★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK214 > 872.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
民進党がある限り政権交代は二度と起きないー(田中良紹氏)
http://www.asyura2.com/16/senkyo214/msg/872.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 10 月 25 日 11:40:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

民進党がある限り政権交代は二度と起きないー(田中良紹氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1sp7rur
24th Oct 2016 市村 悦延 · @hellotomhanks


参議院選挙後初の国政選挙となる衆議院東京10区と福岡6区の補欠選挙は予想通りの結果になった。

いずれも自民党の候補が当選し民進党は惨敗した。

民進党の惨敗は誰の目にも明らかだが、しかし自民党の勝利は単純でない。

与党幹部は「安倍政権が信任を得た」として今後の政権運営に弾みがつく見通しを示すが、

この二つの選挙区でアベノミクやTPPが争点になったわけではなく、

有権者はそれとは違うところで判断を下した。

東京10区は小池東京都知事の都政改革に対する信任投票となり、

福岡6区は故鳩山邦夫衆議院議員の「弔い合戦」の要素が大きい。

それを的確に把握して事前から布石を打った自民党の二階幹事長の手腕が

自民党に勝利をもたらしたと言える。安倍自民党の勝利と言うより二階幹事長の勝利と言うべきである。

仮に自民党が都知事選で「裏切者」となった若狭氏を公認せず、若狭氏が無所属で立候補していれば、

小池氏が自民党の公認を得られなかったあの都知事選の再現になり、

若狭氏は今回以上の票を獲得したかもしれない。そして安倍自民党は悪役を演ずることになった。

そうならなかったのは小池都知事誕生直後に幹事長に就任した二階氏が小池氏との融和路線を採り、

公募による候補擁立にして若狭氏を自民党の公認候補にしたからである。

また二階氏は福岡6区でも福岡県連が推薦する候補より支持率が高い故鳩山邦夫氏の次男を

小池氏に応援してもらう算段をした。

東京オリンピックを成功させるため小池都知事と対立する訳にはいかない安倍総理は、

緑のネクタイを締めて若狭候補の応援に入り、

小池氏の方も森喜朗東京五輪組織委会長と対峙するには安倍総理の協力を必要とする立場にある。

その両者の思惑を背後で二階氏が支える。

そして当選した若狭氏や鳩山氏が恩義を感ずる相手は二階氏や小池氏であって自民党ではない。

従って自民党内の権力構造に軋みも生まれてくる。

都知事選挙で増田寛也氏を公明党とともに担いだ菅官房長官にしてみれば、

国民の注目を集める小池都知事との協力関係に異論をはさむことはできないが、

しかし小池氏を利用して二階氏が影響力を強めていくことには抵抗があるはずだ。

また福岡6区でも麻生副総理兼財務大臣が福岡県連の推す候補の選対本部長として陣頭指揮したが、

故鳩山邦夫氏の次男に惨敗した。鳩山氏の側には二階幹事長だけでなく菅官房長官もついた。

安倍総理との強固な盟友関係を続けてきた麻生氏にとって、

菅官房長官と二階幹事長の台頭は自身の影響力の弱体化につながる。

何らかの対抗策を講じなければならない。

こうして安倍総理を取り巻く権力の構図はこの選挙結果で微妙に変化していく。

とりあえずは解散風を吹かせ続けてきた二階幹事長の口ぶりが変わった。

それは開票日に補選の結果を受け安部総理から二階幹事長に電話があってからのことである。

解散に慎重な口ぶりになった。

フーテンの推測はこうだ。

二階幹事長が解散風を吹かせ続けてきたうえに補選で全勝となれば、

議員たちはみな解散が近いと考え走り出す。それが誰にも止められない暴走と化せば、

総理の解散権も意味がなくなる。

暴走させずにその後の政局を見ながら再度考えようという電話だったと思う。

なぜ二階氏は解散風を吹かせたか。

選挙に勝利すれば総理の力も強くなるが幹事長の権力も強くなり、総理と五分に渡り合えるようになる。

かつて金丸幹事長を取材してきたフーテンは中曽根総理と渡り合った金丸氏と二階氏が二重写しになる。

だから解散を急ぎたかったのは二階幹事長の方だと思う。

しかし安倍総理は解散風によって自分の解散権が左右されるのを嫌った。

二階氏は一応それを受け止め、従って来年の1月解散は消えたとも消えないとも言えない。

いったん暴走させないようにして様子を伺う。何の様子を伺うか。野党共闘の行方である。

共産党を含む野党共闘が全面的に実現すれば、

自民党は公明党との選挙協力をもってしても壊滅的な打撃を受ける。

小選挙区で70以上の議席減になるというデータもある。

安倍自民党は思い通りの政権運営ができなくなる。そうさせないようにするのが自民党の選挙戦略だ。

ところが新潟県知事選挙を見ても、今回の補選を見ても民進党には選挙に勝とうとする意志が見えない。

まるで負ける選挙をやるのが野党の使命と思っているようだ。

フーテンは万年野党だったかつての社会党を思い出す。

国民が何を求めているかより支援労組の言いなりになり、しかしその労組は裏で自民党とつながっていた。

しかし考えてみればそれもそのはずだ。

負けるのが分かっていながら選挙をやって権力を自民党に差し上げた珍しい政治家が

民進党の選挙を差配する幹事長なのだから、誰にも理解できない思考で事を進める。

自民党を震え上がらせた新潟県知事選挙を巡り、

民進党の野田幹事長は蓮舫代表が応援演説に入ったことを謝罪するため

わざわざ連合新潟まで足を運んだという。

新潟県知事選挙の後でフーテンは「民進党が主導しなければ選挙協力はうまくいく?」というブログを書いたが、

「?」をつけたのは間違いだった。

蓮舫―野田体制を選んだ民進党がなくならない限り政権交代は二度と起きない。

万年与党と万年野党の時代が続き、与党の中の権力闘争で疑似的な政権交代が可能な時代が再来する。

たとえて言えば麻生対菅対二階の権力闘争によって自民党は国民の中の政治に対する不満をかぎ取り、

それを交代で実現していく。

その政治が訪れる予兆を今月に行われた新潟県知事選挙と衆議院の補選は感じさせてくれた。

何しろ自民党の幹事長は選挙の負けを深刻に受け止め、選挙に勝っても謙虚になろうと言っているのに対し、

民進党の幹事長からは新潟県知事選や補選を深刻に反省している様子が見えず、

勝てる構図があるのにそれを無視するのだからこの落差は大きい。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. スポンのポン[4261] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年10月25日 13:59:42 : QQinPeiYow : 580apOQj8aE[305]
 
 
 
■自民党宣伝投稿、ご苦労さん。
 
 
 

2. スポンのポン[4262] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年10月25日 14:02:26 : QQinPeiYow : 580apOQj8aE[306]
 
 
 
■表題以上読む価値なし。
 
 
 

[32初期非表示理由]:担当:意味なし
3. 2016年10月25日 14:57:11 : 13PLUKhoGE : 5LI38yb9fmE[1]
ネット軍師さまは民進にあれこれ指示するより
国民に向かい合って「自民に投票しないように」呼び掛けよう

4. 2016年10月25日 16:01:49 : 6GtQVk4Hrw : vwMsqTCZMu0[98]
1.2.3  頭おかしい。

いや 嫌がらせ業の方 ですな。


5. 2016年10月25日 16:04:31 : EIRV2GGBqg : b9MUgs79llg[16]
まあ、民進党なんて、台湾人が迷惑するだけの党名、また大落選してさっさと変更するんだなw

6. 2016年10月25日 16:13:13 : AawostfEjk : bRGuUIBBo64[179]
蓮舫氏の野党一党としての政権奪還のがむしゃらな気持ちもなく、考えられない野田という超A級戦犯を幹事長にした時点で民進党は自滅した、蓮舫を代表にした民進党議員にも国民の真の気持ちが解っていない。自民党と変わらないこの二人に何を望めるのか

7. 2016年10月25日 16:15:14 : ZHSW9BGx4c : N1J_B1fqO_o[3]
>>1
>>3
おっ、またまた第二自民党の皆さん、頑張ってるね!

8. 2016年10月25日 17:45:17 : qlT6BiyRyI : 9vnZkLcULmc[1]
>民進党がある限り政権交代は二度と起きない

この意味を、私は田中氏とは違った方向で捉える。
民進党ないし、それ以前の民主党に期待するような方向では政権交代は起きえない。
小沢を待望するような心根では政権交代は起きない。

我々は、もっと根源的に社会に、政治にノーを突きつけなければ社会を変える変えることはできない。
政治改革はできない。
本当の政権交代もできない。

その根源的なものとは何か。
我々自身が怒り、立ち上がることである。

小沢や民進党などを、どうにかすると社会が変えられると言う様な、他力本願では何も変わらない。

この10年間の政治ごっこなどから、いい加減に目を覚ませ。


9. 2016年10月25日 18:09:18 : PiRlkkMkRo : 1mTuB86zs6k[48]
民進党政権は、政権を国民に負託されても、自分たちは、政権を維持していけないし日本の国益にならないので自民党さんにバトンタッチの解散選挙しますのでと申しています。
そんなに嫌ならそんな政党解党しろよ。

10. 2016年10月25日 18:17:40 : OiG59OU8sK : miVfOG0N040[3]
田中氏の言わんとしていることは明快で、自民党内で権力闘争が起きており解散を巡って一枚岩の自民党に軋みが生じようとしているときに、民進党はそれを野党共闘で一発逆転のチャンスと思わず、自民党の権力闘争による派閥内政権たらいまわしの二の舞になるのを蓮舫、野田執行部は容認したかのごとく敵に塩を送っているのだから話にならんと言っているわけで、別に間違ったことを言っているわけではない。

民進党が期待を裏切ってきたこと、それが蓮舫、野田ラインで極限まで来てしまったこと。

批判というより、もはや落胆であり愛想が尽きたと言われてしまったようなもんだ。


11. 2016年10月25日 19:05:50 : EhB59ySLn6 : P4YOhE0a3Vo[3]
ブログ半歩前へU>「バルト3国の一つリトアニアの中央選管は23日、議会選(定数141)の結果、反原発を掲げる野党の農民・グリーン同盟がこれまでの1議席から54議席へと大躍進し、第1党になったと発表した・・・反原発野党が第一党に大躍進。台湾政府の脱原発への方向転換に続く素敵な朗報だ。ストップ・ザ・原発はこれからの世界的な潮流となるのではないか。既に欧州ではこの傾向が表れている」


                
                「杉原千畝以来か、バルトが日本を揺さぶる」


  新潟の出来事を、一地方とだけ見ちゃあなんねえ、国内だけでもいけねえ、グローバルな視点で見よう。世界で今、反原発・脱原発のおおきなウネリがおきている。リトアニア総選挙じゃあ、反原発野党が1から54議席へ大躍進だ、台湾も脱原発へ大きく方向転換した、欧州諸国も原発サヨナラの方向という。新潟で起こったことは、最早世界的な流れなんだ。ワンイッシューでいい、選挙では反原発を掲げるとこが勝つつうことだよ。差し迫った我が国総選挙でも、あれこれ言わないで、原発に反対か賛成か、ワンイッシューを問う選挙にすりゃあええじゃあねえかい。シンプルで、分かりよくってええよ。この一点で、政党を、あるいは政党内を、分ける。原発反対が小沢自由・社民・共産、賛成が自民・公明・日維新、民進も反対グループと原発賛成派に2分する。鵺的なものは、許さない。民進内の野田蓮舫一派は当然賛成に回る。実にスッキリする、分かりいい。当然だよ、あのF1の大核爆発見ちゃあ、世界の誰もが吊り上がったよ、福島は百万年も二百万年も最早人の住めないとこになる、だれもが原発コゲンにオッカネエもんだったかと、言葉なくしちょる。政府が騙くらかして、帰還再開とかいくらお芝居やっても、現実は、ほぼ全員が死に絶え出す状況が始まり、残念ながら福島放棄止む無しとなる。オラア住むぞちゅうもんは、住めばええ。
 リトアニアの野党54議席への大躍進、我が国迫った総選挙でも、原発対応を焦点にすれば、小沢さんとこも、2から50や100とってもおかしくねえな、共産だって50以下つうことはねえだろう、総選挙の争点は、原発と追加すればあと1つくれえじゃな。このへんは、選挙のプロ小沢さんは、言われなくとも心得ちょるよ。いよいよ来おったよ、泥水啜り、胆を嘗め、雑草食い、遺恨十年、この日のためじゃった。
ゲリのハチャメチャ政治をご破算にして、新生日本を切り拓く、チャンスがきた。やはり、日本変革の早鐘打ち鳴らしたんは、同時に、自公時代の弔砲打ったのが、劇的新潟大勝利じゃったんだ。このことの意味、受け止められねえもんは、野田みてえに皆んな沈んでいくよ。もっとも、泥鰌は当初から深く深く沈む運命にあったかんな。

 


12. 2016年10月25日 21:23:11 : oCrAJL4UVg : BSkALVEdcgY[198]
>>1,2

気の利いた 嫌味のつもり 「ナルシスト」


13. スポンのポン[4263] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年10月25日 21:25:39 : QQinPeiYow : 580apOQj8aE[307]
 
 
 
■バカの極み!

 民進党を叩くと自民が倒れると思っているバカがいる限り
 確かに政権交代は起きにくい。
 
 
 


14. スポンのポン[4266] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年10月25日 21:49:41 : QQinPeiYow : 580apOQj8aE[310]
 
 
 
>>12.

■そう言う君はただのバカ。
 
 
 

[32初期非表示理由]:担当:言葉使い

15. 2016年10月25日 22:39:22 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[21]
>>8 さんへ質問させてください。
>我々は、もっと根源的に社会に、政治にノーを突きつけなければ社会を変える変える
>ことはできない。
>本当の政権交代もできない。
>その根源的なものとは何か。
>我々自身が怒り、立ち上がることである。
仰ることはよくわかります。政治劇場はもう飽きた、うんざりだ。自分たちの手で自分
たちのための政治を作りたい。政治にノーを突きつける意味で、選挙の投票に行かない
人も多いです。
本当にそう思うなら、怒り立ち上がった人々が立候補すべきなのです。根本から政治を
変え、社会を変えるために立ち上がる人が要る。しかしそこまでする気はないですよね。
ほとんどの人がそこまでする気はない。だから現存の政治の中で、少しでもまともな議員
を選び、その人に声を上げ、手腕に託す方法を選んでいます。そうして少しずつで良いの
でまともになっていってほしいと思いつつ。
貴殿がどう考えるかわかりませんが、今の自民党・安倍政権は最悪だと私は思います。
これを排除するには、野党に頑張ってもらうしかありません。他人に頼っていてはダメだ
というのは正論です。しかし自分が立候補する気がない以上、これが最善の方法としか
思えません。議員に要望を聞いてもらい、選挙に行く。もっと賢い方法があればお聞かせ
ください。

16. スポンのポン[4273] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年10月25日 22:58:51 : QQinPeiYow : 580apOQj8aE[317]
 
 
>>9.

■民主党時代の方が国民の生活は遥かに楽で経済指標もよかったのにか。
 自民党になってから物価高と重税で、
 庶民にとって良いことなど何一つないのにか。
 
 


17. 天橋立の愚痴人間[38] k1aLtJengsyL8JJzkGyK1A 2016年10月25日 23:00:59 : qlT6BiyRyI : 9vnZkLcULmc[2]
http://bbs7.sekkaku.net/bbs/haruno.html
下の文章は、ある方のブログで書いたものです。

>財務省は25日、全国の企業を対象に実施した人手不足に関する聞き取り調査の結果を発表した。

人手不足を感じていると答えた企業は全体の63.2%に上り、約3社に2社が人材確保の問題に直面している実態が浮き彫りになった。特に中小企業は人手不足との回答が74.7%を占め、より深刻な状況になっている。

(引用終わり)

グッキーさんの紹介のサイトから引用しました。
こう言う話と、仕事がなくて困っている人が少ないこととは実態が著しく違うのです。

私の身の回りでも、生活の為に必要な収入が得られなく困っている人が多くいます。
特に高齢者では再就職の道は厳しいものです。
多くの企業は仕事がなくて困っています。

ただし、このような中でも動いている選ばれた企業は活動しています。
そう言う企業は競争に勝ち抜く為に、人件費をできるだけ少なくする事に賢明です。
近くのスーパーのレジ係など、給料の安さに次々と辞めて行き、代わりを探すのに経営者は四苦八苦しています。
このような企業に人では足りているかと問えば、おそらく人手が足りないと言うでしょう。

上記の統計は、このような企業に対してアンケートをとったものであり、総労働者に対する実態ではありません。

また仕事、そのものが無い企業が多く、そう言う企業では求人ところか、人員整理を目指しています。
整理された人たちのなかで、高齢者に救いはなく、若者でも不満足な給料での再就職の道よりありません。

こんな実態を隠しておいて、我が国の企業は人で不足で悩んでいるなどと、全く腹の立つ統計ではありませんか。

生活に困っている人たちは、こんな記事をみると現実との差に怒りを感じるでしょうが、グローバル化のなかで十分にやって行けている1/3の企業の従業員にとって、我が国の経済環境は、労働環境は良好であるものと思い込んでしまっているでしょう。
社会の2極化が進んでいる証拠の様な話です。

(引用終わり)

このように、現代社会の問題は、自民党がやっている経済政策で救われるものではありません。
民進党など野党も、自民党以上に無策であります。

グローバル化が史上の命題とするような経済のシステムを打ち破らねば解決できるものではないのですが、残念ながら我が国ばかりでなく世界中の政治は経済の仕組みの中に取り込まれ、もはや政治ではなんともならないのです。

これを切り抜けるには多くの大衆が蜂起して、自分たちの生活が守れる政治をするように立ち上がらねば出来ません。

一種の革命の様な発送ですが、歴史上の革命でもありません。
資本主義を中心とした現代文明にノーを突きつける様な動きが必要なのです。

そうして、初めて新しいシステムを考えようとする動きが始まるのではないでしょうか。


18. スポンのポン[4274] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年10月25日 23:05:13 : QQinPeiYow : 580apOQj8aE[318]
 
 
 
■こんなバカバカしい投稿を読む人間がいる限り、政権交代は難しい。
 
 
 

19. 2016年10月25日 23:08:25 : qlT6BiyRyI : 9vnZkLcULmc[3]
俺のことか

スポンのポン!

阿修羅の細菌みたいな己。

引っ込んでいろ!

天橋立の愚痴人間


20. 2016年10月25日 23:15:09 : fq2LET9Crc : Z1MVX8XlznI[169]
民進党は、新潟知事選は候補者擁立も推薦もなし、今回の衆議院では候補者は擁立したが、力を入れていた様子がうかがえない。蓮舫代表も応援に入ったかどうかも報じられない。野田幹事長などは連合新潟に足を運び詫びを入れたとのこと。

どうも、田中氏がコメントされているように、これらの選挙に勝つことよりも、連合との関係の方が重要とみているようだ。特に野田幹事長は。

連合との信頼関係があれば、そこそこの選挙ができるとの考えなのだろう。

しかし、連合の協力があったとしても、ほんの一握りの選挙に強い人を除けば民進党単独で小選挙区で勝つことは極めて難しいのではないか。
したがって次の衆議院選挙では大惨敗した前回以上に議席をを減らすだろう。

小選挙区で勝ち上がるためには野党共闘が不可欠ということを民進党議員の人は肝に銘じてほしい。

選挙に勝つ気がない蓮舫代表、野田幹事長体制では、次の選挙には勝ち残れない!
当事者である議員の皆さんどうしますか?


21. スポンのポン[4275] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年10月25日 23:17:13 : QQinPeiYow : 580apOQj8aE[319]
  
  
>>17. 天橋立の愚痴人間

>民進党など野党も、自民党以上に無策であります。
■なかなかいいことが書いてあると思って読んでいたがこれは何だ。
 何を根拠にこんなことが言える。
 民主党の時の方が経済の状態は良かったことを指標が示している。
 自民党は税金を利権にばら撒くが、
 民主党はそれをせずに国民のために使う。
 それだけの理由でも民主党政権の方が国の経済が上向くに決まっている。
 血税を利権にばら撒くことは国民にとってはドブに捨てるも同じことだ。
  
  


22. 2016年10月25日 23:24:07 : Z9dZqQiUb2 : TphqzJ0jvY0[3]
ハンドルネーム付きの自己愛バカ同士が掲示板を荒らすの図

23. スポンのポン[4276] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年10月25日 23:33:34 : QQinPeiYow : 580apOQj8aE[320]
 
 
>>22.
>その前に自民工作員に掲示板が荒らされていることに
 ハンドルネームのないバカは気づかないの図
 
 

24. 2016年10月25日 23:45:46 : Z9dZqQiUb2 : TphqzJ0jvY0[4]
ほほう。自覚があるんだね。関心関心w

25. 2016年10月26日 00:12:27 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[22]
天橋立の愚痴人間さん。
私の>>15の質問に答えてくださったのでしょうか。ありがとうございます。
興味深く拝見しました。なるほど見方を変えれば結果は違う。
現在の体制を維持しつつ改善するのではなく、ひっくり返せということですか。
いや、潔く決別して、自分たちの町を作るわけですね。

26. 2016年10月26日 00:25:23 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[23]
>>21
スポンのポンさん
たぶん天橋立さんはそういう意味で書いたのではないと思いますよ。このグローバル化
社会にあっては、おそらく誰も本当の意味での有効な経済政策は打ち出せない。なぜって
上の 1%が独り占め状態ですからね。
(自民党に群れるダニどもはおこぼれに与ろうと必死でこっちに寄こす気はさらさらない)

27. 2016年10月26日 00:36:27 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[24]
スポンのポンさん、つまらない人間相手になんかせず、少し私と付き合ってくださいよ。

スポンさんは4野党共闘についてどう思われますか?
野田幹事長は前向きには見えませんが。


28. 2016年10月26日 09:18:48 : FPSBCkZpQM : NWxNBGh9S7w[67]

>>1. スポンのポン[4261] g1iDfIOTgsyDfIOT
>自民党宣伝投稿 ご苦労さん

馬鹿言ってんじゃないあるよ。

二度あることは三度ある。

一度起これば必ず二度目がある。

性懲りないのは日本人気質である。



29. 2016年10月26日 11:19:17 : RTsfzIl19o : FlEEBX@JVG0[1]
25さん、こんにちは。
事のついでに下記の文章もつけ加えます。

http://bbs7.sekkaku.net/bbs/haruno.html
先のブログでのやり取りの続きです。


>現在の生産力を持ってすれば貧困など起こりようが無いではないですか。

先ほど、見落としていましたが、上の言葉にも賛同します。

「現代の様な生産力があれば、貧困など起こりようが無い」
と言う行を、私なりに言えば、通貨の増刷に拠るインフレなどは抑制できると思っています。

更に言いますと、通貨の増刷と言っても金をばら撒くのではなく、国家が雇用を創出するのです。

例えば介護事業に関わる人々の年収は、概ね200〜300万円と安く、これば米国でも同じような様子です。
国家が介護事業の人件費を負担して年収500万円位を保証すれば介護にも人が集まってきます。
公共事業でも何でも、農家の戸別補償でも、財政的困難を克服すれば、いろいろな事ができます。
要するに通貨と言うものの概念すら変えなくてはならないのです。

現代は通貨危機が起きれば預金封鎖が起きるなどと、実に身勝手な資本の論理に拠って通貨管理がなされています。


30. 2016年10月26日 11:36:52 : jrUkijVgIU : PnJ0bKmFO2A[595]

×民進党がある限り政権交代は二度と起きない
○在日シナコリアンが日本に紛れ続けている限り日本の政治運営はまともにできない

 ↑
これね 


31. 2016年10月26日 11:41:50 : F6fRELTqF6 : dK@sdIxMPOg[1]
真相の道とKzが、しばらくかもしれないが、いなくなって、コメント欄が少し落ち着いたと思ったら、

またぞろ「スポンのポン」とか「ネット軍師さま」とかの工作員がひっついてる。

管理人さん、しっかりしてくれ。


32. 2016年10月26日 11:54:27 : RTsfzIl19o : FlEEBX@JVG0[2]
>連合との信頼関係があれば、そこそこの選挙ができるとの考えなのだろう。

奴らはね、結局のところ議員としての自分の身分が最大の関心事なのさ。

俺だけは生き残ろうと、サバイバルゲームをやっているのさ。

政治を口実に。

これはね、選挙に強い、弱いではなく全員一致のことなのさ。

それが証拠に信念に応じて出処進退を考える輩などないであろう。

小沢でさえ、そうなのだ。

折角の政権を託されながら、命を賭けて信念に準じる気概など、全く持ち合わせてはいなかったであろう。

自民党も許せないが、やる気もないくせに、いかにも国民を思う政治家の様な振りをして議員歳費に群がる輩などを相手に政治を語るなど、愚の骨頂!

自民党議員は、それ自体が悪。
野党議員は全て政治詐欺師。

そうだね
我が国もあらゆる領域で詐欺が横行する様になった。

政治が、そうであるから
仕方がないか。

どこにも正義などはない。

議会制民主主義を過信することなかれ。


33. 2016年10月26日 12:57:31 : TzkPlcUDmw : 5LJnlaMg0G0[69]
1.3って書き込まなくてもいい内容だねぇ!
ご苦労さん!

34. のすけ[1] gsyCt4Kv 2016年10月26日 14:29:29 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[25]
天橋立さん。とても興味深く読ませていただきました、 今後も読み続ければきっと
世のお金のことについて勉強になると思います。ちょくちょくお邪魔させてもらいます。
和r氏はこの分野は疎いのですが、とてもわかりやすいですね。グッキーさんも説明がお上手ですし。
ややスレッド違いですが、政治に関わることでもあり、天橋立さんの書き込みがあればまた行って読んできます。ありがとうございます。

35. スポンのポン[4276] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年10月26日 14:44:12 : QQinPeiYow : 580apOQj8aE[320]
 
 
>>27.さん

>スポンさんは4野党共闘についてどう思われますか?
 野田幹事長は前向きには見えませんが。

■物事を黒か白かでしか考えられない人が阿修羅には多い。

 消費税に賛成だから悪
 原発に賛成だから悪
 TPPに賛成だから悪
 辺野古に賛成だから悪
 憲法改正に賛成だから悪

 バカじゃないのか。
 政治はそんなに単純なものではない。
 政治の政策の良し悪しが一言で語れるものでないことなど
 子供でも分かるはずではないのか。
 そんな幼稚なものの見方で人間の善悪など見分けられるわけがない。
 物事を良いか悪いかという単純な見方でしか区別せず、
 それに異論を唱える者はすべて悪だとする。
 そんな考え方が馬鹿げていることは本当は誰でも分かっているはずだ。
 要するにそれを口実に民進党を貶したいだけ。
 それを口実に野田さんが悪い奴だと言いたいだけだ。

■4野党共闘についても同じです。
 良いこともあれば、良くないこともある
 そんなことは当たり前なはずです。
 ところがこの阿修羅では
 野党共闘に反対する者はすべて悪。
 だから野田さんは悪人で、民進党はダメだということになる。

■私は野党は共闘するべきだと思います。
 しかし、それが絶対に正しいとまでは言い切れません。
 目先のことしか頭にない、浅はかな考えなのかもしれないからです。
 仮に4野党で政権を取ったとしても
 政策の違いから行き詰まることは目に見えています。
 それでも自民政権を終わらせることには意義があると私は思いますが
 その先のことまでを考えられる人の
 それは危険だという考えを間違っていると言い切れるでしょうか。
  
 


36. のすけ[2] gsyCt4Kv 2016年10月26日 14:56:58 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[26]
Q スポンさんは4野党共闘についてどう思われますか?
野田幹事長は前向きには見えませんが。

私(のすけ)の意見
私は、党内で野党共闘推進組みと民進党独自で闘うべきだとする勢力がまだまとまっていないが故、野田幹事長には苦渋の選択がせまられているのではと推測します。野田氏の指令の元、野党共闘組へ自由に行動させれば野田氏が面目なく辛い立場を余儀無くさせられる。実質、民進党が大きく議席を伸ばせば成功です。今、野田氏が共闘に難色を示すのは、よりよい条件で共闘を始めたいという戦略かもしれません。


37. 2016年10月26日 16:09:24 : F6fRELTqF6 : dK@sdIxMPOg[4]
>■物事を黒か白かでしか考えられない人が阿修羅には多い。

 消費税に賛成だから悪
 原発に賛成だから悪
 TPPに賛成だから悪
 辺野古に賛成だから悪
 憲法改正に賛成だから悪

 バカじゃないのか。
 政治はそんなに単純なものではない。
 政治の政策の良し悪しが一言で語れるものでないことなど
 子供でも分かるはずではないのか。


やっぱり自民党工作員の、腐ったスッポン

はやいとこ、いなくなれ。


38. 一主婦[2070] iOqO5ZV3 2016年10月26日 17:18:43 : F7tEJ6j5yk : 01pqnDwnfLQ[98]
>>27. W6tKtqvYFcE[24] さま

あら、こちらでは、元祖スポンさんと、丁寧版スポンさんの競演ですね。
なかなか、興味深いご発言↓をなさっていますね。

>スポンのポンさん、つまらない人間相手になんかせず、少し私と付き合ってくださいよ


↑、さすが優秀な方々は、特別な分類の仕方をなさるのですね。
国民の悲願の歴史的政権交代を、既得権益側に寝転び潰してしまっても、何の反省も無い野田・菅・民進党・を熱烈擁護しているスポンさんと貴方。その裏切り行為までを「何も悪くなかった」と豪語し擁護に励むお二人の分類方法は「スポンさんと貴方はまともな人間」で、それと反対の考えの人々は「つまらない人間」と言う分類になるのですね。なるほど・・・

財務省のマリオネット、連合のしもべになり、そちら側の言い分だけに従い、国民の声には耳を傾けず、音にしか捉えられない野田を、実直な政治家とおっしゃり、連合に謝罪する事を不思議とも思わない、お二人の、特別な思考での分類。お二人がこちらで浮く訳がしっかりと分かりました。ところで、アチラのスレットで、貴方から呼びかけられ、返レス差し上げたのですけれど、読んでいただけましたでしょうか?探すのが大変でしょうから、こちらにURLを貼ります。↓です。せっかく書きましたのでお読み下さい。

http://www.asyura2.com/16/senkyo214/msg/808.html#c54


39. 2016年10月26日 19:11:52 : S1h1E71kyU : GmVQEI6@ffg[7]
電力、電機、鉄鋼、自動車

の「御用組合連合」の手のものが、野田豚を応援している


40. 2016年10月26日 21:15:26 : oCrAJL4UVg : BSkALVEdcgY[210]
>>13,14,18,21,35

羨まし 「罵倒」と「野田」で 蔵が建ち


41. 2016年10月26日 22:15:26 : rLlWXq2dUA : G2hFj8Cl0w0[43]

>何しろ自民党の幹事長は選挙の負けを深刻に受け止め、選挙に勝っても謙虚になろうと言っているのに対し、民進党の幹事長からは新潟県知事選や補選を深刻に反省している様子が見えず、勝てる構図があるのにそれを無視するのだからこの落差は大きい。


勝っても反省できる自民党。
負けても反省しない民進党。
自民党は支持できないけど。
この差が天と地ほど大きい。
政党支持以前に、反省しない(できない)人や組織は存在価値ナシだよね。


42. 2016年10月26日 22:18:06 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[27]
■私は野党は共闘するべきだと思います。
 しかし、それが絶対に正しいとまでは言い切れません。
 目先のことしか頭にない、浅はかな考えなのかもしれないからです。
 仮に4野党で政権を取ったとしても
 政策の違いから行き詰まることは目に見えています。
 それでも自民政権を終わらせることには意義があると私は思いますが
 その先のことまでを考えられる人の
 それは危険だという考えを間違っていると言い切れるでしょうか。
  
スポンのポンさん、見解ありがとうございます。たしかにそうですね。野党共闘を望むのは
自公独裁政権を倒すため。その後のことまでは考えていませんでした。そういうことを含め
事前によく協議し、晴れて四野党共闘体制ができあがることを期待します。

43. 2016年10月26日 22:30:14 : RTsfzIl19o : FlEEBX@JVG0[11]
>勝っても反省できる自民党。
>負けても反省しない民進党。
>自民党は支持できないけど。
>この差が天と地ほど大きい。
>政党支持以前に、反省しない(できない)人や組織は存在価値ナシだよね。


大賛成!

民進党も小沢も

何を考えているのやら。

要するに、政治を私物化しているだけであろう。

自民党とは別の意味で。

国民のことなど、全く眼中にないのさ。

言葉とは裏腹に。


44. 2016年10月26日 22:32:20 : RTsfzIl19o : FlEEBX@JVG0[12]
もう小沢劇場は止めてくれ!

