを変えたいと思っています」

力を込めてそう言った上で、ただ、と言葉を続けた。

「現実どうなっていくか。結果を残していかないといけないわけでありまして、ただ、自分の要望を示すのでは、これは政治ではない」

参院で改憲に必要な3分の2議席を占めるには、与党の自民・公明だけでなく、おおさか維新の会や日本のこころを大切にする党の協力が必要だ。しかも、この4党はどの条文を変えるかについて、一致していない。

どの条文を変えるのか。また、自身も「道半ば」と語るアベノミクスを推進し、経済・財政を立て直すことはできるのか。

3分の2の壁を超えても、課題は山積みだ。














 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年7月11日 11:06:33 : aqwyPf75YU : EdKe4y8L7pM[16]
終わってから言い出すとは思っていたけど、改めて聞くと本当に詐欺師そのものだ。

自民に投票した人、本当にこれでいいのか??


2. 2016年7月11日 11:24:55 : OkXopCDtCI : A8c@zeLIHq8[193]
事の本質を自民などの改憲政党に投票した人達は解っていなかったんでしょう。
さらに今回の選挙を棄権した人の中にもそんな人が沢山居たんだと思う。

日本人の民度に改めて驚きました。
もうこの国は放射能と共に滅亡するしかないのかもしれない。


3. 2016年7月11日 11:26:46 : NXLZTxcnjE : J7wjWUOMY1w[1]

白い箱と、尖がったお墓

属国の若者に悲しみが

コンニチワ


4. 2016年7月11日 11:28:39 : NXLZTxcnjE : J7wjWUOMY1w[2]

悲しみよコンニチワ

5. 2016年7月11日 11:34:35 : sR6JkU7qqo : lnaFUs5BXUA[10]
いやいや、改憲はこのブログの書き手が考えるほど簡単じゃない。

なんとなく自民に投票、あるいは棄権、という行動が、

憲法だけがテーマの国民投票にそのまま結びつくわけではない。

自民寄りのマスコミの調査でも、改憲自体反対が多い。

具体的な、それも少しでも国民を縛る方向のものを示されたら、拒否反応がほとんどだろう。


6. 2016年7月11日 11:36:03 : KzvqvqZdMU : OureYyu9fng[-499]
そのとほり、前文を変えにゃ駄目だ。

前文は、敗戦国の、戦勝国への <詫び状文> になっている。

またから悪いことは致しません。正義を求める各国の皆様を信じて、以後、

軍備は持たず、軍隊ももちません。悪ぅございました。

と、こーなっておる。

これをまず破棄、または全部書き換える。

  世界的に見ても、こんな長ったらしい憲法前文は、なぃ、らしい。

なぜ長いのか? 詫び状 だからだ。


[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理

7. 2016年7月11日 11:38:54 : tXLK5wn6U2 : GeGCWKP8ats[3]
「安倍は嫌い、でも自民には入れる」

これが日本の民度なのよね、悲しい事に・・・・・・。


8. 2016年7月11日 11:55:36 : 5uB7rcLdMk : UVNCl8lg9FI[1]
自民支持者ってのは、考えないのよ。ぞろーっ見て、自民党好きなのよ

9. 2016年7月11日 11:57:41 : IGNoLKTk72 : AnJEBJFI91Y[244]
>>7
舛添さんみたいな人でない限り、政治家に対して好きも嫌いも無いと思うよ。
ただ政策に支持、不支持があるだけで。

10. 2016年7月11日 11:58:59 : rr8ryhYYOU : kS49VGlb@EI[5]
薄っぺらいんだね 保守って

11. 2016年7月11日 12:03:47 : 3GWtxv0V7Q : e8dJ8ubl2YA[3]
>>5
国民が改憲の中身を見るとでも?
仮に見たとしても見るだけで終わるだろう
特になにも感じやしないだろう

12. 2016年7月11日 12:08:12 : jBXdBvcmPY : loViQ5cnqVw[34]
選挙監視なく国民投票をすれば今回の選挙結果と同様、結果は見えている。
マスコミが事前に言っていた通りだったろ。
最初にセットした通りの結果が出るよ。

安倍は「全部を変える」とおどかしておいて、無理だから「緊急事態条項をつけ加えるだけ」にするだろう。それなら9条は守られているからいいでしょ、と。
バカ、というより国民の大多数はこれで騙される。

