★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK215 > 550.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
憲法9条についての記述が突然変わっていた! 
http://www.asyura2.com/16/senkyo215/msg/550.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 11 月 06 日 10:10:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 


憲法9条についての記述が突然変わっていた!
http://79516147.at.webry.info/201611/article_37.html
2016/11/06 09:24 半歩前へU

 小学館の学習漫画は当初、戦争放棄を盛り込んだ憲法九条が幣原喜重郎首相の提案と表現していた。ところが、ある時からマッカーサーGHQ(連合国軍総司令部)最高司令官の提案に変わったという。記載はいつごろ変わったのか、どんな事情があったのか、学習漫画を巡る「謎」を追った。

東京新聞によると、
 学習漫画は「少年少女日本の歴史」。第一巻が一九八一年から刊行されているロングセラーだ。指摘された場面は第二十巻「新しい日本」の中で、四六年一月二十四日の幣原・マッカーサー会談を描いた一コマ。出版時期が違うものを探して比べたところ、絵柄はほぼ同じなのに発言内容が変わっていた。

 具体的には、九三年三月発行の第三十三刷は、戦争放棄を憲法に入れるよう提案したのは幣原としていたが、九四年二月発行の第三十五刷はマッカーサーの提案となっていた(第三十四刷は見つからず)。現在発行されている増補・改訂版は二十一巻で現憲法制定に触れているが二人の会談場面は描かれていない。

 漫画の表現変更は昨年夏ごろからツイッター(短文投稿サイト)で話題になっていた。その中から「国会前で『憲法は米国に押しつけられたのではなく、日本側が戦争放棄を提案したのです』と訴えるチラシをもらった。配っていたのはシルヒトマン氏」との書き込みを見つけた。

 その人は埼玉県日高市のドイツ人平和歴史学者、クラウス・シルヒトマン氏(72)。幣原や九条について何十年も研究し、日本語やドイツ語、英語で本も出している。幣原提案説に立つ。漫画の表現変更に気づき、新旧の描写を著書に載せたり、はがきにして首相官邸前デモで配ったりした。それが拡散したようだ。

続きはここをクリック
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016110690070932.html


入れ替わった9条提案 学習漫画「日本の歴史」 
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016110690070932.html
2016年11月6日 07時11分 東京新聞


憲法制定過程などについて話すクラウス・シルヒトマンさん=東京都千代田区内幸町で

 戦争放棄を盛り込んだ憲法九条は、日本側の意思でつくられたのか、それとも連合国軍総司令部(GHQ)に押し付けられたものなのか。長く論争となってきたテーマについて、読者の方から興味深い情報が寄せられた。小学館の学習漫画は当初、幣原喜重郎(しではらきじゅうろう)首相の提案と表現していたが、ある時からマッカーサーGHQ最高司令官の提案に変わったという。記載はいつごろ変わったのか、どんな事情があったのか、学習漫画を巡る「謎」を追った。

 学習漫画は「少年少女日本の歴史」。第一巻が一九八一年から刊行されているロングセラーだ。指摘された場面は第二十巻「新しい日本」の中で、四六年一月二十四日の幣原・マッカーサー会談を描いた一コマ。出版時期が違うものを探して比べたところ、絵柄はほぼ同じなのに発言内容が変わっていた。

 具体的には、九三年三月発行の第三十三刷は、戦争放棄を憲法に入れるよう提案したのは幣原としていたが、九四年二月発行の第三十五刷はマッカーサーの提案となっていた(第三十四刷は見つからず)。現在発行されている増補・改訂版は二十一巻で現憲法制定に触れているが二人の会談場面は描かれていない。

 漫画の表現変更は昨年夏ごろからツイッター(短文投稿サイト)で話題になっていた。その中から「国会前で『憲法は米国に押しつけられたのではなく、日本側が戦争放棄を提案したのです』と訴えるチラシをもらった。配っていたのはシルヒトマン氏」との書き込みを見つけた。

 その人は埼玉県日高市のドイツ人平和歴史学者、クラウス・シルヒトマン氏(72)。幣原や九条について何十年も研究し、日本語やドイツ語、英語で本も出している。幣原提案説に立つ。漫画の表現変更に気づき、新旧の描写を著書に載せたり、はがきにして首相官邸前デモで配ったりした。それが拡散したようだ。

 漫画の表現変更の理由は知らないという。記者も手を尽くしたが、監修した学習院大学元学長の児玉幸多(こうた)氏は二〇〇七年に死去。小学館広報室も「記録が残っていない。当時の担当編集も退社し、経緯は把握していない」との回答だった。

◆ドイツ人研究者指摘「湾岸戦争で世界の批判影響か」

 シルヒトマン氏=写真、朝倉豊撮影=に漫画の書き換えや憲法九条について聞いた。

 −幣原元首相や憲法九条になぜ興味を持ったのか。

 「ドイツの平和学会に入り、各国の憲法、特に平和に関する規定に興味を持った」

 −漫画の表現の書き換えに気づいた経緯は。

 「日本人に広く読まれている漫画で、どう表現されているのか興味を持った。最初に幣原がマッカーサーに(戦争放棄を)提案している方を見つけ、その後、真逆のストーリーになっていることに気が付いた」