虫唾が走る。

[32初期非表示理由]:担当:小沢氏関連コメントはこちらhttp://www.asyura2.com/15/senkyo185/msg/914.html

45. 2016年10月26日 22:55:40 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[28]
一主婦さんへ。返答していないものもあったようで、失礼しました。
ただですね、私は言葉遊びをするつもりはないのです。あまり意義がないと感じれば
レスもしません。勝手なやつだと思って放っておいてやってください。

前に野田氏が詫びた件について、どうでもいいことだという言い方を私はしました。
それに対して一主婦さんは、連合に頭を下げに行く前に、民主党時代の支持者にこそ
謝るべきだと仰った。正論です。あの時は政権を禅譲した形でしたからね。ただ、
私は、野田幹事長を評価するに当たって、前のことは一旦忘れてあげたいのです。
今から自民党政権を倒す大仕事が待っています。ここで良い仕事をするための批判や
アドバイス的なものは結構でしょう。ただいつまでも過去の失敗を言っても無意味
だと思います。すべきは建設的批判です。野党共闘に尻込みしているようなら、党の
HPに意見を送るなどです。

同様に、野田民進党が自民党と同じような政策を掲げているなら、党のHPで問いただす
も良し、自分の意見を送るも良しです。
ここは人によって見解が異なる所でしょうが、私は民進党抜きで政権を取れないと見て
いるのです。次の総選挙では、ということですが。それゆえ、今の民進党には輝いてい
てもらいたい。民進党には小西ひろゆきさんという集団的自衛権を可能とする憲法解釈
には致命的な欠陥があることを証明した優秀な議員さんがいます。子育て問題で安倍総
理を子供扱いした山尾志桜里さんもいます。優秀な人材をかかえる民進党の、もっと
良い所にも目を向けてくださるようお願いします。野田元総理の民主党の時代で時が
止まっているわけではありません。過去のことはひとまず置こうというのです。

かつての民主党には期待した国民が多かった反動からか、現在の民進党に対する風当たり
が強いようです。払拭すればいいものを、新潟でのまずい対応や補選の敗北、他野党との
共闘の足並みが揃わないなど、どうしても過去の民主党の陰を引きづってしまいますね。
しかし私はこれからに期待したいと思っています。批判し、意見を送り、どう闘うかを
見届けた上で、例えば民進党にたいする評価をつけようと考えているからです。
とにかく自民党公明党の独裁だけは、地球上から殲滅させたいのです。
一主婦さんもそうでしょう?


46. jk[733] goqCiw 2016年10月26日 23:29:44 : tceVB0iwr6 : FXeuvvWT7ac[172]
●連合が誕生した時は800万の組合員を持っていたが、今は690万人。
●連合そのものが全労働者の1割強を組織してるだけの言わば衰退産業。
●組織の中心は民間大企業の正社員が中心。故に自分らの特権的地位を守り賃上げを実現することに夢中で、格差・貧困問題など社会が抱える深刻な問題で闘いの先頭にたつことになど何ら関心がない。
●実際に組合員の意識調査をすると一番多いのは自民党支持者で一般的な世論調査と何ら変わらない。
●その連合をマスコミは民進党の最大支持基盤という常套句で呼ぶけれども、それは全くの幻想にすぎない。
”民進党が破滅を避けるには連合とさよならをするしかない。”

夕刊ゲンダイ、永田町の裏を読む。ジャ−ナリスト高野孟氏より一部抜粋

参考までに


47. スポンのポン[4279] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年10月27日 00:02:34 : QQinPeiYow : 580apOQj8aE[323]
 
 
>>45.さん

■ そんなことを言っても無駄ですよ。

「一主婦」は自民党のネット工作員です。
「一主婦」が言うことの内容を冷静に吟味してみてください。 
 元民主党の支持者が言うはずのないことを
 言っていることに気がつきませんか。
 こいつは野党支持者の振りをして
 民進党をけなし自民政権を延命させることが目的の
 卑劣極まりない自民工作員だと断じて言えます。

■私も民主党が政権をとったときには政治が変わることを大いに期待した。
 しかしそれから後に起きたことは自民党の徹底した揚げ足取りと
 悪意に満ちた異常なマスコミの民主党叩きだ。
 このままでは民主党政権は遠からず潰されると何度も民主党に警告した。
 しかし民主党のすること自体に失望したこともないし、
 裏切られたとも騙されたとも感じたことなど今日までただの一回もない。
 すべての元凶は自民党とマスコミの悪意にあると私は一貫して思っている。
 民主党の支持者だったが、菅さん野田さんのすることに失望したなどというのは
 実際にはおよそ有り得ない話だ。
 そういう話をもっともらしく語り、
 自民党支持者である正体を隠す口実にしているだけだ。
 『小沢支持者だが民主党に失望した』と言う人間は
 自民工作員である可能性を疑るべきです。
  
 
 


48. 歯磨き右近高山[853] jpWWgYKriUWL342CjlI 2016年10月27日 01:43:20 : UINZ1DAduk : jJh5y2nzhR4[6]
残念ながら、スポンさんの「民進党悪質分子支持症候群」は、暑い頃に思っていたよりも重症です。
政治は悪か善かの二元論じゃ無いだろう、というのは全面的に、「逃げ」でしかありません。

消費税、TPP、米軍、Nuclear 原発……前二者は3200文字、後二者はその半分の文字数で「全面悪」だと論破可能です。

TV, Newspaperという、 JUNK MEDIAを完全に排除し、阿修羅投稿者諸兄姉が引用した文献、お金は掛かりますが書店で、「理不尽な現実」を解説した本を適宜買いましょう。

「今に始まった事ではない」話題ですと、尼孫の古本で\300未満の品も多数あります。

スポンさん。論理的に考えて「全面悪」なのに、そうと明言したら政治生命を絶たれる、ってのが「民進党良識派」の実態だって事がマジで分からないの?

名指ししてた人がいたが、電力は言わずと知れたNuclear LOVE LOVE Black Company ですが、電気機器、自動車業界も、経営体質が弱い企業イジメの、質的には全く異なるけれど、やはりBlack Companyです。

こんな会社の、「筋金入りの御用組合」出身の人に出て行ってもらうか、逆に「良識派」が出て行って小澤氏に合流する以外に、「アンチ公明自民」に明日がある訳がありません。

先述のギョー怪には軍需産業も在りますから、「本音は『平均的な自民党の政治家』以上に酷い見解」の輩も1人や2人では無いのです。

これ程の「野合党」である事を、多くの有権者が見抜いているから、選挙に負けるのですよ。

思った以上に「スポンさんってアホや」、という残念な結論がチラつきます。

「一主婦」さん、お久し振り!先月末から「乳よ〜くTIMES」という芸名に移行中です。


49. 2016年10月27日 01:54:05 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[35]
>>47
なるほどなるほど

50. 一主婦[2071] iOqO5ZV3 2016年10月27日 02:51:49 : F7tEJ6j5yk : 01pqnDwnfLQ[99]
>>45. W6tKtqvYFcE さま

やっとお返事ありがとう。
では、私も、コメント差し上げます。

>一主婦さんへ。返答していないものもあったようで、失礼しました。
ただですね、私は言葉遊びをするつもりはないのです。あまり意義がないと感じればレスもしません。勝手なやつだと思って放っておいてやってください。
前に野田氏が詫びた件について、どうでもいいことだという言い方を私はしました。それに対して一主婦さんは、連合に頭を下げに行く前に、民主党時代の支持者にこそ謝るべきだと仰った。正論です。あの時は政権を禅譲した形でしたからね。


↑、やっと頂いた返事が「言葉遊び?」
貴方がコメントなさり、私に固有名詞で呼びかけなさいましたから、時間をとって私は、貴方に返事を差し上げましたのに、それを「言葉遊び???」なんと言うズレ具合なのでしょう。こちらに意見を書き込むと言う事は、反論も返事の要求もあると言う事を覚悟して書き込む事が常識ですよね。自分で呼びかけておきながら、それに返事を差し上げたら「言葉遊び」の貶しの返しですか?貴方は「勝手なやつと思ってください」と言う捨て台詞でお逃げに成るような方だったのですね。ちょっとガッカリです。


>ただ、私は、野田幹事長を評価するに当たって、前のことは一旦忘れてあげたいのです。今から自民党政権を倒す大仕事が待っています。ここで良い仕事をするための批判やアドバイス的なものは結構でしょう。ただいつまでも過去の失敗を言っても無意味だと思います。すべきは建設的批判です。野党共闘に尻込みしているようなら、党のHPに意見を送るなどです。同様に、野田民進党が自民党と同じような政策を掲げているなら、党のHPで問いただすも良し、自分の意見を送るも良しです。


↑、前の事は、一旦忘れる?そんな忘れる中身ではないですよ。だって今も、裏切って変えた政策を掲げているのですから。忘れちゃいけないでしょう。その政策は、2009年に民主党を政権交代で政権の座に付かせた時に約束した政策とは180度も変えてしまったものですよ。忘れて良いのですか?そして、民主党が有権者を裏切って決めた数々の売国政策は、今現在も、安部政権に引き継がれ、戦争の危機、TPPの売国国亡の危機に瀕しているのです。現在進行形なのですよ。忘れてなるものか状態でなのですよ。なんと甘いおかしな事を主張なさるのかと驚いています。

そして、忘れてあげて、良い仕事をさせてあげてくれ?それも、おかしい訴えです。だって、あの政策では良い仕事など出来ません。自民党と同じ悪政なら執れますけれどね。良い仕事?をさせる為に?前の裏切りを忘れてあげる?なんと言う甘さ。あの政策のままで、国民の為の良い仕事など絶対に出来ません。99%の国民を不幸に陥れる1%のための政策なのですから。その政治姿勢の転向や政策の180度転換を、一旦忘れてあげる?それは、絶対に忘れてあげてはいけないことでは無いでしょうか?許してはいけないことでは無いでしょうか?だってその政策は反自民の国民派、少しも望んでいない政策のですから。

その民進党の掲げている、自民党と同じ政策では1%の為には良い仕事かもしれませんが「反自民」の私達には不幸になる政策です。その政策を直さない限り、反自民のための私達が望んでいる貴女がおっしゃる「良い仕事」など臨みようもありません。ましてや、野田には、そんな重要な仕事は頼みたくもありません。そんな良い仕事など出来ない事は、先の政権運営でしっかりと実証済みですから。連合や、官僚の言い成りの仕事しか出来ない野田と菅直人、民進党であると言う事はシッカリ実証済みです。「いい仕事」ではなく「言いなりの仕事」の間違いではないですか。言いなりの仕事なら、大得意ですね。でもそんな仕事はゴメン被ります。

そんな政策を掲げて、連合や、既得権益側ばかり向いて仕事を執る腐れ民進党になど、重要な仕事を任せたくありません。ですが、その民進党の中に存在する、チョットだけマシな金魚の糞議員は利用しても良いと思っています。ですが民進党と言う党丸ごとはノーサンキューです。ましてや、野田や菅を初めとした裏切り者はこと更ノーサンキューです。忘れてあげる事もしたくありませんし、仕事も任せたくありません。できたなら、議員辞職して欲しいです。国民のためにならない政治家です。民進党を二つに割って、チョットだけマシの議員だけ取り込み、利用すると言う考え方なら大賛成です。

ですから、貴方がおっしゃっている、忘れてあげて良い仕事をさせる。と言う考えは持ち合わせていません。批判して、変える事、変る事が出来たなら、丸ごとの合流も考えても良いですが、どうも、無理そうですね。もう投げました。そして、貴方がおっしゃっている、野田に良い仕事を任せると言う事は、泥棒に金庫の鍵を預けて金庫番の仕事を任せるようなものだと思っています。とんでもないです。

ですから、野田始め、裏切った民進党議員は、貴方がおっしゃるように「落選」させなければならないと思っています。民進党のHPを貴方は盛んに推奨していますが、そんなこと無駄です。7年前からやっていて、何にも変わりませんし、握りつぶされるだけです。そんなメールを民進党に送って変わる民進党ではありません。腐りきっていますし、聞き耳持たずの分からずや、連合しもべ政党ですから。

民進党HPなどに意見を送るよりも、こちらの掲示板等の様に、世間に広く開かれた場所で、意見や批判をした方が、まだ気が付かれていない方々に知って貰える事になりますから、ずっと有効的だと思っています。民進党のHPに意見をしてもゴミ箱直行になるだけです。私は、何年も前から散々それは試しましたから、そんな無駄な事はもうしません。国民のデモの声を「音」と言う様な民進党元党首や腐れ執行部が動かしている民進党ですからね。期待していません。一部を利用すると言う考えです。

あなたは、盛んに、こちらでの批判をしない様におっしゃっていますが、もしかして都合が悪いと焦っていらっしゃるのかしら?民進党関係の方ですか?スポンさんとまるきり同じ内容を、書き込まれていますね。盛んにこちらでは批判せず、忘れてあげてとかおっしゃって「民進党HP」に誘っていらっしゃいますね?こちらで批判されるのは都合が悪い?と言う事ですね。でも、こちらは、いろんな意見や批判を愚痴も含めてコメントし、いろいろ考えを深めるところですから、その貴重な意見を「自民党を利する」とかおっしゃって口封じなど、なさらないでくださいね。民進党HPに誘って、こちらでの批判隠し、批判封じを画策なさらないでくださいね。ドコで発言しても良い訳ですから。発言場所は自由なのですから。


>ここは人によって見解が異なる所でしょうが、私は民進党抜きで政権を取れないと見ているのです。次の総選挙では、ということですが。それゆえ、今の民進党には輝いていてもらいたい。

↑、私は、自民党二軍の政策を掲げている民進党を今のまま丸ごと加える事は、返って有権者の投票率に影響すると思います。今までもそれをやって、低投票率続きで、自民党勝利の7年間でした。今までのやり方こそ、貴方がおっしゃっている、民進党丸ごと民進党政策もそのまま我慢して加えて「鼻をつまんでイヤイヤ投票」をしてきた形が、まさにその形です。それを7年間もやってきました。その結果は、負け続きの7年間でした。その7年間は誠に勿体無いですね。ここに来て、最悪の野田一級戦犯が中枢にのし上がって来ましたので、もうこれは駄目でしょう。他の遣り方に変える時期です。

共産・社民・自由・市民連合等が共通政策を制定し、その政策に合った統一候補者を全国区に立てて闘った方が、ずっと政権交代のチャンスが上がると思います。投票率も上がると思います。統一候補が、例え無名の新人であっても、有権者の望んでいる統一政策を掲げ「有能な新人を統一候補」としてどんどん立てれば、統一候補ですから、その候補に野党の支持者の票が集中します。ですから無名であっても当選できると思います。

腐れ切った民進党の裏切り議員たちを統一候補に立てても、私でさえ、投票はしたくないです。ましてや、無党派層・棄権組みは、なかなか動かないと思います。ですから、まず、嫌われている民進党は抜きにして、共産・自由・社民・市民連合だけで全国区に統一候補者をもれなく立てたほうが勝てると思います。願ってこちらに参加したいと言う民進党議員は、こちらの政策に賛同出来る民進党議員は、こちらの審査に合格したなら加えると言う方法を執って欲しいと思っています。したがって野田や菅などクーデター組みは統一候補としては当然失格です。


>民進党には小西ひろゆきさんという集団的自衛権を可能とする憲法解釈には致命的な欠陥があることを証明した優秀な議員さんがいます。子育て問題で安倍総理を子供扱いした山尾志桜里さんもいます。優秀な人材をかかえる民進党の、もっと良い所にも目を向けてくださるようお願いします。野田元総理の民主党の時代で時が止まっているわけではありません。過去のことはひとまず置こうというのです。


↑、いいえ、過去の失政はひとまず置く問題ではありません。だってその失政は、安部に受け継がれ、現在も国民を危険にさらし続けているのですから。そんな都合の良い、甘い考えで忘れろという騙しで誘導してほしくはありません。そして、集団的自衛権ですって?何をおっしゃるの、集団的自衛権行使をできるように決めたのは、なんと民進党ですよ。それなのに、集団的自衛権に反対の質疑を「上手にしたから優秀?」なんか自分の党で決める時には反対もせずに、金魚の糞議員でいて、自民党がそれを進めたといっては、上手に反対意見をした?なんか、そのPRは天唾になっていますよね。

山尾しおりさんはガソリン問題で血税を誤魔化した人でもありますね。小沢氏の冤罪事件時には、菅直人に付き、小沢氏に後ろから弾を撃った菅の金魚の糞議員でしたね。正義を見る眼が無い議員ですね。山尾さんの国会質疑だけ良いと言うなら、共産党にも、我が党の山本太郎さんも、それ以上に質疑だけではなく優秀な議員は沢山いますよね。ガソリン代などちょろまかさずに正義の議員が他の党にも沢山います。では、集団的自衛権の件↓参考に挙げますね。

※「集団的自衛権の行使容認」に動いたのは、他ならぬ民主党の野田政権。野田は、国家戦略会議の下部組織として「フロンティア分科会」を設置し、その会議に「集団的自衛権の行使を禁じた政府の憲法解釈の見直し」を提言させた。当時の外相であった玄葉光一郎が「強い問題意識を持っている」と行使容認化に意欲を示し、前原誠司も賛意を示した。

ついでに、これらも↓民進党が決めた事をご存知ですか?

※「労働の規制緩和」では、98年より始まった法改正でほとんどが自民党と一緒に法案採択。

※消費税10%増税、決めたのは民主党政権。

※TPPは、2010年10月に民主党・菅内閣は「平成の開国」と評価、野田内閣も継承。

※原発再稼働も、菅直人が原発事故後たった3ヵ月後にG8で原発推進を宣言した。G8でストレステスト後に安全確認後に再稼動すると宣言した。

※「安保法制」の目的その具体化も民主党の岡田、北沢が中心となり進めた。「安保法制のその具体化の宣言」民主党で進めて、安倍政権で制定。

※「オスプレイ沖縄配備」決定したのは民主党・野田政権・森本防衛大臣の時

※「辺野古米軍基地建設」も民主党が決定。

※「社会保障」切り捨て「一体改革」を指示したのも民主党政権の菅直人

※「自民党憲法改正草案」は、2012年4月に、当時の谷垣禎一自民党総裁と、民主党の野田佳彦首相が、二人で話し合って決定したもの。

※‏民主党は「駆けつけ警護」の法制化案を提出。駆けつけ警護はというのは、自衛隊が海外の現地の武装勢力と戦闘することを認めること。


>かつての民主党には期待した国民が多かった反動からか、現在の民進党に対する風当たりが強いようです。払拭すればいいものを、新潟でのまずい対応や補選の敗北、他野党との共闘の足並みが揃わないなど、どうしても過去の民主党の陰を引きづってしまいますね。しかし私はこれからに期待したいと思っています。批判し、意見を送り、どう闘うかを見届けた上で、例えば民進党にたいする評価をつけようと考えているからです。とにかく自民党公明党の独裁だけは、地球上から殲滅させたいのです。一主婦さんもそうでしょう?

↑、 いいえ、反動から批判しているのでは有りませんよ。歴史的に貴重な政権交代を、あっさり投げ捨て保身に走り、転向して、裏切ったからです。そして、それを反省し、修正し、謝罪したなら、まだしも、それならきっと元支持者は許すと思いますが、その総括なし、反省なし、謝罪なし、そして、今尚、その裏切った政策を掲げたままです。そして、既得権益や、連合の方を向く1%の政治姿勢のままです。それが許せない理由です。貴方がおっしゃる反動と言う感情的なものではありません。

それを許して政権を与えると言う事は、自公政権の続行を意味します。それでは何の為の政権交代か?となってしまいます。そうでしょう?お分かりになりませんか?もしかして、貴方や、スポンさんは、アチラ側が望んでいる「自民党から、第二自民党への政権交代」の形の誘導を目論んでいませんか?どうもそんな感じがしてなりません。いわゆる、アチラ側の考え方の人。ずっと観察してきましたが、そんな感じが確定的に成ってしまって困っています。私の勘違いなら良いのですが。


今回も、長くなってしまいました。これは、貴方の返レスに、勝手に私がコメントしたものですから、之へのお返事は結構です。これからも、貴方のご意見には、私の反論が行くと思いますが、お返事したくなければ結構です。勝手に私は、反論をつけさせて頂きます。気が向いたら、お返事下さい。お返事いただいたなら、喜んで返レスさせて頂きます。いくらでも書きたい想いなのです。でも、民進党HP には、一言もしたくありません。


51. 一主婦[2072] iOqO5ZV3 2016年10月27日 03:13:48 : F7tEJ6j5yk : 01pqnDwnfLQ[100]
>>48. 歯磨き右近高山さん

あっ、しばらくです。
英語交じりの、独特の文体、懐かしいです。

>「乳よ〜くTIMES」という芸名に移行中です。

↑、とても面白い芸名ですね。頑張って下さい。
その芸名を探して、読ませていただきます。
楽しみにしています。


52. 2016年10月27日 09:33:54 : c3MGH08xSU : 6ZqZ8yBfSxo[102]
48,50様に同意(拝)

53. 2016年10月27日 10:04:27 : FPSBCkZpQM : NWxNBGh9S7w[89]

>民進党がある限り政権交代は二度と起きない

万年カルト脳で野党連携を妨害しても無駄である。

共産党がある限りも全く同じだろ。同レベルだ。

自分らの尻拭いをしてから物を言え。国民に嘘を言うな。



54. スポンのポン[4281] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年10月27日 12:04:20 : QQinPeiYow : 580apOQj8aE[325]
 
 
>>48. 歯磨き右近高山 さん

■消費税は世界の148カ国で採用されている税制です。
 アメリカの売上税も本質的に消費税と大差はありません。
 デンマークでは消費税は25%で軽減税率もありませんが
 医療も教育も無料で国民は世界一幸福を実感しているらしいですよ。
http://blog.hanauta18.com/entry/denmark
http://secondlife.zuuonline.com/archives/971
 どんなに沢山のお金でも持っているだけでは意味はありません。
 しかし使えばその瞬間に必ず税金を取られる。
 消費税は脱税も節税も一切できない税制です。
 贅沢三昧をする大金持ちほど莫大な消費税を払わせられているはずです。
 金持ちこそ消費税を止めさせたいときっと思っている。

■台湾では2025年までに原発を全廃することを決めたそうです。
http://www.asahi.com/articles/ASJBQ5Q7SJBQUHBI014.html?iref=comtop_8_01
 新設はせず40年以上の稼働は認めずで2025年までにすべてなくすそうです。
 あなたたちがぼろくそに叩いている野田さんの考え方と基本的に同じです。
 
 


55. おじゃま一郎[5690] gqiCtoLhgtyI6phZ 2016年10月27日 13:15:15 : YEnfaj3bPQ : qyjR9CzJFxU[3]
>消費税は世界の148カ国で採用されている税制です。
>アメリカの売上税も本質的に消費税と大差はありません。

世界各国の消費税あるいは付加価値税と米国の売上税の
違いは、消費税は輸出企業に還付があり、米国の売上税には
還付はない。マクロ的に見るとこの本質的な違いは大きく、各国は
米国に輸出したほうが有利になり、米国の貿易赤字のひとつの
原因である。

日本が消費税を施行したのは1989年4月からであり、これを
これをきっかけに日本の成長はとまってしまった。原因は日本の
給与水準が低いので消費に税をかければ消費そのものが
落ち込み結果、デフレとなる。

このことに気づいた賢明な安倍政権は経済成長を優先させる政策を
とったが、政権時代の民主党は経済政策に無能な奴が多くなんの
経済政策もだせなかった。山尾など「子供手当ては経済政策です」とか
マヌケなことを言っていた。消費税率をあげれば、財政再建となり
経済も回復すると妄想をいだいていたようだ。

その無能の代表が野田である。


56. 2016年10月27日 14:18:24 : FPSBCkZpQM : NWxNBGh9S7w[93]

>>55. おじゃま一郎[5690] gqiCtoLhgtyI6phZ
>消費税は世界の148カ国で採用されている税制
>アメリカの売上税も本質的に消費税と大差はありません

邪魔市よ、時代の閉塞感に詰まされてない知恵を知ったかぶりするな。

日本の消費税法は旧自民党時代に周到な準備もなく未だに試験段階を継続する欠陥税法のまま。
広く浅く何にでも課した事実が試験的な試みであることを証明し、重複課税の大混乱を発生させ、国内には有無も言う暇もなく倒産する企業が山ほど出現している。

>日本が消費税を施行・・・これをきっかけに日本の成長
>原因は日本の給与水準が低い
>消費に税をかければ消費そのものが落ち込み結果デフレとなる

これは邪魔一が考えたデフレ発生原因なのか、結論は間違っている。
もっとも邪魔一が詭弁バラモンか般若経信者か定か邪ないが論理構築に脈絡がない。
異口同音に言うところのデフレも発生原因には軽重がある。直接関節の原因も存在する。
デフレ発生の最大要因は期限の利益を確定するほど売り一色の市場が存在した事実による。

>賢明な安倍政権は経済成長を優先させる
>政権時代の民主党は経済政策に無能
>民主党は経済政策に無能な奴が多く・・・
>その無能の代表が野田

邪魔市よ、お前らが小沢一郎を排除する目的の為に野田氏を脅迫して騙したんだろ。

国民は自公靖国カルト政権の悪事はすっかりお見通しだ! 国民を恐喝する政治は止めろ!


57. 石爺[32] kM6W6g 2016年10月27日 21:19:05 : U0kPh3VW2U : ixOBgKbS3_c[15]
スポンのポン様

下記の動画はご存知ですか、首相になった途端、自身がシロアリとなったことを
どうお考えでしょうか?

https://www.youtube.com/watch?v=sHoq4nUDyUs

私には野田さんが立派な政治家と主張される理由がわかりません。


58. スポンのポン[4294] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年10月27日 23:59:36 : QQinPeiYow : 580apOQj8aE[338]
  
  
>>57. 石爺 さん

■あなたが示したビデオを私に見ろと言った人は今までに10人以上はいます。
 安倍のウソを示すビデオも多くあることをあなたは知っていますか。
 次のリンク先のビデオを見てどちらが悪質か良く考えてください。
https://www.youtube.com/watch?v=6VLdHZgqqxw
https://www.youtube.com/watch?v=EpNRFO-cL9M
 
■野田さんは消費税が実際に値上がりされる2014年までに
 シロアリを退治する大計画があったことをあなたは知っていますか。 
 それをできなくしたのは政権を奪った国民です。
 それでいて野田さんはうそつきだ裏切ったといえると思いますか。
http://www.asahi.com/special/minshu/TKY201112270676.html
http://www.asahi.com/special/minshu/TKY201201190219.html
 
 


59. 2016年10月29日 04:08:13 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[37]
>>50
一主婦さん、回答ありがとうございます。スポン氏の丁寧版と呼ばれた者です。返答が遅くなってしまい申し訳ありません。
私は盲目に民進党を擁護するつもりはなく、いかに利用すべきかだけを考えています。野田幹事長については目一杯擁護させてもらいました。政治家の態度は有権者がコントロールすべきですからね。なかなか思い通りに動かない役立たずなのに、権力の言うことには犬同然で困りますが。

ただ政治家にも言い分はあるでしょう。理想としては有権者の声こそが最優先されるべきですが、現実には米国の意向に逆らう事などできず、官僚の指図に逆らえば政治は動かない。経済界の意見を無視して国際競争の中で後手に回る事態は避けたい。あらゆる方向からの声に耳を傾け、苦し紛れの妥協点を毎度打ち出しているのだと。
連合に謝罪などしたくはないよというのが野田氏の本音かもしれません。私なぞ何度下げたくない頭を下げたことか。情けなくなります。自分の保身だけなら場を蹴ったかもしれませんが、会社のためと思えば頭を下げることも我慢できるのです。組織の中で生かされている以上、避けては通れない。貴方が女性なら不可解かもしれませんが、男社会の哀しい現実です。

沖縄は基地問題、新潟は原発再稼働。県民に強い拒否反応がある所に、この問題点を明確な争点として闘ったことが、民進党不在でも野党が勝った理由だと思います。民進党が加わって負けた2つの補選には明確な争点がなかったのです。参院選で自民党が憲法改正について全く触れなかったのは、これを争点に据えれば2/3議席は無理だと分かっていたからです。
また、民進党が加わればマイナスとなるといった見方はかなりバイアスが掛かっていないでしょうか。解散総選挙が行われた場合、四野党が共闘できるかどうか、明確な争点を打ち出せるか否かで勝敗が決まるはずです。一方を欠けば政権奪還には至らず、両方欠けば完敗でしょう。スポンさんと示し合わせて脅しているわけではないですよ(笑) そんな事をしても無意味です。私がスポンさんに同調するのは、民進党を批判し排除する方向では自民党政権が続くだけだという指摘に全く同意しているからです。

しかし一主婦さんは見事に民主党の悪政を指摘され、第二自民党の姿をあぶり出されましたね(笑) 民進党の全議員にコピーして配布したいぐらいです。
(安保法制具体化の宣言なるものが民進党で出されたこと、自民党憲法改正草案に野田元首相が噛んでいたというのは存じあげませんでしたが、あなたが虚偽を述べているとも思えません)

つまり、ここに日本の政治の大問題が存在しています。民主主義が機能していません。政治は私たちの力の及ばない所で動いている。自民党を選ぼうが、社会党連立政権や民主党を選択しようが、結果的に何も変わらなかった。国民はそれを肌で感じ取っているがゆえに、政治に対し無関心なのでしょう。物申しても無駄だと、そう潜在意識に刷り込まれています。

私が今、民進党の批判をすべき時ではないと主張するのは、それこそまさに日本の政治を動かしている勢力の術中にはまることだからです。野党第一党はろくな政治を行わないぞという刷り込みです。

今、民進党が野党共闘側に入れば、最悪の自公独裁政権を止めることができます。民進党を支持しているか否かに関わらず、民進党の議員に共闘を呼びかけることは、有権者が今取り得る1つの戦術です。特に末端の議員には刺激を与える効果があり、これが党内で無視できない論調を形成すれば、流れが変わる可能性を秘めています。議員は落選することを何より恐れているからです。一主婦さんはこれまでそうした事を行なったが、民主党は動かなかったと言います。今もそれを続けてみませんか。当時と状況は違うのですから、違う結果が出るかもしれません。

最悪の事態は、民進党と野党共闘組の候補が別々に立ち、票が割れた結果、自民党候補が真っ先に当選していくことです。一主婦さんのように根拠をもって民進党を批判している方には道理がありますが、ただいたずらに民進党を批判し、なおかつ自民党政権は嫌だという方々は、野党の票が割れたらどうなるかをあまり考慮に入れていないのではないかと危惧します。私は現時点での第一手として、まず民進党に共闘を促すべきだと考えているのです。自民党が最も嫌がる状況にもって行きたい。

自民党の政治とは何か。それは米国の都合を最大限に優先し、官僚とも争わず、経済界の意向にも逆らわない、まさに権力の言うがままを実行しているだけです。自ずと国民の声は無視される結果になります。先の民主党政権が第二自民党政権に映ったのも、これら権力の声には逆らえなかっただけでしょう。逆らう鳩山・小沢を早々に抹殺し、従順な菅・野田へと首をすげ替え使い捨てられた。つまり後者の民主党議員がもともと自民党補完勢力だったのではなく、1%側に立つ支配層の影響力が強かった、上手く丸めこんで手の内に入れられたという事です。

見方を変えれば、権力に立つ側が強く、上手くやっている間は、どこの誰が政権を取ろうと最終的には同じ政治が行われたはずです。現実とはそういうものです。民主党だったから裏切られたわけではなく、1%対99%の対立では、当時はまだ1%の側に圧倒的な力があったというのが実状ではないかということです。民主党は国民の期待を背負って誕生したがゆえに、その汚名をも一身に背負った。今なお背負い続けています。そしてこの現状こそ、わが国の政治を動かしている権力の基本的な戦略です。非自民党政権はあくまで繋ぎの役割でしかなく、国民の期待を背負わせては裏切らせ、国民の総意が集結する野党第一党が存在しないよう画策しています。同時に政治への期待を失わせ、低投票率へと導けば自民党の天下です。

民進党野田幹事長のグループは自民党補完勢力だから信用できない、彼らを取り込んで連立政権を立てたところでいつ裏切られるか分からないというのは真っ当な見解かもしれません。しかし彼らが党内で絶対的な権力を持ち得ていないことは、新潟知事選を見ても明らかです。民進党は決して一枚岩ではない。1%の支配層が強い間は民進党が野党共闘に加わることはないでしょうが、99%側の民意が優勢となれば野党共闘に加わらざるを得ない状況を作り出すことができる。そこへ誘導させるのは有権者の声しかありません。まずそれをやってみようと提案した次第です。分断して統治するという彼らの術中にはまれば、私たちの敗北は確定的になります。

