★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK215 > 422.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小沢代表、野田幹事長と再会談 衆院選へ準備加速で一致! 小沢氏「安倍政権打倒、候補者調整を加速する」 共産党とも協議へ
http://www.asyura2.com/16/senkyo215/msg/422.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 11 月 03 日 09:51:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 



野田、小沢氏が修復アピール 衆院選へ準備加速で一致
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016110201001839.html
2016年11月2日 23時08分 東京新聞

 民進党の野田佳彦幹事長は2日夜、自由党の小沢一郎共同代表と東京都内で会談し、次期衆院選の候補者調整など選挙準備を促進する方針で一致した。野田氏は会談後、記者団に「(選挙区の)すみ分けを含め、協力を加速しなければならない」と述べた。前回会談した10月29日から間を置かずに再び会うことで、関係修復を内外にアピールする狙いがある。

 両氏は会談で衆院解散時期に関し、来年1月もあり得ると情勢を分析。環太平洋連携協定(TPP)承認案などを巡る発言を「冗談」とした山本有二農相について「こういう閣僚は許されない」として、連携を強化することも申し合わせた。
(共同)



野党候補の調整、加速で一致 野田氏と小沢氏
http://www.asahi.com/articles/ASJC27H66JC2UTFK02B.html
2016年11月3日01時09分 朝日新聞

 民進党の野田佳彦幹事長は2日夜、東京都内で自由党の小沢一郎代表と再び会談し、次期衆院選に向けて選挙区のすみ分けなど、野党候補の調整を急ぐことで一致した。野田氏は自由、社民両党との調整を急ぎ、その後に共産党とも協議する考えを示した。

 会談後、両者は別々に記者団に対応。野田氏は「自由党とはしっかりすみ分けを含めて協力の協議を加速する」と、実務者協議を急ぐ考えを示した。小沢氏も「安倍政権打倒のために候補者調整を加速し、折に触れまた一緒に一杯やろうと話した」と関係改善をアピールした。小沢氏はこれまで、共産党との共闘に否定的な連合や民進執行部の定まらない選挙対応を批判。連合との関係含めて民進が次期衆院選の共闘にどう臨むのか確認のための幹事長・書記局長会談を共産、社民両党と共に求めていた。

 野田氏は「用件はなくても会って小沢氏と様々な議論をしていきたい」と話し、候補者調整は「自由、社民とは特に加速しなければならない。そのうえで共産党とも一生懸命やりたい」と、分けて対応する考えを示した。小沢氏は、連合や共産党については「特別話すことでもない」と会談で触れなかったと明かした。これまで4野党全体で調整してきたやり方が変わる可能性がある。

 野田氏は、1日夜には支持母体の連合の神津里季生会長とも会談。出席者は「お互い色々なものをはき出した」と関係修復を強調。連合幹部は「関係は良好だ」と自信を見せた。(松井望美、関根慎一)





















 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年11月03日 10:17:47 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[793]
野党共闘が益々すすみそうですね。
結構、結構。
さすが小沢一郎氏です。

2. 2016年11月03日 10:39:23 : fq2LET9Crc : Z1MVX8XlznI[195]
候補者調整でなく、政策の競技を加速させてほしいね!

選挙のための談合には、国民は騙されません。

小沢さんの馬鹿の一つ覚え「野党が共闘すれば必ず勝つ」

説得力抜群の小沢さんの言葉でも誰も信じません。どんな政策で連携するのか早く教えてください。

「安倍政権を存続させない」だけでなく、何をするのですか?????


3. 2016年11月03日 10:59:40 : BNTCXkSOEc : B2qmPKAQ@Po[1]
本文>「野田氏は「用件はなくても会って小沢氏と様々な議論をしていきたい」と話し、候補者調整は「自由、社民とは特に加速しなければならない。そのうえで共産党とも一生懸命やりたい」と、分けて対応する考えを示した」


  黒いネコでも白いネコでも、鼠とるネコはいいネコだ、国家の危機の今、過去は問わない、安倍を本気で倒す気あるかねえかだけじゃあ。野田民進・小沢自由・志位共産・福嶋社民の四党と市民・ママ・学生・不正規等の共闘、こらあ強ええよ、負ける気はねえな。取り敢えず、目先試金石は柏崎じゃあ、知事と長岡市長を取った、この勢いを柏崎につなげるかじゃあ。野田民進も、口先だけでねえ、行動で示せるかだ。地元、連合新潟や電力労連の圧力を跳ね除けられるかじゃあ。


4. 2016年11月03日 11:54:24 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[796]
「野田氏は…、候補者調整は『自由、社民とは特に加速しなければならない。そのうえで共産党とも一生懸命やりたい』と、分けて対応する考えを示した。」

これは,できるだけ,共産党候補が立つ選挙区を少なくしようとするのが目的なのかもしれない。
民進・自由・社民でだいたい候補者を決めてしまって,共産党にはごくわずかしか残っていない空いているところにしか立候補を許さない,そんな疑いがある。
そうでないのなら,何で分けて対応するのだ。初めから4党で協議すればいいじゃないか。



5. 2016年11月03日 12:19:43 : 6C4hpFtyK6 : jSJZmlwxGmk[2]
このところネット軍師さまがやたら民進を攻撃していたけど
共闘を防ぎたいという官邸の意思があったのね。

それにしてもネット軍師様派なんで「自分は自民と戦っている」と思い込めるのだろうか?
しかも「自分は希代の策士、戦略家だと


6. 2016年11月03日 12:28:17 : 0wRnZXOA86 : jMEOqZ_N2_c[3]
>>5
キチガイ自民党員はさっさと消えてね

7. 2016年11月03日 12:31:53 : 0wRnZXOA86 : jMEOqZ_N2_c[4]
>>5
最近まで野党共闘を拒否していたのが野田だからね
批判されるのは当たり前
そんなこともわからない5は自分の頭が足りないことを自覚してね

8. 2016年11月03日 12:37:35 : 07MuRXuFhg : Gg50aXeWXhc[1]
小沢は自分の選挙で民進党、できれば共産党の候補者を立たせない事に必死なだけ。