 −表現が変わった理由をどう考えるか。

 「日本が湾岸戦争で国際的な批判を受けた後、漫画の表現が変わった。日本人が、改憲を現実的な問題として真剣に考え始めた証しではないか」

 −改憲勢力には、九条も時代に合わせて変えるべきだという意見がある。

 「九条は本来、国連が世界連邦として機能し、世界中で武装解除が進むという理想を見据えて策定された。現実はそうなっていないが、今は過渡期。変えたらすべて終わってしまう」
 −九条はむしろ世界に広げていくべきなのか。

 「戦力不保持を明記した九条は際立っている。この条文を各国の憲法に生かすことができれば、大きな起爆剤となるはずだ」

<憲法9条> 戦争放棄、戦力不保持、交戦権否認を明記し、平和憲法の根幹と位置づけられる。1946年1月24日、幣原喜重郎首相がマッカーサーGHQ最高司令官と会談した際に戦争放棄を入れるよう提案したという説と、否定する説がある。

<ニュース読者発> 今回の取材は、千葉県佐倉市の匿名の女性が送ってくださったファクスが発端です。表現が変わった理由は解明できませんでしたが、いろいろ気づかされたことがありました。(北條香子、安藤美由紀)



















 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 中川隆[4838] koaQ7Jey 2016年11月06日 10:21:05 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[5252]
アメリカは1943年の時点で日本には未来永劫 自主防衛力は持たせないという方針を決めていた

第九条もその段階で決まっていた事


そもそも現行憲法は国民の承認を一度も受けていないだろ

日本国憲法は、 「日本国民が主権を保有していない時期」 すなわち、1945年8月15日から、サンフランシスコ条約が発効になった1952年4月28日の「間」に作られた


幣原首相が憲法九条を提案したとして、一体、何の権利を持って提案したのか、という問題が生じます。幣原首相は、日本国民の主権を代表する立場だったのですか?


 何しろ、当時の日本国民には主権がなかったわけで、「存在しない主権を代表する」ことはできません。幣原首相が憲法九条の提案者だったとしても、「主権がない時期に制定された憲法」であることには変わりませんし、むしろ幣原首相は一体全体「何の権利」に基づき、憲法九条を提案したのか、という別の問題が出てきてしまいます。


 憲法九条の提案者については、諸説あるようですが、問題はそこではなく、主権という「根本的な話」なのです。


日本国憲法を作ったのは軍隊のアルバイト


マッカーサーは日本政府に憲法改正を命令したが、軍による独裁には従わないとして東久邇宮内閣は総辞職しました。

マッカーサーは連合軍という軍隊の司令官にすぎず、日本政府や議会に命令する立場に無いのに、勝手に軍事政権を作った事になる。


日本側はマッカーサーの命令を拒否し、憲法調査会を組織して、時間を掛けて改正すると回答しました。

1945年11月に憲法改正のための委員会が発足し、1946年1月にGHQに提出しました。

日本側の案は現行憲法(帝国憲法)に米国の要望を取り入れて改正する案だったが、マッカーサーは拒絶しました。


アルバイトに適当な憲法を書かせて「拒否するなら何発でも原爆を落す」と議員らを脅迫した。


軍事政権が作った憲法

マッカーサーは民政局長のコートニー・ホイットニーに憲法作成を命令し、ホイットニーはアルバイト職員らに草案を書かせた。

こうして約7日間で書き上げたのが「日本国憲法」の原文の英語版でした。

当時日本の新聞はGHQの支配下にあったので、マッカーサーは日本政府に伝える前に、勝手に新聞で発表してしまいました。


先に日本政府に伝えるとまたゴネだして、内容を変更したり無効になると考えたからでした。

日本の国会議員らは新聞を読んで初めて憲法の内容を知り、激怒して絶対反対の態度を取りました。

するとマッカーサーは「新憲法を承認しなければもう一度戦争だ、原爆をまた落す」と言って脅迫しました。


東京大学などの法学者は新憲法を違法だと言い、反対の態度を取ったが、これも「認めなければ戦犯にしてやる」と脅迫して認めさせました。

当時マッカーサーはA級戦犯、B級戦犯などランク付けし、連合軍に反抗的な公務員や学者らを逮捕しては処刑していました。

GHQを恐れた東京大学は「憲法学」という学問を作り、日本国憲法は日本国民が作ったと言い出しました。


これが今日に残っている「憲法学」で、マッカーサーが「戦犯になるか憲法を認めるか」と脅迫して作らせた学問です。

GHQ支配下の新聞、NHKはこぞって「国民が新憲法を作った」という嘘の報道を繰り返し、やがて嘘の方が事実として広まりました。

帝国議会は「もういちど原爆を落とされたいか」と脅迫され、ほとんど審議せず新憲法を承認しました。


新憲法は「国民が作った」という宣伝の後で、1947年(昭和22年)5月3日に施行され、今日に至っている。

これを誰が作ったと考えるかはその人の考え次第だが、少なくとも日本の総理大臣や国会議員はまったく関与していない
http://thutmose.blog.jp/archives/65117879.html