現状は1%側に優勢で、民進党に拭いがたい国民の嫌悪感を植え付けることができていますし、野田幹事長という看板が胡散臭さを決定付けました。しかし事の肝は、民進党の支持を完全に失わせない所にあります。野党支持の大衆を2つに割っている限り、自公政権は維持でき、支配層に都合のいい政治を当分続けられます。私たちは2つに割られている限り勝てないのですから、ひとつにまとまらなければいけません。現実的に考えて今から民進党をいくら批判し叩いても泡沫政党化することは無理なので、この野党第一党勢力を最大限活かせるかどうかに勝敗がかかっています。

民進党を支持しているか否かに関わらず、民進党の議員に共闘を呼びかけることが現時点での最善策だと考えます。民進党議員の中から野党共闘を推す派閥が台頭すれば、党を割って出るかもしれません。小沢自由党はその受け皿となる狙いを含んでいるはずです。民進党を批判し、野党共闘に加わることも否定して、なおかつ自民党から政権を奪う結果を望むのは危険なギャンブルではないでしょうか。私はそういった理想より、可能性の少しでも高い現実に妥協点を探っています。自民党政権に終止符を打つためです。

長々と申し訳ありません。第三者には読ませられませんね。一主婦さんには、お互い様ということでどうかお許しを(笑)


60. 一主婦[2078] iOqO5ZV3 2016年11月02日 23:14:05 : F7tEJ6j5yk : 01pqnDwnfLQ[106]
>>59. W6tKtqvYFcE さま

あ、ご丁寧なお返事頂いていたのですね。
チョット、他の事に夢中になっていて、こちらを留守にしていまして、気づくのが遅れました。遅れて申し訳ありません。


今度は「言葉遊び」のレッテルは剥がして下さったようですね。ありがとう。
代わりに「甘い飴作戦」に変更のようですね。会社の利益第一目的の経営と、国民のための政治運営は、ぜんぜん違うものです。会社経営と同じに話を持っていって、民進党の裏切りや悪政、既得権益側の政策を正当化しようとしても無理があります。止めて下さいませ。これは、女性、男性にも関係ありません。

貴方のお考えも、一つの考え方ですから、本当は認めて差し上げなくてはいけないのですけれど、でも、私の考え方もありなのですね。多分、私の考え方は約3割の棄権者を含む多数派の考えや想いなのだと思います。その方がたが棄権している事実が、この7年間の結果だと思います。やはり、選挙は、無党派を含む棄権組みも賛同していただく政策が必要なのだと思います。

物分りの良い、理解力抜群の貴方のような方がたばかりでは無い事を、認識しない作戦では、この7年間の続きになると思います。もう後がない状態ですから、今までのやり方で良いのかと言う「作戦変更」も立ち止まり、考える必要があると私は思います。自己満足の、独善的作戦と民進党擁護の作戦で、勝てる戦いも捨てている状態では、もう限度では無いでしょうか?もっとシンプルに、誰でもが賛同出来る2009年版の現在に合った、99%の為の政策を野党側、特に野党第一党が掲げなければ、多くの棄権者は動きません。

その政策のままで「野党野合政権」が万が一政権を執ったとしても、きっと自民党悪政以上の政治にさせられてしまいます。だって、既得権益側に抗する力が皆無で、抗する力が全然備わっていないままの野党第一党なのですから。そして、アメリカや連合、官僚だけの言い分しか聞かない民進党なのですから、いくら野党三党の助言があっても聴く耳もたずの民進党ですから、政権を与えたなら、尚更アチラ側の言い分しか聞かなくなります。それは、今までの民進党を見ていれば確信できます。そんな危険な賭けをしたく無いと言うのが棄権組みの言分の様に思えます。私も、同じ考え方です。

その既得権益側に力を発揮できるであろう数少ない有力政治家たちを、民進党の雑魚議員たちは、ことごとく追い出してしまって、雑魚ばかりが残っている民進党の現状です。政策も、既得権益側に変えさせられた「自民党政策」のままの政策を掲げ続けていますから、多くの人々は期待しないのだと思います。その様な、まともな想いがあって、その方がたは棄権に走っているのだと思います。まともな考えの方がたなのだと思います。

約三割の方がたが支持政党を失い、さ迷い棄権に走っています。私は、あえて、その方がたの代弁をしているつもりなのです。その考え方をする有権者が約三割。その方がたを取り込むには、やはり、本物の野党、本物の政党の器に成る必要があるのです。いろいろな考え方がありますから、貴方のような、考え方をする方もあっていいのですが、それでは勝てないと私は主張しています。本物の野党第一党、本物の99%の為の政策になる事が、自公政権に勝つ為のたった一つの秘策だと私は思います。

それが出来ない民進党ならば、やはり、自民党を倒す為に、先に民進党を潰すことが必要と思います。潰して、または分割し、良心的な部分だけ拾い上げ、野党三党に混ぜ、場合によっては安倍に辟易している自民党議員なども引き入れ、他の野党からも希望者は引き入れ、さらに、市民団体や学者の会、ママの会などの、市井の優秀な新人候補者をどんどん採用し、全国区に候補者を立てたなら、「野党統一候補」ですし「政策も99%の為の政策」を掲げますから、名の知れない候補者でも当選する確率は高くなると思います。

いつまでも、ヌエの様な民進党にすがっていては、今までの続きの敗戦の続きになると私は思います。代わり映えのしない今までの遣り方では、棄権している方々が動きません。その方がたを動かす為には、貴方のような物分りが良すぎる考え方では、その方たちは付いてこないと思います。率直な方がたですから、率直な遣り方でアピールする必要があると思います。「鼻をつまんでイヤイヤ」「願っている政策と180度も違う政策」を掲げている野党第一党の統一候補に投票を強要すると言う方法では、とてもじゃないですけれども、その方がたには投票はしていただけないと私は思います。

本物の政権交代を目指すなら、本物の野党連合の器で、本物の99%の為の政策を掲げる事です。そうすれば、何の努力も、策略もしなくても、自然に人々は賛同し投票行動に向かいます。今の貴方の考え方では、無理がありすぎるのです。だから、7年間も負け続きの結果になっているのです。今回は、貴方に甘い蜜のコメントを頂きましたが、そんな物で釣られる状況ではありません。ですから、私は、あえて反論は、素で行かせて頂きました。

今の民進党のままでは使い物になりません。貴方は「利用」するとかおっしゃっていますが「利用」も出来ません。利用するつもりでも、足手まといか、後ろから弾の裏切りに合うだけと思います。そうで無いなら、あの政権交代での裏切りの反省と修正がとっくに出来ているはずですから。自民党二軍の民進党に利用価値などありません。利用するつもりで、あの政策を掲げる民進党議員を増やしてしまったなら「国会決議」では、今回のTPPの山の井の裏切り合意のように、自民党議員と一緒に賛成票を投じられるのですから。利用するつもりが、利用されるだけの話です。

ですから、何の事は無い事、野党としての当たり前の事をすれば良いのです。自民党の二軍では野党とは言えません。民進党が改心して、政策を99%の為のものにすれば良い事です。そうすれば、利用するも利用しないも、何も騙し文句などが入る余地など無くなります。シンプルに考えて欲しいです。それしかありません。それが出来ないなら、野党第一党などという位置についている事すら弊害です。
率直に意見を述べさせて頂きました。


61. 2016年11月04日 00:20:49 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[40]
一主婦さん、ご意見ありがとうございます。

私も理想とする所は一主婦さんとほぼ同じです。有権者はもっと政治に関心をもち、責任を持って投票し、裏切った議員は次の選挙で必ず落とす。このサイクルが機能していれば、これほど政治が悪くなることはなかったでしょう。そういう意味では、かつて自民党の補完的政策を行った民主党とその幹部、現民進党に引き継がれている彼らを、信頼するのではなく落としてしまい、市民連合や他の野党共闘組で民意を反映する候補に勝ってもらいたい。そういう方法が正当であり、本当はそうやって行きたいのです。

しかし、それでは勝てそうにないから、最善の策として民進党を推すべきだと、野田幹事長にぜひ野党共闘に加わってもらえるよう民進党へ声を届けるべきだと考えているのですね。
全ては『一刻も早く』自民党を政権から引きずり下ろすためです。安倍政権が続けば、国民の9割以上は奴隷の境遇で人生を終わるような国になってしまいます。それだけは何としても避けたい。今の時点では民進党を含めた野党共闘実現が、自民党政権を止める近道です。

民進党との連携には信頼が置けないという考えも理解できます。前のことが記憶に新しい。ただ、民意を受けて成立した鳩山政権は、国民を裏切るようなひどい政策は行わなかった。同様に、もし野田幹事長が野党共闘に加わり連立政権の主要メンバーとなったら、少なくとも即座に寝返るということは大変難しいと推測します。楽観的に過ぎると思われるでしょうが、周囲はみな国民の期待を背負って政権を任された者ばかり。可能な限り国民の側に立つ政治を取り戻す方向へ動こうとするでしょう。それができなければ自民党補完野党の汚名を着て、再び泡沫政党の一議員に逆戻りするだけなのですから。

1%側の政策がスムーズに行われた結果、そのしわ寄せが国民に重くのしかかり、鈍感な人にもその重さが耐えられなく感じられてきた現在、99%側の圧力は鈍感な政治家にも察知されているはずです。この風潮の中で政権を取ったなら、ある程度は堂々と既得権益側から国民の側に利益を誘導する政策が実行できます。民意を受けているという建前がありますからね。状況は前と同じではない。ならば前と同じ様に民進党が動くとは決まっていません。

政権を取った後のことは、またその時Watchして意見を叩きつければいい。今はそれより、次の選挙で確実に自民党政権を止めることです。背に腹はかえられない。自民党政権の恐怖を民進党擁護の脅し文句に使っていると捉えられているようですが、あと4年自民党が続けば命に関わると言っても大袈裟ではありません。これは決して誇張や脅しではない、ありのままの事実だと思いますよ。

約三割の方がたが支持政党を失っており、一主婦さんはその代弁者である。せっかく政権交代を実現させても自民党と同じ政策が繰り返された。民進党を擁して闘えば、そこに不信感を抱く有権者にそっぽを向かれる。本物の野党第一党こそ国民の望む姿であり、それをもって選挙に臨むことが自民党に勝つ唯一の方法だ。
言わんとしている所は分かります。投票率が低ければ自民党に有利ですから、有権者に期待を持ってもらえる候補者、選挙戦でなければならないですし、そこに民進党の名前がプラスに働くかは疑問の残る所ではあります。国民の側に立つ本物の野党がいれば…確かにそう思います。この理想を私も望んでいます。

前に述べましたが、次の選挙は理想論ではなく現実的な戦略で闘うべきだということです。定員475のうち96人の議席を占める民進党を引き込まなければ政権は取れません。ここから国民の側に立つのだと、野党共闘に加わるため80人の議員を離党させることなどできますか。現実的ではありません。だから今回は理想論を捨てようと言うのです。
民進党を引き入れ野党共闘で団結し、原発問題やTPPがいかに国民の生活に有害であるか、憲法改正がどれほど危険なものかを訴え、消費税と社会保障、経済政策について納得のいくものを打ち出して世論とメディアを味方につけ闘うのです。団結すれば支持政党を失った人々の一定数は戻ってきます。メディアがうまく煽ってくれれば投票率も確実に上がります。理想の政治形態はそれから構築していきましょう。まず生活や命の安全を確保することが大事です。

経営第一の会社と政治は違うと、そう決めつける根拠は何でしょうか。政治家は自営業主と変わりません。政党はその集まりです。お客さまが大事なように有権者が大事であり、同時に提携している企業、組織も大事ですし、上から横からの圧力にどう対処するかが自分や組織の行く末を左右します。いずれも決してきれいごとだけではやっていけない世界です。お客さまの信頼を裏切った会社は潰れることもあり、潰れないよう必死に企業努力して信頼を呼び戻そうとします。民進党にその努力を促す意味でも、私たちは応援しようと呼びかけているのです。今回できなければ、ズタボロにしてやりましょう。


62. 2016年11月05日 00:37:58 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[41]
ズタボロは言い過ぎでしたね。

(つづき)
自民党が政権に就いている限り、悪夢のような政策が実行され続けます。
解散総選挙があったとして、野党が善戦し議席を伸ばしても、政権を取れなければ無意味です。国民の生活を守るためには、政権を奪還し現与党の息の根を止めるしかありません。善戦したところで悪夢は続くのですから敗北に等しい。勝利は政権奪還にしかないわけです。

もし民進党の中から、本当に国民の側に立って闘いたいと党を割ってでる有志が30名出たとしましょう。これはもうスゴい数字です。新党結成だろうが自由党に合流だろうが、新聞の一面は野党第二勢力誕生に踊ること間違いないでしょう。野党共闘に勢いのつく朗報にもなります。しかしこうなったら、政権は自民党が維持する結果=私たちにとっての敗北しかありません。野党が分断してしまったのですから。

現行勢力 衆議院定数475のうち
自民党 294、公明党 35、維新 15      【自公計329+維新15】
民進党 96、共産党 21、社民党 2、自由党 2  【野党計121】

以前にも挙げた数字ですが、四野党共闘が実現すれば選挙区で自民党は70議席を失うという試算があるそうです。それほど上手く運ぶケースなら、比例区を含め計100議席ほど野党が取るかもしれないと推定したわけです。
民進党との連携を排したとします。
仮にも四野党共闘が実現しない状況では与党側が100議席も失うことは難しいでしょうが、選挙後そうなったとします。その上、民進党は議席を伸ばせなかったと、何もかも野党共闘組で政権を取る方向に理想的な結果になったとしても、

自公維 244
民進党 66
共闘組 155

と、民意を受けた野党共闘組は政権を取るには程遠いのです。
実際には、これ程の大敗を自民が喫するなら民進党にも有利に働きますから、票の幾分かは民進党が喰うでしょう。結局、民進党と組まなければ政権与党とはなれないという現実に向かい合うハメになるはずです。しかも選挙前に連携できなかった相手と選挙後に話をつけなければならないという相当な難局が予想されます。

ですから民進党を含めた共闘という形で選挙に臨むことが政権を取る上でほぼ絶対条件になり、かつ自民党が110議席以上失う結果が必要なのです。ことほど自民党から政権を奪うというのはハードルが高い。野党が分断している限りは向こうの思う壺だという理由です。

机上の計算などその通りになるとは思いませんが、組織票を持つ現与党勢力がいかに強大であり、政権を取ることのハードルの高さは並大抵ではないことが数字を見て実感できると思います。

くどいようですが再度確認させてください。今の国民一般にとって、@この独裁政権を止めることと、Aクリーンで国民の側に立つ政権を樹立することと、どちらが優先されるべきかという問題です。私は次の衆院選で前者@の実現を望み意見を述べています。後者Aが現実のものとなるなら@の達成も兼ねていますが、次の一回の選挙でAは不可能だと考えています。根拠は上に挙げた数字です。

国会は一強多弱という勢力図ですが、その強い自民党安倍政権の支持率は4割?ウソですよね、2割あるかないかでは?逆に不支持5割と聞いても驚く人は半数を超えないでしょう。ならなぜ、選挙で議席を維持できますか?本来ならできるわけないのです。選挙を行なえば現野党が倍の議席を占めるべきです。毎度組織票と低投票率が彼らの追い風になるのですが、その向かい風を前にして野党は何を武器に闘ってきたでしょうか。複数の野党候補に票を割って投じてきたのです。そうやって彼らを優先的に勝たせてきました。今、この期に及んで野党支持者同士で足の引っ張り合いをしています。これが何をもたらすかは明らかです。真に国民の側に立つ本物の野党を作ることは叶うかもしれません。何年もかければそれが与党となる日が訪れるかもしれない。しかし野党に甘んじる公算が高い次の衆院選後に自民党政権を止めることはできません。

どの党もそうでしょうが、大筋において政策が一致するものの様々な考えをもつ議員の寄り合い所帯です。4野党連携も、党ごとに考えが異なるのは当然で、最終的に大筋で合意できればいいのです。違いを否定するのではなく、異なる考えを持つ者が互いに認め合う姿勢が大切でしょう。それは私たちにも当てはまることです。仲間に自民党補完勢力が混じっていてもいいのです。どうせその意見は財界か官僚に聞かされるものです。国民の利益に反するなら、話し合って妥協点を探るだけです。

民主党が大勝した2009年の衆院選では、まるで憑かれたかのようにメディアは自民党を叩き民主党推し一色でした。あの時に匹敵するメディアの援護もまた必要でしょう。そこには政権奪還への刻銘な筋書きが要ります。ーーー政権打倒の大きな動機付けがあり、明確な争点、野党共闘で団結する構図、そこに鬱憤が爆発した民衆が乗り、それをメディアが煽って高い投票率に結びつける。共産党アレルギーの年輩者も、民進党不信層も、小沢嫌いも無党派層も、とにかく今回は拘りを捨て野党共闘候補に投票したーーーそういう状況を実現できなければ勝ち目はないも同然。もし自公独裁に楔を打ちたいなら、まずは野党支持者が団結しましょう。私たちの意志や行動は案外議員個人や政党の振る舞いに影響するのではないかと想像しています。

衆院選。もし民進党が4野党共闘に加わらなければ、3野党共闘が擁する候補に投じようかと思います。選挙区でその方が圧勝する見込みなら、自民党候補を落とすために民進党候補に入れると思います。3野党共闘組に政権を取れるかもしれない程の勢いを感じれば、選挙区比例区とも加勢させてもらいます。スポンのポンさんも一主婦さんも、私の目には同じ仲間に見えます。

長々と失礼しました。お読みいただいたこと感謝申し上げます。ありがとうございました。


63. 一主婦[2083] iOqO5ZV3 2016年11月05日 03:12:45 : F7tEJ6j5yk : 01pqnDwnfLQ[111]
>>61. W6tKtqvYFcE さん

やっと、このスレット見つけました。
貴方からのコメントを見つけて、ワードに下書きをして、こちらのスレットにコピペしようとしましたら、ランキングから消えていて、見つけられませんでしたので
他のスレットに貴方への返信を差し上げてしまいました。読んでいただけましたか?

デモ、こちらを見つけましたから、こちらにも返信差し上げましょう。
貴方も貴重な時間を割いて、ご丁寧な返信を書いてくださったのですから、私も、それに応えましょう。書くのは、しゃべるのの次に大好きです。苦になりませんから。では、行きますね。

>そういう意味では、かつて自民党の補完的政策を行った民主党とその幹部、現民進党に引き継がれている彼らを、信頼するのではなく落としてしまい、市民連合や他の野党共闘組で民意を反映する候補に勝ってもらいたい。そういう方法が正当であり、本当はそうやって行きたいのです。しかし、それでは勝てそうにないから、最善の策として民進党を推すべきだと、野田幹事長にぜひ野党共闘に加わってもらえるよう民進党へ声を届けるべきだと

↑、理想論、それでは勝てない。とおっしゃっていますが、私は、反対に、野田や菅直人、クーデター組みを、反省も、謝罪も、政策修正も無く、そのまま野党連携に混ぜる事こそ、勝てない元凶になっていると思っています。あなたとは、ここの考え方が全然ちがうのですね。このスレット記事を書かれた田中氏の考えも、民進党が存在する事こそ、勝てず、政権交代できない元凶だと、そうおっしゃっていますね。私も、田中氏の考え方に賛同しています。

野田などを加える事で、そして、自民党と同じ売国政策を掲げ続けながら、財務省や連合の方だけを向き、1%の為の政治を取る民進党。そんな、野党とは言えない様な民進党という異分子を混ぜる事こそ、政権交代のジャマをし、野党の足を引っ張っている元凶と思います。ですから、これが「現実」です。その現実に眼をつぶり、民進党の過去は批判してはいけない、過去は忘れてとか、おっしゃっていますが、政策や政治姿勢は、そのまま現在進行形なのです。

裏切って変えたものを何も変えていません。修正していません。反省もしていません。今尚、その裏切り政策を続行中なのです。それを許す?現在は、修正したと言うなら忘れてあげる事も可能ですが、そのまま続行中ではありませんか。裏切ったままの民進党をそのまま野党四党連携に加える。その形で勝てると思う事こそ、私は「お花畑理想論」だと思いますし、有権者に対して卑怯な政党の態度だと思います。

有権者の殆どが、民進党を拒否している現実を見ないで、民進党をそのまま加えると言う野党四党連携だけに固執している貴方様こそ、私には「現実を見ない理想論」だと思ってしまいます。それでは、肝心要の投票率が上がらず、多くの方がたが「棄権」している現実と理由を見るべきと思います。それを見ずして「理想論の野党四党の連携」のキレイ事を呪文のように唱えている非現実的理想論では、永遠に勝てません。一部の人にしか支持されない野党連携など、お花畑もいいところだと思います。

決して自公政権が強いわけでは無いのです。多くの有権者にそっぽを向かれ、棄権されている根本的理由は「民進党の第二自民党化」にあります。2009年時の民主党とは180度も政治姿勢を変えてしまいました。あの自民党そっくりの政策を掲げている民進党を、99%の為の野党などとは誰も思いません。それが野党連携や、政権交代の足を引っ張っている原因なのです。その「敗戦続きの理由」に眼を閉じて、野党四党連携の理想論ばかりを掲げているのでは、永遠に勝てないと思います。まず、その元凶を糺す事です。

いくら、貴方の様に、数の論理をかざしても、反省なき民進党のクーデタ組みをそのまま加えていては、数の計算上はそうなっても、それは皮算用にしかなりません。だってその形の野党連携では、投票率が上がらず、棄権が増えるのですから、その計算式は成り立ちません。そんな思い違いの「鼻つまみイヤイヤ投票」を7年間もやってきて、敗戦続きの結果もシッカリでているではありませんか。いつまでこの敗戦作戦を続けようというのでしょうか?

民進党が変らないままでの野党四党連携では、自公政権にはとても勝てないと思います。私も、田中良昭氏と同じ考えです。裏切り民進党がある限り、本物の野党連携も、本物の野党の器も誕生せず、政権交代も二度と起きないと思います。民進党が、2009年時の99%側の政党に戻って変るか、または、裏切りクーデター組みの切り離すか、官僚、連合派と国民派に二分割するか、はたまた、思い切ってキレイさっぱり民進党を消滅させるかしか「政権交代の芽」は芽吹かないと思います。

有権者の多くに支持されず、投票率が上がらず、棄権が大量に出る様な、一部の人々しか支持できない「鼻つまみイヤイヤ投票」の形の「党四党連携」の「理想論」ではなく、実際に多くの有権者から支持されるような「現実的」な「民進党の改善」を成してからの「本物の野党連携」でなければ、投票率は上がらないと思いますし、政権交代など夢のまた夢、妄想に近くなると思います。現実見ず、過去の過ちや裏切りを棚に挙げていては、有権者の多くの賛同も得られず、信頼回復もしません。信頼のないところに、投票して貰えるという、甘えた考えなど、もはや理想論というより妄想になると思います。

したがって、田中氏がおっしゃっているように、今のままの裏切り民進党をそのまま改善させる事無くそのまま混ぜる遣り方では、多くの人々に賛同されず低投票率で、その結果「二度と政権交代は起きない」と言う事になります。これが「現実」です。野党四党連携すれさえすれば、奇跡が起きる、政権交代できるなどと考える事こそ「お花畑理想論」です。多くの有権者に支持されず、投票率も上がらない、貴方のおっしゃる形での「野党四党連携」など絵に書いた餅と言う事になります。全くの理想論ですね。ここ7年間もそれをやってきて、負け続きの野党野合連携、政策協定なしの偽りの野党連携、うらぎり民進党をそのまま連携の形では、本物の野党の器にはなり得ませんから「二度と政権交代など起きない」とおっしゃる田中さんの説は正論です。


>経営第一の会社と政治は違うと、そう決めつける根拠は何でしょうか。政治家は自営業主と変わりません。政党はその集まりです。お客さまが大事なように有権者が大事であり、同時に提携している企業、組織も大事ですし、上から横からの圧力にどう対処するかが自分や組織の行く末を左右します。いずれも決してきれいごとだけではやっていけない世界です。お客さまの信頼を裏切った会社は潰れることもあり、潰れないよう必死に企業努力して信頼を呼び戻そうとします。民進党にその努力を促す意味でも、私たちは応援しようと呼びかけているのです。今回できなければ、ズタボロにしてやりましょう。


↑についての、答えは、他のスレットにしましたが。こちらが、本家本元のスレットですから。こちらにもコピペ貼ります。貴方は、会社の経営と、国家の運営は同じとおっしゃっていますが、私は違うと思います。↓です。長くなって申し訳ないです。貴方も結構長文の方ですから、長文同士の二人きりのお話し合いですね。お許しを。


※国家は国民から税を集め、優先順位をつけて、その税金を再配分して運営するところです。企業は、金銭的な利益を出さないといけないところです。
国家が、金銭的な利益にとらわれると、国民は不幸になります。国家は、金銭的利益に関わらず、国民が「安全」に「安心」して「健康」に暮らせ、そして、その暮らしの中で、個人としての「誇り」と、将来の「夢」を描けるようなサービスを国として、その税金で提供するのが政治です。

会社が利益優先で経営するのに対して、国家の運営と政治は、集めた税金に優先順位をつけて、国民の暮らしを守る為に、再配分するものですから、会社の運営とは大きな違いがあります。ところが、会社経営の神様といわれた、松下幸之助氏は、政治も会社経営のノウハウで行おうとしました。松下氏は、政治家養成のための「松下政経塾」を造って、会社経営で成功をした方法である「有能な若い人々に、素人的感性で経営を任せ、結果を出す」と言う方法を、その政治塾にも当て嵌めました。

その方法は、会社経営では大成功しました。若いながらも会社から運営を任された、その若者たちは、会社の売り上げアップと発展のためのいろいろ努力し、製品開発や、その製品のアピール方法などを磨き、見事に売り上げアップにつなげ会社の利益発展に成功しました。松下氏は、この方法を松下政治塾にも取り入れたのです。若い方々は「松下政経塾」を松下氏から任され、そのカリキュラムを作りました。そのカリキュラムは、会社経営で成功を果たした方法と同じでした。

その政経塾のカリキュラムには「演説術」「会話術』「英会話」「交友術」「演劇術」「演出術」などが並びました。その習得のため、それぞれのプロを雇って勉強をしましたが、今で言う政治パフォーマンス一色の政経塾になってしまいました。その結果、口先番町と言われるような政治家や、演説はとても上手でシロアリ演説などで有名な政治家も輩出しましたが、肝心の政治は国民のためにやる仕事と言うような政治哲学、論理、思想、実行力が欠けていて備わらないままの、パフォーマンス上手の政治家ばかりの輩出になりました。

政治の精神、政治哲学、政治思想をじっくりと学ばず、パフォーマンスの上手さだけで政治をとってしまう、軽い政治家ばかりの輩出になり、世間からも、松下幸之助がこの世で残した唯一の欠陥商品が「松下政経塾の卒業生政治家」だ。といわれるまでになりました。松下氏が政経塾を作り、それを任せた若い方々も、松下氏と同じように、会社経営方法の成功例を政治にも当て嵌めようとした結果の失敗なのです。

松下氏自身も、政経塾を造った時「政治だって会社と同じだ。賢く運営して、正当な利益を上げれば、政治運営も税金なして運営できるのが道理だ。経営能力に優れた政治家を養成し、政治家にして国の運営を担当させれば「無税国家」にできるはずだ。その様な政治家を松下政経塾で養成し、国会に送り込む。と言う想いだったのだそうです。

松下氏はこの様に、「経営」の面だけから政治を見ていました。それを任された、若い政経塾のメンバーもやはり松下氏と同じ様に、国家の運営を会社と同じ運営方法でやってしまいました。政治家として、もっとも大切な、政治理念、政治哲学、政治思想を学ばずに、会社経営で利益をあげ、成功した製品アピールのためのパフォーマンス、売り込み上手、利益アップなどを主眼としての政治塾になってしまいました。

その方法では、政治家として、もっとも大切な「政治の哲学」政治の為の思想」「理念」「経験」を素とする政治家としての重さや奥深さ厚みなどを学ばず、いわゆる政治家としての雑巾がけ思想を学ばずに、政治家になってしまったため、軽さと無能さを色濃く持ち合わせた政治家の輩出になってしまいました。松下幸之助が作った唯一の欠陥商品が、松下政経塾出身の政治家と言われるゆえんともなりました。

その軽さ無能さを併せ持つ松下政経塾の政治家の排出と、小沢氏の二大政党制の夢とが偶然に重なり、ほとんど首相などにはなり得ない不適切な人間を、その座に着かせてしまう結果となりました。その悪しき偶然が重なり、この現在の政治退行の結果で、この国は巨大な損失を受けました。今なお、その巨大損失は続行中です。国家運営は、損得に関係なく、国民全に、隅々まで、税金による安心、安全、幸福の国家的サービスを行き渡らせるという「再配分」の仕事なのです。会社は「儲け」が主の仕事ですから,その二つは、運営の色合いも意味も全然違うものなのです。

以上です。上の文中にある、政治家二人は、前原氏と、貴方とスポンさんが熱烈支持している、野田氏の事です。その二人だけでなく、松下政経塾出身の政治家たちは、松下氏の唯一の欠陥商品と言われるような欠陥政治家なのですね。ええ、今までの政治行動を見れば、それは頷けますね。まさしく欠陥だらけです。その反省も無く未だ欠陥品のままです。


64. 一主婦[2084] iOqO5ZV3 2016年11月05日 05:10:21 : F7tEJ6j5yk : 01pqnDwnfLQ[112]
>>62. W6tKtqvYFcE さん

あらっ、続きもあったのですね。
丁寧な、続きをありがとうございます。
では私も、続きの返レスを差し上げます。

>自民党が政権に就いている限り、悪夢のような政策が実行され続けます。
解散総選挙があったとして、野党が善戦し議席を伸ばしても、政権を取れなければ無意味です。国民の生活を守るためには、政権を奪還し現与党の息の根を止めるしかありません。善戦したところで悪夢は続くのですから敗北に等しい。勝利は政権奪還にしかないわけです。


↑、そうですね。自民党を止めなければならないのはその通りですが、問題は、その野党第一党の民進党の自民党化です。あのクーデター後の民主党の政権担当能力や、裏切り具合を見てきた有権者としては、自民党を倒したとしても、果たして、自民党より良い政治になるのか?と言う大きな疑問があります。だって、今安倍政権が進めている悪政は、民主党が、アメリカや、官僚、財界、特に連合から操られ、次々に決めさせられた悪政策ぞろいなのです。TPPも今更反対と言っては反対の振りのパフォーマンスを演じていますが、菅直人が「平成の開国」と言って決めたものなのですよ。何をいまさら茶番劇をやっているのかと思います。

安倍政権の産みの親が民主党。自民党を倒しても、民進党では、自民党の政治を止められないと思います。そのまま続行か、返って自民党よりも悪くなります。先の政権担当時には、アチラ側の言い成りの悪政を次々にやらされたと言う確固とした事実があります。私は、今のままの民進党では、政権交代をさせたくありません。民進党が,99%の為の政治姿勢、政策に変えない限り、民進党には投票しません。

変らない民進党ならつぶれて欲しいと思っています。田中良昭氏と同じ考えです。売国政策を掲げ続けている第二自民党の民進党が存在する限り、本物の野党連携もなければ、本物の野党の器も創れないと思います。したがって民進党が存在している事で、政権交代は二度と怒らないと思っています。


>もし民進党の中から、本当に国民の側に立って闘いたいと党を割ってでる有志が30名出たとしましょう。これはもうスゴい数字です。新党結成だろうが自由党に合流だろうが、新聞の一面は野党第二勢力誕生に踊ること間違いないでしょう。野党共闘に勢いのつく朗報にもなります。しかしこうなったら、政権は自民党が維持する結果=私たちにとっての敗北しかありません。野党が分断してしまったのですから。


↑いいえ、民進党が野党連携に混じってしまう事こそ、野党の敗戦になり、野党分断になると思います。投票率も低いままで、自公政権の継続になります。今まで7年間もそうでした。それをこのまま続けて、この国の終わりにするおつもりでしょうか。この形での野党連携では、肝心の投票率が上がらないのです。負けの要因がそれなのです。「私達にとっての敗北」は、貴方のおっしゃる内容では無いです。
その原因は、裏切ったままの民進党をそのまま許し、政策も変えさせず、政策協定もせず、野合的、野党四党連携をする事こそ、私達の敗北に繋がります。

