★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK213 > 810.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
≪日本は間に合わず≫インドが批准!EUも締結!11月に「パリ協定」発効へ
http://www.asyura2.com/16/senkyo213/msg/810.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 10 月 04 日 01:10:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

【日本は間に合わず】インドが批准!EUも締結!11月に「パリ協定」発効へ
http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/22749
2016/10/03 健康になるためのブログ




http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM02H48_S6A001C1000000/

インド政府は2日、地球温暖化対策の新枠組み「パリ協定」の批准手続きを完了したと発表した。インドは温暖化ガスの排出割合が世界第4位の4.1%を占めており、確実となっている11月上旬の協定発効にさらに一歩近づいた。


http://www.asahi.com/articles/ASJ9Z5QMNJ9ZULBJ00P.html

地球温暖化対策の新しい国際ルール「パリ協定」が11月に発効する。欧州連合(EU)が30日、環境相理事会で協定締結を決めた。これを受け、EU加盟国ですでに国内手続きをほぼ終えた仏独など5カ国が先行して締結。2日に締結するインドを加えると発効の条件を満たし、30日目に自動的に発効する。日本は開会中の臨時国会で審議する予定だが、日本を待たずに発効が決まった。


COP21 「パリ協定」を採択


以下ネットの反応。












これは国際的な立場、立ち位置の問題として大丈夫なんですかね?あと日本はAIIBにも参加しないみたいですけど、安倍政権は鎖国でも始める気でしょうか?日本の今後が心配になるニュースです。



関連記事
急ぐべきはTPPの批准よりパリ条約の批准だ  天木直人
http://www.asyura2.com/16/senkyo213/msg/708.html


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年10月04日 01:49:26 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[581]
脱・化石エネルギーをすすめましょう。
再生可能エネルギー技術を発展させましょう。

2. めんたいこ[560] gt@C8YK9gqKCsQ 2016年10月04日 03:39:03 : KSXrvq4UDw : mh5La9NB9U4[2]

アベ珍蔵は北の将軍様になりたいし、天皇を蔑ろにし憲法改悪もせなアカンし

駆けつけ警護もあるしぃ、その他長妻議員と「ぼくちゃん・・」のけりもつけ

ないと逝けないのでパリ条約の批准どころでなないのれす。んなものよりTPP

の方が大事なのであります。 


3. 佐助[3862] jbKPlQ 2016年10月04日 08:09:43 : EPbzpPtFcg : JZu5dAhutnk[5]
嘘つきは世界の笑いもの

京都議定書を進めながら否定しているのは日本の政府と政治経済の指導者です。

核武装化に反対し,平和憲法を反故に核武装化し,世界の憲兵入りを狙う戦争待望論者が多数の政治経済の指導者たち。本音と建前を使い分け,嘘とデタラメをまくしたてる政府。

結論から言えば
その解決方法を,CO2排出と原発の動力を使う大企業と政治家,政府国家が,インドや中国に責任をなすりつけ,個人の責任になすりつけている。

簡単に言えば,自動車燃料と家庭用電力を,燃料電池・太陽電子電池化させれば,地球温暖化や酸素とのバランスが崩れる問題の75%は解決される。そうしないで,いくらCO2を軽減する方法を羅列しても,それは絵に書いたモチであり,排出量売買の誤魔化しは,花見酒的免罪符である。

人類はすでに,CO2や放射能蒸気を排出しない技術を発見ズミである。だが日本の政府と大企業は,既得権益を失うために抵抗し,遅延させている。

「氷河期/温暖期」以外は解決できる。そして30年20年先半減では,地球のCO2と酸素のバランスが崩れるために遅すぎる。


4. 2016年10月04日 10:11:40 : FMrugvgjzA : NPlHz9zqEQc[24]
温暖化にかこつけたCO2排出量売買という金融商品市場の拡大が目的のそれだから、CO2削減が進んでる日本企業にはメリットよりデメリットの方が大きいということだろ。

今氷河期に入ってて温暖化するだけで、そもそも人類がどうこうできる話じゃない。温暖化した地球に順応する社会構築を目指す方が賢いよ。人類の目指す方法としては。

それより、核のゴミ問題の方が深刻だ。世界規模で原子力発電をただちに止めて、核のゴミ問題に取り組む世界会議を開く方が先決だと思うね。


5. 2016年10月06日 17:08:46 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-7989]
2016年10月6日(木)
パリ協定批准の遅れ 政権に責任
穀田氏会見 早急に徹底審議を

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-10-06/2016100602_01_1.jpg
(写真)記者会見する穀田恵二国対委員長=5日、国会内

 日本共産党の穀田恵二国対委員長は5日、国会内で記者会見し、地球温暖化対策の新しい国際枠組み「パリ協定」の発効を間近に控えながら、日本の批准が大幅に遅れていることについて、「自公政権が批准を後回しにしてきた姿勢に最大の問題がある」と指摘し、一刻も早く衆院で徹底審議を始めるべきだと述べました。

 パリ協定は、米国、中国、インドに続き、欧州連合(EU)の欧州議会が4日に批准を承認。これにより協定発効の必要条件を満たし、11月上旬にも発効する見通し。同月7日にはモロッコで国連気候変動枠組み条約第22回締約国会議(COP22)が開幕します。

 安倍晋三首相は、5月の主要7カ国(G7)首脳会議(伊勢志摩サミット)で協定の「早期批准」を世界に呼びかける宣言を取りまとめましたが、臨時国会の所信表明演説では協定に一言も触れず、承認案は国会に提出もされていません。

 山本公一環境相は4日、「国会審議の場で荒技があってもいいのではないか」と述べ、翌5日には自民、公明両党幹部で衆院より先に参院で11月7日までに承認を目指すことを申し合わせています。

 穀田氏は「批准が世界の大きな流れになったのを受けてあわててやっているのが実態だ。パリ協定の重要性や国会でそれにふさわしい議論を行うことさえ否定するような態度は許されない」と指摘。「最優先にすべきパリ協定の審議は後回しにし、衆院ではTPP(環太平洋連携協定)を優先させて、参院で先に進めておこうというやり方は言語道断だ」と批判しました。

 そのうえで、「本来、条約や協定は衆院でまず審議を始めるのが国会運営の基本だ。政府は速やかに国会に承認案を提出し、温暖化対策で足を引っ張ってきた日本が世界に対してどのような役割と責任を果たすべきか、しっかり議論することが重要だ」と衆院から徹底審議の必要性を強調しました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-10-06/2016100602_01_1.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK213掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK213掲示板  
次へ