アメリカは1943年の時点で日本には未来永劫 自主防衛力は持たせないという方針を決めていた

第九条もその段階で決まっていた事を記しただけのもの

アメリカは北朝鮮や中国の核武装は容認するけど、日本の核武装や自主防衛力は一切認めない

天皇一族はアメリカの手先だから護憲・平和主義なんだ


2. 2016年11月06日 10:22:15 : l66lRE2YdM : PbKHU5QVH5w[2]
報道ステーションで9条原案は弊原提案説を紹介し、それにケチつけたのが小林よしのり。


3. 2016年11月06日 10:31:30 : 0FfmSV4ma5 : LHWmKHNbK2Q[1]
SAPIOの小学館ですからwwww

4. 2016年11月06日 10:37:32 : dZBvdspRK6 : 06T5ItAb3Yo[4]
平気で歴史を変える、自分の都合よい方へ、
それがファシスト連中の常とう手段ですね。

ヒトラーも自分の都合に合わせて
歴史どころかすべてを変えようとしましたね。

ファシスト・アベちゃんも、
ヒトラー以上の執着をもって
歴史を変えてしまう
恐怖のお馬鹿さんですね。


5. 2016年11月06日 10:41:53 : l66lRE2YdM : PbKHU5QVH5w[3]
>アメリカは北朝鮮や中国の核武装は容認するけど、日本の核武装や自主防衛力は一切認めない


中川隆の妄想世界では、中国や北朝鮮はアメリカの属国ということになっているらしい。

陰謀脳、ここにきわまれりw

あ、陰謀脳のネット中毒者のサイトからのコピペ反論はいらないから反応しないでね中川隆。


6. 中川隆[4840] koaQ7Jey 2016年11月06日 11:10:05 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[5254]
>>5

米中は昔から常に利益を分け合い、手を携え前に進む仲間だった
http://www.asyura2.com/13/lunchbreak53/msg/527.html

【伊藤貫】米中衝突は起こらない! アメリカが日本を守らない理由[桜H27/11/19]
https://www.youtube.com/watch?v=Kla8vz0fx-U

【伊藤貫】米華同盟、日本列島を食い苛む西部邁ゼミ 2013年7月27日放送
https://www.youtube.com/watch?v=DLrGGEymC8Q

TPPには中国包囲網という側面はほとんどない。
なぜなら、米国は、中国との間でTPPレベルを超える金融サービスなどの投資協定を締結しているからである。

米国支配層が中国に期待するのは、中国市場での金融サービス事業の自由拡大である。

(製品貿易レベルでは、米国が中国に輸出できるのは航空機やハイテク製品そして映画など限られたものであり、貿易赤字の元であるコモディティの中国からの輸入は発注主である米国企業の利益でもある)

 穿った見方を言えば、米国が日本をTPPに引きずり込んだのは、日本が「東アジア共同体」構想を持ちながら、日中FTAを推進していた日本の動きを阻害するためである。

 オバマ政権は、日本をTPPに引き込む一方で、中国とは戦略対話を重ね、抜け駆け的に高度な投資協定を締結したと言えるだろう。
http://www.asyura2.com/16/china10/msg/219.html


7. 2016年11月06日 11:10:35 : XOkCagC6Rg : bhToZpPEUR4[3]
憲法は書いてある条文がすべてである。その憲法で日本は70年以上戦争をしないですんで来た。

9条がなければベトナム戦争にもイラク攻撃にも加わっていたはず。それでいいのか?どちらも明確な侵略戦争だった。

ただし日米同盟が破棄されるのであれば憲法改正は必要だろう。日本は個別的自衛権を持っていると書き込むだけでよい。日米同盟下では憲法9条は必要だ。


8. 中川隆[4841] koaQ7Jey 2016年11月06日 11:12:16 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[5255]
>>5
1972年2月、当時のニクソン米大統領とキッシンジャー補佐官が北京を訪問し、
周恩来首相と会談した時に、日本に対して三つの密約が交わされた。