衆議院議員が2人よりいない政党が、100名近い議員を擁する民進党と等としてどのような調整ができるのさ。
玉城を切る代わりに自分を立てよと言いたいのだろう。
山本は賢い、そんな風情を察して独立宣言をしている。

それでも、小沢は、もう、終わりだがね。


日本未来の党に移った第46回衆議院議員総選挙では、当選こそしたものの前回より約6万票も減らした(得票率は17.1%減らした)上に自民党の藤原崇に比例復活を許し、影響力の低下を伺わせた(小沢が新人候補に比例復活を許したのは小選挙区制導入以来初めてであった)。第47回衆議院議員総選挙では民主党が候補者を出さなかったこともあって、小沢は得票率こそやや上昇したものの得票数ではさらに減少した上、藤原は前回より約1万票上乗せし再び比例復活を果たした。

岩手県は他の選挙区でも小選挙区制導入以後、小沢と同じ政党に属する議員が当選を続けていた経緯があり、「民主王国」または「小沢王国」と言われていた。しかし、第46回衆院選で、1区の階猛・3区の黄川田徹が共に小沢の元を離れたことから、いずれの選挙区でも小沢は新たなる候補を擁立。しかし両選挙区とも比例復活もならず惨敗し、自身の選挙区得票の減少も併せ、この選挙をもって小沢王国は崩壊したといわれる


9. 2016年11月03日 12:44:05 : kJrar5qv86 : v6J6ybw2J8M[1]
さすがだね小沢さんはあれほどの嫌われ者を見事に取り込んでしまったか
あとはくれぐれもあれは酒の席のことだから
にならないように。
しっかりアへ政権打倒に向かって行きましょう。
夢は小沢首相実現へ

10. 2016年11月03日 12:44:20 : 07MuRXuFhg : Gg50aXeWXhc[2]
安倍と蓮舫の首をすげ替えたいだけか。
そんなものにゃ
どちらをとっても気色わるい。
興味がないね。

11. 日高見連邦共和国[3094] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年11月03日 12:46:38 : pYBiRhRShY : JUWRjmwQc1E[33]

要諦は、部分的にでも“政策協定”を結べるかドーかだろう。

12. 2016年11月03日 12:49:03 : 07MuRXuFhg : Gg50aXeWXhc[3]
>さすがだね小沢さんはあれほどの嫌われ者を見事に取り込んでしまったか

薄汚い者同士の悪あがき。
結局は、誰もついては行かないぜ。

>夢は小沢首相実現へ

誰の夢だよ!
小沢には、そんな夢はないよ。

一般の有権者の99%は小沢を認めていない。

1%の奴らに、政治を乗っ取られてたまるか。
アメリカじゃあるまいし。



13. 2016年11月03日 12:56:15 : 07MuRXuFhg : Gg50aXeWXhc[4]
共産党の政策など、始めからやる気がないくせに掲げているだけのもの。
不誠実の極み

民進党のそれは、やりたくもやれない事を承知で掲げているだけのもの。
能無し集団

こやつらの合意に何の意味もない。

選択枝が全くない。

何とかならないか。



14. 2016年11月03日 12:56:56 : N9j4qODCNc : 4L9rBaB4P6Y[3]
野田は小沢一郎さえ排除すればあとは全て飲みこむとか言った人。信用できるわけがない。

15. 2016年11月03日 12:59:59 : 07MuRXuFhg : Gg50aXeWXhc[5]
小沢を信頼したいなら

直接小沢の懐に飛び込んで

何とかせよ!

と談判することだ。

小沢様、様では

どうにもならない。


16. 2016年11月03日 14:09:51 : BBwobN3aNA : RczADGbbfEY[1]
残念だけど、次の選挙も改憲勢力が圧勝だね。
野党側に何の変化もない上に、TPPを実質的に容認だから。
東北北海道でも、諦めてしまった有権者は多いだろう。
最後まで戦うという姿勢がまったくなかったから。
次の選挙では、前回ほど東日本でも野党に票が入らないと思う。

17. 2016年11月03日 14:51:40 : rrhrFN6JLd : C6EI10g_Gy4[1563]
野田が幹事長で松原が選対委員長では信用できん。何せ責任を取らん奴らだ。官僚そのもの。

18. 2016年11月03日 15:23:33 : IPpMF3eYT2 : 1@@GT0y8hz8[219]
>野田氏は「用件はなくても会って小沢氏と様々な議論をしていきたい」と話し、・・・

記事に有る上記文言の「用件はなくても」が、野田氏の立ち位置のように思える。


19. 2016年11月03日 15:41:16 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-7601]
 消費税増税が与党によって再延期されることになって野田はもう財務省の差配に頼れなくなった。あとは共産党の政策に準拠しながらソフトな従米路線をアピールするしか手がない。小沢氏にとっては逆にそのシチュエーションこそが腕の見せ所。政党政治を機能させ官僚ファッショと決別するチャンス。

20. 2016年11月03日 16:50:14 : e0J2aL5pMg : 1Bomco4a@sw[1]
これが実現するなら目下TPPは反対しなければならない。
それが民進党は、同意したというじゃないか。

この記事のように楽観的に生きていければこんなに苦労しないよ。
野田など口先だけ。


21. 2016年11月03日 17:53:16 : 1gfy8eT9pc : sa_IFkzDIK0[57]
民進党こそが存亡の危機だからな。なりふり構ってられないノダ。

22. 2016年11月03日 18:17:30 : rGT9z24w76 : E1gnitVyu0E[454]
抱きつき詐欺、野田に交われば再度裏切られる、こいつは自民党の補完勢力だ。

23. 2016年11月03日 18:24:45 : GhaF3r56Zn : SJpqiMzValk[1]
>>02
>>候補者調整でなく、政策の競技を加速させてほしいね!