緊急事態を宣言すれば憲法全てが効力停止するのだから、憲法全部を撤廃したのと同じことになる。


13. 2016年7月11日 12:12:37 : 3GWtxv0V7Q : e8dJ8ubl2YA[4]
>>12
火種なんてそこらじゅうにあるから、常時緊急事態にすることも可能だからね

14. 2016年7月11日 12:19:23 : sR6JkU7qqo : lnaFUs5BXUA[12]
>>13

日本は北朝鮮みたいな農業中心の、エネルギーと食糧自給率の高い国じゃないからね。

国際的なビジネスで成り立っている国。

年がら年中、戒厳令というわけにはいかない。

法律は、日本で長期に働く外国人にも適用されるわけだからね。

緊急事態条項は、恐ろしいが、思ってるほどのリスクはないと思うね。

実際、戦争が始まったり、大規模テロがあったら、憲法に戒厳令があろうがなかろうが、国家統制されることは間違いないからね。


15. 2016年7月11日 12:24:20 : x4d7IJsMeI : gkEajX@SwhA[2]
しかも 国民投票は公職選挙法が適用されないから、権力側も金使い放題

すぐに運動の方策を練りはじめるべきだ

相手は右翼統一戦線の日本会議
護憲勢力も統一戦線を〜〜


16. 2016年7月11日 12:38:19 : XZB9yxoDGw : 7kQhCtqDHfE[18]

改憲、やればいいさ。なんでもマニフェストの261番目にちらりと書いてあったそうだから、その前にある260の公約に全力で取り組んで実現させてからな。

17. 2016年7月11日 12:51:28 : 1cz9P1E6DQ : a4CWEf3uhtE[163]
> アベノミクスの後始末は憲法改正しかないというのが恐ろしい現実かも知れません。

このサイトの投稿記事やコメントは、アベノミクスの否定と憲法改正反対が大部分だが、選挙の投票の結果はその真逆で、自民党は議席を増やし、憲法改正派が2/3を超えた。
つまり、多くの国民は憲法改正を恐ろしいとは思っていない、と言うことである。
このサイトの投稿記事やコメントの多くの国民の意見とは真逆である。

恐らく、朝鮮系が多いのだろう。
そして多分、朝鮮系は投票権を持っていないのだろう。
そのような者のコメントはゴミと同じである。


18. 2016年7月11日 12:53:58 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[697]
ふん まあ 予想できた事ではあるが 選挙期間中は 出来るだけ憲法改正論議は避けて通り
終ったら途端に 憲法改正への意欲を前面に押し出す と言う事は
【憲法改正論議を争点にすると選挙に不利である】と言う事を認めている証拠
要するに 憲法改正は国民の信を得られていない と言う事を自覚しているからに他ならない

憲法改正が国民に支持されていると自信を持っているならば、堂々と選挙戦の争点に掲げるはずである

すぐ簡単に墓穴を掘る 馬鹿だね こやつは 。゚(´^o^`)゚。


19. 2016年7月11日 13:16:45 : eJeTfqsvV2 : T2tWWmcRyXs[1]
早く憲法変えろや
徴兵しろ
こんな国どうでもいいわ
どうにでもなれ畜生
日の丸?破いて棄てちまえ
恥辱に塗れた汚らしい国旗なんぞ消してしまえ

20. 2016年7月11日 13:36:58 : XZB9yxoDGw : 7kQhCtqDHfE[21]
大学で教えている先生たちの話でも、改憲は嫌だ、でも経済をなんとかしてくれるような気がするので自民に入れとこうという若者が多いという話があったな。なのに投票が終わったとたんに、どんどん改憲の話が出てきて、今頃はさぞ戸惑っているだろう。(そして自民の改憲法案が解説されるようになれば、青ざめでほしいものだか)

まえにシャトル大聖堂が挙げた投稿の中に読売かどこかに載った自民の年齢別の支持率のグラフがあったが、それに依っても自民支持派が最も多いのは18、19の未成年、それから20代、30代以降はどんどん減って40、50、60代で最低。70代で増えている。これからわかることは実社会の厳しさを知っている人ほど自民に騙されず、支持していないということだろう。