米中密約の内容

1.日本に核武装そして単独防衛させない
2.これを防ぐために米軍は日本に駐留する(ビンの蓋論)
3.朝鮮半島および台湾問題で日本に発言権を与えない

この密約は、2002年10月、当時の江沢民中国国家主席が、
テキサスの牧場に当時のブッシュ大統領を訪ねたときにも再確認された。


9. 2016年11月06日 11:36:34 : l66lRE2YdM : PbKHU5QVH5w[5]
中川隆、コピペいらないと忠告したよねw

俺が>>05で言いたいのは、おまえさんがすぐコピペベタ貼りするそういうところがダメだってこと。


10. 2016年11月06日 11:37:30 : EIHH4CSarE : ZNs6WKx@BdQ[321]
この憲法9条をワイマール憲法に置き換えれば、これがドイツであれば「ヒトラー総統自らが、多くのドイツ国民をまんまと騙して、戦争への道に暴走した過ちをク繰り返そうとしている魂胆が見え見え」であることは、そのアメリカを戦前の日本にでも置き換えれば、「ルーズメルト大統領もまた、まんまと騙されたふりをして、その戦前の日本を戦争に引きずり込んだのと同じ過ちを、共和党のトランプ候補もまた繰り返そうとする魂胆も見え見え」であることは、もう中国外務省の報道官からして、「安倍総理は嘘つきだ」というのが、アメリカにしてみれば「トランプは間抜けだ」という認識と、「保育園落ちた、日本死ね」という認識こそが、国際社会全体としては、合理的推論に基づく歴史的根拠として大いに共感できることは、当たり前のことですが、「この憲法9条を亡き者にしてでも戦前の日本を取り戻そうとする日本会議こそが、公共の迷惑どころか、これがお国のため、天皇陛下のためなどといったところで、天皇陛下にとってもこれほど迷惑極まりない逆賊そのである魂胆も見え見え」であると同時に、これと共通するのが「核発電推進原理主義組織にまんまと騙されて核開発計画書なるものを作った外務省もまた、自らが核発電推進原理主義組織そのものが、この日本会議と同様の極悪人であることは、もう誰が見ても明らかなことであると同時に、この共犯者でしかないということもまた、この自民党と本質的には変わらない対米従属詐欺を繰り返すだけの犯罪者である魂胆も見え見え」であること自体が、この日本国そのものに対する本質的な見立てであることも、また国際社会全体からしても当たり前のことだという真実を見破れば、これはもう怒りを通り越して聞いて呆れるどころの騒ぎではないことは誰が見ても明らかなことなのでは?

これを逆手に取れば、もうこの日本国だけが、国際社会全体からすれば、容赦なくどんどん馬鹿にされることになろうとも、この安倍首相自らが、誇りを持って、どんどん涙を流し続けながら、どんどん謝罪をして、こんぽような逆賊と、黙ってしがみついてくれるだけの支持者だけを道連れにして、腹の虫がおさまるまで「大日本帝国の馬鹿野郎!」という無念の怒りだけを、勝手に叫び続けながら、どんどん譲歩して、特に財界が自ら誇りを持って、どんどん譲歩して、税金じゃ社会保険料については、もう容赦なく、どんどん払い続けながら、電力料金についても、どんどん値上され、為替については、どんどん円高に戻し、株価だけを奈落のどん底に突き落とし、強欲な投資家だけを、どんどん涙を流して泣き寝入りをして頂くことで、どんどんグローバル競争には一人負けをして、売り上げを減らし続けることン三なろうとも、最低賃金をどんどん底上げすることで、生活保護をはじめとする公的給付に全て回すことで、年収1075万円を超える労働者のみを対象に残業手当をカットすることで、カットした残業手当相当分を、他の労働者への基本賃金に回すことにすれば、労働時間をどんどん減らし、産業構造の流動化と同時に、雇用の流動化もどんどん加速化させることにより、何のデメリットもなければ、それでか構わないし、これがお互いにとってのメリットにもなればこそ、これが「公共の利益」となり、憲法25条の健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を保障するための公的給付の上限とすれば、これこそが中国からすれば「核心的利益」として共に分かち合うことが出来さえすれば、日本経済が、どんどん沈没することになろうと惜しくはないし、アメリカに梯子を外されることになろうとも、日本全体が、東アジアの中の緩衝地域となることで、どんどん没落して、日本社会全体が、どんどんひっそりと静まり返って安定化させることで、二度と変な戦争に巻き込まれることも無く、どんどんガラパコス化して、どんどん取り残されることになろうとも、ただひっそりとした国となって、幸せに暮らすことで、「全人類が共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らすことが出来る様に、国際社会に対して、どんどん見せつけていくことを誇りとすれば、全人類から「日本経済敗北おめでとうございます。と共に、天皇陛下有難うございます。このご褒美として、憲法9条にノーベル平和賞を授与したいと存じますので、どうぞ有り難くお受け取り下さい」と深く感謝をして応えて来て貰えることになれば、これこそを誇りとして、「安倍首相にまんまと騙されてしがみついてきた極悪人や日本会議とこれらにしがみついているだけの支持者の皆様に置かれましては、天皇陛下有難うございます、とだけ、どんどん涙を流しながらも深く感謝をして応えて頂ければ、これだけを誇りとして、国際社会にも、どんどん見せつけていくことで恩返しをして頂ければ、もうこれだけで十分ですから、どうぞこのまま何処か人目のつかないところで、ひっそりと泣き寝入りをしながらも、幸せに暮らして頂くことで、そのまま歴史の闇の中に、そっと静かに消えて下さい」ということで応えて参りましょうか


11. 2016年11月06日 11:46:13 : mCfl5gSfX2 : rrOs7qZH8nU[2]
1>>中川氏の憲法にたいする記述は正しい、日本が米国に永久に反抗できない

   為の憲法9条、(日米安保とセットで日本の生死を米国が握る)

  米国と中国は第二次大戦時から馬があい、日本けん制に中国を利用したのは

  あきらか。

  ただし、彼は天皇制には偏見をもっているように思う。

5>> 憲法9条はかつては役立った面はあるが、米国の軍事力衰退にともない

  米軍が日本から徹たいする場合を考えると。すでに賞味期限は切れている。

  世界の軍隊がなくなる平和な世界の実現はまだまだ先の話。
  
  現実路線をとるべきだろ。 理想を叫ぶのはそれはそれで大切だろうが・・。


12. 2016年11月06日 11:48:23 : F0pz9yVzOM : Hdqz9Mw7Z7g[13]
記事よりも中川隆の方が正しいと思う。

関係者がいなくなって日本人の記憶が曖昧になってから書きかえられるのは戦後の常。

南京大虐殺
従軍慰安婦

そしてどう考えても英文を訳したとしか考えられない日本国憲法を
日本人が書いたとは言えないから日本人幣原が提案したと平気で書く。

徹底した言論統制があったのは戦前ではなく戦後。
敗戦国として意気消沈していた日本人はそれを黙々と受け入れた。


13. 2016年11月06日 12:12:20 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[975]
>>1の 馬鹿ガワ君を含む ウヨ連中に申し上げる 