自民サポーターの誤字と政策を一致させろのワンパターンは相変わらずだな。

一番重要な政策は、安倍を永久に引きずりおろすことだよ。


24. 2016年11月03日 18:40:34 : eei2j6vqJs : OQWBlhXLH88[92]

やはり国民は政治音痴のようにサプライズ感覚で受け止め方る訳にはいかないだろう。

ほとんど現政権の政策は国民への配慮を欠き国の行方にさえ殺伐とした空気が漂い始めている。

執念深い確信犯のような自公連立と明確に対峙する為には国民と野党の結集は必要不可欠です。



25. 2016年11月03日 19:23:35 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[797]
今年の参議院選挙の比例区で,生活の党がどの程度の得票率であったのかを見てみよう。
これを前回(2013年)の参議院選と比べてみる。

岩手 7.4% (前回は17.2%)
青森 1.9% (前回は4.6%)
新潟 2.0% (前回は4.3%)
富山 1,8% (前回は4.9%)
東京 3.2% (前回は2.1%)
沖縄 3.2% (前回は2,1%)

全国 1.9% (前回は1.8%)

これを見れば,前回の参議院選で生活の党の支持率が高かったところで,生活の党の支持率が落ちている。
単独では議席確保は,全国のどこでもできない。
民進党は,
全国 21.0% (前回は13.4%)

これを見たら,小沢の方が野田ブタに泣きついたのだということが,あまりに明らかではないか。


26. 2016年11月03日 20:08:12 : qF4T1YwunA : 0ID5WaAuWRA[1214]
日高見連邦共和国さんの言うとおり。

>要諦は、部分的にでも“政策協定”を結べるかドーかだろう。

27. 2016年11月03日 20:08:23 : eei2j6vqJs : OQWBlhXLH88[94]

共産カルト信者の眼は詭弁バラモンのように醜悪な臭いが漂ってくる。

豚の志位育でもしてるのか。偽善者の組織であり続けるのは止めるべき。

この期に及んで明らかな盲目の言など笑止千万。マシなことが言えないのか。


28. 2016年11月03日 21:15:25 : fq2LET9Crc : Z1MVX8XlznI[197]
>>23
>>候補者調整でなく、政策の競技を加速させてほしいね!

>自民サポーターの誤字と政策を一致させろのワンパターンは相変わらずだな。
>一番重要な政策は、安倍を永久に引きずりおろすことだよ。

早々と2番目にコメントして、誤字をしてしまいましたが、指摘ありがとう。

消費税、TPP、原発など主要な政策を一致させないと、小選挙区で勝つほどには国民の支持は得られないと思うよ。
民進党が野田幹事長では絶対に一致しないと思えるんだよな。


29. 2016年11月03日 21:16:33 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[38]
小沢代表、野田幹事長と再会談 衆院選へ準備加速で一致!
この四野党共闘の流れは大歓迎です。失敗に終われば次の手段を考えなければいけませんが、共闘こそ独裁政権を止める近道だと思います。

安倍自民党政権が続けば、「人の命よりカネが大事」な政策が押し進められ、国民の生活は間違いなく破綻します。安保法制、原発再稼働しかり、TPPしかり、憲法改正しかり。

この狂った政権を止めることが全てに優先されるべき。各党の政策を一致させるべきだなどと悠長な事を言っている場合ではありません。キャスティングボードを握っている野田幹事長を応援する。国民の命運は今、彼の手にあると言っても過言ではない。


30. 2016年11月03日 21:21:34 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[39]
>>28
消費税、TPP、原発など主要な政策を一致させないと、小選挙区で勝つほどには国民の支持は得られないと思うよ。

連投すいません。
たしかにそうですね。そういった主要な政策についての話し合いも続けられるのだと思います。


31. 2016年11月03日 23:21:03 : Qk0z0gVGLY : lQZkNLxHm_4[692]
トランプ勝利が少し見えてきたので、日本も政権交替のチャンスだね。

32. 2016年11月04日 00:10:33 : YuTkIgKg7w : 0IapwwsDhFo[42]
4野党共闘の良い方向に向かっておりますね。

民進党、特に野田氏への国民の反感は理解出来ますが、人物批判はさて置き、4野党共闘という共闘への道に進む事は歓迎したいですね。

国民としては、安倍政権打倒を倒す事を第一義として、この流れを是非とも良い方向に後押ししていきたいところです。政策に関しては原発に関しては、蓮舫代表、野田幹事長、小沢一郎らの関係性が共闘へ向かうなら何とか合意に至れるのではないか。

本当に望む政治を実現する為に、安倍政権を倒したいならば、信者云々などの下らない戯れ言は別として、この局面で国民は小沢一郎という政治家の行動を強く後押しするのが最善の策だと思いますね。

好きだな嫌いだの、または信者云々など言っている場合はではなく、野党である民進党を排除の論理で否定し続ける必要生とない。

大事な事は望む政治の実現だあり、その第一歩が安倍政権を倒す事なのです。
その為には、民進党を排除するのが必要となくらかと言って民進党に主導権を握られてもいけません。

小沢一郎を旗印として後押しするのが、様々な面から見て最も効果が的且つ目的実現への早道だと思います。何年も前から同じ様なことを書いてきましたが、そう成るべくして成るのであり、現実もその方向に進んでおりますが、最終的に実現出来るかどうか。

それは結局私達国民次第なのでしょうね。

都民


33. 2016年11月04日 00:27:50 : t3EZ96TTxM : 4h_mS6@kbxY[65]
>>5

何だかあなたは頭が混乱しているように思えるんですが・・・・大丈夫ですか?

>このところネット軍師さまがやたら民進を攻撃していたけど共闘を防ぎたいという官邸の意思があったのね。
  
    ↓この部分は「あなた達は自民寄りですね」と言ってるって事ですかね。


ネット軍師様は何で「自分は自民と戦っている」と思い込めるのだろうか?
    
    ↓この部分では、「自民と闘っていると思い込めるのだろうか」と言ってますから「民進党支持者か野党支持と思っている」わけですよね。

つまりあなたの言う軍師様というのは「自民党より」でありながら「民進党支持者か野党支持者かである」と思い込んでいるって事ですね。
支離滅裂じゃないですか。



34. 2016年11月04日 00:29:34 : D5ib13GltA : vaXB7s8PpiA[45]
小沢氏すごい。器が違う。あれほどの嫌われ者、自分を陥れた敵を見事に取り込み、ここまで言わせるとは。

35. スポンのポン[4394] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年11月04日 00:49:45 : QQinPeiYow : 580apOQj8aE[438]
 
 
>>25.

