★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK211 > 428.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「憲法の押しつけ」論につき、米国のお墨付きを得たと舞い上がっているネトウヨのお目出度さは笑止千万だな
http://www.asyura2.com/16/senkyo211/msg/428.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 8 月 18 日 15:05:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

「憲法の押しつけ」論につき、米国のお墨付きを得たと舞い上がっているネトウヨのお目出度さは笑止千万だな
http://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/2e860146cacbe737655e434b6ebf02ca
2016年08月18日 のんきに介護


ネトウヨ界隈が


嬉々として


バイデン米副大統領の言葉にたかっているという。


何と、この男、


「核保有国になり得ないとする日本の憲法を我々が書いたことを知らないのか」と


宣ったという。


憲法押し付け論の根拠を得たり


というわけだな。


しかし、もし、憲法押し付け論が事実なら、


日本こそが


押し付けられた被害国として


事実を検証する権威であるはずだ。


かえって、


加害者の言葉をもって身に着ける鎧とするのは、


プライドのない証拠だ。


いつも口から出まかせ、嘘ダダ漏れ状態の人間は、


語るに落ちた。


もう一つ、


ネトウヨ諸氏にとって忌々しい悲報があること、


改めて指摘しておきたい。


安倍晋三が


米国の小役人に


「核兵器の先制不使用に反対」する旨を伝えたことが


米紙に暴露されたこと。


このような要請を日本がしたことで、


中国、北朝鮮だけでなく、


世界の国々に


益々、信を置けない国だと認識させてしまった。


その結果、


極右どもの日本の核武装への夢は遠のいた。


要するに、


他国に警戒心を


明らかに招いただろう。


戦後70年。


日本では、まるで700年が経過したような言いようだった。


しかし、正味、世界の国々で、


戦後70年は


どの程度の長さなのだろう、肌感覚で。


7年程度ではないか…


そんな簡単に侵略された苦い記憶が


無くなるとは思えない。


お盆ではないけれど、


友好的な楽しい記憶は馬のように駆け抜けて行き、


敵対的な忘れたい苦難の記憶は、


牛歩なのだよ。


克服したくとも簡単には克服できないものだ。


まだまだ、各国にとって、


戦争体験は、


過去のものになってない。


米国の後ろにぴったりとついてきたから、


世界の先進国扱いされてきた。


しかし、極右勢力が出張ってきたため、


それは、


もうかつての栄光だ。


日本は、


不都合なことは闇に閉じ込めておくために


公文書を残さないふざけた国だ。


当然、3等国のレッテルを貼られているだろう。


そういう国家の置かれている


状況認識につき、


甘いんだよ、


安倍晋三。


もし、暴露されていなけりゃ、


柴山哲也(ジャーナリスト)@shibayama_t さんが言うように、


先制核兵器不使用の反対の要請は、


――アメリカが核兵器先制不使用を本気で考えるなら日本の核武装を認めよ、


と暗にほのめかしているようにも見えていた(ろう)〔0:15 - 2016年8月18日 〕——。


世界の国々に


手の内を見透かされる状態となった


今となっては


ゴルフでもしているしかないぞ


(やってるか)。


<追記>


せめてもの救いは、


川口順子元外相ら、国際的に著名な、各国の閣僚や専門家が


オバマ大統領に


「核先制不使用」政策の採用を積極的に呼びかけ


日本政府に反省を迫ったことだ。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年8月18日 15:23:29 : VvcMgxzOkk : saLqKedXQMU[1]
これ程米大統領を口先で動かそうと仕掛ける首相は
世界広しと言えども存在しない。
今、米中枢もほぞを噛む思いでいる事だろう。

2. 2016年8月18日 15:42:50 : LHhxaJr1as : GpCqw3imAs0[7]
 米戦争屋がアベ犬を使って、オバマに宣言を止めさせたってことだろう。それほど深い意味はない。アベがシオニスト(=ナチスト)の犬だってことは世界が知っている。