当時の日本国の指導者が マッカーサーと連合軍司令部に まったく逆らう事は出来なかった状況は事実だが
それに対して文句を言いたいのなら、勝てる筈のないアメリカなんぞと戦争おっぱじめた馬鹿どもに向かって
言うのが 筋と言うものだ 東西に分割統治されなかっただけでも幸運いがいの何ものでもないのだ

「昭和16年夏の敗戦」 これで検索すれば立ちどころに明らかになる 始めから勝てる訳がなかったのだ

憲法を 作らせてもらっただけでも有り難いと思うべきだな 中川を含む 救いようのない馬鹿ウヨ諸君
へたすりゃ いまごろ我が国は アメリカ合衆国の州の一つになっていたとしても不思議では無いのだぞ
天皇陛下は 縛り首あるいは断頭台の露となっていた可能性は 大いに有ったのである

● 実際 昭和天皇の訪問をマッカーサーは ラフな服装で 机に脚を投げ出したまま迎えた、これが現実だ ●

全ての元凶は 国民を騙して 勝てる筈のない戦争に突き進んだ 軍部と右翼と国粋主義者たちと
馬鹿で愚かな日本の指導者にあるのだからして アメリカに文句を言うのは筋違いである。


14. 2016年11月06日 12:27:24 : OkXopCDtCI : A8c@zeLIHq8[331]
歴史、議事録、発言、公約等を修正、捏造、改竄する勢力に正義はない。
都合の悪い物は無かった事にする。

放射能も同じ。こんな国にいったい誰がしたんだ?


15. 2016年11月06日 12:41:48 : mCfl5gSfX2 : rrOs7qZH8nU[3]
13>>。ヨへたすりゃ いまごろ我が国は アメリカ合衆国の州の一つになっていた
    としても不思議では無いのだぞ」


   へたしなくても、既に日本は米国の属国だ、GHQ憲法を奉じていること
  
   こそそのあかし。

   人を馬鹿というまえに、我が身(君)はどうなんだ。

   バカサヨではないのか,君が戦後史観、GHQ史観に洗脳されているとしか

   見えない。


16. 2016年11月06日 13:04:02 : l66lRE2YdM : PbKHU5QVH5w[6]
GHQだ戦後体制だと罵っていれば自分たちのどうしようもないバカぶりはどうにかなるのだろうか?

どうにもなりはしない。

負けは負け、しかもバカと阿呆と大虚けと三つつけても足らぬくらいのボロ負けを喫しておきながら、勝った側の傍若無人さばかりあげつらう。

それこそが負け犬根性そのものだ。

敗者にはなにもくれてやるな、それが鉄則だ。

負けて悔しい花一匁。

>>13の言うことはその意味で当然。


17. 2016年11月06日 13:08:27 : EIHH4CSarE : ZNs6WKx@BdQ[322]
ならば、もしも真珠湾攻撃を回避することが出来たとすれば、陸軍参謀本部ならびに海軍軍令部が、自らが誇りを持って、全兵士に対しては、武装解除を命じて、戦争を終わりにすることが出来れば、これだけでも領土問題は別としても、この大日本帝国憲法を、今の日本国憲法に変えることはできたかも知れませんね。

仮に、これが回避することが出来なかったとしても、ミッドウェー海戦で敗北した時点で、山本五十六連合艦隊司令長官が、管理監督者の立場としての責任を取って、海軍省あるいは軍令部に対して、これが潮時として戦争を終わりにする決断をして、自らは、自決することになっても構いませんから、是非とも昭和天皇に対して、ご決断して頂くように働きかけていくことで、海軍軍令部総長ならびに陸軍官房本部長が、誇りを持って、これに応えて昭和天皇に、戦争を終わりにする決断をして頂くことになったとしたら、アメリカにしてみれば、既に中立条約を締結しているソ連に対して、講和の働きかけをすることくらいは大いに想定されるところですね。

仮にナチスドイツとの戦争により応えられなかったとしても、中立国であるスイスあたりに講和のテーブルを用意して貰うことくらいのことならば、簡単に出来たかもしれませんよね。

いずれにせよ、昭和天皇自らが、一億総懺悔という苦渋の決断をして、全てを終わりにしたということだけは、もう疑いようがないことは、アメリカにしてみれば、天皇の地位は、日本国民の意思に任せるという条件で、ポツダム宣言を受け入れたことも真実とするならば、憲法9条を亡き者にしようとする行為そのものが、結局のところはこの責任から逃れてでも、アメリカの言いなりに成り下がろうと知る対米従属詐欺を繰り返すだけの間抜け官僚機構か、日本会議もまた、この間抜け官僚機構に対する跳ね返りの戦争詐欺を繰り返すだけの屑集団そのものでしかないということは、もう誰が見ても明らかなことでは?