■みっともないぞ!
 いい加減やめたらどうだ。
 いつまでも野田ブタなんて書いていると
 他のバカと同類に見られるぞ。
 どんなにまともなことを書いても
 野田ブタなんて書いたらぶち壊しだ。
 「これが私が書いたコメントです。」
 と誰にでも胸を張って言えるか。
  
 


36. スポンのポン[4396] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年11月04日 01:01:39 : QQinPeiYow : 580apOQj8aE[440]

>>32.

>民進党、特に野田氏への国民の反感は理解出来ますが、

■阿修羅の中の特定の人間たちをもって国民と言う君は井の中の蛙。
 国民全体が野田さんに反感を持っているという統計データでもあるのか。
 
 


37. スポンのポン[4397] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年11月04日 01:09:29 : QQinPeiYow : 580apOQj8aE[441]
  
  
>>29.

>この狂った政権を止めることが全てに優先されるべき。
 各党の政策を一致させるべきだなどと悠長な事を言っている場合ではありません。
 キャスティングボードを握っている野田幹事長を応援する。
 国民の命運は今、彼の手にあると言っても過言ではない。

■まさしく100%の正論だ。
 真実をついた名文を
 野田ブタとか言って民進党をけなしているドアホウ共に読ませたい。
 
 


38. スポンのポン[4398] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年11月04日 01:19:13 : QQinPeiYow : 580apOQj8aE[442]

>>22.
>抱きつき詐欺、野田に交われば再度裏切られる、こいつは自民党の補完勢力だ。

■なりすまし詐欺、お前は見え見えの自民党工作員だ。
 
 


39. スポンのポン[4399] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年11月04日 01:22:59 : QQinPeiYow : 580apOQj8aE[443]
 
 
>>20.
>これが実現するなら目下TPPは反対しなければならない。
 それが民進党は、同意したというじゃないか。

■民進党は同意などしていない。
 こいつはそれを知っていながら嘘を書いている自民党ネット工作員
 
 


40. スポンのポン[4400] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年11月04日 01:29:44 : QQinPeiYow : 580apOQj8aE[444]

■ご注意!

 この記事に対するコメントの約半数が
 野党支持者になりすました自民工作員によるものと思われます。
 
 


41. 2016年11月04日 06:40:54 : BU5MY2aOUk : PJp_J8_mrf0[10]

政策協定なんかできるわけがない

だって

安倍政権を葬り去って=中華人民共和国政権になるのに

勝手に政策協定して国民に通知なんてできないだろう

だから何にも政策を示さないのさ

安倍が悪い、アメリカが悪いと言うだけ


42. 一主婦[2081] iOqO5ZV3 2016年11月04日 07:18:58 : F7tEJ6j5yk : 01pqnDwnfLQ[109]
>>30. W6tKtqvYFcE さん

違うスレットに、丁寧で長い返レス頂いていましたね。ありがとう。
その返事をメモ帳に書いて、そのスレットにコピペして返レス使用としましたが、なんかランキングに見当たらなかったので、こちらのスレットで、返答いたしますね。その前に、このスレットでの↓のお二方のコメントに、私のコメントをさせて頂きます。

>>。ハ28さん)
消費税、TPP、原発など主要な政策を一致させないと、小選挙区で勝つほどには国民の支持は得られないと思うよ。

>(貴方)
連投すいません。
たしかにそうですね。そういった主要な政策についての話し合いも続けられるのだと思います。


↑、お二方のコメントにある様に、やはり、野党連携には「政策協定」は必要ですよね。政策中心の野党連携。野党四党が無条件でタダ連携すれば良いというものでは無いですよね。そして、民進党が「裏切って変え」てしまった、TPP、消費税増税、原発再稼動、などなどは政策を修正をし、その上で、有権者に謝罪する必要がありますね。それをやらないで、野党四党の連携をしたのでは、民進党の「信頼」が戻りません。信頼の無い野党第一党では、有権者の多くが投票して下さいませんからね。

投票率が上がらないのでは、どんなに野党四党連携載り総論を唱えても、ここ7年間の負け続きの継続にしかなりませんからね。ここ7年間の負け続きは、民進党の「裏切り」による「政策の180度転向」が元凶なのですから。そこをクリアしない野党連携では投票率が上がりません。野党四党連携の「理想論のキレイ事」をかざしているだけでは勝てませんからね。「現実的」に、どうすれば勝てるかを考えなければいけませんよね。

棄権している約三割の方がたに投票してもらう為には、やはり裏切って決めた、TPP、消費税増税、原発再稼動など等、沢山の裏切り政策を修正し、有権者に謝罪し、信頼を回復する事が大切で必須な事ですね。あの2009年時に民進党を政権に付かせた約3割の方がたが棄権なさっている現実を見なければなりません。その方がたに投票してもらい、戻ってもらうには、やはり信頼回復が一番です。裏切りを謝罪し、裏切り政策を修正する事です。民進党に、それが出来るなら、なにも、民進党を消滅させたり、分割させる必要は無いのですからね。お分かりですよね。


では、アチラのスレットでの、あなたの質問に答えさせて頂きます。丁度その、貴方の答えにピッタリで、尚且つ、民進党の松下政経塾出身の政治家を絡めた、会社と政治の関係性の違いの文章がありました。コピペします。長いですけれど分かり易いですよ。↓です。お読み下さい。


>経営第一の会社と政治は違うと、そう決めつける根拠は何でしょうか。(貴方の質問)


↓(その答え)
企業は、金銭的な利益を出さないといけないところです。利益優先のところです。
国家は国民から税を集め、優先順位をつけて、その税金を再配分して運営するところです。国家が、金銭的な利益にとらわれると、国民は不幸になります。国家は、金銭的利益に関わらず、国民が「安全」に「安心」して「健康」に暮らせ、そして、その暮らしの中で、個人としての「尊厳」と「誇り」と、将来の「夢」を描けるようなサービスを国として、その税金で提供するのが政治です。