多くの有権者に賛同されない政策、裏切ったままの民進党では、投票率が上がりませんから、野党分断どころでは無く、完全な野党の敗北になってしまいます。田中氏のおっしゃるように、民進党が野党として存在する事こそ、野党分断、野党の連携の足引き、政権交代の阻止の原因です。民進党が存在しなければ、本物の野党の器がもっと早く完成していたと思います。この7年間の民進党のジャマな空白期間がとても悔しく、勿体無く、残念に思います。自民党二軍の野党第一党など全くもって要りません。


>現行勢力 衆議院定数475のうち
自民党 294、公明党 35、維新 15      【自公計329+維新15】
民進党 96、共産党 21、社民党 2、自由党 2  【野党計121】
以前にも挙げた数字ですが、四野党共闘が実現すれば選挙区で自民党は70議席を失うという試算があるそうです。それほど上手く運ぶケースなら、比例区を含め計100議席ほど野党が取るかもしれないと推定したわけです。民進党との連携を排したとします。仮にも四野党共闘が実現しない状況では与党側が100議席も失うことは難しいでしょうが、選挙後そうなったとします。その上、民進党は議席を伸ばせなかったと、何もかも野党共闘組で政権を取る方向に理想的な結果になったとしても、


↑、これは、計算試算が、怪しいそうですよ。そんな計算にはなり得ないと聞きました。そして、こんな計算は、皮算用でしかありません。肝心の、有権者が動かない野党野合連携では,獲らぬ狸の皮算用でしかありません。計算上はそうであっても、投票率も上がらず、棄権が大量に出てしまう、不人気のままの民進党を混ぜた野党連携では、自公には勝てません。今までの7年間の続きになります。成功の秘策は、民進党の改心と、民進党の自民党化の改善修正。自民党と同じ政策を掲げていて、自民党に勝つなんて、勘違いもはなはだしいで素。そんな「お花畑理想論」の「皮算用」は止しましょう。完全に勝てる現実的秘策は、民進党の改心でしか成功しません。


自公維 244
民進党 66
共闘組 155

>ですから民進党を含めた共闘という形で選挙に臨むことが政権を取る上でほぼ絶対条件になり、かつ自民党が110議席以上失う結果が必要なのです。ことほど自民党から政権を奪うというのはハードルが高い。野党が分断している限りは向こうの思う壺だという理由です。机上の計算などその通りになるとは思いませんが、組織票を持つ現与党勢力がいかに強大であり、政権を取ることのハードルの高さは並大抵ではないことが数字を見て実感できると思います。


↑、この皮算用も、上に同じです。こんな計算成り立ちません。
無党派層が3割もいらっしゃる、その方たちを投票に誘う為には、何度も言いますが、今のままの、裏切り民進党では勝てないのです。今のままでの民進党を加える事で返って負けます。だってその民進党の裏切りと、裏切って変えた政治姿勢、政策に落胆して民主党支持者を辞めた方がたなのですから、今のままの裏切ったままの民進党では、いくら野党四党連携をしても、その方がた帰って来ません。負けます。

その方がたに帰って欲しければ、民進党は、2009年時の原点に帰って、政治姿勢も政策も99%の為の政策に戻す事です。これしかありません。これが出来ないなら、国民のために潰れて下さい。消えて下さい。田中氏の思いと、私の思いは、まるきり同じ想いです。民進党が今のまま存在する限り、二度と政権交代は起こりません。そんな、お花畑理想論の皮算用計算などなさっても無駄です。


>くどいようですが再度確認させてください。今の国民一般にとって、@この独裁政権を止めることと、Aクリーンで国民の側に立つ政権を樹立することと、どちらが優先されるべきかという問題です。私は次の衆院選で前者@の実現を望み意見を述べています。後者Aが現実のものとなるなら@の達成も兼ねていますが、次の一回の選挙でAは不可能だと考えています。根拠は上に挙げた数字です。


↑、なんか笑っちゃいそうになりました。民進党が政権をとればクリーンな政権になる?ご冗談を。今の、安倍独裁政権と先の裏切り民主党の政治、政策は、まるきり同じなのですよ。民主党もごり押し政策決定は何度もしています。自民党とまるで同じ卑怯な汚い政策決定でした。マニフェストを裏切り、既得権益側の言い成りになり、自民党さえも足踏みしていたTPPを「平成の開国」等と謳って、得々として勧めてしまったのも民主党です。今更反対のパフォーマンスなど、可笑し過ぎて片腹痛いです。何を正義ぶっているのかと思います。

その他にも沢山並べて差し上げたいほどの裏切り政策への転換がありました。ナンだったなら、また、ズラズラと、自民党が薦めている区制の数々が,全部と言っていいほどにこ民主党が決めたものだと言う事を、並べて差し上げても良いですよ。機会があったらな、何度でも、民主党の悪行の数々、悪政の数々を並べたいと思います。反省の弁と、修正をするまで、批判し続けます。政治はそんなに甘いものでは無いのです。国民の命がかかっているものですから、間違いや、裏切りがあったなら、シッカリと総括、反省の上での修正は必要です。

ところが、民進党は、今尚、自民党と同じ政策を掲げ続けているのです。こんな民進党への政権交代など、私は考えられません。独裁政権の安倍政権とおっしゃいますが、その独裁安倍政権を生んだのが民主党です。安倍が今遣っている政策の殆どを民進党が勧めると決めたのものなのです。そんな政党が、何ですって「クリーンで国民の側に立つ政権」ですって?寝言のような言葉はおっしゃらないで下さい。そんなクリーンな政権は、民進党抜きでの政権でしか確立できません。


>国会は一強多弱という勢力図ですが、その強い自民党安倍政権の支持率は4割?ウソですよね、2割あるかないかでは?逆に不支持5割と聞いても驚く人は半数を超えないでしょう。ならなぜ、選挙で議席を維持できますか?本来ならできるわけないのです。選挙を行なえば現野党が倍の議席を占めるべきです。毎度組織票と低投票率が彼らの追い風になるのですが、その向かい風を前にして野党は何を武器に闘ってきたでしょうか。複数の野党候補に票を割って投じてきたのです。そうやって彼らを優先的に勝たせてきました。

↑野党票を分断してきたのは、他ならぬ、民進党です。棄権させているのも民進党です。なぜ、お分かりにならないのですか。民進党の自民党化が,棄権を生み、民進党の売国政策が野党連携の足を引っ張っているのです。あなた分かっていませんね。民進党が、99%の為の政党になり、政策に変え、政治姿勢を国民派に改め、連合から手をきり、財務省の糸もきり、99%の為の野党第一党になることこそ、勝利への道なのです。

その政策改修改心無しでの民進党。そのままの民進党での野党連携では、投票率が上がりません。野党の票の分断と、棄権の増幅になります。シッカリ民進党が、野党の敗戦の原因を認めて、民進党は本物の野党に変わること。それしかありません。それができない民進党では、野党連携の足を引っ張るだけの存在になります。野党票の分断と、棄権の種作りになります。シッカリ改心なさらなければ、田中氏のおっしゃるように,民進党が存在する限り、二度と政権交代はありません。

↓この後も、同じ様な内容がづらづらと続いていますね。それらへの答えも、民進党が99lの為の党第一党に変わること。これに尽きます。ですから、これ以下は、割愛させて頂きます。以下同文の答えになりますので上を参照下さい。あっ、最後に、↓の言葉は、特に、ごめんなさいです。お断りいたします。同意できません。民進党に対する考え方は、スポンさんとも、貴方とも、全然真反対方向の考え方です。ですからあなた方のお仲間には、とてもなれません。

田中氏の考えには、ほぼ100パーセントの同意をしています。植草先生の「政策中心」のや党連携のお考えと「小林節氏」のお考え、亀井氏にも賛同しています。共産党さんにも賛同しています。福島さんにも期待しています。ですが、民進党の議員たち、特にトップ集団には、誰一人尊敬できる議員がいません。信頼もしません。なにせ、政策と政治姿勢があれでは、例え統一候補といえども、とても投票など出来ません。どうぞ悪しからず。したがって、↓の「仲間」もご遠慮ください。民進党への考え方が、貴方達とは180度も違っていますからね。
今回も長くてごめんなさい。

>スポンのポンさんも一主婦さんも、私の目には同じ仲間に見えます。←(ごめんなさい、お断りいたします)


65. 一主婦[2085] iOqO5ZV3 2016年11月05日 05:22:05 : F7tEJ6j5yk : 01pqnDwnfLQ[113]
訂正

自民党が薦めている区制の数々(誤)→自民党が薦めている悪政の数々(正)


66. 2016年11月05日 13:20:40 : fq2LET9Crc : Z1MVX8XlznI[202]
田中良紹氏は、「民進党がある限り政権交代は二度と起きない」と言っていますが、「選挙に勝つ気のない蓮舫―野田体制を選んだ民進党」と本文内では説明しています。つまり民進党を外して選挙を戦えと言う意味ではありません。民進党に変われと言っているのです。

民進党を外して戦っては、未来の党の二の舞です。以下の数字を予測されている人もいましたがとんでもないことです。共闘組はこの予測の十分の一の15を取れれば万々歳でしょう。

 自公維 244
 民進党 66
 共闘組 155

つまり
 自公維 244+140=384
 民進党 66
 共闘組 155−140=15

これが現実です。

「一主婦」さんは2009年と同じ政策を掲げよとの意見ですが、国民はそんな耳障りの言い政策を並べてももう信用しません。
やはり、当事者(現状で言えば小沢氏、菅氏、野田氏かな)が、なぜ民主党政権はうまくいかなかったのかを一緒に考え反省し、新たな政策を出す。

そして、当然選挙は、一緒に戦うのです。

野党がバラバラでは国民の信は得られませんし、マスコミも味方してくれないでしょう。

また、小沢氏が馬鹿の一つ覚えのように「野党が共闘すれば勝てる」と主張している体制が実現しても、誰も信用しません。選挙のための野合とみなされ、バラバラで戦うよりはマシと言う程度でしょう。

何よりも国民に信用してもらうことが大事です。残念ながら、私は具体的な策を持ち合わせていませんが・・・

例えば、消費税です。
私は、個人的には5%に戻すべきと思っていますが、10%に上げるとしたら、少なくとも小沢氏と野田氏は何故そう考えるのかを明確にしてほしいですね。

たかだが、この程度の上げ幅では、害(消費が落ち込みGDPが下がる)あって、益(財政健全化に寄与する)なしとの意見も多い。それ故に現在は10%に上げられないでいる。
それでも20%、30%に上げよという乱暴な意見まである(経団連など)。まあ、これくらい払えるだけの収入を得られれば反対はしないが・・・
収入を増やす政策を取らず、消費税だけ毎年少しづつ上げよとは経団連もとんでもない団体だよ。

やはり税の在り方を明確にすべきなんでしょう。
それもせず、消費税増税反対だけでも国民に信用されません。


67. 2016年11月05日 21:23:28 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[42]
一主婦さん、他でコメントもくださっていたようですが気づきませんでした。夜遅くに返答くださり恐縮です。
民進党に対する批判、これは世間の何割かの人々に共通した思いでしょうね。これが政治から人々を遠ざけ、低い投票率を生み出しているという指摘は頷けるものです。
さて、いくつか伝わっていない部分があると思えますので、説明させてください。まず最初に、これは説明が悪かったと反省した所です。

Aクリーンで国民の側に立つ政権を樹立すること
これは一主婦さんが主張する形を指したものです。つまり民進党抜きで、市民連合や3野党共闘組が国民のために立つ候補だけで選挙戦を闘い、クリーンな政権を樹立するということです。一方、
@この独裁政権を止めること
これは私の主張ですね。民進党を加えた4野党共闘で政権を取ることです。
一主婦さんの仰ることを読んできた私が、民進党が政権をとればクリーンな政権になるなどと主張したら、冗談どころか挑発になってしまう(笑)

>(民進党の)政策や政治姿勢は、そのまま現在進行形なのです。
現在はそうですね。ただ、野党共闘に加わることになれば、今のまま変わらないでは無理でしょう。大筋で各党の合意が出されます。例えば原発即時廃止や安保法制の見直し、改憲反対などに民進党が寄らなければ共闘はないでしょう。この辺りは民進党に大幅譲歩してほしいと思っています。

ですから、
>有権者の殆どが、民進党を拒否している現実を見ないで、民進党をそのまま加えると言う野党四党連携だけに固執している貴方様こそ、私には「現実を見ない理想論」だと思ってしまいます。
今の民進党をそのまま共闘に加えるべきだと述べているのではないのです。むしろ、大きく変貌した民進党となってこそ4野党共闘が成り立つと見ています。だから、支持政党を失った人もある程度帰ってくると述べていたのです。

>果たして、自民党より良い政治になるのか?
間違いなく良くなります。野党共闘で政権を取った場合、総理大臣は民進党から出るかもしれませんが、閣僚は各党から選出されるので、独裁できるわけはないでしょう。心配なさらずとも野田幹事長グループの思いのままなどできませんよ。

>>現行勢力 衆議院定数475のうち
自民党 294、公明党 35、維新 15      【自公計329+維新15】
民進党 96、共産党 21、社民党 2、自由党 2  【野党計121】
>>四野党共闘が実現すれば選挙区で自民党は70議席を失う
>>比例区を含め計100議席ほど野党が取るかもしれない
>これは、計算試算が、怪しいそうですよ。そんな計算にはなり得ないと聞きました。
上の議席は現時点のものです。100議席は私の推測です。70議席云々は某新聞の記事です。
選挙区で以前野党候補が割れていた所において自民党候補が当選していた区域に、もし次点、次々点で落選した候補が一本化されたとして票を足すと自民党候補の票数を上回る所が70あるという単純計算です。もっとも、顔ぶれは変わりますし次もそうなるとは限らないのですが、自民党候補が票数において断トツではないことは間違いありません。選挙区でそうなら比例区でも半数は増すだろうと推測したわけですね。

自公維 244
民進党 66
共闘組 155
>この皮算用も、上に同じです。こんな計算成り立ちません。
というか、100議席移った場合の数字がこれです。皮算用かもしれませんが、これさえダメなら自民党政権がさらに4年続くということが確定していますね。一主婦さんが民進党抜きで野党連立政権ができると言うのであれば、↓こうなるということですよ?できそうですか?
自公維 199
民進党 66
共闘組 200

>野党票を分断してきたのは、他ならぬ、民進党です。棄権させているのも民進党です。
棄権させているのは民進党だという見方はできるかもしれません。しかし、野党票を分断してきたのが民進党だというのは違うと思います。民進党には支持者がいます。その人たちは民進党が良いと思って投票しているのです。例えば共産党支持者も同じです。双方とも分断したわけでも分断させられているのでもありません。本来なら自分が良いと思う候補、政党に投票すればいいと私は思います。ただ今回だけはそれではダメだと言っているのです。私は民進党支持者でもないですし、野田幹事長を応援しているわけでもありません。今回だけは目をつぶって野党一丸となって闘う必要があると申し上げているのです。

会社と国会の運営については、一主婦さんが書かれていることは確かにそうですが、私が言いたいこととズレてしまったように思います。金銭的利益の話ではないのですが、私の書き方が悪いのでしょう。議員が社員であると例えれば、議員の報酬が給料であり国益が会社の利益に例えられます。議員はたくさん給料をもらう代わりに、国民のために仕事をしなければなりません。ただし官僚や経団連の言うことも聞かなければ国益に反することもあるでしょうと、それだけのことです。実際に、お客さんの言うことをそのまま聞いているだけでは成り立たず、四方八方の意見を聞き入れているということです。自民党はお客さんの言い分に耳を貸さないから引きずり下ろせとなるわけです。

ひとつ一主婦さんに意見をお伺いしてみたいことがあります。
もしあと4年、自民党公明党連立政権が続いたら、日本はどのようになるとお考えでしょうか?
原発、TPPの影響、憲法はどのように変わり国民はどのような生活になっているか、については特に興味があります。それ以外にもビジョンがあればお願いします。


68. 2016年11月05日 21:54:13 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[43]
>>66 さん
仰る通りだと思います。私が特に頷いたのは次の記述でした。
>民進党を外して選挙を戦えと言う意味ではありません。民進党に変われと言っているのです。
>そして、当然選挙は、一緒に戦うのです。野党がバラバラでは国民の信は得られませんし、マスコミも味方してくれないでしょう。

勝てる構図があるのにそれを無視するのだからこの落差は大きい。という一文で締めていることからも、民進党は国民の側に向いた選挙、おそらく政策をすり合わせ野党共闘に合併せよという投稿主の思いが伝わってくるのですが。
野党が団結し、一身に国民の期待を背負って闘う構図ができれば、メディアも援護射撃してくれるでしょう。それが自民党を敗る唯一の形だと思っています。

>民進党を外して戦っては、未来の党の二の舞です。以下の数字を予測されている人もいましたがとんでもないことです。共闘組はこの予測の十分の一の15を取れれば万々歳でしょう。
 自公維 244

 民進党 66

 共闘組 155

私が書いたこれはあり得ない予測ですよ。民進党を外して共闘した場合、仮に与党が100議席失って共闘組に全部入ったとした値ですから。実際には民進党が多くの議席を得ます。
私は民進党を含めた4野党共闘で団結して闘い、次のようになることを望んでいます。

 自公維 230

 共闘組 235


69. 一主婦[2088] iOqO5ZV3 2016年11月06日 03:02:03 : F7tEJ6j5yk : 01pqnDwnfLQ[116]
>>66. Z1MVX8XlznI さま

コメントありがとうございます。では、私の返レスを差し上げます。誤解もいくつかある様ですので、それを解くためにも、返レス差し上げます。


>田中良紹氏は、「民進党がある限り政権交代は二度と起きない」と言っていますが、「選挙に勝つ気のない蓮舫―野田体制を選んだ民進党」と本文内では説明しています。つまり民進党を外して選挙を戦えと言う意味ではありません。民進党に変われと言っているのです。

↑、そうです。ですから、田中氏と私の想いは一緒なのです。
私も、元民主党の支持者ですから、民進党に「変って」ほしくて、何年も前から2009年の原点に戻ってくれと言い続けているのです。変ってほしいと言うよりもも戻って欲しいと思って批判を続けています。そして、変る事の出来ない民進党なら、野党のジャマになるから潰れて欲しいとも思っています。今のままの民進党では、存在自体が、野党連携と政権交代のジャマになるとさえ思っています。これは、田中氏の思いと通じていると思います。

2009年に戻って欲しいと言う事は「99%の為の民進党に戻ってくれ」と言う事で、政策そのものをそっくりそのまま戻せと言う事ではありません。時間と共にその時々で、重要な政策は増えたり、消えたりしますからね。ですが、あの当時のマニフェストには、恒久的な基本の政策が沢山含まれていました。それをやらないでこの国の腐敗改善など不可能なです。例えば、特別会計や公益法人、シロアリ、その「基本的な構造改革」こそ、2009年に民主党が有権者に約束したマニフェストだったと思います。その政治姿勢の民進党に戻って欲しいと発言しています。

基本的な構造改革をせずに、この国の腐敗政治の根本的改革など望みようもないと思います。それらの基本的な政策が2009年時の民主党の原点だと思います。やはりあそこに戻ってやり直さなければいけないと思います。レンホー枝野がやらされた「事業仕分け」など、本物の改革では無く、上辺だけの改革モドキになってしまいました。ですから、根本的な腐敗は改善されないまま、腐敗が進んでしまっています。クーデター後の民主党赤子議員たちは、官僚の騙しに乗せられ、基本的な構造改革を捨て、上辺だけのモドキ改革に載せられてやらされてしまいました。
例えば「特別会計改革」を「事業仕分け」と言う改革モドキの形にされ、上辺だけの「節約」で改革をしたつもりにさせられました。


>民進党を外して戦っては、未来の党の二の舞です。以下の数字を予測されている人もいましたがとんでもないことです。共闘組はこの予測の十分の一の15を取れれば万々歳でしょう。これが現実です。

↑、ですから、勝つためには、民進党が本物の野党に変り、政策も本物の99%の政策に変わる必要があるのですね。貴方が上でおっしゃったとおり、民進党が変らなければならないのですよね。変った、民進党を混ぜて闘った方が有利になるのは当然です。だから民進党に変ってほしいと要望しているのです。ところが、民進党は、今現在も、裏切って変えてしまった1%の為の政策を掲げ続けています。そのままの民進党をそのまま加え、過去7年間戦いを続けていますから、7年間も低投票率での負け続きの結果になっています。貴方が上でおっしゃっているように、田中氏も要望して居ると言う様に、民進党が変らなければ勝てないのですね。このままの自民党二軍の政策の民進党を加えていたのでは負けるのです。民進党が変らなければ、変えなければ、野党四党共闘しても負けます。貴方がおしゃる通りだと思います。


>「一主婦」さんは2009年と同じ政策を掲げよとの意見ですが、国民はそんな耳障りの言い政策を並べてももう信用しません。やはり、当事者(現状で言えば小沢氏、菅氏、野田氏かな)が、なぜ民主党政権はうまくいかなかったのかを一緒に考え反省し、新たな政策を出す。そして、当然選挙は、一緒に戦うのです。
野党がバラバラでは国民の信は得られませんし、マスコミも味方してくれないでしょう。


↑、いいえ、そうではありません。私は「2009年とそっくりそのまま同じ政策を掲げよ、それに戻せ」と言った覚えはありません。民主党があのマニフェストで有権者に約束したメインの政策は、この国の「構造改革」をすると言うことです。国民の税金を一円残らず「国民のために使おう」とする改革でした。官僚のへそくりである「特別会計」を官僚の手から、私達の代表である国会議員の手に全て取り戻して、国民の生活と命を優先とする税金の使い方をすると言う約束でした。

その有権者への約束を裏切り、1%の為の既得権益側の政治に変えてしまった民主党。あの民主党クーデター組みの裏切り政策を、2009年時の99%の為の政治姿勢と政策に戻してほしいと言っているのです。「そっくりそのままの政策」に戻せという意味ではありません。時間の流れで、重要政策や主要政策は変っていきますから。いわゆる、裏ぎって変えてしまった現在の民進党の1%の向きの政策を、2009年時の99%の為の向きの政策と政治姿勢に戻してほしいと申しております。お分かりいただけましたでしょうか。

そして、それは、貴方がおっしゃるような「耳障りの良い政策」などではなく、この国にとって、国民にとって、とても「重要で重い政策」なのです。「耳障りの良い政策」などという軽いものでは無いのです。基本的で恒久的な政治の「構造改革」それをせずに、この国の腐敗改善などできないと言う重要政策が2009年時のマニフェストです。「耳障りの良い政策に戻れ」と言っているのではありません。その基本的恒久的な構造改革を目指していた2009年時の民主党マニフェストは、決して「耳障りの良い政策」などという軽いものでは無いと思います。


>また、小沢氏が馬鹿の一つ覚えのように「野党が共闘すれば勝てる」と主張している体制が実現しても、誰も信用しません。選挙のための野合とみなされ、バラバラで戦うよりはマシと言う程度でしょう。何よりも国民に信用してもらうことが大事です。残念ながら、私は具体的な策を持ち合わせていませんが・・・


↑、そうです。私も、貴方と同じ様に思っているのです。私は、小沢支持者ですが、今小沢氏が薦めている、野党四党連携は、政策協定がないに等しい野合連携だと私も思っています。ここ7年間の低投票率での野党共闘側の負け続きの原因は、私もそれが原因だと思っています。あの民進党の売国自民党政策と同じ政策をそのまま許し、民進党の過去の裏切りも不問に伏し、裏切ったままの姿の民進党をそのままで野党四党連携しているかぎり、投票率は上がらず勝てないと思います。

2009年時に民進党に投票して下さり、民進党を政権に付かせて下さった約三割の方がたは、民主党の裏切りによって政治不信に陥り、投票先を失い、さ迷い続け、棄権し続けています。その形での野党四党連携では、その方がたに戻っていただく事ができないと思います。ですから、私は、野党四党連携するなら、民進党を変えて、政策協定をし、政策中心で野党連携しなくては勝てないと主張しています。このままの裏切り民進党のままでの、ただただ「野党連携すれば勝てる」という小沢氏の説に疑問を感じています。四野党連携するなら、民進党を変え、政策協定すべしと主張し続けています。

ですから、その方がたを取り戻すには、民進党の改心しかないのだと、私はずっと前々から主張し続けています。「民進党の批判は自民党を利する」とか「野党連携のためなら、民進党の過去は言ってはいけない」とか「自民党を倒す事の方が先だから、民進党の批判は後」とか、はたまた「民進党を批判している自民党工作員」とまで言われながら、民進党は改心して、変らなければいけないと言い続けてきました。゛も、その形の連携では、肝心の投票率が上がらず、その方がたも戻らず、「自民党を倒すのが先」の論理も破綻してしまいます。その形では、自民党に負けますから「自民党を倒すのが先」は成り立ちません。

貴方のおっしゃるように、小沢氏が唱える、野党連携すれば勝てるも疑問に思います。ただただ野党連携だけしても、肝心要の無党派層、棄権組みが投票して下さいません。低投票率のまま、7年間も負け続けている原因は、なにも変らない民進党に有ると私も思っています。裏切って寝返った反省も無く、裏切りの総括も無き民進党。裏切って変えてしまった1%の為の政策を99%の為の政策に戻さないままの民進党。それが原因なのだと私も思い長く言い続けています。民進党に変って欲しいからです。変らない民進党を野党四党連携にそのまま混ぜても、小沢氏が唱えている「野党がまとまれば必ず勝てる」は、私も疑問視しています。支持者どころか小沢信者と揶揄されているこの私でも、その小沢氏の言説には疑問符が付いています。


>例えば、消費税です。私は、個人的には5%に戻すべきと思っていますが、10%に上げるとしたら、少なくとも小沢氏と野田氏は何故そう考えるのかを明確にしてほしいですね。たかだが、この程度の上げ幅では、害(消費が落ち込みGDPが下がる)あって、益(財政健全化に寄与する)なしとの意見も多い。それ故に現在は10%に上げられないでいる。それでも20%、30%に上げよという乱暴な意見まである(経団連など)。まあ、これくらい払えるだけの収入を得られれば反対はしないが・・・収入を増やす政策を取らず、消費税だけ毎年少しづつ上げよとは経団連もとんでもない団体だよ。やはり税の在り方を明確にすべきなんでしょう。
それもせず、消費税増税反対だけでも国民に信用されません。

↑、そうですね。消費税は逆進性の税制ですから、社会保障に不向きの税制です。外国で20%、30%の消費税だから、社会保障が充実して居る。日本も社会保障のために、それくらい上げなければ、と言う説が聞かされますが、その海外のものは、食品や、学用品、医療、など生活必需品や生活重要費用には消費税がかからないとか、低率になっていると聞きます。そしてその税収はシッカリと社会保障に還元されているそうです。

でも日本は、いくら消費税を挙げても、どこかに消え、社会保障費には回らない仕組みになっていますよね。何度も何度も消費税が上がっても、年々社会保障レベルは低下し、支払う額が増えています。私は、社会保障は消費税ではなく、一般税から優先的に宛てるものだと思います。逆進性の消費税で再配分の社会保障はオカシな不適格な制度だと思います。

ですから、ここでの消費税問題も、あの2009年時の民主党マニフェストが大切な事だったのだと気づかされます。「構造改革」により、官僚のへそくり、一般会計の4〜5倍もの特別会計を、一般会計と一緒にし、その全額を国会議員の手で、優先順位を付け、国民のためにだけ使う様にしたなら、消費税の増税などしなくても良くなるのだと思います。

どこか外国の政治学者さんが、日本の全税収を見て、こんなに税収があるなら、医療もただ、学費も大学までただ、老後の保障も手厚く、年金も今の何倍も支給出来る筈、とおっしゃっていたのを聴いた事があります。日本の消費税は低い様に宣伝されていますが、日本は、どの商品にも一律の消費税がかかっている為、本当は本質的には海外の消費税の何十パーセントにも相当するほどの高率消費税に事実上はなっているのだそうです。私達はは国に、その点でもだまされていますね。税収も重複した税収になっていて、その分もオカシな制度なのだそうですね。

車に関する税も何重にもとられてしまっているそうですから。そして、一般会計と特別会計を別々にしている国は、日本だけなのだと聞きました。やはり、その官僚が手にしている特別会計の無駄と、官僚が勝手に動かしている一般会計の5倍近いへそくりを国民側に取り戻さない事には、いくら消費税を上げても、惨めな社会保障の状態になってしまうのだと思います。

これらから見ても、やはり、2009年の時の民主党マニフェストは、素晴らしい政策だったと思います。この国の根本的な構造改革を目指す内容でしたからね。それらは「耳障りの良い政策」などとは違う「重要な内容」ぞろいのマニフェストだったと今でも私は思います。ですから、私は今でも、2009年時の民主党のマニフェストは戻して欲しいと思います。

時間の流れで、その当時重要な政策でも、現在は用済みの政策や、その当時含まれていなかった政策で、今現在必要な政策は加えたり消したりしなければ成らないのは当然だと思います。ですから、そっくりそのままの政策を戻すという意味では私は発言していません。この国の腐敗を改革する為の「構造改革のマニフェスト」の内容と、国民目線の99%の為の政治姿勢と政策は、2009年時のものに戻って欲しいと思っています。誤解は解けましたかしら?長くなり申し訳ありません。


70. 一主婦[2089] iOqO5ZV3 2016年11月06日 06:21:20 : F7tEJ6j5yk : 01pqnDwnfLQ[117]

>>67. W6tKtqvYFcE さん

あ、貴方でしたか。
私達、誰も読みたがらない長文でのやりとり、だれも読まなくなったスレットで、延々と続くお話合い。平行線になりそうですが、こういうの嫌いではありませんから、ではお付き合いしましょう。今日も、夜に強いドラキュラ生活になりそうですが、たっぷりすぎるお昼寝が原因です。夜の方が雑用が無く、考える事には適していますからね。では、行きます。

>民進党に対する批判、これは世間の何割かの人々に共通した思いでしょうね。これが政治から人々を遠ざけ、低い投票率を生み出しているという指摘は頷けるものです。

↑、民進党に対する人々の拒否感は相当大だと思いますよ。貴方は「何割」かとおっしゃっていますが、何割どころか殆どの方がたがそうでは無いかと思います。貴女がおっしゃる「何割」かに相当するのは連合や官僚組織の方がたの民進党支持の割合の数字だと思います。あの政策では低投票率が続く事も当然と思います。民進党批判や、野田・レンホウ、民進党執行部に対する毛嫌いも当然の事だと思います。やらかした事が、それ相当の悪の実績がありますから、これも当然の結果ですね。


>さて、いくつか伝わっていない部分があると思えますので、説明させてください。まず最初に、これは説明が悪かったと反省した所です。
Aクリーンで国民の側に立つ政権を樹立すること
これは一主婦さんが主張する形を指したものです。つまり民進党抜きで、市民連合や3野党共闘組が国民のために立つ候補だけで選挙戦を闘い、クリーンな政権を樹立するということです。一方、
@この独裁政権を止めること
これは私の主張ですね。民進党を加えた4野党共闘で政権を取ることです。
一主婦さんの仰ることを読んできた私が、民進党が政権をとればクリーンな政権になるなどと主張したら、冗談どころか挑発になってしまう(笑)

↑、あらそうですか。了解です。
でも、野党四党連携の事は、>>66のZ1MVX8XlznIさま宛にも書きましたが、その方のおっしゃる様に民進党を野党連携に加えるならば「民進党が変らなければならない」と言う事です。変った民進党の野党四党連携ならば、投票率も上がり勝てると思っていますが、今のままの裏切り民進党のままでの政策での野党四党連携では、返って民進党が加わる事によって負ける確率が高くなる。それは今までの戦いで実証済みと言う事です。


>現在はそうですね。ただ、野党共闘に加わることになれば、今のまま変わらないでは無理でしょう。大筋で各党の合意が出されます。例えば原発即時廃止や安保法制の見直し、改憲反対などに民進党が寄らなければ共闘はないでしょう。この辺りは民進党に大幅譲歩してほしいと思っています。

↑、変れますかね。レンほうが新潟知事選に応援にいった事で、連合に頭を下げる
ような民進党ですよ。原発再稼動さえ反対できない民進党です。クーデター後の民進党を見ていると、変れるとはとても思えませんし、確信も持てません。今までがそうでした。これからも変らないのでは無いでしょうか。実際に変ったなら、信用してあげますし、投票も考えてあげます。変らないうちは、投票は出来ません。

変れるなら、もっと以前に変わっていなければいけないと思います。7年間も変らずのままです。変わるという妄想に近い夢はとても持てません。今まで民進党を変えようと発言してきた私でさえ、もう無理とあきらめてしまいました。今では、変らない民進党は、消えて欲しいと思う様になりました。今のままの民進党が加わる事で、余計に負け戦になってしまっている様に思います。投票率が上がらない原因にもなっています。野党連携もしないし、共産党とは組まないし、野党連合政府も組むつもりは無いと言う拒絶発言もしています。これ、つい最近の発言ですよ。