18. 2016年11月06日 13:45:52 : mCfl5gSfX2 : rrOs7qZH8nU[4]
16>>。ヨ敗者にはなにもくれてやるな、それが鉄則だ」

 いいね、じゃ次 日本が勝つこと考えればいい。

 負け犬根性というなら、米国が負け犬日本に放り与えた GHQ憲法を返上

 して、自前憲法もつくれないほうが、負け犬根性でないか。

 日本が悪かったばかり、バカの一つ覚え言わないで、次どう勝つか考える

 、気概がないと。一回負けただけリベンジすればいい。

 それこそ自虐負け犬根性だよ。


19. 2016年11月06日 15:54:17 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[977]
>>15
>へたしなくても、既に日本は米国の属国だ

属国かどうかはともかく、米国の手下に成り下がるのが そんなに気に食わないのなら
まず、「勝てぬ戦争始めた馬鹿な連中に言うのが筋でしょ」 と そう言っているだけだ馬鹿ウヨ君よ
負けた という事実は、未来永劫変わらない なのに負け犬根性などと論っても全く意味の無い事だ
「負け」 は、何百年経とうが何千年経とうが 「負け」 である


理解力が無いようだから もう一度言う 「文句あるなら 馬鹿で愚かな戦争おっぱじめた連中に言え」
これが理解出来ぬなら 小学生 いや 幼稚園からやりなおせ。


20. 2016年11月06日 16:12:23 : F0pz9yVzOM : Hdqz9Mw7Z7g[14]
>>17

真珠湾攻撃はアメリカが待ち望んでいたのだから、
当時の日本はアメリカのシナリオに沿って動いていたことになる。

すべての情報が筒ねけなのに日本側はルーズベルトの窮地をまるで考慮していない。

真珠湾攻撃が一週間遅れたらその後の世界情勢に大きな変化があったろうと言われている。

性急な決断が大きな厄災を招いた。

官僚たちは自分たちの縄張り争いに夢中で、
決断が遅れれば開戦が出来なくなることを恐れたものと思われる。

国内での権力争いに勝つための口実が対米開戦。

関わった関係者、政治家官僚は引くに引けなくなっている。

いったん決めると引けなくなるのが官僚機構。
絶対に責任者を出したくないと言う思いが優先する。

豊洲問題も対米開戦も政治システムが抱える永遠の問題を含んでいる。

日本国民の熱狂はファシズムとはまったく関係ないと思う。


21. 2016年11月06日 16:13:34 : xQoZn42Pr2 : 2ydlNWODHRI[1279]
なにやってんだ小学館

22. 2016年11月06日 17:32:43 : kDVop4u7Ig : htN6NjVH0Kc[278]
第二次世界大戦の終結は、戦闘に巻き込まれた多くの民衆は喜んだのでしょう。生活基盤を破壊するし、
何時殺されても仕方ないの状況から解放されて、もう二度と戦争はしたくないと思うのが当然のことです。

「戦争放棄」は最大の安全保障だ。戦争に負けると惨めですよ!米国に占領されて『偽善的』な条約を結んで、
「日本憲法」より上位である『日米合同委員会』の言いなりで、国民の税金はドンドン吸い上げていく。

アメリカ軍が国防費の抑制が迫られる中で、日本防衛指針の見直しは「自衛隊」にも血を流せと企んでる。
アメリカの戦争に巻き込まれないためには【憲法9条】を盾に、日本は「死んだ振り作戦」しかないね。

先の大戦は「真珠湾攻撃」から始まったじゃないのよ!『今上天皇』は<1931年の満州事変からの歴史を
見なければいけない。そしていま我々の将来を考えるために、これを考えなきゃいけない>と言われました。

戦争を始めたことや悲惨な体験等々を、次世代に正しく伝えいくこと。美しい戦争なんてありません!


23. 2016年11月06日 18:29:59 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[978]
日本への進駐当初 連合軍司令部は 日本人の復讐心を とても警戒していた
だから、軍国励賛に走った言論人や 復讐心を呼び起こす書物やメディアを 徹底的に排除した
有名なのは、「忠臣蔵の禁止」 である 「吉田満 戦艦大和の最後」 も、当初 発禁処分となった

だがそれなのに、連合国統治は たった3年で終わりを告げる それが日本国憲法公布である

なぜこんなに早く 主権回復がなされたのか不思議に思わないのだろうか 日本人の歴史観や価値観に
介入しようと本気で考えるなら 30年は統治する必要が有るのだ

つまり、「その必要がまったく無かった」 という事 日本国民の怒りと憎悪は すべて 旧軍部と軍国体制に
向かっていった訳で、米国を始めとする連合国に 日本国民の怒りの矛先は向かなかった
※ それほど、あの軍国体制は酷かった 国民に嘘ばかり憑いていた 嘘に嘘を重ねた愚かなる体制だった ※

要するに 現憲法の“是非はともかく” この憲法があるのは 愚かなる旧軍部と右翼と国粋主義者たちの
言い方を変えれば、【お陰でもある】という事 馬鹿な戦争はじめた連中が大元凶なのであるという事