会社が「利益優先」で経営するのに対して、国家の運営と政治は、集めた税金に優先順位をつけて、国民の暮らしを守る為に「再配分」するものですから、会社の運営とは大きな違いがあります。ところが、会社経営の神様といわれた、松下幸之助氏は、政治も会社経営のノウハウで行おうとしました。松下氏は、政治家養成のための「松下政経塾」を造って、会社経営で成功をした方法である「有能な若い人々に、素人的感性で経営を任せ、儲けを出す」と言う方法を、その政治塾にも当て嵌めました。

その方法は、会社経営では大成功しました。若いながらも会社から運営を任された、その若者たちは会社の売り上げアップと発展のためにいろいろ努力をし、製品開発や、その製品のアピール方法などを磨き、見事に売り上げアップにつなげ会社の利益発展に成功しました。松下氏は、この方法を松下政治塾にも取り入れたのです。若い方々は「松下政経塾」を松下氏から任され、そのカリキュラムを作りました。そのカリキュラムは、会社経営で成功を果たした方法と同カリキュラムを組みました。その政経塾のカリキュラムには「演説術」「会話術』「英会話」「交友術」「演劇術」「演出術」などが並びました。

その習得のため、それぞれのプロを雇って勉強をしましたが、今で言う「政治パフォーマンス一色」の政経塾カリキュラムになってしまいました。その結果、口先番町と言われるような政治家や、演説はとても上手でシロアリ演説などで有名な政治家も輩出しましたが、肝心の政治は国民のためにやる仕事と言うような政治哲学、論理、思想、実行力が欠けていて、それが備わらないままの、パフォーマンス上手の政治家ばかりの輩出になりました。

政治の精神、政治哲学、政治思想をじっくりと学ばず、パフォーマンスの上手さだけで政治をとってしまう、軽い政治家ばかりの輩出になり、世間からも、松下幸之助がこの世で残した唯一の欠陥商品が「松下政経塾の卒業生政治家」だ。といわれるまでになりました。松下氏が政経塾を作り、それを任せた若い方々も、松下氏と同じように、会社経営方法の成功例を政治にも当て嵌めようとした結果の失敗なのです。

松下氏自身も、政経塾を造った時「政治だって会社と同じだ。賢く運営して、正当な利益を上げれば、政治運営も税金なして運営できるのが道理だ。経営能力に優れた政治家を養成し、政治家にして国の運営を担当させれば「無税国家」にできるはずだ。その様な政治家を松下政経塾で養成し、国会に送り込む。と言う想いだったのだそうです。松下氏はこの様に「経営」の面だけから政治を見ていました。それを任された、若い政経塾のメンバーもやはり松下氏と同じ様に、国家の運営を会社と同じ運営方法でやってしまいました。

政治家として、もっとも大切な、政治理念、政治哲学、政治思想を学ばずに、会社経営で利益をあげ、成功した製品アピールのためのパフォーマンス、売り込み上手、利益アップなどを主眼としての政治塾になってしまいました。その方法では、政治家として、もっとも大切な「政治の哲学」「政治の為の思想」「理念」「経験」を元とする政治家としての重さや奥深さ厚みなどを学ばず、いわゆる政治家としての雑巾がけ思想を学ばずに、政治家になってしまったため、軽さと無能さを色濃く持ち合わせた政治家の輩出になってしまいました。松下幸之助が作った唯一の欠陥商品が、松下政経塾出身の政治家と言われるゆえんともなりました。

その軽さ無能さを併せ持つ松下政経塾の政治家の排出と、小沢氏の二大政党制の夢とが偶然に重なり、ほとんど首相などにはなり得ない不適切な人間を、その座に着かせてしまう結果となりました。その悪しき偶然が重なり、この現在の政治退行の結果をもたらし、この国は巨大な損失を受けました。今なお、その巨大損失は続行中です。

国家運営は、損得に関係なく、国民全てに、隅々まで、税金による安心、安全、幸福の国家的サービスを行き渡らせるという「再配分」の仕事なのです。会社は「儲け」が主の仕事ですから,その二つは、運営の色合いも意味も全然違うものなのです。

ハイ、↑の通りです。以上。


43. 2016年11月04日 08:05:24 : rLlWXq2dUA : G2hFj8Cl0w0[57]

4野党共闘がしっかり組めればアベ政権打倒も夢ではなくなる。
4党の政策調整はかなり難しいとは思うけど、共闘のための譲歩を前提に、
何度も話し合って、知恵を絞って、是非新たな合意点を探し出して欲しい。


44. 一主婦[2082] iOqO5ZV3 2016年11月04日 08:11:13 : F7tEJ6j5yk : 01pqnDwnfLQ[110]
訂正

辺レス使用と(誤)→辺レスしようと(正)


どんなに野党四党連携載り総論を唱えても(誤)

どんなに野党四党連携の理想論を唱えても(正)


45. 2016年11月04日 08:18:15 : zCK9ENZya6 : lVIpIE2dGz8[3]
>>36.スボン様
>>■阿修羅の中の特定の人間たちをもって国民と言う君は井の中の蛙。
 国民全体が野田さんに反感を持っているという統計データでもあるのか。

数値で示している訳ではなりませんから統計データではありませんよ。その行動と発言、そして議席減の経緯を鑑みて言っています。
仰られている事は逆もまた然りであり、それならば国民全体が好感を持っているという統計データでもあるのでしょうか。

反論は分かりますが、批判意見を書く者に対して自民党工作員とよく書かれていますが、ついでに言えばそれも只のレッテル張りに過ぎません。

個人的には過去の事はさておき、野田氏には頑張って頂きたいと思っておりますよ。国会議員として信頼はしておりませんが、腐っても野党第一党の幹事長なのですから我々国民の生活に与える影響は大きいですからね。

民進党野田幹事長との融和は野党共闘の為には避けては通れないところですが、犬猿の仲と思われていたこの両者の会談の意味は大きい。私は野田氏という政治家を信頼しておりませんが、かと言って過去の事に全てを於いて"今"を全否定する訳でもありません。

何故なら"今"を全否定して未来への芽を自ら摘む様な愚行は避けたいから。

個人的には今現段階の状況を好転させる為に国民が野党共闘の為に常に尽力してきた小沢氏をその先導役として強く後押しする事が最善の結果を得る為の早道だと思いますが、野田氏に関しても人物批判云々はさて置き、野党共闘という融和の道へ進むならば、それはそれで歓迎すべき事。国会議員としての信頼はこの先の在り方次第となりますが、様々な軋轢に屈せずに国民の為に尽力して頂きたいと思います。


都民


46. スポンのポン[4401] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年11月04日 08:20:54 : QQinPeiYow : 580apOQj8aE[445]
 
 
>>41.

