★阿修羅♪ > 戦争b17 > 227.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
イスラム国 憎悪と報復の連鎖を止める方法は「話し合い」(週刊ポスト)
http://www.asyura2.com/16/warb17/msg/227.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 2 月 22 日 07:30:40: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

イスラム国 憎悪と報復の連鎖を止める方法は「話し合い」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160222-00000001-pseven-int
週刊ポスト2016年3月4日号


 国際社会にいま起きていることは、サミュエル・ハンティントン氏がかつて主張したような「文明の衝突」ではなく、「悪の拡散」だと経営コンサルタントの大前研一氏はいう。従来の「国民国家(ネーション・ステート)」の概念を覆すイスラム国(IS)の出現によって混迷をきわめる状況を解決する方法について、大前氏が解説する。

 * * *
 本来なら欧米先進国はISを攻撃する一方で、自国内におけるイスラム系住民の貧困や宗教的偏見・差別を解消していかねばならない。しかし、この問題に真正面から取り組み、大きな成果を上げている政府は寡聞にして知らない。

 積極的に難民を受け入れてきたドイツのアンゲラ・メルケル首相も、昨年の大晦日にケルンで移民や難民申請者らが女性に性的暴行を加えたとされる事件が発生して以来、世論の風向きが大きく変わって窮地に立たされている。欧米各国では極右勢力伸張、移民排斥の動きが加速する一方だ。しかし、それによって移民、難民はますます追い詰められ、さらに「隠れISテロリスト」が増殖するという悪循環に陥るだけである。

 また、アメリカ主導の有志連合やロシアによるISへの空爆は凄まじい破壊だが、実際には意外に効果が上がっていない。それどころか、自分たちは遠くで安閑としながら他国の人々を爆弾やミサイルで殺戮するレイジー(無精)な国家が空爆を激化すればするほど、悪は拡散する。ISテロリストは、空爆では抑え込めないのだ。

 あえてISの立場から考えると、圧倒的な軍事力を有する欧米やロシアなどの国民国家群と戦う手段は、彼らのホームグラウンドでテロを起こし、民衆を脅かして空爆をやめるように世論を誘導するしかない。したがって、このままでは永遠にテロはなくならないだろう。

 では、憎悪と報復の連鎖を止める方法はあるのか? 私はやはり「話し合い」しかないと思う。

 前例がある。PLO(パレスチナ解放機構)の故ヤセル・アラファト議長だ。もともとアラファト議長は過激派ファタハを率いてイスラエルに対するゲリラ活動を展開していたテロリストだが、1988年に穏健路線に転じ、話し合いのテーブルについた。1993年にはイスラエルとの歴史的な和平交渉に合意してパレスチナ暫定自治政府を樹立し、その功績によって1994年にノーベル平和賞を受賞した。

 和平や話し合いを拒否した過激派はハマスとして未だに闘争を続けているが、イスラエルの態度によっては、彼らもまたどこかで話し合いに応じる可能性がある。

 ISはPLOとは本質的に異なるし、国連主導のシリア和平会議にも参加していない。だが、それでも話し合いの場に導き出すことができれば、問題解決に向かう可能性は、なきにしもあらずだと思う。彼らも資金源を断たれ、重税感に耐えられない住民の逃走に苦労し始めているからだ。

 考えうる解決策は、従来の国民国家の枠組みの中でISに占領地域から一定のテリトリーと権益を与え、それと引き換えにテロ活動を中止させるしかない。そういう交渉に持ち込まない限り、もはやISの脅威が消えることはないだろう。

 ISの台頭は、今の世界を構成する「国民国家」への重大な挑戦であり、今やそれ以外の地域でも国民国家の枠組みは溶け出しているわけだが、アメリカ一極支配の「G1」時代から指導国が存在しない「Gゼロ」時代になった現在の、いわば無重力状態の中で世界の秩序を維持するためには、まだ国境(領土・領海・領空)は必要である。だから、ISとも話し合いで国境(および主権)を確定し、彼らを“隔離”しなければならないのだ。