確かに、この憲法九条 マトモに読んでしまったら 自衛の戦力すら否定してしまうとんでもない憲法かもしれない

だが、このくらい極端な憲法がなければ 日本はまたしても戦争への道を歩む恐れが有ると
ほんの一部のウヨを除く大部分の日本国民は、「日本国憲法とその理念を 受け入れている」 のであるから
誰が作ったか なんて事は、まったく問題では無いのである

自虐だのアメリカの属国だの押し付けだのって論理は ある意味その通りなのかもしれないが
多くの日本国民にとっては そんな事 どうでも良い事なのである。


24. 2016年11月06日 22:16:30 : F9v8GE4R4E : A3SVcj1XR@M[19]

バカウヨが好んで使う自虐なる造語は馬鹿ウヨ自らの本質を隠して他人になすり付ける意味不明語だ。

元を訪ねれば日本会議を更生する邪宗仏教の輩が、あまり自虐的にならないよう組織内部に言ったもの。

それを馬鹿ウヨの低脳では戦争に対する惨めさを打ち消すため恥も外聞もなく強気で言う言葉になった。

平和ボケも子供の当時は思いもつかなかった戦争を初めて考えた自分らの未熟さを打ち消すためだろう。

げにバカウヨほど他人に物を言える脳みそしてないくせに無闇に人を馬鹿にしたがる下等な生き物なない。

馬鹿ウヨに物を言うのは無意味なんだが、日本の為を思うと馬鹿ウヨの口減らしは意味がある。


25. おじゃま一郎[5716] gqiCtoLhgtyI6phZ 2016年11月07日 08:50:10 : BcyuNOjo6Q : Ro4@I6Ny1NU[1]
「戦争放棄条項」を幣原が提案しようとGHQが
提案しようと、条文として残っているのでどちらでもいい。

憲法9条は、第一次世界大戦後の反省からうまれた
パリ不戦条約のパクリである。

条文に交戦権を認めないとあるが、これは政府の解釈では
武力行使をする際の諸々の法規という意味で、条文は
交戦権を行使しないと解釈できる。

つまり日本は交戦権を行使する主体である自衛隊の存在、
さらに拡大して軍隊にしてもこれを持つことは、行使をしない限り
憲法に違反しない。

たとえば、日本は以前から米国と共同訓練をしてきたが、これは
集団的自衛権行使の訓練をに他ならない。これは行使でないので
憲法違反にはならない。

もし、日本が米国にそそのかされて交戦権を行使すればこれは
憲法違反になるので、そのときは交戦を命じた内閣が辞職すれば
いいだけのことである。


26. 2016年11月07日 09:29:58 : Gir3rbMEVc : k6xo8uzGgoU[54]

   >>25 >日本が交戦権を行使すればこれは憲法違反になるので、そのときは交戦を命じた内閣が辞職すればいいだけのことである。


   戦闘によって戦死者が出た場合は、未必的故意による殺人として憲法違反の戦闘行為を命じた防衛大臣が殺人罪に問われる可能性がある。その場合内閣総理大臣も共犯である。



27. 2016年11月07日 13:03:30 : 8H6mkZOM7A : Mj2YlqSBANA[3]
1は必死だねぇ
そしてそれを擁護するのが出てくるところもチームワークか?

見てきたように嘘をつき!
1はその時代に生きていたのか?
会話を見て聞いていたのか?


28. 2016年11月07日 18:32:37 : vHobfMY8CI : M5VGOv5LGHg[13]
>13
まったくその通り。戦争に突入し諸般の事情を考えても勝てるはずのない戦を続けてきた軍人たち。
何をどう言い訳しようとも多くの同胞を殺し 相手国の数え切れない命を奪い結果負けた。そんな日本国が植民地にならなかったことは奇跡に近い。 終戦なんかでなく敗戦だったんだよ。
安倍はいきり立っているが当時どんな理不尽なことをふっかけられても敗戦国として甘んじなければならなかった。 いまさら何を蒸し返している? 戦争放棄は多くの日本人に受け入れられなかったとでも思っているのか。 いばりくさった軍人。隣組と言う監視。集会の自由も ましてや政府に物言うことなどできないまさに北朝鮮状態だったんだ。 そこからの深い反省を元に二度と戦争を起こさないと誓ったのだ。 今に至るまで戦争によっての死者を一人もだしていない。
この憲法のどこが押し付けであり不都合だというのか。
近諸国との緊張は作りだしているではないか。石原の尖閣諸島かき回しによって中国の不信感を煽りそれが防衛費の増大を生むという馬鹿な結果になっている。

29. 2016年11月09日 11:42:22 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-7522]
Domestic | 2016年 11月 9日 11:07 JST
民進、自民改憲草案の検証進める

 民進党は9日、蓮舫執行部になって初めて憲法調査会の総会を国会内で開き、「復古的」との指摘がある自民党改憲草案の検証作業を進め、問題点を洗い出す方針を確認した。枝野幸男会長は総会で「立憲主義を全否定するような草案を撤回しない限り、厳しく追及する」と強調した。