逆に社会に出る前の若者と定年して10年も経ってしまった老人たちが最も自民を支持しているのだ。つまりは無知から支持されたということ。もちろん本人たちばかりではなく、マスコミに大きな責任があるのは確かだが。

でも生長の家原理主義者のカルトは年齢にかかわらずそうではない。もとの教団とは喧嘩別れしているそうだが、彼らは極めて自覚的に明治憲法の復活を目指しているらしいから、今回の結果ではしめた、と舌なめずりしているだろう。


21. 戦争とはこういう物[1267] kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo 2016年7月11日 14:02:29 : 0lfblgLuXc : joWj7kZ@L@I[317]
宗教団体支持の党は、かつて繰り返していた「環境権加憲」など、本気で行う気があるのか?

土木関係の支持者が多い党は、あらゆる方法で反対するはずだ。
なぜなら、基地や原発、リニア「アルプストンネル」超特急などは、「環境権」訴訟で計画中止に追い込まれることに成る。

与党の関係者は、何処をどう変えたいのかについて真面目に議論しているのか?

■(憲法考・改正の論点)(03) 環境権に訴訟リスク、未来の世代へ“国の責務 (本気なら原発も基地も廃止!?)
http://www.asyura2.com/09/kenpo3/msg/450.html
投稿者 戦争とはこういう物 日時 2016 年 7 月 11 日 02:02:07: N0qgFY7SzZrIQ kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo


22. 2016年7月11日 16:36:48 : xUN8TbPFU2 : Gfy0XnfFduc[2]
首相「憲法改正、自民党案をベースに」
2016/7/11 14:46 日経新聞

 安倍晋三首相(自民党総裁)は11日、参院選を受けて党本部で記者会見し、憲法改正について「わが党の案をベースにして、どう3分の2を構築していくかが、政治の技術だ」と述べ、野党時代につくった自民党草案をもとに議論を主導する考えを表明した。

 改憲論議にあたっては衆参両院の憲法調査会で議論を進めるべきだとの認識を強調した。野党第1党の民進党の姿勢に関し「安倍政権の間は憲法改正をしないと岡田克也代表は言っているが建設的な対応とはいえない。好き、嫌いではなく子どもたちのために真剣に議論していくべきだ」と話した。

 参院選の結果については「アベノミクスを一層加速せよという力強い信任をいただいた」と力説。英国の欧州連合(EU)離脱や新興国経済の陰りが出てきていることに触れたうえで、12日に石原伸晃経済財政・再生相に経済対策の準備に入るよう指示する考えを示した。「景気を下支えする総合的かつ大胆な経済対策を実施する」と語った。

 8月にも実施する内閣改造・党役員人事に関連し、谷垣禎一幹事長や菅義偉官房長官の処遇を問われると「極めて有能な方々だが、今の段階では白紙だ」と述べるにとどめた。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK11H2R_R10C16A7000000/


23. 2016年7月11日 16:42:34 : xUN8TbPFU2 : Gfy0XnfFduc[3]
改憲案、国会で具体的議論 首相「与野党合意を」
2016/7/11 4:08日本経済新聞

 憲法改正に前向きな自民党、おおさか維新の会、日本のこころを大切にする党の3党と無所属議員ら、「加憲」を掲げる公明党を合わせた勢力の議席が参院全体の3分の2を超えた。国会発議に向けた環境が一歩進み、任期中の実現に意欲的な安倍晋三首相は国会で改正項目の議論の進展に期待をかける。ただ、改憲勢力の中でも各論で違いがありハードルは高い。

 改正の国会発議には衆参両院でそれぞれ総議員の3分の2の賛成が必要だ。衆院は自公両党で確保しているが、参院では足りなかった。発議できる環境が初めて整う。

 安倍晋三首相は10日夜の各社のテレビ番組に相次いで出演し、憲法改正について「これからはいよいよ憲法審査会に議論の場が移る。いかに与野党で合意をつくっていくかだ」と強調。まずは9月中下旬にも想定する臨時国会で衆参両院に設置した憲法審査会での議論を始め、改正項目の絞り込み作業を始めるシナリオを描く。

 首相はテレビ番組で「この選挙で憲法の是非が問われていたのではない」とも指摘した。まずは国会で議論が進むのを見守る構え。参院選で争点化を避けてきただけに、自らが主導して進めれば野党の反発を招くだけでなく、公明党も刺激しかねないからだ。