>今の民進党をそのまま共闘に加えるべきだと述べているのではないのです。むしろ、大きく変貌した民進党となってこそ4野党共闘が成り立つと見ています。だから、支持政党を失った人もある程度帰ってくると述べていたのです。

↑、あら、なんか巧い具合に話が変っていますね。スポンさんの丁寧版さま。
スポンさんの「民進党は何も悪くない」「野田はなにも悪くない」「野田ほど純粋で素晴らしい政治家はいない」と言う考え方に大賛同なさっていて、あなた自身の多くの過去発言でも、スポンさんの主張とほぼ同じ内容の貴方が、今回大きく軟化をなさっていますね。いつからそういう風に変ったのですか?「民進党は何も悪くない、変わる必要など何もない、今のままの民進党を加えてや党連携すべし」と言う主張が中心だったはず。

あぁ、でも、良かったです。その様に大きく変られたのでしたら、こちらの想いと貴方の想いはそう変わり無くなりました。そうですか?民進党が大きく変わるのを野党四連携の必須条件にすると言う風に大きく変ったのですね?驚きましたね。いつの間にそういう大きな変り方をなさったのか不思議ですが、それなら何も、ここでバトルをしなくても良くなりましたね。めでたしめでたしです。


>果たして、自民党より良い政治になるのか?
間違いなく良くなります。野党共闘で政権を取った場合、総理大臣は民進党から出るかもしれませんが、閣僚は各党から選出されるので、独裁できるわけはないでしょう。心配なさらずとも野田幹事長グループの思いのままなどできませんよ。


↑、間違いなく良くなるの「間違いなく」は、どうでしょうかね。連合に支配され、官僚に支配され、アメリカに隷属姿勢の民進党では、誰もが認める民進党の既得権益側に属するマリオネット政党の姿ですから。貴方が「間違い無く」と言い切っても、信じる人は少ないと思います。それだけの確信的要素が、民進党には何もありませんからね。無理ですね。そして、民進党から総理では、尚更信じられません。

野党連合を組めば、民進党は独裁は出来ないとおっしゃっていますが、先の民進党のクーデターは、社民、小沢党、亀井党、などの複数の連携的政権でした。それにもかかわらず、亀井氏や、小沢氏、福島氏の提言など少しも聞かず、アメリカ、官僚、連合、財界の言う事しか聴かず、民主党の独裁だったではありませんか?小沢氏の言う事も、亀井氏の言う事も、福島さんの言う事も、まるで聴かずに、アメリカ、官僚、財界、マスコミ、連合の既得権益をバックにして、そちらの言う事に追従し、独裁的政治になったではありませんか。ですから、あなたのその発言は信用できません。

何しろ、裏切りのシッカリとした先例がありますから、貴方の「間違い無く」と言う確信的言葉はとても信じられません。「心配なさらず」ともおっしゃっていますが、私は、心配しますし、信じられません。民進党が、先の裏切り政策を、有権者に謝罪し、反省の弁を述べ、裏切って変えた政策を戻し、既得権益からの繰り糸を切った上での事なら、信じましょう。何もしないのに「間違いなく」の弁では信じる事が出来ません。

その裏切りを総括の上での連携なら信じても良いと思います。そして、その上で、クーデターで、この退廃政治を成してしまった政治家は責任を執って、今の民進党の執行部全員が後ろにさがり、そのクーデターと冤罪により、当然総理大臣の席に就くはずだった小沢氏を、首相の座につけるべきです。民進党のクーデターにより、首相の座目前での小沢氏の失脚だったのですから。それを差し置いて、民進党から首相を出すなんてゴメンこおむりたいですね。民進党からでは無く、共産党さんからの首相なら賛同できますが、民進党は駄目だと思っています。先例の実績がありますから。民進党の首相はお断りです。ろくな事になりません。


>上の議席は現時点のものです。100議席は私の推測です。70議席云々は某新聞の記事です。選挙区で以前野党候補が割れていた所において自民党候補が当選していた区域に、もし次点、次々点で落選した候補が一本化されたとして票を足すと自民党候補の票数を上回る所が70あるという単純計算です。もっとも、顔ぶれは変わりますし次もそうなるとは限らないのですが、自民党候補が票数において断トツではないことは間違いありません。選挙区でそうなら比例区でも半数は増すだろうと推測したわけですね。


↑、何度も同じ事を言いますが、これは、そうなるとは限りません。ただの皮算用です。民進党が、どれだけ有権者に嫌われているのかが、スッポリと抜け落ちています。今のままの民進党を混ぜた野合連携では、貴方の計算は成り立つわけがありません。変らない民進党では、私も、私の仲間たちも、民進党候補が統一候補として立候補しても、その民進党候補には投票は出来ないと言うのが、私達の合言葉です。おそらく、無党派層、棄権組みも、今のままの民進党が野党連携だけしたとしても投票率が上がらず、今までの7年間の負けの続きの結果になると思います。

実際に、民進党が変り、99%の為の本物の政党になり、かつ、その民進党の変り具合を、多くの有権者に認められて、初めてその数字が皮算用で無くなると思います。政策を戻し謝罪したとしても、それを実際に有権者に信じてもらえて初めて、その数字が生きると思いますが、あれだけの裏切り方をしてしまった民進党を、そんなに簡単に許し、信頼して下さるかはとても難しいところだと思います。これは、貴女が決めることではなく、多くの有権者の信頼の戻り具合でしか計れない数字たと結果だと思います。貴方が確信することではありませんし出来ないはずです。


>というか、100議席移った場合の数字がこれです。皮算用かもしれませんが、これさえダメなら自民党政権がさらに4年続くということが確定していますね。一主婦さんが民進党抜きで野党連立政権ができると言うのであれば、↓こうなるということですよ?できそうですか?
自公維 199
民進党 66
共闘組 200


↑これも、皮算用です。なにしろ、勝敗は,民進党の改心と、有権者の民進党への信頼回復度にかかっている事です。それにより、2009年時に民進党に投票した約3割の方がたが、民進党を許し、尚且つ信頼回復し、投票していただけるかにかかっています。貴女が、いくら精密に机上の皮算用の計算をしても、その方がたの民進党に対する信頼回復に対する度合いを計算できるわけがありません。そんな簡単に、裏切りの清算と信頼回復を考えていたなら、その計算は大きく外れる結果になると思います。その有権者の民進党に対する許容度、信頼度は民進党擁護一色の貴方の計算式とは相容れないものと思います。大きく剥離すると思います。


>棄権させているのは民進党だという見方はできるかもしれません。しかし、野党票を分断してきたのが民進党だというのは違うと思います。民進党には支持者がいます。その人たちは民進党が良いと思って投票しているのです。例えば共産党支持者も同じです。双方とも分断したわけでも分断させられているのでもありません。本来なら自分が良いと思う候補、政党に投票すればいいと私は思います。ただ今回だけはそれではダメだと言っているのです。私は民進党支持者でもないですし、野田幹事長を応援しているわけでもありません。今回だけは目をつぶって野党一丸となって闘う必要があると申し上げているのです。


↑、それは、貴方のご意見ですね。ても、約三割の棄権者、この方がたは、2009年時には民進党に投票してくださった方がたです。その方がたが、今までの、民進党への「鼻つまみ投票」を容認し、投票して下さっているなら、その貴方の論も成り立ちますが、あなたの考えが、その全ての方がたの想いや考えに重なると想ってはいけないのでは無いでしょうか。それに賛同するもしないも、有権者の判断に任されています。貴女が良いと想っても、多くの方がたがそう想わないかもしれません。「だから、今回だけは眼をつぶって」などと言う、有権者に対する甘えや、考え方の強要は、功を奏しません。今までも、散々鼻つまみイヤイヤ投票の民主党への投票運動を続けてきたではありませんか。結果は負け続きですよね。

2009年の民進党の政権交代は、イヤイヤ鼻つまみ投票で果たしたものでしたでしょうか?違いますよね。民進党の、マニフェスト、その中身と的を射た、政治の構造改革の内容に有権者の多くが賛同し夢を託して、自らの意思で、こぞって民主党に投票したのです。その中の約三割の方がたが、自民党にも投票できず、民進党には大きく裏切られ、投票先を失い、棄権し続けています。その方がたは、貴方のように考えていないからこそ、7年間も棄権し続けているのです。

ですから、何度も言っていますように「眼をつぶって」とか「鼻をつまんで」とか「今度だけは嫌でも民進党へ」は、その方がたには通用しません。その方がたに投票していただき、戻っていただくには、2009年時の民主党の様に、本当に99%の国民のための政策と政治姿勢を示して差し上げなければ、その方がたは動かないと思います。「今度だけは眼をつぶって民進党へ」は貴方には通じても、多くの棄権している有権者には通じません。心から賛同出来る政治姿勢と、政策、信頼できる候補者をたててこそ、それが可能なのです。今のままの民進党ではとても無理だと思います。


>ひとつ一主婦さんに意見をお伺いしてみたいことがあります。
もしあと4年、自民党公明党連立政権が続いたら、日本はどのようになるとお考えでしょうか?原発、TPPの影響、憲法はどのように変わり国民はどのような生活になっているか、については特に興味があります。それ以外にもビジョンがあればお願いします。


↑、それは、最悪の結果になります。明らかな事です。
あと四年なんておっしゃらずに、民進党が変れば今すぐにでも自民党を倒せます。それが出来るなら、7年前にとっくに自民党を倒せていました。民進党が、クーデター後、延々と野党第一党を装って「自民党二軍」「第二自民党」と言う形でのアメリカ様の望む形での2大政党制のミッションを延々と実行してきた結果がこの追い詰められてしまった日本の姿です。民進党の裏切りと民進党の第二自民党化、自民党と同じ政治姿勢と政策がこの最悪の結果を招いているのです。

そこで貴女が挙げた「原発再稼動」も電気労連のバックで当選させてもらっている民進党は、再稼動の容認に走ってしまって「反対」を言えません。TPPもそうです。もともと民進党の菅直人が「平成の改革」と謳って、自民党も足踏みしていたTPPをあっさり決めてしまいました。今尚、TPP反対をはっきり唱えられずに、山の井のズルズル容認になっています。憲法問題も、本当に反対では無いのです。自民党の憲法草案に対案と称して、少しだけ自民案に異議申し立てをする振りの、自民党追従が民進党の本心だと聞きました。まさにその様想ですね。

だってどちらを政権に付かせても、アメリカ様の言うとおりの2大政党制の定着が、この国の2大政党制の政権交代の姿のミッションなのだそうですから。貴方の「イヤイヤ眼をつぶって民進党に投票」の意味も、アメリカ様の望んでいる、自公と民進中心の政権交代なのです。どちらが政権を担当しても良いように、民進党の政策は、自民党と同じ政策を掲げているわけです。誠にめでたいこの国の2大政党制ですね。

7年前から、民進党の政策を変えずに「鼻つまみ投票を強いる」この国の2大政党制の政権交代のミッション。民進党が、自民党とは違う99%の為の政策を掲げて、国民のための政党に戻ったなら、もうとっくに7年前に政権交代が出来ていたはずです。ところが民進党は国民7年間もそれをやらずに、アメリカ様の望む形での政権交代を目指しています。貴女が盛んに発言している、民進党を許し、そのままの形で野党四党連携させて「今度だけは眼をつぶり」の形や「鼻をつまんでイヤイヤ民進党に投票」のスローガンは、アメリカ様のミッションと同じです。アメリカは、どちらに変えても良いような政権交代を日本に対して画策しています。


それでは、最後に貴方からの質問に答えます。↓です。すごく簡単明瞭なシンプルな事です。なぜこれが出来ないのか?やはり、アメリカからのミッションなのですかね。私の答え↓です。


民進党!初心に戻りなさい!連合や、財務省、既得権益のマリオネットの糸を切りなさい!本物の野党におなりなさい!裏切りを総括し、有権者に謝罪し、有権者への信頼回復を諮りなさい!野党第一党のクセに、自民党とまるで同じ方向の1%のため政策を修正しなさい!クーデターで失脚させた、当然首相になるはずだった小沢氏を首相の座に請うて就任して頂き、そこからの再スタートを切りなさい!


以上↑の政権交代への私の秘策です。これが、この国を救う為の、民進党がとるべき唯一の姿と形と成功への道だと思います。
長くなりました。申し訳ありませんね。


71. 2016年11月06日 11:17:00 : fq2LET9Crc : Z1MVX8XlznI[205]
一主婦さん
66です。レスありがとう。
あなたの考え(民進党は大きく変われ、でなければ消えてほしい)はよく分かりました。

民進党に大きく変わってほしいと言う想いは同じですが、それは現実的ではないと言うのが私の考えです。そこで、まず少しづつ変わるためにも「選挙協力を!」です。そのために最低限の基本的な政策は合意して欲しい訳です。(ここではここまでにしておきます)

田中良紹氏も、まずはきちっと選挙協力できる体制に変われという意見だと思う。

もう一つ言えば、次の選挙で政権交代とは考えていません。まずは与野党が緊張感をもって議論できるくらいに民進党も含めた野党側には議席を増やして欲しいということです。
いきなり変えようとしてもまた潰されるだけです。まずは安倍政権に好き勝手させないぐらいの勝利で十分なのです。

今は、何をやっても大丈夫とばかりにとんでもない政策を実行に移そうとしています。
一例を挙げれば年金の削減です。現役世代は増えると嘘八百を並べてごり押ししようとしていますが、与野党伯仲すればこんな法案は出せません。



72. 2016年11月07日 22:48:35 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[44]
>>70
一主婦さん、こんばんは丁寧版です。69のコメントを拝見し>>70の回答をいただき、私は何かストンと腑に落ちたました。投票率を下げる棄権層と、その思いを代表する一主婦さんのお考えが飲み込めたと思います。いつも丁寧にご返答くださったことに、まず感謝の気持ちです。

私はスポンのポンさんが罵倒されているのが不思議でした。野田幹事長への批判も豚呼ばわりであったり、裏切り者だと言うばかりで建設的な意見に乏しいと思えたのです。過去に細かいやり取りがあったのかは存じませんが、ここの掲示板には賢い人が多いはずで、ならなぜ今どうすべきかを話し合わないのかと思わされました。野田氏や民進党にどうすれば動いてもらえるのか、動かないならどうすればいいのかという意見です。闇雲に批判するだけでは時間の無駄ですし、何よりその様な野党支持者の分断こそ、本来の敵である自民党を利するだけなのは明白です。この指摘を行なっていたスポン氏に私は同意できたのです。

過去の批判もあって然るべきですが、大事なのは今後のことです。そのために一旦過去のことを脇に置いて考えようと言いました。決して過去の行いを無視していいとは思いませんよ。今、野田幹事長は共産党抜きでの共闘などと言っているようです。全く論外であり、政権を取るためには全野党で連携する必要があることを理解していない発言です。私は「民進党は何も悪くない、変わる必要など何もない、今のままの民進党を加えて野党連携すべし」などとは一言も申しておりません。むしろ野田元首相は茶番解散をしたと私は言っていますし、消費税やTPPなど私は大反対でしたので、変えて欲しい所を民進党HPで訴えるべきだと主張しています。共闘に参加せよ、新潟知事選で明確な結果が出たように反原発に舵を切ってくれ、などと言うようにです。

この先4野党共闘が成立すれば、当然大筋の政策では共通したものができたということです。その政策で合意した政党が一団となって闘うので応援してください、というのが共闘なのですから、それには民進党が今掲げる政策をかなり変えねば実現しません。小沢ー野田会談の今後が注目されます。

4野党共闘となれば与党が選挙区で70議席失うという試算はおかしいというご指摘でした。これからその検証をしてみるつもりです。衆院選は政権選択ですから、現政権に不満をもつ層が一本化された野党に投票すれば、それぐらいの逆転はあってもおかしくないと鵜呑みにしていました。一本化と、さらにどの程度投票率が上がれば自公政権が転覆するか、2014年の衆院選を見てみます。


73. 2016年11月08日 12:26:52 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[811]
一主婦さん,スポンの丁寧版さん,あと一人の方(すみません,お名前がわかりません)

本当に,皆さん,長い文章を書きますね。最後まで読み通すのが大変ですよ。またあまり長すぎると,要点を途中で見失ってしまうこともあります。
え? 私は読まなくてもいいって?
まあ,そういわず,お仲間に入れてよね。

まず,今やドラキュラになってしまった

* 一 主 婦 さ ん *

私の方は,一主婦さんとは違って,簡潔に書くね。

財源の問題では,おおざっぱに言えば,
・自民党:消費税
・民進党:消費税
・共産・社民:大企業・富裕層への課税強化
・自由党:特別会計の廃止
というところだと思う。2009年の民主党のマニフェストでも,特別会計の廃止(と,ここまではっきりとした言葉を使ったかどうかは忘れたが,大まかにはそういうこと)だと思う。

特別会計が400兆円あって,それが官僚のお財布に入るなんて,そんなことを信じているの?そんなわけがないだろう。
400兆円の中には会計間の重複が多いし,また年金や国債償還費のように手の付けられないものもある。年金がこの中に入っているということは,一主婦さんのお財布にも入っているのだよ。
ま,そういったものを引いて言ったら,400兆円の多くはなくなってしまう。
本当にそんなに多くが官僚のお財布に入っているのなら,共産や社民が追及しないはずはないだろう。

特別会計が日本だけ,というのは正しくない。これほど種類が多く,透明度が低いのは日本だけ,と言えば当たっているだろう。
透明度が低いため私のような素人にははっきりとしたことはわからないが,もちろん特別会計に改善の余地はあるだろう。だけど特別会計だけにこの国の問題があるとは思わない。やはり富裕層への課税強化は必要だと思う。

なお,特別会計とは,歳入・歳出とも範囲が限定されるもののことで,限定されないのが一般会計だね。私は,ものによっては特別会計にする方がいいものもあると思うよ。例えば年金。国民が納めた年金保険料を軍事費に使うことが原理的には可能,というのはおかしいでしょう。
独立行政法人も同じだね。一つ一つ調べて,役に立つものと役に立たないものを見分ける必要がある。一括で全部廃止,なんて無茶は言わないでね。

以上は,民主党の2009年のマニフェストと自由党の政策の不十分さを指摘したつもり。


さて,こういった話をしていて感じるのは,この国における対立軸を,
・官 対 民  と見るか,
・資本家 対 労働者  と見るか,ということだね。
前者の見方は,維新の党などの新自由主義勢力
後者の見方は,共産党などの左翼勢力。
自由党は,その辺が中途半端だと思う。
最近一主婦さんは,よく,1%と99%という言い方をする。それはいいと思うよ。でもその中身を見たときに,
・1%というのは官僚「だけ」で構成されるのか
・経団連はどっちなのだ
・あまり偉くない一般職の公務員は,どっちなのだ。
こう聞いたら,多分一主婦さんは,
・1%には官僚だけではなく経団連も入る。偉くない公務員は99%の方だ。
と答えると思うけど,そうかな?
つまり時代劇でいえば,悪代官だけではなく越後屋も悪い。そしてその両者の(つまり官僚と財界の)癒着が問題なのだ。

私が,前に,官僚「だけ」を悪者にしたら,新自由主義にからめとられる,と言った真意は,この辺のことだ。
確かに天下りー渡りを繰り返す官僚は,いっぱい報酬をもらっているけど,実を言うと大企業の役員ほどではない。そして本当に収入で大きいのは,役員報酬よりも,株の配当・売買益の方だ。世の中の大金持ちの中に,官僚というのは実はあんまりいないんだよね。
なんでも民営化したらいいというのもではない。民営化したら利益至上主義になる。それでどこまで十分な住民サービスができるか,疑問だ。最近ではツタヤ図書館の例もあったね。
要は,この国を変革するにしても,新自由主義には反対しないといけないということ。
2009年に民主党に投票した人のうち,多くはその後の選挙で棄権したと一主婦さんは言ったが,実を言えば,1/3は民主党にとどまり,1/3は棄権し,1/3は維新に流れた。私はこの維新は危険な勢力とみている。東京都知事の小池百合子が橋下徹と連携するという噂もあって,大勢力になりかねない。私は危機感を持っている。

だから重要なことは,この国,というか全世界みんな同じようなものだけど,真の対立軸を見失ってはならないこと。公務員たたきはウケルけど,それでは本当の敵を見失っていると思う。

なお,一部の特権官僚の腐敗は,どちらにせよ防がなければならない。これは別スレでも引用しておいたけど,レーニンが「国家と革命」の中で,こんなことを言っている。一主婦さんもこれには共感しない?
http://www.asyura2.com/16/senkyo215/msg/554.html#c29

(引用はじめ)
例外なくすべての公務員が、完全な選挙制となり、いつでも解任できるものになること、彼らの俸給を「労働者なみの賃金」へ引き下げること――これらの簡単で「自明な」民主主義的な方策は、労働者と農民の大多数との利害を完全に一致させつつ、同時に資本主義から社会主義に導くかけ橋となる。これらの方策は、国家的・純政治的社会改造にかんするものではあるが、しかし、もちろん、それは「収奪者の収奪」の実現または準備と関連して、すなわち生産手段の資本主義的私有の社会的所有への移行と関連してはじめて、その意味と重要性とを完全にもつようになる。
(引用終わり)

こんな理想を掲げたソ連が,レーニンの死後,スターリン時代になって,官僚の支配する独裁国家になったのは,何とも皮肉なことだね。

最後に言っておくけど,私の血液にはコレステロールや中性脂肪・血糖が多いので,吸わないようにしてね。


*スポンの丁寧版さん*

>4野党共闘となれば与党が選挙区で70議席失うという試算はおかしいというご指摘でした。これからその検証をしてみるつもりです。衆院選は政権選択ですから、現政権に不満をもつ層が一本化された野党に投票すれば、それぐらいの逆転はあってもおかしくないと鵜呑みにしていました。一本化と、さらにどの程度投票率が上がれば自公政権が転覆するか、2014年の衆院選を見てみます。

期待しています。ぜひ検証結果を見てみないです。
2014年の衆議院選をもとに予測を立てるとしたら,注意しないといけないのは,維新の得票をどう評価するかです。その後維新は分裂したので,維新→民進という動きが起こったと思います。これがどの程度のものであるか,先日の参議院選での,民進党と維新の党の比例区の得票数比から,2014年の衆議院選との差を算出するという方法もあります。


74. 2016年11月08日 12:31:25 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[812]
失礼,>>73の下から五票目

×見てみないです。→○見てみたいです。


75. 2016年11月08日 12:32:33 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[813]
また>>74で間違えた。
×五票目→○五行目


76. 2016年11月08日 22:20:35 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[45]
一主婦さんこんばんは、丁寧版です。
2014年の衆院選のデータを見てみました。参照したのは↓ここです。数字はお嫌いかもしれませんが客観的事実ですからご覧になってみるのもいいかと…。
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2014/kaihyou/ya01.html
・各選挙区で自民党候補の得票率 対 民主共産社民生活の党候補得票率合計(共闘組)を比較
・旧維新で現民進党議員は民主党所属として扱った

【結果1…自民党が54議席を失う】(公明党は4議席を失う)

54の地区で共闘組の方が自民党の得票率を上回ります。なんだ70に程遠いではないかと私は思いました。と同時に、計算している過程でかなり接戦となる地区が多いことにも気付きました。例えば北海道5区は自民党50.9%に対して共闘組は49.1%とその差1.8ポイントです。このように接戦区、5ポイント差以内の選挙区がいくつあるかを調べると

【結果2…接戦区は31】(自民党得票率ー共闘組得票率<5.0の選挙区)

野党共闘が国民の支持を受け、メディアが無視せず社会に報知してくれるなら、これらの接戦区をかなり共闘組が奪うのではないかという気がします。各選挙区の細かい情勢などは全く分かりませんが、その辺りまで考慮して70議席という数字がはじき出されたのだろうと推測します。

私は4野党共闘が実現し盛り上がれば、逆転区と接戦区の合計85議席全部、野党が取ると思います。なぜなら、一主婦さんが仰るところの民進党に対する失望者、いわゆる野党に期待できず棄権していた層の一定数が投票に向かうだろうと予測されるからです。
この時の投票率の全国平均は52.66%でした。およそ半数が棄権しています。この棄権者のたった10人に1人(実際は0.6人で十分)が共闘組に投票するだけで、自民党候補の5ポイントリードはひっくり返るのです。投票率56%辺りがその拮抗ラインであり、それ以上伸びれば確実に逆転です。新潟知事選で自民党支持者が対立候補に投票し始めています。現政権への反発から自民党支持者の票が共闘組に流れる事も勘案すれば、56%という投票率はおそらく野党確勝の数字でしょう。

小選挙区定数295:比例区定数180 ≒ 5:3 です。小さな差が顕著に現れる小選挙区ほど比例区では影響が如実に出て来ないと言われますから、選挙区で85議席得るとしても比例区では51(85×3÷5)までは無理で40程度?の回復でしょうか。ここもいかに4野党共闘が盛り上がるかに掛かっていると思います。

小沢代表が民進党を含めて野党共闘すれば政権を取れると考えるのも、それが全く夢物語や絵空事ではないからですね。私は2014衆院選の結果を見て、それを改めて実感しました。
政権奪還の条件は、4野党共闘+投票率56% と推定できます。

データ
【逆転区】(自民党候補得票率<共闘組候補得票率)
東京1区3区6区14区18区19区21区22区、千葉8区9区、茨城1区、宮城1区、青森1区、北海道2区3区4区7区9区、秋田1区3区、山形2区、福島1区5区、群馬1区、埼玉1区3区4区7区10区14区、神奈川12区、静岡3区、愛知1区4区8区9区、長野2区4区、新潟1区2区4区、石川3区、滋賀1区2区、京都3区4区、大阪11区、香川1区、岡山2区、福岡1区9区10区、長崎1区、熊本1区。以上54区

*公明党候補当選区でその得票率<共闘組得票率となった所
北海道10区、神奈川6区、大阪16区、兵庫2区。以上4区

【接戦区】(自民党候補得票率ー共闘組候補得票率<5.0)
東京5区8区9区16区20区23区、千葉6区13区、茨城6区、岩手2区、青森3区、北海道5区11区、埼玉8区15区、神奈川1区10区14区、愛知6区14区、岐阜4区、石川1区、滋賀4区、大阪12区、徳島1区、愛媛3区、広島2区3区、岡山4区、福岡2区、長崎4区。以上31区


77. 2016年11月08日 23:15:56 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[46]
>>73
はじめまして。私の2014年衆院選を振り返った計算結果を上に挙げました。旧維新候補は、民進党と日本維新の会に分裂しておりますので、旧維新でかつ現在民進党議員のみ旧民主党候補とし野党共闘組票数に加えました。現維新は与党側と見ています。

結果は
【結果1…自民党が54議席を失う】(加えて公明党は4議席を失う)
【結果2…接戦区は31】(自民党得票率ー共闘組得票率<5.0の選挙区)
小選挙区で自民党は85議席失う可能性を秘めています。

先日10/24、下村博文幹事長代行が、自民党は選挙区で86議席勝てない可能性に言及しています。野党共闘となれば、これが現実になるのではないでしょうか。比例区については各政党の正確な支持率が残っていなければ計算できないと思いますので、やっておりません。当てずっぽうで40?と言っているだけです。4野党共闘で与党が110議席以上失うと政権を奪うことができます。


78. 2016年11月08日 23:26:39 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[47]
>>73
>維新→民進という動きが起こったと思います。これがどの程度のものであるか,先日の参議院選での,民進党と維新の党の比例区の得票数比から,2014年の衆議院選との差を算出するという方法もあります。

今おっしゃっていることの意味がわかりました。確かにそうして旧維新への票が民進党へどれだけ流れるか推定することができますね。参考になりました。ありがとうございます。


79. 2016年11月09日 07:51:35 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[815]
>>76 >>77 >>78
野党統一候補の得票が,野党4党の支持票の合計よりも多くなる,相乗効果という現象があります。
先日の参議院選について,以下のしんぶん赤旗の記事で分析されています。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-07-13/2016071301_02_1.html

結果は,32の一人区にうち28の区で相乗効果があり,平均すると120%とのこと。
だから,同じ効果が衆議院選でも生まれるとして,2014年の衆議院選挙での野党候補の合計票数をすべて2割増しして計算するのもいいかもしれません。これならもっと多くの選挙区で勝てるでしょう。


なお,2014年衆議院選の選挙結果としては,総務省のまとめた以下のものもあります。
http://www.soumu.go.jp/main_content/000328867.pdf

数字がいっぱい並んでおり,一主婦さんに見せたらニンニクや十字架よりも効果があるかもしれません(笑)。


80. 一主婦[2090] iOqO5ZV3 2016年11月09日 10:18:21 : 1Kw9HRFHJI : 8nTxYn3v8SQ[1]
>>73. LKXRYf922A さん

おはよう。
今日は早起きしました。昨夜は11時に就寝しましたから。
毎夜、ドラキュラ生活では体が持ちませんからね。ドラキュラさんも確か満月の夜しか、ドラキュラにならないのでしたよね。私もそのくらいの頻度のドラキュラ生活にならなくっちゃね。老体に悪いですから。では、返レス差し上げます。

>財源の問題では,おおざっぱに言えば,
・自民党:消費税
・民進党:消費税
・共産・社民:大企業・富裕層への課税強化
・自由党:特別会計の廃止


↑、この分け方よりも、やはり、この国の根本的な税金の使い方の構造改革はしなければならないと思います。例えば、共産党さんの大企業や富裕層の課税強化も大切ですけれど、やはり、そこから集めた税の使い道だって、不透明な使い方の構造があってはいけない事だと思います。そして、一般会計の何倍にもなる予算が、「官僚機構の闇金庫」の中で出し入れされて居ると言う「仕組み」はやはりおかしいと思います。国会議員の手に、一般会計も、特別会計も取り戻して始めて正常な税の使い方と成ります。

国会議員でさえ、その特別会計の詳細がつかめ無いと言う構造は本当にオカシスギマス。やはりここはしっかりと「構造改革」によって、透明化すべき事だと思います。海外も日本の様に官僚だけが知っている闇金庫など無いと言うことですから、これは日本だけがおかしいのです。おかしい事をそのままに、いくら増税しても無駄だと思います。これは、何党はどうこうで、と分類するのではなく「全国会議員」対「官僚組織」との戦いなのです。

ですから、あの2009年時の民主党政権交替時のマニフェストの要は、税金の使い方に対する「税の構造改革」が要でした。それは大変な仕事でしたから、小沢氏は、それを見込んで民主党だけでは成し遂げられない大仕事と言う事で、自民党の福田氏に連携の話を持ち込んだのです。自民党、民進党、その他各党に分けて考えていては成し遂げられない大仕事である事を小沢氏はご存知だったからです。全国会議員の手に、シロアリ官僚の闇金庫を取り戻すと言う大きな戦いなのですから、自民党とも手を組んでなし遂げる大仕事だったのです。


>特別会計が400兆円あって,それが官僚のお財布に入るなんて,そんなことを信じているの?そんなわけがないだろう。400兆円の中には会計間の重複が多いし,また年金や国債償還費のように手の付けられないものもある。年金がこの中に入っているということは,一主婦さんのお財布にも入っているのだよ。ま,そういったものを引いて言ったら,400兆円の多くはなくなってしまう。本当にそんなに多くが官僚のお財布に入っているのなら,共産や社民が追及しないはずはないだろう。


↑、あらら、官僚のお友達を発揮しちゃっていますね。貴方が、いくらそんな事をおっしゃって特別会計とも官僚組織の闇を正当化かなさろうとしても、無理でございますよ。世間一般、世界の経済・政治学者様方も、日本の特別会計と官僚組織の関係は異常だとおっしやゃっているのですから。そして、議員活動が長く中枢で政治を執ってきた議員方、小沢氏も、亀井氏も、自民党元議員の塩川氏も、刺殺されてしまった石井氏も、その特別会計の不正を見抜いていたのですから。問題が無いとは言わせません。


>特別会計が日本だけ,というのは正しくない。これほど種類が多く,透明度が低いのは日本だけ,と言えば当たっているだろう。透明度が低いため私のような素人にははっきりとしたことはわからないが,もちろん特別会計に改善の余地はあるだろう。だけど特別会計だけにこの国の問題があるとは思わない。やはり富裕層への課税強化は必要だと思う。