>安倍政権を葬り去って=中華人民共和国政権になるのに

■安倍政権=米国忠犬政権
 病院行けよ。
 
 


47. 2016年11月04日 09:07:49 : EWW1Bsrc16 : EusQ7dPd@@w[95]

スポンさん訳の解らんこと言ってないで

>>45の都民さんにレスポンスしたらどうかね 正論です・・・

私自身野田は最低な卑劣愚劣な人間と思うよ 政治家である以前に、

でなければ惨敗承知で自爆解散選挙など出来よう筈は有りません

どれだけの同僚議員を路頭に迷わせた事か

自分だけ論功褒賞ムサシ開票で救われれば良いと云う問題では無い。


48. スポンのポン[4403] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年11月04日 09:43:55 : QQinPeiYow : 580apOQj8aE[447]
 
 
>>45.

都民 殿

>数値で示している訳ではなりませんから統計データではありませんよ。
 その行動と発言、そして議席減の経緯を鑑みて言っています。

■それなら安倍や麻生はどうですか。
 彼らがどういう経緯を経て現在に至ったかを考えれば
 民主党政権が潰れたことが野田さんが国民に嫌われているとする根拠には
 ならないはずではありませんか。
 野田さんがこの先再びこの国の総理になっても
 何の不思議もないと私は考えます。
 はっきり言って国民は何も考えていません。
 自分たちの日々の生活に追われ
 政治家に対する明確な意見を持っている人は一部に限られます。 
 そういう意味でも
 「野田さんが国民に嫌われている」
 という言葉は正しくないと思います。
  
>仰られている事は逆もまた然りであり、
 それならば国民全体が好感を持っているという統計データでもあるのでしょうか。
■野田さんが国民に好かれていると私が言ったことは一度もありません。

>反論は分かりますが、批判意見を書く者に対して自民党工作員とよく書かれていますが、
 ついでに言えばそれも只のレッテル張りに過ぎません。
■民進党は第二自民党だと言うのはレッテル貼りではありませんか。
 彼らは野田さんに対して常に卑劣なレッテル貼りをしています。
 あなたは彼らが自民党の工作員ではないと言える根拠を
 持っているのですか。
 一般市民ならば
 あなたのようなコメントであって当然だとは思いませんか。

>個人的には過去の事はさておき、野田氏には頑張って頂きたいと思っておりますよ。
■「私はあなたを信頼していないが、まあ頑張ってくれたまえ」
 と言われて頑張る人がどこにいますか。
 
 


49. スポンのポン[4404] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年11月04日 09:57:43 : QQinPeiYow : 580apOQj8aE[448]
 
  
>>47.

>私自身野田は最低な卑劣愚劣な人間と思うよ 政治家である以前に、
■ただしその根拠は自民工作員のデマを鵜呑みしただけ。

>でなければ惨敗承知で自爆解散選挙など出来よう筈は有りません
 どれだけの同僚議員を路頭に迷わせた事か
■政治家は天下国家のために働くのであり、仲間のためではない。

>自分だけ論功褒賞ムサシ開票で救われれば良いと云う問題では無い。
■根拠の無い妄想。
 
■君の言うことはすべて自民工作員丸出しのでたらめだ。
 
  


50. 2016年11月04日 10:08:16 : BU5MY2aOUk : PJp_J8_mrf0[11]

米国忠犬こそ妄想だろう

仮に米国忠犬だとして

今現在の日本をチベットやウイグルと比べて

チベットやウイグルの方が良いという

そんなバカが日本にいるわけがない

中華人民共和国に制圧されるということは

日本をチベットやウイグルのようにするということ


51. 2016年11月04日 13:38:50 : FusRg8iH5A : jH90wkToLfM[1]
>>48.スボン様
レス頂き、ありがとうございます。

一部同意出来る部分もありますが、そうでない部分もあります。誤解があるといけませんので少し書いてみます。

>> 「野田さんが国民に嫌われている」
 という言葉は正しくないと思います。

言葉が正しくないとの事ですが、この上記の言葉自体が、私が書いた文言と少しニュアンスが違っている様に思えます。


私は>>32で以下の様に書きました。
>>民進党、特に野田氏への国民の反感は理解出来ますが、人物批判はさて置き、4野党共闘という共闘への道に進む事は歓迎したいですね。

事の正誤は別としまして、多かれ少なかれ民進党という政党、その中でも特に野田氏への反感が国民感情の中にある事は常識的に考えても確かでしょう。逆に全く反感が無いという方が寧ろ不自然ですし、政治家であれば殆どの人物が多かれ少なかれ国民からの反感や肯定意見があるものです。

仮にその事実自体を否定なさるなら、これ以上の会話は不成立かと思いますが、そんな事もないと思いますので、この前提を元に下記のコメントに自分なりの意見を書いてみる事にします。

>>■それなら安倍や麻生はどうですか。
 彼らがどういう経緯を経て現在に至ったかを考えれば
 民主党政権が潰れたことが野田さんが国民に嫌われているとする根拠には
 ならないはずではありませんか。