 同党の山口那津男代表は10日夜のTBS番組で、憲法改正に関し「合意形成の手掛かりも今はない状態なので、慌てないでしっかりやるべきだ」と慎重な議論を求めた。井上義久幹事長もテレビ番組で「国会でしっかり議論するなかで合意をつくり出すことが重要だ」と語るにとどめた。

 「平和」を党是とする公明党は改憲を巡り、現行憲法の「基本的人権の尊重」「国民主権」「平和主義」の3原則を堅持しつつ、時代に応じて新たな理念や条文を加える「加憲」の立場を取る。憲法を巡る議論を拒まないものの、慎重に進めるべきだとの姿勢だ。

 井上氏は「現行憲法を積極的に評価している。どういうことを『加憲』するか党内の議論が成熟していない」とけん制した。安倍政権で改憲論議が前のめりになれば歯止め役を果たすとの認識を強めている。おおさか維新の会、日本のこころを大切にする党の改憲勢力でも、各論になれば思惑はかなり異なる。

 自民党の谷垣禎一幹事長は10日夜のテレビ番組で「野党第1党(の民進党)とよく話を詰めていくことが大事だ」と語った。安倍政権での改憲阻止を訴えてきた民進党の岡田克也代表はテレビ番組で、憲法審査会を動かすのに反対しない考えをにじませた。

 ただ、同じ民進党の枝野幸男幹事長は「立憲主義の位置づけについて(与野党で)共有認識ができないと先に進みようがない」と強調。共産党の小池晃書記局長も「これで改憲に信任が得られたというのは許されない」と語った。

 国会発議にこぎつけたとしても、実際の憲法改正には国民投票で有効投票総数の過半数の賛成が必要だ。憲法改正を強引に進めようとすれば世論の反発を招き「失敗すれば安倍首相が不信任を受けたことになる」(政権幹部)との声がある。

 首相も任期中の憲法改正について「私の任期は(2018年9月までの)あと2年だが、自民党としての目標だから落ち着いて取り組んでいきたい」と述べるにとどめた。

 与党内には党総裁任期の延長論がくすぶる。党則は認めていないが、中曽根康弘首相(当時)が任期切れまで3カ月となった1986年夏、衆参同日選挙で大勝し、特例で総裁任期を1年延長した例がある。首相周辺からは任期満了前に衆院解散・総選挙で与党大勝し、任期を延長するシナリオがささやかれる。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS10H7W_Q6A710C1PE2000/


24. 真相の道[1259] kF6RioLMk7k 2016年7月11日 17:26:09 : T8iD3fD606 : kQK1OSr0eCg[174]
> 前文から全てを含めてですね、それを変えたいと思っています


安倍総理がこのように言うのは、当然のこと。

読んでみればわかるが、憲法の前文は普通の日本人が読んだ時に意味がわかりにくい、または意味不明なところがある。

日本語としておかしいところもある。

したがってこれを見直すのは当然のことです。

つまり、憲法前文の見直しに反対する人は、憲法を読んだことがないのでしょう。

自民党の憲法前文の改定案では、国民主権の下での3権分立、平和主義、基本的人権の尊重、環境保護などが謳われており、わかりやすいものとなっている。

以下が自民党の憲法改定案と現行憲法の比較。

https://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/seisaku-109.pdf
  
    
   


25. 2016年7月11日 18:51:20 : rGT9z24w76 : E1gnitVyu0E[156]
そのうちに、自作自演で議事堂に火炎瓶を投げつけて戒厳令が敷かれる。

ナチスに習え、である。


26. 2016年7月11日 23:20:42 : xQoZn42Pr2 : 2ydlNWODHRI[658]
※25さんに同意
詐欺師安倍総理に投票した人たちも詐欺師みたいな脳みそなんでしょう

27. 2016年7月12日 02:59:42 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[700]
昭和6年 柳条湖の満州鉄道の線路が爆破された これをきっかけとして満州全土を日本が武力制圧した
それが 「満州事変」 ここから日本は 戦争への道を突き進む訳だが
柳条湖事件は 日本軍による【自作自演】の謀略であった事は のちに明らかになる

かつてこの日本を 戦争への道へ 引きずり込んだ【ウヨ連中】 それがまだまだ生き残っている内は
改憲なぞ100年早い 危なっかしくてしょうがない いつまた【自作自演】のテロを起こすか
判らぬ連中であるからだ