↑、特別会計が、日本のように官僚に独占され、闇金庫の中で不透明に出し入れされ、一体どうなっているのかが国民や、国会議員にさえ知らされずに、やみ会計になっている国は、日本だけらしいですよ。ですから、塩川氏も「母屋でおかゆを食しているのに、別館では毎日スキヤキ三昧」とおっしゃって問題視なさったのです。小沢氏も、亀井氏も、故石井氏もその改革を目指していたのです。共産党さんは、マカ不思議な事に、この辺りに全然手をつけようとなさらない事をとても不可思議に思っています。や・は・り・・・と言う事でしょうか?ナンか疑いが濃くなってきてしまっています。困ったわ。


>なお,特別会計とは,歳入・歳出とも範囲が限定されるもののことで,限定されないのが一般会計だね。私は,ものによっては特別会計にする方がいいものもあると思うよ。例えば年金。国民が納めた年金保険料を軍事費に使うことが原理的には可能,というのはおかしいでしょう。独立行政法人も同じだね。一つ一つ調べて,役に立つものと役に立たないものを見分ける必要がある。一括で全部廃止,なんて無茶は言わないでね。


↑、ほらほら、話をあらぬ方向へ誘導していますよ。特別会計の個別の事を言っているのではありません。「これば妥当なもので、これは無駄」と言う風な方向へもっていかないでくださいね。それは、まさしく、民主党の枝野とレンホーが、官僚に騙されて「事業仕分け」に持っていかれて「税の構造改革」と言う本命を反らされてしまった、あの手の騙しと同じですよ。

特別会計の一括全廃?誰がそんなこと言ったの?駄目よ、そんな騙し手を使っては。特別会計の全廃では無く、特別会計を官僚の闇金庫から、国会議員の手に取り戻す事を言っているのですよ。「税の構造改革」とは、「特別会計を、国民の代表である国会議員の手元に官僚の闇金庫を取り戻し、一般会計と特別会計も合わせて、国会議員の手で、国会で優先順位を決めて国民に税のサービスを配分する」と言うのが、この「税の構造改革」の要で本筋なのです。あなた、特別会計の闇や不正をご存知の上で、わざと誤魔化している様にしか思えません。やはり「官僚様のお友だちの共産党さん」の噂は本当なのかな?と、疑ってしまいますよ。


>さて,こういった話をしていて感じるのは,この国における対立軸を,
・官 対 民  と見るか,
・資本家 対 労働者  と見るか,ということだね。
前者の見方は,維新の党などの新自由主義勢力
後者の見方は,共産党などの左翼勢力。
自由党は,その辺が中途半端だと思う。

↑、これも、おかしな分け方ですね。
特別会計などは「官対民」その他、たいていの政策は「官対民」になっていますよね。そして、労働の社会では「資本家対労働者」の対立になっていますね。これを別々に分けたらおかしい事になると思います。国民にとって、どちらも対立軸になっているはずです。どちらも改革改善すべき事なのです。そして、これは、新自由主義、共産主義に分けて考えることでもないと思います。国民にとっては、どちらも対立する、解決しなければ成らない問題なのですから、どちらか一方では無いと思います。


>最近一主婦さんは,よく,1%と99%という言い方をする。それはいいと思うよ。でもその中身を見たときに,
・1%というのは官僚「だけ」で構成されるのか
・経団連はどっちなのだ
・あまり偉くない一般職の公務員は,どっちなのだ。
こう聞いたら,多分一主婦さんは,
・1%には官僚だけではなく経団連も入る。偉くない公務員は99%の方だ。
と答えると思うけど,そうかな?
つまり時代劇でいえば,悪代官だけではなく越後屋も悪い。そしてその両者の(つまり官僚と財界の)癒着が問題なのだ。


↑、これも、一種のはぐらかしだと思います。1%とは、貴方がおっしゃる富裕層、財界、それから官僚組織、これらは間違いなく入ります。その他の、一般国民は99%です。官僚組織は間違いなく構造改革しなければならない組織ですし、越後屋もそうです。悪いもの同士の癒着ももちろん問題です。ですから、どちらも、改革が必要なのは当たり前です。強者だけの為の政治になってしまっていますから、これは改革改善化が必要です。官僚が良くて、越後屋が悪いではありません。どちらも改革の対象です。ですが、特別会計の闇金庫に関しては、官僚組織が主要な組織ですから、そこを改革すると言うのは、順序として妥当な事だと思います。


>私が,前に,官僚「だけ」を悪者にしたら,新自由主義にからめとられる,と言った真意は,この辺のことだ。確かに天下りー渡りを繰り返す官僚は,いっぱい報酬をもらっているけど,実を言うと大企業の役員ほどではない。そして本当に収入で大きいのは,役員報酬よりも,株の配当・売買益の方だ。世の中の大金持ちの中に,官僚というのは実はあんまりいないんだよね。なんでも民営化したらいいというのもではない。民営化したら利益至上主義になる。それでどこまで十分な住民
サービスができるか,疑問だ。最近ではツタヤ図書館の例もあったね。要は,この国を変革するにしても,新自由主義には反対しないといけないということ。


↑、これも、こちらで特別会計や、官僚組織改革を論じている人々は、私も含めて「官僚だけ」悪いといっていません。先ず、税金の特別会計の闇金庫は、官僚組織が握っていますから、そこ(官僚組織)を改革しなければならないと言っているのです。そして、そこに企業との癒着もあるなら、そこにも手を入れなければ当然構造改革になりません。「だけ」とは誰も思っていないはずです。

特別会計からは、アメリカやその他の外国にも流されている闇血税が大量にあるとも聞いています。それなら「企業の癒着」のほかに「海外、特にアメリカ」に流れている血税も、問題視せざるを得ないと思います。誰も「ダケ」とは思っていないと思います。特別会計の闇を改革すると言う事は、握っているのが「官僚」ですから、官僚組織を改革せずに、方々の癒着の流れも見えてこないと思います。ですから「ダケ」とは言っていません。貴方は短絡誤解過ぎます。


>2009年に民主党に投票した人のうち,多くはその後の選挙で棄権したと一主婦さんは言ったが,実を言えば,1/3は民主党にとどまり,1/3は棄権し,1/3は維新に流れた。私はこの維新は危険な勢力とみている。東京都知事の小池百合子が橋下徹と連携するという噂もあって,大勢力になりかねない。私は危機感を持っている。

↑、小池さんと橋元さんと野田・菅・民進党クーデター裏切り組みは、甲乙つけがたい政治家だと思っています。民進党を許せるなら、自民党も、小池氏、橋元氏も許せなくてはいけないのでは無いでしょうか。私は、許せませんので、変らない限り、改心しない限り、政策を99%の為の政策に戻さない限り、民進党には投票しません。投票して欲しいなら、それらを変える事ですね。簡単明瞭な事です。そして、裏切った議員は、後ろにさがって中枢にいない事が必須条件です。


>だから重要なことは,この国,というか全世界みんな同じようなものだけど,真の対立軸を見失ってはならないこと。公務員たたきはウケルけど,それでは本当の敵を見失っていると思う。


↑、この特別会計を巡る「官僚機構改革」は「官僚たたき」などと言う、軽いものでは無いのです。この国の中枢を蝕んでいる悪弊、病巣です。ですから、ここに手を入れない限り、富裕層や、大企業・財閥にいくら増税しても無駄な事になります。だって税の使い方に不正があるのですから。ここの穴を埋めないで、いくら富裕層や庶民から税を搾りとっても、今までのようにアメリカに流れ、シロアリに流れてしまいます。これでは、税の適正な使い方が出来ません。「公務員たたきはウケル?」なんと言う軽いご発言かと思います。ガッカリです。


>なお,一部の特権官僚の腐敗は,どちらにせよ防がなければならない。これは別スレでも引用しておいたけど,レーニンが「国家と革命」の中で,こんなことを言っている。一主婦さんもこれには共感しない?
http://www.asyura2.com/16/senkyo215/msg/554.html#c29
(引用はじめ)
例外なくすべての公務員が、完全な選挙制となり、いつでも解任できるものになること、彼らの俸給を「労働者なみの賃金」へ引き下げること――これらの簡単で「自明な」民主主義的な方策は、労働者と農民の大多数との利害を完全に一致させつつ、同時に資本主義から社会主義に導くかけ橋となる。これらの方策は、国家的・純政治的社会改造にかんするものではあるが、しかし、もちろん、それは「収奪者の収奪」の実現または準備と関連して、すなわち生産手段の資本主義的私有の社会的所有への移行と関連してはじめて、その意味と重要性とを完全にもつようになる。
(引用終わり)
こんな理想を掲げたソ連が,レーニンの死後,スターリン時代になって,官僚の支配する独裁国家になったのは,何とも皮肉なことだね。


↑、これは、賛同します。スターリンさんが、その理論を曲げてしまったのですね。でも、これと、特別会計とシロアリ改革とは別物です。どちらもやらなければならない改革です。


>最後に言っておくけど,私の血液にはコレステロールや中性脂肪・血糖が多いので,吸わないようにしてね。


↑、あれれ、このコメントで、貴方の体型が分かっちゃいました。スマートで、数字に強く、知的で細かい事に拘る神経質な「元イケ面」を想像していましたけれど、真反対の様相の人だったかな?血液も超マズソウ。そんな血液要らないわ。
他のイケ面の血を探す事にするわ。じゃあね。


81. 一主婦[2091] iOqO5ZV3 2016年11月09日 11:33:04 : 1Kw9HRFHJI : 8nTxYn3v8SQ[2]
>>76. W6tKtqvYFcE[45]

スポンさんの丁寧版さん、こんにちは。
なんか、貴方とのお話は、いつまでも堂々巡りの様相ですね。
もう、堂々巡りにピリオドを打ちたいと思います。
ここで、もう一度、はっきりと、私の考えを書きます。

・民進党が今のままで、第二自民党の政策を掲げている限り、投票はしません。

・民進党が反省し、政策や政治姿勢を99%の国民側の政策変えたなら、投票は考えます。

・変らない民進党では、政権交代しても、自民党と同じ政治になりますから、私は、その様な民進党の議員には、例え野党統一候補でも、政策や政治姿勢が変らない限り投票は致しません。・・・以上です。もう堂々巡りは止めましょうね。


では、貴方のコメントへの返レスも差し上げます。
あらあら、獲らぬ狸の皮算用、相変わらず熱心になさっているようですね。
今までも、散々「野党協力」するのだから、大差で勝てるはず。という皮算用を何度も見せられて、負け続きでしたから、もう見たくも無いと言うのが本心です。
北海道5区の選挙でもそうでしたね。空けてみれば、前回のその地区の選挙より投票率も下がり、前回よりも差が付いた負け方でしたね。

野党連合の応援や、シールズの応援、芸能人の応援まで入り、華々しく応援しても、野党協力しても、前回の選挙よりも投票率が低く、負け具合も差があった。
聞くところによると、野田ブーさんが応援に入った事がイケナカッタとか、民進党が主になった選挙戦だったからいけなかったとか、はたまた、恒例の不正選挙(私は不正選挙はあるとも無いとも判断できかねています)に原因を求めたりと、ナンかもうそんな皮算用の浮かれ方、飽きちゃいました。

そんなのいくら、詳細に計算しても、当の有権者が、どれだけ現在の民進党を「信頼」出来るかで決まるのだと思います。いくら野党四党が連携したとしても、野党第一党の民進党が「自民党二軍の政策」ぞろいを掲げていたのでは、おそらく、今まで民進党に帰ってこなかった人々は、おいそれとは帰ってこないはずです。今まで通りの負けが続くと思います。負けたくなかったら、野党連携以前の問題として、政策や政治姿勢を変えて、改心し、本物の野党に変る事です。官僚や、財界、連合のマリオネットの糸を切るって、国民の想いを政策に反映させる事です。それしかありません。それをしたなら勝利の確実な数字が割り出せます。

2009年時に、民進党に投票した有権者は、あの国民寄りの99%の為の政策ぞろいのマニフェストと,この国の根本的な病巣「特別会計・シロアリ」改革を「心から期待して投票した」のですから。そして、民進党を離れた理由も「そのマニフェストを裏切り捨て」てしまった事にあるのです、まるで方向違いの180度も方向違いの、自民党と同じ1%の為の政策に変えてしまったからなのです。その政策は、今なお掲げ続けています。改心も、改修もせずに、裏切ったままで、野党連携しています。それでは、今まで以上の投票率や、当選は望めないと思います。ですから、残念ですが、貴方が出した数字は、今まで以上に当てが外れてしまうと予想します。何しろあの野田が幹事長ですから、増えるわけがありません。

先日、私に、勝つ為の秘訣を貴方に聴かれました。その私の応えも、今回と同じ内容でした。お読みいただけましたか?感想が何も無く、他に話を持って行って、皮算用ばかりのコメントですけれど?その皮算用は私は根興味ありません。なぜかと言うと、今の民進党のままでの政権交代は希望していないからです。とんでもないと思っています。これは以前から私がずっと想っている考え方で、ずっと変っていませんし、これからも変えるつもりはありません。政策が自分の希望する政策と180度も違う候補に投票することは出来ません。

例え、安倍を倒す為と言うスローガンの選挙であってもです。安倍を倒す為には、安部政権が掲げている政策が嫌なわけですから、その同じ売国政策を掲げ続けている民進党に投票など出来るわけがありません。投票して欲しいなら、安倍政権とは違う国民のための政治姿勢と政策を掲げるのが筋です。自民党と同じ政策の民進党が、野党連携しようとしまいと、その政治姿勢と政策では民進党には投票できません。その政策の議員は、自民党であれ、維新であれ、民進党であれ、一人といえども国会に送りたくありません。

やはり、民進党は、裏切りの総括と謝罪の上で、裏切って180度変えてしまった1%の為の自民党と同じ政策を、2009年時の様な、国民に寄り添う99%の為の政策に変える必要があります。自民党が嫌な有権者が、自民党と同じ1%の為の政策を掲げている自民党二軍に投票したいと思うはずがありません。ごく一部の鼻つまみ投票容認派の投票だけだと思います。この状態が7年間続いています。民進党は、党の態度と政策を変えない限り、この状態は続くと思います。このままの民進党は、存在する事自体が悪です。このスレットでの田中良紹氏のおっしゃるとおり「民進党がある限り政権交代は二度と起きない」と、私も思います。

以上、私の率直な意見です。もう、堂々巡りは終わりにしましょう。私も、ここのスレットだけに止まっていられませんので。他のスレットでもお話し合いをしたいですから。

追伸。
獲らぬ狸の皮算用は、上でコメントなさっている、共産党支持者の LKXRYf922A さんが、とても得意でお好きです。どうぞお二人で、思う存分、皮算用をおやり下さい。

私はそんな事に全然興味有りません。政策協定なしの野党四党連携に反対ですし、変らないままの第二自民党の民進党では、統一候補になっても投票は致しません。そして、変らないままの民進党中心の野党連合政府にも反対です。変らないままの民進党を政権交代で政権に付かせる事にも反対です。ましてや、野田とか官とか、岡田、などクーデター裏切り組みが仕切る民進党は期待していません。悪しからず。堂々巡りが嫌ですから、あえてはっきりと否定させていただきました。


82. 2016年11月09日 14:42:45 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[816]
一主婦さん

イケメンじゃなくて悪かったね。
でもおかげで,一主婦さんに血を吸われなくて済みそうだ。
「野田ブタ」といったら,「お前もね」と言い返されそうだ。昔はスリムだったのだが年を取りにしたがっておなかが出てきたんだね。
でも私は,あんなにたるんだ顔はしていない。ウエストのサイズは言わない。普通の人より1桁多いなんて,秘密だよ。


では恒例の揚げ足取り,続けるよ。

まず,満月の夜? それは狼男だろう。ドラキュラは,夜はいつだってOKのはず。

次に,400兆円の特別会計の話ね,共産党は次のように言っているので見ておいてね。
「特別会計改革」 どう考える?
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-03-16/20060316faq12_01_0.html
一部引用
また、特別会計の総額が単純に合計すると400兆円以上の巨額であることから、「特別会計は一般会計の5倍もある。これを改革すれば何十兆円もの財源が生まれる」というような議論が一部にありますが、これは正確ではありません。特別会計には大幅な重複計算などがあり、実際の「純計額」はずっと小さいからです。
(引用終わり)

対立構図は,官 対 民 ではない。
官の中の特権官僚(悪代官)と,民の中の1%の富裕層(越後屋)が癒着して悪事を働いているのだ。


では,スポンの丁寧版さんと仲良くし,捕らぬ狸の皮算用をするかな。こういうのはシミュレーションとは言わない,趣味レーションという,ということは認めます。


83. 2016年11月09日 23:02:43 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[49]
一主婦さん、長い間ありがとうございました。
私は自民党政権を倒すことが第一目標であり、一主婦さんは真に国民の声を反映する政権擁立を主眼に論を述べておられましたから、堂々巡りから抜け出せませんでしたね。

一主婦さんに、私は勝つための秘策を尋ねたのではなく、「自民党政権があと4年続けば国民の生活は具体的にどのようなものになっているか」というビジョンをお伺いしました。その応えは最悪のものでしょうという抽象的な一言でしたので、コメントしようがなかっただけなのです。

皮算用と決めつける数字はお嫌いなのだろうと思っていましたから、これに対し論理的な批判はされないと予測していました。関心がないのですから仕方ありません。一主婦さんの強みは民主党の行った過去の事実、現在の民進党の姿勢を鋭く指摘する点であろうかと思います。同時にその目を自民党の政策にも向けているなら、自民党政権が継続した場合の国民生活に現れる影響もまたクリアに提示してくださるのではと期待して質問しました。

私は4野党共闘が実現しなかった場合を危惧しており、そうなった時には民進党に投票するのではなく野党共闘側に票を投じるだろうと述べました。民進党の支持者ではない私に、一方的に民進党の批判を投げられても、変わってほしいですねとしか言いようがないではありませんか。民進党のHPに意見を言う事も拒否し、ただ変わらないからダメだという一点張りで何かを変えることができるでしょうか。いや、できないからこそ批判し続けることに固執するしかないのだと映ります。それは建設的でしょうか。
しかし、民進党に嫌悪感を抱く人の意見として参考になったことも事実です。

政治は有権者が変えていくものだと思います。私たち一人ひとりが声を上げ続けることで良い方向に変わっていくでしょう。たとえ場末の掲示板で批判に固執していようと、それが全く無意味ではないとも思います。ただ、見る人はもう少し柔軟な意見をも期待しているのではないか、そんな気がします。
私は勉強させていただきましたので、感謝しております。ひとまずレスは結構ですので、他のスレに集中なさってください。


84. 2016年11月09日 23:08:46 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[50]
>>79
レスありがとうございます。赤旗のリンクも読ませていただきました。

>結果は,32の一人区にうち28の区で相乗効果があり,平均すると120%とのこと。

これは存じませんでしたのでありがたい情報です。当然こういった共闘効果を分析しているからこそ、共産党はじめ野党は共闘に意欲的なのでしょう。数字を皮算用と断言する思考が私には理解不能です。
平均120%の票が上積みされるなら、85議席という数字は非常に現実的なものとなります。ただし、これは平均値です。171%の伸びを示した所がある反面、76%と減少している所があります。つまり、単純な足し算にさえならない区があるという現実が浮き彫りになりました。貴殿の提示してくださったこの赤旗データにより、一歩踏み込んだ考察が可能になります。本当に感謝申し上げます。

「4野党の比例得票に対する統一候補の得票割合」これを、統一候補を擁立した場合、前回同一選挙区における野党候補(民主共産社民生活)の得票率単純合算に対し、実際の統一候補が得る票数の割合がどれ位になるかの目安とします。例えば候補者に魅力が欠けていたり、明確な争点がなければ、単純合算で100得る所、蓋を開ければ76しかなかったという区が実際にあったわけです。

「4野党の比例得票に対する統一候補の得票割合」データから、それが100%を超えたのは32地区のうち28地区でした。ということは、私が
【結果1…自民党が54議席を失う】とした内のいくつかは逆転ならずの結果になります。
例えば、東京22区は自民党候補得票率46%に対し野党共闘のそれは46.1%です。ここで野党共闘候補が勝つ期待値は、28/32=0.875です。これを54地区全てで算出し、その期待値の合計から何議席獲得できるか計算してみます。少々お待ちください。

同様に、得票率5ポイント以内の接戦区31についても、提示されたデータでは120%を超えたのは32地区のうち23地区でしたから、それぞれの期待値を算出してみます。また、10ポイント以内にあった選挙区まで手を伸ばし、そこでどれだけ逆転可能かも探ってみます。以上のことを行えば、もう少し現実に近似する数値が得られると思います。

総務省のデータは私も見たのですが、都道府県ごとの大雑把な数値です。欲しい情報は出さない(笑)
獲らぬ狸の皮算用も楽しみたいですよね。これで政権を取れる見込みがないのなら、別の手段を探すなど戦略を考えないといけません。何が足りないのかとか。


85. 2016年11月10日 22:56:31 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[51]
獲らぬ狸の皮算用
次の衆院選で4野党共闘が実現したとき自民党が失う議席を推定してみます。次の事は前提として考えます。
・4野党共闘によって、今年の参院選一人区における状況が全国的に再現されること
・比例区における4野党の票数を共闘支持のダイレクトな反映とみなし、その影響を選挙区の候補者がいかに受け取るかという指標に今年の参院選一人区のデータを用いる
・与党側は2014年衆院選以上の選挙協力、与党共闘を行わない
参考 2014年衆院選の各選挙区の結果
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2014/kaihyou/ya01.html
参考 赤旗「4野党の比例得票に対する統一候補の得票割合」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-07-13/2016071301_02_1.html

【行ったこと】
まず赤旗の「4野党の比例得票に対する統一候補の得票割合」から以下の分類を作りました。
分類・得票割合・その確率(=期待値)
@ 76%以上 32/32(1.0)
A 85%以上 31/32(0.96)
B 93%以上 30/32(0.93)
C 99%以上 29/32(0.90)
D 105%以上 28/32(0.87)
E 108%以上 26/32(0.81)
F 111%以上 24/32(0.75)
G 113%以上 20/32(0.62)
H 116%以上 19/32(0.59)
I 119%以上 17/32(0.53)
E 122%以上 15/32(0.46)

次に2014年衆院選の各選挙区で、自民党候補の得票率Aと4野党候補の得票率合計Bについて、A<Bの全てと、A÷B<1.2(自民党候補の票数が野党側より多いが120%を下回る僅差である所)を抜き出し、野党側が勝利するために必要な得票割合によって上記@〜Eに分類しました。


東京1区 A42.7% B48.7% A/B=0.87 …B
東京2区 A42.6% B37.1% A/B=1.14 …H
東京5区 A39.7% B38.2% A/B=1.03 …D

東京1区で野党が勝つのに必要な得票割合は87%以上であり、これはBに分類されます。野党側の得票率の方が多いのですが、Bの期待値0.93人の当選として計算します。
同様に東京2区では野党票は114%以上必要であり分類H期待値0.59人、東京5区では103%以上必要なので分類D期待値0.87人となります。
これらの期待値の合計が、自民党の失う議席数になります。

また、逆に民主党などの野党が勝った地区においても同様の検証を行い、野党側が失う議席数についても算出します。


86. 2016年11月10日 23:00:49 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[52]
【結果】
自民党は86 – 87議席を失う。(公明党が失う議席数の期待値は 3.67人でした)

・分類@(期待値1.0)
東京21区、愛知4区、新潟2区、京都3区。期待値計4.0人
・分類A(期待値0.96)
東京3区6区18区、青森1区、北海道3区4区7区9区、神奈川12区、京都4区、長崎1区。
期待値計0.96×11=10.56人
・分類B(期待値0.93)
東京1区14区19区、宮城1区、秋田1区3区、福島1区5区、群馬1区、埼玉1区4区7区10区14区、愛知8区9区、長野2区4区、新潟1区4区、滋賀1区、大阪11区、福岡9区。
期待値計0.93×23=21.39人
・分類C(期待値0.90)
千葉8区9区、茨城1区、北海道2区、山形2区、埼玉3区、愛知1区、石川3区、滋賀2区、香川1区、岡山2区、福岡1区10区、熊本1区。
期待値計0.90×14=12.60人
・分類D(期待値0.87)
東京5区8区22区23区、千葉6区13区、岩手2区、青森3区、北海道5区、埼玉8区、神奈川14区、静岡3区、愛知14区、石川1区、広島3区、岡山4区、福岡2区。
期待値計0.87×17=14.79人
・分類E(期待値0.81)
東京9区16区、茨城6区、岐阜4区、愛媛3区、長崎4区。
期待値計0.81×6=4.86人
・分類F(期待値0.75)
東京20区、北海道11区、埼玉15区、神奈川1区10区、愛知6区15区、岐阜3区、滋賀4区、徳島1区、広島2区、大分2区。
期待値計0.75×12=9.00人
・分類G(期待値0.62)
新潟6区、三重1区、大阪12区、長崎2区。
期待値計0.62×4=2.48人
・分類H(期待値0.59)
東京2区10区、千葉3区、北海道12区、群馬2区、神奈川17区、静岡4区、高知1区2区、愛媛1区。
期待値計0.59×10=5.90人
・分類I(期待値0.53)
滋賀3区。期待値計0.53人
・分類E(期待値0.46)
宮城3区、三重5区、福岡5区。期待値計0.46×3=1.38人

以上の期待値合計は 87.49人。

民主党候補当選区において
・分類A(期待値0.96)
北海道6区8区、山梨1区、埼玉5区、神奈川16区、静岡6区、愛知7区12区、新潟3区、大分1区。
期待値計0.96×10=9.60人
・分類B(期待値0.93)
栃木2区、奈良1区、三重2区、佐賀1区。
期待値計0.93×4=3.72人

以上の期待値合計は13.32人であり、民進党14人のうち0.68人議席を失う。
よって、自民党が失う議席数は 87.49ー0.68=86.81人。

【問題点】
・下がるどころか上昇する自民党支持率 48.5%の影響
・4野党共闘を冷ややかに受け取るかもしれない。強力な争点がない
・比例区で果たしてどれだけ野党勢力が議席をとるか


87. 2016年11月11日 11:57:30 : fq2LET9Crc : Z1MVX8XlznI[212]
捕らぬ狸の皮算用と言うより単なる数字遊びと思いますが、なかなか面白いです。

マスコミや専門家と称する人の予測より案外いい線言ってるかも!


88. 石爺[39] kM6W6g 2016年11月23日 13:46:50 : U0kPh3VW2U : ixOBgKbS3_c[22]
スポンのポン様

返事が遅くなり申し訳ありませんでした。

スポンのポン様が普段主張されている事柄には賛同できることが多いのですが、
野田豚さんのことと民晋党支持については承服しかねます。

知り合いの記者に聞いたところ、野田豚さんとアヘン王子はお友達だそうです。
立ち上げ当初の民主党は支持できましたが、鳩山さん以降は自民党のために働いた
人たちが支配している状態になったと思っています。



89. 2016年11月30日 21:28:43 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[91]
石爺さん、レスありがとうございます。まさかここにレスが付いているとは思っておりませんでしたので、こちらこそ気付くのが遅くなり申し訳ありません。

石爺さんが仰ることは良くわかります。国会はよくプロレスに喩えられますが、私は劇団に喩えて話すことがあります。議員は互いにライバルですが、必ずしも敵同士ではありませんね。

たしかに現在までの野田幹事長の発言からは、国民のために自民党から政権を奪い返すことの重要性を認識できていないように感じます。一体あなたは誰のために政治家を志したのかと、聞いてみたい気さえしますね。
その一方で、遅々として捗らないようには見えますが、野党共闘の話し合いに加わってくれています。共闘への合意が成立するのであれば、それは国民の利益に結びつくでしょう。

私は、国会議員は利用する道具に過ぎないと思います。彼らの多くは劇団国会に属するメンバーの行動規範に沿って活動します。まず国民の抵抗がないことに関しては支援団体や既得権益側の指示通りに動いておけばいい。国民の声が強く批判の的になりそうな時に、初めてどう行動するかを自身の利益を考えながら判断しています。

そのことを踏まえ私たちは票の按配を考えるべきでしょう。突き詰めれば、政治家個人の人徳や清廉な志を持っているかなど考えても無駄ということです。悪役でさえいかに利用できるかを考えるべきで、野田幹事長個人の事情や業績に目を奪われず、全体における力関係のバランスが国民の多数派に利益となるよう選挙によって調整できれば良いわけです。

今は自民党から政権を奪い、国民に利益を誘導してくれる議員に勝たせる時だということは石爺さんも同じだと思います。野党共闘によって連立政権を樹立させ、向こうに寄っている議員にもこちら側のための政治をせざるを得ない状況を作り出せば国民の勝ちです。これを実現させるためには、今回は民進党を利用するしかありません。わかってはいても黙って応援するしたたかさが私たちに必要なのではないでしょうか。

ちなみに旧民主党で失政を行なったと批判の強い菅氏と野田氏。おそらく世間では野田氏の方に批判的な人が多いでしょう。しかし解散後の2012衆院選で、菅氏は選挙区落選後、比例区でギリギリ復活という警告処分?にあったものの、野田氏は選挙区圧勝という高評価?でした。この評価は明らかに観客が出したものではなく、プロデューサーによるものでしょう。はっきり言って政治や選挙など茶番以外の何物でもないですよ。

民進党の幹事長に野田氏を据えた意図は、民進党に勢いづけたくはないからです。もう一回だけ自民党を勝たせるシナリオがあるのでしょう。自民党がやり残していることは憲法改正です。
それをわかった上で私たち有権者がどう行動するかという判断になります。

信用できない野田氏を連立政権の一角に置くリスクと、自民党にあと4年政権を委ねるリスクの大きさを較べてみます。自然な成り行きに任せれば、シナリオ通りになるでしょう。
だから私は敢えて、旧民主党や野田氏の事に目を瞑って発言しています。
まとまりなくダラダラと書きましたが、石爺さんにはご理解いただけると確信しております。


90. 一主婦[2103] iOqO5ZV3 2016年11月30日 23:38:57 : 1Kw9HRFHJI : 8nTxYn3v8SQ[14]
石爺様は、スポンさんに宛てて書かれています。
あらぁ、スポンさんとスポンさんの丁寧版さん、一人二役の使いこなし、混乱しちゃったようですね。もしかして、何役もこなしていらっしゃるとか?お疲れ様ですね。


石爺様のコメントに同意します。
民主党が真に国民派の政党だったのは、鳩山政権まででしたね。
その後の、菅直人政権で180度向きが変わって、野田政権でパワーアップし、安倍政権に手渡しました。その後の安倍政権は、それを次々に実行し爆走しました。民進党の裏切りさえなかったら、この、現在のこの国の危機はなかったと思います。安倍暴走政権を生み出した菅政権、野田政権は、歴史的に重要な民主党の政権交代を、最悪のモノに変えてしまった最悪の政権担当不適切せいけんでした。この国の歴史に残る最悪の道への転換点になったと思います。


その自覚も反省も修正もないままに、野党になった途端に正義ヅラをし、安倍政権に(反対しているふりを)しているだけの民進党は卑怯すぎます。こんな、自覚も責任感もないチャランポラン政権のままでは、とても投票などできません。支持も出来ません。支持して欲しいなら、元の国民派の政党、鳩山政権時代の99%の為の民進党に戻す事です。簡単な事です。数年前の国民派の政治姿勢に戻す事です。それもしないで支持しない国民バカなどと抜かして恥じない上から目線では、ごくごく一部の有権者にしか支持されずに今まで通りの程投票率での自民党勝ち抜けになります。自民党を勝たせ続けている元凶は、何を隠そう今の民進党のあり方そのものなのです。


民進党をそのままにして、変えさせないままに投票する事は、民進党を甘やかし、結局はその事で本物の政権交代を閉ざし、国民救済を成さぬ政権交代になると思います。本当に国民救済の為の政権交代にする為には、その民進党の政治姿勢の修正と、クーデター組の責任による後退が必須です。ただ政権交代するだけでは、この国の救済のための政権交代にはならないと思います。この国の救済には、あの民進党の政治姿勢では何の救済にもなりません。

民進党は、連合の傀儡、アメリカの奴隷、官僚のマリオネット、財界の仲間のままの民進党では政権を託しても自民党路線の継続になります。政権担当能力と経験が不足している分、自民党よりも稚拙で繰りやすい危険な政権になる事は濃厚です。先の菅直人政権、野田政権で実証済みです。あの小泉でさえ、断ったというTPPを、「平成の開国」などと言って、その土俵に踏み込む事を決めてしまった様な赤子政権のままでは、とても危なくって政権など託せません。そういう意味では自民党よりも危険になってしまう恐れがあります。


民進党に政権を託すには、最低限先の政権担当どきの総括と責任、責任者の後退(交代)が必要だと思います。その上で、小沢氏や志位氏、亀井氏、福島氏、植草氏、小林氏など、有能な各分野の人材を適材適所に取り込まなければ赤子政党のままでは、とても危険すぎて、安倍政権を倒すだけの目的だけでは政権交代の意味も国民救済の意味も達成できないと思います。