3. 2016年8月18日 16:02:50 : bdcWHc5lIs : Iey26BhC67o[418]
さすが「ギャフ・マシン」(失言製造器)と揶揄されるだけのことはある。バイデン米副大統領の「日本の憲法は私たちが書いた」発言は、核兵器を容認するトランプ氏を批判するために、つい口を滑らせたという程度にしか受け取られていなかった
https://twitter.com/millesgarden8/status/766149485852446720

失言のおかげで
(1)自衛隊は核兵器を運べないこと
(2)横畠裕介氏がバカであること
以上2点が判明しました。


4. 2016年8月18日 16:52:07 : KzvqvqZdMU : OureYyu9fng[-833]

ゴケン派もいょいょ年貢の納め時だね。


[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理

5. 2016年8月18日 19:06:06 : CfsoRMcx8g : xWSqOmHNRY8[2]
とある層の日本人が
その実、明治憲法とほとんど変わりない憲法を押し付けようとした

一部の日本人が自身に都合の良い憲法を
一般だ多数の日本人に押し付ける行為は許されるんですね

だからバカな戦争を起こして戦場へ駆り立てた行為も
正当化する訳ですね

バカヤロウが


6. 2016年8月18日 20:27:28 : VYkWRQSsIo : oh1Yio8Q2cc[-235]
04>おいいいがげん護憲と漢字で書けないのか?おまえの国の北朝鮮では

漢字を廃止しているから無理か。おまえは金日成憲法の改正運動をするか

切腹して日本人であるか証明してみろ!!

[32初期非表示理由]:担当:言葉使いで処理が大量にあるので全部処理

7. 戦争とはこういう物[1388] kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo 2016年8月19日 12:06:53 : 9PG0M0b68Q : jKnbezZWN40[28]
押しつけかどうかは、憲法の中身と無関係な論点そらしでしかない。
戦中に都下で畑を耕して備えたインテリがいみじくも言った通り。
「戦争放棄の条項などは圧巻で、押し付けられようが、そうでなかろうが、いいものはいいと率直に受けいれるべきだ」
http://www.asyura2.com/14/senkyo165/msg/113.html

8. 2016年8月19日 12:40:03 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-8603]
2016年8月19日(金)
「9条は幣原提案」 新史料
マッカーサー書簡に明記 堀尾・東大名誉教授が発見
「押し付け憲法」論を否定

 戦争放棄をうたった憲法9条のアイデアは、幣原喜重郎(しではらきじゅうろう)首相(当時)が連合国軍総司令部(GHQ)最高司令官マッカーサーに提案したという学説を補強する新たな史料を、堀尾輝久・東大名誉教授が発見しました。安倍晋三首相ら改憲勢力が主張する「今の憲法は戦勝国に押し付けられたもの」とする論拠を覆す内容です。秋の臨時国会から憲法審査会で改憲論議がねらわれるなか、憲法の制定過程をゆがめて議論をすすめることは許されません。(深山直人)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-08-19/2016081901_01_1.jpg
(写真)堀尾輝久・東大名誉教授

 9条は、1946年1月24日に幣原首相とマッカーサー最高司令官との会談が発端となったとみられています。マッカーサーは「幣原首相の発案」と米上院などで証言していますが、幣原は9条の発意について長く口を閉ざしていたことから「信用できない」とする意見もあり、だれが提案したかについては見解が分かれています。

 堀尾氏は、57年に当時の岸信介内閣のもとで改憲の議論を始めた憲法調査会の高柳賢三会長が、憲法の制定過程を調査するため58年に渡米したことを重視しました。

 高柳は、マッカーサーとの往復書簡を踏まえて、「わたくしは幣原首相の提案と見るのが正しいのではないかという結論に達している」と論文に書いていましたが、書簡の具体的内容についてはこれまで不明でした。