確かに 現憲法は おかしい所はある ストレートに読んでしまうと自衛の戦力すら否定されてしまう

しかし、それも全て かつての戦争からの 大いなる反省と 後悔からくるものである
そのくらい あの戦争は 日本人にとって 耐え難い屈辱と壮絶な苦しみをもたらしたのである

● それほど 300万という犠牲は 余りにも大きい そして生き残った人間も壮絶に苦しんだ ●

それはもう、「一生のトラウマ」 と言って過言は無いであろう いまだに 「激動の昭和」 と言われるのは
一にも二にも あの太平洋戦争が有ったせいである。


28. 2016年7月12日 10:18:08 : aXQ14LsGlU : xAdfnvn6XcI[18]

   自由は「自民党」にだけ、あるのでしょうか?。

   ?


29. 2016年7月12日 10:36:07 : rrhrFN6JLd : C6EI10g_Gy4[984]
国民投票こそムサシの出番じゃないのか?安倍の詐欺三ならやりかねん。

30. 2016年7月12日 13:18:12 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[739]
   最大多数の議員を抱える政党が政権党となる、と言う仕組みは、国会のお約束として、いわば国民納税者、主権者が、行政実務の管理監督責任者として、政権党には納税者に代わって歳出事務に目を光らせてもらおう、というものである。
  租税主義システムというのは、国民から徴税し、それを種々の国民共有の福祉政策に使用するシステムであり、その使途の優先順位は税金を納めている納税者そのものに決定する権限があるのは、例えば会員制組織と同様である。
  会員制組織が、会費の使途の優先順位を会員総会で会員の総意で決議し、その実務を会計担当者に委託、会計担当者の実務の管理監督を、会長や運営委員会メンバーが会員に代わって担う、というのが会員制組織のシステムである。
  これは租税主義システムも同様であり、税金の使途の優先順位は、国会で代議士が基本法を作成して決定、その原則に忠実に、官僚ら行政方が歳出事務を履行するのであり、その執務が議会の決定に忠実であるかを管理監督するのが所轄大臣であり、大臣の監督義務の総合責任者が総理大臣である。
  従って、本来総理や閣僚のポストというのは、多数議員を抱えて政権を担う任務を帯びた途端に議会共通のポストとなるべきで、所属政党の基本方針とは切り離されるのが筋であろう。
   会員制組織の会長がどんな意向の持主であれ、会長となったからには、会の方針に従った会計事務の管理監督者であることを優先しなければならない。
   例えば、旅の会の会長としては、会費を主に海外旅行に使用したいとしても、会員総意が国内旅行優先であれば、会長は当然会員総意に従うべきである。
   にもかかわらず、国内旅行中心の会則が気に入らないからと、会長の座に居ながら、海外旅行だけとする会則に変えて見せる、などと意気込んでいるとすれば、それは会費を納めている会員に対する背任行為である。
   安倍首相も同様に、租税国家として、行政事務の監督者としての各大臣の責務を掌握している総理が、現行憲法の下でその任務を拝命しているにも拘わらず、総理としての立場に居ながら、かつまたその地位を全面的に活用してマスメディアに露出し、国民総体を改憲ムードに煽る行為は、会則を常に唾棄しつつ会長の地位に固執し、会則変更を煽動する者同様、会への蹂躙であり、絶対に許されないことなのである。
   安倍は自民党の党首であることと、政権党の首相であることを完全に混同してしまっているし、多くのメディアも同様である。
   政権党とは、あくまでも国民議会共有の、立法府で唯一、行政事務、血税歳出事務の監督責任を負う政党であり、その党首が総理を兼務するものであっても、総理イコール政党の党首、という観念で執務をされては、国全体が自民党党員であるかのようであり、国民議会そのものが自民党党大会の様相を呈するのである。
   総理としての立場と責務と、自民党党首としての立場は全く意味が違う、と安倍は認識すべきである。
   公私混同とも言える、総理イコール政党党首としての無知蒙昧な人物の、あからさまな露出を、メディアまでもが容認することにより、日本全体が、バランスの取れない、国民代表議会制民主主義とは似ても似つかない方向へ走って行くのである。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK209掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK209掲示板  
次へ