 この提言は「テロリストに譲歩するとは言語道断!」という批判を浴びるかもしれない。しかし、悪の拡散が不可逆的に起きている今、それ以外にどんな解決策があるというのだろう。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年2月22日 09:39:21 : 7uQzxKSUJY : FN0cH_8AeNo[1]
早い話、アメリカの一極支配が崩れたこてを認めたわけか。

2. 2016年2月22日 09:39:46 : RTWWw8j8P6 : 0[32]

現代のチェンバレンだな(笑)


3. 2016年2月22日 19:53:21 : Y3y9qwVfdg : GvsBU3WISqg[22]
記事のタイトルを見て、どこぞの宗教家や反戦団体の代表が言っているのかと思ったら、アメポチネオリベの大前が言っているのか。

CIAは本当にこいつが好きだよな。日本人から嫌われ、売国奴と罵られても頑なに使い続ける。こいつの使用期限など、とうの昔に過ぎていることがわからないらしい。

だいたい、こいつがこんなこと言うからには何か裏があると勘繰るのが普通だ。

アルカイダの正体はアルCIAダ、イスラム国の正体はイスラL国とバレているのに、「悪いのは、みんなイスラム過激派なんだ」とかどういうギャグだ。

イスラム国の処遇に困っているのなら、隔離先はマケインの地元アリゾナにでも作ったらどうだ。イスラム国の上層部はアカデミ(旧ブラックウォーター)やアメリカ特殊部隊なんだから。

そもそもシリア・ロシア・イランの三カ国は絶対にシリア国内にイスラム国の拠点を残すことなど許すわけがないのだよ。1%の傀儡傭兵集団イスラム国に取り分なんかないってことだ。


CIA・ブラックウォーター(ACADEMI社、Xe社)・モンサントはイスラム国を支援している?
http://matome.naver.jp/odai/2142262488059733301

ISIS軍に米軍兵士が参加。刺青でばれちゃった。 〜アメリカにとって致命的〜
http://blog.goo.ne.jp/aya-fs710/e/cb779edc7ac3147b04befdc5976663dc


4. 仁王像[803] kG2JpJGc 2016年2月22日 20:03:14 : zTONX6Oi6M : Wbf8j4AMpeg[1]

 >それ(話し合い)以外にどんな解決策があるというのだろう。

 =きわめて実践的・現実的提案。


 >http://www.asyura2.com/15/kokusai10/msg/214.html
 ロレッタさんも
「軍事介入が中東に平和をもたらすための最善策ではないことを実証した。それどころか、介入はイスラム国のような怪物を生んでしまったのである」
「新しいパワーに対抗するには、戦争以外の手段を模索すべきである」と指摘している/仁。


(イスラム国が中東の秩序回復の中核に…)
http://www.asyura2.com/15/kokusai11/msg/816.html#c1


5. 2016年2月27日 19:12:51 : Sr7K8d25Vk : CABSTTxJCJc[3]
>> ISの台頭は、今の世界を構成する「国民国家」への重大な挑戦であり、今やそれ以外の地域でも国民国家の枠組みは溶け出しているわけだが、アメリカ一極支配の「G1」時代から指導国が存在しない「Gゼロ」時代になった現在の、いわば無重力状態の中で世界の秩序を維持するためには、まだ国境(領土・領海・領空)は必要である。だから、ISとも話し合いで国境(および主権)を確定し、彼らを“隔離”しなければならないのだ。

よくわからない文章だ。

国民国家の枠組みが溶けているなら、得意の[グローバリズムや民営化理論]でisの問題も解決できるんじゃないのか?
isが目障りなら例えば、アメリカの地域紛争請負会社のブラックウォータにでも頼めばいいんじゃないの?
ビジネスに困った時に国頼みか?国民国家の枠組み溶けてしまった時点で、国境が必要とかおかしい過ぎる。国境を決めるのは国民国家があることが前提でしょう?


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b17掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b17掲示板  
次へ