この板では安倍や麻生について特に意見を聞いておりませんが、それと同時に「民進党が
潰れた事が野田氏が嫌われている根拠」とも書いておりません。

別に言葉を弄ぶ等の意図はありませんが、どう贔屓目に見ても、ここ阿修羅だけではなく世間一般的に見たとしても民進党という政党に対しては国民の中にある程度の反感がある事は間違いありません。勿論、これはどの政党にも当てはまる事ですが、民進党の場合は特にという意味で書いております。

その経緯の中、与党転落当時の首相を務めていた野田氏に関しても何らかの反感がある事は誰であれ容易に想像する事が出来ます。

ただ、ひとつ誤解を解く為に書きますが、先の様に民進党が潰れた事が野田氏が嫌われている根拠という書き方ですと言葉から受け取る印象が私が言いたい事と微妙に変化してしまいますので、あらためて書くとするならば、民進党という政党に対する批判や反感がある事はここ阿修羅だけではなく、世間一般的に見ても明らかな事であり、多かれ少なかれは別として、それら意見の中には当然ながら当時の代表であった野田氏に対する批判意見もあるでしょう。これは極々当たり前の事かと思いますが、それら意見の中にはこれまた当然ながら野田氏が嫌いという人も中には存在する事は当然の事です。

そして、民進党が潰れた事が野田氏が嫌いな根拠という訳ではなく、それら感情を持つ方々にとっては、潰れたという書き方は正しく事実を指摘しておらず、正確に申し上げるならば、民進党が潰れた原因の一つである解散という決断を下した当時の責任者が野田元代表だという事です。

この解散自体が当時の民進党支持者の意に即した事であれば原因の一つにはならなかったかもしれませんが、当時の民進党支持者が皆この解散を肯定していた訳でもないのです。

ですので、野田元総理の解散という決断が、民進党が潰れた理由の中の大きな一要素である事は間違いなく、その要因自体を当時の支持者全てが肯定していた訳ではないのですから、それら元支持者の中には当然ながら野田氏が嫌いという感情を持つ人がいる事も十分理解出来る事と思います。

因みに私自身も、野田氏を信頼しておりませんし、今後もその信頼を取り戻せるかも分かりません。ただ、今後の在り方次第ではいつの日か信頼出来る日が来ないとも限りませんから、野党共闘を通じての政権交代を目指す中で、失った信頼を取り戻す為、民意の実現の為に是非尽力して頂きたいと思います。

個人的な思いを書くならば、現時点では全く信頼に値しませんが、今後も政治家として活動していくのであれば、是非ともいい意味で驚かして頂きたいと願います。

誤解をして頂きたくないですが、これはある種の激励です。

都民


52. スポンのポン[4407] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年11月04日 20:59:15 : QQinPeiYow : 580apOQj8aE[451]
 
 
>>51.

 都民 殿

■野田さんが解散を決めた時は私もまずいことになったと思いました。
 確かにあの状況で解散することは無謀でした。
 それでも私は野田さんを悪く言おうとは全く思いません。
 たとえ勝とうと負けようとそれが政権に対する国民の評価ならば
 甘んじて受ける覚悟が野田さんの心には出来ていたのです。
 あの状況でああいう決断ができる野田さんを
 政治家として本当の大物だと私は思います。 
 その結果多くの仲間を失ったことは確かですが
 政治家は仲間のために政治をしているわけではありません。
 自民の悪政に国民が迷惑をしているのは
 民主党政権をつぶして自民を選んだ国民の自業自得です。
 バカが付くほどの正直者が野田さんの本当の姿です。
 民主党の3人の総理の共通点がそれだと思います。
 鳩山さんも菅さんも野田さんもバカが付くほどの正直者でした。 
 二言目には嘘をつく安倍とはまさしく天地の違いです。
 
 


53. 2016年11月05日 07:08:48 : YuTkIgKg7w : 0IapwwsDhFo[43]
>>52.スポン様
レスありがとうございます。

野田氏の本当の姿に関しましては私などの一般庶民が知る由もありませんが、政治家という特殊な職業に就く方達には様々な圧力や表面上窺い知れない事情などもある事でしょう。

個々の政治家に対する評価に関しては人それぞれですので、その違いについて批判するつもりはありません。

それよりも個人的にはそれら違いよりもむしろ共通点を探したいと私は思っています。

その点で見れば例え意見の異なるスポン様や私の様な者であれ、二言目には嘘を付く安倍総理を政権の座から引き摺り下ろす、国民生活を蔑ろにし続ける狡猾な自民党政治を終わらせるという点に関しては完全なる一致点を見出す事が出来、ある意味合意形成が可能だと考えます。

ご存知の様に私自身は小沢支持者ですが、小沢氏にしろ野田氏にしろ各人様々な不満や肯定意見がある事はある意味当たり前の事ですが、他者との見解の相違を乗り越えて私達国民自身がひとつの目的の為に合意形成に至る事が出来るならば、いつの日かそれは政治に反映される様な気がするのですよね。

犬猿の仲と言われていた野田氏と小沢氏の今回の会談は正にその見本とも言えますし、この両者の今回の在り方を我々国民はいい意味で後押しする事が得策だと私は思います。

他者との違いを乗り越えてひとつの目的の為に手を繋ぐ時、それは非常に大きなチカラになる様に思えます。

民進党の野田氏、自由党の小沢氏、そして共産党の志位氏等。完全に合意形成が不可能と思われていた彼等が手を繋ぐ時が現実として起きつつあり、これはある意味国民にとって非常に良い見本になるのではないか。

個人的には、この関係性こそを大切にしたいと思いますし、この融和を国民が後押しする事が出来るならば、きっとそれこそが安倍自公政権にとっての最大の脅威になるかと私は思います。

何故なら金目と脅し利権と圧力で支えられている自民党政治の様な在り方と善意ある融和とは北風と太陽、正に天と地ほどの違いがあると思えるから。

私達庶民の生活に直結する政治の世界が国民の手本となり、その手本を国民が支持して後押しする時こそ良い政治が実現されるのだと思います。

小沢氏を支持してい人もいれば批判している人もおり、同じ様に野田氏を支持してしる人もいれば批判している人もいます。私とスポン様も同じですが、大切なのは違いを焦点にするのではなくそれらを乗り越えて共通の目的の為に合意形成する事ですよね。