91. 2016年12月01日 12:17:57 : fq2LET9Crc : Z1MVX8XlznI[257]
一主婦様

以前にも議論した記憶があるのですが、民主党政権当初の方向性で政策を
と言っても、もう国民は信用しないと思います。また、できもしないこいい加減なことをと言う訳です。
マスコミや自民党の財源論(財源はあるの?)に、民主党政権は答えられなかったからです。

行政改革も重要テーマですが、官僚に自分達にマイナスとなる施策を実行せよと言っても力が出るはずがありません。自公政権が強行採決しようとしている年金カット法案では公務員の年金(共済年金)はどうなっているのか私は強い関心があります。同じようにカットされるとしても厚生年金ほどには下がらない仕掛けがきっと組み込まれていると思います。でなければ、あんなに懸命に頑張るはずがありません。詳しいことは知りませんが・・・

天下りの問題もしかりです。天下り廃止なんかされたら俺たちの未来はどうなるんだ。ふざけるな。と内心みんな思ったことでしょう。
だから、馬鹿真面目に本気でやろうとした鳩山さんは潰されてしまったのです。小沢さんはもっともっと手ごわいので総理にすら成れませんでした。

つまり、官僚にやる気を起こさせなければ何事も実行できないと言う訳です。

菅内閣は全く評価できませんが、そのあたりの事情を考慮して、菅さんは不本意ながら方向変換して、少しづつ改革する道を選んだとみています。それゆえ、「小沢さん、少し静かに」と発言したのです。

残念ながら、途中からは官僚の言いなりになってしまったようですが。

一主婦さんは到底同意できないようですが、私は民進党、共産党を含めた野党が勝てば少しづつ改革が進んでいくと思っています。それ以外に政権交代は不可能です。民進党が分裂すれば別ですがメリットがないのでありえません。

民進党をはずした野党共闘では未来の党の失敗の二の舞です。

野党4党が揃っても、民主党政権当初の政策では国民は信用しません。もちろん第二自民党では自民党には勝てません。

自公以外の4党が結束して、少しづつ改革していくことが重要なんです。蓮舫代表や野田幹事長を変えてもそんなに変わりません。彼らに少しづつ変わってもらうしかないのです。


92. 2016年12月01日 20:55:52 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[93]
>>90

>石爺様は、スポンさんに宛てて書かれています。

ハッ⁉ たしかに(恥) 失礼しました。ご指摘ありがとうございます。
でも私はスポンさんとは別人ですし、何役もこなしたりはしていませんよ。誓って私は私一人です。
だいいち、この89の野田評をスポンさんが書いたら驚きです(笑)
「一体誰のために政治家を志したのか」って、見つかったら私は叱られると思います。

ということで、石爺さん >>89 は私の独り言と思って聞き流してください。


一主婦さん、別スレのツイッターでの安倍内閣支持率調査ご覧になりましたか。
https://t.co/6LuDtQ1oTv

支持率 5.0%
不支持率 92.6%✨

誰でしょうね、支持率60%とか。盛り過ぎを通り越して犯罪ですよ。
メディアが戦時中嘘八百の報道をしていた罪を忘れ、再びやっています。

ひとまず事実の一端を明らかにした、私たちには嬉しい調査結果ですね。


93. 2016年12月01日 21:23:11 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[94]
>>91 さんへ

非常に現実的かつ聡明な意見だと思います。全く同意です。


94. 2016年12月01日 21:53:14 : fq2LET9Crc : Z1MVX8XlznI[258]
91です。

93さんへ
賛同ありがとう。
少し言い忘れたことがあるので追加します。

新潟知事選挙では勝ったではないかと反論されるといけないので分かり切ったことを言います。

新潟知事選挙では、民進党は候補を立てずに自由投票にしました。次の総選挙でも、そのようになれば一主婦さんの言うようにあるいは勝てるかもしれません。
でも現実には民進党は候補者を立てます。田中さんが民進党がある限り政権交代はないと言われているのはこのことでしょう。

つまり政権交代を起こすには、民進党がなくなるか(新潟知事選のように候補者を立てない)、民進党を含めた4党の協力を実現するしかないのです。


95. 一主婦[2104] iOqO5ZV3 2016年12月02日 00:44:18 : 1Kw9HRFHJI : 8nTxYn3v8SQ[15]
>>91. Z1MVX8XlznI さま

>一主婦様
以前にも議論した記憶があるのですが、民主党政権当初の方向性で政策を
と言っても、もう国民は信用しないと思います。また、できもしないこいい加減なことをと言う訳です。マスコミや自民党の財源論(財源はあるの?)に、民主党政権は答えられなかったからです。


↑、上の方で議論させていただいた方ですね。
やはり、同じ方ですから同じ論調ですね。堂々巡りを避けようと一度退室したのに、私とした事が、また、入室してしまいました。この際ですから、お付き合いしましょうか。

貴方と私とは、基本的に、民進党に対する考え方が違っています。貴方とスポンさん、スポンさんの丁寧版さんの論調は同じものですね。スポンさんは乱暴に罵りながらの内容、貴方と、スポンさんの丁寧版さんは、書き方こそ丁寧ですが、やはり、スポンさんと内容は同じです。要約すれば「民進党を今のまま変えずに政権交代させる」と言う目的に尽きますね。

貴方がおっしゃる様に、民進党が初心に帰っても、元支持者が信用しないと言うのは大いに有り得る事ではありますが、今のままの民進党では余計に信頼されませんし、形だけ野党共闘したとしても、民進党への信頼が回復しないままの野党共闘では、おそらく今までの選挙結果と同じになってしまうと思います。低投票率での自公政権の勝ち抜けになるでしょう。

あなた方お二人、スポンさんも混ぜると三人に集約されるようなお考えは、その様に考える事が出来ない有権者が多いからこそ、今までの低投票率での自公政権勝ち抜け担っているのですよね。何しろ賛同されていないのです。信頼されていません。支持者が少ないのですよね。無理も無いですね。だって、その政策では自民党と同じ1%の為の民進党ですから、支持できないのは当然です。支持されるためには、有権者が望む政治姿勢と政策の政党に成る事が必須だと思います。

多くの有権者の信頼回復を図らないままでの民進党では、もはや、田中氏のおっしゃる通りにしかならないと思います。民進党は、もはや憎悪の対象になってしまっていますから、おそらく、田中良昭氏のおっしゃる様に「二度と政権交代など起きない」と私も思います。今の民進党はやはり駄目だと私は思います。なにしろ、一言で言ってしまえば「擬似野党」なのですから、そんな自民党モドキの民進党を野党共闘に混ぜる事自体が、野党のためにならないとさえ思っています。


>行政改革も重要テーマですが、官僚に自分達にマイナスとなる施策を実行せよと言っても力が出るはずがありません。自公政権が強行採決しようとしている年金カット法案では公務員の年金(共済年金)はどうなっているのか私は強い関心があります。同じようにカットされるとしても厚生年金ほどには下がらない仕掛けがきっと組み込まれていると思います。でなければ、あんなに懸命に頑張るはずがありません。詳しいことは知りませんが・・・


↑、これは、しなければならない改革です。これをしないままでの国民救済、この国の生き返りは無いと思います。官僚に無駄に使われる巨額の血税を何とかしないで、消費税増税だけしても、何の解決にもなりません。ですから、今度の政権交代には、官僚を使いこなす国会議員中心の政権交代でなければなりません。これは必須です。この必須条件をクリアしないままで、今のままの野党もどき民進党を混ぜて、ただただ野党共闘だけし、政権交代だけしても、何の解決にもならないと思います。それ以前の問題として「政権交代は起きない」と思います。この記事のタイトルに終結してしまいますね。

菅直人も、野田も官僚に使われてしまう国会議員でした。そんな議員は首脳集団に据えてはいけないのです。小沢氏や、亀井氏等のように、官僚を使いこなせる議員を首相や閣僚に据えないから民主党は、あんな体たらくになったのです。据えないどころか、民主党からことごとく追い出しました。亀井氏は、官僚組織に抵抗し、政権に付いてすぐに、中小企業リスケ法を制定させました。この法で最悪の事態を免れた中小企業の数は約50万社に及んだそうです。

この様に、官僚に抵抗し、官僚を使いこなし、成果にできる議員は存在するのに、出来ないバカ菅、野田でくの坊などを首脳に据えてしまうな民進党議員や民進党支持者がいる限り、二度と政権交代は起きないと田中氏もおっしゃっています。その通りですね。その点では、貴方にもその反省は必要ですね。民進党を甘やかすだけでは、二度と政権交代など起こせません。

反省すべきは反省させ、修正すべきは修正させるのが本物の有権者です。間違っても、その過程にある民進党批判を封じ、民進党批判は自民党を利すると言う、オカシな論調で、民進党をまともな政党にしようとしている有権者を逆批判する事は止めるべきです。批判の無いところに改善も、成長も、発展もありません。自民党を利しているのは、自民党と同じ政治姿勢や政策を掲げて、野党面をし、投票率を下げてしまっている民進党自体なのです。その様な無自覚と有権者の甘やかしです。反省しましょう。


>天下りの問題もしかりです。天下り廃止なんかされたら俺たちの未来はどうなるんだ。ふざけるな。と内心みんな思ったことでしょう。だから、馬鹿真面目に本気でやろうとした鳩山さんは潰されてしまったのです。小沢さんはもっともっと手ごわいので総理にすら成れませんでした。つまり、官僚にやる気を起こさせなければ何事も実行できないと言う訳です。菅内閣は全く評価できませんが、そのあたりの事情を考慮して、菅さんは不本意ながら方向変換して、少しづつ改革する道を選んだとみています。それゆえ、「小沢さん、少し静かに」と発言したのです。残念ながら、途中からは官僚の言いなりになってしまったようですが。


↑、これは?なに?これこそ、最初からの諦めと、官僚に最初からひれ伏し、甘やかす論理ですね。議員は、官僚にひれ伏すのではなく、官僚を使いこなす立場なのです。ですから、それが出来ない、菅直人や野田は、その役職には不適合すぎる国会議員だったのです。それが出来る国会議員をことごとく追い出していながら、なんと言う言い草なのでしょう。

菅直人は国会議員にも相応しくありません。有権者は選挙区で菅直人をめでたく落選させると言う大快挙を達成しました。残念な事に比例区で最後の一人として当選させてしまいましたが、今度の選挙では、比例区でも落選させる運動中です。乞うご期待下さい。あんな裏切り者は、国会議員には必要ありません。野田も同じくです。代わりは、市井の有能に新人がいますから、裏切り者を血税で雇って、自分たちの首を絞めるような事はしたくありません。


>一主婦さんは到底同意できないようですが、私は民進党、共産党を含めた野党が勝てば少しづつ改革が進んでいくと思っています。それ以外に政権交代は不可能です。民進党が分裂すれば別ですがメリットがないのでありえません。民進党をはずした野党共闘では未来の党の失敗の二の舞です。野党4党が揃っても、民主党政権当初の政策では国民は信用しません。もちろん第二自民党では自民党には勝てません。自公以外の4党が結束して、少しづつ改革していくことが重要なんです。蓮舫代表や野田幹事長を変えてもそんなに変わりません。彼らに少しづつ変わってもらうしかないのです


↑、そうですね、私ははっきり否定します。同意できません。
今のままの民進党での野党共闘では、田中氏もおっしゃっているように「二度と政権交代は起きない」と、私も思っています。貴方は「民進党、共産党を含めた野党が勝てば少しづつ改革が進んでいくと思っています。」とおっしゃっていますが、まず、今のままの民進党での共闘では「勝つ事が出来ない」と思います。有権者はそんなに甘くないですよ。自分の欲する政策と180度も違う政策を掲げている政党に投票は出来ないと思っているはずです。今までの選挙結果を見れば、それは実証済みです。そして、今のままの首脳陣の民進党では「改革」など進みようが無いとも思っています。だって、田中氏の書かれている↓のような民進党なのですから。改革など到底無理ですね。

※国民が何を求めているかより支援労組の言いなりになり、しかしその労組は裏で自民党とつながっていた。 しかし考えてみればそれもそのはずだ。負けるのが分かっていながら選挙をやって権力を自民党に差し上げた珍しい政治家が民進党の選挙を差配する幹事長なのだから、誰にも理解できない思考で事を進める。 自民党を震え上がらせた新潟県知事選挙を巡り、民進党の野田幹事長は蓮舫代表が応援演説に入ったことを謝罪するためわざわざ連合新潟まで足を運んだという。新潟県知事選挙の後でフーテンは「民進党が主導しなければ選挙協力はうまくいく?」というブログを書いたが、「?」をつけたのは間違いだった。 蓮舫―野田体制を選んだ民進党がなくならない限り政権交代は二度と起きない。


>そして「それ以外に政権交代は不可能です。民進党が分裂すれば別ですがメリットがないのでありえません。民進党をはずした野党共闘では未来の党の失敗の二の舞です。それ以外に政権交代は不可能です。民進党が分裂すれば別ですがメリットがないのでありえません。民進党をはずした野党共闘では未来の党の失敗の二の舞です。


↑、これも、貴方の固定観念だと思います。それ以外に無いとは言えないのでは無いかと思います。もっと、違う手で、例えば民進党を割って、自民党のトロイの木馬派と国民派に分けた方が、野党共闘としての形が本物になって、結果支持率や投票率が上がると言う事も考えられると思います。トロイの木馬がぬけて足りなくなった分は、市井の有能な候補者をどんどん立てればよい事ですし、野党統一候補として立てて、その候補者に集中投票したなら当籤させられると思います。全然、他の手だってあると思いますよ。無いと思わせて、民進党をそのまま政権交代させたいという魂胆の書き込みが多い中、違う方法だってあると言うことは主張したいと思います。

今まで散々「これしかない」でやってきて、負け続きの連続でした。もう崖から落ちる寸前になっても「これしかない」の、同じ手で負け続けるつもりなのかと思います。呆れてしまいます。此れしか無いと言う、たった一つ最後の手ならば、最低限、有権者の望んでいる政策や、政治姿勢の方向性に変える事が必須だと思います。有権者が望んでいない自民党の方向の政治姿勢に固執しながら、民進党に投票して貰えると思う図々しさ、そんな甘えた、最後の手などあり得ません。まだまだ民進党は甘えすぎています。成っていませんね民進党は!

未来の党の失敗は確かですが、同じく、ここ七年間の民進党中心の負け続きの失敗も同じく失敗ですよ。未来だけ挙げての失敗の二の舞発言は無いですね。そしたら民進党の失敗はどれだけの数の舞いになるのですか?数えてみましょうよ。未来の党の二の舞どころでは無く、7年間での選挙の数の全廃の舞いになりますね。

以上でございます。堂々巡りになりますので、これ以上の議論はご遠慮願います。


96. 一主婦[2105] iOqO5ZV3 2016年12月02日 01:18:46 : 1Kw9HRFHJI : 8nTxYn3v8SQ[16]
>>92. W6tKtqvYFcE さま

あ、堂々巡り回避のために、退室したのに、で戻ってしまいましたね。
では、簡単に、お返事いたします。


>一主婦さん、別スレのツイッターでの安倍内閣支持率調査ご覧になりましたか。
https://t.co/6LuDtQ1oTv

支持率 5.0%
不支持率 92.6%✨

あぁ、それですね。見ましたよ。
でも、ネットの調査では、いつも野党側の数字が良いですよね。
私の支持する小沢党なんて、ダントツの一位にランクアップされていた事がありまして、大いに喜びましたが、実際の結果はそうでは無く、がっかりした事が数え切れないほどあります。ですから、新聞調査も、ネット調査もあまり信用できませんね。偏りがあるのだと思います。安倍政権の数字が少ないのは嬉しい限りですが、それに代わる、野党、とりわけ民進党の中身が変らない限りは喜べません。あのままの民進党では、安倍を倒しても、国民救済にも、この国の立ち直りにも期待できませんから。

スポンさんは、毎回、安倍政権批判に励み、それでもって、民進党がまるで良い政党になった様に錯覚していらっしゃいますが、自民党の悪さを挙げても、それで民進党が良くなったり、良い政党、国民側政党にはなれないのです。自民党の悪さは国民の多くが認めている事柄です。自民党を批判する事だけで、民進党が正義の党にはなれません。

民進党自身が変われなければならないことです。まず、自民党に代わる政党になれるように、民進党自身の問題解決に努力しましょう。それをしないで、自民党批判だけで、正義のつもりになっていては、政権担当政党として不足し過ぎです。有権者の想いを汲める、正統な、正常な、野党になる事が自民党批判より大切な民進党の仕事です。

堂々巡りを避ける為、此れで、本当に退室致しますので、お返事は、ご無用です。ご遠慮下さい。また別のスレットで、別の角度で議論いたしましょう。


97. 2016年12月02日 20:21:55 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[96]
>>95 一主婦さんへ

退室されるということですが、これだけは聞いてください。返事は結構ですから。
私は一度も「民進党を今のまま変えずに政権交代させる」などとは言っていませんから、そういう決め付けはおやめください。

私は4野党共闘を推しています。それが実現するということは、政策合意が得られたということであり、民進党が他の野党にかなり歩み寄った譲歩をしたということです。これをもって私は民進党が今よりも国民寄りに変わってくれたと評価したいと考えているのです。

仮に、野田幹事長を代えなければ、あるいは政策全般や党の体質そのものを変えなければ変わったことにはならないという意見があるとしても、それは一主婦さんのものであり、人によって何を評価の対象にするかはそれぞれ異なるのです。

今のまま民進党が変わらず政策を譲らないなら、共闘は決裂に終わるでしょう。その時は、国民に背を向けたとみなし、私は民進党ではなく野党統一候補に投票すると明言しています。
ですから、私の名を挙げて、盲目な民進党支持者のような決め付けは今後遠慮願います。


98. 2016年12月02日 23:47:30 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[910]
一主婦さん

久しぶりに現れたね。
そんな長い文章を書かれては、私もとても読んでいられないよ。
簡単に、今の私の気持ちを言うね。

=============================
丁寧版さんを、この阿修羅でのオピニオンリーダーとして育て支える。
=============================

なんで私自身がやらないのかというかというと、丁寧版さんは、私にはできない発想をする人だからだ。
一主婦さんも、丁寧版さんのサポーターにならない?


99. 一主婦[2106] iOqO5ZV3 2016年12月03日 02:13:38 : 1Kw9HRFHJI : 8nTxYn3v8SQ[17]
>>98. LKXRYf922A さん

あぁ、また、困ったタイミングで誘いをかける。
退室したのにぃ。此れで三度目の出戻りになっちゃったわ。

>一主婦さん
久しぶりに現れたね。

↑、そうなのよ、ドラキュラ生活がたたって、酷い風邪を引いちゃって、夜も寝ちゃっていましたよ。ようやく復帰です。風邪の間は、私、大人しくてとても良かったでしょう?残念ながら、また、バトル始めちゃいますよ。

さて、貴方のご提案ですが、はっきりと「お断り」いたします。
そして「育てる?」なんて、上から目線はお止めなさい。
ここは、皆平等でお付き合いするところです。オピニオンリーターも必要ありません。皆平等に、それぞれの意見、それぞれ考えを出し合うところです。リーダーを作って、意見誘導してはいけないところだと思います。

そして、丁寧版さんは、スポンさんとまるきり同じ考え方の人です。オピニオンリーダーとしては特に相応しくありません。コメントは丁寧に書いてありますから、貴方スッカリ目が眩んでいますよ。内容は、スポンさんそのものです。それなのに、別スレットでは「泣きたくなった」なんて感激していますけれども。ナンカ気持ち悪かったですよ。引いちゃいました。皮肉屋の貴方らしくありませんね。

丁寧版さんは「民進党を今のまま変えずに政権交代させる」と言っていないそうですが「民進党を変えるための批判封じ」を、何度も何度も発言しています。民進党を変えるための有権者としての「民進党を批判する事は自公政権を利する」とか「民進党の過去を批判する事はよくない」と言う事もおっしゃっています。「今のままで民進党を割ったり変えたりせず」とも発言しています。

「野田擁護」もなかなか強烈です。「スポンさん擁護」も同じく強烈です。「スポンさんいじめ」をしているとまでおっしゃっています。そして、スポンさんが私を「自民党工作員」扱いを盛んにした時には「なるほどなるほど」とかおっしゃって同調しています。下に、丁寧版さんの過去レスから一部拾って見ました。↓載せますね。こんな偏った考えの人を「オピニオンリーダー」にですって!断然お断りいたします。


※スポンのポン氏は、今民進党を批判しても自民党に利するだけだと仰っています。これは間違いではない。自民党支持者は民進党のポンコツぶりを叩き、無党派層に自民党候補への投票を促しているわけですから。

※スポンのポン氏語録
・野田さんを◯△◇♡と罵るレベルの人間に政治の真実など見えるはずはない
・日頃メディアを批判しているはずの君たちがこんな小さな新聞記事を根拠に…
・野田さんを批判する記事なら針小棒大に報じるはずの他の大新聞にはなぜない
・野田さんは民意を政治に反映するという国民に対しての責任を立派に果たした

スポンのポン氏の上記語録はまことあっぱれなり。
スポンのポン氏は幾度となく仰っている。いま民進党のイメージダウンに繋がる
ような過度の批判は、意図してなかろうとも自公政権を応援するに等しい。

※とりいよしき?野田叩きをしながら高江の侮蔑発言に言及し、福島放射能汚染を憂う?もっともらしい事を並べるだけ書き散らす。元NHK…お里が知れるというものだ。野田幹事長を罵倒する記事が後を絶たない。叩き処が満載でさぞかし楽しいでしょう。ここでも叩きついでにスポン氏をも罵倒する。人として最低限のマナーはわきまえましょうよ。

※野田叩きは百害あって一利なし。

※民進党を批判している諸氏は、自民党の安倍政権が続くことを願っておられるのか?それならば私が言うことは何もないが、国民の99%を苦しめる政治しか行わない自民党から政権を剥奪したいと願う者ならば、民進党に解散せよとは絶対言わないはず。

※ダブル補選で民進党候補が敗北したのは、野田氏の責任ではないでしょう。国民の生活に直結する明確な争点がなく低投票率に終わったことが敗北の原因です。たまたまそこに野田幹事長が応援に駆けつけていただけのことです。

※ひとつ誤解があります。私は野田さんを良い政治家だと思っているわけではなく、悪い政治家なのかもわかりません。ただ、実直な方だという印象を持つに過ぎません。野田氏を必要以上に叩くなと言うのは、党のイメージを悪くし、自公政権に利すると考えるからです。

※スポンのポンさん、つまらない人間相手になんかせず、少し私と付き合ってくださいよ。

※スポンさんへ。
はい。うすうすわかっています。卑怯ないじめのごとくスポン氏を叩きますからね。孤軍奮闘していらっしゃるスポン氏との間に割って入ってやろうって魂胆です。

※スポンのポン氏が孤軍奮闘一人で相手をしておられる。
これはいじめのごときに似ていないか。そう、いじめではいじめられるやつにも悪いところはある。だが、1対多の応酬で、さぞかしつらいだろう。
せめて5対10ぐらいになるよう助け舟を出してくれる人はいませんか。

以上


100. 2016年12月03日 11:20:47 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[912]
丁寧版さん

まだ、見ていますか?

あなたの主張には、賛同できることが多いのですが、内閣支持率の世論調査についてのあなたのコメントについてだけは、賛同しません。
世論調査の結果を捏造だと主張する、選挙のたびに不正選挙だと主張する、小沢支持者(私は言わないが、小沢信者とか小沢カルトという人もいる)の主張みたいですよ。

もちろん私は世論調査にしても選挙にしても、それが完全に公正に行われているという証拠をつかんでいるわけではありません。一方で不正であるという証拠もつかんでいません。従って完全に断定することはできないのですが、
どちらもほぼ妥当であろうと直感します。

内閣支持率の数字を信じないのなら、次についてはいかがですか?
・安部内閣を支持する理由で、最も多いのは、「他に代わる人がいない」
・安部内閣を支持しない理由で最も多いのは、「政策が支持できない」
・安部内閣が進める政策に対する賛否を個別に尋ねると、反対する人の方が多い。
この世論調査の結果についても、捏造だと思いますか?

別スレの元記事に、こんなことが書いてありましたね。
「安部首相は、政策ではなく、キャラクターで支持されている」
私もそうだと思いますよ。テレビで、大嘘でも自信満々に話するのを見れば、多くの人は「頼もしい人」と思うのではないかと直感します。特にそれを感じたのは、あの東京五輪招致の場でのスピーチです。また、最近の自民党のテレビCMを見てもそう感じます。
https://www.youtube.com/watch?v=jBPZHe4V1h8
同じように、政策ではなくキャラクターで支持されている人といえば、まずは小泉元首相でしょう。その息子もそうなりそうです。他には、小池百合子、橋下徹、蓮舫など。逆にキャラクターで嫌われている人は、野田佳彦、小沢一郎など。
あるいは私が程度の低いことを書いていると思われるかもしれませんが、キャラクターで嫌われている人を頭にすれば、絶対に選挙では勝てません。残念ながらこれがこの国の民度なのです。

強力な敵を倒すために、まず必要なことは、その敵が強力であることを認めることです。敵を侮っていては絶対に勝てません。

安部政権の強さは、キャラクターによるもの以外には、「敵失」によるものもあります。これを敵失と呼んだら、怒る人もいらっしゃいそうですが、民主党が政権を担っていた時代の行いが多くの国民の不評を買ったのは紛れもない事実です。もちろん、財源がないのにバラマキを行う、というのはマスコミによる洗脳の影響が大きいです。でもそのマスコミは今でも健在です。
したがって、民主党政権はまっぴら、というわけで、自民党に消極的な支持が集まるのですね。
民進党が単独で政権を担う、と宣言しても、多くの人は支持しないでしょう。やはり野党共闘で、魅力的な政策を掲げることが必要です。単に2009年の民主党のマニフェストをそのまま出してきても、多くの人は「もうだまされないぞ」と思うでしょう。
なお、今の野党の間で、財源に関する政策では差があり、今後調整必要と思います。

一方で、ここまで書けば、安部政権の弱点も見えてきますね。それは、多くの人は安部政権の進める政策を支持していない、ということ、さらにはキャラクターが支持されているのは「嘘がうまい」ということです。その嘘を見抜き、それを拡散すること。それが必要です。



101. 2016年12月03日 13:18:29 : fq2LET9Crc : Z1MVX8XlznI[263]
自民党のCM初めて見ました。

面白いものをありがとう。

雇用や所得が上がってるのに、なぜ年金はカットされるの?
なぜ生活は楽にならないの?
前進してるのは、国民いじめではないの?

生活に密着した政策がないからです。

となどと反論したくなる。


102. 2016年12月03日 15:00:10 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[914]
一主婦さん

ごめんね、昼間にドラキュラを何回も呼び出して。

はっきりいって、一主婦さんと丁寧版さん、そしてもう一人(仮に、丁寧版2さんと言おうか)がやっていることは内ゲバだ。あるいは痴話喧嘩と言おうか。

以下を見たら、この2人とも、スポン氏の発言とはだいぶ違う。蓮舫・野田の発言ともだいぶ違う。
一主婦さんと決して相容れない、とは思えない。

丁寧版さん  >>97での発言
>今のまま民進党が変わらず政策を譲らないなら、共闘は決裂に終わるでしょう。その時は、国民に背を向けたとみなし、私は民進党ではなく野党統一候補に投票すると明言しています。

丁寧版2さん  >>94での発言
>つまり政権交代を起こすには、民進党がなくなるか(新潟知事選のように候補者を立てない)、民進党を含めた4党の協力を実現するしかないのです。


なお、私は、スポン氏と言い争いするのにも、もう飽きてしまった。
最近は真相の道を相手にしている。


103. 2016年12月03日 23:26:05 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[99]
一主婦さんへ

私をオピニオンリーダーになんてね、いくらなんでも無理ですよね(笑)


104. 2016年12月03日 23:27:42 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[100]
>>100 さんへ

こんばんは。丁寧版です。

内閣支持率の世論調査を捏造だと断じたことについて、賛同できないということでした。
そう、常識的な方、社会的に模範となるようなしっかりした方ほど、選挙の不正などまず存在しないとお考えになるはずです。内閣支持率を捏造する必要はメディアには本来ありませんし、そんなことをしようものなら現場で調査した人の内部告発が出てくるでしょう。選挙の不正も同様に、あれほど大掛かりで多数の人が関与するものに不正を施すなど、発覚しない方がおかしいと言えます。

質問にお答えします。
安倍内閣支持の最多理由「他に代わる人がいない」…捏造ではないでしょう
安倍内閣不支持の最多理由「政策が支持できない」…捏造ではないでしょう
安倍内閣の進める個別政策には不支持が多い…捏造ではないでしょう

ひとつ問題が提起されると思います。なぜ内閣支持率だけが捏造だと思うのか、です。
それは、本当の事にさり気なく嘘を織り込まれると、人は全てを真実だと判断する傾向があるからです。TPPの支持率が70%なんて言われたら嘘だろ?と全てを疑われてしまいます。ですから誰もが納得の数値をたくさん出し、その流れの中に捏造の数値を織り込むのです。
詐欺の方法ですが、高価な物を安いと思わせるために、まずたくさん安価な物を見せて安いから買いたいと思わせる手段があります。内閣支持率が高いことを信じ込ませるために、他の設問はあえて用意されているわけです。魚釣りの撒き餌と同じです。
真っさらな気持ちで個別の政策の支持率を見て、安倍首相のにこやかなお顔を思い出しつつ、さてこの内閣の支持率は何%でしょう?というクイズに答えてみてください。
もちろん60%位じゃないかと答える人がいてもおかしくありませんが。

日本人というのは疑うことを良くないことだと本来思っています。疑い深い人は、人格に問題があるか、不遇な人生を歩んだのかと思われがちですね。私は断固疑っているぞ!なんて手を挙げるのは恥ずかしいことです。しかし不正選挙をただす裁判が100件を超えて起こされているのです。よっぽどの確信があるのだろうと察してあげてください。みなさん公正な裁判を望んで、心の叫びをあげていらっしゃいます。

そして、そこまで疑わしい証拠とやらがあるのなら一度再開票してみようという判決が出ても良いと思いませんか?あるいは、開票立会人にビデオカメラを回すことを許しても良いのです。しかし上記のような判決は出ませんし、ビデオ撮影は禁止される方向になりました。
また、票読み取り機のプログラムも公開されていません。投票箱が燃やすことのできる紙製になった所もあります。米国では不正選挙が行われた裁判の証言もあります。
総務省はこれらの疑念を払拭する責任があるのですが、公正を期す手段を講じる様子が見られません。
一度不正選挙について発信しているHPを見て回ってはいかがでしょうか。貴殿は聡明なお方ですから、何か思うところが出てくるはずです。その時はぜひお考えをお聞かせください。意見交換をいたしましょう。


政策よりもキャラクターが重要だという指摘には同意します。特に一般人向けしますね。安倍首相、小泉純一郎と進次郎親子、小池さんや蓮舫さんもそうです。こうした方々は党首に選ばれています。逆に損をしているのは小沢さんや野田さんでしょう。彼らはやはり幹事長がお似合いかもしれません。あくまで一般人向けという視点でですが。

政治家は建て前上トップですが、実質的には官僚の方が政策のエキスパートで上位です。官僚は政治家の指示に従って政策を実行しなければいけないことになっていますが、実はそうしていません。官僚は各専門分野においての情報を一手に握っており、それを元に数年先の計画を立て実行しようとします。ここで政治家、つまりド素人が口を挟むわけです。そこで官僚は情報を小出しにしたり、隠したり、時にはミスリードさせるべくデータをまとめて説明し、可能な限り官僚が思い描く政策を、政治家が指示するように仕向けます。

経団連も献金する代わりに口を出します。お金を受け取ると、全く耳を貸さないというわけにはいきません。汚い金を受け取り、マズイ女に手を出し、黒い交友関係ができてしまった、という事が後になってわかり、上から降りてくる指令には逆らえなくなっていきます。そうして籠絡された議員も少なくないでしょう。

社会のピラミッドでは、国会議員が決してトップに存在しているのではなく、官僚や経済界、あるいは米国からの指令の方がはるかに上位にある構図です。私たちは選挙によって部長かせいぜい専務クラスを選任しているようなもので、実は関与できない社長やCEOが上にいる形です。従順な者を専務にするカラクリが、不正選挙です。


105. 2016年12月03日 23:59:12 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[101]
>>100 さんへ 丁寧版です

この方のインタビューはおもしろいですよ。56分とやや長いですが。
iwj.co.jp/wj/open/archives/315772


106. 2016年12月04日 07:27:21 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[918]
>>104 丁寧版さん