 枝野氏は憲法を巡る党の基本方針を「現行憲法を評価しつつ、変える必要のある部分があれば積極的に臨んでいく立場だ」と説明した。「国民投票で可決されなければ憲法は変わらない。国民の合意をつくれるテーマがあるか模索していきたい」とも指摘した。

⁅共同通信⁆

http://jp.reuters.com/article/idJP2016110901000975


30. 2016年11月09日 18:52:43 : EIHH4CSarE : ZNs6WKx@BdQ[328]
憲法を生えるといったところで、第1章の天皇の条文だけは、絶対に変えてはいけないことは誰が見ても明らかなことであることは当たり前のことですが、第2章の戦争の放棄もまた、これが「憲法9条にノーベル平和賞のお墨付きを賜るという発想の転換となる気づきというものを逆手に取れば、この憲法9条の第3項として、「集団的自衛権については、一切放棄する」という条文を追加するだけでも、湖西方法上、「個別的自衛権については、何処の国であっても認められるものであることは、自衛隊にしても、国際法違反に繋がるものではないことは誰が見ても明らかなことですが、集団的自衛権そのものが、この国際法上においては、きわめて限られた例外中の例外規定として認められるものであることを逆手に取れば、この集団的自衛権と称して、アメリカの言いなりになって、戦争に参加すること自体が、交際法違反どころか、戦前の日本が仕出かした前科をごまかそうとする魂胆も見え見えであることを逆手に取れば、これだけでも国連憲章の定める旧敵国条項による政界決議の発動要件を、自ら招き入れるものであることは、もうドイツやイタリアにしても、当たり前のことだということにこそ気づけば、ましてや、このような憲法9条を亡き者にしてでも戦前の日本を取り戻そうとする魂胆が見え見えの日本会議こそが、これが「お国のため、天皇陛下のため」などといったところで、天皇陛下にしてみれば、これほど迷惑極まりない逆賊どころか、国際社会全体からすれば、このような日本会議そのものが、「公共の迷惑極まりない存在であることは、北朝鮮やイスラム国と本質的には変わらない全人類の大敵でしかないことは、もう国際社会全体の共通認識であることは、もうバレバレのことであり、当たり前のことだということも、逆手に取れば、この日本会議が、自らが多極化の捨て石にされることを具体的目標とするならば、これこそが「お国のため、天皇陛下のため」であると同時に、全人類にとっても何よりのことだということにこそ、誇りを持って、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守っていくことで、この日本会議が、自らが「ふざけるな、この大日本帝国の大馬鹿野郎!」という無念の怒りだけを、どんどん勝手に叫び続けさせることで、アメリカの言いなりになって、どんどん馬鹿にされることになろうとも、誇りを持って、国際社会にどんどん見せつけていくことで、中国や韓国にしてみれば、反日感情を容赦なく、どんどんぶつけられ、北朝鮮には、容赦なく、どんどん馬鹿にされることになろうとも、誇りを持って、どんどん涙を流し続けながら、「大日本帝国の馬鹿野郎!」と、腹の虫がおさまるまで、どんどん叫び続けさせながら、心おきなく、どんどん一人負けして、どんどん泣き喚くのを、どんどん見せつけていくことで、全人類から「天皇陛下有難うございます」と深く感謝をして応えて来て貰えることを誇りとして、この日本会議が、自らが、誇りを持って、どんどん涙を流しながら「天皇陛下有難うございます」と深く感謝をして応えて来て貰えるようになればこそ、そのままひっそりと何処か人目のつかないところで、そのまま幸せに暮らしていくことが出来る様に、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守りながら、このような全体主義による悪い影響をもたらすものだけを、歴史の闇の中に、どんどん葬り捨ててしまうことで、別の良い影響を齎す行動に置き換えることで、これが結果的に、自らのメリットが、アメリカにとってのメリットにもなると同時に、中国にとっての核心的利益に繋がることが出来る様になれば、これこそが「公共の利益」となって、全人類が共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らすことが出来る様に、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守っていくことを個人主義のベースとすることで、これをどんどん学習しなおしていくことにより、日本社会全体が、どんどん良いものとなり、経済力や軍事力では、どんどん弱体化し、グローバル競争には、自らが誇りを持って、そっと静かに背くことになろうとも、誇りを持って、どんどん一人負けすることで、名誉ある孤立化をして、多極化の流れの中に、天皇陛下と共に、そっと静かに没落させることで、経済力や軍事力ではない別の形で、国際社会の中での地位向上に繋がれば、二度と変な戦争に巻き込まれることも無く、貿易依存度をどんどん低下させることになろうとも、自給率をどんどん向上していくことにより、そっと静かに自立自律していく道を、自ら選択していくことで、これに対するご褒美として、憲法9条にノーベル平和賞のお墨付きを賜ることが出来れば、これこそを、日本の歴史を大きく変えていくための具体的目標として共有することにすれば、これはもう、全体主義の自己否定による、これを乗り越えた個人主義の自己効力感そのものにより、「公共の迷惑」に対する「公共の利益」による損得無しの状態となることで、この「公共の利益」だけを、共に分かち合うことによる、文明の大勝利に繋がる喜びを全人類と共に分かち合うことが出来れば、もうこれほど良いことは何処にもないことは、誰が見ても明らかなことなのでは?

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK215掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK215掲示板  
次へ