今回のこの両者の関係性こそを個人的には後押ししたいと思います。

自公に勝ってお互い笑う事に致しましょう。

都民


54. 2016年11月05日 11:17:00 : ztQPQj7kJE : obbzCrFObMo[195]
いつもながらの都民さんの正論には、誰も反論出来ないね。
アベ与太者集団<最早政党ではない>を一刻も早くこの国から葬り去るには、今や皆の団結しかない。向こうは数の力で好き放題に暴走中だ。
アベの顔を3期9年間も見させられる?助けてよ、まっぴらごめんだ。
このままでは国民は不幸になるばかりか、精神までやられるワ。

民進党も連合もその存在自体が危うくなってきた今、其れなりの思惑もある中で、自公政権打倒に協力姿勢で臨む気配らしきものが見えてきた事だけでも歓迎すべきと思う事にしよう。
小沢氏の声掛けに、野田は内心「渡りに船」とばかりに乗ってきたのだろう。
肝っ玉の小さい野田から小沢氏に声掛けなどあろうはずがない。<真ん中を取り持つ人がいたとしてもだ>

それにしてもこの国の国民は、次々と自公で好き勝手にアブナイ決まりが作られている事を知っているのか知らないのか、ほとんどが危機感ゼロのお眠り状態の様である。韓国では、朴クネのデタラメ政治に怒り心頭の男がパワーシャベルでソウルの最高検察庁に突っ込んだという。ここまで過激な行動はどうかと思うが、日本人はもっと怒りの感情をあらわにすべきではないのか、いつまで大人しくしているつもりだと腹立たしくなってくる。国民性の違いだと一言で済ませていい時でもなかろうに。


55. 2016年11月05日 16:08:11 : F9v8GE4R4E : A3SVcj1XR@M[2]

野党共闘の動きが加速されるのだろうか未だ国民の関心は迷いの中にある状態だろう。

国民の期待感と何ら関係のない情報が溢れるだけの繰り返しにもマンネリ感が出始めた。

小沢一郎と野田佳彦と志位和夫を三匹の豚に例えるなららさながら三人はブー•フー•ウー。

仲良く力を合わせて国難に打ち勝つことができる最強の国家を樹立して築き上げてほしい。



56. 2016年11月05日 22:51:05 : YuTkIgKg7w : 0IapwwsDhFo[44]
>>54.様

御意です。
安倍総理で3期9年は流石に辛いです。
仰られる通り国民はもっと怒りを表に出しても良いと思います。

唯一の希望は野党共闘の芽が潰えていない事と、じっくりではありますが、原発、集団的自衛権、アベノミクス等々の悪法の欺瞞が徐々に衣が剥がれてきており、現在は永年深く染み付いた汚れを表面に浮かび上がらせている時期なのかもしれないという事。

最近では原発推進の論拠も破綻しておりマスコミ洗脳に騙されている人も徐々にではありますが少しづつ減少してきている様に思えますね。流石に数年前の様に原発を止めたら電気が足りなくなると真顔で言う人は肌感覚でも減った様に思います。

汚れを浮き上がらせて一気に拭き取りたいものですね。

都民


57. 2016年11月06日 09:16:05 : EWW1Bsrc16 : EusQ7dPd@@w[100]

諸悪の根源 敗戦国日本の米戦争屋の出先機関 憲法よりも上位にある《日米合同委員会》
米軍の司令官と財務外務防衛等の事務次官級の会談(実体は米軍の指示)で決まった事はすべてに優先する

戦争に負けるとはそう云う事です何故日本の官僚が米軍の司令官と原発やTPPのお話をしなきゃいけないんですか? 

米軍司令官(軍隊)とは戦争の(人殺し)為に存在するんじゃないの
戦争に正義の戦争は有りません戦争そのものが不正義(人殺し)

パペット安倍は汚れ仕事の戦争法 原発再稼働 TPP等目途がつけばお役御免で他の人に任せるんじゃないですか 
これらを可能にしたのはムサシ不正開票とメディア特にテレビの世論誘導捏造調査等の洗脳報道です

なぜ99%の政治ではなく1%の政治が連綿と続くのでしょうか 不思議ですよね
支配権力が何かをしようとした時それに対峙する国民は無力です

最近の選挙を見れば民主主義等幻想に過ぎずセレモニー(儀式)である事にきずくと思います

『 自分だけが正しいと裏の世界を知らない人に何を言ってもしょうがない 』



58. 2016年11月06日 11:15:23 : 75c8V3cCY2 : PML1S5VH8U8[1]

>57
>>ムサシ不正開票

“ムサシ不正開票”言説に共通しているのは、動かぬ証拠を提示できないこと。
疑惑や状況証拠だけでは裁判にさえならない。

動かぬ証拠なき不正開票喧伝は、百害あって一利なし。
麻薬のように、投票意欲減衰作用 を浸透させる働きがあるからだ。

それよりも重要なことがある。

選 挙 に 行 く こ と。
選 挙 に 行 こ う よ と い う 機 運 を 盛 り 上 げ る こ と。

投 票 率 が 上 が れ ば、 政 治 を 変 え ら れ る。
投 票 率 が 上 が ら な け れ ば、 政 治 を 変 え ら れ な い。

>57
>>民主主義等幻想

明治大正期より日本国民の一部には民主主義の萌芽が確実に育っていた。
昭和戦前戦中期の軍部主導の圧政が国をズタズタにしてしまうまで、民主主義は封殺され続けてきた。

国民は戦後、どのような経緯であれ 民主主義を 自らの手に 取り戻したのだ。
民主主義を堅持し、民主主義的手法で、正攻法で、名実ともに真の独立を獲得していく。
不平等条約の撤廃。報道機関の政治的独立性。やることはいろいろある。

待てよ。これらをずっと唱え続けてきた政治家が、目の前にいるではないか。


小 沢 一 郎。

🌀熱帯性無気力症候群(5901043)
 


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK215掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK215掲示板  
次へ