選挙にせよ世論調査にせよ、不正があるともないとも、確実な根拠はないので断定できません。しかし私たちは行動をする際には、どちらかを前提にせざるを得ません。選挙の際に投票に行く私は、その時には不正はないことを前提に行動していることになります。

時々、ある地域におけるある候補者の得票がゼロという、とても信じがたい結果が出ることがあります。こういう場合は、その候補者が声をあげます。私は、選管による意図しない票の数え間違いはあると思っています。でもこれは不正選挙とは別物です。

選挙が不正であるという認識が一般に広がったら、どういうことになるでしょうか。政党にとって選挙活動は何の意味もありません。一般有権者にとっては、投票行動は何の意味もありません。選挙に対する関心が薄れ、投票率はどんどん下がっていきます。政党も自らの政策を訴える努力をだんだんしなくなります。
投票率が下がった時に有利になるのは与党です。

選挙で負けた時に負けた原因を真摯に総括せず、不正選挙のせいにしているようでは、永遠に負け続けます。
いずれにせよ、不正選挙が一般に行われている、という風潮を作ることにより、得をするのは誰か、これを見定めないといけません。

さて、内閣の支持率の方ですが、私は安部政権の政策は支持していませんし、安部首相を人間として信頼もしていません。しかし彼のプレゼンテーション能力の高さは認めます。あれは専門家の指導のもと、相当訓練したのではないだろうか、とすら思います。
(時々国会での答弁で醜態を見せますが、これをどのぐらいの人が見ているのかはわかりません。)
だから高い政権支持率の数字を見せられても、特に驚きません。
敵はそれだけ強力なのだ、ということを認めた上で、それに対抗するにはどうすればいいかを考えなければいけないと思います。


107. 2016年12月04日 14:40:14 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[923]
追記
開票の透明性を高めることを要求するのは賛成します。
しかし、現在分かっているだけの情報で不正選挙と断定しそれを拡散することは、上で書いたように与党を助ける行為であり、反対します。

官僚支配を崩すには、私が>>73で引用した、レーニンの「国家と革命」の中の一文が参考になります。
「例外なくすべての公務員が、完全な選挙制となり、いつでも解任できるものになること、彼らの俸給を「労働者なみの賃金」へ引き下げること」(引用終わり)

官僚機構は確かに強固ですが、また財界による支配、アメリカによる支配も強固でが、これは永遠に崩せないものと考え諦めてはいけません。世の中は変えられます。


108. 2016年12月04日 21:51:46 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[102]
>>106 さん

丁寧版です。今日は雨でしたがクリスマスツリーが一層綺麗に輝いて見えました。
回答ありがとうございます。貴殿の意見の趣旨は次の3つにあると思います。

1. 選挙で負けた理由を、その不正にあると結論付けていては勝てない
2. 不正選挙が行われているという噂は、選挙の投票率を下げる恐れがある
3. 選挙で負けた理由を、その不正にあると結論付けていては勝てない

例えば未来の党が大敗北を喫したのは不正選挙のせいだと、証拠も提示せず言うのはうかつな行動でしょう。そうした伝聞を耳にすれば投票する意欲さえ失う人が出てきてもおかしくありません。また、選挙で負けた理由について、政策や戦略を見直して反省することが政党や議員、支持者に何より求められることです。これらの意見には頷ける所が多いです。

その事を確認した上で申し上げますが、まず私が不正選挙に言及する意図は、真実を知りたいからであり、また関心をもつ人が出てきてほしいからです。言及することにより新しい情報や考え方を求めています。不正があるなら、それを防ぐために取るべき行動についても考えたいのです。また、この問題に意見を持つなら、とことん調べて考えてくださった結果であることは前提条件として要求させてください。情報を探しもせず考えもしないで、不正選挙はあるともないとも言えないとか、そのような事を断言すべきでないと言われても困るのです。決して貴殿を責めているのではありません。一般的に調べて考える人は少数派です。そのこと自体が問題であると思っています。

1. 不正選挙と断じるには確実な証拠を欠いている
>>105 で紹介した堺市の府選では、プログラムにバックドアが仕込まれていた事が確認されており、開票中に出入りしたログが残っています。その間、30分ごとに発表される集計経過が出されておらず、最終結果だけが発表されました。これは得票数を改ざんしたと考えるのが最も合理的であり、正義に基づくなら再開票して確認するという慎重な判決が出るべきでしょう。不正選挙の存在は絶対に許してはいけませんし、ないならそれを確かめねばなりません。

この方の訴えをマスメディアは大きく採り上げていません。だから不正選挙には確実な証拠がないと今でも言い切る人が多いのです。この訴訟が新聞の一面を飾り、TVのトップニュースで報じられれば、貴殿でもこれはアヤシイと思うはずです。皆さんそうなのです。やはり大手のメディアが報じないことは根拠が薄いと信じ込んでいます。逆に言えば、仮に不正選挙があるとするなら、それを実行する権力は大手メディアの口封じを行うだろうと推測できないでしょうか。私たちネットから情報を得る人間が、小さな個人の訴えに耳を傾け、その内容を吟味すること。これを放棄するならネットの価値を半ば捨てているも同然です。

不正な選挙が行われている事を確認する方法は、この堺市で立候補された方のように、疑わしい証拠の断片を集め、仮説を立てて立証するしかありません。証拠の断片その一つひとつだけを独立させて見ているだけでは、疑わしいが決定的ではないという印象を受けます。ムサシが故障しただけで不正があるとは言えませんから、この方がそこで不正などあるはずがないと諦めていたら、プログラムに不正を可能とするものが書き込まれていたことや、そこに出入りした形跡を見つけることはできなかったでしょうし、偶然にも発表されなかった途中経過に隠された意図も見抜けなかったでしょう。

このように、選挙に不正があってはならないと考えるなら、私たちは数々の断片的証拠を知り、どのように不正が行われているか仮説を立てて考察すべきです。同時になぜ不正選挙を行う必要があるのか、社会の構図など視点を広く持ってその動機について考える必要があります。本来であれば裁判を通じ、その事実があるのかないのかを確かめることができますが、その確認作業を裁判所が許さないという現実があります。

2. 不正選挙が行われているという噂は、選挙の投票率を下げる恐れがある
噂によって不正を信じ、やる気を失くす人が出てくると考える貴殿の指摘は否定できません。
冷静に考えてみましょう。選挙の意味を失うから、投票率を下げるから、不正選挙について言及しないという選択の方が妥当なのかということです。
上で述べたように確実に疑わしい証拠が存在している以上、筆跡が似ているという私には良くわからない疑惑であったり、ムサシの株主が与党の議員であったり、投票箱が燃えたり、ゼロ得票であったり、実は広く不正が行われている可能性を高める証拠が散在します。
ですから私は貴殿と逆で、選挙の公正をただすことにより信頼性を確保し、私たちが安心して投票に行けるように努力すべきであり、その結果投票率が上がることも期待できると考えます。その信頼性確保のために、まず不正選挙が行われているという個人的見解をマスメディアに代わって発信することが大事でしょう。関心が集まり大きな意見となれば、総務省も動くかもしれませんし裁判所が再開票の判決を出すかもしれません。不正を未然に防ぐ効果も期待できます。声を上げない限り、不正選挙があるかもしれないという状況は延々と続きます。関心をもって調べ、何より"考えること"が大事であり、投票率を下げかねないとしても自分の意見として発言することに瑕疵はないと思います。

3. 選挙で負けた理由を、その不正にあると結論付けていては勝てない
これは仰るとおりだと思います。まず自らの不足を反省しなければなりませんね。
私は4野党共闘を推していますが、これは安倍政権の暴政を食い止める唯一の手段だと考えるからです。不正選挙ならどっちみち負けるのではないかと発言の矛盾を指摘されそうですが、自公は組織票を持っていますから野党が共闘しなければ公正な選挙が行われても負ける可能性があります。まず国民が納得する共通政策を打ち出していただき、共闘という戦略で選挙に臨んでほしい。私たちはその応援を呼びかける行動を行うと同時に、不正選挙を疑っている人はその対処を考えるということです。

>選挙にせよ世論調査にせよ、不正があるともないとも、確実な根拠はないので断定できません。
どこまでを確実な根拠と判断するかは意見の分かれるところですが、完全な証拠というものは、再開票によってしか確認することができません。そしてそれは多分行われることはないでしょう。ですから、公的に証明されるまで信じないのであれば、始めから信じるつもりはないと言うことに等しくなります。疑わしいと思われる根拠の断片から真実を追求する姿勢が求められています。あるのかないのか断言できるまで、ぜひお考えになってください。とことん突き詰めてどちらとも言えない場合があっても当然ですが、どちらかの意見を表明できるように調べて考え尽くすことが大人としての責務だと思います。この問題は民主主義の根幹に関わる事なのですから。


109. 2016年12月04日 21:53:41 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[103]
訂正

1. 不正選挙と断じるには確実な証拠を欠いている

です。


110. 2016年12月04日 23:11:22 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[930]
丁寧版さん

レスありがとうございます。
私は、上でも書いたが、開票の透明性を高めるための努力は大いに意味のあることであり、それを要求することは正しい行為だと思いますよ。ただその要求を出す際に、あらかじめ「不正選挙だ」と十分な根拠もなしに断定してはいけないと思っていることです。理由は上に書いているので省略します。

ところで、今日はあなたの乱暴版さんとやり合っています。実を言えば私はこの人とも仲良くしたいのですけれどね。
興味があったら見てください。
http://www.asyura2.com/16/senkyo216/msg/846.html#c11



111. 2016年12月05日 11:48:54 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[934]
丁寧版さん

あなたが紹介してくれた動画を見始めたのですが、途中で寝てしまいました。だから全部を見たわけてはないのですが、確かに堺での票の集計作業で不審なことが行われていますね。ここから明らかに不正選挙だ、と断定するのはどうかと思いますが、票の数え直しを要求すべきでしょうね。

ただ、「大阪府議選の堺選挙区で、ムサシ製集票機を使った不正行為により、維新の候補が当選して自民の候補が落選した」からといって、ここから「7月の参議院選は不正行為により自民党が大勝した」という結論が導き出せるわけではありません。


112. 2016年12月05日 20:43:03 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[104]
>>111
こんばんは。ご意見ありがとうございます。
ひとつ相談なのですが…
貴殿に何か名前があれば、スポン氏や一主婦さんのように親しみを込めて呼びかける事ができ、また、私はぜひそうしたいと思っているのですが、いかがでしょうか。
私はスポン氏の丁寧版という愛称をいただきました。名前欄でそう名乗ることはないのですが、何人かの方は自発的に丁寧版と呼びかけてくださるのでありがたく感じています。
親しみを込めて呼びかける事ができればいいなと思います。
ご自身で決めにくいようでしたら、趣味とか好きなものをいくつか挙げてくだされば候補を提案いたします。ネーミングセンスは当方にはありませんが、一主婦さんにもお伺いを立ててみることもできますし。

私は、スポン氏や一主婦さんの個性を非常に好意的なものとして認識しています。スポン氏の熱烈な民進党、野田幹事長への思いは、あきれることを通り越して敬意を感じます。一主婦さんの理想的な政治を追い求める姿勢にも共感できます。私は反論を書きますが、彼女はいたってまともな主張をする方であり、親しみを感じています。もちろん自分を含め、誰も完全に正しいことを述べているわけではありませんが、その方の個性をも尊重してお付き合いできれば、意見の違いを超えて受け入れることができ、その個性を表す記号として名前があることは大切だと感じています。
ぜひ貴殿をお名前で呼びかけることができますよう、ご一考願います。

また夜遅くにでも、これまでスルーしていたことを含め書いておきます。


113. 2016年12月05日 22:20:23 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[939]
丁寧版さん

名前なんて、この掲示板ではどうでもいいと思って、ほったらかしていました。

多分、今となってはこのスレを見ているのは、丁寧版さんぐらいのものだろうと思いますので、個人情報なんて気にしないで、私のプロフィールを書きます。

性別は男。
出身地は京都。現在は兵庫県に住んでいます。
大学は理学部卒。主に物理を学んでおりました。
就職後の仕事は、工場の機械設備を制御するコンピューターのプログラム作成でした。
すでに定年退職しております。今は在宅で出来るアルバイトをしています。
好きなアーティストはローリングストーンズ。
日本人では中島みゆき。女優では桃井かおり。実はこの二人は私とは同級生になります(もちろん学校は別ですが)。
好きな思想家は、もちろんマルクス。
好きな小説家は、大江健三郎とか高橋和巳とかでしたが、宮部みゆきも好きです。村上春樹にはどうも馴染めません。外国の小説家ではチェーホフ。
あとは歴史小説も好きで、特に三国志。好きな武将は曹操。
好きな画家はマグリット。
尊敬する人はアインシュタイン。

ブログで使っている名前は、桜かすみですが、こんな優雅な名前、恥ずかしくてここでは使えません。

今まで見た小説や漫画で、一番私に似ていると思ったのは、古い漫画ですが、「愛と誠」という漫画に登場する、岩清水弘ですね。

一主婦さんなんかに決めさせたら、どんな奇妙な名前をつけてくるか、と恐ろしいです。
何しろ私は一主婦さんのことをドラキュラと呼んでいますから、きっとお返しされます。


114. 2016年12月05日 22:33:39 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[940]
付け加えます。
好きな漫画家は、星野之宣、水木しげる。
私は鬼太郎に似ていると言われたこともあります。

好きな音楽ジャンルは、ブルース。ブギも好きですね。ロックンロールも。この辺は同一系統で派生したものですが。コード進行はみんな同じです。
その影響を受けた白人音楽も好きです。ジョンメイオールとかエリッククラプトンとかジミーページとかピーターグリーンとか。もちろん(黒人ですが)ジミヘンも。

映画では、SFを好んで見ることが多いです。


115. 2016年12月06日 00:13:03 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[105]
>>111 さんへ

紹介していただいた自民党のCMの感想ですが、良く作られています。前進か、後退か。自民党を支持し共に前進していきましょうという訴えがわかりやすいですね。安倍首相の爽やかなご尊顔もまぶしい(笑) 政治にさして興味のない人が選挙で投票するのは自民党で決まりですね。
途中にオバマ大統領との平和記念公園でのショットと、伊勢志摩サミットのカットが挿入されています。この後に行われた参院選。今日のニュースで再びオバマ氏と真珠湾へ平和を祈りに行くと報じられていましたが、これを聞いて解散総選挙は本当にやるのだと思いました。きれいなイメージ作りです。


>敵はそれだけ強力なのだ、ということを認めた上で、
>それに対抗するにはどうすればいいかを考えなければいけないと思います。
全く仰る通りです。私は内閣支持率など捏造だと断じていますが、だからと言って安心しているわけではありません。捏造だろうが本当だろうが、自民党には一定の支持者がいますし、組織票が簡単に他へ流れることはないと思います。つまり強敵であることに変わりはないので、勝つための戦略、例えば4野党共闘などが必須です。


レーニンの『国家と革命』の一文を引用し紹介いただきました。教養のない私にとって、このような紹介がいかにありがたい機会であるか、ここは意義の大きい場所です。
この文意は、議員のような純粋に公務員と呼べる人だけでなく、いわゆる役人、なぜかわが国ではこれも公務員と呼びますが、役人も選挙で選ぶということで良いでしょうか。

私はそれが可能ならベターだと思いますが、実現は難しいと感じます。数の多い役人を選挙で選ぶのに必要な経費などを考えると、特に。そして、官僚とは頭脳に秀でる物たちが選ぶ職業であり特権階級であるからこその魅力です。賃金を労働者なみに下げることは無理でしょうから、私は最低賃金の6倍を上限とするような法律を定めるなど、格差をある程度認めた上で、天下りを禁止することなどが定められればいいと思います。

官僚が強いイニシアチブを持つのは必然ですから、それをどう御すかですね。ただ、昨今の大きな流れは国家という枠組みの瓦解と一部の大企業による支配であり、もはや国家公務員といえど地方の役人に過ぎなくなってくると思います。AIやVRといった技術の進歩は、間もなく想像を超えた世界を導くでしょう。おそらく目の前に迫っているその世界において、日本がどう向かうのかとか、政権は自民党か民進党か、官僚機構がどうだとか、すごく無意味な議論なのだろうと薄々感じています。おそらくこの5年でガラリと変わり、次の5年でさらに爆発的に変わる…もうそれは想像の範囲を超えて。ですから長期的な変革を計画するということはほとんど無駄に終わるので、考えて着手するのはほんの1,2年先に可能な事だけを対象にした方がいいと思うのです。ということで、目前の生活の安心のために、自民党政権は止めたいと考えているのですが。


>>110 のスポン氏とのやり取り拝見しました。
税制について説明させれば貴殿の右に出る者はいないと思わせるほど、正確でわかりやすいといつも感心します。消費税が日本では、今の日本でですが、最もそぐわない不公平な税制であることがわかります。
政治家が官僚に原稿を書いてもらわねばならない状況で、官僚より上の立場に立てるはずがないという指摘も全くその通りです。私の知人は、バカな議員に説明するのが最もムダな時間だと言っていましたよ(笑) 官僚のトップだけでも解任できるシステムがあればいいかもしれませんね。

私が紹介したビデオはぜひ後半も見てください。特にプログラムにバックドアが仕掛けられていたという件からは山場です。私は3,4回繰り返し見ました。ムサシの計数機が交換されてから、維新候補の票ばかりになったという所がどういうトリックなのか私には解読できていません。巷で言われているような、票を書き換える仕組みが入っているのか、と。これは技術的には可能なのですが。

票の数え直しを要求すべき事案です。そして類似の100以上の案件について、かなり疑わしいものもあるはずなのですが、再開票の判決は一度もでていないはずですし、今後も出ないはずです。要求が無駄なのです。
貴殿ならきっとご理解いただける事と思いますが、一地方の不正疑惑ならば、例え国政選挙であろうとも裁判所が再開票の判決を出すことは国家を揺るがす事態ではありません。どうせどこかの個人が私利私欲にかられて不正を働いただけです。裁判所は断罪し、正義を示すことに躊躇する理由はありません。
しかし、一度たりともそのような判決を出さない理由は何か、推理してみてください。
ひとつの可能性として、実は国家権力による指令で、それが許された不正だったという考え方もできるのではないでしょうか。

7月の参議院選は不正行為により自民党が大勝したという結論が導き出せるわけではない。
確かにそうかもしれませんが、いずれの結論を出すにも早過ぎると思います。
もう少しじっくりこの問題について考えていきませんか。民主主義根幹をなす最重要事項ですから。


すごい個人情報にびっくりしました。
理学部卒のプログラマーでしたら、ムサシに仕込むカラクリは容易に推測できそうですね。ぜひ私がやるならこうする、という意見をお聞かせ願います。同時にそれは不可能だという技術についても。機械を制御するプログラムは何を使っていたのでしょうか。私はVisualBasicぐらいしか知りませんから、聞いてどうすると自分に突っ込みながら。

情報が多過ぎて名前が難しいですね(笑) 安易にプログラマーさん?など浮かびましたが。
中島みゆきなら砂の中のすばる、鬼太郎の鬼というのはどうもなー、岩清水さんはいいかもしれない、などと思いました。どうでしょう。
一主婦さんが見てくれて、何かいい名前を落としていってくれたらいいのですが。
一主婦さん!どうですか?


116. 2016年12月06日 18:04:01 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[945]
丁寧版さん
自民党のCMを外国人に見せて、安倍政権の支持率がどのくらいかと思うか、と聞いてみたら、おそらく多くの人が高い数値を出すと思いますよ。このCM作成には、電通も関与しているだろうと思います。自民党は資金が豊富ですから、思い切りお金が高いプロを使うこともできます。結果、CMとしては多くの人を惹きつけそうなものに仕上がっています。

しかし意外なのは、この国のメディアを支配し、決して攻撃されることはあり得ないと思っていた電通ですが、例の女子社員の過労自殺は報道されています。多くの人が電通には悪い印象を持つようになりました。

陰謀論的な発想といいますか、この国は誰が支配しているからその支配構造は変えられないとか、こんな考えに染まってはいけないと思います。
不正選挙、不正選挙という人は多いですが、だったらなんで沖縄や新潟では野党が勝つのですか。沖縄選挙区選出の国会議員は6人ですが、この全員が野党系です。なんでこんな、政権にとっては無様極まりないことが許されているのですか。
私は、負けたのは不正選挙のせいである、と断定している人たちは、負けた言い訳をしているだけであり、自分の精神の安定のために言っているだけであり、負けた原因を真摯に総括せずそういうことをしている限りは永遠に負け続ける、さらにそういう風潮を広げることにより選挙に対する信頼を失わせ投票率の低下を招き与党が一層有利になるように誘導していると言っておきましょう。
(ただし開票の透明性を高めることには賛成します。)

諦めてはいけません、世の中は変えられます。


ところで、一主婦さんを呼んでみるかな。

* 一 主 婦 さ ん *

丁寧版さんが、お呼びですよ。


117. 2016年12月06日 19:28:57 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[946]
丁寧版さん

あ、いけない、質問に答えるのを忘れていました。
私がムサシプログラムに突っ込めるほどの技術力はないだろうと思います。

就職後、最初に使っていたプログラム言語は、アセンブラです。今ではアセンブラという言葉をご存じない方が多いでしょうね。最も低級な、機械語に近い言語です。
そのあとは、一時的にCOBOL、しばらくはFORTRANもどきの言語。
制御系でしたので、PLC(programic logic controller シーケンサと呼ばれることもある)の電気回路によく似た独自のグラフィックなプログラム言語も使っていました。
そのあとはパソコンが普及し、N88BASICとC言語を使っていました。
Visual Vasicが普及するようになった頃は、私はすでに管理職になっており、自分でプログラムを作ることはあまりなくなったため、この言語でプログラムを作ったことはありません。でもPLCやC言語は、昔取った杵柄で、時々プログラムを作っていました。

で、好きなのはなにか、と言われたら、やはりC言語ですね。これはハッカー言語と言われることもあるのですが、あの簡単な記述で多くを表現できるのには、すっかり取り憑かれてしまいました。



118. 2016年12月06日 19:35:47 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[947]
失礼、間違い。
×programic→⚪programmable


どうでもいいことですが、岩清水のパロディーというのもありましたね。1、2の三四郎、という漫画でしたかね。
あるいは私はこっちの方に出てくる、岩清水のパロディー版の方により似ているかもしれません。トレンチコートは大好きでしたから。


119. 2016年12月06日 22:06:39 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[107]
>>116
こんばんは、岩清水さん。
と、呼んでみましたが、いかがでしょうか?

自民党のCMは外国の方が見ても良い評価をするでしょう。ただ、その政策で庶民が苦しめられていることを知れば、この内閣を支持する人は少ないと思います。CMのイメージで判断する人は政治に普段興味のない人だと思いませんか。それが結構多いので問題なのですが。

>陰謀論的な発想といいますか、この国は誰が支配しているからその支配構造は変えられない
>とか、こんな考えに染まってはいけないと思います。

その気持ちはよくわかります。変えられないと諦めてしまうのは考えものですね。
私は、真実を探して知り、それにどう対処すべきか考え動きたいと思っています。
ちなみに陰謀論という言葉はCIAの造語だそうです。この言葉で真実を隠したかった事件がケネディー大統領暗殺です。陰謀論と聞いて大衆は、なんだそうかと黙ったそうです。

沖縄や新潟では野党候補が勝ちました。このことは、不正選挙にも限界があるということです。例えば期日前投票の箱を開け、野党票を全部捨てるという不正を行ったとします。それでも当日、圧倒的に野党票が多ければどうしようもありません。
野党が負けた選挙は全部不正だなどとは思っていませんよ。そもそも自公には組織票がありますから、投票率が低ければ何も不正などしなくても勝ちます。
野党が負ければ不正だ不正だと書き込む風潮は良くないですね。せめてどこが疑わしいと思うのかぐらいは言えなければなりません。

プログラムのお話、ありがとうございます。アセンブラやCOBOL、Cは耳にしたことがあります。岩清水さんは専門家ですから、私以上にバックドアの意味がおわかりでしょうね。それが何を意図しているか、ということを。


120. 2016年12月09日 00:03:38 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[112]
岩清水さんへ
こんばんは、丁寧版です。他のスレで、自民党の支持率が落ちないのは国民が政策で判断していないから、そして安倍首相はそのキャラクターで支持されていると仰っていました。根拠は内閣支持率60%でしょう。確かに数%の人は好感を持っていると私も思いますが、もはや騙されている人は少数派です。なぜなら、内閣支持率はそんなに高くないからです。
再掲になりますが、岩清水さんのコメントに対する私見を載せます。

>こんな調査もある。もちろんネトウヨ界隈だが
https://enquete.nicovideo.jp/result/65#answers
>Q1 いま、あなたは安倍内閣を支持しますか、支持しませんか。
>支持する 51.7 %

ネトウヨ界隈での調査(DWANGO)であれば、当然自民党支持者、安倍内閣に好意的な見方をする人が多いということを認めての引用でしょう。
その結果が内閣支持率 51% です。
さて、先日の共同通信の調査では、同様の質問に対し支持率 60% でした。
共同通信はネトウヨ層や極右団体を対象に調査したのでしょうか。
本当にランダムに対象を選んでいるなら、60%という高い値が出るわけがないということを、このネトウヨ界隈の調査が裏付けてくれました。
右も左もないFacebookとTwitterの調査結果が、より実態に近い情勢を示しており、つまり内閣支持率は6〜28%の間でしょう。
そして、共同通信の調査は偏向もしくは捏造であったということです。

共同通信の60%、5大紙の中で最も低い値を出した毎日新聞でさえ48%という高い内閣支持率を発表しており、ネトウヨ界隈の調査に匹敵する値を、さも公正な調査方法によるものだとして出しています。
論理的に考えてこれらは偏向か捏造です。世論操作が行われていることにどうか気付いてください。

人は政策で判断していないとか安倍首相のキャラクターで支持しているという発言はお控えになった方が良いかと思います。もはや支持率は高くありませんから。
野党に政権担当能力がないと思われているという見解もマズいと思います。政権担当能力が根本から欠如しているのは安倍自民党です。わかっているから、支持率が高々28%なのです。そう考えられませんか。

堺市の府選で不正を告発していたビデオですが、45:00から55:00まで、もう一度お時間がある時に見てみてください。バックドアについての話がでてきます。


121. 2016年12月10日 13:45:36 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[959]
丁寧版さん
まだ続いていたのですね。
私はネットでの調査は信用しません。
界隈と言っていますが、どのような人たちがよくアクセルするサイトで行われたかによって全然違う結果が出ます。
またある組織が動員をかければ簡単に結果を操作することができます。実際に行われたかどうかは私は知りませんが、可能であるのは確かです。
政権支持率が低く現れる調査を信用することは、敵の力を過小評価することになり、あまりいいこととは思いません。


122. 2016年12月10日 19:31:30 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[117]
>>121
岩清水さんへ

ちょっとお待ちください。固定観念を排除し、客観的にお考えになっていただきたいのです。敵の力を過小評価したくないという気持ちは私も同じです。私の説明を考察してくだされば、私が敵の力を過小評価するためにご説明しているのではないとご理解いただけます。
真実を知り、対策を講じ、必要があると思われる知識を広め共有したいのです。
貴殿は理学部卒とのこと。論理的な思考能力は一般人の比ではないとお見受けします。
政府の負債は国民の借金ではないということを、明快に教えてくださったお礼でもあります。生きている限り勉強ですから、新しい物の見方を備えることは成長に他なりません。時には認めたくない事実にも直面しますが、対話を通じ真実に一歩でも近づければ大きな収穫だと思いませんか。
私は貴殿に対し真面目に向き合っております。もう聞きたくないのであれば、貴殿がそう仰ってください。私は貴殿に対し発言を止めます。

貴殿はネットでの調査は信用しないと仰る。では大メディアの調査は信用できるのか。いずれも信用するには危ういものだと理解なさっているでしょう。あるいは、人生も長くなればマスメディアの方に慣れ親しんでおりますから、どちらかと言えばマスメディアの方に信頼を置きがちかもしれません。
科学の世界でもそうです。論文により異なるデータがあるとき、いずれが真実に近いかを論理的に詰める必要があります。自分の研究に直接関係ないと思われることであっても、事実を知っておくことはその分野に関わる者には大切になります。感情を差し挟むとロクなことにはならないからです。論理的、客観的に考えてみます。

SNSによるアンケートは過去にもされた形跡があります。私はわずか400人程度しか参加しなかったものを見ました。その時は誰も内閣支持率など関心を示さなかったのです。SNSなど自由意見の発信でありしょっちゅう色んな事をやっていますから、今回Facebookで1万人が参加するなど予測できなかったでしょう。今の政治を見て支持できないと考える人が関心を示し、その積み重ねが1万票にふくれあがったのです。話題になると同時に支持する人も負けじと投票したはずです。その直後のTwitterでも同様の関心が寄せられ、支持する人と不支持の人が参加した。つまり現情勢をある程度ありのままに反映する結果だと言えます。

FacebookやTwitterの調査に信憑性がないと仰るなら、これは脇に置いておきましょう。

私が指摘した最も重要な調査結果が、DWANGO、ニコニコアンケートのものです。
貴殿もご存知のようにニコニコには自民党支持者が多く存在します。保守速報でアンケートを取るに近いものがあるかもしれません。かなり右寄りにバイアスが掛かった所で調査を行い、その結果が支持率51%だったということが重要です。
これに匹敵する結果を共同通信以下、大新聞の調査が出しています。

・固定観念を排除し論理的に考えれば、マスメディアはランダムな対象を選んでいなかったと言えるのではないでしょうか?

スポン氏は貴殿の消費税論議から逃げているように見受けられ、貴殿も歯がゆい思いをなさっているでしょう。今度は貴殿が私に同じ事をなさるのでしょうか。
もちろん嫌なら対話を拒否されても構いません。バックドアに関して何も発言されていないように、この話題は避けて通りたいのかもしれないと思います。嫌だと言う人に押し付けるつもりも私にはありません。


123. 2016年12月10日 20:24:20 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[118]
もし岩清水さんとの対話が続くなら

・大メディアが異常な支持率を出している状況を知る ←いまここ
・大メディアが異常な支持率を出す理由を推測する
・IR法で賭博が話題ですが、競馬も国家ぐるみの演出である状況を理解する
・以上の理解から、この国の支配の構図について考察する
・選挙で私たちがどう対策を講じるべきか考察する

というように話し合いを進めていきたいと思います。
常識がひっくり返るお話になりますので、もちろん拒否してくださって結構です。


124. 2016年12月13日 23:26:56 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[966]
まだ続いているとは思っていなかったので、返事が遅れました。
「不正選挙」についての私の考えはすでに書いています。一言だけ繰り返すと、そういう風潮を広げることにより投票率が下がり、また選挙運動員の士気も低下させ、結果は与党に有利になることを恐れます。

大阪府議選の境選挙区の事例は、そのまま全国規模に広げられるものではないとおもいます。また、インタビューに応じた人がなぜ顔を隠すのか、不信感を持っています。
この事例も含め、個別の事例を詳しく調査する気は私にはありません。それよりもっと重要なことがあると思うからです。

マスコミの世論調査の政権支持率の高さ、しかし政権が進める個別の政策については反対が多いという、一見矛盾に見えることついては、政権を支持する理由(最も多いのは「ほかに代わる人がいない」)にヒントがあると思っています。



125. 2016年12月14日 00:32:50 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[130]
>>124
ご回答ありがとうございます。
了解しました。この件について話し合うことはやめましょう。

安倍政権打倒を実現するという目標に向けて頑張りましょう。


126. やもめーる[-430] guKC4ILfgVuC6Q 2016年12月15日 00:07:40 : LaHQPqkd0k : NE6A6@ubx70[8]
>>30
×在日シナコリアンが日本に紛れ続けている限り日本の政治運営はまともにできない
○自称「ヌッポン人」の安倍晋三こと李晋三と売国蛆民党ネトサポ&バクシーシーなケツ舐め乞食で糞長州土人罪人の流刑地チェジュ島出身の末裔たちがこの国にのさばっている限り日本の政治運営はまともにできなないね。(笑)お前のような連中ことだよ!!木卯正一こと卯正日。(笑)

[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理
127. 笑い炒飯[1] j86CouB1lNE 2017年11月10日 00:50:28 : 9su6gGrbrI : 1l3tp67HFxc[1]
田中良紹なんて似非ジャーナリストの馬鹿さ加減に大笑い。
2015年には安倍政治は続かないと見事に外し、
今も負け惜しみで自民党を叩くしか脳の無いホラ吹き。

死んだほうがいいと思うよマジで。www

世直しどころかテメェの脳みそ見てもらえ。精神科でな。w



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK214掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK214掲示板  
次へ