 堀尾氏は、国会図書館所蔵の憲法調査会関係資料を探し、今年1月、英文の書簡と調査会による和訳を見つけました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-08-19/2016081901_01_1f.jpg
(写真)マッカーサーの回答(訳文は憲法調査会)

 この書簡は、高柳の質問にマッカーサーが回答したものです。58年12月15日付で「戦争を禁止する条項を憲法に入れるようにという提案は、幣原首相が行ったのです」と明記。「提案に驚きましたが、首相にわたくしも心から賛成であると言うと、首相は、明らかに安どの表情を示され、わたくしを感動させました」とマッカーサーは述べています。

 これに先立つ12月5日付の書簡でマッカーサーは、「(9条は)世界に対して精神的な指導力を与えようと意図したものであります。本条は、幣原首相の先見の明と経国の才志と英知の記念塔として、朽ちることなく立ち続けることでありましょう」(堀尾氏訳)とたたえています。

 堀尾氏は、「マッカーサーは同じような証言を米上院や回想録でもしていますが、質問に文書で明確に回答した書簡は重い意味があります」と話します。
“反戦平和のうねり結実”

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-08-19/2016081901_01_1d.jpg
(写真)マッカーサーと高柳憲法調査会長との書簡を収載した憲法調査会の史料

 幣原首相はなぜ、戦争放棄をうたった憲法9条のアイデアをマッカーサーに提案したのでしょうか。

 幣原は1946年3月27日、自身の内閣がつくった「戦争調査会」の開会あいさつで、原爆よりもさらに強力な破壊的新兵器も出現するであろうときに、「何百万の軍隊も何千隻の艦艇も何萬の飛行機も全然偉力を失う」とのべ、「世界は早晩、戦争の惨禍に目を覚まし、結局私どもと同じ(戦争放棄の)旗を翳(えい)して、遥(はる)か後方から付いてくる時代が現れるでありましょう」と述べました。

 幣原は、秘書官だった平野三郎氏による聞き取り(51年2月)に対しても「戦争をやめるには武器を持たないことが一番の保証になる」と述べています。

 一方で幣原は、戦争放棄と天皇制維持をセットで提案したかったが、敗戦から間もない状況で日本側から提案することはできず、「憲法は押し付けられたという形をとった」と説明しています。

 堀尾氏は「今回の新史料を、こうした発言とも重ねあわせると、9条が幣原の発意であったことにいっそう確信が持てると考えます」と言います。

 幣原が、こうした提案をした社会的背景に何があるのか。堀尾氏は平和思想、国内外の反戦の流れを指摘します。

 「日本にはもともと中江兆民、田中正造、内村鑑三らの平和思想があり、戦争中は治安維持法で抑圧されていましたが、終戦で表に出てきて、国民も『戦争はもう嫌だ』と平和への願いを強めていました。国際的にもパリ不戦条約をはじめ戦争を違法なものとする運動が広がっており、外交官でもあった幣原もその流れを十分認識していました。さらに、原爆と戦争の惨禍を体験して、侵略への反省、反戦と平和への希求の大きなうねりが先駆的な憲法前文と9条に結実していったと考えます」

 安倍首相は、今秋から国会の憲法審査会を動かすとのべ、改憲に執念を見せています。堀尾氏はこう強調します。

 「9条は日本国民が求めてきたものであり、だからこそ国民は改憲を許してきませんでした。同時に、憲法の制定過程からも占領軍の押し付けではなく、日本側の提案を受けたものであることが明りょうになっています。世界中が戦乱の危機にあるいまこそ9条の理念を世界に広げ、平和を築いていく方向でこそ議論するべきです。これは憲法前文が求めていることなのです」

 幣原喜重郎 1872〜1951年。外相を4回務め、国際協調、軍縮路線を主張したとされます。終戦後の45年10月から首相となり、現憲法の制定にかかわりました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-08-19/2016081901_01_1e.jpg
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-08-19/2016081901_01_1.html



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK211掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK211掲示板  
次へ